フェラや本番ができる!?キス専門店

0068_2017102700241680c.jpg 0069_20171027002417227.jpg 昨年末、成田のデリヘルを呼んだときのこと。
やって来た女の子がイヤに若い。世間話をしていたら、中学卒業と同時に東京のリフレ店で働き始め、その直後、違法サービスがらみの摘発と同時にこの店に移ることを店側から薦められ、今年入店したそうだ。
 その後、あたりまえのように本番を終えて(成田流と呼ばれるデリ本番が基本)、さらに世間話。どうやらそのリフレで働いていた『若い子』たちがぞくぞくとこのデリヘルに入店してきているとか。おそらくこのデリと旧リフレ店になんらかの繋がりがあるのだろう。
 おそろしいことだが、この店のホームページで18才、19才と書かれてる子のほとんどがそれらしく、掲載されていない中にもやたら若い子が多いのだとか。その後、何人か呼んでみてもやけに若いので怖くなって行くのをやめた。
夕方、池袋の繁華街をブラついていると、女子高生の制服姿で並ぶ3、4人のうちの一人につかまった。
「マッサージしてるんで、よかったら寄ってってくださ〜い」
 うむ。見たところどれもアイドル系の黒髪でオレ好みだ。ちょっと試してみますか。
 カーテンで仕切られたマンガ喫茶のフラットシートのような個室内に案内され、そこで肩もみやマッサージがスタート。
 会話が弾み次第に打ち解けてきたところで突然女の子が耳打ちしてきた。
「あの…延長してくれたらちょっとサービスがあるんですけど」
「サービス?」
 途端に、女の子がシッと俺の口を塞いだ。
「お店には絶対ナイショなんで」
 聞けば、口までなら5千円でしてもいいという。
 彼女の年齢は聞かなかったが、見た目はとにかく若かった。当然、提案を受けるわけにはいかなかった。「面白いところがある」と友人に連れて行かれたのは歌舞伎町の雑居ビルだった。店内に入ると、スーツやドレス姿の美女たちが客と談笑している。
 どのコも顔立ちが整っており、どこか品がある。カタコトの日本語を話してるけど、どこの国の人だろう。
「このコらは、みんな台湾人なんよ」
 友人が得意げに答える。台湾女性は中国女性と違って、どこかアカぬけていて可愛らしい。
 席につくやママらしき美熟女が尋ねてきた。
「今夜はどのコを連れてく?」
 なんとこの店、連れ出しパブだったのだ。説明によると、前金で飲み代オールタイム1万円に加えて連れだし代が3万円という。迷ったが、台湾美女を抱ける機会もそう多くないだろうということで連れ出すことにした。
「でもこんなことしてヤバくないですか?」
 ママに尋ねると彼女は余裕の表情だ。
「ううん。うちは警察には絶対に捕まらないから」
 どういう事情があるのかわからないが、よい店をまた一つ見つけることができた。
 アキバのアロマリフレ店は一時、嬢との交渉次第で相当いろいろできてしまうと報道されるほど騒がれたが、昨年の一斉摘発以降、過激なサービスは鳴りを潜め、どこも店舗内に「性的サービスの禁止」などの張り紙がされている。
 しかし、オレが知ってる限り一軒だけ、いまだに〝非常に若い子〞が〝そういう〞サービスをしてる店がある。そこ、形式上はレンタルルームでのアロマリフレなのだが、サービスを受けるときは紙パンツ一枚なのだ。
 つたないマッサージで股間付近をサワサワしてきたところでこちらから交渉するもよし、女の子によっては「お小遣いもらえるなら〜」と持ちかけてくることも多い。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?