アダルトのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:アダルト

AV女優プロダクション・AVメーカーグッズ・アダルト業界で働く女性インタビュー

a046_2019090613551597f.jpga047_20190906135516ca7.jpga048_20190906135518f8b_202001261254263da.jpga049_20190906135519414.jpga050_20190906135521971_202001261255482f4.jpga051_20190906135522dad_202001261256264fc.jpga052_20190906135524acb.jpga053_2019090613552546c_20200126125701f50.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
仕事柄ってことでもないけれど、雑誌を読むときは必ず編集スタッフの名前が載ってるぺージから見てしまう。何人で作ってんのか、後記にはどんなことが書いてあんのか、妙に気になるのだ。
で、すでにご存じのように俺はエ口本をよくチェックするわけだが、ときおりスタッフ欄に女性名が載ってると少しうれしくなる。
エロ本なのに、「綾香」さんとか「美沙」さんとか。
自然と思うわけです。仕事ってのはキライなら続けられるもんじゃない。つまり彼女らはこのギョーカイのことが少なからず好きなのだろうと。涼しげな顔でてきぱき働いてても、根っこではスケベなことばかり考えてんですよね?短絡的発想タネイチが、アダルト業界で働く女子社員の奔放な(はずの)性を探ってまいりました。まずは、AV女優専門のモデルプロダクションに務めていらっしゃる女性から。AV女優の日々を間近で見てるんだから、そりやもぅスケベ事には精通してらっしゃるに違いない。都内にある事務所を訪れると、ご本人が玄関先まで出迎えてくれた。
「初めまして。よろしくお願いいたします」
美人だ。マネージャーどころか単体女優でも通用しそうなぐらいに。どうしてこんな女性がアダルト業界に足を踏み入れたんだろうか。
「前職はホームページの制作や管理をフリーでやってたんですが、3年前にここの社長に仕事を依頼されたのがきっかけですね」
その仕事は、AV女優さんたちの公式ブログの管理だった。
「それで、彼女たちと頻繁にメールでやり取りをするようになって、免疫が付いたっていうか、なんかいい子たちだなって思って」
それが縁で、現在の社長に誘われ、AV女優のマネージャーをすることに決めたらしい。マネージャーというからには、毎日のように撮影現場で男女のまぐわいを見てるってことか。濡らしながら眺めてるってことか。と思いきや、実際には現場に入ることはなく、女の子を送り届けてからはたいていメイク室で待機しているのだそうだ。でも声が聞こえてくれば疼きますでしよ?待機室で何してんすか?
「前もって渡された台本の内容を知ってるので、いまごろは3Pだなとか、フェラ抜きだなとかいうのを頭の中で追ってます」
フェラ抜き。そんな言葉がへーキで出てくるところがありがたい。これはプライベートでも相当なやり手と見た。
「そうですねえ。電マは持ってますけど…」
なに!
「彼氏にいったん取り上げられたんですけど、今は戻ってきてタンスの奥にしまってます。使ってないことにして」
実際は週末になると引っ張り出しては、ご自身であてがっているそうな。そりやAV業界の周辺にいれば機器も使いたくなりますわな。
「つまりオナニーですね」
「フフフ、そうですね」
「ちなみにどれくらいの頻度で?」
「週一ぐらいですね。お休みの日だけ。まあ、彼氏がいるときに使ったりもしますけどね」ちなみにバイブを使った経験はまだないらしいが、「超気になってます」とのこと。そりやねえ、マネージメントしてる子たちはくわえ込んでるだもんねえ。自分だって知りたぃよねぇ。
「そっち系は3 0代になってから貪欲になってきたんですよ。昔はどうでもよかったんですけど」
「今まで取り入れたもので、これは良かったみたいなのは?」
「やっぱり、電マの功績は大きいですね。ラクに早く。必需品です。まだ持ってない子にはオススメ」
AVメーカーの広報と聞くだけで、セックス大好きな女性を相像するのはワタシだけでしようか。皆さんの頭の中にも同じようなイメージがあるのでは?
先方の会議室で話を聞かせてくれた彼女の写真をご覧あれ(次ページ) 。外見だけではわからないけど、内に秘めたスケベを感じさせますね? ワタシの思い込みかどうかチェックしていきましよ。
彼女は都内の大学を卒業後、印刷会社、歯科助手を経たのち、現在の会社に入社し、以降AV一筋で今年8年目に突入した。
「就職誌にAVメーカーとは書いてなかったんですよ。広告代理業みたいな感じで。で、面接のときに目の前にドーンと置かれて『こういうの平気?』みたいな。で、面白そぅだな一と思って」
入社当時はイラマチオやディープスロートの意味すらわからなかった元歯科助手さんだったが、ーカ月もしないぅちに撮影現場に行かされることに。セックスできる人たちの存在に驚いたという。
「他人のエッチを観て興奮しなかったですか?」
「なかったですね」
「ホントに?」
「ええ、AV作品もそぅですけど、気持ちを入れて見ないんで」
猫かぶってないですかね。
「でも好みの男優さんがいれば抱かれたくなるでしよぅ」
「ないですね。この前も知り合いの男優さんがいきなり全裸で私の隣に座って、いきなりチン毛抜き始めましたからね。私は空気のような存在なんですよ」
う一む。広報さんがあれよあれよと脱がされて、女優を差し置いて悶えまくるようなのがいいのに。そうあってほしいのに。んじゃ、いきなり核心だ。
「オナニーとかは?」
「えつと、中学のときにしたことあるけれど、いつも途中で寝てしまうんですよ。だから最近はしないですね」淡白な方だ。いいのか広報さん、そんな答えでウチらの夢を壊していいのか。
彼氏さんとのプレイも、気がないときはよくエッチの途中で面倒になり、本気の熟睡に突入することも多いそぅな。
「途中で寝るなって言われますね。寝ちやぅとなかなか起きないし、起きても機嫌悪いんで。反省してます」
最後に、これまでの体験人数を伺ったところ、「お付き合いした男性の数の倍ぐらい」とのこと。でもお付き合いしてない人との情事の詳細は教えてくれないんだなこれが。自身の広報活動は得意じやないのかも。
バイブやローターを製作する会社に女性社員が勤務している絵をイメージしてみよぅ。
「おはよぅございます。あっ、このバイブ太くていいね。こっちのローターは震え方が甘いかも」
スケベに決まってます。先方の会議室でお会いしたのは、3 9才の独身女性。なんとこの方のお仕事、事務だけではなく、先ほどのイメージまんまの業務も含まれてました。試作品を使ってみて、女性ならではの意見を伝えるのだ。
「いわゆるモニタリングですね。社内では私一人だけです」
ということはですよ。会社の男性たちはアナタがあんなイボイボやこんなデコボコをあそこに突っ込んでることを知ってるわけですよね。楽しそう、この会社!
にしても、こんな快楽三昧なお仕事に、どういう経緯で就くことになったのか。
「求人情報誌ですよ。若いころデリヘルやってて実際にオモチャを使ってきてたので、慣れてるし、ここならお役に立てるんじやないかなと思いまして」
ほう、デリ経験ありですか。なんにも知らない乙女がいきなり実験台になったパターンのほうが興奮できたんだけど、ま、しょうがないか。
「おもちやはお持ちなんですか?」
「はい、持ってますよ。若いころはバイブも使ったことあります。普通の人間の男性ではありえない動きをしたりしますので」
「それでイケたりするんですか?」
「私は中でもクリでも大丈夫です。お尻だけは処女ですけど」
メーカーさん、処女と言うてますよ。女性用アナル器具、開発しなはれ。そいつでバージンを奪ってやりなはれ。
おもしろいことにカレシさんは彼女の仕事のことを知らないそうで、カレシがオモチャを使おうとしたときは知識が表に出ないよう気を使うのが大変なんだとか。
「例えばドンキとか行っても、商品の値段とか品揃えが気になっちゃうんですよ。絶対彼氏よりも知識豊富ですから。『こんなのあったよ』って見せられたら『ナニこれ!?』って驚いてみせたり。実際は内部構造まで知ってて、故障しても直せるぐらいなんですけどね」
人には色んな種類の悩みがあるようで。少しだけヌードが載ってる程度の雑誌なら、
女性編集者の存在も不思議じゃない。非エロ記事の担当ってこともあるだろう。
でもこのマドンナハウスはどこまでもエロいす。ヌキどころだらけです。なにせ人妻があっちこっちで脱いでるんだから。
編集部ではたらく彼女は、入社6年目の2 9才。ショートカットのカジュアルなスタイルで幼く見えますが、結婚6年目で、お子さんも3人いるんだと。
彼女は学生時代のころから出版社に入りたいと思っていたが、エロ業界に進もうとは明確に考えていなかつた。
「就職活動の時期にたまたま求人誌に募集があつたので受けたんです。就職氷河期て言われてたし、受かったので抵抗がなかったから入ったという感じです」
入社当初は男性向け実話誌の編集をしていたが、現在は熟女一本に。社内で男性向けグラビア誌を作っている女性は彼女1人しかいない。
「最近は業界全体で見ても、女性は珍しいみたいですね。実話誌の編集をしていたころは、SMの女王様に教えを乞ぅ、みたいなこともやってました。ハリツケ台に縛られたり、まんぐり返しさせられたり」女性部員がまんぐり返しとは、隣の机の男性部員たちもさぞ喜んだことだろぅ。
でもそれは昔の話。今は体当たり取材はやつてない。仕事は、プロダクションが持ってくる熟女モデルの写真を毎日毎日、何百枚と眺め、会議で考えた企画にマッチする女性を選別していく作業がメインとなる。
毎日、熟女の裸を見ていればオカシナ気分にだってなってくるはず。いや、なってください。
「正直言いますと、たま一に、気持ち悪いなって思うこともあります。男女ともに。でも綺麗なかりで固めると面白くないんですよね。やっぱりリアルな人がいないと」
気持ち悪いって。そうじゃなくて興奮とか濡れちゃうとか、そういうことだってあるでしように。
「う一ん、ないですね一。男の人もそうじゃないですか?」
いえ、よく勃起してますけど。
「あ一それが男と女の違いかもしれないですね一。逆に興奮できた方が仕事しやすいと思うんですけどね一」
そうなのか。淡々とやってるんだなぁ。残念だなぁ。でもプライベートはお盛んなんでしょ?
「仕事でカチカチの( えげつない) 写真を撮ってるので、プライベートはAVっぽいのは引きますね。昔はそれなりにはっちゃけてた時期もありましたけど、今はそんな感じじゃないですよ」
確かに3 人も子供がいたら、ゆっくりエロいことを楽しむ余裕はないのかもしれんなあ。

画像掲示板ゴシップメイトのアダルト雇い雇われ板が出会える|出会い系サイト攻略

0060_20171218224139b5f_20191019111117c51.jpg0083_20180111234647d42_201910191111201cf.jpg0084_20180111234648432_20191019111121149.jpg00100_2018011914214379c_20191019111123ee7.jpg201310058_20191019111124527.jpg0062_20180325224818e0a_20191019111118fbc.jpg2_201911260938286ec.jpg1、プチ援交嬢が見つかるNo.1ゴシップメイト『アダルト全般』コーナー
フェラや手コキだけの割り切りセックス、いわゆる“プチ援交”。手軽にさくっとヌキたいときにはもってこいだが、どこで女を探すのが最適か?一般的な援交サイトには、本番までやって2万3万とガッツリ稼ぎたいタイプの女が多いものだ。適当に「手コキでさくっと5千円でどう?」なんて持ちかけても、まず相手にされない。そこでお勧めは、『ゴシップメイト』というサイトの『アダルト全般』コーナーだ。ここ、『雇い雇われ』というタイトルの、仕事を頼みたい人間と職を求める人間が集う掲示板がいくつも並んでいる。
〈条件をあげて雇い雇われ〉
〈今すぐの雇い雇われ〉
〈30・40代以上雇い雇われ〉
〈舐め犬の雇い雇われ〉
仕事の中には性的なサービスも含まれているが、ここに書き込む女は、本番まではやらず、手コキやフェラまでを希望する人間が多い。プチ援交遊びにもってこいなわけだ。
2、画像掲示板ゴシップメイトのアダルト掲示板が援交の巣窟になっている。そのほとんどが「雇い雇われ系」の突発オフ会専用掲示板なのだ。
 雇い雇われ板は、買春したい男と、売春したい女がやり取りするためのもので、性別、容姿、日時、場所、内容、連絡先などのテンプレートに沿って掲示板に書き込み、2人きりの「オフ会」の体で、実際に会って援交するものだ。普通の雇い雇われ掲示板は色々なタイプのエンコー娘たちが書き込んでいるうえ男性の数が多いのでアポ取りが難しいが、ここはデブとババアしかいない。彼女たちは人気がないので競争率は格段に低く、援交で使うお金もかなり安く設定できる。実際、5千円で本番させてくれる女はゴロゴロいる。アポへの最短距離を走るなら、
「雇ってください」と自分から書き込みをしてる女にアプローチをするより、「雇いたい」と待ちの姿勢のほうが正解。書き込みの内容は、「会ってる間は楽しく過ごしたいです。まずはメールでお話できればと思いますので、質問等ありましたら気軽にメールください」などとごく普通の内容でかまわない。
 連絡が来たら最初の返信メールで「3千円で手とか口とかでお願いできますか」とストレートにお願いすれば「いいですよ」と返ってくる。本番でも7千円から1万円で打診すれば大抵OKの返事がもらえるはずだ。
3、名前のとおりデブ女とセックスすることを目的にしている。興味ない人もいるだろうが、男なら誰でもいいからヤリたいときがあるもんだ。デブ女本人、ヤリたい男、共に募集をかけてるが、オレは『待ち』作戦でちょこちょこ食えてるのでそのやり方を紹介したい。
 テンプレート(日時、場所、会いたいタイプの人など)があるのでそれどおりに募集書き込みをするのだが、そこの備考欄にこの文言を入れておくのがポイントだ。 備考:コスプレ好きなんでそっち方面が好きな人と会いたいです。コスだけで●番なしでもいいですしw
 コスプレ好き。ただセックスするより楽しそうと思わせるための言葉だ。さらに、本番は二の次という余裕を見せることで、デブ女が食いついてくる。他の男は『BMI33以下の人』とか『2、3回できる人』などの細かい指定をしているのが多い。これではいくらセックスしたいデブ女でも、二の足を踏んでしまうものだ。実際、オレぐらい緩い募集のほうがメールを送りやすいと女性に言われたことが何度もあるし。会えさえすれば、元々はセックスに飢えまくってスレを覗いてた女なので、何の策もなしにヤレてしまう。
4、サイト内、アダルトオフ板に『雇い雇われ』なるスレッドがある。言い換えればエンコー相手を探す掲示板だ。雇いたい(=これから女を買いたい)と書き込むもよし、雇われたい(=誰かワタシを買って)投稿にメールをするもよし。出会い系のエンコー女と何が違うのか、
会ってみればなんとなくわかるはずだ。普段はエンコーなんかしない女が本当にカネに困って手を出している感がありありで、「今日だけ泊まるとこないからホテルで寝ていいですか?」などと言って一晩中ヤラせてくれることもある。いわゆるお仕事エンコーとは少し性質が違うのだ。
「京都雇い雇われ」などと地域を限定したスレが多いので、夜中急にヤリたくなったときにも相手を探せるのがウレシイ。
掲示板の主旨はシンプルだ。終電を逃した人が現在地と目的地を書き込み、車で送迎してくれる人間を募集するというものだ。ただし、掲示板のルール上、書き込み主は性別を表記できない。書き込みを見つけたクルマで送ってあげるのだから手コキぐらいはしてもらいましょう
5、アダルトオフなる掲示板の中にあるスレッドです。たとえば女性が、
〈品川にいます、軽く会える人~〉
 などと書き込んでいたら、即座に反応します。
〈オレも今品川だよ! どこらへんにいる?(メアド)〉
 たとえそのとき自分が渋谷にいようが新宿にいようが、池袋にいようがこう書き込みます。掲示板のルールとしてはあくまで『たまたま近くにいたら会おう』ってことみたいですが、バカ正直にやる必要はありません。離れていても「近くにいる」と伝えるのが唯一にして最大のポイントです。
 さて、これに返信がきたら会いにいくまでです。たとえばこの場合、自分は池袋にいたとしましょう。電車で30分弱の距離ですが、気にする必要はありません。『ちょっとトイレに行ってから向かうね』とか、『コンビニでお金おろしてから行く』など適当な理由で時間稼ぎをすればいいだけです。
 そして無事に合流したら何をするかと言えば、カラオケやネットカフェに入るのが多いですねで、「ちょっとだけギュッとしていい?」の一言の後、チュッチュレロレロと進めていくだけです。
 この掲示板に集まってる女はエロいことありきの出会いであることを理解した子のみなので、断られる可能性は限りなくゼロです。フェラもエッチもぜんぜんできます。
6、近ごろは、出会い系を使ってプチ援交オンナを探しても、ケバい娘ばかりでウンザリだ。もはやプチ=素人っぽい子という方程式は成り立たなくなっているのかも。
 でもご安心を。こちらのスレッドにはいまだ顔を赤らめながら手コキをしてくれるウブ娘がたくさん生息している。2ちゃんねるよりさらにユーザーのオタク色が強いためだろう。ちなみに手コキの相場は3千円~5千円だ。

アダルト系SNSsexiは不倫願望者たちの出会いがいっぱい

aqc082_20190805201739610.jpgaqc083_20190805201741b8d.jpg
mixiの物々交換コミュニティで貧乏ギャルをゲットする
1、Tシャツにジーンズ姿のヒトミが現れた。正直ルックスは中の下だが、あどけない雰囲気は悪くない。「初めまして。じゃ、これが約束のお米ね」
「ありがとうございます!本当にくれる人がいるなんて思わなかったです」
うるんだ視線でオレを見つめる彼女。その後も同じ手で貧乏な娘を漁り続け、現在までに喰った女が半年で7名。とにかくみな極貧で、食事と力ラオケをエサに誘えば簡単に乗ってきた。出会い系に飽きた皆様、ぜひお試しを。
2、よく利用しているのは、sexiのコミュ「とりあえず会ってみて飲みに行こう☆」です。  
このコミュのコンセプトは素晴らしいのひと言に尽きます。  
掲示板でこれから一緒に飲みに行ってくれる人を募集し、実際に酒を酌み交わしてみて、相手がこちらを気に入ってくれれば、セックスもできちゃうというのが暗黙の了解になっているのですから。つまり、出会い系で言うところの、即アポが常態化しているような場所なのです。これを使わない手はないでしょう。 掲示板には女性の書き込みが滅多にないので、必然的に男性側は待ち作戦をとることになりますが、「今日の夜7 時、新宿あたりで飲みに行ける人メッセください」のような、ありきたりな書き込みでは、 やはり反応も今ひとつです(実際の掲示板も、こんなシンプルな書き込みばかり)。  僕の場合、気をつけているのは、とにかく女性に安心感を与えることです。いくらエロ系SNSの女とはいえ、ロクにメールのやり取りもしてない男といきなり会うのは勇気がいるもの。まして一緒に酒を飲むならなおさらでしょう。  
女性の不安を取り除くには、こんな書き込みがベストです。 「明日、新宿で飲める人いませんか? もちろんこっちの驕りだよ~。しかも同意もなくギラついたりすることは絶対しません。なんなら最初に免許証と保険証も見せますから(笑)」  
たったこれだけのことで、格段に反応が良くなるならお安い御用でしょう。もちろん、実際に会ってしまえば、ほぼ確実にホテルへ連れ込めますよ。 
3、モテない男女が集まるSNSで、僕のようなフツメンナンパ好きが女をラクに喰うには一番熱いツールです。 狙いはオフ会に絞られます。オフ会専用ページを開けば、事前に何人ぐらい女が来るかなどを確認可能なので、出来るだけ女の子の割合が多い会合を選ぶのが正解です。  
実際、会場に来る女の子は男慣れしていない地味な子ばかりです。だからと言ってブスばかりではありません。ちょいカワ系のサブカル女子や隠れ巨乳といった、宝の持ち腐れの子たちも結構な確率で紛れ込んでいるのです。  
ここは非モテのオフ会。男たちは女の子に話かけようともしないので、たった一度声をかけてあげるだけで女の子は『あ、この人私に話しかけてくれた人だ』と、好感を持ってくれます。  
ただし、あまり積極的に話しかける社交的な男は『チャライ人』だと思われ、毛嫌いされてしまいます。たった一度だけ話しかける。 この程度の印象付けが彼女たち地味っ子には丁度いいんです。一度会話を交わしたら、あとは恥ずかしそうにして、壁際で1人酒を飲み続けましょう。  
勝負はオフ会終了直後。解散する流れになったころ、目当ての女の子に近づき「連絡先を教えてくれませんか」と一言伝えましょう。 あとは後日に2人でご飯の約束でも取り付けるだけ。2人っきりになった時に肉食系全開で口説き落とします。 アダルト系SNSで試行錯誤を繰り返した結果、ようやく自分なりの必勝法を確立できたので報告したい。  
4、主戦場とするのは、アダルトSNSではsexiと人気の面で肩を並べる「ixim(裏ミクと読む)」だ。  
ここでまず、自分と同じエリアに住む女を検索し、それぞれのトップページに片っ端から飛んでいく。 チェックすべきは、その女が加入している全コミュニティの中で、非エロ系のものがどれだけの割合を占めているかだ。「美術館が好き」だとか、「タイ料理が最高」だとか、とにかくアダルトの匂いがまったくしないコミュが3割以上あるなら合格、アポ率はかなり高いと見て間違いない。  
ヤリマンには、男と寝ることで精神の安定を図るメンヘラ気質な負のタイプと、セックスを純粋なレクリエーションとして楽しむ正のタイプにわけられるが、この非エロコミュ女子は後者に属する連中なのだ。彼女たちの中で、セックスは美術館やタイ料理と並列であり、恋愛感情とは分離している。まさに天性のセフレ体質といえよう。 こういった連中への正しいアプローチの仕方は、同族アピールに限る。こちらは純粋にセックスを楽しみたいだけだし、一度寝たからって彼氏ヅラするようなこともない、ただ、体の相性が合えばセフレとしての関係を続けたいと思っている、そんなスタンスだ。 彼女たちにすれば、自分のポリシーと完全に一致するわけだから、迷惑であろうはずがない。むしろ歓迎してくれる場合がほとんどだ。

ヤフー知恵袋のアダルトコーナーは出会いにつながるぞ|口説き体験談

0078_2018122813325947f_201910221641069a8.jpg0034_20180819094713bbf_20191022164104482.jpg1、初体験のセックスがトラウマでセカンドバージンの女の攻略法
「ヤフー知恵袋」にこんな相談が寄せられているのを見つけた。SnapCrab_NoName_2019-7-28_17-13-30_No-00.png
「彼氏ができても、怖くてエッチできません。もう何年もセカンドバージンです」
セカンドバージン。初体験のときなどにトラウマを抱え、その後セックスができなくなってしまった状態のことだ。AVの影響で乱暴に扱う男が増えたせいか、最近はこういう女性も多いと聞く。どこか心がざわついた。本物の処女にはかなうまいが、セカンドバージンってのもかなりのウブっ子に違いない。優しく開発してやれば肉欲のトリコになっちゃうのでは。
ヤフー知恵袋では、ヤフーのメアドをそのままハンドルネームにしている初心者が多い。試しに直メを送ってみるか
〈前の彼女も同じセカンドバージンでした。勝手ですがユミさんのご相談にも乗れると思います〉
やってみるものである。これがまんまと届いてしまったのだ。
〈メールありがとうこざいます。文面からアツシさんの人柄が想像できて、嬉しかったです〉
そこからはー日ー通ほど、他愛のない雑談をくりかえした。彼女はユミ、21才。セカンドバージンになったのは、中2のときの初体験があまりに痛かったからだとか。
バカモン、最初は誰だって痛いんだよ。
こうしてメールは続いたが、なかなか会うには至らなかった。なにせ俺は東京、彼女は静岡在住なのだ。なにより、会う理由もないわけだし。地味なメール関係は半年も続いた。その間、ユミは新しい彼氏を作ってはエッチできずに別れることを繰り返しているようだった。
のんびりしてられん。このままじゃそのうち誰かにセカンドバージンを奪われてしまう。
さすがにシビレを切らしてウソをついた。
〈今度、仕事で静岡に行くので、お茶でもしましょうか〉
なぜ顔も知らない女のためにここまでの労力を使うのか。我ながらあっぱれな性欲と言うしかない。〈本当っなんか恥ずかしいけど、待ってます〉
待ち合わせの駅前にユミはやってきた。常盤貴子を崩しに崩したような女だ。薄幸そうな表情が、いかにも性の悦びを知らぬ女っぽい。だからこそソソる。しかし喫茶店ではメールの延長のような会話しか交わせなかった。共に緊張し、小一時間でさよならとなってしまったのだ。
結果的にはこれでよかったのかもしれない。一度の対面は2人の関係を変え、以降のメールや電話でのやりとりがすごくスケべになった。
「二人エッチできないなら一人エッチしなくちゃね(笑)」
「そうですね」
「今ちょっと触ってこらん」
「はい・・」
痛みを恐れるセカンドバージンでもさすがにクリちゃんは感じるようで、テレフォンセックスで「たっぷりツバをつけて撫でてこらん」と誘導すれば、ユミは悶えながら従った。こうなれば、後の展開のため、セックスそのものの恐怖心も取り除いてやりたいところだ。といっても電話上の話だが。「じゃあ今日は俺のチンチンを触ってみようか」「はい・・」
「どうっどんな感じ?」「大きいです」
「じゃあ脚を開いて。入れるよ?痛くないからね」「はい」
「ほら入ったよ。痛いっ」「ううん、大丈夫です」
当たり前だ。テレフォンセックスなのだから。
何年もヤッていないと、処女と同じ感覚
前回からひと月も置かずに、また俺は静岡へ向かった。電話でのエッチを繰り返した後で、「男の力ラダに慣れる練習をしよう」と提案すると、ユミはあっさり受け入れてくれたのだ。ラブホテルに入り、隣に座って肩に触れる。
「大丈夫?」「うん。ちょっと恥ずかしい」
しばらく撫でた後、今度は二の腕に。
「ココはっ」「大丈夫・・」
さらに首に手を伸ばし、だんだんと胸に手を。
「ちょっと怖いかも」「少しだけガマンしてみよう」
ボリュームのない胸に優しく触れ、30分ほどその状態をキープ。だいぶ慣れてきたところで、勃起したチンコを見せる。
「ちょっとだけタッチできるかな?」
無言でチンコに手を伸ばし、一瞬触れてすぐに離した。今日を逃したら後はない。オレは思い切ってパンティの中に手を入れた。少しだけ濡れているのが確認できる。
「お願い、ゆっくり、ゆつくりしてね」
お望み通りゆっくりとクリトリスを触る。どんどん濡れてきた。
「挿れるね」「痛くしないでね」亀頭をマンコに沿わせ、数ミリずつ侵入していく。なかなか入っていかない。これがセカンドバージンか。なんとか亀頭まで入れてわずかに動かす。ユミは声も出さず、顔を手で覆っている。
「痛い?」「ちょっと。でも大丈夫」
マンコはちゃんと濡れているのにキツくしまっている。やはり何年もヤッていないと、処女と同じような感覚になるんだな。結局、感じているような素振りを一度も見ないまま、俺は勝手にユミの腹にザーメン搾り出した。
★これで俺に溺れてくれるのでは、との目論見は当たらなかった。その後もユミは連絡こそしてくるが、求めるのはいつもテレフォンセックスなのだ。いらんこと教えてしまったか
2、ヤフー知恵袋でこんな質問を見つけた。
〈投稿者ID:○○○/旦那とのセックスが無くなってもう8年以上経ちます。完全なレスに、どうしたものかと悩む日々。何か気を紛らわせる趣味を持ちたいと思うのですが、お勧めを教えてもらえ
ないでしょうか?〉
んなもん、不倫に決まってるじゃん…。ひとまず、挑発するような回答をしてみる。
〈諦めたらそこで終わりだと思います。できる努力は全てしましたか?〉
 投稿者から返信が。
〈ご指摘、ありがとうございます。ただ、旦那に対して自分自身、もうそういう気分になれないというのも本音で〉
旦那に飽きたレス女。狙わぬ手はない。そこで目を付けたのが、投稿者IDだ。デフォルト設定のままなら、@マークの前にIDを入れれば、本人のヤフーメール
(○○○@yahoo.co.jp)になる。ダメ元でメールを送ってみることに。
〈ヤフー知恵袋に回答させていただいた、山村と申します。不特定多数に見られる場では言いにくい気持ちもあると思います。よかったらメールで相談に乗らせて下さい〉
〈初めまして。メールありがとうございます。旦那に対して愛情はあるんですが、話せば長くなりまして〉
面白くなってきたぞ!彼女はノリコさん、静岡在住で現在42才。8年前、2人目の子供の出産と同時に、3人目はもう作らないと決めて避妊手術をしたのだが、その直後より旦那とのセックスがなくなったそうだ。つまり、彼女の悩みの元には、せっかく中出しオッケーな体を作ったのに…ってのがあるわけだ。そのあたりをやんわりと掘り下げて聞いていくと、核心にたどり着いたのか、彼女からこんな告白が。
〈実はこの8年で、10人以上の男性と不倫しました。その全員の精子を中で受け止めました〉
これ、心の堰が切れたと見ていいのでは。もっとしゃべりたくなっているのでは。このタイミングを逃す手はない。
〈こうやっていろいろ話を聞いているうちに、ノリコさんにお会いしてみたくなってきました。こちらから静岡まで向かいます。一度、ご飯でもどうでしょうか?〉
これが、私の不倫体験のアポまでの流れだ。本人は、どこにでもいるような生活にくたびれた感じの四十女だった。食事が終わって「私の泊まるホテルへ来ませんか」と誘ってやると、かなり照れ臭そうにしていた。が、いざセックスでは、貯め込んだ性欲をむき出しにして、積極的にモノを受け入れてくれる。もちろん中でたっぷり発射させてもらった。
3、ヤフー知恵袋にアダルトカテゴリがあることはあまり知られてない。ここでは男女入り乱れて様々なエロ質問をしている。
『男性がオナニーするときって何を考えてやってるの?』
『ワタシの胸、評価してください。自信はないのですが…(おっぱい写真添付あり)』
まあネタとして投稿してる女も多いのだが、実はオレ、ここで質問していた女2人とリアルに会ってセックスをしたことがある。流れは以下のとおりだ。先ほどの〝ワタシの胸…〞の投稿は結構多い。それに対してこうコメントする。〝素敵です。小さいとおっしゃいますが、男性にとってちょうどいい、形のキレイなお胸ですよ〞褒め殺しってヤツだ。そのコメントを入れたあと、すかさず質問者の女性宛にメールを送る。『僕は痩せててひょろっとしてるのがコンプレックスです。こんな体型ってやっぱりヒキます?(上半身の写メを添付)』知恵袋の投稿者IDは、そのままヤフーのアドレスと同様のことが多い。投稿者IDが「●△×」だったら、メアドは「●△×@yahoo.co.jp」ってな具合だ。添付した写真は自分の上半身で、多少腹筋が割れてるのがわかる程度のものだ。これに結構食いついてくる女が多い。『ぜんぜんいいよ☆てか細マッチョじゃん』とかなんとか返ってくるのだ。聞けば、他の男はチンコとかブサイクな顔の写メを送ってくるのが多いそうで、そんなのはそのままゴミ箱に入れてしまうのだとか。しばらくお互いの性体験(おっぱいが小さいとバカにされた話や、ひょろっとした男はキライと言われたなど)メールをやりとりし、住まいが近ければ『遊びに行こうよ』と誘い、遠い場合はエロ写メ交換やテレホンセックス相手になっていく。遊びに誘う場合は、すでにメールの段階で下ネタに走ってるので、『酒が入ったら襲っちゃうかも(笑)』くらいのことを言っても問題ないし、その誘いでのこのこ出てくる女は楽勝でヤレてしまう。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます