0090_2018121714134016b.jpg 0091_20181217141341226.jpg 0092_201812171413435eb.jpg 0093_20181217141344c52.jpg
厳密に言えば、路上での撮影は道路使用許可が必要。さすがに検挙されたというケースはないが、アタマの堅い警察官に当たると始末書まで書かされたりするからたまらない。野外ではあまり手間隙かけず、さっさと撮影して切り上げること。これは、ナンパビデオを作る上での鉄則なのだ。星の数ほどあるナンバAV(インディーズは除く)も、中身は似たり寄ったり。どれもだいたい次のような流れである。
①路上で手当たり次第声をかけるが失敗の連続←胸チラあるいはパンチラくらいならという女の子をゲット(約2名ほど。場合によってはパンティも脱がせる)←セックスOKの子をゲット、個室に連れ込んでのカラミシーン
多くの作品が、冒頭の路上でのナンパシーンでは次々と声をかけても、結局は会話どまりでエッチにまでは持ち込めない。この場合、出てくる女はほとんど素人、つまりここまではホントにナンバしている。そんなワケで、どのメーカーも、1本の作品中で最低3人の女の子を確保している。ギャラは、胸&パンチラで3〜5万、カラミで10万ほどをモデルプロダクションに支払い、その半額程度が本人たちの取り分だ。万一、たとえ素人から「ヤラせてくれ」と頼んできても、最後のカラミだけは断る場合がほとんど。まったく本末転倒といった気もしないではないが、そこはやはり「会社の存続こそ第一」という企業の論理が働いているのだ。ナンパAVで脱いでいる女(カラミは除く)が必ずしも仕込みでないことは前記したとおり。では、素人と仕込みを見分ける方法はあるのだろうか。
よく「顔にモザイクがかかっている女は素人だ」なんていうウワサを耳にするが、その限りではない。実のところ、モザイクの基準は結構暖昧で、一応素人には極力モザイクをかけるようにはしてい
るが、パンチラや胸チラを壁露してくれた子の中でも、自らモザイク入れを希望しなかった場合(こ
ちらが説明をしていないだけなのだが)、そのまま顔を出してしまうケースもある。
逆に、仕込みの女だからといってモザイク無しとは限らない。メーカー側がプロダクションからAV女優を借りる際、他の作品や雑誌などで顔がそこそこ知れているコだと、ヤラセなのが一発で(してしまうからだ。もちろん、どんなコであれ、モザイクをかけない方が視聴者に歓迎されるのは百も承知だが、逆にすべて顔が見えてしまうのもかえってウソっぽい。そのあたりのバランスが実に重要で、売れているシリーズほど顔見せとモザイクの比率が安定しているといっていいだろう。モザイク問題もさることながら、本物っぽく見せる上で苦労するのはむしろ女優側の演技の方である。当日、現場で合ったばかりのAV女優に演技指導なんかしてもハッキリ言ってムダだ。一応、肩書きこそ女優ではあるものの、そんな意識を持った者などまず裸になれば金をもらえると思っている連中ばかりだから、あまり難しいことを指示しても混乱させるだけだ。