留置場の恋

        ......

激安ピンサロで働く素人娘の実態

    花びら2回転や3回転、それでいて料金は2.3000円。そんな激安ピンサロを見かけるたびに不思議な気分になる。ここの嬢たちは、なぜこんな過酷そうな場所で働いているのだろう。 汚いチンコ1本くわえる毎にいったい幾らもらえるというのか。どうせ同じフェラチオ仕事なら、もっとマシな店があるだろうに。 疑問を少しでも解くべく、現役の激安ピンサロ嬢に、いま、自身が他のどこでもないそこにいる理由を語ってもらっ....

激安風俗ソープ、デリヘル、ピンサロ、手コキは満足させてくれるのか

    今の世の中、右を向いても左を向いても「安売り」や「値下げ」といった言葉を見聞きしない日はないが、その傾向は、我々が愛してやまないフーゾク業界においても同じことが言える。いわゆる激安フーゾク店だ。 一般的な店の半額、あるいはもっと安い料金でヌケるなんて、財布の中身が寂しい庶民にとって、これほどありがたいものはない。 そこで気になるのは、そのサービス内容だ。ちゃんと満足できるの...

出会い系で騙されたはいけないオイシイ文句

   「ワタシの知ってるお店で飲みません?」と逆ナンしてきた女性についていったら、数万もの代金を請求された──。昭和から続くぼったくりキャッチバーの手法だが、現在では改良がくわえられ、より巧妙にぼったくり店に誘導されている。大阪・ミナミで多発しているのは以下の流れだ。深夜、「宗右衛門町」アーケード付近でふらふらしてる女性2 人組が声をかけてくる。「ウチらお金ないんでオゴって~」ここまでは普通だが、最初か....

新宿アルタ前のキャッチについて行ったらどうなる?

     新宿アルタ前の広場には、夕方になるとボードを持ったチャライ風貌の男たちがわんさか現れる。「居酒屋いかがですかー」と声をかけてくるアレだ。彼らは『2時間飲み放題1500円』『料理3品付き』などと言いながら店内写真を見せ、客が食いついたら1人あたり千円の“預かり金”を受け取り、客を店へと向かわせる。いざ到着すると、写真では広々とした個室だったはずが、現実には一杯飲み屋のようなテーブルと丸椅子が並ぶ....

こんなとこにもマルチの勧誘が

     とっておきのビジネスの話・・・あとはお決まりの......

キャバクラより断然効率的! 終電前後は「恋活バー」で家出&ワリキリ嬢を確保する!?

仕事終わりに一人で飲んで、酔った勢いで キャバクラに行く。そんな何の見返りもない浪費をするくらいなら、ここに足を運んだほう が100倍マシだ。 恋活バーを謳うこちらの店は、男性客が女性客を指名して、OKが出れば2人で飲めるシ ステムとなっている 歌舞伎町という土地柄、女の属性は出勤前後のキャバ嬢や、金のないワリキリ女が多い。 ......

青木ケ原樹海にある 「呪ってやる」落書き ネットのデマ150

自殺の名所として有名な、富士山の青木ケ原樹海。その奥地にひっそりとたたずむ一本の木に、ピンクのスプレーで描かれた「祝ってやる」の文字が……。  本来は「呪ってやる」と書きたかったはずが、ちょっとした間違いで祝福の言葉に変わってしまったという、定番のバカ画像である。  なんともおマヌケな話だが、実は ......