エンコーのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:エンコー

  • 2019/12/30セフレの作り方

     趣味エンコー、特技エンコー、経歴エンコーの町田足土がコレクションを披露してくれました。名づけて〝援札ピース〞。行為が終わったあとで、援助してあげたお金を持たせながらピース写真を撮るんだそうです。実に悪趣味ですね。こんなアホなことしてないで、早く原稿書けよと言いたいです。アダルトSNSがブームなのをこ存じだろうか。アダルトSNSとはエロイ目的の人間のみを対象にした、ソーシャルネットワークサービスで、...

    記事を読む

  • 2019/11/16援助交際・パパ活

    これまでの経験上、あの7人はエンコー不可だからこそずっと座っていることになるのだが、さてどうなのだろう。まずはあの自称旧才の学生と話してみるか。ちよいとロリっぽいが、見た目は山本梓に似た上玉だ。あのレベルが買えれば大変なこった。トーク部屋に移動し、待つこと釦秒、彼女がやってきた。「どうも。よく来るの?ココ」「うん、たまに」ウソかホントかはわからんが、よく来てますと言われるよりははるかにいい。マジッ...

    記事を読む

  • 2019/11/15援助交際・パパ活

    1、CMのおかげか、フリマアプリ『メルカリ』が完全に普及した。『ヤフオク』などから人間がごそっと移ってきており、商品の数も種類も豊富である。そこで注目したいのは、以下のポイントに該当する女の出品者だ。●商品は、ミニスカートや学生服など。●若い女が着用シャメを載せ、生足や胸元をさらしてセクシーさを強調。●制服の場合は、「現役のときに使っていました」といった、若いコ好きの男の好奇心をくすぐりそうなコメン...

    記事を読む

  • 2019/11/10援助交際・パパ活

    PCマックスの掲示板にて「挿入なし可、即決できる方優先」というタイトルで、「個人的にはちょっとアブノーマルなプレイに興味があったり」などと本文で言及しながら女のコを募集した。様々なプレイを提示し数多の女性とやりとりするうち、こんな全てをカバーした内容に行き着いた。「本番なしでお願いします!」 早速食いついたのは、普段はOLをしているというCちゃん(21歳)。正直、僕からすればゴールが同じ射精である以上、...

    記事を読む

  • 2019/09/30出会い攻略

    1大阪人の間で有名な待ち合わせスポット「泉の広場」は援交ババアのメッカだ。俺がいつも利用するのは平日の午後6時以降。噴水回りの柱にもたれ掛かって待っていれば、すぐにそれとわかるオバハンたちがやってくる(たまにブサイクな20代も)。ホ別1万程度で買えるので、熟女と安くヤリたい方にはオススメだ。出会い系サイトやホテヘルなどの待ち合わせにも使われているようなので要注意。梅田といえば有名なのが立ち飲み屋で、私...

    記事を読む

  • 2019/08/10援助交際・パパ活

    まずは本題に入る前に出会い系に高級外車に乗っているワリキリ嬢という矛盾娘がいたのでそちらから。 さらに3P希望ならOKという女性はシャイ娘?どんな女がやってきたのか?さて本題です。たとえば1万円で援交する女といえば、デブやブス、ババアにマグロ、不潔、キチガイと相場は決まっている。1・5でも状況はそう変わらないか。2となると、レベルは上がる。出会い喫茶などでは、清潔そうな70点クラスの女子大生でも2万で...

    記事を読む

  • 2019/08/04裏情報

    オフパコという言葉をご存じだろうか。ネットで知り合った人間と実際に会う「オフ会」のオフ、「パコパコハメる」のパコ、合わせてオフパコ。つまりネットで知り合った女と会ってセックスする意味なのだが、ツイッターを使った出会いに限り、この言葉が隠語として使われているのだ。 ツイッターの検索窓に「#オフパコ」と入れてみると、結構な数の女たちが出て来る。いい感じのセクシー写真を載せた、かなりソソる雰囲気の若い女...

    記事を読む

  • 2019/04/18援助交際・パパ活

    4月です。春です。そして春といえば、地方から「東京ってサイコーだわ〜。東京にはチャンスという名の宝石がたくさん転がってるのだわ〜!街に転がるダイヤモンドッ!」と、ボンバヘッドな女子たちが上京する季節でもあります。そんな春。みなさんいかがお過ごしですか? 町田足土です。本日も高田馬場のルノアールでは、不肖ボクこと町田と、佐藤編集長が毎月恒例のテーマ打ち合わせをしています。「町田。4月やな」「4月です...

    記事を読む

  • 2018/12/12援助交際・パパ活

    外貨両替専門店で10万ウォン(約7千円)を入手し、一気に金持ちになった気分のおれは、エンコー掲示板の女にかたっぱしからメール送信した。〝ホ別3でどうですか?〞さすが3のパワー、続々と返信があった。中でももっとも素人っぽかったのはこの子、明菜ちゃんだ。〝仕事が終わるのが6時なので、7時以降でもいいですか?〞〝了解です。サービスしてくれるんなら5万でもいいよ〞〝ありがとうございます。できるだけ急ぎます〞...

    記事を読む

性癖も大胆に暴露できるアダルトSNSは最初は下心を隠して出会いに繋げる

0006_20180515102925e30.jpg 0007_20180515102926e20.jpg01400_201912292137088ce.jpg01410_20191229213709db7.jpg
趣味エンコー、特技エンコー、経歴エンコーの町田足土がコレクションを披露してくれました。名づけて〝援札ピース〞。行為が終わったあとで、援助してあげたお金を持たせながらピース写真を撮るんだそうです。実に悪趣味ですね。こんなアホなことしてないで、早く原稿書けよと言いたいです。
アダルトSNSがブームなのをこ存じだろうか。アダルトSNSとはエロイ目的の人間のみを対象にした、ソーシャルネットワークサービスで、現在、前記のセクシィを始め、約70サイトが乱立する過熱ぶりだ。かくいう私も、アダルトSNSを利用して半年になる。歳は40。顔はプロレスラーの武藤敬司似のひげ面で、お腹もぶっくり。それでも、10人以上の若い女を食えたのだからタマらない。ブサメン中年男でも今すぐテキる、アダルトSNSのナンバテクニックを伝授しよう。ミクシィより格段に使えるはすだ。
アダルトSNSのシステムは、ミクシィとほぼ変わらない。違うのは、エロいコメントや、ヌード写真などを掲載しても許されることくらいだ。当然、ナンバの方法は、自分の日記を読ませつつ、反応の良い女を個々に落とすという戦略になる。今回は、有名サイトのラフスベースを例にお話ししよう。まずは、プロフィールの登録だ。私の場合、年齢は5才サバを読んで35才。写真は、セクシーさをアピールするため10年前はこうでした(笑)と、割れた腹筋を掲載している。続いて自己紹介文。
〈初めまして。自分はSなので、Mっぼい女性を捜しています〉
他人の頼みを断り切れないM女がオチやすいのは、ナンバの鉄則?多少、あからさまでも、自分がS男だとアピールしておくべきだ。登録を済ませたら、検索機能を使い好みの女を探す。試しに〈人妻〉と打ち込み、新着日記を探してみると、約300件ほどが表示されるはずだ(内、女性は10分のー程度)。〈名前・タエコ(女性)タイトル「ジュリアーノとお別れの日」〉
〈名前・れい(女性)タイトル「温泉で」〉
すぐに食い付きたくなるが、エロな日記を書いてる女は避けた方がべター。自意識過剰な上、男どもにチヤホヤされているので、会えない可能性が高い。また胸元の写真を載せ、巨乳をアビールしてるのは、間違いなくポチャでこれまたNG。逆にいえば、こうした要素がないのが、狙い目の女だ。これはという女がいたら、相手の日記を読み、簡単なコメントを付ける。
〈初めまして。面白かったです。これからよろしくです〉〈どもども。こちらこそよろしくです〉相手からレスがあれば、すぐにマイフレに登録(マイミクと同じ)(やりとりが面倒なので、女の人数は20人程度に止めるべきだ。なお、この段階では、軽々しくプライベートメッセージPMを出さない方がいい。むしろ、日常的な内容の方が受けがいい。もともと、彼女たちは、興味本位で、アダルトSNSに登録しただけである。ミクシィのレスが悪かったから、友達に誘われたから。エロい話題はしても、中身はこく普通のコたちばかりだ。対し、他の男が書いている日記(といつか日記自体も書く人間は少ない)は、エロなものばかり。どうすれば差別化が図れるか、火を見るよりも明らかだろう。私の場合、体育会系ということもあり、日記は「爽やかなスポコン野郎」がコンセブトだ。例えば、今日、友達とフットサルをやってきました。もちろん豪快にゴールと言いたいところだけど、バスばっかり(泣)これなうエロを感じさせないし、M女が好むマッチョ系であるということもアピール可能。あとは、仲良くなったコを口説けばいいだけだ。例をあげよう。28才の人妻、冴子は上司のセクハラやこ主人とのセックスレスな日々を綴っていた。〈会社で上司にお尻を触られた。最悪〉サイト本来の目的なら、セクハラかエロに突っ込むべきなんだろうが、それじゃライバルたちと同じ。あえて私はこうコメントした。〈会社ってどんなところなのっ力ンだと、たぶん商社かなあ〉その後も、わざと突き放したり関心の無さげなコメントを付け続けると、しだいに彼女の態度が変わってきた。私のコメントに対し、やけに長いレスが付いたり、〈なんで私には冷たいのっ〉なんてことを言い始めたり。気にしている証拠だ。ここで初めて、PMを送る。〈話したいことがあって長文になるから、今後はPMでやり取りしていいかな〉話したいことなど特にないが、相手は興味津々、二三度、自己紹介的なPMをやり取りした後は、一気に口説きにかかった。結局、このときは、1カ月ほどのメール交換の後、地元・名古屋でアポ取り成功。深田恭子風のちょいポチャ女の身体を堪能した。

読モ女子大生もプチ援助交際・ハイレベルな出会いカフェで割りきり交渉体験談

1_201911161425501c0.jpg2_201911161425511e6.jpg3_20191116142552a39.jpg4_20191116142554a99.jpg5_20191116142555901.jpg6_2019111614255771f.jpg7_20191116142558444.jpg8_201911161426008ab.jpgこれまでの経験上、あの7人はエンコー不可だからこそずっと座っていることになるのだが、さてどうなのだろう。まずはあの自称旧才の学生と話してみるか。ちよいとロリっぽいが、見た目は山本梓に似た上玉だ。あのレベルが買えれば大変なこった。トーク部屋に移動し、待つこと釦秒、彼女がやってきた。
「どうも。よく来るの?ココ」
「うん、たまに」
ウソかホントかはわからんが、よく来てますと言われるよりははるかにいい。マジックミラー越しでは気づかなかったけど、彼女、かなり胸もある。推定Eカップ。買えるの?
「学生なんだよね。大学?」
「ううん、美容系の専門」
3分ほど世間話をしたところで、本題を切り出した。
「ぶっちゃけ外出したいんだよね」
外出とは、要はエンコーしようという意味だ。わかるよね。常連か。今日まだ外出してな部いつてことは、もう他の客には抱かれ済みなのかも。だってこの山本梓似が2万なら普通はほっとかないだろ。
「オレ、ゴム付けるとイケないんだよね」
「じゃあナシでもいいです」
あずあずとナマ本で2万円。ここは迷わず「買い」だが、他の女の.
とも話がしてみたい。とりあえずリリースしよう。男性部屋に戻り、すぐに2人目を指名する。ノンノ系のさっぱりファッションで固めた19才だ。トークルームに呼び出し、ろくろく会話もしないまま「最後まででいくら?」と切り出す。
「最後までってどいういうコトですか?」
「最後まで」が通じないとはエンコーなんて未経験か。君はお茶だけ女なの?「あ〜、私、なめるのも祇められるのもダメなんです」
ダメとは言うけど、言い回しがずいぶんくだけてる。慣れてそうな感じだけど。彼女は続ける。
「でも、フェラとクンニ無しでゴム付けてくれるなら2万で大丈夫ですよ」
うひや、ノンノ系の口からそんな台詞が出てくるなんて。どんな店なんだよ、ここ。
続いて3人目は、20才のフリーターだ。美形のギャルで、きっちり髪の毛を巻いている。この手のお高くとまってそうなタイプは、カラオケで1万円とか言い出すんだよな。
「ねえ、キミいくら?」
ツーショットルームに誘いだし、ずばりと訊ねるや、彼女が困ったような顔を浮かべた。
「これから撮影があるから今日は無理なのお〜」
「撮影?モデルか何か?」午後7時過ぎ、大学生の来店で男性部屋が色めき立った。90点オーバーの読モクラスだ。でも、地味目の友達を連れてるのが気にかかる。2人連れってのはお茶だけってパターンが多いんだが…いやいや、ここは天国、通常のパターンはあてはまらないはず。
ライバルたちがいる中、トークルームに誘い出し、ずばりと切り出す。
「外出できる?」
「ごめんなさい。友達と来てるから、ふたり一緒じゃないとダメなんです」
はぁ。これって3人でメシ食ってパイパイってやつですよね。そんなのいらんいらん。
ところがどっこい、ダメもとで「エンコーしたい」とハッキリ言うと、
次第に彼女の態度が軟化した。「エッチ以外はダメですか?どうしても7千円欲しいんです。先客2人がトーク不成立で戻ってきた。てことはやっぱお茶だけか、あるいは希望額が高すぎるのか。ひるまずトークを申し込み、個室で待つ。目の前にやってきた彼女は、ん、やっぱりめつちやカワイイ!
「さっき2人と話したみたいだけどなんで外出しなかったの?」
「うん、条件が合わなくて……」
だよな。お茶で5千円とかじや合わないよな。オレも無理だし…。
「ゴム付きで2なんですけど…」
は?蒼井優ちゃんがいま何て言いました?
「2じゃダメですか…」
うおおおおっ!買います、買わせていただきます〜

メルカリやツイッターの援助交際で使われる用語・素人娘の多いキスまでのパパ活

3_20191115105741190.jpg4_20191115105742902.jpg1_2019111510573834e.jpg2_20191115105739d57.jpg
1、CMのおかげか、フリマアプリ『メルカリ』が完全に普及した。『ヤフオク』などから人間がごそっと移ってきており、商品の数も種類も豊富である。そこで注目したいのは、以下のポイントに該当する女の出品者だ。
●商品は、ミニスカートや学生服など。
●若い女が着用シャメを載せ、生足や胸元をさらしてセクシーさを強調。
●制服の場合は、「現役のときに使っていました」といった、若いコ好きの男の好奇心をくすぐりそうなコメントが付いている。どんな出品者かはお察しのとおりだ。そう、女を武器にして男に商品を売りつけようとしている連中である。
彼女らは、昔から『ヤフオク』や『モバオク』などにも多かった。対して、男たちは出品情報の『発送元の地域』をチェックし、近場の女に援交を持ち掛けるということを行ってきた。メルカリでも、そんな状況は変わっていない。持ち掛けメッセージには「実技できませんか?」というワードが使われる場合が多い。
2、いま、出会い系でブームの兆しを見せているのが“キスエンコー”だ。
『5分3000円でキスだけ出来る子いませんか?』
男側からこのように募集すると、応じてくれる子がそこそこいるというのだから驚きだ。風俗でも出会い系でも、どんなプレイを許そうともキスだけはNGという子が多いのに。これ、実は発想が逆で、体を売る女にとってはキスは最後のトリデなのだが、ピュア系の女にすれば「キスはエンコーじゃないから堕ちてない」という認識のようだ。手コキもフェラもなく、ただひたすらキスをするだけ。抜くときは自家発電という虚しさではあるが、想像すれば結構イイ気がしないだろうか?
上記のキスエンコーも含まれるが、出会い系での短時間プチが人気なようだ。
『15分で終わるんで、乳揉み2千でお願いできませんか?』
乳揉みや手コキなど、本来なら5千円コースのところ、15分と限定することで格安で成立してしまうのだ。この手の募集にやってくるのは、エンコーしたことのない初心者か、出会い喫茶や立ちんぼでお茶を引いてるブサ女のどちらかに分かれるが、圧倒的に後者が多い。ヒマな時間を持て余すぐらいなら、ちゃちゃっと2千円稼いでしまおうとするのだろう。前者を引きたければ都心部でのアポを避けるのが正解だ。
3、20代のエンコー女は、募集の場所を出会い系からツイッターに移行しつつある。それに伴い援デリ業者も増えているのがツイッター援交の現状だ。だが心配はいらない。出会い系の必須ツールとも言われた“ワクワクDB”のツイッター版が存在するのだ。その名も“ツイ援DB”。
 使い方はワクワクDBとほとんど同じで、ログインしてから調べたい女のIDを入力すると「ホテル入った瞬間にどこかに電話。間違いなく業者です」とか「本物の大学生でした! これでイチゴーは当たりです」といった、生々しい体験談がズラッと出てくる。先人たちの書き込みを参考にして快適エンコーライフを送ってもらいたい。
4、女子、しかもパーティが大好きな“パリピ”系の女の子たちに大受けしているカクテルがある。イエーガーオレンジだ。これはドイツ生まれのリキュール・イエーガーマイスター(アルコール度数・35度)をオレンジジュースで割った飲み物のこと。イエーガー自体が少し前から水商売界隈で人気を獲得しており、そこに目をつけたシャレオツバーなどがこのカクテルを出したところ、女の子でも飲みやすいとい人気になっている。ほろ苦いオトナのお酒として、受け入れられているというか。
しかしこれ、やはり度数が高いだけあり、1杯飲んだだけでグデンとしてしまう女の子が続出している。ショットで販売してイッキ飲みのアイテムとしている店もあり、被害女性が後を絶たない。
難しいカクテルではないので、メニューに載っていなくても注文したらだいたいが作ってくれる。強い女を酔わせたいときのために覚えておきたい。

出会い系PCマックスにスッチー受付嬢お習字の先生が・実際に会ってみた|パパ活体験談

PCマックスの掲示板にて「挿入なし可、即決できる方優先」というタイトルで、「個人的にはちょっとアブノーマルなプレイに興味があったり」などと本文で言及しながら女のコを募集した。様々なプレイを提示し数多の女性とやりとりするうち、こんな全てをカバーした内容に行き着いた。
「本番なしでお願いします!」
 早速食いついたのは、普段はOLをしているというCちゃん(21歳)。test1.jpg

正直、僕からすればゴールが同じ射精である以上、口の上下など案外、些細な違いに思えたりもするが、どうやら金銭目的の女性にとって、挿入の有無には雲泥の差があるようなのだ。
「かしこまりました!ご連絡ありがとうございます。可愛いですねっ♪  個人的に一回ポッキリというのが味気なくて、何回か定期でお会いできる方探してるのですが。車内フェラ5回で10マン(一回2マン)でどうでしょうか? もちろん一度お会いしてから決めていただいて構いませんが」
「定期もちろん大丈夫です! 車内フェラ5回で10も了解です!ぜひよろしくお願いします」test2.jpg
ペッピンさんとはいえ、フェラだけで2マンというのもちょっと不服なので、食事デートもつけていく。
「ありがとうございます。僕、長期出張で広島にいるわけですが、Cさん地元民ですか?広島弁たまらんすw お好み焼きとか地元民のよく行く美味しいお店とかあれば、ぜひ案内お願いします!ご馳走しますよー」
「地元広島ですよ!敬語使ってたら方言まったく出ないんですけどね!笑」
 なんてとりとめもない話をしながら、“やっぱ入れてー”と、思った。
0126_20180423125501797_20191108234710070.jpg0127_20180423125503b3d_20191108234711a54.jpg職業を明記して売値を上げようとするエンコー嬢は、太古の昔からおりました。スッチーや受付嬢などから、丸の内のOLです、ミッション系の女子大生です、なんてものまで、連中は5千円でも多く稼ぐため、あらゆるウソを駆使してくるものです。さて今回のエンコー娘は、実に微妙なソソり職業を書き込んでいました。
『お習字の先生です』
上手い、と感嘆せざるをえません。我々買い手が近ごろのエンコーに辟易してきたのは、いまどきギャルの奔放さのせいです。茶髪、こってりメイク、ストラップちゃらちゃら。こんな女たちにイチゴーも払ってれば、そりゃ飽き飽きするってもんです。そんなエンコー界に忽然とあらわれた、お習字の先生。古風な黒髪の和服美人が、知り合いに見つからぬよう緊張しながらやってくることでしょう。
アポ場所に現われたのは、茶髪、短パンの色黒ギャルでした。あっどうも、と一言だけかわし、すぐにホテル街へと歩いていきます。見事なまでの想像の裏切りかたです。部屋に入り、すかさず2から1・5に値切ったあと、軽くお願いしてみました。
「最近、引っ越したんで、表札用の名前を書いてもらえるかな?」
「え、ああ、…でもウチ、硬筆は下手なんで」
「大丈夫、筆ペン持ってきたから」
「……」
戸惑う彼女に筆ペンを押しつけ、上手下手が如実に表れそうな「佐藤」の文字を書いてもらうことに。先生のお手並み拝見です。先生はなんと左利きでした。ハネやハライに不利な気もしますが、どうなんでしょう。書き上がった文字は写真のとおりです。「藤」の字に何かが足りなく見えるのは気のせいでしょうか。これで腕前は自称二段。これで先生。書道の世界はずいぶん甘いようです。

セックス依存症の風俗嬢やパパ活女の互助グループに男も入れる料理教室|大阪の出会いスポット

0200_20181109162958d52_20190930075000251.jpg0201_2018110916295919a_2019093007500168c.jpg0202_20181109163001cb6_20190930075003be0.jpg0203_20181109163003a07_20190930075004966.jpg0204_20181109163004ba4_20190930075006595.jpg0199_20181109162957eca_20190930074958809.jpg
1大阪人の間で有名な待ち合わせスポット「泉の広場」は援交ババアのメッカだ。俺がいつも利用するのは平日の午後6時以降。噴水回りの柱にもたれ掛かって待っていれば、すぐにそれとわかるオバハンたちがやってくる(たまにブサイクな20代も)。ホ別1万程度で買えるので、熟女と安くヤリたい方にはオススメだ。出会い系サイトやホテヘルなどの待ち合わせにも使われているようなので要注意。梅田といえば有名なのが立ち飲み屋で、私も昔からよく生中(※中生ビール)を片手に串カツを頬張ってたんですが、最近は若いOLグループが増えてきましたね。オッサンしかおらんカウンターにも平気で入ってきよる。あの子らもお金がなくてシャレた店には行けんようになったんでしょうかね。見とったら、なんかワイン飲んどるのが多いみたいやね。そういう店でもワイン出すとこあるんで。私らにすれば、焼き鳥には生中やろと思うんやけどね。もうこの歳なんで私はどうにもならんけど、ウチの社の若い連中は親しげにやってますよ。上司をほっぽりだして、ずっとしゃべっとるし。ええなあと思いますね。ワイン置いてる店いったらなんぼでも出会いあるんちゃいますか。
2淡路島イチの透明度を誇るエメラルドブルーの海と、椰子の木が茂る白い砂浜が人気のリゾートビーチだ。駐車場の高級車率を見てもわかるように須磨などと違って混雑しすぎない上品エリアだけに、ここに来る客たちは近畿圏の富裕層が多く、露出多めで気合の入った水着の女が目立つ。たぶん、やつらは自分をどれだけお高く見せるかに心血を注いでるんだろう。サングラス越しに眺めれば、スキンケアやムダ毛処理に手間を掛けた上質ビキニ姿をそこかしこで堪能できるはずだ。発信基地として最近開発が進んでいるお洒落エリアだ。お洒落な居酒屋からバーまで多数密集していて、会社の飲み会やコンパ、女子会にもよく使われ、週末にもなれば、泥酔した女を介抱する光景や友達に捨てられた泥酔女がパンツ丸出しで路上に寝ている。オススメポイントは、ファッションビル『NU茶屋町』の裏側あたり。飲み会の帰りなどに1人で散策してみれば、かなりの確率で泥酔女に遭遇する。パンツを眺めるのも一興だが、介抱するフリをして声をかけるのが礼儀だ。酒をさらに飲ませてもいいし、タクシー1メーターで近くのラブホにしけ込んでもいい。
3男も入れる女だらけの料理教室
阪急ターミナルビル7階にあるTクッキング。受講希望者はまずビギナーズクラスの月4回1万6800円からスタート。ワンランクUPするとニューベーシッククラスになり、月2回の8400円から受講できるようになる。何の気もなしに通っていると、受講生ばかりの飲み会に誘われた。ポイントは無理に仲良くしようとせず、自然に料理を習うこと。不器用さやおっちょこちょいぶりを女に見せるといい。私は3ほど通い、27才のOL女と親密になれた。結果的に1人としかヤレなかったが、まるで学生時代のような初々しい出会いが体験できた。
4営業先が近いこともあり、仕事をサボるときはいつもこの喫茶店と決めている。理由はただ一つ。このお店、一杯のジュースで何時間も粘り、テーブルの上に頭を乗せて眠っているギャルがやたらと多いのだ。彼女たちの多くは普段はネットカフェ暮らしで、金が尽きればここで時間を潰すらしい。パフェでも奢って話を聞いてやれば、向こうから一晩泊めて欲しいとお願いしてくるはずだ。宿泊代は身体で。言わずとも彼女たちはこのシステムを理解しているようだ。皆さんも親切心で自宅に泊めてあげるのはいいが、くれぐれも未成年にだけはご注意を。
5世話好きマスターのいるニューハーフパブ。このオーナーの人生相談はネットでも人気が高いらしく、わざわざ遠くから悩み相談に訪れる女性客も多い。世話好きマスターの強引な操作で、うまく行けば店内で客同士がエッチに発展することも。

出会い系の割り切り女・高条件で芸能人レベルの女を狙う

まずは本題に入る前に出会い系に高級外車に乗っているワリキリ嬢という矛盾娘がいたのでそちらから。
201508118.jpg201508119.jpg
さらに3P希望ならOKという女性はシャイ娘?どんな女がやってきたのか?
0126_20181207103847f29_20190810135525cbd.jpg0127_20181207103848d93_20190810135527675.jpg
さて本題です。
SnapCrab_NoName_2017-7-27_23-13-25_No-00.png
たとえば1万円で援交する女といえば、デブやブス、ババアにマグロ、不潔、キチガイと相場は決まっている。1・5でも状況はそう変わらないか。2となると、レベルは上がる。出会い喫茶などでは、清潔そうな70点クラスの女子大生でも2万で売春するケースが多々ある。
 モノの価格は、需要と供給で決まる。稀少でひとびとが欲しがるモノは高価になり、掃いて捨てるほどあって誰にも見向きもされないブツは投げ売りされるのが経済の原理だ。エンコー界での値付けも例外ではない。そこで一つ疑問が生じる。
『ホ別5万出します』
 とメッセージを掲載したら、どんなエンコー嬢が釣れるのだろうか。
 あらゆる階層の女が釣れるだろうとは、まず言える。5万という額は、どの魚にとってもオイシイ餌なのだから、そこには需要供給の原理ははたらかず、アジやハマチや深海魚など雑多な魚が群がる構図となるはずだ。
高級魚だけが5万円のエサを食べるわけではない。しかし上の推測で重要なのは、高級魚だけではないにしろ、でも高級魚だって寄ってくるはずだという箇所である。2万じゃとても釣れないような、5万だからようやく目を光らせる女。そんな高級魚とはいったいどんなレベルなのか。
 いや、そもそもすべては推測に過ぎない。5万の条件ならホントにイイ女も釣れるのか?
 新宿の喫茶店で優雅にお茶をしながら出会い系サイトを開き、5万の条件で募集をかけた。
 おっ、さっそくメールが返ってきたぞ。
〈3時過ぎに行けますけどもう決まっちゃいましたか?〉
 こんなにすぐメールが届くなんて、やはり5万のチカラは強大だ。メールには『お好きなタイプかどうかはわかりませんが…』と少し弱気な文字が続いている。
 彼女、ミナ(仮名)の住まいは西東京。とりあえず新宿に来てほしいと返信しよう。ついでに『会ってタイプじゃなかったらお断りします』と、強気に出てみる。なんせこちらは5万も出す立場なのだ。
 普通だったら『じゃあやめとく〜』となるか返信なしかのどちらかだが…。
〈新宿大丈夫です。全部おまかせします〉
 わお、ずいぶん従順だこと。
 数十分後、彼女から新宿に着いたとの一報が入った。あー、迎えに行くの面倒だし、この喫茶店まで来てもらおうか。普通はありえない申し出だけど。
 呼びだしメールから5分。ピンクの上着を来た女性がやってきた。黒髪で細身だ。
 その子がミナだった。
「あの、サイトの…」
「ミナちゃん? いらっしゃい。とりあえず座ってよ」
 プロフィールには25才とあったがもっと若く見える童顔だ。。通常のエンコーではなかなかお目にかかれない上玉なのは間違いない。
ミナは恐縮しっぱなしだ。「すいません遅くなりまして」と繰り返し、「私なんかで大丈夫ですか?」とへりくだる。なんとしてもオレの機嫌をそこねたくないようだ。
「ミナちゃんはサイトで男の人とけっこう会ってるの?」
「いえ…まあ会ったことないと言えば嘘になりますが」
「へえ。じゃあ少ないんだ」
「はい。一回だけあります」
 本当かどうかわからないけど、その1回はなんと、手コキだけで3万くれるオジサンだったそうだ。しかしカラオケに入ってオジサンの気が変わり、未遂で終わったらしい。つまりエンコー未経験じゃん!
「ワリキリはやったことないんだよね?」
「はい」
「じゃあ今回オレにメールしてくれた
のはなぜなの?」
「すごくいい人そうだったので。あと
はやっぱりお金がいいから…」
当初の推理は当たっていた。5万円も払えばこういう子に会えるんだな。
 お次はどんな子がやってくるんだろう。届いたメールはこれ。
〈これから会えますか? 見た目はいいと思います〉
 自信満々の文面だ。ただ、イチゴー嬢にだってこの台詞を吐くヤツは腐るほどいる。期待するのはまだ尚早だ。
 やりとりは進み、渋谷で待ち合わせることに。新宿には友達が多いからどうしても姿を見られたくないそうだ。
 仕方ないので渋谷に向かい、109の前で待っていたら再びメールが届いた。
〈もうすぐ着きます〉
 直後、目の前の女がいきなりオレの肩をポンと叩いた。続けて頭をコクリと下げる。
 ……驚いた。まるでトップモデルのようなスタイルに、きりりとした目元。90点クラスの美女だ。
 彼女の名前は由佳里(仮名)。年齢は23才でエステティシャンをしているらしい。
「今日はお休み?」
「はい、募集を見て、驚いてメールしちゃいました」
「驚いたって?」
「5万円って。そんな人いるんだなって、いてもたってもいられずに応募しました。会ってくれてありがとうございます」
「手とか口って意味?」
 由佳里は首を縦に振った。手コキ1万の経験が何度かあるらしい。
「実は引っ越しをしなきゃいけなくて、その資金が足りなくて…。それでサイトを見てたんだけどやっぱりそういうのは止めようって一度は思ったんですけど、5万円って見て、それがあれば引っ越しできるから正直舞い上がっちゃいました」
 やっぱりこの子も5万だからこそ釣れた高級魚だな。続いて反応したのは20才の女子大生さんだ
〈すぐに行けます。容姿にはわりと気を使ってるので不快な思いはさせないと思いますよ〉
『すぐに』の部分に5万円のパワーを感じる。
 約束のアルタ前に事前に聞いておいた花柄ワンピの子が到着した。サングラスをしてるのでカワイイのかどうかわからない。
「はじめまして。今日はよろしくお願いします。新宿はなかなか来ないので迷ってました」
 ずいぶん丁寧な口調に戸惑いながら「少し話してからににしよう」と喫茶店に誘った。
 ここでようやくサングラスを外してくれたが、うーん、60点レベルか。黒髪ロングで清楚っぽいところは評価できるが。
「今日はまたどうしてメールをくれたの?」
「はい、実は私、海外留学してまして」「へえ」
「おととい帰ってきたんですけどね、ヒマでバイトでもしようかと考えたんですよ。でも面接で落ちちゃって。それで友達からあのサイトを聞いてやってみたんです」
ということは常習エンコーちゃんではないようだ。5万円ってこんな子ばかりを引き当てるよなぁ。
「ウチの親って本当に過保護っていうか。高校生のときは毎日クルマで学校に通ってたんです。で、門限は5時。帰りも迎えにくるんで、門限を破ることもなかなかできないんですけどね」
 ちょっとしたお嬢様のようで、男女交際禁止とか、親を呼ぶときは『お父様』『お母様』と言わなきゃならないなどの家庭内ルールがあるそうだ。
うむ。容姿は60点だけどお嬢さま加点で80点越えだな。こんな子でもワリキリしちゃうってところがすごいよな。
「大学生になったら自立しろって親がうるさくて。お小遣いをもらえなくなっちゃったんですよ。まったくくれないので困ってて…」
「じゃあ5万円じゃなかったら来なかった?」
「そうですね。安売りはしたくないので」
 そろそろ店を出ようとしたとき、ふとお嬢さまが口を開いた。
「あの、私、もうずいぶんしてないんですよ。だからちょっとドキドキしてるんです」
「してないって?」
「その、エッチなことを…」
 彼氏と別れた1年前からそういうのはないと言う。いいぞ、ナイスはにかみ! プラス10点あげちゃう!夜の7時。届いたのはこんなんだなんだ、違うのか。いや、待てよ、また戻ってきたぞ。人を探してるっぽいし、もしかして!
「あの、サイトの子?」
「え、ああ。そうです! ヒロシさんですか? 良かったぁ、会えて」
 そう言って彼女がオレの腕をつかんできた。おっぱいの感触が伝わる。なにこれ、もしかして天国?
 並んで喫茶店へ。横顔は愛梨ちゃんよりも綺麗かもしれないなぁ。カネさえ持ってりゃこんな美女とやれるんだ。
 ユウは深々と頭を下げた。
「時間とってくれてありがとうございます」
「いいよそんなの。でもこんな美人さんが来るなんて思わなかったから緊張しちゃうなぁ」
「私もドキドキしてます。こういうの生まれて初めてなんで」
 …聞きましたか皆さん。彼女、エンコー処女だそうですよ。
「でも彼氏さんとかにバレたりしないかな?」
「カレは昨日から出張でいないので大丈夫です。だから時間も気にしないでください」メールだった。
〈モデルしてたので容姿は良いほうだと思われます(^-^;)正直、5万に釣られました!〉 
21才のOL、ユウだ。元モデルってのはやっぱりいい響きだね。正直なところもベリーグッドです。彼女の仕事が終わる8時に待ち合わせることになった。
 約束の時間、目の前をキレイな人が通るたびにそわそわしてしまう。あの子なんてすらっとしててモデルっぽいな。いや、女優でもいけるよ。ああ、もう来てるのかな。遅れてるのかな〜。
 先ほど通り過ぎたモデル風がまたやってきた。こんな子がやってきたら一大事どころじゃない。お顔なんて、タレントの平愛梨ちゃんそっくりだもん。
 しかし愛梨ちゃんは去っていく。なんだなんだ、違うのか。いや、待てよ、また戻ってきたぞ。人を探してるっぽいし、もしかして!
「あの、サイトの子?」
「え、ああ。そうです! ヒロシさんですか? 良かったぁ、会えて」
 そう言って彼女がオレの腕をつかんできた。おっぱいの感触が伝わる。なにこれ、もしかして天国?
 並んで喫茶店へ。横顔は愛梨ちゃんよりも綺麗かもしれないなぁ。カネさえ持ってりゃこんな美女とやれるんだ。
 ユウは深々と頭を下げた。
「時間とってくれてありがとうございます」
「いいよそんなの。でもこんな美人さんが来るなんて思わなかったから緊張しちゃうなぁ」
「私もドキドキしてます。こういうの生まれて初めてなんで」
 …聞きましたか皆さん。彼女、エンコー処女だそうですよ。
「でも彼氏さんとかにバレたりしないかな?」
「カレは昨日から出張でいないので大丈夫です。だから時間も気にしないでください」え、泊まりでもいいの?
「明日早いんでそれは…。終電くらいまでなら大丈夫です」
「そうなんだ。じゃあそれまでは何回もしていいのかな?」
「…はい。大丈夫です」
 いやはや、もうどういうことなんでしょう。5万円ってだけで美女でもここまで自由にできちゃうものなのですね。
「メールで5万円に釣られたって言ってたけど、お金、大変なの?」
「そうですね〜。やっぱり5万って大きいですよ。んふふ」
「でもエンコーしたことないんでしょ? なんで出会い系に登録してるの?」
「まあ、ちょっと入り用と言いますか…。はい、そんな感じです」
 入り用の中身までは濁された。生まれて初めて体を売らなきゃなんない入り用ってのも想像が付かない。ま、なんだっていいけど。
 というわけでみなさん、どう考えても、安いエンコーを繰り返すより5万で募集したほうが賢いと思いますよ。
出会い系に高級外車に乗っているワリキリ嬢という時点で矛盾娘がいたので会ってみた
カキコミの主は、ホ別2万円のワリキリ嬢、29才です。高級外車に乗っているワリキリ嬢、という時点で論理矛盾のようにも思えますが、本人が迎えに行くと言うのだから信じるよりありません。いったいどんなゴージャスな時間を過ごせるのでしょう。アポ場所の池袋西口で待つこと数分、電話が鳴りました。
「もう駅前にいるからベッカーズに来てくれます?」
着いたようです。ベッカーズ前に高級車は見当たりません。現地には、黒カーディガンに水色スカートの、事前に聞いていたままの服装の女が立っていました。高級外車に乗っていてもオカシくはない清潔感です。
「どうもー。じゃあワタシの知ってるホテル行きましょうか」
あれ? 車に乗せてくれる約束だったのに?
「あの、お車は?」
「あー、はい。すぐそこの駐車場に停めちゃいました」
「へえ。高級外車ってスゴイですね。車種はなんですか?」
「うーん。友達にもらったからよくわかんないです」
車種もわからないまま乗り回しているとは、どこかのお嬢様なのでしょうか。
「いいなー、その車見せてくださいよ」
「でも駐車場に停めちゃったんで」
「近くなんですよね? いいじゃないですか」
「うーん。でも、どこだっけなぁ。忘れちゃった」
「駐車場の場所をですか?」
「うん。あー、でもすぐ近くですけどねー」
「このへんだったら駐車場はあれか、あっちかですよね」
視界に入る駐車場を指さしてみると、ついにお嬢様は観念しました。
「あ、あそこかなー」
さあ、ようやく車種不明の高級外車と対面です。
「あー、ここです、って、アレ?」
「どうしたんですか?」
「いや、ないんです。クルマが」
「はい?」
「盗まれたのかも…あれー」
なんと、大事な車が盗まれていたのです!これは大変。早く警察に連絡せねば。ワリキリなんてしてる場合じゃないでしょ。しかし慌てる様子もなく、彼女は言います。
「でもワリキリはもう約束したんで」
「へ?」
「え、しないんですか?」
外車が盗まれてもこの冷静ぶり。エンコー界にはすごいお金持ちがいるものです。
ワクワクメールにラブホで3P希望の女性・どんな女?
ラブホ代のみ。『エッチしませんかぁ。ラブホに女の子2人でいますっ 連泊しちゃったからちょっとタカメだけど条件は他にありません』なんとも妙なカキコミがあったのは、いつものワクワクメールでした。ラブホに連泊している女の子2人組が、宿泊料金を出してくれれば3Pしますよ、と誘っているのです。気にならないわけがありません。すかさず値段を尋ねたところ、2万円との返信がありました。3Pの価格としてはお買い得といえるでしょう。約束の総武線、小岩駅からメールをすると〈○○(ラブホ名)だよ 303号〉とのこと。受付を無言でスルー(そんなことができるなんて!)して303号をノックします。「いらっしゃーい」登場したのは、場末のスナック嬢のような華のない女です。「ねえねえ、来たよ」奥では、ずいぶんなデブ女があぐらをかいて、焼き肉弁当を頬張っていました。「ちーっす。ちょっとメシ食ってからでいい?」工務店の親方のような挨拶に面食らう私に、スナック嬢が微笑みます。「ごめんね、この子お酒飲んだ次の日ってすごい食べるんだ」「別に構わないけど…。2人は友達?」「うん、小1からのね」「今いくつだっけ?」「27 」
7才からの20年間それぞれ違う道を歩んだであろう末、ラブホに連泊して出会い系男と3Pするという地点にたどりついた2人に、ちょっとした感慨を覚えずにいられません。食事を終えたデブがタバコを吹かしながら、スナック嬢に提案します。
「ああ、旨かった。…そうだ、味噌汁食わない?」「いいね」インスタント味噌汁の封を切ってから、何かを思い出したかのようにデブが備え付け電話の受話器をとりました。
「おじちゃん、お椀持ってきてくれる? うん、ごめんねぇ」どうやらこいつら、ラブホの従業員を我がモノ顔でこき使っているようです。こうして長いランチが終わり、ようやく3Pに突入したわけですが、下手なダブルフェラと、わざとらしいアエギ声、そしてデブの口から漂う、焼き肉弁当の残り香のせいで、ついぞ射精には至りませんでした。

【エッチな女神】素人感の強いエンコーを望むならオフパコ嬢

0084_20190804105515a66.jpg0085_201908041055174eb.jpg
オフパコという言葉をご存じだろうか。ネットで知り合った人間と実際に会う「オフ会」のオフ、「パコパコハメる」のパコ、合わせてオフパコ。つまりネットで知り合った女と会ってセックスする意味なのだが、ツイッターを使った出会いに限り、この言葉が隠語として使われているのだ。
 ツイッターの検索窓に「#オフパコ」と入れてみると、結構な数の女たちが出て来る。いい感じの
セクシー写真を載せた、かなりソソる雰囲気の若い女ばかりだ。
 結局は小遣い目的の援交娘なのだが、実際に会ってみると、出会い系サイトよりは素人感が強いコが多いので悪くないと思う。ただし、オフパコ嬢を名乗っておきながら、実際には男と会わずにアフィリサイトに誘導したり、単にチヤホヤされたいだけの冷やかし嬢も紛れている。
実際に会えるかどうか見極めるには過去のツイートを見て判断しないといけないが、簡単に探したいなら、オプパコハメ撮り動画などをアップしてる男性ユーザーのフォロワーから、オフパココメントしてる嬢を特定する方法がオススメだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
カテゴリ
タグ

出会いアプリで上京娘がパパ活デビュー|Hトーク援助交際体験談

0100_20190418115314bfa_201910261741027ad.jpg0101_201904181153153d4_20191026174103eaa.jpg0102_20190418115317baa_20191026174105a94.jpg0103_201904181153183d8_201910261741064cc.jpg0104_201904181153208cd_201910261741081e9.jpg0105_20190418115323671_20191026174109dfb.jpg0106_201904181153244ce_20191026174111664.jpg0107_201904181153260a7_20191026174112f94.jpg
4月です。春です。
そして春といえば、地方から
「東京ってサイコーだわ〜。東京にはチャンスという名の宝石がたくさん転がってるのだわ〜!街に転がるダイヤモンドッ!」と、ボンバヘッドな女子たちが上京する季節でもあります。そんな春。みなさんいかがお過ごしですか? 
町田足土です。本日も高田馬場のルノアールでは、不肖ボクこと町田と、佐藤編集長が毎月恒例のテーマ打ち合わせをしています。
「町田。4月やな」
「4月ですね」
「いつものやつや。毎年恒例の……」
お互い見つめあう。この連載も10年以上やっております。気持ちは通じているのでございます。
「……今年もエンコーデビュー女の味を確かめなアカンやろうなぁ」
「まぁ、そうなりますよね……」
そう、毎年4月になると、世の女高生たちが高校を卒業して、フーゾクやら援助交際の世界へとやってくるのであります。この連載では、4月になると、そんなエンコーデビュー女子を毎年いただいているわけなのでございますよ。……っていうか、今月は打ち合わせいらなかったんじゃないでしょうか。
「とにかくや、毎年この卒業したてガールのエンコーデビューの回は人気があるんや!期待しとるで!さぁ、行くんや!エンコーのカリスマよ!」
けっこう張った声で言い放つ編集長。「エンコー」というキーワードが出るたびに、周辺のテーブル客たちがビクッ! 
って反応します。やめてほしい。
……とは言え、今年もやってきてしまいました。高校卒業したての18歳・初エンコー娘を味わう。今までしっかりと結果を残してきました。絶対に負けられない戦いです。しっかりと勝利をもぎ取ってきたいと思いま〜す! 
ちなみにボク、今年43歳になりま〜す。なんと25歳年下!
ボクがこの連載を始めたときは9歳! 
この世界はなんと美しいのでしょうか〜! 
ニッポンバンザ〜イ!そんなわけで、この連載を読み続けているみなさんなら、
「どこで18歳の卒業したてガール」
を探すのか?もうわかっていますね。そうです。「出会い系アプリ」でございます。
現在、ボクが使っている無料アプリをご紹介いたしましょう。
この連載で何度か登場した
「HトークDX」を皮切りに、
「Oトーク」「Cトーク」。これらが今までの一軍です。 
そしてさらに最近「◯チャット」と「Kちゃん」というふたつのアプリがレギュラーに加わり、全部で5つとなりました。個人的に「出会いアプリ・五虎大将軍(三国志より)」と呼んでおります。かなりの優秀な武将たちです。
さて、ここまで読んだ読者のみなさん。「町田は、無数にあるアプリの中から、どうやって本当に使えるアプリを見つけているんだ?」とお思いのことでしょう。答えは簡単です。
それは、エンコーした女のコたちに聞いているんです。
「俺と連絡取ったAってアプリ以外で使ってるアプリある?」
これです。それを聞けばいいのです。そこには100%援交OKの女の子がいるのですから。だって、そのサイトは、目の前のエンコーに踏み切った女子が使っているのですから。
出会い系アプリに手を出した女のコは、大体、2個か3個のアプリを併用しているものです。エンコーしたら、まずは聞いてみるといいでしょう。 
ちなみに、女のコに「この出会い系アプリって、どうやって見つけたの?」と聞くと、そのほとんどが「友達から教わった」と言います。つまり、彼女の友達も使っているわけです。少なくても2人、そのアプリには援交OK女子がいる。そして2人いれば2000人はいます。ゴキブリと一緒です。もちろん良い意味で。 
そんなわけで、これらの五虎大将軍アプリたちは、ボクが今まで行なってきたエンコーの末に導き出した最強の布陣なのです。 
さて、前説が長くなりましたが、いよいよ本番です。
まずは、大人気の『HトークDX』を開き、検索年齢を「18〜19歳」に、地域を「東京」に設定。ポチッとな! 
するとバーーっと並ぶ18歳と19歳の書き込み。この女のコのアイコンを上から開き、メッセージを送っていきます。まずはコレ。こん
はい。コレは「こんにちは」
「こんばんは」の意味です。続いて、こちら。
よかったらえ で会わない?興味あれば。新宿住みだよ。
もちろんこの書き込みはコピペです。でも、このコピペを貼る前に、「こん」と挨拶を入れることで、書き込みの「コピペ感」を薄める効果があるのです。みなさんもぜひ試してみましょう。
さて、これらのコピペ書き込みを、検索で出て来た女のコに爆撃のように打ちまくります。もちろん、「え、募集!」「意味わかる人募集!」といった、援交募集をしているようなビッチ女子には送りません。あくまでも今回は「援交デビュー娘」を探すわけですから。「援交には興味あるけど……怖いもんな〜」
と、興味はあるけど、一歩が踏み出せないコを捕まえなくてはいけないのです。
ここで、「おい町田!援交したことないコが、そんなストレートな誘いに乗ってくるのかよ!」と思った読者の方もいるでしょう。たしかに、その通りです。
しかし、いろいろやってきたボクから言わせてもらうと、
「やぁ」「こんにちは」から始めて、援交に持ち込むのは大変なんです。テクニックも必要なんです。それならばいっそ、ストレートに初手から王手を決めにいく方法こそが好手なのです!
そんなわけで、これらのコピペを、出会い系アプリ五虎将それぞれに書き込みまくります。その数、ざっと200。
「200??そんなに?」と思ったみなさん。これは全然少ないんですよ?
毎日ボクはこの作業を50〜100は繰り返しています。それでも返事が戻ってくるのは1通か2通。そしてその返事が援交成立まで進むのは、20%ほどの確率なのです。
今回は、負けられない戦いです。200くらい当然なのです!さぁ、高校卒業したてガールたちよ!
カモン!ヒア!ピィロリン♪
書き込んでから待つこと10分後。響きわたる電子音。
はいはいっと見てみると、
「むり」という文字。そうそう、こんな感じで送っては断られを繰り返していくのです。毎年、大変な作業なのです。
ピィロリン♪
またまた電子音。次はどんな感じでしょう。
「どうも」
……きました。
読者のみなさんは「え? 何が来たの?死期?」なんて思うかもしれません。ただの返事にしか見えないかもしれません。 
しかしこの「どうも」という返事。コレは扉を開けるための大きなとっかかりなのです。
考えてもみて下さい。男が「え、しない?」と、あきらかにいかがわしいことを書いてきているんですよ?
いかがわしそうなのは十分伝わるはずなのですよ。にも関わらず、「むりです」「いやです」と否定するのではなく、「どうも」と返ってきた。これは「やってみたいけど怖い」という気持ちを最大限表現したレスポンスなのです!つまり、援交初めてガールの可能性が高いのです! 
慎重に返事を返していきます。
そいや!
「詳細だけでも聞いてくれる?よかったら、きいろ(カカオドーク)か、みどり(ライン)で話せる?」 
どうでしょう。「やってみない?」と、ガツガツいくと、初めてガールは引いてしまいます。
このアプローチなら「詳細を聞くだけならいいか。もしダメそうならやめればいいんだし」と、
乗ってきやすいのです。 
ピィロリン♪
返事が返ってきました。
「話だけ聞きたいです。きーろありますよ」
……来た! 
まだ待つこと10分ですよ!
さっそく引っかかってきました!
こいつは春から縁起がいいやぁ!
すぐにIDを伝えて、カカオトークに移動。カカオの名前は「ひろ」ちゃん。アイコンはディズニーの人魚、アリエルです。まずは確認から。
「ひろちゃんって何歳?」
「18です」
「高校卒業したばっかり?」
「はい。もうすぐ専門学校です」
「エンコーってしたことあるの?」
「ないです」 
……きました。コレが本当ならば、まさに「卒業したてガール」で「援交初めてガール」でございます!ここはウソがないか、まずは年齢確認です。
「ごめんね、疑うわけじゃないんだけど、生年月日と干支を即答してもらってもいい?今のご時世、18歳未満のコとメールしただけでうるさいから」
すると、今年高校を卒業したコの生年月日と干支をノータイムで送ってきました。よっしゃ!まずは年齢はクリアのようです。では続いて、エンコーの説明に入ります。
「まず説明すると、新大久保まで来てもらって2時間くらいでエッチをする感じだよ。で、値段は2万円。もちろん避妊はするし、ホテル代とかはコッチが出すよ。それと、援交って振り込みとかじゃなくて、終わった後に手渡しで渡せるからね」 
どうでしょう。この説明にはいくつかのトラップが仕掛けられています。
「2時間というしっかりとした時間設定」「避妊するという安全面」こういったことをハッキリさせることで安心感を与えることができます。そして「ホテル代はコッチ持ち」「振り込みではなくて、終わった後に手渡しで」という、お金に対してしっかりしたルールがあると匂わせることにより、「あ、ちゃんと決まっているんだ。ならちゃんとお金もらえるかも」と思わせられるのです。
さらに、待ち合わせが新大久保。ここを指定したのは、ボクの家から近くて安いラブホもたくさんあるからです。エンコーに慣れている女子なら、普通は自分が住んでいる場所から離れていたり、新宿・渋谷・池袋などのキーステーション以外の駅をいやがります。ここであえてマイナーな駅を指定することで、そこを見抜くのです。エンコー初めてガールなら、そんな常識は知らないわけですから、新大久保でもホイホイとやってくるのです。
「新大久保、行ったことないです」
「そっか、住みはどこ?」
「千葉の柏ってわかります?」 遠い! 約1時間はかかります!
足代も行き来で1500〜1600円くらいかかる場所です。
「柏、わかるよ。新宿は来たことある?新宿の隣の駅だよ」
「新宿ならわかります。なら大丈夫だと思います」
乗ってきました!
コレは初めてガールなんじゃないでしょうか。いいぞいいぞ!
「でも、まだやるかどうかは悩み中です。やっぱりこわいです」
「あ〜、そうだよね。こわい気持ちはわかるよ。でも、一回だけやってみない?春はけっこうみんなやってるよ? 新しい生活が始まる前にお金も必要だもんね」
「そうですけど、チキンなんですよ(笑)」
「ちなみに、平日と週末だったら、どっちが都合いい?」
「どちらかといえば、今なら平日ですね」
「そっか。例えば今週の予定は?」
「今週は暇です」 
どうですか?
「こわいから…」と言っている相手に、「ちなみに……」「例えば……」と言いながら話を進めるのです。OKをもらう前からアポを取る! これぞカリスマテクニック!
「じゃあ、明後日の14時。新大久保の改札で大丈夫」
「大丈夫ですけど、私、あんまりかわいくないですよ?いいんですか?」
どうですか! もういつの間にかOKが出ています。ここで、写真を希望しましょう。で、ありえないブスならスルーです。返事をしなければいいのです!
「大丈夫。ちなみに写メって見れる?」
「はい」 
お、素直なお返事!それから30秒後、ティロン♪という電子音とともに送られてきた写真。……黒髪で面長。ちょっとパフュームの「かしゆか」に似てます。かなりピュアっぽい!まぁまぁカワイイ!
「カワイイじゃん! じゃあ、明日また連絡とりあおう」
「はい。緊張するー」
……これはなかなか良いカンジの流れなんじゃないでしょうか。
ピィロリン♪あれ?  また電子音。ひろちゃん、まだ何かあるのかしら?
そう思ってスマホの画面を見ると「HトークDXにメッセージが届きました」の文字。あぁ、また新しい返事が来たのね。どれどれ?「こんにちは」 
……あれ? 
別の子が普通に挨拶で返してきた。コレも「初めてでこわいけど、援交には興味ある」っていう意思表示メッセージじゃないですか! 
なにこれ。例年に比べてレスポンスが多いんですけど!
結局、そんなこんなで戻ってきた返事は10通近く。その中で、あきらかな「初めてガール」は、ひろちゃんの他に2人。結果、3人もアポが取れてしまいました。
なんなの?
例年では考えられないことですよ!
今年の春はどうなっちゃってるの?
4月某日14時。春風が気持ちいい。新大久保駅は駅の小ささに反比例して、たくさんの人間たちでごった返しています。
「今、新大久保駅に着きました」
「了解。じゃあ、改札口の横の壁に立ってて」
さぁ、とうとう初エンコー娘2017を味わう時間がやってまいりました。かしゆか似の18歳。うっひゃー、楽しみ! 
数分後、黒髪で、あきらかにかしゆか似の女の子が改札口から出てくると、そのまま横の壁に寄りかかりました。来ました! 
ひろちゃんです。 身長は160センチくらい。かしゆかより全然カワイイ!うわ、コレけっこう当たりですよ!
スキニージーンズに包まれた太ももがムチっとしてティンコを軽く刺激します。いいねぇ。
「どーも、ひろちゃん?」
明るい声で話しかける。こちらを見て、パッと表情が明るくなる。
「はーい。町田さん?よろしくです!」
そう言って、新大久保駅の喧騒から脱出。すぐにホテルへと向います。
「柏から遠かった?」
「遠かったです!(笑)でもよかった。もっとおじさんだと思ってたから」
「あ〜。そう?」
「すごい緊張してるんです!!(笑)」
ひろちゃん、もっと汚いおっさんが来ると思っていたのでしょうか。緊張していることはしていますが、ニコニコしてます。なかなかの好反応です。このテンションならイケます。ホテルに直行!
駅から歩いて1分のホテルに入ります。レリゴー!部屋に入って、ベッドに座らせます。髪の毛をナデる。ビクッとするひろちゃん。ナイスな反応じゃないですか!
「援交初めてだよね? 今回、なんで援交する気になったの?」
「ん〜〜。専門に行くから、いろいろ服とかほしいものもあったし、興味はあったんですけど……。あんまり自分からはいけないから……。そしたら町田さんがグイグイ来てくれたんで……」
どうですかみなさん。「援交初めてガール」は、「援交始めたいガール」でもあるのです!グイグイいくのが正解なのです!こうなったら、さらにグイグイいくしかありません。スマホをインカメラにしてツーショットを撮ります。
「はい、ピースして」 
そう言ってスマホをかまえる。すると素直にピースしてニッコリ。おぉ!警戒心ないなー。パシャ!
続いて、ほっぺにチューをしながらパシャ!
「じゃ、俺にもチューして?」と言って、ほっぺにチューさせてパシャ。そして次は軽くフレンチキスしながらパシャ。ディープキスでパシャ!うわー、超簡単です!
「……あの、この写真どうするんですか?」
キスのあと、セーターをまくり上げて、Cカップほどのブラと谷間を撮影してるタイミングで、ひろちゃん、さすがに聞いてきました。不安そうな顔で、おずおずしています。
「大丈夫。趣味だから(笑)。誰かに見せたり、ネットに流したりしないからさ」
「……あー、でも不安です」
「実は俺、ハメ撮りするのが趣味でさ。で、ハメ撮り映像を、自分で編集するのが好きなんだよね」
「編集……?」
「そう。実は俺、映像の専門学校に行ってたんだけど(ウソ)、当時からセックスを題材にした作品を作りたかったんだよ(ウソ)。でも女のコが全然協力してくれなくて。まぁ、自分のハメ撮り動画が作品として発表されたら、みんなイヤだとは思うんだろうけど」
「あはは、そうですね」
「で、当時はあきらめてたんだけど、大人になって援交で会った女の子に頼めば、ほぼ全員ハメ撮りさせてくれてさ(ウソ)。ほら、ハメ撮りって、けっこうエンコーでは普通だから(ウソ)。で、その映像で作品作りができるようになったんだよね。もちろん趣味だから、どこにも発表はしないんだけどさ(ウソ)」
「どんな作品なんですか?」
喰い付いてきました!
「どんな作品なんだろう?」「どんな子が援交してるのか見たい」
という好奇心がウズウズしているのでしょう。ボクが重ねまくるウソに疑問のギの字も持っていないようです。ピュッアー!それではさっそく、いつもスマホに入れている町田足土作品集を見せてあげましょう! 
アイドルソングをBGMに、エンコー娘たちがリズミカルにフェラしたりオッパイを揉まれたり、ムァンコにティンコを入れられたりしております。その動画をまじまじと見つめるひろちゃん。どう? エンコー界の先輩たちのPVは?
「……なんか、すごいです。編集、カッコイイですね」
聞いたーー? カッコイイだって!
〝エンコー界のカリスマ〞と呼ばれる町田足土がカッコイイってさ!(そうは言っていない)
「ね。こんな感じで、ひろちゃんも撮りたいんだよね。ひろちゃん、マジでカワイイし」
「えー、可愛くないですよ」「イヤ、マジで。だって今日、待ち合わせで目が合った瞬間、マジでカワイイって思ってさ。すごくテンション上がったもん」
「え〜〜〜〜(笑)」 
そう言ってはにかむひろちゃん。よし、もう一歩だ!
「とりあえず作品を観て俺が口からでまかせを言ってたわけじゃないってことはわかってもらた?」
「はい。それは……」
「マジで。可愛く撮るし!じゃあ、今度会ったときまでに編集して作品にしてくるよ。もし欲しかったら、その動画のデータあげるし。ちょっと欲しくない?」
「あ……、それはちょっとほしいです」出た!もうあと一歩です!
「じゃあ、いいでしょ。ね?」
「……う〜ん。じゃあ、あんまり顔撮らないなら…OKです」
いやったーーー!!  心の中で映画『プラトーン』のように両手ガッツポーズ!どうですか?
卒業したてガールの初めてのエンコーをハメ撮りまで持ち込みましたよ!
「そんなバカな?」と思った読者のみなさん。コレが現実なのです!もう、ボクをカリスマと呼ばずして、誰をカリスマと呼ぶのでしょう!? さぁみなさん、今年も春のお祭り、始まるザンスよ!
スマホの画面には、上下、下着姿のひろちゃんがベッドに座っています。ボクの両足の間に座り、イキり勃つティンコを奥深くまで咥えておるのです。
「こっち、目線ちょうだい?」
「……ん…」
切れ長で奥二重の目が、まるで三日月みたいな形になる。ちょっと微笑みながら、頭を上下に沈めながら、ティンコを頬張っております。口の中で、おずおずとした舌がティン
にひかえめに絡み付く。くぅう〜〜。いいねぇ!そこまで気持ちよくはないけど、ウブな感じだねぇ。 体勢を変えて、今度はボクがひろちゃんの足の間に入ります。パンツを横にズラして、ムァンコに指を入れる。ヌルルっとスムーズに入っていきます。まだキスとフェラしかしてないのに!
もうビッチョビチョですよ?
「……やだやだ…恥ずかしっ(笑)」
「ハメ撮りってされたことある?」
「ないですないです」
「どんな気持ち?」
「なんか……これが、援交なんだって感じです。恥ずかしい……」
うん。そんなことはないからね。エンコーでハメ撮りしたい男も、ハメ撮りまでOKするコもほぼいないからね! ムァンコに入れている中指を、Gスポットに押し付けると「んん〜〜〜ん!」と、眉間にシワを寄せる。「痛い?」と聞くと、
「痛くない……前カレにも『痛がってる?』ってよく聞かれてたんで……」とはにかむ。いやー、新鮮だなー。こういう反応! 
あまりに可愛くてキスをすると、舌をベロンベロンと絡めてきます。唾液を飲むようなキス!
うっはーー! ティンコの硬度、さらに倍!バッキーーン!もう我慢の限界です。
入れちゃいまーす! 
ガッチガチのティンコに唾液を塗り付けてムァンコに当てがう。さぁ、いっくよー!
「あの……ゴムは?」
そうだよね。会う前に約束したもんね。「避妊はちゃんとするよ」って言ったもんね。でもホラ、避妊ってゴムだけではないじゃない?
「うん。大丈夫だよ。外に出すから」
そう、外出しも立派な避妊なのです! 
江戸時代や平安時代はそうやって避妊していたのです! たぶん。
「えーー、ゴムしてほしい……」
ひろちゃんが懇願するような瞳で言います。うーーん、ここは仕方ない。ボクも立派な大人です。ここは常識ある行動をしましょう。
「じゃあさ、プラスで5千円あげるから、生で入れさせて?中には絶対出さないから」
どうですか!やっぱり立派な社会人たるもの、要求を通したいのならマネーです。ビジネスなのです。どう?
「……え〜〜〜……」
「大丈夫。絶対に中に出さないよ。ほら、妊娠とかしちゃったら、俺も困るわけだし」
「……絶対に中に出さないで下さいよ?」
はい来たーーー!これが大人の世界です!そう、これはビジネスの話なのです! こうなったら、気持ちが変わらないうちに、ティンコを即挿入です!
ぬぬぬっと生のティンコがムァンコにつき刺さる。白い股に薄黒いティンコがすんごい勢いで入っていきます。
「んーーーっぁ!ん……あぁぁ」
「気持ちいいよ。ひろ、気持ちイイ?」
「気持ち……いぃです……あぁ、あ」
「始めての援交、感想は?」「すご…すごい…気もちぃぃ……」
「今まで入れたおちんちんの中で何番目に気持ちイイの?」
「……いっち…ばん…」「今までの彼氏のおちんちんより気持ちいいですって言ってごらん?生のおちんちん大好きって言ってごらん?」
「……今までの彼氏のより……気持ちぃぃです……なま、すきぃ!」
今、たっぷり撮った動画を再生しながら書いているんですが、こうやって文字にするとすんごいボクって気持ち悪いんですね。
奥深く突き刺されるティンコ。目を見開いてせつなそうにしているひろちゃん。あぁ、もうダメだ、限界だ!
「イクよ ??顔にかけるよ??」
「……え、それだけはダメ、です!」
「じゃあ、口の中は」
「いや、いや、いやーー!」
「顔射、プラス5000円!」
「ダメぇ、それだけはダメ! 
お腹の上に出して下さいぃぃ!!」
なんと頑ななんでしょう!仕方ない。ここは普通にお腹に出してあげるか!ティンコからもう白い液、2、3回、小分けに出ちゃってることだし。
「じゃあ、イクよ?思いっきり抱きしめて、ディープキスしながらイクからね」
 ボクも背中に大汗。顔からぽたりと汗がひとしずく。ひろちゃんの顔にかかる。一瞬イヤそうな顔をするけれど、おかまいなしに抱きしめて、舌に吸い付く。
「いくぞぉーーー!」
「んんーーーー!!!!」
唾液と汗でビッチャビチャになりながら、ひろちゃんの身体の奥までティンコを突き刺す!
カッ! タマから稲妻のような衝撃!イクぅ!!!!ヌッポーーン!
伝家の宝刀のようにティンコを抜くと、そのままひろちゃんお腹に精子をこそぎ出す。真っ白な精液が、快感とともにトコロテンのごとくズルルルルっと飛び出した。
ティンコの先から快感が引きずり出される。あぁぁああああ!
気持ちよかったぁ!
セックスの後、そのままティンコをしゃぶらせていたらまたむくむくと膨らんできたので、
「もう1回入れさせて?」と頼
んだところ、「1回しちゃったら、おちんちんの筒の中に精子が残ってて、妊娠しやすいから、ゴムしてくれるなら」とのこと。なんかよくわかんない知識だけはもっていました。仕方がないので、ゴムでもう一発。たっぷり3時間以上楽しみましたとさ。
んで、帰るとき。ゴムに入った精液を「どうする?思い出に持って帰る?」と聞くと、「うん!持って帰る!」と、ティッシュに包んでカバンに入れていました。 
初エンコーガール。行動が読めませんが、超楽しかったです。

上玉パパ活娘を騙して激安セックスしてみたら|援助交際体験談

0042_201812121640110bf_20191015201202989.jpg0043_20181212164012d04_20191015201203ce6.jpg0044_2018121216401425e_20191015201205578.jpg0045_201812121640159d2_201910152012069ff.jpg0046_2018121216401790b_201910152012088eb.jpg0047_2018121216401878c_201910152012095f6.jpg0048_20181212164020cd0_201910152012117c4.jpg0049_20181212164021874_20191015201212e0a.jpg外貨両替専門店で10万ウォン(約7千円)を入手し、一気に金持ちになった気分のおれは、エンコー掲示板の女にかたっぱしからメール送信した。〝ホ別3でどうですか?〞さすが3のパワー、続々と返信があった。中でももっとも素人っぽかったのはこの子、明菜ちゃんだ。〝仕事が終わるのが6時なので、7時以降でもいいですか?〞〝了解です。サービスしてくれるんなら5万でもいいよ〞
〝ありがとうございます。できるだけ急ぎます〞
財布に1万ウォン札をぎっしり詰め込み、待ち合わせ場所に到着すると、現れたのは清楚系の美人さんだった。髪型は黒髪ロングで、タレントのMEGUMIをさらにきれいにした感じである。大当た
りといっていいだろう。緊張気味に明菜ちゃんが頭を下げる。
「あ、はじめまして」「どうも。じゃ、行きますか」挨拶もそこそこにホテルへ。道すがら尋ねたところでは、彼女、普段はケーキ屋で働いているらしい。歳は23とのことだ。
「こういうお小遣い稼ぎって、いつもやってるの?」
「え〜、半年ぶりかな。ちょっと緊張しますね。うふふ」何だか、ふわふわしたコだ。部屋に入り、いざここからが最初の関門だ。エンコー女は先払いを要求してくるのが基本。プレイ前に3万ウォンを渡せば、いくら約束は破ってないと主張しようと、間違いなく逃げられてしまう。ここは、どうあっても後払いに持っていくしかないのだが、さて…。ふと気がつくと、彼女が服を脱ぎ始めている。
「ちょっと汗かいたんでシャワーしてきます」
どうやら先払いではないらしい。エンコー経験が浅いのか。ラッキー!シャワーから上がった彼女をベッドに手招きする。カネのことなどお首にも出さず、体をあずけてくる明菜ちゃん。よし、もらった。つつがなく終了したセックスは十二分に満足できるものだった。弾力たっぷりのぷにぷにボディ。控えめなあえぎ声。中でも丁寧かつ唾液をふんだんに使ったフェラは最高で、彼女の一生懸命さがひしひしと伝わってきた。3万の威力ってすごいっす。服に着替えた明菜ちゃんが、ベッドの上で体育座りしている。言いにくそうにしているけど、お金が欲しいんだよね。うん、わかったわかった。おれはズボンのポケットの財布に手をかけた。
「お金払わなきゃね。3万でいいんだっけ」
「あ、はい。ありがとうございます」…心臓がドキドキしてきた。これだけたっぷりサービスさせといて、ウォン札をハイどうぞと差し出すなんて。鬼か、おれは。緑がかった3枚の紙幣を財布から抜き取り、わざと明るく手渡す。「はい、これ。お疲れさま」「……」金を受け取った彼女は、しばし
黙りこくった。札の表と裏を交互に眺めている。怒ったか?  キレるのか?
「これ、お金ですか?」「ちゃんとしたお金だよ。韓国の紙幣で3万ウォン。3万でいいんでしょ?」「あ、そうなんだ。日本でも使えるんですか?」
「銀行で円に両替すればね。ほら、見てみて。ちゃんと1万が3枚あるでしょ」「うん、3万ある」
「おれ、ちゃんと約束守ったでしょ?」「うん、ありがとうございます」
こんな反応、まったく想像できなかった。「フザけるな!」「円とは言ってない!」の応酬を覚悟していたのに。大切そうにウォン札を自分の財布にしまってから、彼女がニコニコと顔を向けた。
「最初、商品券か何かかと思ってビックリしたんですけど、良かったです。こんなにたくさんもらって、ありがとうございます」よほどテンションが上がったのか、別れ際にも彼女は「ありがとうございます」と何度も頭を下げ、雑踏の中に消えていった。いつか両替をするときの様子を像すると、胸が痛い!素晴らしい滑り出しである。この調子でドンドン激安セックスを堪能してやろう。翌日、再び鼻歌まじりで出会い系をチェックしていたところ、カオリンと名乗る女の書き込みに目が止まった。『23才、ガールズバーで働いてます。見た目に自信あり。金欠でピンチだから、リッチな人、条件書いてメールください』容姿に自信ありか。よし、次のターゲットはこいつだ。
〝こんにちは。ホ別3万でどうですか〞
〝お金は大丈夫です。ゴム付ノーマル希望ですが大丈夫ですか〞オッケーでーす。たった2千円で多くは望みません。約束の時間に待ち合わせ場所に出向くと、前方からド派手メイクの金髪ギャルが近づいてきた。「サイトの人だよね。どうもヨロシク〜」ノリのいいネエチャンだ。外人のように整った顔立ちは、なるほど確かに美形ではある。乳もEカップはありそうだし。ホテルへ。しばらく雑談を交わしてから、先払いを防ごうとさりげなく服を脱ぎかけたおれに、カオリンが言う。
「ごめん。先にお金もらっていいかな」ち、やはりそう来たか。
「終わってから払うよ」「え〜ダメだよ」うやむやにすべく、おれはテレビのスイッチを入れた。「あ、サッカーやってる。ちょっと見ていい?」ゲームが止まるたび、服を脱がそうとしたり、キスを迫ったり、なし崩しにプレイを始めようとするも女は先払いを主張してきかない。この頑固者め。こうなったら払うか。もうホテルにいるんだし、理屈の上ではおれのほうが正しいんだし、論破してヤッちゃえ!「はい、3万」カオリンの右手にウォン紙幣を乗せてやると、彼女はそれをチラッと眺め、空いてるもう片方の手をさっと伸ばした。
「はいはい、面白いね。はやくお金ちょうだい」「いや、もう渡したじゃん」
「でもこれ韓国の金じゃん。諭吉じゃねーし」お、知ってたか。
「だから円で払うなんて言ってないし」
「あのさ、ガチで言ってんの?」「ガチだよ。ほら、財布見て。3万円なんて持ってないよ」
財布の中身を確かめた女は、ぽかーんと口を開けてゆっくりと顔を上げた。何か恐ろしいものでも見たかのように。
「ナニこれ。夢じゃないよね。リアルだよね。こんなことされたの初めてなんだけど。え?ホントにガチ?」「ガチだって」しばし間を置いて、女は身をよじった。
「超ウケるんだけど!オマエ、面白いオッサンだなぁ」ツボにはまったようだ。両足をバタつかせて笑い転げている。「何時間もメール待って、引いたのがオマエかよ。マジでこんなバカいるんだ。気に入ったよ!」そう言って、軽くおれの頭を小突くカオリン。いつの間にかオマエ呼ばわりされてるのが少し気になるけど、気に入ってくれたんならセックスさせてよ。「それは無理。ちゃんと諭吉さんを持ってきてくれたらね」ぴしゃりと断られた。やはり先払いは、何がなんでも回避しなければ。
そこで、一計を案じた。最初の段階では3万で交渉を成立させておき、いざホテルに入ってからこう提案するのはどうだろう。「もしプレイに満足できたら、終わった後にまとめて5万払うよ」
これなら女も後払いを認めるメリットがあるし、イケそうな気がする。では参ろう。次なるターゲットは、例によって出会い系で見つけた自称28才のマミだ。予定どおり3万で話をまとめ、いざ待ち合わせ場所へと向かう。やってきたのは、細面の地味な女だ。が、ブスというわけではないし、一発こっきりの相手なら十分なレベルかも。
「はじめまして。マミでーす。タイプタイプ〜。たっぷりエッチして楽しみましょうね〜」妙なハイテンションぶりがどこか引っかかるが、とにかくホテルへ向かう。部屋に入ると、マミはソファにどっかり腰を下ろし、機嫌よくタバコの煙を吐き出した。
「助かったわぁ。今日誰とも会えなかったら、ケータイを止められるところだったの」
「そんなカツカツだったの」「1カ月前にね、FXで大損害出して1億ちょっとパーになったの。貯金がそれ以上あったから借金はないんだけど、生活が苦しくて」ウソこけ。興に乗ったのか、マミは得意気に自分語りを続ける。実家はとある地方の名家で、大学を卒業後は数年間、外資系銀行で働き、周りには情熱大陸に出演した友人が何人もいる……って、いくら何でも盛りすぎだろ。虚言癖か。デタラメな話が終わると、彼女はタバコの火を消して言った。
「あのさ、先にお金もらっていいかな?」おっと、おいでなすったな。
「それなんだけどさ、プレイに満足できたら5万払うから、終わった後にまとめてってのはどう?」
一瞬だけ悩んだそぶりを見せ、女は目をらんらんと輝かせた。
「わかった。アタシ、超エロいし、絶対満足すると思うよ!」
自信満々に言うだけのことはあり、マミのセックスは濃厚だった。おれの体という体をなめ回し、ア
ナルにも舌先をぐりぐとりねじ込んでくる。膣のしまりも抜群で、正常位で挿入したら数分ともたず
にフィニッシュした。ふぃ〜。「ねえ、気持ちよかった?私のアソコ最高でしょ?」
着替えを済ませソファにぐったり腰を沈めていると、甘えた声でマミがすり寄ってきた。支払いの催促をしているのは明らかだ。死ぬほど気が重い。アナルまで舐めさせちゃってるしな。立て続けにタバコを3本吸い、ようやく腹を決めたところで、ウォン紙幣を手渡した。
「はい、5万ね」「やだ、ちょっと何これ。冗談やめてよ。はやくお金ちょうだい」
苦笑いを浮かべて、マミが金を突き返した。それを再び押し戻しておれ。
「いやマジだって。ちゃんと5万あるでしょ?」直後、ハァ〜〜〜〜と長いため息が聞こえてきた。
「あ〜あ。後払いにすると必ずこういうことになるんだよねぇ。なんのつもり、こんなオモチャの金なんか出してさ」「いやいや本物の金だって。韓国のだけど。ほら、ハングルが書かれてるじゃん」「ハングル?何それ?」オマエ、さっき外資系銀行にいたとか言ってなかったか?
「韓国のウォン紙幣だよ。きっちり5万ウォンあるから」
「バカじゃないの。5万円ちょうだいよ」
「無理だよ。円で払う約束なんてしてないし」「……」瞬間、女が紙幣をびりびりに破って、床に投げつけた。「あんたもバカな男だねぇ。こんなことで人生終わらせたいの?アタシの人脈ナメないでよね。今時、3万も出せば人を殺すこともできるんだから」目がマジだ。ここは逃げるのみ。「とりあえず出ようよ。2人一緒じゃないとチェックアウトできないから」ずらかるように部屋を出てエレ
ベータへ。くっついてきたマミが、中でおれの足を思い切り蹴り飛ばす。イテ!
「あんた、後悔しても遅いからね。どんな手を使ってでも必ず殺してやるから」
強烈すぎる殺人予告を突きつけ、女はスタスタとホテルを出て行った。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます