オナニーのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:オナニー

オナニー見せるの大好きな女

0068_20181208003651fb5.jpg 0069_2018120800365257e.jpg 0070_20181208003654358.jpg 0071_20181208003655e85.jpg 0072_201812080036579b0.jpg 0073_201812080036589eb.jpg女はミスドの前に立っていた。身長150センチくらい。キュロットスカートに黒のカットソー・
丸顔のショートカットに真っ赤な口紅のプチブス女。どうみても場末のスナック女だ。が、大きい目と尻の張りが欲情させる。胸も使えそうだ。
「エミさんですか。さっき話していた人は私の友だちなんですへでも急用ができちゃって…それで来
たんです」女はだらけた笑いをした。
「ホントですかぁ。もしかして私嫌われたのかな」
考え込んでいる女。嘘はさらに続く。
「エミさんって私の好みなんですよ。つきあってください。お願いします」
彼氏は自動車修理工場の社長とか。ワンピースからのぞく足は関東イモ系だが、色が白くてグッド。黒のパンツのアソコもふっくらしていて気持ち良さそうだ。ホテルに入りパンティを脱がすと、毛が剃ってあった。
「あたしの家系って濃いの、水着になったらヤバいじゃん」
この女が江ノ島の海に浮かんでいたら、まるでタコ坊主かクラゲだ。クラゲ女はワンピースを脱ごうともせず、無毛の陰唇を開いて俺を挑発する。
「これいいなぁ。パイパンのあそこって見たの初めてなんだ。千円出すからエッチ撮らせてよ」
「あやしい」「ヘンなことしないって」「そんなにキレイ?」「うん、しゃぶりつきたいほど」
「しちゃおうか」女は部屋のミラーに裸身を写し
「子供みたい」とはしゃいでいる。「早いから、本番やる前に撮っていい?」
キス、フェラ、尻祇め、後背位、正常位、ひと通り撮ったあと女が聞いた。
「この写真どうするの?」「自分ですると気持ちいいから」
「自分でするのぉ?エッエッ見たいな」
俺は女が見ている前で客がオナニーする六本木のオナニーパブのことを話した。
「あたしもやってみたい」
お前みたいなタコ、断られるに決まってるだろ。
「見せるの大好き。海で寝そべってて、足拡げてるとみ凡な見るじゃない。すっごく感じる」
女は自分でクリトリスを触りカメラに笑いかける。俺も片手でペニスをしごき始めた。

ここまでピチピチはもう公然オナニー

0006_20181206131859b02.jpg 0007_20181206131900488.jpg 0008_20181206131902e00.jpg 0009_201812061319037fe.jpgもう、ここまでピチピチのはくんだったら、脱いでしまえばいいのに。こんなのケツ出してるのと一緒なのに。たぶんきゅーって締め付けられると感じてしまう肉体なんでしょうな。公然オナニーなんでしょうな。まったくお前ら、許す! くねくねした折り目の入ったひらひらスカートは、どこか質量が軽いような気がします。ちょっとしたそよ風でも、簡単にめくれてしまうような気がします。たぶん合ってます。あいつら、軽いんです。300メートルも尾行すればこんな光景に出くわすことでしょう。合掌。

興奮・コタツオナニー

0012_20181119135240c56.jpg 0013_2018111913523885e.jpg 

まるで野外公開オナニー・OLの飛びっこ散歩いじめ

0122_20180930020914470.jpg 0123_2018093002091551c.jpg
そして、そのまま街へ出します。生足という格好。男性のいやらしい目線を感じます。
ああ、恥ずかしぃ

女ってやつはネコを飼ってる部屋にのこのこ付いてくる

0062_201809021910507f4.jpg 0063_201809021910526a8.jpg
アメックスの偽ブラックカードにあなたの名前が入れられます
都心部で暗躍する痴漢マニアたちの間で、定番の「痴漢補助アイテム」と呼ばれているのが、
55センチのビニル傘だ。何か荷物を持った状態で、自然に手が触れてしまった、という演出ができれば、安全かつ自然にできる。身体に触れてしまう可能性が高い。何かが身体に触れた瞬間、人は本能的に避けようとするので、ターゲットを逃してしまう。
ターゲットの身体を触ることができるのだ。65センチ、75センチサイズの傘の柄を持って立つと、柄に乗せた手の位置が高すぎて、尻や脚を触れない。
55センチの傘なら、尻や脚が触れるちょうどいい位置に、自然に手を置けるのだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

ウィダーinゼリーを尿道に入れる新たなオナテク「ウィダニー」に挑戦

SnapCrab_NoName_2018-8-17_17-13-54_No-00.png
2ちゃんねるの『オナテク』掲示板で、奇っ怪なオナニーテクニックが評判になっている。『ウィダーinゼリー』を尿道に注入してからシコる、その名も『ウィダニー』だ。
小便よりも粘度の高い液体が尿道を通過すると射精に似た感覚が起こる、ってな理論をベースに考え出されたテクニックらしい。投稿されていた愛好家のウィダニー動画では、勃起した亀頭にウィダーinの吸い口を直接密着させて注入していた。尿道はストローのように空洞になっているのだろうか、すんなりウィダーinを半分ほど注入後、チンコをしごくと亀頭からゼリーがドボドボドボ――。
掲示板での評判はすこぶるいい。
『ウィダニー最高! 気持ち良すぎるわ』
『注入が恐かったけど、チンコから入れる点滴と思ってやってみたら、新しい世界が見えた』
裏モノ編集者たるもの、快楽には貪欲でなければ。ウィダニー、試してみっか。先陣を切ってゼリーがドクドクというわけで、ウィダーinを準備した。『プロテイン味』がよくて『ノンカロリー味』はダメみたいな意見は出てなかったので、種類は適当に選んだ『グレープフルーツ味』である。
動画に習い、吸い口から直接注入することに。チンコを適当にシゴいてカチカチに勃起させ、右手にウィダーinを構えた。恐る恐る、亀頭にあてがう。こんな感じでいいのだろうか。
 尿道へ異物を入れるなんて生まれて初めてである。アナルすら経験がないのに、尿道にチャレンジするなんて、オレも物好きですなぁ。というか、ホントに入るのか? 次の瞬間、耳から聞こえたのか、体内から響いてきたのか、「グゴゴゴ!」という不気味な音がした。同時に亀頭にひんやりした感触が!?うわわっ! 何これ! マジで入ってきてる!?痛くはないけど大丈夫なのか? 急速にチンコがしぼみ、吸い口と亀頭の隙間から湧水のようにゼリーがドロっと流れ出た。
 …これ、続けていいのか?心臓がバクバクするんだけど。まあもうちょっとだけやってみるか。チンコをしごいて復活させ、改めてウィダーinを押し当てた。「グゴゴゴ!」という音と共に、亀頭から注入されたひんやり感が下へ下へと降りていく。しかし、サオの真ん中まできたところで、容器を握る右手が動かなくなった。これ以上の注入はダメと体が拒んでいるようだ。ちょっと中途半端だけど、もう出すとするか。
おもむろにチンコをシゴく。尿道をひんやりしたモノがグングン登っていく。すると、未だかつて経験がない感覚が!気持ちいいぃぃ! 何、この感触? 射精はまだしていないが、先陣を切るような形で、ドクドクとゼリーが排出されていく。これが本気でタマらない。ウィダニー、すげえよ!ゼリーを出し切った後も、尿道が冷やされているからか、チンコがひんやりして気持ちよく、そのままシゴキ続けるとすぐに絶頂に。いつものオナニーより多めのザーメンを発射した。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます