アプリ - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方
2018/09/16

電車やバスやサウナでぐっすり快睡眠するグッズ・アプリ

0089_2018091613462610a.jpg 0090_2018091613462703f.jpg 0091_2018091613462870d.jpg 0092_2018091613463050e.jpg駅に着いたら電車が動いてない。家にいれば良かった!
自分が使ってる路線(JR、私鉄)を登録しておけば、遅延や運行中止などが発生した際にメールを送ってくれるサービスだ。朝起きていちいち遅延情報をネット上で確認するのは面倒だが、これなら自動的に送られてくるので非常に便利だ。
電車の隣の席にクサイおっさんが!
電車や職場など、身の回りにひどい口臭や加齢臭の人がいると何も手につかなくなる。そんなときは活性炭入りのマスクが効果的だ。この種のものは見た目がゴツくて黒いものが多いのだが、こいつは普段使いに耐えられる見た目なので、どんな場面で使っても違和感はない。
眠いときは電車の乗り過ごしが心配ちゃんと眠れば乗り過ごしの危険がある。今どのへんかうっすら気にしながらウトウトするのもなんだかツライ。到着予定時刻に合わせてタイマーを設置する手もあるが、いちいち調べるのは面倒くさいし、ちょっとした遅延で早く起こされるのもシャクだ。このアプリは、時間ではなく“位置”を感知し、目的の駅が近づけばバイブで知らせてくれるという優れものだ。
新幹線や夜行バスで、なかなか寝られない
新幹線の車中、目をつぶってもなかなか眠れずあれこれ体勢を変えてもダメ。さてどうしたもか…。首にかぱっとはめる旅行用マクラはいくらでもあるが、出張族に大人気なのがこいつだ。他商品よりも首の固定力に優れているのが人気の理由だろう。
サウナ仮眠室でおっさんのイビキがうるさすぎる
パッと見はよくありがちな耳栓だが、これが目下最強の遮音性能を持っている商品だ。高密度の発砲ウレタン製のため、オッサンのイビキやオバハンの笑い声はもちろん、道路工事や電車の通過音など、耳栓で防ぐのが難しいと言われる騒音でもシャットアウトしてくれる。素材が柔らかいので長時間装着しても耳が痛くならないのも人気の理由だ。
高速バスの隣にうざい男が乗ってきたら最悪狭くて窮屈な高速バスの移動を、金の力を使って快適に
している人間がいる。方法はいたって単純。あらかじめ2席予約しておき、当日1席をキャンセルしてしまうだけだ。キャンセル料はバス会社によって異なるが、大半は当日のキャンセルでもチケット代金の2割程度と比較的安めの設定なため、このような手法が横行しているようだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2018/08/31

暗闇撮影カメラ無音ビデオアプリNo1

0108_2018083112052859e.jpg 0109_2018083112052979c.jpg
可視光を吸収し赤外線だけを透過するフィルターだ(発売元・富士フィルム)。つまりこのフィルターを適当な大きさに切って、スマホのカメラレンズに貼り付ければ、簡単に赤外線カメラの代用となるわけだ。さすがに厚手の布にはまったく歯が立たないものの、かなり薄めの生地なら、服の上からうっすらと下着が透けて見える。効果はバッチリだが、それだけにコイツで知らない女を写せば犯罪となる。悪用厳禁ってことでひとつよろしく。
どんな暗闇でも覗ける暗視スコープだ。その手の商品としては間違いなく最強と言える。灯りのない山中の青姦でもカーセックスでもなんでも来いだ。米軍やNATO軍がコイツを使ってるというだけある。海外サイトでの正規販売は超高価だが、ヤフオクの中古なら35万ほどで手に入る。
市販のデジタル一眼レフカメラの中で、もっとも暗闇に強いものだ。細かい解説は省くが、コイツの感度を示す「ISO409600」は他に類を見ない数値となっている。肉眼でかなり暗いなぁーというような場所でも撮影可能だ。たとえば変態が集まる真っ暗な公園でも成人映画館とかでも、普通にクッキリ撮れてしまう。買うには20万ほどかかるが、レンタル業者で借りれば2泊3日7千800円で済む。アンドロイドの無料の無音ビデオカメラは使い物にならないものばかりなので、使うならこれ。
 撮影時のスマホ画面を設定できる(黒バックやウェブサイトの表示を選べる)ので、撮影していることが周囲にわかりにくく、リモコン撮影までできてしまう。一番売れている無料の無音ビデオアプリだ。撮影アンドロイドの無料の無音ビデオカメラは使い物にならないものばかりなので、使うならこれ。撮影時のスマホ画面を設定できる(黒バックやウェブサイトの表示を選べる)ので、撮影して
いることが周囲にわかりにくく、リモコン撮影までできてしまう。一番売れている無料の無音ビデオアプリだ。撮影時のモニター画面を隠すこともできるし、背景を黒くしたり、ヤフーやらニュースサイトやらのウェブページに設定することもできる。
2018/08/26

写真袋と合言葉で素人エロ写真の流出する危険なアプリ

201508110.jpg 201508111.jpg『写真袋』は、スマホで撮った写真をネット上に保存するアプリだが、「合言葉」さえ判明すれば他人のフォルダも覗けるため、素人エロ写真の流出が後を絶たない。
この掲示板は、合言葉探しマニアたちの情報交換場で、新しいところでは「伊香保温泉女子会スナップ」、「エリート営業マンのハメ撮り」などが掘り当てられている。
2018/08/07

即ハメ率が妙に高い女性と出会えるサイト・アプリ

0063_201808070928530c3.jpg 0064_20180807092854647.jpg
テレビCMでもやってた、「売ります・あげます」でおなじみのジモティー。意外に知られていないが、実はサークルメンバーや飲み友募集などのコーナーもある。僕はここのサークルにいくつも所属しており、オフ会にも頻繁に参加している。たとえば『同世代オフ』とか『既婚者限定で飲みに行きましょう』『恋活サークル』などだ。これ、オフ会(基本的には飲み会)で仲良くなってライン交換して、後日2人で会う、みたいなオーソドックスな出会いももちろんあるのだが、もう一つオイシイ手法が。メンバー数が少ないサークル(もちろん近隣で探す)の女性オーナー、もしくは参加女性に、ジモティー内でメールを送りまくるのだ。せっかくサークルを作ったのに盛り上がらず凹んでるオンナと、サイト内で仲良くなってしまうわけだ。そして『オフ会の前にサークルの盛り上げ方を話し合おう』みたいに持っていき、アポイント。女の年齢は20代~40代と幅広いものの、皆さびしがり屋でであることは共通していて、即ハメ率が妙に高い。僕が見つけた穴場なので、あまり荒らさないでくださいね。
『25才以上限定!大人専用の出会いの場』がコンセプトのSNSである。有名なブログ会社の「アメーバ」が運営しているということもあってか、ユーザー数はかなり多い。オレが注目したのは、さすがは大人専用のSNSと言おうか、不倫をテーマにしているコミュニティが豊富にあるところだ。
『不・倫・関・係☆作りたい』
『決して認められない恋してますけど、ナニカ』
『immoral Love』
『結婚しててもトキメキたい』
どのコミュニティも、基本はユーザー同士が掲示板(全員が見れる場所)に書き込むスタイルで交流する。「新鮮な出会いが欲しいです」「婚外カノジョと11ヵ月目を迎えました」といった具合に。
なもんで、まずは掲示板で目星を付けた女性ユーザーと何度かやりとりし、個別のやりとりへ誘うのが王道パターンだ。不倫系コミュニティなんかに入って入る女は普通に食い付いてくるし、アポのハードルも低いと断言する。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2018/05/27

出会える掲示板・合コンアプリ

201506105.jpg 201506106.jpg
このSNS、まずは誰かに招待してもらわねばならないので、ネットで「sexi 招待」と検索し、それ用の掲示板を利用して登録してもらいたい。sexiはアダルト版のミクシーと考えてもらったらわかりやすいだろう。『セフレ募集』とか『願望ある人集まれ』みたいなコミュニティがたくさんある、変態男女の集まるサイトだ。で、このコミュニティである。エロ全開のsexiにおいて唯一「これから飲もうよ」的な募集がなされている場だ。俺の場合、女と飲みたい、あわよくばそのままヤリたいと思ったときにすかさず書き込んでいる。
『こっちはリーマン2人組で新宿で飲んでるよ~。もちオゴるから近くにいる人まずはメールちょうだい!!』
なんてことない書き込みだが、こっちの顔写真(加工などしなくてもいい)を載せておくだけでちょこちょこ反応がくる。そのまま女グループと合流し、飲むまでだ。サイトの特性上、その後の展開も驚くほどすらすらいける。やってくる女性二人組や三人組は、sexiで知り合った友達関係みたいなのが多い。彼女たちはこのコミュニティで飲み友やエロ友を探している。まあ変な意味での積極性を持った人たちだ。俺みたいに男二人組で募集をかけてるのが少ないせいか、けっこう会えている。ライバルは多いけど「これから飲んでエッチしよ~」みたいなキモイ書き込みよりは断然印象がいいのだろう。おごりたい男と、おごられたい女をつなげることがコンセプトの出会いアプリだ。ポイントは何と言っても、アポまでのハードルの低さだろう。私は50のオッサンだが、アプローチにテクニックはいらない。「今晩、おごってあげるよー」
こんな適当な誘いメールを5人ほどに送るだけで、1人は返事をくれる。
「おごってほしいです。地元、町田なんですけど来てもらうことできませんか?」
「大丈夫だよ」
「9時でいいですか」
「大丈夫だよ」
まあこんな感じだ。そしてもちろんいざ会った後は、お持ち帰りセックスを目指す。が、私は今のところ、セックスまでいったことはなく、毎回単純におごってお終いだ。そういう意味ではカモにされてんのかもと思ったりもするが、それでもさくっと女とのアポが取れるこの便利さは悪くないとは思う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2018/01/22

フリマアプリを悪用したクレジットカード現金化

0074_201801222313218f3.jpg 0075_20180122231322407.jpg
そもそもカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為だ。これを請け負う業者が逮されたこともある。たとえば業者に頼むとどうなるか。家電量販店などで1カメラ(商品は指定される)を購入するよう言われ、その業者が手数料を引いた9千円で買い取る。依頼者からすピング枠1万円が9千円の現金になった格好だ。このカード現金化を個人でやっているヤツらがいる。『リル』といったフリマアプリを悪用して。手口はこうだ。
1─メルカリのアカウントを2つ用意する(A、B)
2─アカウントAで適当な商品を出品する(例、石鹸4万円)
3─アカウントBで、その石鹸を購入。支払いはクレジットカードを選択
4─アカウントAの元に売上金4万円が振り込まれる
つまり適当な商品を介しただけで、4万円のショッピング枠がまるまる4万円の現金に変わるというわけだ。WOWOWやスカパーといった有料放送を契約しないで不正にタダで視聴するためのグッズが市販されている。「万能チューナー」なんて名称で売られていることが多いだろうか。さすがに普通の量販店には並んでいないが、秋葉原の電気屋などにはけっこう置いてある。用途は明らかに違法だが、機器を販売すること自体は規制されていない。
「スカパーやWOWOWに対応」
「無料チューナー」
平気でこんなことを謳っているばかりか、中にはかなり大胆なPRをしている店もある。なんと、店内のテレビに万能チューナーを繋いで実際に映像を流しているのだ。そしてそこには張り紙が。
「電波・研究実験」
視聴しているのではなく研究なんです、という建前だ。ただし研究なら有料放送を契約をしないまま受信してもオーケーかというとそうではなく、違法は違法だ。まかり通っているのは、何となく見逃されているのだろう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2017/12/16

ライン出会い系アプリの初心者の見つけ方

0050_2017121616224746b.jpg 0051_2017121616224816f.jpgライン出会い系アプリの代表とも言えるID交換掲示板に、出会い系サイト初心者が目立ってきた。そんなごく普通の女の子たちを効率よく見つける方法をお教えしようと思う。
サイト選び
これまで一人勝ちが続いていた「ヒマトーークα」にID規制が入ったせいか、女の子たちが色々な掲示板サイトに分散してきたようだ。
 現在のおすすめは
●いまとーく
●東京限定かまちょ!
●ちゃっとでカマチョ
●友達for カカオトーク
●ひまなう!あたりだ。ヒマトークαも数は減ったとはいえまだ人気が高いのでチェックするべきだ。
業者との見分け方
 残念ながらどのサイトも出会い系へ誘導する業者の書き込みは存在する。基本的にモザイク無しの可愛い子や美人は業者と考えていいが、中にはリアルな素人風写真を使い、「ひま~」や「とりあえずお喋りしたい」などのそっけない文章を載せる業者もいるので判断は難しい。
 とりあえず友達登録して、チャットでやり取りを続けていけば、3~4回目ぐらいにURL付きの文章が送られてくるのでわかるはずだ。
初心者の見つけ方
 初心者の女の子はプロフ写真を載せない子が圧倒的に多いので、あえて写真ナシの子に絞ってアプローチするのも手だ。30代後半以上のリアルな写真を載せている女も、がっついて出会い系を始めた可能性があるので狙い目だ。
流行りのFacebookアカウント連動型のアプリだ。システムを簡単に説明すると、
●毎朝8時に一度だけ、同じ在住エリアの女と自動的にマッチング(相手の顔写真とプロフが表示)される。
●互いが「好きかも」ボタンを押した場合のみLINEと同形式のチャットに移行できる。ただし「好きかも」ボタンは1回押すごとに300円必要(毎日のマッチング、チャットのやり取りは無料。女はすべての機能がタダ)。
 マッチングは1日ひとり限定で、しかも一部の機能は有料。一見すると使い勝手は悪そうだが、現実はまったく逆だ。女側の心理を想像してみると理由がわかるだろう。
 まず前提として、300円の課金制度がある以上、よほどの美人でもない限り、「好きかも」通知を毎日受ける女などほとんどいない。つまり、大多数の女にとって、「好きかも」ボタンを押してくる男はそれだけでありがたい存在なのだ。
 さらに1日ひとりというマッチングルールは、いまスルーすると二度とこの人に会えないかもという意識を植えつけやすいため、アリかナシかの微妙な相手でもつい「好きかも」を押したくなる。
 したがって男は毎日ひたすらボタンを押し続けていれば、結構な確率でチャット段階へ移行できるのだ(ちなみに「好きかも」ボタンの料金プランには「1カ月2890円」の定額コース有り)。
 ここまでくればアポまでの道のりはそう遠くない。Facebook系アプリの女ユーザー全般に言えることだが、もともと彼女たちは出会い系ツールとは無縁だった人種であり、だからこそ男の誘いに無警戒である場合が非常に目立つ。極端な話、相手の方から「今度食事でもどうですか」と誘ってくることすらあるのだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?