生セックスが覗ける漫画喫茶

0016.jpg 0017.jpg 0018.jpg 0019.jpg 「タテベさん、あのね、大阪にめっちゃいいマンキツがあるんすわ。今イチバン熱いんちゃうかな」
このS氏、カップル覗きが大好物な人物である。その彼が熱いと言うからには、ソレ系の店だとすぐにわかる。
「へえ、けっこう覗けるんですか?」
「結構なんてもんやないで!昨日も行ってウハウハでしたわ!」
ほう、そんなにウハウハなんですか。そこまで言うなら行ってみようじゃありませんか。
1月初旬の金曜日、大阪・難波でS氏と合流した。
「そもそもどうしてその店が『今イチバン熱い』ってことになるんですかね?」
「まあ新しい店だっていうこともあってね、カップルが結構入ってくるんですわ。しかもこの辺にはクラブが何軒かあるでしょ?深夜から朝方にそこから流れてくる人が多いんですよ」
露出カップルみたいな見せる気マンマンの人たちではなく、本当の素人カップルのリアルなエロ姿を見れるのが非常に興奮するとS氏は続ける。
肝心の覗き方だが、あれこれ策を講ずる必要はないそうな。
「行ってみればわかりますよ。あの店のつくりは特殊なんでね。ホンマに天国ですわ」
S氏に率いられ、その漫画喫茶『M』に向かう。ナンパスポットとして有名なひっかけ橋から「戎橋筋」商店街を南下し徒歩3分ほどの左側、カラオケが入ったビルの地下1Fだ。
「絶対に喫煙の部屋を取ってくださいね。後々その理由がわかりますから」
意味深な命令を受け、それぞれ他人のフリをして入店した。受付を済ませて喫煙の個室に向かう。
店舗はだだっ広いワンフロアだ。フロントから入ってすぐが禁煙個室ゾーンで、奥の大きなドアの向こう側が喫煙個室ゾーンになっている。肝心のカップルシートは、両ゾーンそれぞれに10部屋ほどあるだろうか。
個室に入ってすぐにS氏からメールが届いた。
ほなボチボチ行きましょうか。喫煙ゾーンのドリンクバーに来てください
呼び出された地点で、S氏が黒Tシャツの男と話をしていた。
「ああ、これ、仲間ですわ。この店で知りあったんですけどね」
この店には他にも覗きの常連が数人いるそうだ。
黒Tさんはペコリと頭を下げ、両手で頬をパンっと叩いて歩きはじめた。ピッチに向かう本田圭佑のような気合いの入り
っぷりだ。
黒Tさんに続いてS氏、オレの順で歩を進める。まずはドアを開けて、禁煙ゾーンへ。前方の2人が別々の方向に別れた。どちらにもカップルシートがある。
S氏に続く。と、耳元でささやかれた。
「ターゲットを見つけるには靴を見てください。カップルやったら当然男女のクツが置いてありますから」
カップルシートは男女ペアだけでなく、男二人組なんかも多いので、これで確認するわけだ。
すぐにカップルの靴が置かれた個室を発見した。
「あのね、まずボクが見てみますから、ちょっと待っててください」
S氏がカップルシートの前に立ち、ゆっくりとトビラに顔を近づける。…あれれ、ちょっと待った、今まで気づかなかったけど、トビラがガラス張りだ!
ほどなくしてS氏が戻ってきた。
「ゲームしてますわ。部屋番号だけ覚えといて後で来ましょう」
「あの、ここの個室のトビラってガラス張りなんですね」
「そう、そこが第一のポイントなんです。他の店やったらこうはいかへんでしょう?」
現在、漫画喫茶チェーン店の多くは、個室を外から覗くことができないよう、出入り口ドアには摺りガラスや木製のドアが使われている。
なのに、この店のトビラは透明なガラス一枚なのである。まるで覗いてくれと言わんばかりの造りで、目の前に立つだけで中が丸見えなのだ。
これだと、中にいる人間も警戒するのではと思うのだが、それは心配しなくてよいとS氏は言う。
「ここのカップルシートはL字型になってるんで(イラスト1)、角度的にまず気づかれないですね。それにこっち側(通路)は暗くて中からはあまり見えないんですよ」
ガラス扉に上着なんかをかけて視界を阻もうとするカップルもいるにはいるが、なんせ全面ガラスなのでどうやっても多少のスキマが出来てしまう。攻略はたやすいわけだ。その後もいくつかカップルのいる個室を見つけては部屋番号をチェックしていく。
と、S氏がオレに手招きをした。
「はじまってますよ。ゆっくり覗いてください」
忍び足で個室に近づき、ガラス扉越しに、ジリジリと首を傾ける。パンティ一枚の女が見えてきた。……え、男にまたがってるのか?
さらに首を突き出す。水商売風の女が男の乳首を舐めている。うひょー、スゲー!!
まもなくフェラがはじまった。薄っすらチュパチュパ音が漏れてきて、マジでエロい。
ふいにオレの隣に、熊みたいな男がやってきた。なんだこいつ、ジャマすんなよ。
が、明らかに「代わってくれ」との視線に気圧され、場所を譲る。こいつも常連なのだろうか。
結局そのカップルが正常位でセックスする模様を、オレとS氏、黒Tさん、熊男の4人で交代で覗いた。
「こういうシーンは共有するのが決まりやから、今後もそうしてな」郷に入ればなんとやらだ。仕方ない。
衝撃の光景を見終わってふと疑問が沸いてきた。いくら静かに動き回っているとはいえ、こんな露骨に覗いてて店員に見つからないものなのか?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?