おまんこのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:おまんこ

ハンコが欲しけりゃおまんこさせなさい・教官のセクハラ日記

0242_201810061642006b4.jpg 0243_20181006164201b70.jpg 0244_20181006164202659.jpg 0245_20181006164204083.jpg 0246_2018100616420547b.jpg 0247_2018100616420705c.jpg 0248_201810061642081fb.jpg 0249_2018100616421030d.jpg 0250_2018100616421129d.jpg 0251_20181006164213389.jpg 0252_201810061642142ce.jpg 0253_20181006164216c5a.jpg 0254_20181006164217f8a.jpg 0255_201810061642197a6.jpg 0256_20181006164221777.jpg 0257_20181006164222f66.jpg 

女がイキそうな時に手マンのスピードを上げるのは逆効果

0080_2018100109530578d.jpg 0081_2018100109530648e.jpgごぶさた系の人妻は顔全体で硬いチンコを味わい尽くす
ブスのは舐めたくない…。ラップ越しのクンニが結構イイんですって
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

通販コールセンター主任の楽しいセクハラデイズ

0028_20180930200454eda.jpg 0029_201809302004554b0.jpg 0030_2018093020045619e.jpg 0031_201809302004577eb.jpg 0032_20180930200458961.jpg 0033_201809302005002b8.jpg 0034_20180930200502280.jpg 0035_20180930200503a7a.jpg 0036_2018093020050451e.jpg 0037_201809302005066c1.jpg 0038_20180930200508a8c.jpg 0039_20180930200509024.jpg 0040_20180930200511e82.jpg 0041_20180930200512956.jpg 

やれそうでやれなかった女は時間を空けて口説けばやれるのか?

0024_20180908121055c45.jpg 0025_201809081210569c8.jpg 0026_20180908121057d25.jpg 0027_201809081210597d7.jpg 0028_20180908121101fe7.jpg 0029_20180908121102a2f.jpg 0030_2018090812110443f.jpg 0031_20180908121105565.jpg 0032_20180908121106c38.jpg 0033_201809081211083f0.jpg
4年半も前に一回ドライブをしただけの関係だし、さすがにいきなり電話はビックリされるだろう。メールしてみましょう。
●お久しぶりです。だいぶ前にお見合いパーティで一緒になった仙頭です。オープンカーでのドライブ、って言えば思い出してくれるかな?最近、あの車を売ったんですけど、そのときに何となく広野さんのことが頭に浮かんでメールしてみました。元気してますか?
○お久しぶりです。覚えてますよ、仙頭さん。車、売っちゃったんですね。ドライブはちょっと寒かったですけど、けっこう楽しかったですよ(^_^)
おっと、反応してくれたぞ。今も婚活中で出会いを求めているところだったりするかも。
●お返事ありがとうございます。ぼくがあの車を手放したのも、まさに寒かったからです(笑)。次に車を買うなら、将来結婚して家族を持ったときのことなんかも考えて普通の車にしようと思ってます(まだ彼女もいないけど)。広野さんは婚活のほうは?
○こんばんは。私もまだ独身です(^^;;。最近、付き合い出した人はいますけど。もうちょい早く連絡すべきだったか…。でも、返事をくれたってことは、攻める隙はあるんじゃね?
●カレシがいるんですか。フリーならゴハンでも誘おうと思ったのに(笑)。ちなみに、相手はどんな人ですか?
○カレシは、パーティで知り合った人ですよ。本人は普通に会社勤めしてるんですけど、実家が千葉で農家をやってて、今度、種まきを手伝いにいきます。
楽しそうじゃないですか。家族ぐるみの関係になり、さっさと結婚を決めてやろうって腹か。こいつは難しいかも…。
●カレシの実家のお手伝い、素敵ですね。相手の親も、息子が年頃の女の子を家につれてきたとなると大喜びだろうし。広野さん、将来は農家の奥さんになりそうね?
○いやいや、結婚の話とかはまだ出てないし。とりあえず向こうの親には好かれるように頑張ってきます(笑)。仙頭さんも、早く家族を持ってドライブへ行けるように頑張って下さい(^_^)
そっちはそっちで頑張れと突き放されてしまった。ま、しょうがないか。なんせ4年以上も経ってるんだもん。ディスコまで行ってワイワイ騒いだ仲なんだし。軽いノリでいいだろう。LINEにアドレスが入っているので連絡してみましょう。
●お久しぶりです。むかし、新宿で一緒に飲んだセントウです。お元気ですか?
○すみません…。どなたでしたっけ? 
…わからないか。ま、LINE交換したとはいえ、3年くらいぶりだしな。
●いきなり失礼しました。3年くらい前に、高尾山で会ってからの〜、新宿でハシゴ酒したの覚えてません?
○そういうことありましたね! 久しぶりです。仙頭さんに連れていってもらったバー、あの後、友達と行きましたよ。 よしよし。意外といい反応だぞ。
●記憶の片隅から引っ張り出してくれて嬉しいです! あのバー、いい店でしょ?ぜひぜひ使って下さいませ。よかったら一緒に行きません? 
○お疲れ様です。飲みに行きましょう。相方も連れて行っていいですか?カレシなんですけど。
何だそりゃ? 空気を読んでほしいんだけど。
●お返事どもども。勝手にフリーだと思ってたんですけど、カレシがいるんですね。でも、カレシは、男からの誘いになんて乗ってきます? 大丈夫ですか? ちなみにどんな方ですか?
○大丈夫ですよ。逆にうちの相方、私が一人で飲みにいくほうが心配するんで。仙頭さんって、たしか雑誌作ってるんですよね?相方も出版関系なんで話合うと思いますよ。
●同業ですか。…共通の知り合いがいるかもしれないし、さらに気をつかうなぁ…。ぼく、昔ディスコでアユミちゃんに抱き付いたりもしてるし。
○そういうことありましたね(汗)。その件は、内緒でお願いします。うちの相方、けっこう嫉妬がすごいんで…(汗)。 
相方、相方って、何だかイタイ感じですなぁ。しかもそのカレシは束縛タイプっぽいじゃないか。リストカットする女は依存傾向があるって聞くし、そういうことなのかも。 
いずれにせよ、3人で飲みに行くとかありえないっつーの。ここは引きましょう。カメラマンの設定を活かし、久しぶりの連絡が不自然でない口実を考えに考えた末、こんなLINEを送ってみる。
●お久しぶりです。カメラマンの仙頭正教です。最近はどうしてますか?こちらは、婚活のほうは後回しになっていますが、おかげさまで仕事は順調で、近くNYでの大きなプロジェクトに参加することになりました。何となく山本さんには報告したくてLINEした次第です。よかったら渡航前にゴハンでも誘わせてよ。気が向いたら、連絡下さい。 
いつまで経っても返事がないし、既読にすらならない。ブロックされているのかしら…?
ヌード撮影のやりとりがよっぽどマズかったのかも。あっさり自宅に上がらせてくれた
し、けっこうヘンな女だったから、
また泊めてもらうくらいは簡単だろう。深夜1時、電車がなくなって帰れない設定で電話してみた。
プルルルルル。
「はい」「夜、遅くにすみません。前にチヒロさんちに泊まらせてもらった仙頭です」
「…セントウ?」
「ファミレスで会って、フナッシーの話をして、覚えてません?ぼくが電車がもうないって言ったら、チヒロさんがうちに泊まっていいよって誘ってくれて」 
少し間が空き、素っ頓狂な声が返ってきた。
「わからんナッシ〜!」 
変わってないなー。
「もしかして飲んでます?」
「んふふふふっ。ちょっとだけ。でもこれからバイトなんで」
こんな時間から?
「…チヒロさんの仕事って、レコード会社関係のデザイナーって聞いたような気がするんですが」
「そうそう、でもデザイナーって仕事があるときはあるけど、ないときはないから。バイトでちょこちょこっーと」
「飲み屋とかですか?チヒロさん美人だし、おしゃべりのテンションも高いし、男ウケが良さそうだし」
「んふふふふっ、ま、男の人を楽しませるおしゃべりは得意なほうだけど。飲み屋ではないナッシー! パソコンでちょこちょこーっと」
この時間からパソコンバイトって、もしかしてライブチャットか!
「じゃあ、仕事があるんで」
電話は切れた。エアーフェラなんて奇っ怪な行動も、ライブチャットで覚えたとしたら納得がいく。つまり手練れ。これは頑張って狙っても、ヤレそうでヤレないパターンかも…。当時、彼女は39才という年齢で、婚活的には9回裏2アウト。年下男を中心に焦って相手探しをしていたはずだ。現在はすでに結婚している可能性も高いが…。メールしてみよう。
●お久しぶりです。1年くらい前に、お見合いパーティで一緒になった仙頭正教です。お元気ですか?今日、何となく過去のメールを見ていたら、ヨウコさんに返信しないままになっていたことに気づきました。あのときは、少し酔っ払って、壁ドンとかフザけてゴメンなさい。最近、恋愛のほうはどうですか? 
○センちゃん、久しぶりです。メールありがとう。あのときは返事が来ないから、冷たいこと言っちゃったかなぁ…と不安になってました。男の子なんだし、酔っ払ってハシャぎたくなることもあるよね。そんなことよりも私に最近の恋愛を聞くなんてどんだけー!まだ待ち人現れずです(汗)。センちゃんはどうですか?1年ぶりにもかかわらず、「センちゃん」ときましたか。
37の男に向かって「男の子」ってのもどうかと思うが、このノリの良さは面白い。ゲームセット後に敗者復活戦の参加チケットをゲットしたような気分になってるのかも。
●メールありがとうございます。返事をほったらかして気を煩わせて失礼しました。ぼくもまだ独身ですよ。待ち人現れず同士、励まし合っていきましょう(笑)。よかったら久しぶりにゴハンでもどうですか?もちろん酔っ払ってハシャギ過ぎないようにはするんで。
○ぜひぜひ行きましょう。来週とかだと仕事の都合が付きやすいです。センちゃんは、新宿あたりが出やすいんだっけ?
場所は合わせます(^^)翌週の金曜、夜8時。新宿の待ち合わせ場所には、ヨウコさんが先にやってきていた。
「センちゃん、ひさしぶり!」 
ちょっとふっくらしたろうか。一重のシャープだった印象が柔らかくなっている。レベルアップしてるじゃん。新宿3丁目のほうへ向かい、居酒屋のカウンターに並んで座った。  彼女の婚活現在地は、ゲームセット寸前の敗者復活組。じっくり攻めれば、普通になびいてくれるはずだ。
「ヨウコさんは、最近、パーティには行ってるんです?」
「たまにね。でも私、40過ぎちゃったから40代以上のパーティへ行くんだけど、男の人は、アラフ
ィフのバツ持ちのオジさんばっかだよ」
オレの誘いに飛びついた理由は、そのへんにあると見た。
「30代のパーティにシレっと行ってみるのはどう?まだ30代から1年しか経ってないし」
「うーん、現実、私おばちゃんだし…」 
意外と冷静だな。てっきり若い男大好き人間だと思ってたけど。
話題はパーティからとりとめのない恋愛論へ。すると彼女が辛気くさい話を語り出した。
「…私、30才くらいのときに、結婚寸前で失敗したことがあってね。親同士も挨拶して、新居のマンションも決まって、いざ住み始めようとしたとき、相手が別れたいって」
「…そうなんですね」
「その後少しして、その男は26の子と結婚したんで、たぶん私と二股かけてたんだと思う。だから、私、絶対イイ結婚してやろうっていうのが、心のどこかにずーっとあったんだけど」
「……なるほど」
「40過ぎてパーティに行ったとき、これが私の現実なんだって思って…」
つまり、自分の状況を痛感したわけか。四十路のオバハンなんだと。ならば、今夜のオレの誘いは大チャンスだと感じてくれてるはずだ。居酒屋を出た後、駅へ向かって歩く道すがら、彼女をビルの壁際までグイグイ押してみた。では、リベンジと参ろう。ドンと手で壁を付く。
「オレんちこいよ!」
「もぉ〜また酔ってるの」
「ヨウコの話、もっと聞かせてくれよ」
「ホントに?センちゃんちどっちのほうだっけ?」
そうこなくっちゃ。 通りかかったタクシーを停めたところ、彼女はすんなりついてきた。しかし、車内でキスをかまそうとすると、相手の体がちょっと強ばる。
「センちゃん、また会ってよ?」
「もちろん!」
その返事を聞いて、彼女の力がすーっと抜けた。
(この後のセックスシーンは割愛します)企画から1年。オレの設定は、3月に東大9浪が決定し、もっか絶望中の27才でいく。メールだと泣き声アピールが伝えられないため電話しよう。
プルルルルル。
「はい」
「あ、あさこさんですか。去年、東大を落ちたときになぐさめてもらった仙頭正教です。突然、すみません」
「……あっ、久しぶり」
「実は、ぼくバカで、大バカで…。今年も落ちちゃって。きゅ、9浪が決定し…。うううっ」
言葉を詰まらせ、相手の言葉を待つ。どうだ9浪だぞ、聞いたことないだろ9浪なんて。
「…そうなんだ。じゃあ今、来年に向けて頑張ってるんだ」
優しい口調だ。そりゃあほっとけるわけないよね。
「だけど、自分がもう信じれなくて…」
「うんうん、わかるよ」
「悶々としちゃってるから、何かで発散したくて」
「うんうん、わかるよ」
「あさこさん、また一緒にカラオケに行ってもらえませんか?」
「あっ…、今、ちょっと仕事のスケジュールがわからなくて」ん?口調が強ばったぞ。
「今週とかダメですか?来週とかでもいいですし」
「今月はシフトがまだ出てないから、スケジュールわかったら電話するね」
「そうなんですか?」
「じゃあ、セントウ君も元気だして。勉強、頑張ってね」
電話はせわしなく切れた。その後、あさこさんからの電話はなく、こちらからかけても出ない。うーん。9浪ってのはさすがに引いちゃったかな。

貴女のおまんこいいと言うまで舐め続けます

0128_20180827200246598.jpg 0129_201808272002477b6.jpg 

いつでもどこでもおまんこが濡れてしまう女

0202_201808251610028f1.jpg 0203_2018082516100333b.jpg 0204_20180825161005dcb.jpg 0205_20180825161006e02.jpg 0206_20180825161008b81.jpg 0207_20180825161009e2e.jpg 0208_201808251610115ae.jpg 0209_20180825161012c2b.jpg 0210_20180825161014978.jpg 0211_20180825161015424.jpg 0212_2018082516101793c.jpg 0213_20180825161018079.jpg 0214_20180825161020d60.jpg 0215_20180825161021e5a.jpg 0216_201808251610236c0.jpg 0217_2018082516102401c.jpg 
カテゴリ

おまんこでお酒を飲んだらどれくらい酔っぱらう?

0114_20180820193240c64.jpg 0115_20180820193241c3e.jpg 

パンチラと酔っぱらい生おまんこを求めて桜前線と北上するバカ男

201506230.jpg 201506231.jpg 201506232.jpg 201506233.jpg 201506234.jpg 201506235.jpg 201506236.jpg 201506237.jpg 201506238.jpg 201506239.jpg 201506240.jpg 201506241.jpg 201506242.jpg 201506243.jpg 

敏感クリちゃんは裸に剥かないで指でサンドしてあげよう

0058_20180815100432611.jpg 0059_2018081510043364a.jpg
乳首が感じないとお嘆きの貴方このマシンでゆっくり開発してください
クリトリスの隠れたトコは恥丘の下まで伸びてるって知ってました?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

看護師様のおまんこをクンニ奉仕

0116_20180806181823c2c.jpg 0117_2018080618182424e.jpg
〈まだ変態やってんの?〉
突然いただいたそのメールは、僕より二つ下の34歳になられる看護師様からでした。久しくお会いしていなく、ご連絡もかれこれ半年ぶりくらいになります。
〈今度の日曜空いてる?〉
彼女と知り合って5年くらいになりますが、たまに思いついたようにクンニのオファーをいただきま
す。5年間とは長いもので、途中に彼氏さんがいらっしゃったり、またいなかったり、ご転職されたりと、思い返すと看護師様なりのドラマが見られます。その時々にクンニ道具としてご愛顧いただいてきたわけですが、クンニ好きの僕にとってはまさに女神のような存在です。たまにこうして目を掛けてくださる看護師様にただただ感謝しかありません。
〈はい、大丈夫です〉
〈じゃあ土曜の夜から泊まりでいくわ〉
こうして今回も、唐突な思いつきのご依頼によってクンニのお約束をいただいたのでした。迎えた当日。お待ち合わせの駅では、ちょっぴり赤ら顔の可愛らしい看護師様がご登場されました。どうやら女子会の帰りでお酒をたしなまれたそうです。「久しぶりね! 電車の中でずっと舐められること考えてたから濡れてるわ」
「ありがとうございます」
「着いたらすぐしてもらおっと」
そんなポップな会話を繰り広げながら家路へとつきました。看護師様とお会いするのは久しぶりではありますが、これまでに累積回数だと数十回、時間にして数百時間はクンニさせていただいています。看護師様は愛らしくとてもおモテになる女性ですので、これまでも彼氏さんがころころ変わっていらっしゃいました。しかし、ことクンニに関しては僕が一番時間的なシェアを占めていますので、それは僕の誇りです。部屋に到着すると看護師様はこなれた動作で上着や荷物を置き、早々に下半身を露わになさいます。
「はぁ〜疲れた…」安堵のご様子で深くため息をつきながら椅子にドカッと腰かける看護師様。股を開き露わになった下半身を僕に向けて、言葉でなく空気感でクンニ奉仕の催促をなさいます。
「いただきます」
僕はすぐさまお足下に跪いてクンニ奉仕を始めました。ご奉仕中はほとんど会話などなく、僕はただひたすらに舐め続けるだけ。その間、看護師様は僕の存在をよそにテレビを観たり、スマホを弄ったりしてお寛ぎ遊ばれます。クンニ道具である僕にとってそれは眩しいほどに最高のひととき。そんな素敵な時間が、寝る直前の深夜にまでおよび、その翌日も朝から日が暮れるまで続いたのでした。
「変態ってほんと便利でいいわ(笑)」僕のような変態を肯定してくださる看護師様の優しさそして懐の深さに重ね重ね感謝しかありません。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます