すすきののタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:すすきの

札幌のすすきののテレクラ援助交際事情

0036_20190304160909a27.jpg 0037_20190304160912cb3.jpg 0038_20190304160922ba4.jpg 0040_20190304160926112.jpg 0039_20190304160926a88.jpg 0041_20190304160927882.jpg 0042_2019030416092720c.jpg 0043_2019030416092711c.jpg
札幌の激安風俗は十分に堪能した僕だが、もう一つどうしても確認しておかなければならないことがある。それはすすきのテレクラの援助交際事情についてだ。友人の話によれば、札幌での相場は1万円ということだった。安くなったとはいえ相場が未だ2万〜3万円であることを考えれば、激安と言わざるをえない。札幌の女性は、本当に1万円で援交するのだろうか。
幸い僕の宿泊しているホテルから徒歩3分の場所に「S」という取次制のテレクラがある。ここで事の真偽を確認してみよう。フロントで簡単な入会手続きを済ませ、一番奥のルームで待機。1本目のコールが鳴った。主婦マサミ、どうやら援助希望ではなさそうだ。話してから「時間だから」と切る。まつ最初はこんなもんか。が、その後も期待していたような電話がなかなかかかって来ない。コールはそこそこあるものの、年齢を言ったとたんガチャ切りされたり若いほうがイイのかと思い、少し年齢をサバ読みしたのが災いしたか、つながっても話が長続きしない。少々焦りが出始めたそのとき都合8本目のコールが鳴った。
相手の主は30才の自称OL・周囲の雑音が聞こえることからして、公衆電話からかけているようだ。挨拶も早々に東京から来たことを正直に伝えると、「私も東京に住んでたことあるよ」とのこと。これは脈がありそうだ。
「もしよかったら、札幌を案内してくれない」
「いいわよ・迎えに行ったげる」
話はスムーズに進み、難なくアポ取りに成功。しかし、どうも気にかかるのが女の話し方だ。落ち着きがないというか、若干分裂症気味の感じがするのだ。まあルックスが良ければ問題はないけれど。
とりあえず顔だけ確認するつもりで指定場所に行ってみると、女が話していたとおりの青いフェスティバがウインカーを付けたまま止まっていた。車の背後から近寄ると中から黒いコートを着た髪の長い女が降りてくる。その瞬間僕は背中に悪寒が走るのを感じた。
「ヤバイー」
見るからに危なそうなのだ。分厚い化粧、服装のセンス、そして明らかに行き場を失った視線。
どれをとってもパラノイア系以外の何ものでもない。おまけに年齢も30代後半だろう。僕は蛇に晩まれたカエルのように、その場を一歩も動くことができなかった。「今中さんですか?」彼女はまるで獲物を捕らえた豹のように僕に向かって一直線に歩いてきた。どうやって突破したらいいのか。
「ぼっ、僕じゃありません」
我ながらへタな嘘で情けなくなったが、それしか出てこない。と、彼女、その言葉を聞いた瞬間、般
若のような顔になり、ドスの聞いた低い声でこう言った。
「いったい、どういうこと…」
「あの、僕、今中に頼まれたんです。あいつ、用事があって行かれないからって」
「バカヤローー」
女は僕を大声で一喝したかと思うと、車に戻り、もの凄いエンジン音を響かせて行ってしまった。せめて写真ぐらい撮っておけば良かったか。いや、乗り越えられただけでもラッキーとしなければ。再びテレクラに戻りコールを待つ。が、意外にも援助交際の女からはまったくかかって来ないもしや札幌では援助交際が絶滅したのだろうか。などと考えていると都合10本めのコールが鳴った。
「もしもし…」
おっ、かすかに聞こえる周りの雑音。これもまちがいなく公衆コールだろう。
「こんにちは、今どこからかけてるの」
「えっ…うん、そこのテレクラのすぐ側だよ」
電話の相手はともみ25才。販売の仕事をしているという。
「じゃあさ、僕、東京から来てるんだけど、もしよかったら今から札幌を案内してくれない」
頼むから切らないでくれよ、という願いを込めながら聞いてみた。すると…
「あたし、実は援助希望なんだよ」
来た来た来た〜・援助交際は絶滅してなかった!
「そうなんだ、うん。僕も暇だしさ、いいよ。だけど今、あんまり持ち合わせがないんだよね。ちな
みにいくら欲しいの」
「そっちの予算はいくらなの」
おっ逆に聞いてきたか…こいつちょっと手ごわいかもしれないぞ。しかし、ここでビビッてはいけな
い。単刀直入に聞かねば。
「いつ1万円…でどうかな」
「いいよ、1万円で」
ビンゴ!やはり友人の言っていたことは本当だったのだ。たった一例だけで判断できないだろうが、少なくとも彼女は1万円で簡単にOKを出した。僕は小躍りしたくなる気持ちを抑えつつ、ともみの待つ交差点横ラーメン屋の前へと出かけた。ここから歩いて2分ほどの距離である。茶髪に黒いジャケット、そしてミニスカをはいた彼女はすぐにわかった。しかし、小走りで来た僕の目に飛び込んで来たのは、ともみの虫歯だらけの口・・・。
「あっ、とつ、ともみちゃん…待った?」
ううん。待ってないよ。寒いから早く行こうよ」ともみが強引に僕の腕を取って歩き出す。が、僕はすっかり意気消沈、またもやこの場からどうやって逃げ出すかに、頭をめぐらすこととなった。彼女の車がある駐車場まで約300メートル。そこまでに何とかしなければ。
「あっちょつとさ、車に乗る前にトイレに行っておきたいんだけど」
「え」
一瞬怪語そうな顔をしたともみだったが、渋々セブンイレブンのトイレに行くことを承諾。しかし、生憎トイレの出口は1カ所しかなく、ここから脱出することは不可能だ。くそ、こうなったら、トイレから出た後、ともみにも入るように進め、その隙に逃げるか。僕がトイレから出ると、ともみは週刊誌を立ち読みしていた。
「ふう〜、スッキリした…ともみちやんはトイレに入っておかなくて大丈夫?」
さりげなく聞いてみる。
「そうね、入っておこうかな…」
シメタ!
「そうしなよ」
疑わずにトイレに入っていく彼女。僕は、その姿を確認した後、猛ダッシュでセブンイレブンを後にした。結局テレクラにいた3時間半で、総コール数十本、即アポ2本、援助交際1人。もっと時間をかければ、という気持ちがないではないが、あの2人のルックスを見てしまっては僕の戦闘意欲もこれ以上は湧かない。
テレクラでは芳しい結果は得られなかったものの、全体を通せば札幌の風俗は素晴らしいの一言に尽きる。料金が安くて、質が高いとなれば、これに勝るものはない。こうなりゃ、貯金を全部下ろして
札幌風俗に費やしてみるのも悪くなさそうだ。

18才嬢の在籍数がすすきの1のソープ

0052_2018122410090413f.jpg 0053_2018122410090525b.jpg 0054_20181224100906a13.jpg
Tバックだからしゃがむとナマ尻がコンニチハ
二十歳を過ぎると別店舗へ。だから10代しかいないようで
まるで彼女の部屋でまったりしているような

札幌・すすきののおすすめセクキャバ・デリヘル体験談

0064_20171024225106d42_20190812221441d62.jpg0065_20171024225107b3e_201908122214428ec.jpg201503048_20190812221447a96.jpg201311052_20190812221445756.jpgakl050_20190812221448c00.jpgakl051_20190812221450e2d.jpg
特殊なプレイルームがある箱ヘルで、漫画のように、お客同士が女の子との絡みを見せ合うことができる。
 友達なんかと一緒に行くと楽しいが、そういう仲間がいない場合でも問題ない。店のホームページ掲示板で見せ合い相手を探せる。
すすきのソープで私がお勧めするのは、この店だ。何が気に入ってるかって、在籍嬢に、高校を卒業したばかりの18才嬢が多いのだ。
 女の子の若さにこだわる私のような人間にとって、例えば18才とハタチの価値はだいぶ違う。寿司で言うなら、特上と並みたいな感じか。
 私が思うに、18才のピチピチボディは特上ハマチだ。ハリのあるおっぱい、きゅっと上がったおしり、綺麗なピンクの女性器。そりゃあもう絶品です。この箱ヘルのポイントは、プレイルームの設備だ。ビデオカメラとその映像を見るためのモニターみ方ができる。
 キスや乳首舐めなど、それ自体は別にたいしたことないプレイも、別アングルから見ると新鮮ですよ。
札幌のセクキャバは全国的にレベルが高いことで有名。
そんなハイレベルなエリアでも、頭一つ抜けているのがこの店だ。ダウンタイム(=ハッスルタイム)になると、女性が上にまたがってきて、パイオツ揉み放題。…だけで終わらず、またがった状態のまま「入れる?」と耳元に囁いてくるのだ。当然、そのまま挿入。ボーイは気づいているはずだが、見て見ぬふりをするのが決まりのようだ。系列店が数年前に摘発されたので、ここももう寿命が長くないかも。
函館駅の東側「大森一番通り」は、昔は飲み屋も風俗店もパラパラあったのだが、今は軒並み潰れて廃墟になっている。
そんな場末の一角にちょっと面白い店がある。ぱっと見は、フツーのしょぼい飲み屋だ。店内の作りも、メニューの内容も。しかしそこに妙に着飾った熟女が5、6人いて、やってきた男の客にこう話しかけてくる。
「おにーさん、遊ぼうよ」
そう、ここは連れ出し飲み屋なのである。料金は60分1万5千円で、近所のラブホでコトに及ぶ流れだ。
飲み食いはせず、単に連れ出しだけという使い方もできるが、ここはせっかくなので一杯やりながらじっくり女の子をチョイスするのが楽しいかと
入店すると入口で男性スタッフによる「爪のチェック」が入るのは、これから始まる過激サービスのための準備にほかならない。そう、ここは「潮吹きをさせて楽しむ」過激なセクキャバなのだ。
股間に指入れして嬢の細かい指示を受けながらグイグイ動かしていくと、カーテンで仕切られたボックス席は毎度のようにスケベな水害に見舞われる。 
雑巾をもって男性スタッフが店内を駆け回る様子が印象的な店である。
俺が生まれて育った、なにもないこの田舎町。唯一誇れるのが、市内に数店舗あるデリヘルだ。
ラブホに置いてあるデリヘル案内パンフレット
(業者が自分たちで作成)に掲載されている店を呼ぶと、やってくるのは20代前半から30代後半くらいまでとさまざま。彼女たちの共通点はその全員が本番ができること。本番ができる嬢がたまにいる、って話ではなくて追加料金なしで全員がそうなのだ。これらの店はホームページすら持っていないことも多く、他には電柱ビラなんかで客集めをしている。地元以外の友人にこの話をすると、大抵みな驚いてくれる。そういうときだけ俺はこの町に誇りを持てる。
この店、一つ変わっていることがある。どの女の子もあたりまえのように挿入を促してくるのだけど、その際になぜか全員が「着けない」のである。ホテルのベッド脇にちゃんとゴムは置かれてるっていうのに。
「え、着けなくていいの?」と聞くと、みな判を押したように「いや、ナマでやって」と返してくる。かといって中出しはさせてくれない。ここまで同じ行動を取るということは、店がそういう教育をしているのだろうか。
新人マークのコはわからないが、少なくとも俺が呼んだ嬢は3人全員がそんなカンジだった。確実にナマ挿れできる店なんてそう多くないから利用させてもらってるが、変な病気をうつされないかどうかだけが心配だ。
昨年末、成田のデリヘルを呼んだときのこと。
やって来た女の子がイヤに若い。世間話をしていたら、中学卒業と同時に東京のリフレ店で働き始め、その直後、違法サービスがらみの摘発と同時にこの店に移ることを店側から薦められ、今年入店したそうだ。 
その後、あたりまえのように本番を終えて(成田流と呼ばれるデリ本番が基本)、さらに世間話。どうやらそのリフレで働いていた『若い子』たちがぞくぞくとこのデリヘルに入店してきているとか。おそらくこのデリと旧リフレ店になんらかの繋がりがあるのだろう。おそろしいことだが、この店のホームページで18才、19才と書かれてる子のほとんどがそれらしく、掲載されていない中にもやたら若い子が多いのだとか。その後、何人か呼んでみてもやけに若いので怖くなって行くのをやめた。
「面白いところがある」と友人に連れて行かれたのは歌舞伎町の雑居ビルだった。店内に入ると、スーツやドレス姿の美女たちが客と談笑している。どのコも顔立ちが整っており、どこか品がある。カタコトの日本語を話してるけど、どこの国の人だろう。
「このコらは、みんな台湾人なんよ」
友人が得意げに答える。台湾女性は中国女性と違って、どこかアカぬけていて可愛らしい。 
席につくやママらしき美熟女が尋ねてきた。
「今夜はどのコを連れてく?」
なんとこの店、連れ出しパブだったのだ。説明によると、前金で飲み代オールタイム1万円に加えて連れだし代が3万円という。迷ったが、台湾美女を抱ける機会もそう多くないだろうということで連れ出すことにした。
「でもこんなことしてヤバくないですか?」
ママに尋ねると彼女は余裕の表情だ。
「ううん。うちは警察には絶対に捕まらないから」
どういう事情があるのかわからないが、よい店をまた一つ見つけることができた。
アキバのアロマリフレ店は一時、嬢との交渉次第で相当いろいろできてしまうと報道されるほど騒がれたが、昨年の一斉摘発以降、過激なサービスは鳴りを潜め、どこも店舗内に「性的サービスの禁止」などの張り紙がされている。
しかし、オレが知ってる限り一軒だけ、いまだに〝非常に若い子が〝そういう.サービスをしてる店がある。そこ、形式上はレンタルルームでのアロマリフレなのだが、サービスを受けるときは紙パンツ一枚な
のだ。つたないマッサージで股間付近をサワサワしてきたところでこちらから交渉するもよし、女の子によっては「お小遣いもらえるなら」と持ちかけてくることも多い。
この店はすごい。普通のおっパブと思って入ったら、なぜか奥の個室でセックスまでできてしまうのだ。
40分3980円で入店し、フラットシートに女の子がついて普通のおっパブよろしくヒザの上でチチを揉みまくる。それが2回転。が、途中で女の子たちがこんな感じでささやいてくる。
「ねえ、奥のVIP席行きません?もっと楽しいことできますよ」
追加料金2千円を払ってVIP席(奥にある個室。カーテンで仕切られている)に行くと、本番やフェラができてしまうのだ。女の子によっては多少のチップを要求してくるが、タダで最後まで行けた例も数多い。
キス専門店という珍しい形態のフーゾクだが、最近になって急に『それ以上のこと』ができてしまう店になった。追加料金を払ってフェラや本番ができる子、他にもなぜかタダで本番させてくれる子。女の子に聞いた情報やオレ自身の経験から、在籍嬢の6割くらいはフェラ以上をやってくれるはずだ。
なお、店から薦められるレンタルルームはゴムの備え付けがないので、要注意。
北海道在住の友達を訪ね、札幌に行ったときだ。
 夜、レンタカーですすきのの大通りを走っていたところ、あるビルの2階に目が留まった。
 何だあそこ!? ガラス張りのバーだが、バニーガールたちがTバック姿で立っている。ケツが丸見えじゃん!
「おい、前っ!!」
 助手席の友達の声にハッとして慌ててブレーキを踏んだ。…危ない危ない、オカマ掘るところだった…。にしても、何なんだあの店は?
「あー、あそこはバニーガールのガールズバーだよ」
「ふーん…」
 車を端に寄せて停め、改めて店を眺めてみた。窓際にカウターテーブルが置いてあり、接客中のバニーガールたちのケツが道路側を向いてずらっと並んでいる。テレビで海外の連れ出しディスコの映
像を見たことがあるけど、そんな雰囲気だ。何だか日本じゃないみたい。
「でもこれって、法律的にどうなの?」
「大丈夫なんじゃね。別に脱いでるわけじゃないし」
 まあそうだが、この状況、オレが危うかったように、やはりヨソ見の交通事故が起こりかねないのでは。そのうち何かしら規制されそうだな。
この風俗店は、看板には「セクキャバ」と書いてますが、いつも店の前でスタッフが「抜いていきませんか〜」と声をかけてるんです。何だそりゃって思うじゃないですか? なもんで入ってみるこ
とにしたんです。
 受付で料金5千円(45分)を支払い、プレイルームに通されると、すぐに女の子がやってきました。まずは普通におっぱいでも吸わせてもらいますか。
 と思いきや、彼女がいきなりズボンを脱がそうとしてきます。そしてあっとういう間にパンツまで剥ぎ取ると、チンコをパクっとくわえました。いきなりフェラって!?
しかもひとしきりペロペロした後は、オッパイでチンコを挟んでパイズリ。さらにシックスナインまで。めっちゃサービスいいじゃん!
 いい意味で予想を裏切られた感じです。まぁセクキャバだし、たぶん手コキでちょこっとみたいな裏サービスくらいだろうと思っていたのですが、素晴らしい抜き処です。
 そんなわけで、以来、このセクキャバにちょこちょこ通うようになりました。仙台は店舗型の箱ヘルやピンサロが非常に少ないし、なかなか使い勝手がいいです。
ここ、いちおう業態はセクキャバとなっており、基本的には女の子がついたらキスやおっぱいモミモミをしつつ、いちゃいちゃしながら飲む、みたいな店だ。
 だけどオレが目当てにしてるのはそんな普通の接客ではない。とにかくサイコーなのは、1時間に1回行われるショータイムだ。
 女の子全員が客席の中央にあるステージにあがり、超ミニスカ&Tバック姿で音楽に合わせて踊る。そのTバックってのがなかなかのもんで、激しいダンスでマン毛がはみ出るなんてのはあたりまえ、
中にはT部分からビラビラを丸出しにして尻をふりふりする子までいる有様だ。これ、直接見てみればわかると思うがめちゃめちゃエロい。
 さらにそのあと。女の子たちが順番に客の前に立ち、Tバック尻を顔に近づけてくる。その距離およそ5センチ。ほんのりスケベな股間のニオイが漂ってくる。
 中にはこれだけで足りず、「ペロペロしてぇ〜」と甘い声で誘ってくる子が数人いる。店の人気嬢たちだ。
 これにこたえてアソコをペロリとやってるとアエギ声をあげて喜んでくれる。毎回4、5人はペロペロさせてくれるだろうか。
 客の中にはササっと指入れしてるのもいたりする。仲間と楽しむにはイイ店だ。特殊なプレイルームがある箱ヘルで、漫画のように、お客同士が女の子との絡みを見せ合うことができる。友達なんかと一緒に行くと楽しいが、そういう仲間がいない場合でも問題ない。店のホームページの掲示板で見せ合い相手を探せる。
すすきのソープで私がお勧めするのは、この店だ。何が気に入ってるかって、在籍嬢に、高校を卒業したばかりの18 才嬢が多いのだ。女の子の若さにこだわる私のような人間にとって、例えば18才とハタチの価値はだいぶ違う。寿司で言うなら、特上と並みたいな感じか。私が思うに、18 才のピチピチボディは特上ハマチだ。ハリのあるおっぱい、きゅっと上がったおしり、綺麗なピンクの女性器。そりゃあもう絶品です。
女の子にしっこをかけてもらったり、飲ませてもらったりするプレイ。意味がわからない方も多いかもしれないが、オレのようにハマる人間はハマると思う。そこで紹介したい店がここだ。このプレイ専門箱ヘル、プレイの始め方が一つポイントである。女の子は和式トイレで待っており、お客はまずここで便所ノゾキを楽しむ。しょうもないイメージプレイだと思うなかれ。これ、普段は自分の中に隠れている変態のモードのスイッチを入れるのに丁度よかったりする。かくしてテンションが上がったら、部屋に移動し、いざプレイだ。オレがよくやるのは、シックスナインでチンコを舐めてもらいながら、顔面にしてもらうというプレイだ。あふれ出すしっこを飲み切ったところで、彼女の口にザーメンを発射する。サイコーの瞬間です。
函館駅の東側「大森一番通り」は、昔は飲み屋も風俗店もパラパラあったのだが、今は軒並み潰れて廃墟になっている。
そんな場末の一角にちょっと面白い店がある。
 ぱっと見は、フツーのしょぼい飲み屋だ。店内の作りも、メニューの内容も。しかしそこに妙に着飾った熟女が5、6人いて、やってきた男の客にこう話しかけてくる。
「おにーさん、遊ぼうよ」
 そう、ここは連れ出し飲み屋なのである。料金は60分1万5千円で、近所のラブホでコトに及ぶ流れだ。
 飲み食いはせず、単に連れ出しだけという使い方もできるが、ここはせっかくなので一杯やりながらじっくり女の子をチョイスするのが楽しいかと
入店すると入口で男性スタッフによる「爪のチェック」が入るのは、これから始まる過激サービスのための準備にほかならない。
 そう、ここは「潮吹きをさせて楽しむ」過激なセクキャバなのだ。
 股間に指入れして嬢の細かい指示を受けながらグイグイ動かしていくと、カーテンで仕切られたボックス席は毎度のようにスケベな水害に見舞われる。
 雑巾をもって男性スタッフが店内を駆け回る様子が印象的な店である
札幌のセクキャバは全国的にレベルが高いことで有名。
そんなハイレベルなエリアでも、頭一つ抜けているのがこの店だ。ダウンタイム(=ハッスルタイム)になると、女性が上にまたがってきて、パイオツ揉み放題。…だけで終わらず、またがった状態のまま「入れる?」と耳元に囁いてくるのだ。
 当然、そのまま挿入。ボーイは気づいているはずだが、見て見ぬふりをするのが決まりのようだ。系列店が数年前に摘発されたので、ここももう寿命が長くないかも
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます