エンコーのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:エンコー

  • 2018/09/01裏情報

     生活スタイルの違いだろう。首都圏よりも地方は結婚が早い。中でも茨城はさらに早い。未だにヤンキーが文化が根強く残っており、10代でゴールインする連中がわんさかいる。結果、何が起こるか。遊びたい盛りの時期を家事や育児につかれた若妻たちが、結婚数年後ストレスを爆発させる。そして遊び相手を求めて町に飛び出す─。このパーティの水戸会場の状況がその証拠だ。参加者女性のプロフを見ると、20代半ばのバツイチ女が....

    記事を読む

  • 2018/08/27裏情報

     仙台の繁華街で彼女を見かけ始めてもう数年になる。牛タン屋が並ぶ「稲荷小路」と「国分町通り」を結ぶ細い路地のあたりに現れる、20代半ばの立ちんぼ〝パンちゃん〞のことだ。出没するのは、夕方6時から夜8時ごろ。風俗案内所「ナイガイ1号店」付近によく現れる。かなりデブだし、片足を引いてるし、特徴的な体型をしてるので、立っていればすぐにわかるだろう。というか、近寄ると彼女の方から「おにさん」とアプローチ...

    記事を読む

  • 2018/07/03援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

     出会い界には、エンコーという危ない橋を渡っておきながら、自宅プレイを誘ってくる女が、ごくごく稀にいます。その時点で少し頭の中がアレな気がしますが、ホテル代がかからぬうえ、女の生活ぶりを垣間見られる魅力には抗えません。イチゴでアポってみることにしました。〈2万円なら生中出し2回でもいいですよ〉と悪魔のような誘いも受けましたが、ここはぐっとこらえてゴム一回戦にしておきましょう。指定されたマンショ...

    記事を読む

  • 2018/05/28突撃リポート

     今月のお相手は、ホ別2万でアポッた31才の介護士さん  すぐにプレイを促しカネの先払いは要求せず脱ぎ出した。毎度のこと警戒心のない子はホントに助かります。ホテルに着いてたところ、素直に服を脱ぎ出した。軽くオナニーショーを堪能したあとで…続いて正常位で合体。濡れ濡れの膣が何ともイイ具合だ。その舌遣い、いいね~ 満足したところで2万ウォンを手渡す。はい、お疲れ様!「 はあ? 何これ?」カネを受け取っ...

    記事を読む

  • 2018/05/24援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

     何度も自宅エンコー嬢には痛い目に遭ってきましたが、ノド元すぎればなんとやらで、自宅プレイ可のメッセージにはつい夢を抱いてしまうものです。いつかきっと、女の子らしいファンシーなお部屋で恋人気分を味わえるはずだと。 さて、今回の「お家F」の彼女はどうなのでしょう。容姿には自信がなさそうですが、さっさく自宅拝見とまいりましょう。F(フェラ)1万円でアポを取り、教えられたアパートの前からメールをしま...

    記事を読む

  • 2018/05/15素人エロ画像

           趣味エンコー、特技エンコー、経歴エンコーの町田足土がコレクションを披露してくれました。名づけて〝援札ピース〞。行為が終わったあとで、援助してあげたお金を持たせながらピース写真を撮るんだそうです。実に悪趣味ですね。こんなアホなことしてないで、早く原稿書けよと言いたいです。露出といえば夜の自販機前なんかが定番ですが、勇気ある者たちは有名観光地でも脱ぎます。なん...

    記事を読む

  • 2018/04/16突撃リポート

     ヌキ男の巣窟ビデオボックスに、わけあって連泊しているという女が出会い系にカキコミしていました。部屋番号までオープンにするとはかなりの猛者です。メールするとやはりワリキリ希望とのこと。とりあえず現場へ向かいましょう。部屋をノックしても返事はなく、かぎのかかっていないドアを開けてみます。中では40代後半と思しき高田純次似のおっさんがカツラをかぶって座っていました。「あれ、サイトの方ですよね?」「早...

    記事を読む

  • 2018/04/14援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

     「イイ女が来るかも」実験を行ってみました。『キスのみ1万円』でワリキリ募集すればどうか? という企画です。エッチは絶対イヤだけどキスぐらいならいっか的なピュア美女が引っかかるのではと考えたわけです。まず食いついてきたのは、自称20代後半の、一児のママ。『歌舞伎町にいるのでお願いします』とのことです。平日の真昼間に歌舞伎町にいるママというだけで、マトモな人間ではないでしょう。その予想を裏切らず、...

    記事を読む

  • 2018/04/02裏情報

    エンコー代はいかにすれば値切れるのかネガティブな返事を繰り返し引きだすと女が引け目を感じる不思議俺のやり方はシンプルだ。まずはホテルに入ってから、女がとても受け入れそうにない要求を次々と並べる。アナル舐め、ナマ挿入、精飲、顔射といったものだ。当然、相手はそのたびに「そんなのムリ」「ヤダ」と首を振り続けることになるから、最後にこう言って引導を渡す。「そんなにNGばっかりじゃ困るな。約束の額より安くし...

    記事を読む

素人エンコースポットが千葉にもありました

0048_201809012016151b6.jpg 0049_2018090120161673f.jpg生活スタイルの違いだろう。首都圏よりも地方は結婚が早い。中でも茨城はさらに早い。未だにヤンキーが文化が根強く残っており、10代でゴールインする連中がわんさかいる。結果、何が起こるか。遊びたい盛りの時期を家事や育児につかれた若妻たちが、結婚数年後ストレスを爆発させる。そして遊び相手を求めて町に飛び出す─。このパーティの水戸会場の状況がその証拠だ。参加者女性のプロフを見ると、20代半ばのバツイチ女がけっこう多い。しかも、喋ってみると素性を偽ってそうなのが何人もいる。離婚はしておらず、単純に遊び相手を探しにきていると見る。婚活ブームのなか、単なる遊び相手を求める女がゴロゴロいるパーティーはここだけに違いない。
早婚の地域では遊び足りない人妻が婚活パーティに来るようです。
アンアン声がクリアに聞こえる壁の薄い民宿
千葉・夷隅 御宿ビーチサイド
仲良く泳ぎ、夕方はビーチに座って語らい、夜はセックスにはげんでいる。実はここ、建物の壁がかなり薄い。デッキテラス(誰でも入れる)にいても、アンアン声がはっきり聞こえるほどだ。
今年もぼくは、夜な夜なデッキテラスで酒でも飲みながら、アンアン声を愉しませてもらいます。
この7月、テレクラでつながったエンコー女が待ち合わせ場所に指定してきたスポットです。
しかしなぜか電話で聞いた格好の女が見あたらず、ならばと、ベンチや街路樹の縁石に座っている女たちに「ワリキリの子じゃない?」と聞いて回ったところ、半数が「そうだよ」と答えるじゃありませんか。その後、彼女らエンコー娘たちと交渉を繰り返していたオッサンがいたので聞いてみると、この公園は、千葉では有名な売春スポットだとのことでした。夏にかけていよいよ女の子が増えるらしいです。ディズニーシーが毎年7〜8月に行っているこのダンスショー、「びしょ濡れイベント」と呼ばれています。ミッキーやドナルドなどのキャラクターが放水機を使って客席に水をまきます。頭のてっぺんからつま先までぐしょぐしょになるほど。
ただしステージのすぐそばに陣取っている、今日は濡れに来ましたーみたいなお客は、それなりに準備をしてきています。薄手のシャツやパンツなどハプニングの起こりそうな格好はしていません。われわれが注目すべきは、ちょっと後方にいる子供連れママさんあたりです。彼女ら、下調べをしてきてないのでしょう、白いスカートとかが普通にいます。このイベントの放水量がハンパじゃないことも知らず。いざ、放水がスタートすると、いきなりパンツまでぐっしょりやられます。しかし子供は大はしゃぎでその場を動かない。・・・あきらめてスケブラやスケパンをさらしているママさんたち、多いです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

援デリエンコー待機場所にいけばハズレをひかないか

0072_20180620003524718.jpg 0073_20180620003526a5f.jpg仙台の繁華街で彼女を見かけ始めてもう数年になる。牛タン屋が並ぶ「稲荷小路」と「国分町通り」を結ぶ細い路地のあたりに現れる、20代半ばの立ちんぼ〝パンちゃん〞のことだ。出没するのは、夕方6時から夜8時ごろ。風俗案内所「ナイガイ1号店」付近によく現れる。かなりデブだし、片足を引いてるし、特徴的な体型をしてるので、立っていればすぐにわかるだろう。というか、近寄ると彼女の方から「おにさん」とアプローチしてくるし。オレはデブは苦手なので、声をかけられても基本的に無視するのだが、過去に一度だけ喋ってみたことがある。料金は「2万円」とのことだった。イケメンの場合は1万円前後で応じるなんてウワサを聞いていただけに、ムカついたもんだ。
高原山の「八方ヶ原」は、走り屋には有名です。攻めるのに面白い峠がいくつもあり、警察のパトロールも滅多にこない。〝栃木の聖地〞なんて呼ばれており、走り屋マンガの金字塔「イニシャルD」にも登場します。夜ともなると改造車がいっぱい集まるため、それを野次馬で見に来る一般車も増えます。スッカン沢近くの4連ヘアピンは、街灯もあって見やすいめ、特にギャラリーが多いです。また、矢板市側から来て塩原町に入ってすぐのところにある駐車場も、ギャラリースポット。〝8 の字〞でグルグル回転するドリフトがよく行われてます。
漫画にもあるように、サービス場所はどこだかわからない雑居ビルである。一度アタリをつけてやろうと、目隠しされながら、右折左折の回数を数えてみたのだが、どうやら同じ道をわざとグルグル回っているようだった。ヤバイ商売ですと自ら白状してるようなものだ。実際ヤバイんだろうけど。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

自宅エンコーを誘ってくる女の危険度

0124_20180703172925696.jpg 0125_20180703172926ce9.jpg
出会い界には、エンコーという危ない橋を渡っておきながら、自宅プレイを誘ってくる女が、ごくごく稀にいます。その時点で少し頭の中がアレな気がしますが、ホテル代がかからぬうえ、女の生活ぶりを垣間見られる魅力には抗えません。イチゴでアポってみることにしました。
〈2万円なら生中出し2回でもいいですよ〉
と悪魔のような誘いも受けましたが、ここはぐっとこらえてゴム一回戦にしておきましょう。指定されたマンションの前から電出話をすると
「4階まで上がって。ワタシも部屋から出て待ってるから」
ドキドキしながら4階で下りたところ、廊下の向こうに赤い人影が見えました。丁重なお出迎えといったところでしょうか。近づけばそこには40代後半らしきデブが。つっかけを履くのも億劫なのか、裸足のままです。「入って入って」 部屋の中は異臭がしました。足の臭いのようなすえた香りです。「右の部屋ね。お父さんと住んでるから奥は行っちゃダメよ」右の部屋はゴミの山で、足の踏み
場もありません。
「先にお金もらっていい?お兄さん若いからすぐ出しちゃっていいからね。さ、さ、早く脱いで」
「あの、なんで自宅でエンコーやってるんですか?」
「どういう意味?」
「いや、そういう人って珍しいなあと思って…」
「駅から近いし、ホテル代かからなくていいでしょ」
「お父さんは今日はいないんですか?」
「いないの。ほら、脱いで、早くしよ」 
ずいぶん急かすのは、父親にバレたくないからでしょうか。こんな娘を心配する親もいないと思いますが。 積極的なアナル舐めと激しいフェラは、やや評価してあげてもいいのでしょうが、こんな岩石のような女を相手に興奮するはずもなく、3割勃起のまま挿入し、無射精のまま魔窟を後にすることになりました。

パチンコ主婦と格安でエンコー

0146.jpg 

やり逃げに泣き崩れたエンコー女

0106_20180528103459784.jpg 0107_20180528103500f17.jpg
今月のお相手は、ホ別2万でアポッた31才の介護士さん  
すぐにプレイを促しカネの先払いは要求せず脱ぎ出した。毎度のこと警戒心のない子はホントに助かります。
ホテルに着いてたところ、素直に服を脱ぎ出した。軽くオナニーショーを堪能したあとで…続いて正常位で合体。濡れ濡れの膣が何ともイイ具合だ。その舌遣い、いいね~ 満足したところで2万ウォンを手渡す。はい、お疲れ様!「 はあ? 何これ?」
カネを受け取った瞬間、彼女の眉間にシワが寄った。
「約束の2万だけど」「え、ナニ言ってんの? これって韓国のお金でしょ?」
「うん。でも円で払う約束はしてないから」
「はい?」いかにも不機嫌そうに彼女が立ち上がる。
「アナタみたいなフザケた人、払いなよ2万円」
「いや、だからそんな約束してない」「したわ!日本で2万って言ったら2万円のことでしょうが!」「だからお金は払ったじゃん」
「うるさい!払ってない!」同じようなやり取りが10分ほど続いたあと、彼女が深いタメ息をついた。「あんたさ、こんなことやって楽しい?」「いや、そういう問題じゃないから。てか、帰っていいすか?」ここでクワッと目を見開く彼女。意外なことに彼女は泣き崩れた。ひんっひんっと、しゃくり声を上げながら恨めしそうにこちらを見つめてくる。とりあえず敗北を認めたようだ。

自宅プレイ可のエンコー嬢はどんな女の子?

201310124.jpg 201310125.jpg
何度も自宅エンコー嬢には痛い目に遭ってきましたが、ノド元すぎればなんとやらで、自宅プレイ可のメッセージにはつい夢を抱いてしまうものです。いつかきっと、女の子らしいファンシーなお部屋で恋人気分を味わえるはずだと。
 さて、今回の「お家F」の彼女はどうなのでしょう。容姿には自信がなさそうですが、さっさく自宅拝見とまいりましょう。F(フェラ)1万円でアポを取り、教えられたアパートの前からメールをします。〈着いたよ〉ほぼ同時に、目の前のドアが開き、中からぽちゃぽちゃの女が出てきました。白Tシャツにジャージと、色気のカケラもありません。いやしかし、今回の目的は部屋の可愛さです。恋人気分です。落胆するのはまだ早いでしょう。
「ここだよ、急いで急いで」ご近所の目を恐れてか、ずいぶんと急かしてくる彼女にしたがって玄関へ。すぐ目に入ったのは、真田幸村の六文銭ののれんでした。恋人気分がすっと遠のいてゆきます。部屋そのものには戦国マニアらしさはなく、数種のぬいぐるみがファンシーさを演出していましたが、私の求めていた、いわゆるフツーの女子の部屋とはどこか勝手が違います。総合点は40点といったところでしょうか。とりあえずフェラをしてもらったものの、ときどきあたる歯と、チラチラ目に入る六文銭が気になって昇天できず、夏の陣は我が軍の敗北となりました。

胸チラ・エンコー・露出に乳首ポチ、暑い夏の到来だ

0006_20180515102925e30.jpg 0007_20180515102926e20.jpg 0008_20180515102927ed5.jpg 0009_201805151029291e9.jpg 0010_201805151029308a0.jpg 0011_20180515102932a16.jpg 0012_20180515102933d96.jpg 0013_20180515102935c1b.jpg
趣味エンコー、特技エンコー、経歴エンコーの町田足土がコレクションを披露してくれました。名づけて〝援札ピース〞。行為が終わったあとで、援助してあげたお金を持たせながらピース写真を撮るんだそうです。実に悪趣味ですね。こんなアホなことしてないで、早く原稿書けよと言いたいです。
露出といえば夜の自販機前なんかが定番ですが、勇気ある者たちは有名観光地でも脱ぎます。なんのために?そう、これが勇者の証だからです!
胸チラをじっと凝視してると通報される恐れがありますが、棚のこっち側からならビビる必要はありません。だって気づかれてないんだもん。

ビデオボックスでエンコー募集してた女に会ってみた

0120_20180416131515b86.jpg 0121_20180416131516974.jpg
ヌキ男の巣窟ビデオボックスに、わけあって連泊しているという女が出会い系にカキコミしていました。部屋番号までオープンにするとはかなりの猛者です。メールするとやはりワリキリ希望とのこと。とりあえず現場へ向かいましょう。部屋をノックしても返事はなく、かぎのかかっていないドアを開けてみます。中では40代後半と思しき高田純次似のおっさんがカツラをかぶって座っていました。
「あれ、サイトの方ですよね?」
「早く入ってぇ。お店の人に怒られちゃうぅ」
IKKOのような甘ったるいオカマ声が。やはりこんなところに女が連泊するわけないのです。
「あの、エンコーしたいってことですか?」
「そうよぉ。2万円くれたら最後までぇ」
「…でも、女性じゃないですよね?」
「オンナよぉ。ほら、お金先にちょうだい」
「だって男じゃないですか」
「オンナだってばぁ。何言ってるのよぉ」
「さすがにそれはムリがありますって」
そのとき彼の股間部分が視界に飛び込んできました。完全に中央がモッコリしています。
「やっぱオトコじゃないですか」
「これのこと?チンポじゃないわよぉ」
「…じゃあ見せてくださいよ」
「それはムリー。お金が先よぉー」
有料でチンコを見て激しく後悔するのもイヤなので、その場を後にしました。

キスのみでワリキリ募集すればピュア美女が引っかかるか実験

201509120.jpg 201509121.jpg「イイ女が来るかも」実験を行ってみました。
『キスのみ1万円』でワリキリ募集すればどうか? という企画です。エッチは絶対イヤだけどキスぐらいならいっか的なピュア美女が引っかかるのではと考えたわけです。まず食いついてきたのは、自称20代後半の、一児のママ。『歌舞伎町にいるのでお願いします』とのことです。平日の真昼間に歌舞伎町にいるママというだけで、マトモな人間ではないでしょう。その予想を裏切らず、アポ場所にいたのはガチャガチャ歯並びの醜女でした。しかもなぜか酒臭い!
「さっきまで友達と飲んでたからゴメンね〜」
「あ、そうなんだ。結構ワリキリとかはしてるの?」
「うん、まあね。でもお兄さんみたいにラクな募集はないよね」
エンコー常連主婦が美味しそうな募集に食いついてきただけのことでした。
続いて2人目は、自称20代後半の介護職さん。『夜までなら空いてますよ』というあたりから、人並みな常識人ぶりがうかがえます。やってきたのは、マスクをしているものの、おそらく芹那に似ているであろうショートカットちゃんでした。美女認定してもいいでしょう。
「こういうのでよく会ってるの?」
「あーはい、月10人とか。でもだいたい最後までですね」
またしても常連エンコー嬢でした。ちなみにいつもはおいくらで?
「イチゴーとか、それぐらいで」
ピュア女子は捕獲できませんでしたが、本来ならすぐに売り切れるはずの、芹那ちゃんのような美女をも食いつかせる力がキスエンコーにはあるようです。もしイチゴー本番で募集していても、きっと他の男のカキコミに紛れてしまい、反応はなかったでしょう。キスで呼び寄せて、本番にチェンジするのが手かもしれません。

援助交際女からエンコー代を値切る方法

0087_201804021538278fd.jpg0088_201804021538286ce.jpg0089_2018040215382952e.jpg
エンコー代はいかにすれば値切れるのか
ネガティブな返事を繰り返し引きだすと女が引け目を感じる不思議
俺のやり方はシンプルだ。まずはホテルに入ってから、女がとても受け入れそうにない要求を次々と並べる。アナル舐め、ナマ挿入、精飲、顔射といったものだ。当然、相手はそのたびに「そんなのムリ」「ヤダ」と首を振り続けることになるから、最後にこう言って引導を渡す。
「そんなにNGばっかりじゃ困るな。約束の額より安くしてよ」
こっちがムリなことばっか言っててそりゃないだろうと思うかもしれないが、中にはネガティブな返事をくり返すうち、俺に対してだんだんと引け目を感じだして、値引きに応じる女もいるから不思議だ。成功率は7割といったところか。
エンコー女といえど新たに他の客を探すのは面倒くさいワケでして
不思議で仕方ないんです。エンコー代を値切りたがらない人って何なんでしょう。もしかして女が怒って帰ってしまうことを恐れているんでしょうか?だとしたら大きな間違いです。彼女たちって客1人捕まえるのに結構な労力をかけてるんです。安全そうな男をみつけてからアポに至るまで軽く1時間はかかってるんじゃないでしょうか。だから、こちらからストレートに「2万の約束だったけどイチゴーにならない?」と切り出せば、渋々ながらOKしちゃうことがよくあるんです。また新たに客を探すくらいなら、5千円くらい安くしてもいいやって。遠慮などせず、思い切って交渉しないと損ですよ。
「写メと違うじゃん」と容姿の欠点をバシバシと
援交オンナって、ちょっとオツムが弱くて気の弱いコが多い。そういう手合いは顔や態度をみればすぐにピンとくる。どことなくオドオドして、動きがスローモーというか。待ち合わせ場所に気弱そうな女が現われたら、おれはここぞとばかりに容姿の欠点をあげつらう(例えかわいくても)。遠慮なくバサバサと。「胸ちっちゃいなー。なんか写メと顔もビミョーに違うし。イチゴーって話だったけど、1万しか払わねーよ」値下げを切り出すときは、断定口調で。相手が呆気にとられてるうちに金を押しつけてしまえば、たいていは何も言ってこない。おれの黄金パターンだ。
はやく客から解放されたいエンコー女の心理をつけば
以前、裏モノで見かけた方法を私も常習しています。客と一緒にいるときのエンコー女の心理というのは「はやくコイツから解放されたい」のひと言に尽きる。ですので、この点を上手くつく形で値引きをもちかけると効果はテキメンです。「さっさと終わらせるからさ、最初に決めた額より安くしてくんない?俺、早漏だし」これだけで、大半のコは2つ返事で応じてくれる。簡単な話です。
振り込み明細の『ご依頼人』を女の名前で
俺はエンコー代の支払い方法にちょいと工夫している。女と落ち合ったらすぐにこう申し出るのだ。「お金のことなんだけど、キミの口座に振り込むって形にさせてくんない?会社の経費ということにしたいんだよね」理由は何だっていい。とにかく女に振り込みの件を承諾させ、ATMの中へ連れ込むところまでが第1段階だ。続いて画面を覗かれないよう体で隠しながら尋ねる。「口座番号教えてくれる?」ただし、ここで女の口座を入力しては意味がない。
財布のチェックを防ぐには安全無害な紳士であれ
エンコーのやり逃げ手段は、何も金を支払わずトンズラをかますことだけがすべてではない。私などはいつもホテルに着いた時点できっちり金を渡す口だ。「こういうのは先に済ましておいた方がお互い気持ちいいよね〜」とか何とか抜かしながら。紳士的な振る舞いはセックス時も忘れない。「大丈夫?痛くない?」と相手をいたわり、優しく扱うことで自分が安全無害な男であることをアピールするのだ。いったい何のために?そうしておけば、女がフロ場へ消えた後、先ほど支払った金をこっそり取り戻しても、財布をチェックされる危険がなくなるんです。なんたって私は品行方正なジェントルマンなのだから。ホント曲者だな、俺ってやつは。
イマドキの援交業界には『ヤリ逃げ』のことすら知らない初心者オンナがわんさか
ここ最近の援交ガールズを見ていると、時代は一周してしまったんだなあとの感慨が深い。一緒にホテルに入っても、先払いを要求してこない女がやたらと目立つのだ。いかにもスキだらけのボーッとした女が。おそらく『ヤリ逃げ』という言葉さえ知らない初心者なのだろう。むろんコレ、私のような悪人には願ってもない現象であります。だって「お金はホテルを出てから払うよ」と言いくるめて、そのまま光の速さで猛ダッシュすればコト足りるのだから。ややこしい策を弄する必要はこれっぽっちもない。
ATMコーナーから入って窓口側から逃げる
女とアポってから最初に取りかかるのは、後払いの承諾を取り付けることだ。ホテルに入ってから申し訳なさそうに、「いま財布みたらこれだけ(数千円)しか入ってなかったんだ。ホテル出たら銀行で降ろすからついてきてくんない?」抗議しようにも、金を持ってないのは本当なんだから女も納得するしかない。きっちりやることをやってから、ATMコーナーと窓口側にそれぞれ出入り口のあるタイプの銀行へ向かう。そこで「ATMで金降ろしてくるわ」と言えば、女はたいてい中まではついてこない。で、あとはそのまま窓口側からスルリと出て行くと。お気づきのとおり、このワザが使えるのは午後3時まで。女との待ち合わせ時間はそこから逆算して決める必要がある。
「2発させてくれたら4万払うよ」でエンコー代は後払いに
ポイントは最初の交渉にあります。「ホ込み2万って話だったけど、もし俺の体力がまだ残ってたら2回戦に突入してもいいかな?そんときは4万払うから」こう言うとほとんどの女は4万を選ぶので、ごく自然な流れで金の支払いは『後払い』になりますよね。で、1回戦が終わったら、「よっしゃ、2回目も頑張るぞ」と、やる気マンマンなところを見せてひとまずシャワーを浴び、女にも「キミも入ったら?」とフロを勧めます。ここでイヤがることはまずありませんよね。その間に悠々とホテルから逃げちゃえるってワケです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます