0068_20181213111858961_2019101606002915e.jpg0067_20181213111856bfa_201910160600274ec.jpg0066_20181213111855aa6_2019101606002528f.jpg0136_2018121210504586d_201910160600317cd.jpg0137_20181212105046559_20191016060033d62.jpg
写メを送れば必ずアボれるナンネットのセックス中毒女
変態の巣窟として有名なナンネットにあっても、ことアポ取りがもっとも簡単な女といえば彼女を置いて他にない。とりあえずファーストメール時にこちらの写メを貼っておけば、容姿の良い悪いに関係なく、必ず返信が来るのだ。そして、メールの段階で彼女を罵ったりしない限り、ほぼ100%会ってハメハメできる
プロフでは40才以上NGとしているが、実際はまったく関係がないので安心してほしい。それもそのはず。彼女は自らも認めているように、ドのつくセックス中毒者なのだ。とりわけ手マンやことば責め、おもちゃ責めが大好物で、遅漏の男にはただそれだけの理由で、定期的に会ってくれと要求してくる。性欲の化け物とはまさにコイツのことだ。実際、彼女はナンネットだけでも相当な数のチンコを食っているらしく、かつて俺にも自慢気に語ったものだ。
2年くらいで、軽く200人斬りは達成したかなあ
ただし彼女、体重3ケタ(ミケ)のドデブである。服装、髪型、メイクはオシャレではある。その点だけはゆめゆめお忘れなき
容姿はイマイチだけど、買えるちんぼ
彼女はこの出会いカフェにたまにくるエンコー娘だね。茶髪のギャル系で相当にカワイイんだけど、挙動が明らかにヘン。鬼のような形相で、タバコをスパーっと吸い出したかと思うと、深呼吸するように肺に思いっきり、す一、は一、す一、はーって繰り返して、ソフトクリーム(店のサービス)を食べるときも、ダラダラと服に落としてる。トークルームに連れ出して理由を尋ねたら、「内緒だよ」って前置きしながら、クスリ(シャ力)やっててね。エッチしたくなると、ここにエンコーしにくるのだって。値段はホ別2・5と高かったから手が出なかったけど、考えようによっちゃお得かも。
新宿のこのあたりには立ちんぽがけっこういるけど、彼女はいちばんの有名人だと思います。とにかくコストパフォーマンスがいいんですよね。ぶっちゃけ見た目はあんまりよくありません。服装は汚いし、体型もちょいポチャだし。唯一の救いは、年齢が20代半ばってことくらいじゃないでしょうか。ところが、「いくら?]って声をかけるとこんな風に言ってくるんですよね。「込1(=ホテル代込みで1万円)でどうですか?」オバチャンならそれくらいの値段もたまにあるけど、20代半ばではありえない激安価格。結局、私も買っちゃちゃいました。サービスはそれなりです。
「ねえ、あなたたち。これからホテル行くんでしよ?なんなら、3Pしない?ホテル近くにあるからさあ」冗談で言っているんじゃない。どうにか逃げたけどヤバイの何の。しかし、エ口い容姿のため、泥酔してる男たちの中には、ノリノリで応じる者も少なくないとか言ってた
ニューハーフとの3Pなんて、それはそれで貴重な経験なのかも。
平日の夜フラっとやってきては瞬時に買われてしまう女です。やって来るのも月に数回程度だから、希少価値も高い。ボクも一度だけ買ったことがあります。スタイルは、モデルやレースクィーンをやっていてもオカシクないほどの極上品。顔は、端正な顔立ちだけど口リ系で、ちょうど磯山さやかをシャープにした感じでしょうか。大当たりです。ただ彼女、変装のためか、ボブのカツラを被っているんです。あきらな前髪パッツンだから、常連の男には完全にバレていて、ぐカツラちゃん、の愛称で呼ばれています。本人日く、ハタチの某有名ミッション系私立大生とのことです。フェラもエッチも悪くないんで、買ってみてソンはないんじゃないかな。値段はホ別2.5-3.5万と少々高めですが。
新宿駅周辺をフラフラ歩き回る出会い系すっぽかされ売春が流行している模様です

新宿で酒を飲んだ帰りの出来事がきっかけだ。その晩、飲み屋を出たのは午前3時過ぎだった。始発まではまだ時間もあるし、どうしようかなあと思っていた矢先、新宿駅西口で一人でフラフラ歩いている女を見かけた。歳は30過ぎくらいか。やけにノロノロ歩きである。ナンパされちゃうよ、おねーさん。近寄って声をかける。
「こんばんは。今、お帰りですか?」「はいまあ」
警戒されてるような感じはない。酔っぱらってるんだろうか。
「今日はどっかで飲んでたんです?」
「いやぁ、ちょっと」「じゃあどうしてたんですか?」
「サイトで知り合った人と会おうとしたんだけど、すっぽかされちゃって」ん?つまり出会い系ってこと?
「まあ3万なんだけど…。もしよかったら、オニーさんどうです?」
驚いた。まさかエンコー女と偶然出くわすなんて、こんなことがあるんだな。
「でも、さすがに3万は高くない?」
「どのくらいならいい?」「まあ1万とかなら」「それでいいよ」
わーお、いきなり1万まで下がるとは。女もこのままノーマネーで帰るよりはマシと思ったのかもな。別に大したレベルの女ではないが、オレは道ばたでサイフでも拾ったような気分になった。女が安いレンタルルームを知っているというので、さっそくそこに向かう。
「すみません、先にお金もらっていいですか?」「あ、はい…」
「じゃあ、おにーさんシャワー行ってきて。私は家で浴びてきてるんで」
シャワーから出ると部屋の電気は落とされ、女は裸になっていた。枕元にはローションのボトルも…。どうやらこの女、かなりエンコー慣れしているっぽい。何だかテンション下がるんだけど。

しかし、それでもテクがあればと期待したが、女はとんでもないマグロで、結局は何だかなあという感じだった。その2日後の深夜、新宿の路上でヘンなことがあった。また別の30前後の女が一人でフラフラ歩いているところに遭遇し、例のごとく声をかけたところ、こんなことを言うのだ。
「今、サイトの人と会おうとしたんだけど、ドタキャンされて」
「サイト!?」「まあ割り切りなんだけど、オニーさんはそういうの興味ない?」
…この前と一緒じゃん。こんな偶然ってあるわけ?とりあえず、そのときは買うのは止めておき、女とは別れた。さらに数日後の夜、新宿を歩いているとき、見覚えのある女の姿が目に飛び込んできた。あのマグロ女がまた一人でフラフラ歩いていたのだ。
(まさか、あいつ?)気になって尾行をしてみると、女は駅周辺をただ単に歩き回るだけ。どこかへ向かう様子はない。あっちをフラフラ、こっちをフラフラ。そして男から声をかけられると、すんなり立ち止まっている。

みなさん、あのフラフラ歩きにうっかり誘惑されてしまうのだろう。オレがそうであったように。まもなく、声をかけてきた男と一緒に女はどこかへ消えていった。うまく考えたものだ。あの容姿じゃ、立ちんぼスポットにいても買われないだろうし、出会い系でもすっぽかしがオチ。でもナンパがきっかけならば、男はありがたみを感じてつい買ってしまうのだろう。どうやらこの手法、新宿界隈で流行してるらしい。値切れる男性にはイイ話だと思う。