アルバイトのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:アルバイト

すぐアソコが濡れちゃうアルバイト店員のエッチ体験談

0003_201906030652211c4.jpg0004_20190603065222a83.jpg0005_201906030652249d9.jpg0006_2019060306522572b.jpg0007_201906030652273f8.jpg
(ゲリラ豪雨に降られて雨宿りしてるふうをしながら)
おねーさんも傘を持ってなくて困ってる感じです?あ、持ってるんで
そうなんだ。僕その先のコンビニにビニール傘を買いに行きたいんだけど。傘に入れてもらったりで
きません?
はあ・・ダメっすかね?
まあいいけどー。あうがどうございますーいえいえ。
スカウトの人ですか?いゃ、雑誌のカメラマン。ちなみにおねーさん、セクシー写真を撮らせてもらったうできないかな?えつ?撮影の条件は、ごにょごにょなんだけど
顔隠していいんだったらOKかな
というわけでホテルへ
なんか、わうど男に対して警戒心が薄そうな感じだよね?
それよく言われるんだけど男の人って怖いのかなー?女子に対してビビってる感じんだけど。ちなみに、初めてのセックー18才のときですょー。
ミクシィで写真を見たらかったんでやうどうしてたら、デカプリオの映画のDVDを借うて、一緒に見てるうちにキスされて、手マンされてセックス
銀行マンのくせに、危ない橋を渡ったんですなあ。
そうだど思うー
ほんとかなあ…ってあれ?パンツにシミが湧いてきてるよ。・・べつに興奮してるわけじゃないんだけど、すぐアソコが濡れちゃうんで
かわいいどころもあるじゃないですか。アップで撮っていいですかーやだあ。ちなみに、今までで一番濡れ濡れになったセックスは?
えー、家をシェアしてる女友達ど一緒によく行っているバーがあったんですけど、そこの店長と、ですかね。
どんな状況?バーはビルの3階に入ってるんだけど、最上階の5階にはお店が入ってないから、非常階段は誰も来ない
それは店の営業時間中?そうそう。他のお客さんもいるのにヤバイでしょ?すごく興奮したわけね。全パンツのシミがさらに広がってきてるし。…だから、濡れやすいんですよ

パンティ生脱ぎアルバイト体験記

0120_20181116004843bb8.jpg 0121_20181116004845af1.jpg
ブルセラショップの潜入ルポやってましたよね。
私、あの記事に載ってた店でアルバイ卜してたことがあるんです。あの店に潜入取材をした力メラマンの沢向さんは、女の子が目の前でパンティを脱いでくれる直販システムに感激してたみたいですが、実勢はあのパンティ、お買い上げ直前まで女の子が履いてたパンティじゃなく、1週間も前に履いて洗濯せずにおいたブツです。「なんだよ、完全なダマシじゃないか」とガッカリした男性読者の皆さん、考えてみてくださいよ・直販するパンティが本当に前日の夜から脱ぐ直前まで履いていたモノなら、女の子側は1日にパンティー1枚分のバックマージンしかお店からもらえません。そんなワリの悪いバイトなんか誰もやりませんって。
『L』は手や口を使ったエッチなサービスなしの純粋ブルセラショップ。女の子にしてみれば、商品となるパンティを売りまくらなければ、稼げないシステムになっているワケです。

海の家のアルバイトは水着ギャルとやりまくり説を突撃体験

0060_20181031190816241.jpg 0061_20181031190817aeb.jpg 0062_20181031190818021.jpg 0063_20181031190820308.jpg 0064_201810311908215a1.jpg 0065_20181031190823080.jpg 0066_20181031190824f91.jpg 0067_20181031190826508.jpg特にイケメンでもなく、それこそどこにでもいそうなあのニーチャンたちが、何故ああも人気者になってしまうのかと。恐らく、こういうことなのだろう。夏は、男女問わず心が開放的になりがちな季節。特に出会いの駆け引きが入り乱れるビーチにおいて、海の家の男は、一種のステータスなのだ。褐色の肌をさらし、黙々と働くワイルドな姿に、オンナたちは思わず見とれてしまうに違いない。早い話、ディスコやクラブの店員が、一般客よりモテる理屈と同じだ。しかし、そんなことはどうでもいい。重要なのは、海の家で働くことができれば、セックスがぐっと身近になるという事実。約8カ月続いた私のオメコ日照りが、解消されるかもという期待感だ。念を抱きつつも、何となく二の足を踏んできたが、今年は違う。オレも海の男になり、水着ギャルの粘膜で気持ち工工ことヤリまくるんじゃ~今年7月下旬、企画をまとめ鉄人社へ。きつついお仕事の担当編集フジッカに今回の趣旨を説明したところ、すぐ準備に取りかかってほしいと快諾を受けた。んじゃ、帰りにでも求人誌しこたま買い込んで、働き口を探すか。
「バカ、遅いよ。アルバイトの募集なんて、どこもとっくに締め切ってるって」
「そうすかね?」「当たり前じゃん。あの手のバイトは人気だし、大半は地元の二ーチャンが独占しちまうんだよ」
…そうかもしれん。すでに海の家は営業を始めてる。どうしよ…。「オレの地元なら多分、なんとかなるよ」ガックリ肩を落とす私に自分の故郷、石川県羽昨市(はくいし)には、毎年大勢の海水浴客で賑わう海岸がある。当然、海の家も多数出ており、地元の友人に頼めば、雇ってくれる店も見つかるかもと。手配をフジッカに任せ、いっ帰宅したその翌日、ケータイに連絡が入った。
『働けるところ見つかったぞ』
『え、マジつすか?』
何でも、フジッカが地元で民宿を経営する友人に協力を仰いだところ、その友人のまたさらに知人が海の家を出店しており、折良くアルバイトを補充しようと考えていたらしい。ラッキー
『で、その海の家には宿泊施設があるんすかね?』
『ないよ、そんなの』
『じゃ、オレ、どこで寝泊りしたらいいんです?」
『友達が、自分の民宿に泊めてやるってよ。タグで』ホッ、よかった。
「じゃ、頑張ってこいよな」かくして、私は東京駅から新幹線へ乗車。ピンキーな野望を胸に一路、頁夏の北陸へ向かうのであった。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます