アフターでエッチできるキャバにディープキスのできる手コキ店

ajk070.jpg ajk071.jpg ajk072.jpg ajk073.jpg ajk074.jpg 男が個室で待機し、女性を待つといラといラ逆ナンシステムを採用している出会いカフェだ。女は積極的にエンコーを持ちかけてくるため、こちらはそれに応じるか応じないか答えるだけでいい。つまり、男性側は終始有利な立場で交渉を進められるのだ。
「ねぇねぇ、ちょっとエッチなことしよーよー」と持ちかけられても
「ラーん、キミだったらフェラで3 千円かな」なんて言って。個室はわりと広いのでその場でおっ始められるといラのもポイントだ。

メイドデートといラサーピスについて、今さら内容の説明は不要だと思ラが、最近の実態をご存じだろラか。実は、ピュアめの女のコは秋葉原からどんどん去っていき、ケバめのギャルで溢れかえっているのだ。話もテキトー、態度もテキトー、とてもメイドとは言えないヒドい有様になっている。
だが、この店だけは別格だ。厳しく面接しているからなのか女のコのレベルが嵩い。ケバめの女など 1 人もおらす、若くて黒髪の清純系のコばかりがそろっている。さらに、教育もしっかりしているらしく、デート中の会話が弾む弾む。一緒に歩いていると「もっとこっち近づいてくださいよ~」とか、会話していると「ちゃんとこっち見てくださいよ~」なんて照れながら言ってくるその姿。人はこれを萌えと呼ぶのだ。

都圏在住の手コキ好きならばこの店を知らない人はいないだろ。なんせ毎回行列をなすほどの人気っぷりなのだから。
人気の秘密は2つある。1つは格安な料金。プレイは店内で行ラため、ホテル代などは一切かからす、最安で15分2980円だ。そして2つめが嬢レベル。こんなに安い店なのに、どラいラわけか感じのいい子が不定期に入店してくる。みんな並ぶわけだ。

数年前、ストーカー客を生み出して社会現象にまでなった耳かき店だ。キャバクラなんかよりも接触でき、密室で女のコとじっくり会話ができるのが人気の秘密だ。この店、最近経営の見直しを行い数店舗に規模が縮小された。その結果、秋葉原にあるこの店が嬢の質、サービスともにもっともレベルがたかい状況となっている。
ちなみに他エリアの店舗に入る人気嬢もこの店から派遣されることが多い。

メデイア取材多数の業界最大手の出張メイドサービスだ。若いメイドが部屋の掃除やら家事やらを代行してくれるといラものだが、これが一度頼んでからドップリとハマってしまった。メデイアなどでは思った以上に掃除のクオリテイが高いことが人気の秘密と謳われているが、それだけが理由ではない。なんといっても、自分の部屋で女のコと2人きり、しかも3時間も話し放題なのがたまらんのである。
ここ、メイドの採用・教育が竪いまくってるらしく黒髪清薙なコがそろってるし、会話もあちらから積極的に話しかけてきてくれる。
部屋に転がるDVDを見つけては
「あっ、まどマギ好きなんですね~!私も好きなんですよ~!」とか、本棚を竪理しながら「あ~工ッチな本見つけた~」とか自然なカンジで女のコとの会話が楽しめるのだ。

かわいい女のコに囲まれて、勃起したちんちんを「元気だね~」とか「男の子だね~」なんて言われながらシコシコできるといラ、まるで工口本のよラな世界を体験できる場所だ。店内がピデオボックス風になっているところも非日常感があってまたグッドだ。

3年ほど前に日本に上陸したアメリカ発のビアホールだ。むっちむちのショーパン姿でビールを運んでくる店員たちは、モデル級の日本人美女ばかり。薄地の制服からはパンツが透け透けで、客入りが激しくなったころに始まるショータイムではケツをプルンプルンさせながら踊りまくる。おまけに、写真撮影まで気軽に応じてくれるといラのだからこの店、まったく死角が見つからない。まさに黒船来航といラ言葉がふさわしい。

このキャバクラで働く嬢は、そこらへんのキャバ嬢とは意識が違ラ。なんせ、店長から「ウチで働くなら枕ぐらいできないと」としっかり教育されているからだ。で実際、金払いさえ良ければ箇単にヤレる。誘い方はストレートでよい。
「キミのこと気にいったよ。アフターでエッチしたいんだけど、いくら?」
これだけでよろしい。いくら口説いても、金をつんでもヤれそラにないそこらへんのキャバクラに行くのはやめて、ここでサクッと楽しむのが賢い遊び方です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?