ご奉仕のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ご奉仕

妊婦さまに8時間のクンニご奉仕

0116_201901051251418ae.jpg 0117_201901051251423b3.jpg〈国田さんはじめまして。ブログみました。わたしも舐めてーヾ(*´∀` *)ノ〉
ある日、かような心温まるメールが届きました。すぐさまこちらこそお願いしますと返信したところ、〈静岡住みですが来週東京に用があるのでその時にお願いしたいです(´∀` *)25歳で結婚してます。それでいま妊娠8ヶ月ですがダメですか?〉
トントン拍子に話が進み、妊婦様のご上京に合わせてクンニをさせていただくことが決定いたしました。そうして迎えたクンニデー当日。妊婦様を最寄り駅までお迎えにあがりました。
「はじめまして。なんかうけるんだけど(笑)」
ご挨拶いっぱつ目からテンション高めの妊婦様。お腹の膨らみこそ大きいものの、基本的にはスラリとしていて、おっぱいのシルエットも素晴らしく、魅力的なスタイルの持ち主です。また、お顔もアイドル顔でAKBのメンバーに居そうな感じのカワイコ様でいらっしゃいます。「いつから変態なの?」
「どうしてこういうのが好きなの?」
「もし変な女の人が来たらどうするの?」
僕のような変態の存在が珍しいのでしょうか。道中は質問攻めの嵐でした。 まもなくクンニルーム(僕の自宅)に到着。椅子に敷くタオルの準備をすると、妊婦様もスカートを脱いでクンニの準備をなされます。
「昨日からお風呂入ってないんだ。でも国田はそのほうが嬉しいでしょ?」
ブログのおかげでしょう。初対面なのに事情通でいらっしゃいます。椅子に腰掛けた妊婦様は両足を開き、足元に跪く僕にアソコを露わにしてくださいました。
「いただきます」感謝の言葉を告げてから妊婦様にクンニご奉仕を始めます。
シャワー前ならではのアソコの芳しさを堪能し、少々のカス的なものを舌でお掃除させていただきます。「美味しい?」
聞かれたので舐めながら頷くと「今日はずっと舐めててね」とのご指示を頂戴いたしました。妊婦様はクンニの指示を終えるとテレビをつけて雑誌を手に取り、クンニされながら思いっきりおくつろぎになられます。腰元でペロペロと懸命に舐めている僕には目もくれず、あたかもその状態が当たり前といったご様子で雑誌をめくっていました。僕のクンニご奉仕はHの一環というよりは、マッサージやエステ感覚に近いものかもしれません。ですのでご結婚されていらっしゃる妊婦様も「これが浮気って感覚はまったくない」と仰っておられました。妊婦様はほぼ無反応に近い状態で、足だけ大の字のように投げ出して完全なるリラックスモード。時折テレビのバラエティ番組に笑っておられます。
椅子に座ってのクンニ奉仕が2時間ほど経つと、お次は横に寝っ転がって読書を始める妊婦様。
椅子からベッドに移動するときも口がアソコから離れないように僕の頭を手で抑えつけたまま、ゆっくりとご移動されます。 当初の予定はお昼過ぎまでということだったのですが、結局は延長に継ぐ延長で日が暮れる頃までご滞在いただいたので、かれこれ8時間程のクンニ奉仕をご堪能いただきました。
「子供が生まれたら忙しくなりそうだけど、またこっち来るときは舐めてね」 
またのご利用、心よりお待ち申し上げます。

OL様のアナル舐めクンニご奉仕

0116_20181221093715220.jpg 0117_20181221093716561.jpg
『世田谷区在住、新宿区勤務の28歳、一般的な日常を過ごしている会社員です。普段は穏やか、ソフト、クールな印象だと言われております。外見は167センチ、細身で少なからず不快な印象は与えないと思います。平伏させて足を舐めさせたり、こちらの快楽のためだけにひたすらクンニさせることを好んでおります。ご都合がよろしければ使わせて頂きたいです』
先月、このようなメールが届きました。「使わせて」と表現してくださった点から、ただの〝道具〞としかみていないことが伺えます。もちろんそれはマゾサイドからすると大変喜ばしいことです。
翌週、ご奉仕をさせていただく日を迎えました。平日でしたのでOL様はお勤め先から直接お越しくださるとのことです。待ち合わせ時間きっかりにスーツ姿でご登場されたOL様は、まさに都会で働くスタイリッシュな女性。白いお肌と整ったお顔だちの、美しくも格好の良いキャリアウーマンでいらっしゃいます。OL様はお会いしての会話でも、僕に対して丁寧な敬語を使って接してくださいます。ところがクンニルームこと僕の部屋に入るや否や、口調が一変しました。
「舐めたいの?じゃあ土下座してお願いしなさい」
急な豹変ではございましたが、僕だって昨日今日のM男ではありません。すぐさま「宜しくお願いいたします」とOL様のお足元に土下座で対応しました。どうやらOL様はかなりSな御方のようで、頭をグリグリと踏みつけた後、僕を仰向けにして、さらに顔面に体重を乗せて踏みつけてこられます。「ああ、爽快」とのご感想を述べるOL様の一日汚れた素足を、僕は正座して舐めました。
「足の指をピストンで舐めて」「すごく似合ってる」「かかとも吸って」
ご指示のとおりにおみ足を舐めている間、OL様はもう片方の足を僕の頭に置いてくつろがれます。
そういえばここにやってくる道中のコンビニで、OL様はペットボトルのお茶を3本ご購入されていました。やたらゴクゴクと飲まれていたのですが、次のご指示のためだったようです。
「全部飲んでもらうから」 
僕はクチに発射されたお小水を飲み干しました。
「わたしのオナニー道具なんだからね」
「わたしのこと気持ち良くすることだけ考えて」
クンニご奉仕中もご指示に頷きながらただただもくもくと舌を動かします。
「きれいにして…こっちも」
「なんかクンニするためだけの別の生物みたい」
「OL様のアナルを舐めれて幸せですって言って」
「ほんとウォシュレットだね。もっと奥まで舌入れて動かして」
舌を休めることがあろうものなら
「やめない!」とお叱りが飛んできます。さらに「すみません」と謝ろうものなら「すみませんってなんだ。口のききかたに気をつけろ」と言って、おもいっきりバッシーン!と足ビンタをされるのです。「もう人間とは思えない。このオナニー道具をアマゾンで販売したら絶対需要あるよ(笑)」 
との誉め言葉をいただきながら、僕はOL様の性欲処理に貢献させていただいたのでした。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます