0094_20190118154316724.jpg 0095_20190118154317164.jpg 0096_2019011815431884b.jpg
モスキー湯の発展系がこれだ。ムレムレパンツで限界まで金玉の痒さをアップさせたら、風呂場に直行。足を目一杯開いて、そこそこ熱めのシャワーをぶっ掛ける。 
正直、悶絶します。気が狂います。大量の耳垢が取れたときの快感はハンパじゃない。でも耳かきや綿棒では十分な効果が得られず歯がゆい思いをしている人は多いはずだ。そこで編みだしたのがこの方法だ。耳穴に液状の樹脂を流しこみ、そいつが適度な硬さに固まったらゆっくりと抜き取る。すると耳垢もろとも根こそぎ取り除いてくれるのだ。 用意するのは特殊メイクの型取りなどに使われる「アルジネート」と呼ばれる粉状の樹脂だ。大きな模型店で売られているが、ネットでも3千円程度で購入でき、一缶で10回以上は使えるだけの量が入っている。まずは下準備として、サランラップで耳周りの髪の毛を覆いマスキング。続いて適量のアルジネートに水をまぜていく。水の加減が微妙なので少しずつ水を足していくといいだろう。適度な粘度になったところで、耳穴の奥にも入り込むように指さきでゆっくりと詰め込んでいく。ここが最も重要なポイントで、しっかり奥まで入れないと耳垢が取れないが、あまり奥まで詰め込みすぎると固まったアルジネートが取れなくなる可能性もある。何度か試してみて自分の耳に合った加減を探り当てていくといいだろう。15分から20分ほど待てばカンテン状に硬化するので、そいつをゆっくりとはがしていけば、大量の耳垢がアルジネートに取り込まれ、スッポリと抜けてくれる。
カテゴリ