0008_201810261107119b1.jpg 0009_201810261107124b8.jpg
0008_20181026111039e77.jpg 0009_20181026111037cd0.jpg
確かに、『7並べ』や『大貫民』といったお遊びで満足できる無邪気な女ならば、絵柄などどうでもいいだろう。しかし、カードゲームに自らの生死を賭してしまうギャンブラーにとっては、女性ヌードの絵柄はある種、必然なのである。カードゲームの王道、ポーカー。負けがこんで熱くなった夜中
の2時、親から配られたカードを開いてみる。と、神のいたずらか、手にはスペードのねからキングまでが総麗に並ぶ。ロイヤルストレートフラッシュまで後1枚、スペードのエースだけだ。スペードのエース、スペードのエース・・・・・・、あれは確か、金髪のボインちゃんだったはず。
緊張で口の中をカラカラにしながらのカードチェンジ。震える指先で戻ってきたカードをゆっくりと捲ってみる。まるで男心を知り抜いた悪女にじらされているかのどとく、その裸体は徐々に現れていく。と、見えてきたのは……黒髪のペチャバイ。なんたることか!お前はダイヤじゃないか。しばしばギャンブルは「死」になぞらえられることがある。破滅へと自ら突き進むその快感が、人生における死への高揚に酷似しているというのだ。裸の美女による死への誘い。こんな甘美な世界を演出できるヌードトランプだ。さらに後ろ向きにすると、今度はお尻の部分がバカッ。ムヒヒとばかりにちよこつとシワの位置を変え種押し当てるお尻だ、お尻が乳見えだ(右の写真)。女の股間が見たい。女の尻が見たい。有史以来の男の欲望は、古くは春画、近代に入りエロ本、AVなどによって満たされてきた。