オフ会のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:オフ会

シャブ好きコミュのオフ会は壮絶なガンギマリ乱交だった|エッチ体験談

SnapCrab_NoName_2019-8-25_5-56-45_No-00.png
ミクシイで面白いコミュを見つけた。
シャブ好きコミュ
文字どおり現役のシャブ中や昔そうだった連中ばかりが集う場で、トピック欄には『キメたとき何にハマる?』だの
「私はこれでネタと縁が切れました」だの、覚せい剤経験者の共感しそうなタイトルが並んでいる。なぜそう言えるのかといえば、俺もシャブ中だからだ。
にしても大胆なコミュがあったもんだ。何でも過去、ミクシイ側に幾度となく削除されてきたらしいが、そのたびに新たな管理人が生まれ、しつこく復活をくり返してるらしい。
なんとも見上げた根性である。そのコミュに登録して間もないある日のこと、イベント欄にオフ会の告知が出現した。
説明には、和気あいあいとエースの素晴らしさを語り合いましょう的なことが書かれているが、俺はそこに何かふしだらなモノを感じ取った。
わざわざシャブ中が集まって健全な飲み会ってことはないだろう。不健全な桃色ハプニングが起こることも十分考えられるのでは。よし行って:みましよう。
迎えた当日。会場の居酒屋に少し遅れて到着すると、それらしき連中がすでに酒盛りを始めていた。俺を含めて総勢7名。男4 に女3 だ。
想像したよりずいぶんと集まりが悪いが、考えてみれば当然かも。シャブ中ばかりの飲み会、それもミクシィで公募されたオフ会なんていかもリスキ—だ。敬遠するのがフツ—だろう。
「あ、どうも遅れてスイマセン。本宮です」
「どうぞ座ってください。ついさっき始まったばかりなんで」
愛想のいい30代男がコップにビ—ルを注いでくれた。彼が幹事らしい。
他の男性メンバ—は幹事の友人と、単独参加の金髪男。
1方、女性は看護学校に通う2人組、そして単独参加のキャバ嬢という顔触れだ。オフ会が開かれたのは今回が二度目で、幹事とその友人以外は初参加らしい。
「やっぱり冬は鍋だよね〜」
「体が温まるからね」
「今日は仕事帰りですか?」
「えっと、はい。まあ、そんな感じです」
当たり障りのない会話が延々と続いた。やはり俺も含め、みんな初対面の人間にシャブの話題を振るのは勇気がいるらしく、互いの出方を伺っている様子がみてとれる。ようやく打ち解けム—ドになったのは、そろそろ一次会もお開きに近づいたころだった。幹事の盛り上げや、アルコ—ルの力も手伝ったのだろう。誰かがポツリと言った「最近のネタ、高すぎない?」という問いかけをきっかけに、
みな堰を切ったように話し始めたのだ。5 年前のネタ最高だったな、ポンプ派とアブり派どっち?云々。
場は大いに盛り上がり、そのまま全員参加で、2 次会のカラオケに突入した。
ひととおりマイクが一周したころで、幹事のツレが「あの〜」とロを開いた。「実は今日こっそりネタを持ってきたんですが、入れちやいます?」
手にはアブり用のガラパイ(ガラス製の吸引具) とパケが握られている。室内を覆う一瞬の静寂。しかし、それはすぐに歓声へとかわった。
「おお、マジっすか—」
「わざわざ持ってきたんだ。勇気あるね—」
もっとも、その場の全員が歓迎していたわけではない。急に立ち上がったキャバ嬢が、オドオドした表情で言う。
「あの、私、帰ります」
こんな不用心な連中とは関わってらんないとでも言わんばかりに、彼女はそそくさと部屋を立ち去った。カワイイ子がいなくなってしまうのは寂しいが、ま、正しい判断ではある。
男女でケダモノのよう回し吸いして1時間、俺は完全に覚醒していた。アルコ—ルの酔いなど一気に吹き飛び、体の底から力が沸きあがってくるのを感じる。キタキタ。これですよこれ。
他の連中もガンギマリだ。
誰彼かまわずペラペラとしやべり続ける者、テ—ブルの上を黙々と拭き続ける者、幹事は握ったマイクを離そうとせず、狂ったように「ラムのラブソング」を熱唱している。
やがて、幹事の提案でホテルへ移動することになった。
表向きは人目を気にせず、彼持参の大麻をモクモクやろぅといぅことだが、もちろん真の目的はセックスだ。
看護学生の2人などすでにヤル気満々で、瞳孔の開いた目を向け男たちの体にまとわりついてくる。ホテルまでの道中、俺は女たちのスカー卜に手を入れたり、キスしたりと大騒ぎしながら、やがて味わうであろうめくるめく桃色遊戯に思いをはせた。
ホテルで繰り広げられたあの乱交を、俺は一生忘れないだろう。
シャブの力で限界まで高まった性感は、女を野獣にする。
クリトリスを軽くいじればエビのようにのけ反り、手マンをすれば大量の潮を吹き、白目をむいて絶叫する。普通のシャブセックスでもこれほど壮絶なのに、今回は乱交である
「うう」
と、ケダモノのようなフェラで幹事を賣める女。その背後から俺がブスリと挿入する。女は電気が走ったように体を震わせた。
「うぐう、ぎゃっ」
そして同じベッドには、すでに何度も絶頂を迎え、よだれを垂らした別の女が、朦朧としながら2 本のチンポをくわえ込んでいる。マンコとアナルで。
「あう〜あう〜、ヤバイ死ぬ死んじゃうよ〜。気持ちいい〜」
こんな楽しいことがあっていいんだろうか。神様に怒られやしないだろうか。汗と精子とマン汁のニオイが充満した部屋で、俺はいつ果てるともなく、へこへこと腰を振りか続けたのだった。
それから数力月が過ぎたある日、突如、シャブ好きコミュがミクシイから消滅した。運営会社の目に止まり、また例によって削除されたらしい。いま現在もリニュ—アルの兆しはない。
さすがにイタチごっこには嫌気が差したのか。
※この記事は読者様の投稿でフィクションです。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。

ミクシィのオフ会は女性たちとのコミュニケーションが取りやすい

201506103.jpg
一時期の勢いを失ったと言われるミクシィだが、近ごろオフ会系イベントに利用者が戻りはじめている。ミクシィのオフ会は、2ちゃんの突発オフのようなグダグダな会合と違い、幹事がしっかり会を取り仕切ってくれるので、参加女性たちとのコミュニケーションが取りやすい。コミュニティのワード検索欄に『「飲み」+「地域名」』の組み合わせで入力すれば、独り暮らしやら友達作りやらの様々なコミュの中から、近々開催されるオフ会情報がズラリと並ぶはずだ。その中から好きなオフ会を選んで参加表明すればよい。ほぼ毎日のように何らかの飲み会が行われているので、その日のうちに参加できるはずだ。まったく興味のないコミュに入るよりは、地域別コミュや1人暮らしコミュ、飲み会コミュなど、特別な知識や経験で制限されないものを選ぶと、気軽な会合に巡り会えるだろう。女と飲みたい。でも近所に相席できる店なんてない。ならばこのアプリを使おう。
Twitterでフォローし合った相手最大30人に「今から飲もう」とアナウンスできるアプリだ。時間や場所を指定して暇な相手がいれば晴れて飲み会が成立する。むろん、急にアナウンスしているのだから実際に30人集まることなどない。たいていは男女4人ほどのこじんまりとした飲み会に落ち着くのだが、それがむしろ好都合だ。ようするにこれは当日合コンができるアプリと考えればいい。

コミュやオフ会でまだまだミクシーmixiは出会える|サイト攻略

0072_201812261156199b4_201908141652561d5.jpg0073_2018122611562034a_201908141652578ce.jpg0089_20180411154819ef7_20190814165259ee7.jpg0090_20180411154820f46_2019081416530037f.jpg201502104.jpg201502105.jpg
根気よくいまだにmixiを使い続けている36才東北在住の独身リーマンです。mixiを漁場にしているなんて若い人なら信じられないでしょうね。まあ、話だけでも聞いてみてください。全体的に盛り下がる一方のmixiですが、一部のコミュニティはいまだにけっこう活発に書き込みがなされています。具体的には、ローカル系の趣味コミュニティがそうです。たとえば、「●●県住みのバンド好き集まれ★」みたいなコミュニティは一日に最低1件は書き込みがあるんです。
さて、私が狙うのはこういうコミュニティにいるアイドルちゃんたちです。mixiをやってない人にはピンと来ないかもしれませんが、こうしたコミュニティには、なぜか女というだけでチヤホヤさ
れている女性ユーザーが必ずいるものなんです。そのコが書き込むと男たちが一斉にレスを飛ばす、といったイメージでしょうか。アイドルたちは大抵顔写真を載せてません。なぜか。そうです、ちょっと容姿に難アリの女の子たちだからなんです。顔出しできないブサイクが、過疎ってるmixiでみんなからチヤホヤされて張り切っているのです。ただここで知っておくべきは、彼女ら、かまってちゃん体質であるにも関わらず、「自分はみんなのもの」という謎の自意識のために、男性ユーザーを平等に扱って贔屓しないということです。つまりこのコミュニティでアタックしてもあしらわれるんです。なのでこの手のブスアイドルには、彼女が入っている他の、ちやほやされていないコミュニティ経由で絡むのが正解です。この例で言えば「バンド好き」ではなく「アニメ好きのコミュ経由できました!」という具合に。謎の自意識がない場でのかまってちゃんなんて、オトすのは簡単です。アイドル面しなくていい相手なら、対面したってかまわないわけですから。いま私が飼ってるデブは、車の中でたっぷり精液を飲み干した直後に、mixiにアクセスしてアイドル気分を味わうという奇妙な鼓動によって、心の均衡を保っているようです。
ミクシーでAV男優を装い『処女卒業サポート』を最初に言っておくけど、この手法はめんどくさがりの人には向いてないかもしれない。どうしても処女とやりたい人には非常に参考になると思うが。まずミクシーのアカウントをひとつ用意してプロフィールに以下の文を入れておく。『売れないAV男優をはじめて7年、いまではなぜか、性の相談をしてくださる女性がいて、ミクシー上やリアルでお話を聞いています(中略)バージンでお悩みの方からの相談にもたくさんのってきました。早く卒業したいなどと思っている方、実際の様子を僕の日記で判断のうえ、ご相談いただけたらと思います。もちろんお金なんてとりませんよ(笑)』
AV男優だからセックスが上手いことをアピールしつつ、処女卒業のお願いが殺到していると思わせる。次に日記を数日分更新する。ヒマなときにせっせと書き溜めておけばいい。たとえばこんなものだ。
『本日、ミクシーでメールをいただいた卒業希望の24才女性とお会いしてきました(中略)笑顔の素敵なAさんとホテルに入り、軽くお酒を交わし、リラックスしていただきます(中略)シャツを脱いでいただき、キレイなお体に手を伸ばします。はじめは緊張していたAさんですが、「ゆっくり丁寧にしてくれたから頑張れた」と言ってくださって、こちらも嬉しくなってしまいました。Aさん、彼氏との初エッチ、頑張ってくださいね!』
あとはアダルト系のコミュにバンバン入り、掲示板に『相談に乗ります』と書き残しておく。これで準備完了だ。ペースでいえば、2カ月に1回くらいだろうか。リアルな処女から『彼氏ができたんだけど、処女は恥ずかしいので卒業させてください』みたいなメールが届くので、あくまで下心を出さず、処女卒業のサポートの名目で会って、実際にヤってしまうのだ。かなり面倒だが、ベッドの上で恥らうリアル処女をハメる快感を知ってしまえば、そんな苦労も吹き飛んでしまう。

今、ミクシィではコリアン女子の食いつきがいい

これまでミクシィを使って色んな女をナンパしてきたが、現在、もっとも成功率が高いお相手は、ズバリ韓国人女子だと思っている。メールの食いつきも出会える確率も、日本人やほかの外国人(台湾人や白人)にアプローチするより格段に高いのだ。自分が演じるキャラは、韓国文化に興味のある男。まず下準備として、プロフィール欄に「韓国映画が好き」「韓国語を学びたい」などとストレートにアピールしておく。続いてプロフィール検索だが、出身地を韓国、現住所を自分の住む地域に設定。システム上、検索キーワード欄に文字を入れなくはいけないが、ひらがなの「し」や「す」を一文字だけ入力しておけばいい(「です」「ます」「でした」などに引っかかるため)。多くの韓国人女子がリストアップされれば、送るべきファーストメールはこれ。〈最近ようやく韓国語のテキストを購入してハングル文字から勉強を始めることにしました。●●さんとお話してみたいです。よかったら韓国語を教えてください〉メール交換のなかで、「過去に韓国人女性と付き合ったことがある」というウソをついておくと、信頼感が一気に跳ね上がる傾向にあるので覚えておきたい。元カノは日本語の上手な子だったことにすれば、韓国語を知らずとも不自然ではない。

ぐいぐい押すだけでいい、ミクシィ『30代からの素敵なオフ会』

このコミュでは、ほぼ毎月、オフ会が開かれている。いつも男女ともにキャンセル待ちが続出するほどの人気で、なぜか女性参加者の平均レベルが高めなことでも有名だ。見た目そこそこの女がわんさか。これだけでもオフ会に行く価値は十分あるが、やはり男なら、そこからベッドで組んずほぐれつの展開へ持ちこみたいところだろう。そこで、念頭に入れるべきポイントは、コミュの名称にもあるように、女性参加者が全員30才以上の独身である点だ。彼女たちは、単に出会いに飢えているだけでなく、はやく恋人を見つけて結婚しなきゃという焦りも抱いている。それだけに、言い寄ってくる男に対して、ついガードを下げてしまうきらいがあるのだ。選り好みなんかしないで、とりあえずデートくらいしてみようっかな的な。だからオレはぐいぐい押す。会話の随所に、結婚願望が強く、子供が好きで、理想の家庭像があることをさりげなくちりばめ、ターゲットへの好意をほのめかすのだ。これだけで、後日、デートの約束を取り付ける確率が一気に跳ね上がる。そこまでこぎ着けたら、もうもらったも同然だ。ひょっとこ面のオレでさえ5人の女をゲットできたのだから間違いない。むろん、オフ会当日は、他の男と狙う女がバッティングすることもままある。が、こういうオフ会にやってくる連中は、総じておとなしいので、気にせずガンガン攻めればよい(といっても、あからさまなナンパ行為はただちに主催者から注意される。あくまで自然な会話の流れでアピールするべし)。

人恋しいメンヘラ女がわんさか集まるミクシィ『友だち恋人いない♪』コミュ

精神に病を抱えた女性、いわゆるメンヘラは、簡単にセックスをさせてくれる。男と体でつながることによって、そのときだけは、不安や寂しさを忘れられるからだ。では、我々は、いったいどこに行けば、メンヘラさんに出会えるのだろうか。病院?違う。ミクシィのコミュ『友だち恋人いない♪』に行けばいい。名称だけみれば、文字通り、単に寂しい人たちの集まりにも見えるが、実態はメンヘラたちの吹きだまりだ。それが証拠に、コミュ内のマイミク募集掲示板には、病気自慢をしてるかのような書き込みが目立つ。
『鬱で友だちいません。そろそろ1人は限界です。誰かメールください』
『人見知りが激しくリアルな友達がまったくいません。情緒不安定で、精神科にも通っています』そんな彼女たちに、オレはいつもこうやって近づく。
〝こんにちは。自分も5年ほどパニック障害で通院しています。その間に友だちはみな離れていきました。恋人もいません。よかったら仲良くしてください〞いかにもベタだが、いろいろ試した結果、やはりこれが一番食いつきがいい。見事マイミクになれば、しばらくはミクシィ内メールでやり取りを続ける。決して先走ってはいけない。世の中にはメンヘラ狙いの男が少なくなく、彼女たちもその辺りは理解している。一度でも警戒されればまた一からやり直しだ。デートに誘うのは、十分相手の信用を勝ち取ったと確信できてから。そこさえクリアできれば、あとはホテルまで一直線だ。

隙があるイイ女は『腹筋コミュ』に集まっていた

数あるミクシィコミュの中で、イイ女が多いところはどこか。『最上級のすっぴん美人☆』『☆美人塾☆』『女だから!綺麗でいたい』なるほど確かにそうだろう。でも彼女らに付け入るスキがあるだろうか。たぶんない。イイ女で、かつ付け入るスキがあるのはどのコミュか。ずばり『腹筋の割れた女子は美しい』コミュだ。ここは引き締まったお腹を目指す女たちが、自分のくびれ写メを投稿
してる場所である。顔出しはしてないが、ナイススタイルの女ばかりだ。彼女らは、「細くてステキですね」とか「くびれがセクシーです」など感想を書き込まれるのが楽しいのだろう、週に何度も投稿する子も少なくない。つまりわれわれ男は、女たちのその自己顕示欲をくすぐってやればいいのだ。投稿回数が3回くらいの、ちょうど人にカラダを見せることにハマってきたくらいの女が狙い目だ。まずはコミュの掲示板に何度か感想を書き込む。「細くて、しなやかですごくステキなショットですね」「キレキレのライン。すばらしいです」
とにかく持ち上げておき、頃合いを見て、mixi内メールでメッセージを。〝コミュでいつも素敵なお写真を拝見させてもらってるので、トレーニングについてお話を聞いてみたくてご連絡差し上げました。現在、私も腹筋を鍛えており、と言っても自分の場合はメタボ対策ですけど〞長くなるので直接メールしましたという旨を書いておけば、ヘンに怪しまれることはない。その後は、メールで再び相手の腹筋についてほめた後、食生活のテーマに持っていくのがオレのパターンである。〝やはりカロリーには気にされてますよね。ぼく、低カロリーをコンセプトにした美味しい店を知ってます
よ〞ウソだと笑うなかれ。この手法で出会ったスリム女子の数は、もう10人を超えている。

『婚外恋愛限定マイミク募集』は愚痴日記を書く女だけを狙う

ミクシィにこんなおあつらえ向きのコミュニティがあるだなんて、見つけたときは思わずほくそ笑んでしまった。なんせ「婚外恋愛(=不倫)」をしていると表明する女が集まってるんだから。参加するには管理人に申請しなければならないが、婚外恋愛の経験がある人だけが入会できるので、『嫁じゃない女の子と付き合ってます』ってな話を作ればいい。入会後、参加女性のページに飛んで日記を読む。彼氏(旦那ではない)と上手くいってる風の女はなびかないことが多いのでスルーし、『カレからしばらく会えないって言われた(涙)』などと愚痴ってる女をターゲットにする。
最初はその日記にコメントすることからスタートだ。〝婚外コミュから来ました。僕も似たような経験あるんでわかります。ツライですよね…〞こんな感じで。同じコミュニティから来たことをアピールしつつ、気持ちがわかると伝える。これだと無視されることはない。なぜか婚外恋愛女は毎日のように日記を書く人が多い。それぞれの日記にあわせてコメントしておけばいい。まあ、たいがいがグチだから、〝パーっと発散したほうがいいよ〞くらいのジャブを打っておく。そうして徐々に関係を作って1週間ほどが経ったら〝一度飲みに行く?話聞くし〞とメールだ。会えたら酔わせるもよし、全力で口説くもよし。なにせ不倫経験のある女なのだから、貞操観念などなきに等しい。一度あることは二度あるのが彼女らの特性だ。ちなみにこっちのスタンスは、メール時も会ってからも『嫁と不仲で会社の子を好きになったんだけど、なかなか会ってくれない』くらいの設定で。あんまり上手くいっていると興味を持たれないので注意だ。

Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます