0056_201901041350361d1_20191027213136f5a_202001111805087b0.jpg0057_20190104135038096_20191027213137375.jpg0058_20190104135039f11_2019102721313966d.jpg0059_20190104135041381_20191027213140d02_20200111180548350.jpg
近所の焼き肉屋でカクテキをつまみつつ、ヤシが言った。
「銀行員ってのもなかなか乙なもんだぜ。銀行によっちゃぁ研修合宿もあったりするんだが、そんなときには指導係の先輩女性行員の目の色が違う。例えば…」
女性行員。歩く性病デパートを自認するオレとは、あまりにかけ離れた存在だ。いや、そもそもオレはお固い職業の女に萌える性質の人間じゃない。
しかし、実弟が将来結婚するやもしれぬ食材なら、兄としても1回くらい食しておく必要はありそうだ。狙うは、最もアプローチしやすそうな窓口係だろう。
平日昼過ぎ、池袋西口に向かった。駅前大通りに面して、名だたる大手都銀が勢ぞろいしている銀行密集エリアだ。個人的には、昨年、新しい口座を作って以来、銀行の世話にはなってない。
さて、まずは▲▲銀行に入ってみるべ。
「いらっしゃいませ〜」
鈴木その子似のババアが会釈してきた。両サイドには濃紺の制服を着た警備員と、ATMを案内している50代後半女。なんだかねえ。窓口には合計6人の行員が座っていた。
女性が5人と、冴えない30代前半の男性が1人。確率6分の5のギャンブルである。
順番待ちの番号札を機械から抜き取り、待つこと10分。無味乾燥な機械音がフロア内に響いた。
「番号札145番のお客様、窓口4番にお越しください」
さて、窓口4番は…げ、あの冴えない童貞君じゃん
「はい、お待たせしました」
「……えっと。やっぱ、いいや」
「はい.はぁ?」
6分の1の外れクジを引くとはツイてないねえ。午後2時、銀行へ移動。窓口には、ピシャっとしたブラウス姿のオナゴが5名座っている。心なし、▲▲銀行よりも処女風の人材が多いようだ。