ぽちゃ - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方
2018/07/24

好奇心で出会い系でぽちゃ・ニューハーフに会ってみた

0124_20180724151651732.jpg 0125_201807241516529f6.jpg好奇心も、ついにこの域にまで到達してしまいました。
ぽちゃ
ニューハーフ
この二点を満たした人物とアポりたいと思った動機は、怖いもの見たさ以外のなにものでもありませ
ん。手コキ7千円で交渉は成立しました。やってきたのは確かにポチャで小柄なギャル(?)でした。声もまんまギャル声。不覚にもちょっと可愛いとすら思ってしまいました。
「お兄さんニューハーフとしたことあるの?」
「いや、ないよ」
「えー、じゃあワタシ頑張っちゃうね」
なんでも彼女、普段は女として化粧品販売の仕事をしているそうです。店長さんや客はニューハーフ
だと気づいていないのでしょうか。カラオケで見せてもらったオッパイは、ホルモン注射のおかげかそこそこ膨らんでおり、つい女性だと錯覚した私は、フェラもさせてあげることに。
「あ、硬くなってきたぁ。アタシはオチンチンより乳首が感じるんだよぉ〜」
その一言で、やはり彼女は男なのだとの認識を新たにし、最後は手コキで発射となりました。理解されにくいかもしれませんが、今回は当たりだったと思います。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2018/06/30

その日のうちにヤレるかどうかはドライブに誘うだけで判明する

0077_20180630100050fcd.jpg 0078_201806301000512e3.jpg
都市部とは、出会い系アポのとき駅前で待ち合わせし、近くの居酒屋へ入るパターンが一般的な町のことだ。この流れ、ヤレずじまいで終わるパターンが避けられない。さんざん飲み食いして「そんなつもりじゃない」と断られればオゴり損もいいとこだ。悲しい結末にならないために、“即ヤリ”が可能かどうかは、会う前に把握しておきたい。手法はカンタンこう誘うだけだ。『車で迎えに行くね。ドライブでもしようよ』断言しよう。へぇ、車もってるんだぁと喜んでドライブアポを了承する
ような女は、難なく即ヤリできる。逆に「いきなり車は怖いから」などと拒否してくるようなら、居酒屋へ行こうがどこへ行こうがまずヤレない。
 もちろんアポ時はバカ正直にクルマで向かう必要はない。あくまで即ヤリの資質を問うやりとりなので、「道が混んでそうだから電車で来ちゃった」などとごまかせばいい。
地方部においては、いきなり男の車に乗る文化ができあがっているのでこの判別法は使えないが、都市部ならば百発百中だ。
プロフィールの「自称ぽちゃ」を回避したからといってデブを完全に避けられるとは限らない。「体型=普通」とのたまう女が渡辺直美スタイルなんてことは、ままある話だ。かといってさすがに体重を尋ねるわけにもいかないので、ここではジーンズクエスチョンを推奨したい。
まずは自分がジーンズ好きであるとアピールしたうえ、こう問いかける。
「○○ちゃんは、どこでジーンズ買ったりする?」
 答えは3パターンに分かれる。
①……ジーンズは履かない
②……パルコや109などブランドショップ
③……ユニクロなどの大衆店
ジーンズは下半身の体型を隠しづらいため、デブは敬遠する。①は大デブの疑いアリだ。②の場合は、ショップ名をネットで調べよう。女性ブランドは細いサイズのジーンズしかない店がけっこ
うある。109の店などはどこもそうだ。相手が挙げたショップがその類ならデブ回避だ。
 ③「ユニクロなどの大衆店」は、幅広いサイズでジーンズが揃えられているので、腹まわりを推測しにくい。 そこでこう聞く。
『ローライズとかブーツカットとか買ったりする?』
この手のオシャレ系ジーンズは、例えユニクロでも細いサイズしか置いていない。覚えておこう。