中年オヤジの私的ナンパリポート

SnapCrab_NoName_2017-10-16_16-50-4_No-00.png
現在のターゲット、菜々子と早希の母娘は、女性のなかでも1、2を争うレベル。俺としてはどんなことをしてもヤリたい女だ。歳を言い訳にしても仕方がない。絶対に落としてやる!
前回の祝勝会では、早希、菜々子両方から手を握られ るといううれしいアプロー チがあった。どちらも脈は ありそうなのだが、さあ、 どちらから攻める?    こち らからのアプローチが二人 の間で筒抜けになる可能性もあるので、気を付けないと。
早希はもうひとつ本音というか正体がつかみきれていない。まぁ、そこが魅力でもあるのだが。
一方の菜々子のほうがまだわかりやすい女だ。おそらくは、旦那含めて男関係はご無沙汰のようだし、ガードも固そうだがこちらの方が俺としては攻めやすい。よし、まずは菜々子からいくぞ。あれこれ策を考える のはやめて、ストレートに食事に誘おう。
『先週はありがとう!    両手に花で、楽しい時間でした。近いうちに、今度は二人で飯いけへん?』
5分ほどでメールが返ってきた。
『枯れかけの花でゴメンね(笑)しんちゃんは忙しいでしょ。私はほとんど予定がないので、いつでも時間があるときに誘ってくださいね』
善は急げと、2日後の午後6時に会う約束をした。前回彼女の方から俺の手を握ってきたし、今回の誘いにもすんなり
O K。落とせる可能性はかなり高いと思うのだが、最後のガードはかなり堅そうな気がする。気を付けて攻めないといかんなぁ。当日、スタイリッシュなO L 風の黒のスーツ姿で菜々子はやってきた。短めのミニスカートがエッチくさい。ほんまに50には見えんなぁ。
「今日はいつもと雰囲気違うやん」
「しんちゃんがスーツやから、合わせた方がいいかなと思って。あかんかな?」
「いやいや、ええ感じやで」1軒目はこ洒落た洋食屋。ここではゆっくり食べて、飲んで、距離をぐっと縮めよう。時間はたっぷりある。
「しんちゃんと二人で会うのって初めてやね?」
「そうやで。50歳で初デートやん」
「あはは、私、もう51やで」菜々子は楽しそうだ。
「だって、男の人とデートなんて、久しぶりやもん」
結婚した後も、男友達とよく飲みにいったりしたそうだが、最近はもっぱら女友達だけらしい。
「だって、もうみんな落ち着いてるし。飲みにいける相手なんて全然おらんもん」ずっと主婦で家にいれば、男と知り合う機会なんてないよな。出会い系でもせん限り。
「もちろん浮気は一回もしたことないし、 する気もないねんけど、やっぱりたまには男の人ともデートくらいしたいやん」しっかり、ガードが固いことをアピールされてしまったが、寂しいことも確かだろう。でも、こんなに美人だし、綺麗でいるよう努力もしているんだろうし、もったいないなぁ。
「うん、いろいろ頑張ってるよ。ジムやエステにも行ってるし。まぁ、悪あがきしてるだけなんやけど」
旦那とも10年以上、ただの同居人状態だそうだ。こんなにいい女でもやっぱり飽きてしまうもんなのか?楽しくおなかがいっぱいになったので、そろそろ2軒目に。まだ8時過ぎだ。一度金持ちの友人に連れてきてもらったシャンパンバーへと向かう。ちょっと高そうな店だが、雰囲気はばっちりだ。  友人が馴染みの客だからなのか、一番奥のゆったり座れるいい席に案内された。深く腰掛けるソファータイプのイスなので、菜々子のミニスカートの中が丸見えだ。パンスト越しに見える薄いグリーンの下着がエロい。早くあそこに顔を埋めたいなぁ。
シャンパンの銘柄なんて全然わかんないので、適当に頼んで乾杯。美熟女パンチラを肴に飲むシャンパンは最高や! と言いたいところだが、この席、あまりよろしくない。深く腰掛ける分、二人に距離があって話しづらいのだ。これじゃなかなかクロージングできる雰囲気にもっていきにくい。
「なんか話しにくいなぁ。隣にいっていい?」
「そうやね」
彼女の方から俺の隣に移動してくれた。恋人同士のようにソファーに並んで腰掛 ける。いい雰囲気だ。
「しんちゃん。もっと前から飲みにいったりしたかったよね」
「せやな。でも、ええやん。こうやって初デートできたことやし」
 しばらくして、菜々子の口数が少なくなってきたなと思ったら、俺に寄りかかり、手を握ってきた。少し酔ってるみたいだし、『甘えモード』なのか?
いや、握った菜々子の手にギューッと力が入ってくる。これは明らかに求めている。『ヤリたいモード』や!
他の客にも見えない位置だし、抱き寄せ、そっとキスをした。菜々子は全然拒まない。
よしっ、ヤレるぞ!
のんびり飲んでる場合じゃない。まだボトルには高いシャンパンが残っているが、すぐに店をでてホテルに誘おう。
「出よか?」
「うん…」
これだけでもO Kって言ってるようなもんや。案の定、俺にくっついたまま、すんなりラブホテルまでついてきた。
よし!    よし!    よしっ!    ついに美魔女ゲットや!
部屋に入って、緊張からか少し硬い表情の菜々子とキスをする。舌を入れると遠慮がちに絡ませて応えてきた。俺は興奮のあまり鼻息が抑えられない。ギュッと抱きしめて、頬、耳元、首へとキスをする。菜々子は「あぁ」と吐息をつきながら俺にしがみついてくる。せっかくこんなに綺麗なのに、長い間、女として扱ってこられなかったんやもんなぁ。その分、今夜、俺がたっぷりと相手をさせてもらうよ。立ったまま、キスとハグを続け、そのままベッドへ。ブラウスの上から胸を愛 撫する。想像していたより小さい胸だが、サテンっぽいブラウス生地の感触もスベ スベして興奮するやないか。
キスしながら手を下半身のほうへ伸ばし、ミニスカートの中に手を入れた。パンストの上からクリトリスのあたりを刺激する。
「あぁ、あぁ、あぁ」
気持ちいいというよりは、久しぶりの性行為に昂ぶって声をあげているように見える。整った顔の眉間に少し皺を寄せながら興奮している菜々子の表情に、俺はもう勃起度1 2 0 %だ。
スカートのファスナーをおろし、パンティの中に手を入れる。陰毛は薄めで、すぐに濡れているところに指が届いた。中指でクリトリスを刺激する。
「あぁん、あぁん、あぁん」
気持ちよさそうに顔を歪
めている。
俺も気持ちよくしてもらおう。ズボンをおろしてペニスを出し、彼女の右手を導く。ぎこちなく手を上下し、俺のペニスをしごく菜々子。下手くそだけど、オナニーの時に想像していた手コキよりずっと気持ちいい。もうたまらん!
まだフェラもしてもらってないけど挿れたくなった。 に染まった顔はやっぱり美しい。あぁ、
「欲しい?」
「あぁ、欲しい」
パンストとパンティを一緒にグッとおろし、お互い上は着たまま正常位で挿入した。
「はあぁん、はあぁん」 震えた声であえぐ菜々子
の姿が俺の興奮をどんどん高めていく。
腰を動かしながら、彼女のブラウスのボタンをはずし、ブラを取る。ほぼ全裸の菜々子の姿があらわに…。
乳房の張りが全くなく、少し筋々の身体。鍛えているので贅肉はまったくついていないが、女性としての魅力には若干欠けるなぁ。
服を着ている間は申し分のないスタイルなのだが、脱ぐとやっぱり51の身体だ。もう少しムチッとしている方が、この年齢だと魅力的なのかもしれない。少々テンションが下がってしまった俺だが、できるだけ身体を見ないように心がけ、大興奮とはいえない状況で射精した。
一方で、菜々子は久しぶりのセックスの余韻に浸っている。上気してピンク色最後まで服を着たままヤッたほうがよかったかも…。
あれほど願っていた菜々子とのセックスなのに、2回戦に突入することもなくホテルを後にした。達成感はないわけじゃないが、あまりにも途中の興奮度が高かっただけに複雑な心境だ。まあ、いいや。気を取り直して、つぎは早希を攻略だ!

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント