無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

記事一覧

  • 2019/10/19SEXテクニック

    アナルを舐めてくれる女は、そうそういないものだ。チンコは美味しそうにしゃぶっても、ケツの穴にまで舌を這わせるのはやはり抵抗があるのだろう。しかしここに、ある格言がある。ブスはおだてりゃアナルを舐める誉められる機会の少ないブスは、ちょっとしたおだてにも喜び、調子に乗ってアナルまで舐めてしまう、という意味だ。はたしてこの格言、本当に正しいのだろうか。(自分で作った言葉ではあるのだが)検証してみよう。会...

    記事を読む

  • 2019/10/19奴隷ちゃん調教

    あの、私、ホントにこんなとしなきゃいけないんですか?ノーブラでこんなピチピチのタンクトップって、胸、透けちゃってるんですけど。ものすごく恥ずがしいです。興奮してるだろって編集さんはきいますけど。恥ずがしいだけ。こんな格好で、飢えた男性がうろちょろするAVコーナーに行くなんて。もし会社の人に見っがったらどうしよう。おとなしいキヤラなのに。いざ出発前、編集さんがもっと透けるようにと、胸のと霧吹ききシュ...

    記事を読む

  • 2019/10/19エッチ体験談

    西ロのトキワ通りを入ったホテルの前に停めたアケミと名乗った女は24才で、都下にある個人病院の看護士を辞め、今はホテトルで働いているのだという。「俺ってムッチリ系が好きなんだ」服の上から触る乳房には大きめの反発がでる。ベッドでは「少し休んでからしようよ」とタオルを巻いてくれた。そのいじらしさに女を倒して足を拡げてクリトリスを吸い、瞳に舌を入れる。これだけ熱心に女の性器をクンニするのはめったにないことだ...

    記事を読む

  • 2019/10/19援助交際・パパ活

    実際ツイッターでどんな女の子と出会えたのか1、ツイッター援交・可愛い素人を捕まえる手法ツイッター援交と言えば、若くて可愛い子とヤレるツールだが、業者が多くなりすぎて最近では何の知識もなく素人を掴むのはかなり困難になってきている。「援」とか「円垢」で検索して出てくる女の9割は業者で、待ち合わせてしまったら最後、写メとは似ても似つかない女が出てきて超高速の時短プレイでカネを回収される。そんな危険なツイ...

    記事を読む

  • 2019/10/19奴隷ちゃん調教

    1、健康ランドではダラダラしてちゃいけません。目を皿のようにして女性客を観察しましよう。うっかり油断してる人や、わざと露出してる人がきっとどこかにいるはずです。2、人前でマンコなでなでするのってアリなんでしようか。見たいけど。路上でオメコずぶすぶするのってアリなんでしようか。もっと見たいけど。でも可哀想なのは女の子ですよね。そんな中途半端なペツテイングだけでデートを続けなきゃなんないなんて。パンツ...

    記事を読む

ブスはおだてりゃアナルを舐める?素人娘に肛門を舐めてもらう方法|エッチテク

0113_20180803075608c8c_2019101817190974d.jpg0114_201808030756105a1_20191018171907fa3.jpgSnapCrab_NoName_2017-12-17_23-35-27_No-00.png
アナルを舐めてくれる女は、そうそういないものだ。チンコは美味しそうにしゃぶっても、ケツの穴にまで舌を這わせるのはやはり抵抗があるのだろう。しかしここに、ある格言がある。
ブスはおだてりゃアナルを舐める
誉められる機会の少ないブスは、ちょっとしたおだてにも喜び、調子に乗ってアナ
ルまで舐めてしまう、という意味だ。
はたしてこの格言、本当に正しいのだろうか。(自分で作った言葉ではあるのだが)検証してみよう。会場内ナンバー1のブスが明らかにブスを手っ取り早く見つけるにはお見合いパーティに参加するに限る。さっそく平日夜開催のパーティに向かった。20人との回転寿司タイムを終え、会場内
ナンバー1のブスが明らかになった。いや、実は最初からはっきりしていた。体重はゆうに100キロ超、おかっぱ頭のブスメガネ、順子さん29才だ。
 肝心の顔は、元法政大学教授でフェミニストの田嶋陽子に過度のストレスを与えて太らせたようなカンジ。文句なしのナンバーワンだ。
 フリータイムに突入したところで、真っ先に彼女のもとへと向かう。
「今日はお仕事、お休みなんですか」
「ううん、仕事終わりに駆けつけたの、ふふふ」
 介護士の仕事をしているという順子さん。職場では彼女が最年少らしく、けっこうチヤホヤされているらしい。「若いのにしっかりしてるって言われません? チヤホヤされてるっていうのはそういう理由もあるんでしょうね」
「ふふふ。言われるけど、たまにね」
 順子さんは笑うと大福のようなほっぺが上がって瞳が見えなくなる。
「ていうか、笑うとかわいいって言われません?」
「なになに〜! いきなり〜? や〜だ〜!」
 ベチンッと腕を叩いてきた。地味に痛い。
「休日はなにしてるんですか」
「うーん、だいたい外に出るかな? 渋谷とか行って買い物したり。あ、でも女子会が多いかも!」
 自分に興味を持ってもらえることが嬉しいのか、彼女はやけに上機嫌だ。一丁前に女子会なんぞしているところが笑える。
「今度ね、ラブホテルで女子会するの! 友だちが結婚してあんまり会えなくなるから」
「いいなあ〜! あ、その前にボクとラブホで女子会の予行演習しましょうよ!」
「ちょっと〜! いきなりチャラいよ〜!」
 またまたベチンッと張り手が飛んできた。
 通常、フリートークは一定時間が経過すれば別の席に移動しなければならない。だが、一回目のフリートークを終えたところで彼女と話したそうな男性は皆無だったので、そのまま居座り続けることにした。
「ていうかお腹減りません? 今日って何か食べたいですか?」
「ごめ〜ん! 今日家で用意してもらってるんですよ〜! でもすっごい食べたくなっちゃた〜!」
 誘いはあっさり拒まれたが、当然のようにカップルが成立したオレたちは、後日改めて食事に行くことになったのだった。
 「順子さんって、ワイングラス似合いますよね?」
〈チキンソテーがおいしいランチのお店見つけたんでいきましょうね!〉
〈わーい! おいしいご飯楽しみ! (*´3 ` ●)〉
 スマホ対応の顔文字やディズニーなどの有料スタンプを駆使してくる順子さんとラインをかわし、週末正午すぎに渋谷で待ち合わせることになった。
 時間通り、待ち合わせ場所に彼女が現れた。今日もおかっぱ頭のブスメガネと、相変わらず安定した醜さだ。さて、今日もおだてスタートだ。
「そうそう、LINEで使う顔文字、すっごくかわいいですよね」
「そうですか? それ言ったらスズキさんだってかわいいスタンプとか持ってるじゃないですか〜!」
 ニコニコしながらまたまたベチンッとオレの腕を叩く。
 果実酒が好きだという話しを事前に聞いていたのでサングリアの飲める店へ向かった。
「わー! サングリアあるんだ! 飲んじゃおっか!」
 好きな酒が用意されていることを知ったからだろう、すこぶる機嫌がよい。2人で赤サングリアで乾杯だ。
「順子さんって、ワイングラス似合いますよね?」
「え〜どこがどこが〜?」
「肌が白くてきれいだからワインレッドとのコントラストが映えるんですよ」
「ほんと〜?」
 褒められて、ニヤニヤと喜んでいる。
「パーティのときもおっしゃってましたけど、お仕事いつもがんばってるじゃないですか。今日はちゃんと息抜きしないとダメですよ」
「そうねぇ、なんでもがんばっちゃうのよねぇグフフフフ」
 順子さんの職場は、彼女を除いて年配の人しからおらず、それゆえどうしても自分がセクハラのターゲットになってしまうのだという。
「デートもよく誘われるの。そうそう! この間なんてさ、いきなりAVのジャケット見せてきて『このコじゃヌけないから頼む』って言ってくるおじいちゃんもいたんだよ? 巨乳が好きなんだ、って言って!セクハラでしょ? ね? ね?」
「いやいや、でもそのおじいさんの気持ち、わからなくもないですね」
「えー!?」「だって、順子さんって単なる巨乳と違って癒し系じゃないですか。最初見たときからずっと思ってましたもん! 癒されたいな〜って!」
 歯の浮くような台詞が流れるように出てくる。我ながらたいしたものだ。
「う〜ん、でも甘えたいっていうのはあるかも〜! グフフフフ」
 いま気づいたが、彼女は田嶋陽子というよりは朝青龍に近いかもしれない。
「順子さんと話してると、なんだかいい意味で眠くなってきちゃいますね。お腹いっぱいだし、癒されっ放しだし、なんだかこっちばっかりすみません」
「ううん、そんなことないって〜! でも私もご飯食べたら眠くなってきた〜!」
 店を出て手をつなぎながら指先で彼女の手首をさすってやる。褒めて、おだて、いちゃついてそのままホテルへゴー、という作戦だ。
「ちょっと〜! くすぐったいって〜! ほうら、お返し!」
 順子さんがこちらの脇腹や首筋をくすぐってくる。
「順子さんといると犬とじゃれ合ってるみたいですっごい楽しいですね」
「あ〜! わたし犬っぽいって言われる〜!」
「順子さんが犬だったらかわいがられまくるだろうな〜! 散歩してたら道端の人がみんな話しかけてきて散歩にすっごい時間かかりそう」
「ふふふ! なになに〜!」
 つないでいた手がよりギュッと強くなる。今のは自分でも、おだててるのかどうかわからなくなりながらしゃべってたのだが、なんだか照れてるよこの人。
 自然な流れで円山町のラブホ街へと入った。
「あ〜〜お酒もっと飲みた〜い!」
 完全に恋人気分になった順子さんが、甘えるようにしてオレをコンビニに誘った。スミノフとモヒートの中瓶を手に取り、カゴに入れる。
「あ〜! 今日すっごくヘンなカンジ〜!」
 一生分のおだてを耳にし、すっかりスケベな気分になったらしい。さて、問題はいかにしてアナルを舐めさせるかだ。
ブスにアナルを舐めさせる方法
SnapCrab_NoName_2017-12-17_23-40-49_No-00.png 
ホテルに入り、ソファに腰を下ろすと、順子さんはふーっと大きく息を吐いた。
「改めて乾杯しましょうか」
 中瓶を互いにコツンと合わせ、順子さんがモヒートをグビグビと半分ほどまで飲み干した。「ちょっと僕にもそっち飲ませてくださいよ」
「いいよ〜!」
「瓶じゃなくて口移しがいいな、せっかくだし」
 ニヤリとした順子さんは自らメガネを外し、オレに顔を近づけ、チョロチョロとモヒートを流し込んできた。
「ああ、めっちゃエロいですね」
「ヌフフフ」
 そのままレロレロと舌を絡めて長めのディープキスに突入。舌を絡めながらカーディガンを脱がそうとすると、止めが入った。
「ダメ、暗くして…」 
 照明を落とし、カーディガンを脱がせる。ケバブのような太い二の腕が登場した。
「肌触り、すっごくいいですね」
「ちょっと〜触りすぎ〜! ンンッ! ヤバいっ!」
 悶えた彼女の身体を抱え込み、ベッドにどすんと沈め込んだ。
「なぁに〜! 興奮してるの〜?」
「興奮しちゃった、ヤバいよ! 順子さんの肌触ってると、ドキドキする!」
「あ〜! 興奮しちゃったんだ〜! もう、エッチ〜!」
「ここ、肌触りすっごい気持ちいね」
 二の腕ケバブからうなじにかけてスリスリさすってやると、順子さんの呼吸が荒くなってきた。
「ダメ〜! ダメダメ〜!」
 白髪まじりのおかっぱ頭をなでながら朝青龍そっくりの瞳を見つめる。ていうか、細すぎて瞳は見えないんだけど。
「ああ〜髪すんごいさらさらでいい匂い!シャンプーなに使ってるんですか?」
「え〜? 普通のだよ〜?」
「順子さんいい匂いするから、ここ興奮してきちゃった! ほら」
 ズボンの上から膨らんだ股間を触らせた。
「なぁに〜! 知らないよ〜!」
 まんざらでもない表情の順子さんの服を脱がせ、ブラジャーとパンツだけにさせる。こちらは秒速で全裸になり、アナル舐めの体勢は万全だ。シャワーは浴びてないけど、まあいいだろ。
 彼女のパンツを脱がせた瞬間、マンコから2日間履き続けてきた靴下のような悪臭が漂ってきた。手を当てると、ビショビショに潤ってる。中指と薬指で軽くかき回してやると、彼女はより悶え始めた。
「ああん、ああんっ! ダメだって〜!」
「声かわいいからもっと出して」
「や〜だ〜! 恥ずかし…ああんっ! ヤバい、いくいくいく…! イクイクイッちゃ〜う!!」 
「順子さん感じてるの見てたら、かわいくてすごい立ってきちゃったよ、ほら」
 口元に亀頭を持っていくと、彼女は餌が与えられた鯉のようにそれをパクリと咥えこんだ。
ジポジポと下品な音を立ててチンポをしゃぶりあげる順子さん。手を伸ばし、照明を一気にあげる。
「ひょっひょ(ちょっと)、はるかひいって(恥ずかしいって)!」
「だめ、順子さんのチンポなめてるかわいい顔、見てたいから」
 亀頭を咥えた彼女の顔がはっきりと見えた。
「すごい、エロい顔してるから興奮しちゃうよ」
「や〜ら〜(や〜だ〜)!」体勢をかえ、今度はオレが仰向けになってフェラを再開させる。アナル舐めさせる準備を整えるためだ。
 亀頭から裏スジを舐める彼女に具体的な指示を出す。
「ああ、もっと下が気持ちいかも!」
「ふふふ、こう?」
 玉袋を舌先を使ってスーッと舐め上げてくる。うんうん、いい調子。
「ああ、ヤバい! すっごい気持ちいい!なんでそんなに気持ちよくさせるのがうまいんですか?」
「え〜? なになに〜? ここがいいの〜?」
 一瞬、彼女が中指でアナルをさすってきた。
「ダメダメ! やめてそこは!」
「え〜? どうしちゃったの〜?」
「順子さん、そこいじるのうまいんだもん!気持ちよくさせるのうまいんだもん!」
「え〜? なになに〜?」
「チンコじゃないとこ舐めてる順子さん、きっとかわいすぎるんですよね!」
「や〜だ〜!」
 次の瞬間、ブチュっとあきらかに粘性のものが、我が菊門を刺激してきた。
「あーヤバい、すごいかわいいですよ」
「うふふふふっ!」 
 さらにチュッとアナルに唇を合わせてくる。
「順子さん、お尻舐めるのうまい!」
「なになに〜?」
「ああ〜! すごい! かわいいよ! そこ舐められてるの見てるとキュンってしちゃうんです!」
「え〜? なあに〜?」
「だから〜、2分舐められたら、2倍キュンってなっちゃうんですよ…」
「え〜! そんなにいいの〜?」
 いったん身体をおこした彼女は、ベッド脇にあった中瓶のモヒートをひと飲みした。
そして…。
「ここが好きなんだ? ふふふ」
「そう、がんばってお尻舐めてる順子さんかわいいから…」
 小悪魔の表情を浮かべた彼女が一気に激しくアナルを舐め出した。
「ひもひいい(気持ちいい)?」
「…はい」
「ほれ(これ)、ふひらろ(好きなの)?」
「もう、大好きです…!」
 結局、アナル舐めは20分超に及んだ。おだてられると、ここまで舐めるもんなんだな。
 目を合わせ、改めて彼女の顔を確認すると、おかっぱ頭が乱れ、捨てられた日本人形のようになっていた。
 結論。例の格言は正しいです。
素人娘でもアナルを舐めてもらう方法
アナル舐めは、女の自尊心をくすぐりながら、徐々に誘導するのが正しい。フェラをしてもらいながら「もうちょい下も」タマを舐め始めたら「もうちょい下」舌が下がるたびに大きく反応してやれば、いつしか核心に到達する。
一度お手合わせをした女の子とまたヤリたいってのはよくある話だが、別れた後にメールで〈また今度会おう〉と誘っても、二度目はなかったりする。どうせまたヤリたいだけでしょと勘ぐられた結果だ。なのでセックス後に、お茶でもなんでもいいからワンクッション挟んでから別れること。セックスが目的だったとバレにくい。さらにその場で、セックスなどまるでしていないかのように、当日のデートを振り返っておく。
「一緒に洋服を選んでくれてありがとう。オレにしては珍しく買い物が楽しかったよ」
あくまでセックスはオマケだったように位置づけることで、2回目が見えてくる。
一回こっきりでバイバイしたい女ってのは確実にいる。でも、なぜかそういうのに限ってセックス後もなかなか解放してくれない。「もうちょっと一緒にいよう」なんて甘えてきたりして。無駄な時間を送らないためにも、事前に細工を仕込んでおこう。

ノーブラで乳首見え・ニットワンピの透けパンティ|全裸より透け透けがエロい

0122_20190309155356d4d_20191019221752760.jpg0123_20190309155357a3f_20191019221753275.jpg0168_201812221026070a2_20191019221755e45.jpg0169_2018122210260940a_201910192217563bf.jpg0170_20181222102846e08_20191019221758066.jpg0171_20181222102848471_201910192217598c2.jpg0172_2018122210284967c_2019101922180110e.jpg0173_201812221028517d9_201910192218023e6.jpgあの、私、ホントにこんなとしなきゃいけないんですか?ノーブラでこんなピチピ
チのタンクトップって、胸、透けちゃってるんですけど。
ものすごく恥ずがしいです。興奮してるだろって編集さんはきいますけど。恥ずがしいだけ。
こんな格好で、飢えた男性がうろちょろするAVコーナーに行くなんて。
もし会社の人に見っがったらどうしよう。おとなしいキヤラなのに。
いざ出発前、編集さんがもっと透けるようにと、胸のと霧吹ききシュッシュって吹きがけてさました。完全に乳首が見えちゃってます…そこに世の私が入っていくと…一斉に視線が集まります。
やだ、みんな胸見てる…。
エッチなDVD探してるって思われてるのがも。そんなんじゃないのに。あそこの男の人、じっと見てる。目そらさずに。同じやぼいのに、だんだん興奮してしまいました。勝手にだんだん乳首立ってくるんです。このままじゃ犯されると思って逃げ出したら、編集さんに怒られました。
もう、私、ライター志望でもないのにどうしてこんなことを…。
男性店員が胸をチラチラ見てくるたび、私は乳首が大きくなっていくのが心配でなりません。
ニットワンピの透けパンティ
巨乳ちゃんがカパンをたすきがけしてくれるだけでも、それはそれはありがたいのですが、可能ならぱそいつを下から見上げてやってください。どうです3倍ほど嬉しいでしよ。出勤したばかりのフーゾク嬢にあたるとうれしいもんです。毎日他の男のモノをしゃぶっているとはいえ少なくともその日に関しては初めてになれるのですから。上着脱ぎたてで飛び出してきた巨乳がうれしいのも同じ理屈です。他の男かまだ見ていない新鮮な透けおっぱい、なんだか匂い立つようです。

既婚限定の不倫サイト成功体験・妊娠女とのエッチ体験談

0049_20190506095759a8e_20191017155131f82.jpg0116_20190129204801ceb_20191017155136889.jpg0117_201901292048021c7_20191017155137ddc.jpg0118_2019012920480408a_20191017155139958.jpg0119_20190129204805d9d_2019101715513957a.jpg0120_20190129204807826_20191017155140598.jpg0121_20190129204808a2e_201910171551408b5.jpg
西ロのトキワ通りを入ったホテルの前に停めた
アケミと名乗った女は24才で、都下にある個人病院の看護士を辞め、今はホテトルで働いているのだという。
「俺ってムッチリ系が好きなんだ」
服の上から触る乳房には大きめの反発がでる。
ベッドでは「少し休んでからしようよ」とタオルを巻いてくれた。そのいじらしさに女を倒して足を拡げてクリトリスを吸い、瞳に舌を入れる。これだけ熱心に女の性器をクンニするのはめったにないことだ。「あああ、気持ちいいから」しばらく、されるがままにされた後、女が「入れよか」とコンドームを装着してきた。さてできるか
正常位で女の足を開かせ、ペニスを瞳口にあて、腰を前に動かす。方向が外れて2回やり直し。3回目で挿入できた。ゆっくりと腰を入れ5、6回性交運動をする。と、右足と右腹がつっぱって硬直しだした。我慢できない痛さだ。抜くよりない。
「やっばり無理みたい」女が俺の右足をさすりながら言う。ここまできて帰れるか。
「できそうもないから、まずお尻の穴を紙めて。それからフェラして、乳首を吸いながらアレをシコシコしてくれる?」「お尻とフェラと乳首ね」尻を向けると女は軽く肛門の中心に舌をつけてきて、そのまま舌全体で軽く吸った。続いて俺を横にして深いフェラ。最後には、乳首をねっとり吸いながら、ペニスやタマをさすってくれた。こんな看護をしてくれる病院があったら一泊3万でもいい。天井を見ながら切に思う。女が口をつけてきた。唾液キスだ。5分くらいで、腰の神経がピリピリしながらも快感が増す。女の舌を吸いながら思い切り射精した。心臓はバクバクし、右半身の筋肉は壊れる寸前のようにピクピク震える。もう痛いのなんのって。
「いいよ、ゆっくり休んで」俺の腰をさすりながら女が言う。
「この子、不倫相手の子供なの。奥さんからは弁護士を入れられてお金を請求されたり、ああもうイヤって感じ。でも、喜んでもらえてよかった」
脳梗塞で不完全な男と不倫妊娠女とのセックス。泣かせる話じゃないか。10分くらいでなんとか歩けるようになり、K君に連絡した。彼は上手くいかなかったらしい。
ホテルの前で落合い自宅まで送ってもらった。その後2、3日は、右足の力がなくなり自宅の階段でさえー段ずつ下りる有り様だ。2週間ほどしてアケミに電話した。もう一度会いたいと思った。
「ちょっと怖いからゴメン」不倫でゴタゴタしてる上に援交相手に腹上死されたら、たまらないだろう。
実物の女が確認できることが気に入ったようで、ーカ月後、K君からまたお誘いがかかった。が、どうにも体調が芳しくない。
「1人でやればいいじゃない」
「トラブった時に2人いれば…、それに回転寿司喰い放題、自宅送迎つきだよ」
断れない…。現場には午前11時過ぎに着いた。相変わらずカップルが入ったり出たり繁盛している。10分くらいして、入ったばかりの女が出てきた。歳は24、5才。プ口っぽくない。K君が車から出てホテルの前で女に声をかける。と、そのまま近くにあるホテル『トキワ』に入り、すぐに連絡があった。1時間半くらいでクソッ、あせる。後ろ側からカップルが歩いてきてホテル前で立ち止り何やら話している。まもなく、男が背を向けて早足で去った。女はキョトンとした顔をして突っ立っている。幸い、付近には人はいない。車に鍵をかけて女に近寄った。
「こんちわ。もし俺でよかったら遊ばない?」「ふーん、見てたの」
「どうする、イチゴー出せるけど。あとエッチな写真も撮らせてくれれば」
「…もしかして、脳の病気で体が痛い人?」「そうだけど・・」
「アケミ知ってるでしょ?いいわよ」すぐにK君と同じトキワに入る。女は23才、ジュンと名乗った。「あたしも準看護士してて、訳あってやめて、アケミから紹介されたの」
「もしかして妊娠?」「いや、そうじゃなくて、いろいろね」
「さっき男が行っちゃったのは?」「アナルとか、マニアみたい。最初から言えよって」
「じゃあ、俺も言っとくけど、脳梗塞の後遣症で右半身が痛いんだ。で、エッチできないときは、お尻の穴を紙めてもらって自分で出すってやり方でいい?」
「いいよ。エッチなしだったらイチでいいよ。あたしのお父さんも脳で倒れて寝たきりだった」
さっそく女の前に立ち、ペニスを出してしごいた。
「フフ、ワイセツね、おじさん」
女がペニスを握り、俺はポケットからいつものウエットティッシュを出す。
「きれいにしてあげる」女はペニス全体を拭いた後、「こうされたいのよね」とペニスに口をつけた。「その前にキス」「紙めた後ってヘンよね」言いながらも、口を寄せてくる女。立っていると足が痛い。ベッドに座り女のジーパンに手をかけて下ろす。ピンクのシャレたパンティだ。下ろそうしたら、女が思わず手で隠す。腹デブか、妊娠線かわからぬシワ肉があった。気がそがれるほどのことはない。が、女は「合わないコルセットつけてて」と言い訳している。堂々と出腹をブリブリさせて平気なデブ系テレクラ女とはえらい違いだ。
ブラの下には形のいい乳房があった。乳首を吸いながら陰部に手を入れ、陰唇をまさぐる。
「待って、キレイにしてから」全裸になった女を抱きしめて風呂前のキス。楽しい前戯だ。
「ころばないでね」女に手をひかれて風呂場に行き、柔らかく体を洗ってもらった。
「お尻も、ね」「ああそうだ」女は、後ろから中指で肛門の中まで洗ってくれた。よしよしアナルキスはドリルを期待してよさそうだ。ベッドに戻り、互いに抱き合って絡む。口キス、乳首、ヘソ、陰毛、陰唇、クリトリス、そして女のアナルにも軽く舌をつける。
「恥ずかしい。けど気持ちいいね」体をひねったせいか腹と肩が痛い。
「交替してくれる?」「あ、そうだ、ゴメン。痛かったのね」
女が寝ころんだ俺の乳首とペニスを交代で吸う。「タマの裏側も」と両脚を上げればそれを持ちながら睾丸を吸引。ぐんぐん快感が増す。が、それにつれ腹の痛さも増してくる。ガマンして女の舌が紅門にくるまで足を上げたままにしていた。
「入れてみる?」女に言われ、まずは正常位で試みた。挿入はスムーズにいけども、腰を入れると腰と股が強烈に痛む。後背位でも結果は同じ。決して腔感は悪くなく、どうにか腔射精したいのだが、腰がいうことをきかない。
「足を広げて」女は俺を後ろ向きにさせ尻を開き、肛門に舌をつけた。ベッタリと唾液をつけ、それを吸い取るようなアナルドリルキス。快感が脳天まで響いて足の痛みを忘れる。思い切り自分でペニスをしごいた。次第に股が疫撃してきた。ガマンできない。神経をアナルに集中して射精。脇腹と股の筋肉が猛烈に痛む。どっと横になって体を丸めると少し楽になった。
「だいじょうぶ。いちおう挿入はしたからね」
足を操んでくれる女にー万5千円を渡すと「大事にしてね」と5千円を返してきた。
K君は車で待っていた。「どうだった?」
「いい体してて、サービスも抜群。直接会ってもいいっていってた」上機嫌だ。俺も実に満足だ。が、このまま続けていたら《ホテル前で店の女ホを横取りするハゲがいる》という噂がたち、ボコボコにされないとも限らない。今度は新宿とか別の場所でアタックしてみるか。早く腰と足を治して万全のセックスをしたいものだ。

ツイッターで出会える女の子・パパ活希望娘・援交嬢を捕まえる検索作戦|出会い攻略

0100_20190708072518192_20191019092714e09.jpg0105_201907040600480eb_20191019092715b54.jpg0066_201812210128284c3_20191019092712b8e.jpg
実際ツイッターでどんな女の子と出会えたのか0218_20180722204132990_2019082023545246a_20191019092717f79.jpg0219_201807222041330b8_20190820235453562_201910190927188ee.jpg0220_2018072220413414d_20190820235455887_20191019092720747.jpg0221_2018072220413616d_20190820235456a42_201910190927223aa.jpg0222_20180722204137c58_20190820235458bac_20191019092724991.jpg0223_20180722204139d5c_20190820235459b6c_201910190927253ef.jpg0224_20180722204140040_20190820235501169_201910190927272f6.jpg0225_2018072220414263c_2019082023550201a_201910190927280c0.jpg0227_201807222041457a2_20190820235505ffe_20191019092731b00.jpg1、ツイッター援交・可愛い素人を捕まえる手法
ツイッター援交と言えば、若くて可愛い子とヤレるツールだが、業者が多くなりすぎて最近では何の知識もなく素人を掴むのはかなり困難になってきている。
「援」とか「円垢」で検索して出てくる女の9割は業者で、待ち合わせてしまったら最後、写メとは似ても似つかない女が出てきて超高速の時短プレイでカネを回収される。そんな危険なツイッターで今、エンコー上級者が素人を捕まえるために使っている手法を紹介しよう。
 まず、新規でツイッターのアカウントを作り、口コミサイトのツイ援DBにログイン。
 その後、地域別の女性一覧ページから「ちょっと太めだったけど、イチゴーで4時間たっぷり楽しめました」とか、「写メ通りで業者ではなさそうだがマグロで残念」などといった、業者でないことが濃厚そうな口コミの集まっている女を3〜4人フォローする。
 その後、ツイッターのトップ画面に戻り、おすすめユーザー欄を開くと、素人感のある女ばかりが表示されているはずだ。
 ツイッターのおすすめユーザー機能はかなり優秀で、素人のエンコー女を何人かフォローすれば、似たような素人エンコー女を次々にオススメしてくれるのだ。これで業者も怖くありませんよ。
2、質のいいツイッター援交嬢の探し方
若くてかわいい子とエンコーしたいならツイッター、なんて風潮がありますが、私たちみたいなおじさんには非常に敷居が高いですよね。
援助募集らしき女を発見しても、それがどんな女なのかわからないし、あるいは業者かどうかの判別もつかないし。
そこで重宝するのが「ツイ援DB」。ここに寄付をすると、強力な検索機能が使えるようになるんです。それは「ランキング検索」と「逆検索数順検索」。ランキング検索は、口コミや検索数の多い順に並べて検索できるという機能で、そこそこの値段で買える安定した子の評判が出てくるので助かります。
逆検索順検索はさらにおすすめで、クチコミがあるエンコー女の中で、検索数の少ない、つまり目立ってない女のみをリストアップしてくれるんです。これを使うと、デビュー直後のウブな子と出会える可能性が格段に高まります。
この二つによって、おじさんでも質のいいエンコー嬢とヤリまくれるんです。ちなみに寄付といっても、15円のアマゾンギフト券でOKなので、懐は痛みません。
3、ツイッターで、唯一出会えるツール
女と出会える可能性が低いツイッターで、唯一出会えるツールがこれだ。ツイッター上にはないホームページなのだが、使い方は超簡単。ご飯を食べたい相手のツイッターアカウントを適当に入力してポチッと押すだけ。自分がフォ口ーしていないアカウントでもかまわない。この後、相手も自分とご飯を食べたいと意思表示してくれたら、メッセージが届くという流れだ。では誰を「ごはんたべたい」相手にすればよいのか。過去に一度でもこのツールを使ったことのある人間に決まってる。見つけ方は、タイムライン上で『ごはんたべたい』のキーワードで検索するだけ。あとは性別、住んでるエリア、年齢などを絞っていけばいい。この検索作戦、オレはこれまで4回ほど「マッチング」しているが、セックスには至っていない。あくまできっかけ作りのツールだと認識すべし

健康ランドや人前でおまんこを見せちゃう素人娘・乳首見えかけの極小水着でビーチを歩かせる

0120_20180212210648cc7_20191018191908496.jpg0121_20180212210647fa8_20191018191910fce.jpg0154_2018121814491037c_20191018191747c9c.jpg0155_20181218144911873_20191018191749e84.jpg0156_20181218144913aa7_20191018191750901.jpg0157_20181218144914e37_201910181917524ab.jpg0212_201901231330063dd_20191018191754597.jpg0213_20190123133008661_20191018191756cd9.jpg0214_20190123133009c88_20191018191758943.jpg0215_201901231330115cf_20191018191800fb0.jpg1、健康ランドではダラダラしてちゃいけません。目を皿のようにして女性客を観察しましよう。うっかり油断してる人や、わざと露出してる人がきっとどこかにいるはずです。
2、人前でマンコなでなでするのってアリなんでしようか。見たいけど。路上でオメコずぶすぶするのってアリなんでしようか。もっと見たいけど。でも可哀想なのは女の子ですよね。そんな中途半端なペツテイングだけでデートを続けなきゃなんないなんて。パンツヌレヌレで歩かなきゃなんないなんて。
3、巨乳が巨乳であることをあらためて強調するのは、胸元にぶらさがったヒモがなだらかなスロープを描くときでこざいます。お昼休みのOLが首にひっかける入館証は、その点における最大級の小道具と言ってもよろしいでしよう。長方形のパウチフィルムが不安定に揺れる、その現象を見るためだけにでも、午後のオフイス街を歩く価値はあると思われます。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます