おまんこのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:おまんこ

  • 2019/10/19奴隷ちゃん調教

    1、健康ランドではダラダラしてちゃいけません。目を皿のようにして女性客を観察しましよう。うっかり油断してる人や、わざと露出してる人がきっとどこかにいるはずです。2、人前でマンコなでなでするのってアリなんでしようか。見たいけど。路上でオメコずぶすぶするのってアリなんでしようか。もっと見たいけど。でも可哀想なのは女の子ですよね。そんな中途半端なペツテイングだけでデートを続けなきゃなんないなんて。パンツ...

    記事を読む

  • 2019/10/12奴隷ちゃん調教

    ロ一タ一にバイブ、それから野菜…。ベジタフル!異物挿入今日は何してたの?普通に仕事してましたよ。今から帰るところです。家で寂しく寝るんだそうですよ(笑)どうせ一人寝ですよ座り仕事してたらつかれるでしよ?ですね、暖房が効いてて暖かいし、少し暑いときもあるから。だから夏とかは不便でフローラルな香りだ。ちょっと、匂い喚がないでくださいよ。乳首が両方とも立ってるよそうなんですよ彼氏いないの去年の9月ぐらいか...

    記事を読む

  • 2019/09/22SEXテクニック

    ごぶさた系の人妻は顔全体で硬いチンコを味わい尽くす美人なのに、パンツを脱いだら臭いおまんこ。顔が可愛い分ショックは倍増ですがそんな臭マン女でもセックスできるのかとても気になります。 しかし、確実にクサマン女性とセックスできる方法があります!ブスのは舐めたくない…。ラップ越しのクンニが結構イイんですって湿布のプニプニがクンニの代用になるなんてありがたやあの、舐めてほしいな…う、うん…湿布のプニプニが...

    記事を読む

  • 2019/09/12突撃リポート

    夏がやって来ると無条件にソワソワした気分になるのは、おれだけではないはずだ。そして、海に行って水着ネーチャンを視姦しよう、花火大会でナンパしようなどと、あれこれ楽しい妄想を膨らませた挙句、何ひとつ実現できないまま秋の到来を迎えてしまうお仲間もまた、結構いらっしゃると思う。だから梅雨明けと同時におれは誓った。今年こそは、夏のムダ遣いはしない。必ずや充実した時間をエンジョイしてやる。さっそく楽しげなイ...

    記事を読む

  • 2019/09/08奴隷ちゃん調教

     おまんこに山芋を入れる気持ち良さ今回は、成人式も終わったので、成人祝も兼ねちゃいました、笑しのの下のおロでたくさんお酒を呑みましたまずはパンツに穴をあけられてその穴がらからいれられる生まれて初めて飲むお酒は白ワイン結構強いお酒を入れらちゃいましたしのはあんまりお酒強くないの。 緒構酔っちゃいました顔真っ赤だ、 酔ってもお酒は入れられましたどんどんしのの下のおロにお酒を入れて…大変でした...

    記事を読む

  • 2019/09/04SEXテクニック

      乳首が感じないとお嘆きの貴方このマシンでゆっくり開発してくださいクリトリスの隠れたトコは恥丘の下まで伸びてるって知ってました?ベッドインしてから肌をサワサワサワサワ30分間もったいぶる...

    記事を読む

  • 2019/08/30その他

    裏モノが臭マンを親の仇のように憎んでいるのは、これまでさまざまな防御策をしつこく誌面で紹介してきたことからもおわかりかと思う。たとえ石原さとみ級の美人とベッドを共にできたところで、股間から吐き気をもよおすニオイが漂ってくれば興奮は限りなくゼロに。ましてや相手が大久保佳代子レベルなら、もはやセックスすら成立しない。なんでこんな女を口説いてしまったのだろうと激しく自責しつつ、脱いだズボンを黙ってはき直...

    記事を読む

  • 2019/08/28その他

    もともとは男性用のこのボディーソープ、ノズル1プッシュ程度の使用量で、油ぎったおっちゃんのワキガも立ちどころに押さえ込むほどの消臭成分が配合されている。2プッシュも使えば、どんな臭マンだってへっちゃら。洗浄後はミント系の香水成分が臭いの復活を抑制してくれるため、快適セックスが保証される。上のマンガですでにお気づきかと思うが、このロ—シヨン、男性のオナニ—用としても人気が高いなにせ行為の途中で次ぎ足す...

    記事を読む

  • 2019/08/17奴隷ちゃん調教

    〈25歳、イベントコンパニオンをしています。ブログ読みました^^  私も舐めて欲しいのですが、お願いできますか?〉ある日のこと、そんなお誘いメールをいただきました。イベントコンパニオンをされていらっしゃるということは、きっと容姿端麗なお方であるはず。期待をめっちゃ膨らませながら『ぜひ使ってください』と返信します。返事はすぐにいただけました。〈私はSなのですが、あなたをペットにしたい。飲んでほしいです〉...

    記事を読む

  • 2019/08/14素人の本物ヌード

    いや、ちょっとお話をしたいなーと。…はぁ。このへんって、オタク向けの本屋がいっぱいありますよね。オネーさんもオタ?あ、はい。なるほど。オタクの世界にもこんなカワイコちゃんがいるんですね。今日は何か買い物とか?うーん。デアゴスティーニの自衛隊シリーズとかですけど。いいねー。知ってるんですか?いや、ぜんぜん知りませんけど、オタク美少女って何だか魅惑的じゃないですか。はい?実はぼく、雑誌のカメラマンなん...

    記事を読む

健康ランドや人前でおまんこを見せちゃう素人娘・乳首見えかけの極小水着でビーチを歩かせる

0120_20180212210648cc7_20191018191908496.jpg0121_20180212210647fa8_20191018191910fce.jpg0154_2018121814491037c_20191018191747c9c.jpg0155_20181218144911873_20191018191749e84.jpg0156_20181218144913aa7_20191018191750901.jpg0157_20181218144914e37_201910181917524ab.jpg0212_201901231330063dd_20191018191754597.jpg0213_20190123133008661_20191018191756cd9.jpg0214_20190123133009c88_20191018191758943.jpg0215_201901231330115cf_20191018191800fb0.jpg1、健康ランドではダラダラしてちゃいけません。目を皿のようにして女性客を観察しましよう。うっかり油断してる人や、わざと露出してる人がきっとどこかにいるはずです。
2、人前でマンコなでなでするのってアリなんでしようか。見たいけど。路上でオメコずぶすぶするのってアリなんでしようか。もっと見たいけど。でも可哀想なのは女の子ですよね。そんな中途半端なペツテイングだけでデートを続けなきゃなんないなんて。パンツヌレヌレで歩かなきゃなんないなんて。
3、巨乳が巨乳であることをあらためて強調するのは、胸元にぶらさがったヒモがなだらかなスロープを描くときでこざいます。お昼休みのOLが首にひっかける入館証は、その点における最大級の小道具と言ってもよろしいでしよう。長方形のパウチフィルムが不安定に揺れる、その現象を見るためだけにでも、午後のオフイス街を歩く価値はあると思われます。

野菜ベジタフル異物をおまんこ挿入するOL|バイブ以外のオナニーの代用物

0122_20181205103116972_201910121233225d1.jpg0123_20181205103118b14_20191012123323f02.jpga003_20190726054539bfb_2019101212333229e.jpga004_20190726054540519_20191012123334a89.jpga005_20190726054542675_20191012123335540.jpg0205_20190713091854f6f_20191012123325a78.jpg0206_20190713091855869_20191012123326f0f.jpg0207_20190713092035b17_2019101212332826a.jpg0208_20190713091858421_20191012123329d66.jpg0209_201907130919004d3_20191012123331a33.jpg
ロ一タ一にバイブ、それから野菜…。ベジタフル!異物挿入
今日は何してたの?
普通に仕事してましたよ。今から帰るところです。
家で寂しく寝るんだ
そうですよ(笑)どうせ一人寝ですよ
座り仕事してたらつかれるでしよ?ですね、暖房が効いてて暖かいし、少し暑いときもあるから。だから夏とかは不便で
フローラルな香りだ。
ちょっと、匂い喚がないでくださいよ。
乳首が両方とも立ってるよそうなんですよ
彼氏いないの
去年の9月ぐらいからかな・・自然
じゃ、エッチしたのも9月が最後
いや、2週間ぐらい前かな?
やることはヤってんだ
たまたまですよ。友達の紹介で知り合った男の人だったんですけど一回だけですね。ちょっと変態っ
マニア!
縛られたりとか?おもちゃ…。
そうなんですかね
でも基本的にあんまり気持ちいいエッチじゃなかったですねえ。下手だった。チンコは大きかった
普通ですよ、これぐらい、18センチぐらい。十分大きいと思うよ
一番大きかった人はこれぐらいありましたよ。マジで26センチはあるじゃん!
その人とは付き合ってたんですけど、メールを送ってもなかったり繊細で口マンチックで最高でした。
逆に小さかったのは?これぐらい、親指サイズ。金然気持ちよくなかった
入ってるのか入ってないのか。
つまり18セソチぐらいじゃ全然気持ちよくないと?
そんなことないですよ。基本的にその人がガサツだっただけです。
野菜もいただけない?
いや、ナスはちょっと気持ちよかったかな(笑)
ナス!!太くて、なかなかいい感じで…。
太くていい感じかあ…なんか軽くヘコんできたなあ。ちなみに経験人数は?20入ぐらいかな。彼氏は5入ぐらい。初体験は何才の時?
18才、同じ高校の人ジャ二ーズ系で力ッコよかったんですよ。
イケメンと初セックスの感想は?普通かな?そこそこ気持ちよかったです
昔からそうなの?
そーかも。だから恥ずかしかった。
おかげでセックスが好きになったんならいいんじゃない?乳首が立ってるとセックス好きなんですか?
ウチの地元じゃ常識だよ
私の地元じゃ聞いたことないですねえ。性感帯はどこつ特にないですけど…。
でもデカチン好きってことは、奥が気持ちいいんでしょ?
まあ、そうなんですけど。外よりも中かな…。
ってことは、好きな体位はバックか正常位。よくわかりましたね。正常位です。なんか見えてないと不安で。太いモノをアソコにずっぼし入れて腰をふる、と
そんな変な言い方しないでください。普通ですよ。
その普通ってのが意外にエロかったりするんだよ
う~ん・・。
さっきからポーズも「カモン!」つて感じで挑発的というか、さっさと入れてっていうか。
なんか私エ口い人みたいじゃないですか、それじや。
エロいじゃん。彼氏は作らないの?
そろそろ欲しいですね。じゃないとナスが恋人になっちゃうよ
あはは。エ口いこと言いますね。それはヤダ!っていうかナスを一人で入れたりしませんよ!
それが巨根を招きよせるんだ
招いてません!
けっこうめんどくさい。常に戦闘モードな感じでいいよ
ありがとうこざいます(笑)。
ソフトなSM希望の人妻主婦をいかせる
結婚2年目まだ子供のいない主婦です。結婚前から夫が「裏モノ」好きでいつも買ってきていたため私もつい読んでいました。普段のSEXに特に不満はないのですが夫とはなかなかできない新しいプレイを今中さんとできたらと思い思い切ってメールしました。やってみたいのは「ソフトなSM」です。痛いこと、きたないことはできませんが、縛られたり目隠しされたりしてバックから思いきり突かれたい
…そうだ。ここは自分のペースに引き込むためにも、先制攻撃を加えるべきではないか。相手の女性はM指向ならば、アレはどうだ。リモコンでバイブを遠隔操作できるオモチャ、ご存じ『飛びっ子』で、M心をくすぐる。いきなり装着してもらい、街頭や喫茶店で試す当然、相手は腰がくだけてヘナヘナ。うん、悪くないぞ。
応募のメール書いたの実は主人なんですよ
池袋駅に今月の相手、太田陽子さん仮各がやって来た。スーツを着こなしたその外見は、人妻というよりOLといった方がピッタリくる。まずは喫茶店にでも入るとするか。少し話しただけで、彼女はかなりマジメな性格らしいことがわかった。こういう女性がM。なるほど、理解できるような気もする。しかし、わざわざ雑誌の企画に応慕してくるとは見上げた根性だ。当然、旦那さんには秘密
だろうにな。と、思いきや、
「応募のメール書いたの主人なんですよ」「えー」
「すいません黙っていて…彼が裏モノのファンなんですけど、こんなコーナーあるからオマエ出てみろって」思わず周囲を見回した。まさか、どこかに日那さんがいるんじゃないだろうなー
「あ、それはないです。楽しんで来いって、私1人で来ましたから」
うーん。言ってることがようわからん。特にイヤがってる風でもなく、だからといってノリノリでもない。聞けば、2年半の間、他の浮気はないという。
「特に末満はないですし」だったら、なんでこんな企画に参加する気になったんだろ、いくら旦那の頼みとあっても断るでしょ。
「ん。でも、たまにはいいかなあって」たまにはって…。本質的にあるMが、旦那の頼みを自然と断れなくしてるんだろうか。
「旦那さん以外の男性とセックスすることに抵抗はないんですか」
「ええ…まあ全然知らない人だったらイヤだけど、今中さんなら身元がハッキリしているし、怖くないじゃないですか」
そういうもんか。普通は全然知らない人の方が浮気相手としてはべターだと思っんだが。
スイッチを入れた途端、力ラダがかくんと傾き
ま、いいだろ、とにかく今回は先制パンチだ。へへへ、奥さんまずはコイツを装着してもらおうではないか。
「飛びっ子って知りません?いま流行ってまして、この部分をですね・・」
「こういうのナマで見たの初めてですよ・・」
そりゃそうだ。主婦は、普涌こういうもの買わんわなあ。
「とりあえず付けてきてもらえます?」
あきらめたようにトイレへと回る彼女。その5分後、苦笑しながら、やや内股気味の陽子さんが戻ってきた。そうですか。違和感ありすか。だったら、いきなりスイッチオンー
「ああっっ」
彼女のロから小さなうめき声が出る。ほらほら、声を出したら周囲が怪しむじゃん。
「気持ちいいかもしれない」
「んじゃ、そのまま池袋の街へと繰り出しましょ、キミのM心を満足させるよ、なるだけ」
何気にチケットなんぞを眺めていらつしゃいますが、このとき陰部では写真の「飛びっ子」が振動してます。
人の多い場所でスイッチオンしてあげるからね。まず向かったのが東ロのパルコ。平日の昼下がりだけあって閑散としている店内を進み、彼女がCDを物色しているところでスイッチオンーと、瞬間、陽子とんのカラダが少し傾く。確実に快感が襲ってるようだ。
むろん、周囲に不審がる気配はない。今度はTシャツ売り場で店員にサイズを尋ねるように指示。彼女が話しかけた瞬間を狙い、スイッチオン。ウイーン店員と話す彼女の眉間にシワが寄っている。調子にのって、エレべータ、1階のインフオメーション、チケツトぴあなどで立て続けに実験。その度に彼女がいたたまれない表情を見せるのがたまらんが、本人日く、振動意が気になって仕方ないとい、ユだったら外で試しましょと公園へ移動したものの、いかんせん人が少ない。これでは差恥プレイにならんぞ。
仕方ない。飛びっ子遊びはこの辺で切り上げ、続きはポースルで楽じむうカりを舌で吸いながら左手で微妙にサオを刺激ホテルにつくなり、パンティをドろすと、彼女の陰部には、すでにネットリとした愛液が滴っていた。
「恥ずかしいです。男性からこんなことをされたことないし・・」
まだ服は脱がさず、パンストとパンティだけをずらしたまま陽子さんを壁に押上当てディープキス。指は濃いHの陰毛を掻き分け秘部を刺激する。
「あああ・・うん」
触っただけで、指がそのままするりと吸い込まれて行くほど湿り気をおびている。もはや前戯は必嬰ないほとた鱗篇クリと小陰韓部分だけを何魔敵も指で往復上で焦らし刺激する。
それにしても自分の愛する妻を他人にわざわざ抱かせるでっその気持ちは僕には理解できない。

臭いおまんこクサマンでもクンニする対処方法はラップ越しと湿布|エッチテク

0080_2018100109530578d_20190922102025d87.jpg0081_2018100109530648e_20190922102026679.jpg0082_20181001095308e12_20190922102028509.jpg0083_20181001095309c32_201909221020293f7.jpg
ごぶさた系の人妻は顔全体で硬いチンコを味わい尽くす
美人なのに、パンツを脱いだら臭いおまんこ。顔が可愛い分ショックは倍増ですがそんな臭マン女でもセックスできるのかとても気になります。 しかし、確実にクサマン女性とセックスできる方法があります!
ブスのは舐めたくない…。ラップ越しのクンニが結構イイんですって
湿布のプニプニがクンニの代用になるなんてありがたや
あの、舐めてほしいな…
う、うん…湿布のプニプニがクンニの代用になるなんて
ありがたや
あ、ちょっと待って
持ってきてよかった〜
ぬるま湯で1分ほどふやかして…
そう。これクンニの100倍気持ちいいから試してみようよ
ヌルヌルしててほんとにクンニみたい!
あっ!本当にクンニよりいいかも!
えっ、何コレ!?
あんっ!なにそれ〜しっぷ?
クサマン女にはこの方法がおすすめです
我慢してクンニはしんどいしマン臭も緩和されるので一石二鳥です
だんだんその匂いが臭いと思わなくなり、むしろ興奮するようになってましたという人もいるが少数派。ここではおまんこの臭いを消す方法を考えよう。石鹸などを使えばいいが体質も変えた方が良いだろう。腸内環境を整えることで臭いの原因を防ぐことが出来る。 便通を整える食物繊維を多く含むめかぶにはねばねば成分であるフコダインが多く含まれていて体臭の原因を排泄してくれるので積極的にとっていきたい。
手マンする時は
イキそうな気配を察したときに手マンのスピードを上げていないか?
女がイキそうになるとつい攻撃の手を強めてしまうのが男のサガですがこういうとき女は
おわかりかな?
スピードアップ前の力加減が良かったからこそ絶頂感がやってきたのだから…
内心どんなことを考えているかご存じか?
なんでスピードアップするのよ!
そのままの方が気持ちいいのに!

ヌードディストビーチBBQでパイパンおまんこを視姦する|エッチ体験談

0028_201909090831100e0.jpg0029_20190909083111d3d.jpg0030_20190909083113686.jpg0031_20190909083114f39.jpg0032_20190909083116e88.jpg0033_20190909083117a9b.jpg0034_20190909083119195.jpg0035_20190909083120291.jpg0036_201909090831220dc.jpg0037_2019090908312342f.jpg
夏がやって来ると無条件にソワソワした気分になるのは、おれだけではないはずだ。
そして、海に行って水着ネーチャンを視姦しよう、花火大会でナンパしようなどと、あれこれ楽しい妄想を膨らませた挙句、何ひとつ実現できないまま秋の到来を迎えてしまうお仲間もまた、結構いらっしゃると思う。だから梅雨明けと同時におれは誓った。今年こそは、夏のムダ遣いはしない。必ずや充実した時間をエンジョイしてやる。
さっそく楽しげなイベントはないものかとリサーチを始めたところ、夏に打ってつけの情報が転がり込んできた。ヌードディストビーチBBQだ。
イベントを告知していたブログによると、関東近辺にはヌーディストご用達の秘密ビーチが複数存在していて、そのうちのいずれかでBBQを開催するとある。イベント主催者はブログの管理人と同一人物で、日本のヌーディスト文化の普及にずいぶん熱心らしい。毎年、夏にはBBQを、冬は混浴温泉旅行をひんぱんに企画し、広く参加者を募っているようだ。
うれしいことに、参加はカップルに限るという条件がついている。つまり男だらけという事態はありえない。太陽が照り付ける白い砂浜で、見知らぬシロート女の乳やケツをニヤニヤと眺めながら肉を食らって、酒を飲む。想像するだけでヨダレものだ。
ではおれもカップルで参加するとしよう。人前で裸になれる女といえば、知り合いのフーゾク嬢しかいない。なんとか説得し、参加申し込みのメールを送信!
すぐに承諾の返信が届いた。当日は、いったん千葉県内の君津駅前で参加者全員が集合し、その後ビーチへ移動する流れらしい。ほう、千葉の内房エリアにヌーディストビーチがあるのか。
迎えた当日、朝9時。君津駅で下車すると、駅前にそれらしき集団が目についた。銀行そばの大通りに10台近くのクルマが並び、周囲に人だかりができている。アレだな。
 主催者らしき男性を見つけたので、歩み寄る。
「参加者の菅原です。今日はよろしくお願いします」
「あ、はいはい、お待ちしてました。こちらこそよろしくお願いします」
歳のころは40後半。かなり爽やかな印象を受ける。ヌーディストのギラギラしたイメージとあまりそぐわない。ま、実際はそんなものなのかも。
他の参加者たちはどうか。親しげに会話を交わす常連らしき連中がいる一方、彼らとは一定の距離を置き、ぽつんと佇んでいるカップルも何組かいるようだ。おれたちと同じ初参加組だろうか。
いずれにせよ驚いたのは、参加者たちの年齢の高さだ。パッと見、男は40後半〜50くらいがほとんどで、中には明らかな60代も。女についてはギリギリ20代っぽい美人さんが1人いるだけで、あとはアラフォーが大半を占めている。予想していた状況との落差にやや狼狽する。アラフォー女の裸なんか見て興奮できるのか?一応、キレイな人もチラホラいるにはいるけどさ。
ほどなく移動時間となり、電車組の我々は主催者氏のクルマに相乗りさせてもらうことに。目指すビーチはここから20分ほどの距離だという。移動中、ハンドルを握る主催者氏に尋ねてみる。
「今日は何組くらいのカップルが参加してるんですか」
「全部で13組ですね」
ツレの風俗嬢を含め13人のおっぱいが見放題ってことだな。でも駅前にそんなにいたっけ?
「何組かは先にビーチに向かってるんですよ」
「こういう活動をされてもう長いんですか」
「うーん、かれこれ15年くらいになりますかね」
「え、そんなに?」
「そうなんですよ」
旅先の海外でヌーディスト文化に触れたところ一発でハマってしまい、日本国内で活動を始めたのだという。その際、もっとも苦労したのが場所探しだ。そもそも日本の場合、不特定多数の人間が訪れ
るビーチで全裸になれば、法的にアウトなのは言うまでもない。
そこで彼は地図をにらみ、ヌードになれそうな、つまり普段あまり人が近寄ってこなさそうなビーチの当たりをつけ、実際に現地へ出かけて確認するという地道な作業を繰り返してきたそうな。
「おかげで房総半島と三浦半島、伊豆半島にそれぞれ恰好のビーチを2、3コずつ見つけましたよ」
「やっぱりそういうところだと完全に部外者は来ないんですか」
「うん、滅多にね。でも地元の人の間ではウワサになってるみたい。あの人たち、あそこの浜で全裸になってるみたいよって。だからときどきパトカーも見回りに来ますし」
「え、そうなんですか?」
一瞬あせったが、かりに全裸でいるところを目撃されても警察が逮捕してくることはないそうだ。部外者のほとんど来ない閉鎖的な場所であれば、公然わいせつ罪にはならず、「ほどほどにしてくださいね」と軽く注意を受ける程度なんだとか。
ところで、先ほどから気になっていたのだが、助手席に座っているキレイな熟女は誰なんだろう。主催者氏の嫁さんか?
「ええ、妻です。こんな歳になって恥ずかしいんですが、最近、結婚しまして」
「やっぱり奥さんとはヌーディストのイベント絡みで知り合ったんですかね」
 彼女が笑いながら首を振る。
「まさか。付き合いはじめたときに急に海に行こうって誘ってくるから、フツーについてったんですよ。そしたら裸の人たちがいっぱいいて」
 それが今ではすっかり全裸の解放感を楽しんでいるそうな。途中スーパーでの買い物を挟んで、ようやくクルマが止まった。目の前は小型ボートが何艇も係留されているマリーナのような場所で、浜辺などどこにも見えない。
「ここからしばらく歩きますんで、彼女についてってください」
炎天下のなか、奥さんの案内でマリーナに隣接する工場脇の小道を参加者一同ぞろぞろと進む。まもなく、前方に断崖が見えてきたと思ったら急に視界が開け、荒涼とした砂浜が現れた。
海水浴場のような、人間の手で整備されたものではない。目の前には切り立った崖が迫り、砂浜のあちこちに転がる巨石には気味の悪い無数の昆虫がカサカサと音を立ててうごめいている。そのまま歩きにくさマックスの砂浜を進み続けること15分、奥さんが明るい声を発した。
「あ、いたいた。ほら、先発隊もう準備はじめてるよ」
遠く、彼女の指さす先に少人のグループがせかせかと動いているのが見える。バーベキューの準備をしているようだ。水着の男女に混じって、数名の男性だけが素っ裸であちこち動いている。
後発隊の到着に気づいた細身の中年男性が、チンコをぷるぷると揺らしながら会釈してきた。
「あ、どうもご苦労様です〜」
社会的マナーをわきまえたキャラとフルチンとの組み合わせが、どうにもコミカルだ。ツルツルのパイパンじゃないですか!
ビーチに到着後、カップルたちは各々が持参してきた日よけ用の簡易テントを組み立て、それが終わるとテント内でビールを飲んだり、海に入ったりとそれぞれ勝手気ままなに行動を始めた。主催者氏と奥さん、そして一部のカップルは黙々とバーベキューの準備に取り掛かっている。
この時点で全裸の男はかなり増えたが、女はまだビキニ水着かワンピースを着てるかのどちらかだ。はやく脱がねえかなあ近くのテントでくつろいでいた40才前後のカップルが立ち上がり、服を脱ぎ始めた。そしてまたたく間に男はスッポンポンに、女は露出マニアご用達のマイクロビキニ姿になって波打ち際へと歩いていく。
アラフォーながらもこのマイクロビキニさん、なかなか上品な顔立ちをしており、Tバックから露わになった尻肉もぷりんと弾力がある。うむ、悪くないかも。
それをきっかけにテントにいたカップルたちもそれぞれ海の方へ。…おっ、よく見れば全裸の女も3人ほどいるぞ!残念ながらうち2人はポッチャリ体型のオバちゃんだが、残りのひとりは30代くらいの美人さんだ。ほどよい大きさの胸と尻をぶるるんと揺らして駆けていく姿に目が釘づけに。
さらに別方向から全裸で海へ向かうカップルにも視姦ビームを照射する。おっ、あの女は駅前での集合時に目をつけていた20代のカワイ子ちゃんだ。お碗型の乳房にピンクの小さな乳首。そして股間は………おっと、ツルツルのパイパンじゃないですか! エッロ! そんな彼女のプリケツを無造作に揉んで笑ってるツレの男がうらやましすぎる!
海から上がってきたおっちゃんが、ニコニコとこちらに近づいてきた。
「脱がないんですか? 脱ぎましょうよ、せっかく来たんだし」 
本心はこのままヌード鑑賞会に浸っていたいところだが、ずっとそれではさすがに周囲から白い眼が飛んできそうだ。この際、ヌーディスト体験がどんなものか、味わってみるか。
「はい、じゃあそうしようかな。直子ちゃんも一緒に脱ごうよ」
おっちゃんの誘いを受け、相方の風俗嬢、直子に声をかけると、彼女は「そうだね」とこともなげに衣服を脱ぎ捨てた。続いておれも裸に。なんだろう、この晴れやかさがハンパない解放感は。自然のなかでフリチンになることがこんなにも気持ちのイイものだったとは。
「スワッピングに決まってるじゃないの」
 直子と海水に浸っているほんのちょっとの間に、他の全裸女子たちはさっさと陸に戻り、ふたたび水着や衣服に着替え始めた。ヌーディストといっても、裸になったらずっとそのままってワケではないらしい。男たちの多くは相変わらずチンコをブラブラさせて楽しそうだが。海から上がると、主催者氏の奥さんから声がかかった。
「そろそろお肉焼けたからいらっしゃーい」
いくつかの簡易テーブルで作られた食卓には、各種の肉の他にもサザエのつぼ焼き、枝豆などが並び、いっぱしのBBQの光景が出来上がっている。それらをパクつきながら、そばにいる女に視線を落とす。歳のころは40半ば、目元のシュッとした美人さんだ。水着の食い込んだ股間部を何度も盗み見してから話しかけてみる。
「こんにちはー。今日はご夫婦で来られたんですか?」
 意味深な笑顔が返ってくる。
「えーっと夫婦じゃないですよ。彼氏です、ちょっとワケありの」なるほど不倫カップルか。ま、こんなとこに嫁さん連れてきても楽しくなさそうだもんな。
なんでもこのイベントに参加したのは、今回が2度目で、どちらの回も彼氏にしつこく誘われてのことらしい。彼女が声を潜める。
「裸になるのはそんなイヤじゃないけど、正直、彼氏ほどはハマってないかも」
だろうな。彼女に限らず、大半の女が脱いだ服をすぐに着てしまうのも、そのあたりに理由があるんだろう。とそこに、先ほどのパイパンちゃんが水着姿でスッと横切った。思わず水着に隠されている
大事な部分を記憶をもとに透視する。うはっ、これはこれでエロいな。
後ろでは、60過ぎのフリチンジーサンが仁王立ちでウマそうにビールを飲んでいる。彼にも話を聞いてみよう。
「こんにちは。今日はどなたと参加したんですか?」
「俺? 俺は嫁さんとだよ」
ジーサンがアゴをしゃくった方向にビキニ姿の女がいた。ジーサンほどでないにしろかなり高齢っぽい。…静かに目をつむり、ジーサンに視線を戻す。
「ホントはさ、今日スワッピングパーティにも誘われててさ」
 え、あのバーサン嫁とそんなことまで? ムチャしますねえ〜。
「でもスワッピングは蹴って、コッチに来たの。エロを取るならスワッピングだけど、それとは別モノだからね。ヌーディストの解放感はやっぱタマんないよ」
イタズラ小僧の表情を浮かべて、ジーサンが目で合図を送ってきた。
「あそこでさ、肉食ってるカップルいるでしょ」
「はいはい、いますね」
男は50絡み、女が40手前のカップルのことだ。
「男の方がスワッピング好きでさ、このイベントのときは、いつも違う女を連れてくるのよ。だから、あとであの2人を誘おうと思って」
「誘うって何に?」
「スワッピングに決まってるじゃないの」
結局ヤリたいんじゃん!ある程度肉を食い終えたところで、一部のカップルが服を脱ぎ、ふたたび海の方へ歩き出し始めた。つくづく得がたい体験だと痛感する。青く輝く波打ち際をバックに、女のナマ白い尻や乳房を眺めるこのぜいたくさよ。なかでもおれの目を引き付けて止まないのは、やはり例の若いパイパンちゃんだ。
彼女は他のカップルとは離れ、ツレの男と2人きりでイチャイチャと戯れていた。ややどっしり目の尻や胸が浅瀬を小走りするたびに上下に揺れている。その際にできる肉のシワ1本も見逃すまいと、目を凝らす。そばに公衆トイレがあれば、一目散に駆け込んでシコりたい気分だ。
目じりを下げまくりながら大盛り上がりで視姦を楽しんでいた折、とんでもないラッキーが。突然、波打ち際で彼女がこちらに尻を向けた状態で、四つん這いになったのだ。一瞬の出来事ではあったが、クッキリと、最大限にクッキリと性器が見えた。
パイパンに感謝だ。もし小陰唇周りに陰毛がもっさりと生い茂っていたら、あの、口を閉じたハマグリの美しい形状を拝むことはできなかったに違いない。いやー、こりゃ確実に血圧50は上がったな。
 先ほど話しかけた不倫美熟女の全裸をようやく拝見できたのもアツい。コーヒー色の乳輪がいかにもスケベな感じがして妄想爆発だ。他にも集合写真の撮影時は、女全員のヌードを至近距離から
がっつりと視姦してやるなど、常に舞い上がりっぱなしの有様である。まったく、ヌーディストイベントというのは見どころが尽きないもんだ。肌の触れ合いまでは求めていないようだ
肉の焼き係に徹していた主催者氏から一同に向けて声があがった。
「あのう、申し訳ないんですが、そろそろ撤収の準備に取りかかりたいと思いまして」
え、もう? まだビーチに到着してから3時間ほどしか経ってないけど…。
「今日の海は波のうなりがかなり高いんですよ。もともと大潮(潮の満ちと干の差が最も大きくなる時期)の日でもあるし、早めに戻った方がいいと思いまして」
満潮の時間になると、帰り道が海にのみ込まれてしまうためキケンだと彼は主張する。うーん、そういうことなら仕方ないか。かくして、ヌードBBQはあっさりと幕切れとなった。その後は主催者夫婦と半数近くのカップルが最寄りの温泉施設に寄っていくというので、おれと直子も連れて行ってもらうことに。むろん、そこで起きるかもしれないスケベな出来事に期待しながら。
が、結論から言うと何もなかった。単に男湯と女湯に別れて入浴し、しばし旅館のロビーで談笑したあとで完全解散となったからだ。ヌーディストたちは基本、肌の触れ合いまでは求めていないようだ。ちなみにスワッピングを画策していたジーサンも、交渉は失敗したと思われる。BBQ後、ジーサン夫婦はさっさと帰ったのに、彼が狙っていたカップルは温泉に来ていたのだ。そんなことならジーサン、初めからスワッピングパーティに行っとくべきでしたな。
BBQが早々に切り上げられてしまったというハプニングもあったが、それを差し引いてもヌーディスト体験の興奮は十分に堪能できた。みなさんもぜひ、味わってみてはどうだろう。
主催者氏のブログによれば、10月ごろまではビーチで同じようなイベントを行うとのことだ。

おまんこでお酒を飲んだらどれくらい酔っぱらう?|エロ画像

0114_20180820193240c64.jpg 0115_20180820193241c3e.jpg
おまんこに山芋を入れる気持ち良さ
0122_20190310164458e1e_20190908182830f73.jpg0123_20190310164459020_20190908182832d99.jpg
今回は、成人式も終わったので、成人祝も兼ねちゃいました、笑
しのの下のおロでたくさんお酒を呑みました
まずはパンツに穴をあけられてその穴がらからいれられる
生まれて初めて飲むお酒は白ワイン
結構強いお酒を入れらちゃいました
しのはあんまりお酒強くないの。 
緒構酔っちゃいました
顔真っ赤だ、 酔ってもお酒は入れられました
どんどんしのの下のおロにお酒を入れて…大変でした

敏感クリちゃんは裸に剥かないで指でサンドしてあげよう|エッチテク

0060_201808151004350cd.jpg 0061_201808151004367d4.jpg0058_20180815100432611.jpg 0059_2018081510043364a.jpg
乳首が感じないとお嘆きの貴方このマシンでゆっくり開発してください
クリトリスの隠れたトコは恥丘の下まで伸びてるって知ってました?
ベッドインしてから肌をサワサワサワサワ30分間もったいぶる

臭マンとおまんこの消臭剤・勝ったのはどっち?

0195_20190830085212da1.jpg0196_20190830085213276.jpg0197_20190830085214495.jpg0198_2019083008521668c.jpg0199_20190830085217978.jpg
裏モノが臭マンを親の仇のように憎んでいるのは、これまでさまざまな防御策をしつこく誌面で紹介してきたことからもおわかりかと思う。たとえ石原さとみ級の美人とベッドを共にできたところで、股間から吐き気をもよおすニオイが漂ってくれば興奮は限りなくゼロに。ましてや相手が大久保佳代子レベルなら、もはやセックスすら成立しない。なんでこんな女を口説いてしまったのだろうと激しく自責しつつ、脱いだズボンを黙ってはき直すことになる。臭マンというのは、さほどに罪深く、忌避すべきものなのだ。
さて、本記事で取り上げる商品は、やはりそんな、臭マン憎しの観点から注目したものだ。
クルマ用ファブリーズ『イージークリップ』。
車に常時セッティングしておくタイプの消臭剤なのだが、皆さんも、松岡修造が出演する商品CMをご覧になったことはあるのではないか。
揚げ物やタバコのニオイが充満した車内に、目隠しした男女が座っても、まったく悪臭に気づかないというあのCMをはじめて見たとき、俺は素直に驚いてしまった。こりゃスゲーなと。
むろん、多少の演出や誇張はコマーシャルにはつきものだ。そんなことは言われなくてもわかっている。しかしCM中に、
●ニオイ分子を破壊!
●香りでごまかさず徹底消臭!
 などの売り文句をやたらと強調してくるあたり、その消臭力に対するメーカーの自信はよほどのことだと思えるのだ。インターネットでまたたく間に口コミが広がってしまうこのご時世に、大嘘をついてまで商品を宣伝するバカな真似はさすがにやらないだろう。
であれば、臭マンにも効果アリなのではと期待するのも当然。場合によっては、臭マン根絶の救世主になるかもしれない。
とにかくえげつない臭マンの持ち主らしい
 まずはカー用品店でイージークリップを入手した。包装を開けると、甘ったるい香りがプーンと鼻をつく。
どうやらこいつは悪臭を消し去る消臭作用のほかに、芳香剤の機能も持ち合わせているらしい。パッケージのイラストを確認したところ、イージークリップ本体をクルマのエアコン送風口に取り付け、そのエアコンの風でもって、消臭成分と芳香剤を車内に散布させるのが本来の使い方のようだ。
となると実験では、ラブホテルのエアコンの送風口に、イージークリップを取りつけて行う形がベストか。
お次は臭マン女の調達だ。いろいろなワリキリ掲示板で情報を漁りまくったところ、ひとり、強力な候補者が浮上した。某出会い系サイトでエンコーをしている中年女なのだが、とにかくえげつない臭マンの持ち主らしく、以前、彼女を買ったとみられる複数の男たちから、最上級の罵詈雑言をこれでもかと書きまくられているのだ。
「鼻が曲がるどころか、もげちゃいました」
「手マンした指が2週間たった今でも臭くて死にたい」
「あの気体を嗅いだ瞬間、宇宙を感じた」
 読むだけで気持ち悪くなってくるが、今回の実験体としては申し分なさそうだ。
 さっそくサイト経由でメールを送り、ワリキリで遊びたい旨を伝えたところ、あっさりとアポに成功した(条件はホ別1万)。数時間後、待ち合わせ場所に現れたのは、大柄な中年デブ女だ。
 ただし、通常のデブではない。おかずクラブ・ゆいPが10人合体してもまだ足りないかもしれない、ド級の肥満生物だ。巨体に似合わぬ、甲高い声が飛んでくる。
「どうもーはじめましてー」
「あ、ど、どうも…」
 ノシノシとこちらに歩いてくるその股間に思わず目が向く。恐るべき臭気が、いまにも下着や服を通り越して漂ってくる気がして恐ろしい。すでに強力な消臭剤が散布されてるハズ
 実験は、以下の流れで行うことにする。
①消臭剤を使わない状態でマン臭をチェック
②消臭剤をラブホのエアコン送風口に取りつける
③しばらく後、マン臭が消えたかどうかをチェック
 なお、マン臭チェックは、市販の口臭チェッカーを使って行う。こいつは臭気の強さを1〜5の数字で表すことができ、ニオイがきついほど数が大きくなる仕組みだ。つまり表示がレベル5なら、もっとも臭いワケだ。
また口臭チェッカーを用いる際は、臭マンさんを四つん這いの体勢にし、その上でマンコ付近の空気をウチワで扇いで計測する。そもそも口臭チェッカーは、本体のセンサーに息を吹きつけて臭気を測るものなので、マン臭も同様にセンサーに吹き付けなければならない。そのためのウチワだ。
ホテルにチェックイン後、とりあえず服を脱ぐよう臭マンさんに命じ、フェラをしてもらった。非常に不本意だが、実験は彼女に内緒で行うため、ワリキリの体裁を取っておかねば不自然に映る。
 では実験開始だ。
「ちょっと四つん這いになってもらえるかな」
「うん、いいよ。バックで入れちゃうの?」
「いや、マンコ見ながらシコりたくて」
「うふふ、変な趣味〜」
彼女がドスンと四つん這いになった。すかさず枕もとに忍ばせていた口臭チェッカーとウチワを取り出して計測だ。ピピ。
チェッカーの表示は最高レベルの「5」と出た。当然だろう。マンコと対峙した直後からフナ寿司のような超絶にクサい悪臭がプンプンと漂ってきているのだ。思わず鼻をちぎり取りたくなるほどの。
お次はイージークリップの設置だ。室内のエアコンに向かって作業をしていると、臭マンさんが間の抜けた声を発した。
「ねぇ、何やってんのぉ〜?」
「ん? これをつけると部屋の空気がキレイになるんだよ。俺、ほこりアレルギーなんだよね」
「へえ、そうなんだ」
疑っている様子は少しもない。オツムの鈍い相手で助かった。しかしここで計算外の事態が。イージークリップを取りつけてまもなく、部屋に芳香剤のイイ匂いが立ち込めてきたのだ。これはマズイ。もし芳香剤のニオイがチェッカーに反応するとしたら以後、正確なマン臭測定ができなくなるではないか。
そこでウチワを使い、室内の空気をチェッカーに送り込んでみたところ、幸い、表示はレベル1。このイイ匂いには臭気的な強さはほとんどないらしい。
ホッとしたところで実験を再開させようと思ったものの、俺のモチベーションは急落した。すでイージークリップからは、強力な消臭剤が部屋中に散布されているハズなのに、我が鼻は、相変わらず臭マンさんの股間から禍々しい臭気が漂ってくるのを感じていたからだ。
もはやチェッカーを使うまでもない状況となったが、念のため、測定してみよう。ピピ。
結果は、レベル4だ。この、レベル5からレベル4へのダウンは、おそらくイージークリップの消臭効果なのだろうが、実感としてマン臭がまったく消えていない
以上、臭マンの防御アイテムとしては完全失格と断じる他ない。
言うまでもなく、今回の実験はあくまで臭マンに効果があるかどうかを検証したものだ。本来のイージークリップの効能、すなわち車内の嫌なニオイを消す効果を否定するものではないことを追記しておく。

ワキガもおまんこの臭いもに押さえ込む消臭剤DEORA|アダルトグッズ口コミレビュー

0214_2019082805495588a.jpg0215_201908280549565ad.jpg0216_20190828054957bd7.jpg0217_20190828054959944.jpg0218_201908280550002fc.jpg0219_201908280550027c3.jpg
もともとは男性用のこのボディーソープ、ノズル1プッシュ程度の使用量で、油ぎったおっちゃんのワキガも立ちどころに押さえ込むほどの消臭成分が配合されている。2プッシュも使えば、どんな臭マンだってへっちゃら。洗浄後はミント系の香水成分が臭いの復活を抑制してくれるため、快適セックスが保証される。上のマンガですでにお気づきかと思うが、このロ—シヨン、男性のオナニ—用としても人気が高い
なにせ行為の途中で次ぎ足す必要がないのだから、延々とシコり続けられる

Sな美人イベコン嬢にペットにされてきた|クンニ体験談

0116_201806301934148ce_20190817201039fdc.jpg0117_20180630193415057_20190817201042cea.jpg0116_2019011818454868c_20190817201041ade.jpg0117_20190118184550943_20190817201044024.jpg〈25歳、イベントコンパニオンをしています。ブログ読みました^^  私も舐めて欲しいのですが、お願いできますか?〉
ある日のこと、そんなお誘いメールをいただきました。イベントコンパニオンをされていらっしゃるということは、きっと容姿端麗なお方であるはず。期待をめっちゃ膨らませながら『ぜひ使ってください』と返信します。返事はすぐにいただけました。
〈私はSなのですが、あなたをペットにしたい。飲んでほしいです〉
〈はい、僕もペットになりたいです。トイレとしてもご利用ください〉
〈あなたを道具扱いしながらずっと舐めさせていたい。いい?〉
〈はい、それが僕の存在理由なのですごく嬉しいです〉
〈上手に出来なかったら引っ叩くから〉
〈もし上手く出来たらご褒美に引っ叩かれたいです〉
〈いいというまで何時間でも舐めろよ?〉
〈いいと言われないように頑張ります!〉
 ……とまあ、お互いにはっきりしたSとMということで相性が良かったのかもしれません。メールでのやり取りはどんどん弾んでいき、文章も最初の敬語からタメ語へ、そして命令形へと自然な流れで移行していかれました。そして週末。お約束の日です。待ち合わせ場所にやってきたのは、さすがはイベントコンパニオンといった雰囲気の美人さんでした。
「こ、こんにちは。国田です」
「まずは飲みながら色々と聞きたいなぁ」
仰せのとおり、お酒を買って我が家に直行します。それにしても、ご容姿を武器にしたお仕事をされていらっしゃるだけあって、顔もスタイルも抜群の美人さんです。部屋に入り、僕の性癖について根
堀り葉堀り聞いたコンパニオン様は、ワインボトルが空いたことをきっかけに「じゃ舐めてもらおっかな」と切り出されました。ほろ酔いの美人コンパニオン様は、下半身だけお脱ぎになるとソファーベッドに寝っ転がって「はい、舐めて」と仰います。僕はシャワーを浴びていない香ばしいアソコに舌を這わせ、丁寧に丁寧にご奉仕をさせていただきます。しばらくクンニをご堪能されたあとは、「次お尻」と寝返るようにお尻を突き出し、アナル舐めのご催促をなさいました。
携帯を弄りながらくつろがれているコンパニオン様のお尻の穴も丁寧に舐めさせていただきます。
「したい……出すよ」
ご奉仕中おもむろにそう仰るので僕はすぐにコンパニオン様のアソコに口をあてがいました。すると間もなくしてコンパニオン様の暖かな液体が、僕の口の中に躊躇なく放たれました。こぼすことなく頂戴した後に「ご馳走様でした」とお伝えすると、コンパニオン様は「お前、良いわ。ほんとたまらん」と大変喜んでくださいました。
「毎日でも舐めさせたいし、全部飲ませたい。頭踏んずけるのもすごい楽しい。またこれからも来るからね」こんな嬉しいお言葉をいただきながら、朝まで御奉仕させていただきました。こうして僕は、美人コンパニオン様の下僕という、世界で最高峰の地位を獲得したのです。
クンニ道具として舐めさせたい
今月もありがたいクンニ希望メールをいただきました。
〈私は既婚者です。30代ですが、圏内でしょうか。いじめながら舐めさせるのがすきなのですが、そういうのも圏内でしょうか〉
ドMでクンニ好きな変態野郎なボクでもいっちょ前に憧れの女性像というものがあります。それはクンニがお好きで、なおかつSな女性です。
〝いじめながら舐めさせるのがすき〞との文から、メールの送り主様は圏内どころかドストライクであり、そのような理想の女性からお誘いを受けるというこの状況に、ただただ感謝の念しかございません。〈ぜひ使ってください〉と返信すると、すぐに日時の調整へと移り、翌週末にお会いする運びとなりました。 
そうして迎えた当日。
僕の部屋にご降臨されたS主婦様は、肉感的でスタイルが良く、綺麗なお顔立ちをされたお美しい女性です。聞けば以前はモデルをしていらしたそうで、その美貌にも納得です。さらに過去にはM男の奴隷を何匹も飼っていらしたらしく、S女様としてのご経験もかなり深いようです。しかし僕のような舐め奉仕するだけのタイプは初めてとのことで、今回は遠慮なくクンニ道具として舐めさせたいと仰ってくださいました。
S主婦様は事前に僕のクンニブログをご覧いただいたこともあってか、部屋に入ると躊躇なくパンツと下着をお脱ぎになり、その眩い下半身をあらわになされます。
「綺麗にして」椅子に腰かけ、目の前にひざまずく僕に冷淡な表情でそう指示してくださいました。先ほどお会いしたばかりのお美しい女性のアソコを舐めさせていただく。そんなステキ過ぎる眼前の出来事に僕は恍惚としてしまいます。
「失礼します」ご挨拶をして、すでに濡れていらっしゃるS主婦様のアソコを丁寧に舐めさせていただきます。 いざクンニ奉仕が始まると、S主婦様はボクの存在を無視するかのように持参された本を手に取って読みはじめました。僕はS主婦様の読書の邪魔にならないよう、できるかぎり心地良く柔らかなクンニを心掛けるのみです。そうして、まったりとしたステキな時間が1時間、2時間、そして3時間と過ぎたころ、「これ3時間じゃ足りないね。今度は1日あけといて」
と仰っていただきました。クンニ道具である僕にとって神の声に等しい有り難いお言葉です。帰り際にも嬉しいお言葉が。
「結婚早まったなぁ。一人暮らしなら家に置いて毎日使いたい」
神に等しいご主人様からお気に召していただけるとき、ほんとに生まれてきて良かったと心から思うのでした。

素人歯科助手の再会セックス・ヤリマン童顔オタク美少女|エッチ体験談

5_2019081323152997d.jpg6_20190813231531af3.jpg7_20190813231532085.jpg8_2019081323153466e.jpg9_2019081323153520f.jpg10_20190813231537d2c.jpg11_20190813231538df2.jpg12_2019081323154029a.jpg13_201908132315413c6.jpg14_20190813231543f85.jpg15_20190813231544735.jpg
いや、ちょっとお話をしたいなーと。
…はぁ。
このへんって、オタク向けの本屋がいっぱいありますよね。オネーさんもオタ?
あ、はい。
なるほど。オタクの世界にもこんなカワイコちゃんがいるんですね。今日は何か買い物とか?
うーん。デアゴスティーニの自衛隊シリーズとかですけど。
いいねー。
知ってるんですか?
いや、ぜんぜん知りませんけど、オタク美少女って何だか魅惑的じゃないですか。
はい?
実はぼく、雑誌のカメラマンなんで、町の女のコのちょっとエッチな写真を撮ってまして。
……。
まあ聞いて。バイト代はごにょごにょごにょなんですけど?
……(そんなに! という表情)。じゃあやります。
というわけでホテルへ。
みんなに聞いてるんだけど、初体験はいつなの?
小6です。
早っ!
ですよね。ていうか、あんまりいい思い出じゃないですよね。
というと?
クラスの女の子の家に遊びに行ったときなんですけど、そのコがどこかに出かけちゃって、私は一人で部屋にいたんです。そしたら、その友達のお兄ちゃんがやってきて…。
ニーちゃんはいくつ?
中3だったかな。会ったことはあったから話してたら、いきなりキスされて。
わーお。
「あ、ファーストキスだ!」ってびっくりしているうちにパンツ脱がされて、入れられちゃいました。ヤラれてる最中は、アソコの痛みとかよりも、「私、被害者だわ〜」みたいな悲壮感のほうが凄かったです。
やっぱトラウマになった?
でも、エッチはもうヤダみたくはなかったですよ。中学では文芸部に入ったんですけど、そこでエロSF小説ばかり書いてましたし。
ほほー。ちなみに今までの体験人数は?
30人くらいです。
けっこう多っ!
そのうち
10人くらいはカレシですよ。
でも、
20人とはうっかりやったんでしょ?
うーん、私、お酒を飲むと、目の前の人とすごくセックスをしたくなっちゃうんですよ。
顔に似合わずスゴイこというね、キミは。
最低ですよね?
それはまあ…。よし、とりあえず飲みに行って語り合おう。
ダメです。飲んだらセックスしちゃうから行きません。
ってことは、やってもいい人とだけ飲みに行ってるわけでしょ。てことは、キミの経験人数はお酒のせいだけじゃなくない?
…あっ、そっか。
こんばんわ。
もしかして家出中?
……家出じゃないですよ。
すごく童顔だからそうかなと思ったんだけど。春休みシーズンだし。
……。
高校生?
じゃないですよ。普通に働いてます。
どんなお仕事?
営業です。
ちなみに何系?
投資用マンションの飛び込み営業。
もしかして、けっこう契約を取りまくってたりする?
そう見えます?
その童顔、いい武器になりそうだから。
でも、私まだ研修中なんですよ。
そうなの?
昨日も泊まり込みの研修があって。
ほー。
何かいろいろ難しくて、あーって感じだったんです。
つまり、この先やってけるか不安だし、まだガッツリ稼いでるわけでもないわけね。よしよし。
はい?
実はぼく、いいバイトを紹介できるのよ。
……。
おっぱいの写真を撮らせてくれたら、ごにょごにょなバイト代払うけど。
う〜んんん……。じゃあ、お願いします。
というわけでホテルへ。
初体験はいつなの?
18。
相手は?
一コ上のセンパイなんですけど…。
ん? もしかしてあんまいい思い出じゃなかった?
早くしなくちゃって焦ってたんですよね。
別にカレシとかではなかったし、私は彼のこと好きじゃなかったし。
でも、めっちゃ気持ちよかったみたいなオチは?
ありません!
やっぱないか…。
普通に痛かったし、エッチ終わったあと、相手に「ありがとう。自信がついた」とか言われたんですよ。
次への踏み台にされたわけね。
ヒドイでしょ? おでこにキスして「愛してるよ!」とか言ってもらいたかったのに。
かわいいらしいこと言うね。
初体験だったわけだし、そりゃあ期待してましたよ。
じゃあ、これまでに一番愛を感じたセックスは?
うーん。
出てこない?
というか、酔っ払ってヤっちゃった人を入れても経験人数は5人しかいないんですけど、誰が一番かって言われると…。
じゃあ、一番盛り上がったセックスは?
うーん、私、基本的にマグロなんで。
…キミ、そのマグロスタンスやめたほうがいいと思うよ。愛あるセックスに辿り着くためには。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます