たぬき顔のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:たぬき顔

  • 2019/12/24素人の本物ヌード

    モデルさんを探してるんだよ条件はごにょごにょ…なんだけど。彼氏いるし、雑誌に載るのはムリムリムリ。口元隠してたら99%分かりませんて。ハイ、これギャラ出しちゃいましたーお願いします(半土下座)おっばい見せてというわけでホテルヘいまのカレシとは長いの?高2からだから3年ちょっとかな出会いは?私、ビジュアルバンドの追っかけやってて、メンパーの家に誘われて、セックスしました。それが今のカレシでカレシは今もパ...

    記事を読む

  • 2019/10/21エッチ体験談

    イヤラシイ服を着た女のその日の予定は街には、イヤラシイ服を着た女が歩いている。ミニスカ程度ではなく、肌のあちこちを露出したようなレベルだ。 すれ違うたびに思う。こんなスケベーな格好をして、いったいどこに行って何をするんだろう。どうせ頭の中もマンコの周辺もイヤラシイのだから、その日どこかの段階で、男の手によりブラをはぎとられパンティをむしりとられ、グチョグチョになるのだろう。何事もなく家に帰るわけが...

    記事を読む

たぬき顔美少女のこぶりおっぱい初ヌード・漫画喫茶で待機してる風俗嬢に小遣い稼ぎで抜いてもらう|エロ画像

11_20191222151208fc2.jpg22_20191222151209c4f.jpg33_201912221512115fd_2020010716405714a.jpg0132_20191222151212eff_202001071640595e7.jpg0133_201912221512148da.jpg
モデルさんを探してるんだよ条件はごにょごにょ…なんだけど。
彼氏いるし、雑誌に載るのはムリムリムリ。
口元隠してたら99%分かりませんて。
ハイ、これ
ギャラ出しちゃいましたーお願いします(半土下座)
おっばい見せて
というわけでホテルヘ
いまのカレシとは長いの?
高2からだから3年ちょっとかな
出会いは?
私、ビジュアルバンドの追っかけやってて、メンパーの家に誘われて、セックスしました。それが今のカレシで
カレシは今もパンドマンなの?
もうやめて、美容師の修行中で私が大学卒業したら結婚する予定ですよ。
セックスはしてくれないけど、将来のことはちゃんと考えてくれてるんだ・アメリカで店をやリたいから、おまえは英語を覚えて通訳をやれって無茶なこと言うんですよ。
セックスもしてくれないわけだしそれはちょっとアレだふ欲求不満でしょ?
うーん・・
他で遊んでるの?
ぜんぜんですよ。友だちとしたことあるけど、だいたいいつも酔っ払っててよく覚えてないです。
お酒飲むとウェルカムになっちゃうタイブだ?
ゆうこお酒弱いんですよビール2本飲むともうダメ。だから、やってる最中のことはぜんぜん覚えてない。
ぜんぜんってことはないでしょ?
まあ、気持ちいいといえばいいかも。
じゃあ教えてください。好きな体位はどんなですか?
うしろからしてもらうのが一番いい
バックのどういうところがいいの?
あそこの中の、なんていうか、背中側の壁が削られるような感
きみ、セックス好きの素質があると思うよ

一番街通り沿いの無店舗型ヘルス店に入った。ボーイに1万3千円を払い、3軒隣のレンタルルームに移動。待つこと15分で女、力ナ嬢が現れた。ルックスは写真の4割減だが、フェラチオはそこそこ。たっぷり45分を堪能した後、タバコに火を付けると、おもむろに彼女がレシートの束を財布から取り出した。はて、何か買い物?
「買い物じゃないよ。マン喫Gのレシート」
力ナ日くHではコマ劇横の大型マンガ喫茶Gを女の子の待機場所にしているらしい。近所に他にもマン喫はあるが、ここが一番きれいで、設備も整っているとのこと。今日は俺が最後の客で、これから店に戻って、待ち時間にかかった料金を、レシートを元に精算してもらうそうな。ふーん。
「別に、ウチだけじゃないよ。この辺りのヘルスは、みんなGを使ってるから」
「じゃあ、気づかないだけで、Gにはたくさん女の子がいるんだっ」
「別に、見れば誰でもわかるんじゃない。これと似たようなバック持ってるからさあ」
力ナは、側にあった黒のトートバックを手繰り寄せた。タオルや口ーション、髪留めなどが口から覗いている。ヘルスセットかっ
「ピンクの子もいるけど、ほとんどは黒だから、注意して見てみなよ」
「どの子がヘルス嬢か、わかったら興奮するかも」
「ていうか、私はされたことないけど、見分け方を知ってるマン喫の客が、店内で女の子に声をかけてるらしいよ。で、小遣いあげて、手と口でヌイてもらってるんだって」
ほほー、これはいいこと聞いちゃいましたよー。
10日後の夜11時。力ナの話の真偽を確かめるべく改めて歌舞伎町に出向く。新宿東方会館の前で『G』の様子を伺っていると、すぐさま例のトートバックを持つ女の姿が現れた。ー時間張って、3人が店に入り、2人が出て行くのを確認。とりあえず、ココが待機場所であるのは間違いないようだ。
では、そろそろ動くとするか。本当にヌイてくれるのか。いくら出せばいいのか。初めて入る『G』の店内は、思いの外明るかった。事が事だけに、照明の絞られたマン喫を想像していたため、何だか調子が狂う。さっそく個室を確保。
「どこかであったことないっけ?」受付を済ませ個室に向かう女に声をかけた。以前、遊んだ客を装う作戦は考えてたものだ
「何なんですかー」話を打ち切られた。明らかに不審者扱い。ダメだこりゃ
2人目はむちむちボディのミニス力女だ。
「この前は、楽しかったよ」「はあ。どうもです」
掴みは悪くない。店の客だと思い込んでいるようだ。
「えーと、名前何だったっけっ」「…アキ…ですけど」
「そう、アキだ。久しぶりじゃん」「一応、いま仕事中…みたいな」
イケそうだ。オレはそのまま彼女の個室に押し込むように入り込んだ。
「さっきから、エ口動画ばっか見ててね。すげーヌキたくてさあ」「そりゃあ、大変ですねえ」「ぶっちゃけ、5千円でフェラしてくんない?」
「えー。ムリですよお。5千円は魅力的ですけど、さっき部屋に入るときに、店の女の子に見られてたし、そんなん店にバレたら、ちょーヤバイですから」
アキ:個室を出た後、再び訊ねてみたところ、すでに眠りに落ちていた

露出し過ぎの服の女性は誰に会うため?|エッチ体験談

0110_20181231110553a9b_201910200954013bd.jpg0111_20181231110554703_20191020095402682.jpg0112_20181231110556e01_2019102009540312a.jpg0113_20181231110557dcb_201910200954051f9.jpgイヤラシイ服を着た女のその日の予定は
街には、イヤラシイ服を着た女が歩いている。ミニスカ程度ではなく、肌のあちこちを露出したようなレベルだ。 
すれ違うたびに思う。こんなスケベーな格好をして、いったいどこに行って何をするんだろう。どうせ頭の中もマンコの周辺もイヤラシイのだから、その日どこかの段階で、男の手によりブラをはぎとられパンティをむしりとられ、グチョグチョになるのだろう。何事もなく家に帰るわけがない。その妄想は正しいのか、やらしい服の女を尾行してやろうと、渋谷駅をうろちょろしていると、20代前半のちょいぽちゃ女が目に入った。
ワンピースから白い背中がバックリと出ており、肩胛骨のあたりまで丸見えである。スカートの丈もやたら短く、むちむちした太股がぶるぶる震えている。エロス!エロスの塊め!
彼女は銀行に飛び込んだ。ATMで金を下ろしている。手元は見えづらいが、金額は大したことなさそうだ。1、2万円ってとこだろう。金を財布にしまいこんだ女は、道玄坂をのぼっていく。おっと、コンビニに入ったぞ。雑誌コーナーで立ち読みしてから、サンドイッチ、コーヒー牛乳、のど飴を買い込んでいる。 
彼女は店を出て、道玄坂をさらに進む。サンドイッチ持ってどちらへお出かけですか。
角を曲がった女は、そのまままっすぐ…ではなく、派手な看板のかかったビルの地下に降りていった。 
ヘルスじゃん!
納得。やっぱヤラシイの〜。再び渋谷駅へ舞い戻り、次なるターゲットを発見。20代前半と思しき背の高い女だ。顔はさほどでもないが、とにかく洋服がやらしいのなんの(写真参照)。 
彼女もまた道玄坂をのぼっていった。またヘルス嬢か?おやおや、コンビニですか。お買い物は、サラダうどんにウーロン茶ね。昼ご飯ですね。
駅を出て昼ご飯を買ってから向かう場所といえば…。なんだか予想が当たってる気がする。彼女は勝手知ったる歩みで、ラブホ街をずんずん進んでいく。到着したのは、ラブホ街ド真ん中の小綺麗なマンションだった。さて、どういうことか。好意的に考えれば、お出かけから戻る途中でお昼を買って自宅に戻ったともとれるけど、きっと違う。ここはデリヘルの待機所だ。客から指名があれば付近のラブホに出張するシステムなのだ。
やらしい服の子って、要するにそういうことなの?   昼3時、渋谷駅前に新たなターゲットが現れた。年齢は20代前半。読者モデルと言っていいくらい美形のギャル系である。 服装は、背中がぱっくり丸出しのキャミソールで、下は短パンから生足が露出している。
スクランブル交差点の前で、信号待ちの彼女に茶髪男が声をかけてきた。いきなりナンパか。 
耳をすます。「……で、興味…、ありま……」「……」
どうやらキャッチらしいが、彼女に取り合う気配はなし。完全無視をキメ込み、すたすたと歩き出した。 と思ったら、信号を渡りきったところで、バンドマン風の男が声をかけてきた。
「……ですから、……お仕事…」
「……」 
ガン無視である。  5分後、彼女はファッションビルの109へ。各階をぶらぶらしたあと、ギャル系のショップでブラウスを一着購入した。そして次はウインドウショッピングだ。あっちの店こっちの店と、なにも買わずにうろうろしている。時間にしておよそ2時間。暇人にもほどがある。夕方5時過ぎに109を出た彼女は駅方向へ向かった。あららら、
改札の中へ入ってっちゃうよ。 
あんなスケベ服を着てるくせに、スケベのメッカ渋谷で何も起こらなかったとはどういうことだ。こ
のまま無傷で帰宅するのか。なんだか物足りない、いや、でもセーフな気分もある。
山の手線の内回りに、彼女と一緒に乗り込む。さて、どこで降りるのだろう。五反田(風俗メッカ)あたりだとまた盛り上がってくるのだが。彼女が降りたのは東京駅だった。ゆっくり向かうは横須賀総武線のホームだ。千葉方面へ向かうようだ。こんなローカル線に用事があるとは思えない。田舎の自宅に帰ると考えて間違いなかろう。彼女、渋谷でナメられないよう、せいいっぱい背伸びした服を着て家を出てきたのだろう。お母ちゃんに「あんた、またそんな派手なの着て!」と怒られながら。こういう子は意外と処女だったりするかもしれない(どうでもいい推理)。 やらしい服の子にやらしい出来事があるとは限らないようです。でも風俗率は高し。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます