街コンは1人参加限定が熱い

SnapCrab_NoName_2017-9-6_22-58-45_No-00.png
日を改め、続いて参加したのは1人参加限定の街コンだ。街コンは本来2人組で参加するのが基本なので、必ず最後の最後で、女を一人に「引きはがす」必要が生じる。しかしここは全員が最初から一人きり。ありがたいシステムだ。なお今回の街コン、開催店舗は一店のみ。スタートから終わりまで店内をぐるぐるして女と絡む流れになるだろう。会場である青山の瀟洒なイタリアンレストランでは、60人以上の男女がひしめき合っていた。年齢層は20代前半から40代越えのオバサンまで幅広い。司会者によって今日のシステムが説明された。最初は話す相手が決まっているが、一定の時間経過後は自由にそれぞれ話しかけて飲み食いしてくださいという流れだそうな。
「それでは、まずは向かい合った方同士でカンパイして下さい! それではカンパーイ!」
俺の向かいは、ロングの黒髪に少し地味目な茶色のカーディガン。背が小さいところも含めて全体的に好みの女性だ。図書館司書のようなカンジというか。
 「どうもこんにちは、鈴木です」
「あ、渡辺です」
「今日はどちらから?」
「大田区のほうです」
なんだろうこのカンジ、どっかで経験があるぞ。なんだっけ。そうだ、これってお見合いパーティと同じだ。街コンっていうより、アルコール付きのお見合いパーティみたいなもんか。
「街コンって参加したことあるの?」
「いや、興味はあるんですけど、一緒に行けるコがあんまり見つからなくて」
だから一人で来てみたと。街コンならテレビでもよくやってるしお気軽だろうと。でも実態はお見合いパーティ(のようなもの)だったと。
彼女、ぼんやりしてるし危なそうだなぁ。
再度司会者の声が聞こえてきた。
「それでは、これより移動タイムとなりますので、男性の方はご移動ねがいます」
お見合いパーティのフリータイムみたいにどんどんアタックしていけばいいわけだ。そういうことならお任せあれ。移動を開始してすぐに、明るめの服装をしたギャル風2人とおっさん1人が話す姿が目に入った。
「あれ?お2人さん友達?」
背の大きい方が答える。
「いや、いま友達になったんですよ〜」
「そうそう、ウチらたまたま住んでるとこが同じで〜」
背が小さい方が同意する。「こんな偶然あるの〜」みたいなカンジで。
ふーん、友達ね。そんなもの、 さっさと引きはがそうか。数分前 まであなたら他人だったわけだし。大きいギャルをおっさんに押しつけ、小さい方の袖を引っ張る。
「いま飲んでるの、どんなお酒?」
「これシャンディガフです」
「奇遇だね!    同じの飲んでるじゃん!」
「え、それさっきビールって言ってませんでした?」
「違うよ、ほら。飲んでみな」ぐびぐび。
「ウソ!    これビールじゃん!」
「友達」のことなど気にもかけず、小さいギャルがオレと盛り上がる。引きはがしなんて楽勝中の楽勝だ。
何人もの女性とラインの交換を 繰り返すうちに、終了時間になっ てしまった。せっかくのアルコール入りお見合いパーティで、収穫が ラインだけではさみしすぎる。ど こかに酔った女はいないものか…。いたぞ。小柳ゆき似のあの子、 けっこう酔っ払ってるし。なのに 男たちは遠巻きに見てるだけだし。レッツゴー!
ゆきちゃんの腰に手をまわし、先ほどヤフーニュースで得た情報を元に提案する。
「一緒に楽天優勝のお祝いしようよ!」
「いいね〜!」
今日初めて話すのに反応良好!秒速でタクシーを止め、そのまま渋谷を目指す。
「いやー祝勝会だね〜!」
「うん、今日めっちゃ楽し〜!」手をつなぎながら入ったホテル街ど真ん中のダイニングバーでも、
彼女は終始ご機嫌で、オレの腰に手を回したまま赤ワインを2杯飲み干した。では、そろそろラブホで優勝パーティを始めますか!
店を出て、手をつないでホテルに向かう。
「言っとくけど、ラブホは行かないからね」
「まぁまぁ」
「えー行かないって」
「え、だって今日めっちゃ楽しくて一緒にいたいと思ってるんだけど、それっておかしい考え?」
「そんなことないけど…」
無言になった一瞬をとらえ、身体を引き寄せて、耳をペロペロと舐めあげる。ついでにセーターの中に手を入れて乳の感触も確認しておく。コリコリ。はい、おとなしくなりました。
ゆきちゃんの下着は、上下お揃いの派手ハデ水色だった。1人参加の街コンだけど、帰りは2人になるって覚悟してたのね。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント