0218_20181211185022c07_20191015144010315.jpg0219_20181211185023981_20191015144012c87.jpg0220_201812111850259a8_20191015144013825.jpg0221_20181211185026bf3_201910151440152be.jpg0222_20181211185028077_20191015144016230.jpg0223_201812111850293bd_20191015144018cff.jpg0224_2018121118503123b_201910151440196d0.jpg0225_201812111850321ba_2019101514402163c.jpg
大人のおもちゃも男のものばかりではない。ローター然り、バイブ然り女が使うグッズだってもちろんある。それら女性用グッズも結局のところは男が使うことがほとんどだということだ。イカせグッズにも確固としたレビューが必要だ。

大人とは、18才、あるいは20才を超えた者のことである。男もいれば女もいる。大人のおもちゃも、男のものばかりではない。女が使うグッズだってもちろんある。ローター然り、バイブ然り。ただし誤解してはいけないのは、それら女性用グッズも、結局のところは男が〝使ってやる〞ことがほとんどだということだ。一人きりでこっそり股間にバイブを突っ込む女なんて、杉並区に2人、練馬区に3人いればいいほうだろう。だからイカせグッズにも確固としたレビューが必要だと俺は思う。いまはオナニー三昧で栗の花の臭いのする部屋に住んでるあなた方も、いつの日か女体を存分に愛でる日が来るのだろうから。

ニップルバッズ

乳首の攻め方でもっとも喜ばれるのは、唇で甘噛みしながらの舌レロレロである。甘噛みとレロレロ。どちらも4文字なので記憶しやすいはずだ。覚えて帰ってください。このグッズは1台にしてそのW攻撃を可能にしている。クリップで挟み、ブルブル震えるのだ。贅沢品と言うしかない。国にバレれば高い税金がかけられるだろう。買うなら今のうちだ。ネジを調整して、甘噛みで挟む。おやおや、これだけで乳首が大きくなっちゃってます。ではレロレロするよ。ブイ〜〜〜ン無反応だ。吐息すらもれてこない。なんだよ、これ。と、リモコンを放り投げると、乳首が引っ張られた。「あんっ」ん? 今のがいいのか? もっと引っ張れってか? ほれ、クイクイッ。
「あっ、いいよ、それいい!」こいつ、かなりのMなのか?

フィールモンブラン

モンブランと聞いてコージーコーナーのケーキしか思い浮かばないのは女子供である。生粋の山男である俺は、もちろん若き日に何度も登ったヨーロッパの山が脳裏に浮かぶ。白い山って意味なんだよな、確か。では、なぜこの黒いイソギンチャクがモンブランなのか。そんなことは知りませんよ。ともかくイソギンチャクを回転させてクリにでもあてがえば、かなり効果は高そうである。亀頭のくびれにも使えそうだけど、今回はガマンだ。クリトリスにローションを垂らし、ゆっくりと回転するイソギンチャクを近づける。マンカスを掃除するような要領で。「どう?」「んーー、くすぐったいだけかも…」「これならどう?」回転数アップだ。こびりついたマンカスもこそげ落とすほどの。
「ダメみたい。材質がゴムゴムしてて感じない」そうか、ゴムゴムは駄目なんだ。やっぱ俺の亀頭に使おう。(回転には別器具が必要です)

肥後ずいき「極太番長」

あんたがたどこさ、肥後どこさの肥後である。熊本の女がこんな卑猥なブツを突っ込んで随喜の涙を流している事実には驚かざるをえない。森高もスザンヌも。あの手の顔はバイブ派のはずなのに。まずは洗面所の水に5分ほど浸して、表面をヌルヌルに。イモの茎でできているため、勝手にヌメリが出てくれるのがありがたい。ローション不要だ。いざ挿入。難なく奥へ入っていく。「ぼわぼわしてて変なカンジ。風船が入ってるみたい」ストロークしても彼女の表情は冴えない。硬さがないのが不満なようだ。柔らかい白人ペニスが好きな人向けのようだ。江口っちゃんもソフトバンク斎藤もフニャチンなのだろう。

尻が原の穴洗

ウケ狙いのネーミングにツッコミを入れると負けな気がする。天正5年のあの戦いが…みたいなことを書くと、敵もしてやったりとほくそ笑むだろう。ここは軽くスルーすることで、ほぞを噛ませてやりたい。ただのポンプだ。中に水を入れてチューっとしてやるだけの実にくだらぬポンプだ。いかん。ネーミングのせいで最初からケンカ腰になってしまった。冷静に冷静に。「ひっ!」先端をアナルにつっこんだ瞬間、女がうめいた。これ以上奥に入れるには痛すぎるようだ。ほんの少し入ったところで、ポンプを握りつぶす。ブチュウーーーうまく注入されず、ほぼすべての水が門前払いされてしまった。菊門は思いのほか堅固なようだ。

マスカッチ

旨そうだ。夏の暑い日に、一つだけもいで口に放り込みたい。かみしめれば酸味が清涼感を呼ぶだろう。こんなもんをアナルにぶちこむなんて、人間の業は恐ろしや。ヌルン。先っぽの「茎」部分は問題なく入った。さあここからだ。ブドウの果実をどうねじ込む? 強引に押し込めばいいってもんじゃないだろう。肛門を広げながらプッシュが正解か?おりゃ!
「痛い痛い痛い! ムリムリ。ムリだって!」

加藤鷹の手

総理大臣の名前は知らずとも、加藤鷹の名を知らぬ日本人はいない。おこがましいかぎりだが、俺も将来、息子が産まれれば名前は鷹にしようと決めている。種市鷹。元気に育ってくれ。
誰もが神とあがめる男の右手が、いま目の前にある。鷹さん、こいつツマんない女ですが、手マンお願いしていいっすか?返事がないので俺が動かそう。2本の指を膣にグイッ。
「痛っ…指じゃないよ、これ」「指だって」「違うよ、プラスチックの棒だよ、もう痛いってば」鷹さん、くだらない女ですみません。俺から謝ります。

ハケレンジャー2号

昔から、女の皮膚はハケに弱いことになっている。繊細な毛の1本1本がえもいわれぬ快感を招くのだろう。小学校時代、川口紀子ちゃんは新しい習字の筆先をほっぺたにさわさわとあてながらはにかんでいた。あれはマスターベーションの芽生えだったのだ。さて、このハケレンジャー2号。1号はブルブル振動するだけだったのだが、なんと上下左右に首をスイングするよう改良されている。初代の黄レンジャーがカレーばかり食ってたのに二代目が甘いお菓子を好む設定になったことと状況は極めて似ている。では試してみよう。全裸の女の横にすわり、電源をオン。ブイ〜〜ン。バイブレータ特有の音と共にハケの毛先が細かく震え出した。まずは脇腹あたりからサワサワ、横チチにもサワサワサワ。「うーん、意外といいかも…」いいのか。では本丸、チクビに移動だ。ブブブブ…「あ、いいかも、いいかも。目隠しされたらもっといいかも!」ドMには最適のようで。

STローリングバースト

オレたち男はバイブは太いほどいいと思い込みがちだが細いほうが膣内でバイブの角度を自在に調整できるため、女の性感帯をピンポイント攻撃できるのだ。このSTローリングバーストの特徴は細さにある。バイブを深く挿入した際、奥裏Gスポットと呼ばれる子宮口の奥を刺激することができるのだ。たいていの女は失神するほどの絶頂を味わう。

キャスパーキューティー

Gスポ圧迫系バイブの中でもこのキャスパーキューティーはオナニーに使うと気持ちいいと女性の支持を集めている。えぐるようなヘッド形状のおかげものすごく簡単に潮吹きさせることもできるんです。

フェアリーブラックエクシード

あらゆる電マの中でも最強の振動を誇り、どんな女でも昇天させることができる電マだ。女性が乱れまくり、あっという間に潮が吹き出ます。

TENGA「イロハシリーズ」

テンガが開発したデザインが可愛い女性向けのお洒落ローターで、細い部分をクリトリス、大きい部分をおまんこに当ててブルブルさせる。「可愛いくて気持ちいい」と評判がいい。