0111_20180709094907bcb.jpg 0112_20180709094908eed.jpg
ぼくが使っているファーストメールネタは、「LINポップ」というゲームです。LINEのスタンプのキャラクターが出てくるため、ハマっている女のコも多いんじゃないでしょうか。というわけで、ぼくのファーストメールは、
「LINEポップやってる人、集まれ~。高得点取る方法、教えるよ」
反応はいいです。もちろん相手は「教えてよ~」とメールしてきますが、「課金です(笑)」とか言ってケムに巻けばいいでしょう。かくして会話が始まればあとは通に進みます。掲示板の女には、自分が今いる場所を書いている人間も多い。「新宿いるけどヒマー」とか「立川住み。絡もう」とか。
あえて所在を明かしている心境は、誰かと会いたいからに決まっている。ダラダラしたメールを好まないだろうこのタイプには、こんなファーストを送るべし。
「近くにいるから、30分で行けるよ」
実際には30分以上かかりそうでもとにかくすぐ行けることを強調する。いったん約束してしまえば、多少遅れようともなんとかなるものだ。以前、掲示板に自分から書き込んで“待ち”を狙ったところ、音声メールを送ってきた女がいた。吹き込まれていたのは「これから2万で」というメッセージだ。どうやら援交らしいが、生声を聞いたせいか、妙に気になる…。もしやこの作戦、男が女に使っても同様の効果を得られるかも?
というわけでオレは、女たちへのファーストメールに、音声メールを使っている。「かまちょ~」などの普通の声かけはパッとしないが、意外に反応がいいのはエロメッセージだ。
「一緒に気持ちよくなろうよ」
「エロチャットしない?」
普通なら気味悪がられてスルーされるのに、音声メッセージなら食いついてくる。面白いです。私がよく狙うのは、掲示板のこんな書き込みだ。
〈ぽちゃ専でヘンタイの人いませんか?(38才)〉
〈私の写メをプリントアウトしてぶっかけ写真を送ってくれませんか(42才)〉
エロ男を引っかけようとする“業者”を疑うような年齢ではない。好き者熟女と見ていいだろう。ではどう攻めるか。まずは当たり障りのない会話を振って…みたいな流れは必要ない。直球でオーケーだ。私は、ファーストメールでいきなり自分のエロ画像を送りつける。さすがにチンコモロ出しまでやると引かれるが、勃起もっこりパンツあたりならウケがいい。かくして繋がったあとは、ごくごく自然な流れで下ネタをかわしてアポに持ち込めばいい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ