アジアのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:アジア

  • 2019/05/01その他

    香港から世界中に流れ出たエディソン・チャンのハメ撮り動画は記憶に新しいだろう。当事件では、フェラに生ハメ、コスプレなど、主に3名の女性タレントが生々しい痴態をさらし、芸能界の引退を余儀なくされたが、こうした懲りない面々は香港だけでなくアジア各国に広がっている。今回は、芸能人ハメ撮り動画のアジアの輪に注目だ。まずはインドネシアに目を向けよう。イスラム圏の同国だけに性風俗については厳格な印象があるが、...

    記事を読む

  • 2018/04/24裏風俗・風俗体験談

    ここのアカスリ嬢は20代半ばの日本人オネーチャンばかりなんです。しかもそこそこカワイイ子たちがピチピチの短パン姿で太ももを露わにしてるんですよ。そんなのに体をゴシゴシされたらタマりませんって(施術時、客は専用の紙パンツを着用)。ちなみにここのアカスリコーナーは仕切り板がほとんどないオープンスペースになっているので、アカスリをしなくても女の子たちに股間を見せつけることができるんです。実際、ソレ目的っぽ...

    記事を読む

アジアに広がる芸能人ハメ撮り動画の輪・自分のオナニー顔|エロ画像

1_2019112112570383d.jpg2_20191121125704e4e.jpg3_2019112112570589f.jpg4_20191121125707538.jpg香港から世界中に流れ出たエディソン・チャンのハメ撮り動画は記憶に新しいだろう。当事件では、フェラに生ハメ、コスプレなど、主に3名の女性タレントが生々しい痴態をさらし、芸能界の引退を余儀なくされたが、こうした懲りない面々は香港だけでなくアジア各国に広がっている。今回は、芸能人ハメ撮り動画のアジアの輪に注目だ。
まずはインドネシアに目を向けよう。イスラム圏の同国だけに性風俗については厳格な印象があるが、男と女がヤルことは同じ。
現地の人気ハンド『ビーターパン』のヴォーカル・アリエルがノートPCを紛失し、そこからルナマヤとチェッタリとのハメ撮リ動画が流れた。2人ともエキゾチックな超美人。しかも、ルナ・マヤにいたっては国連の世界食糧計画の親善大使を務めるなど社会的地位もあり、事態を重く見た同国では男性のアリエルをわいせつ罪で逮捕している。ちなみに、この男今では『エロピーターバン』とされているそうだ。お次はシンガボール。被害者は雑誌『Maxーm』の専属モデル、ニラ・チャンだ。彼女のハメ撮り流出が日本に届いたのは8月末のこと。『韓国旅行で撮影したもの』という情報以外に詳細は語られていないが、ネット上では流出史上最高と称賛されるほど、約10分の動画ファイルの内容は濃い。アジアの一国、日本。我が国の芸能人たちも、同様の被害に遭ってくれぬものか
自分のオナニー顔をビデオカメラで映してサイトに投稿
ちょっと面白い海外サイトの紹介を。この人たち、何をしているのかと申しますと、自分のオナニー顔をビデオカメラで映して、サイトに投稿しているのであります。カメラを見据えた表情が、徐々に崩れだし、やがて絶頂へ。各自、およそ5分ほどの自慰をノーカットで披露する様は圧巻の一言です。ただし、見えるのはあくまで顔のみ。胸や陰部は映らないので、どのようにまさぐっているかは想像するしかありません。音声を聞くに、指で直接派とローター派が半々ぐらいでしょうか。裸が見えないからイメージが膨らみ、恥ずかしくないから投稿者も増える。日本人バージョンの登場を切に願うばかりです。

デパートガールは風俗嬢だった・軽い羞恥プレイのアカスリ嬢

0078_20191212084018d74.jpg0196_2019121208402067d.jpg0197_2019121208402165c.jpg0198_20191212084023889.jpg0199_20191212084025027.jpg0200_20191212084026819.jpg0201_2019121208402832b.jpgここのアカスリ嬢は20代半ばの日本人オネーチャンばかりなんです。しかもそこそこカワイイ子たちがピチピチの短パン姿で太ももを露わにしてるんですよ。そんなのに体をゴシゴシされたらタマりませんって(施術時、客は専用の紙パンツを着用)。ちなみにここのアカスリコーナーは仕切り板がほとんどないオープンスペースになっているので、アカスリをしなくても女の子たちに股間を見せつけることができるんです。実際、ソレ目的っぽい客もチラホラいますし。
この銭湯のアカスリ嬢は20代前半の若い日本人だ。
といっても見た目はあまりパッとしない地味な子たちばかりだし、アカスリ自体もごくごくフツーのもの。きわどい部分を触ってくれるような過激サービスなど期待のしようもない。それでも病みつきになってしまうのは、前隠しがタオルのみという挑発的なシステムのせいだろう。施術台に上がる際、あるいは体を反転させる時、おぼこい娘っ子にチラチラと股間を見せつける悦びたるや。まさに天国だ。
アカスリ嬢は日本人と中国人が半々くらいの割合で在籍してるが、どちらも若くてキレイなのが揃っている。しかし興奮度を優先するなら中国人スタッフがオススメだ。俺はよく施術用の紙パンツからわざと横チンをハミ出させてアカスリに臨むのだが、日本人スタッフがそれを完全スルーするのに対し、中国人はちゃんと反応してくれるからだ。「ちょっとちょっと」と笑いながら、パンツのズレを直すといった感じに。この軽い羞恥プレイが、なかなかバカにできないというか。軽い下ネタトーク
に付き合ってくれる点でも軍配が上がるのは中国人の方だ。
普段は声もかけないようなハイレベルなオナゴを、わざと仕事中に引っ掛けてみることにした。ハイレベルなオナゴとはとういう人種なのか。例えば、丸の内OL、銀行の受付嬢、デパガ、幼稚園にガキを送り届ける美しき若妻(主婦も職業だし)なとなど、数え上ければ、それこそきりがない。もっとも、普通の思考回路の持ち主なら、勤務中の女に誘いをかけたりしないだろう。相手がかなりの上玉でも、泣く泣くその場を去り、家に帰ってからオナニーするくらいか関の山だ。しかし、ハードルが高いからこそ、ヤリガイがあろうというもの。果たして、俺は仕事中のタマを掴めるのか
1回目はデバートカールにチャレンジだ。
初めてクンニされたオ土コが出す鳴き声
最初に断っておくが、オレは女の職業に特別な思い入れはない。街を歩くときには焦げたタマ袋をブラ下げ、周囲には絶えずエ口目線を送信。目に付いたオナゴは片っ端からパクつくのが流儀だ。しかし、そんなオレでも、デパガってヤツには大いにそそられる。人前に立つ商売独特の華やかさ。モノを売りつけるとき、さりげなく婿を売ってくる態度。あんな女たちをぜひともヒーヒーいわせたいもんだ。春一番が吹いた平日の昼間、池袋の自宅を出たオレは、意気揚々と新宿の高品級デパートに向かった。あー、妖気に股間がズキズキと痛むなー。現地到着。新宿通り沿いにある正面玄関を潜ると、すぐに店内案内のフロントが見えてきた。中には、厚手のスーツにスカーフ姿の案内嬢が2-3人。真っ赤な唇のせいか、どれもグラマラスだ。ブースから10メートルほど離れた場所に立ち、案内嬢を観察。と、彼女たちが手を膝に乗せながら、通りすぎる客に挨拶しはじめた。
「いませー」「いませー」この独特の発声法はなんなんだ「いらつしゃ」までは虫の息ほどの音量で、後半だけはかすかに鼻孔の奥に抜けるように響く。まるで、初めてクンニされたオナゴが出す鳴き声のようではないか。ちょっと真似してみるか。「ませー」小さな「い」の発声法が、なかなか難しい。手始めに、コレをネタに、ご機嫌を窺ってみるか。ササッとブースに近づくと、すぐに20代前半と思しきケバ目の女から声がかかった。
「いませー。どちらのブティックをお探しですかあ」
「ませー。指輪を買いたいんだけどさ」
さあ、とうだ「指輪でしたら多数ございますが」
笑ってくれるどころか、ステレオタイプな答えを延々続目ている。とてもじゃないけど、こんな女は手が出せん。
おや、君はどこかで会ったっけ?
このデバートの場合、上階に行くほど客がいなくなる。それもそのはず、上層階はグッチ、エルメス、シャネルのような高級ブランドがズラリと並ぶ、少々敷居のお高いフロアになっているのだ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます