オマンコのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:オマンコ

  • 2019/09/22裏情報

     オマンコが濡れるのは、キスやタッチをした時に分泌されるオキシトシンというホルモンが出るからです。リラックスと性的興奮があわさって、はじめて分泌されてくるものなのです。疲れていたり寝不足が続いていることで、ホルモンバランスが乱れていると、オキシトシンが分泌されにくくなります。冷え性の時も濡れにくくなります。男にとって濡れにくいオマンコというのは、実用面でも興奮度でも評価を下げざるを得ない、ボン...

    記事を読む

  • 2019/09/17SEXテクニック

    1、サランラップでぐるぐる巻きにすれば絶対にハズれません2、クリだけじゃツマんない。女の手首を持って指をアソコに突っ込む女に自分でマンコをさわらせるこのプレイ遊び心がある男はこれくらいのことはするものだが寝転んだままでは穴には届かないわけで3、アナルを舐めさせる秘策!逆シックスナインで電マやめちゃうよ?アナル舐めさせるのって難しいですよねでも、女の子たちが大好きなコレさえあれば…マンネリ化している...

    記事を読む

  • 2019/09/14突撃リポート

    フランスの「アグド」という地域に、夏になると、世界中から何万ものヌーディストが集まる村があるそうだ。 その名も「Naturist Village」(裸主義者村)。そこでは、老若男女がスッポンポンで外を歩いており、ビーチも裸、スーパーも裸、カフェも服屋も裸、どこもかしこも裸らしい。普段、この島国ニッポンでパンチラだ胸チラだと騒いでいるのがアホらしくなってくるような話だ。地球の裏側ではオッパイもマンコも見放題ってか。...

    記事を読む

  • 2019/09/02裏情報

    無修正のマンコが見たい。それも素人のマンコが!これは日本男子全員の心の声だろう。かくいう俺もその中の一人だ。しかし、みなさんがご承知のとおり無修正動画の配信は法律で規制されており、日本のサイトでは見ることが出来ないのが現状だ。そこでオススメしたいのが、「DXLIVE」だ。ここは素人女のマンコが無修正でクッキリ見られるライブチャットなのだ。入会すれば、見渡す限りの無修正マンコ。こりゃもう天国ですわ。...

    記事を読む

  • 2019/08/25突撃リポート

    この企画は、高知出身で現在は東京シティ人として生きるオレの、素朴な願望から生まれている。「女の子の口からオメコの言葉を聞きたい」この3文字ことば、下品なエ口劇画や小説では見ないこともない。「オメコ見んといて〜」「オメコ感じるわ〜」とか。でも現実には聞かない。どちらかといえば関西文化圏に属する高知に住んでたころも、女が口にするオメコは記憶ゼロだ。男はたまにふざけて言ってたけど。マンコは東京にいればし...

    記事を読む

  • 2019/08/04裏風俗・風俗体験談

    上玉な女子大生とエッチが出来る穴場だ     このレベルの女子大生のオマンコが見れるなら手コキ店で十分!?一発10万の高級ソーブや高級デリ、学生専門をうたうピンサロに行っても、本物の女子大生、それもミスキャンバス候補クラスの超ハイレペルな女子大生は絶対に現れない。憧れの女子大生とエ口いことがしたいとき、我々男たちはいったいどこに行けばいいのか。答えはただ1つ、オナクラしかない。女...

    記事を読む

  • 2019/08/04出会い攻略

    本日は現役の女子大生とセックスする方法。入店したての女子大生キャバ嬢を狙い撃ちにした方法のお話です。     純粋な女子大生も現金の力には勝てなかったようだ。ソファからベッドに移り仰向けに寝かせた女子大生の乳首を舐め、脚を舐め・・・女子大生の若い肌は素晴らしい...

    記事を読む

  • 2019/07/25突撃リポート

    立体じゃないと興奮できない!出会い系で見つけた女性のオマンコ模型を作り続ける男女性のオマンコから実際に型取りして制作した女性器の模型です。マン拓でも写真でもなく模型。私がこれを長年にわたり作り続けているのは、言うなら、立体へのこだわりでしょうか。写真やテレビ画面では表現できない、生々しい存在感は立体模型ならではです。こだわりのコレクションをこ覧になりながら、しばし話に耳を傾けていただきたいと思いま...

    記事を読む

  • 2019/07/24素人エロ画像

    座敷にバスタオルが敷かれ、すでに準備は万端である。リーダーである小山氏(仮名38才会社員)によれば、女体盛りの第一歩は、「皿」選びから始まるらしい。「参加者に食事を堪能してもらおうという意思のある女性じゃないと資格はありません。ただ裸体に乗ったものを食べるだけでは女体盛りをする意味がないんです」本日の皿は、26才のOL・歩美さん(仮名)。上戸彩似のルックス、Fカップのナイスボディに加え「見られると濡れて...

    記事を読む

  • 2019/07/22素人エロ画像

    海の向こうでキャメルトゥと呼ばれるオマンコ画像が、新たなムーブメントを巻き起こしているご覧のように、下着や衣服がパツンパツンに食い込んだ股間の様子を「ラクダのつま先」に例えただけのことだが、すでに米国では「キャメルトウ」と言えば「オマンコのことね」と即座に答えが返ってくるほど国民の間に浸透しているという。ネット上にもいくつかの専門サイトが存在し、バラエティに富む画像を堪能することができるばかりか、...

    記事を読む

濡れにくいオマンコに効くクリーム・濡れやすくする方法|アダルトグッズ口コミレビュー

0080_201810041828099a4.jpg0078_20181004182807b8e.jpg 0079_20181004182808cc9.jpg0081_20181004182811c81.jpg
オマンコが濡れるのは、キスやタッチをした時に分泌されるオキシトシンというホルモンが出るからです。リラックスと性的興奮があわさって、はじめて分泌されてくるものなのです。疲れていたり寝不足が続いていることで、ホルモンバランスが乱れていると、オキシトシンが分泌されにくくなります。冷え性の時も濡れにくくなります。
男にとって濡れにくいオマンコというのは、実用面でも興奮度でも評価を下げざるを得ない、ボンクラのようなものだ。ただ、濡れにくさの原因の大部分は女性ホルモンの不足にあるといわれており、そういうマンコであれば、この塗りグスリが劇的に効く(内股と大陰唇の中間あたりの部位に塗る)。
主成分である2種類の女性ホルモンが体内に吸収されることによって、愛液の分泌が活発化し、人によってはずぶ濡れの状態になるのだ。のみならず、マンコそのものの感度も上がるので言うことナシだ。このクスリ、本来は更年期障害の改善に使うものだが、若い女性に使っても何ら問題はない。ただし、日ごろから女性ホルモン剤やピルを常用している場合、あるいは生理中に使うと危険な副作用が起きる可能性もある。
感度アップ塗る媚薬クリーム濡花魁ぬれおいらんもクリームタイプの媚薬です。
女性の発情成分プラセンタ、マカ、アルギニンなどが含まれている媚薬を選ぶことをおすすめしますが姫ころしに含まれている成分アラントインは、皮膚の緊張をほぐす効果もあります。 感度が鋭いクリトリスに姫ころしをぬることで、女性は全身性感帯モードに突入し快楽に体を震えだします。
ただセックス中にペニスが抜けやすくなったり女性の快感が得にくくなってしまうという濡れすぎのデメリットも忘れてはいけません。
オマンコを濡れやすくする方法
まずは根本的な食生活の改善ですが、特に意識して水分を摂る必要(1日あたり2リットル以上)があります。そして冷えを改善する。
女性は、冷え症の人が多いのです。血液の体の巡りが悪くなることで起こります。体を冷やす食べ物や飲み物を避け筋トレやストレッチなどを行いしょう。

アナルを舐めさせるには逆シックスナインで電マせめ|エッチテク

0078_20180903190700c4d_20191006121655711.jpg0079_20180903190701356_201910061216569f8.jpg0080_20180903190702451_201910061216587d4.jpg0081_20180903190704a44_201910061216594e2.jpg
1、サランラップでぐるぐる巻きにすれば絶対にハズれません
2、クリだけじゃツマんない。女の手首を持って指をアソコに突っ込む
女に自分でマンコをさわらせるこのプレイ遊び心がある男はこれくらいのことはするものだが
寝転んだままでは穴には届かないわけで
3、アナルを舐めさせる秘策!逆シックスナインで電マやめちゃうよ?
アナル舐めさせるのって難しいですよね
でも、女の子たちが大好きなコレさえあれば…
マンネリ化しているカップルにもオススメの逆シックスナイン。アナルを舐めさせるには逆シックスナインで互いのアナルをペロペロ舐め合うのだ。アナル好きにとっては丸見えだけで興奮するものだが口の中には性感帯があるとも言われているのでさらに興奮です。女はいつも通り仰向けの体制でいることが出来ますしМの部分を開発してあげましょう。その時は舌先や舌全体を使ったクンニや電マでクリトリスを徹底的に責めます。アナルとオマンコを両方舐めてあげると征服欲も刺激されイカせることができます。お尻周辺は神経も多くありますしじっくりと濡らしておけばスムーズな挿入感があじわえますよ。

オマンコ見放題!フランスのアグドのヌーディストが集まる裸主義者村に行ってみた

0020_20190914082101eb7.jpg0021_20190914082103b71.jpg0022_2019091408210436a.jpg0023_20190914082105b2b.jpg0024_2019091408210716b.jpg0025_201909140821082ea.jpg0026_20190914082110004.jpg0027_20190914082111cb5.jpg0028_201909140821139c4.jpg0029_201909140821146d9.jpg
フランスの「アグド」という地域に、夏になると、世界中から何万ものヌーディストが集まる村があるそうだ。 その名も「Naturist Village」(裸主義者村)。そこでは、老若男女がスッポンポンで外を歩いており、ビーチも裸、スーパーも裸、カフェも服屋も裸、どこもかしこも裸らしい。
普段、この島国ニッポンでパンチラだ胸チラだと騒いでいるのがアホらしくなってくるような話だ。地球の裏側ではオッパイもマンコも見放題ってか。最高じゃねーか。 
行きたい。めっちゃ行きたい。行ったらオレ、もう日本に帰ってこないかもしれないけど。
どうだ、これが日本人のチンチンだ! 
7月末。日本から丸24時間かけて、アグドに到着した。時刻は朝11時。天気はいいし、気温も高い。
まさにヌード日よりだ。まずはホテルに荷物を置き、目的の村へと歩いて向かう。
地図によれば、ヌーディスト村の広さは東京ディズニーランドとシーを合わせたくらい。村全体がフェンスで囲われていて、中へ入るには入場ゲートをくぐらなければならない仕組みだ。
内部は大きく3つのエリアに分かれている。商店やマンションが並ぶ生活エリアと、緑の広がるキャンプエリア、そしてビーチだ。 
地図を見ながらてくてく歩くうち、「Natural Village」という入場ゲートが見えた。なになに、1デイ4ユーロ(約400円)?へぇ、有料なんだ。
入場パスを買って村内へ。目に飛び込んできたのは、リゾートマンションやコテージ、オープンカフェなどが並ぶ生活エリアだ。 
おっ、いたいた!オッサンオバサンの白人カップルが素っ裸で歩いてる。チンコもマンコもモロ出しだ。 あっちには若いカップルも!うひゃー、オッパイ丸出し!マンスジばっちり!
ありゃ、こっちじゃジジババも全裸で歩いてるし。あんたらのは見たくないね。
もう服なんて着てる場合じゃない。オレも脱ぐぞ脱ぐぞ。ほーら、どうだ、これが日本人のチンチンだ!
モデルみたいな美形が黒ずみマンコにピアスを
とりあえずビーチエリアに向かって歩いてみた。
途中、すれ違う人間はだいたいみんな全裸、もしくは腰にパレオを巻いているだけ。服を着てる人間のほうが浮いているような状況だ。人種は白人がほとんどで、あとは黒人と南米系がパラパラだ。アジア人はぜんぜん見かけない。だからだろう、みんながオレを物珍しそうに見てくる。すみませんね、小さなチンコで。
まもなくビーチ独特の匂いがし、目の前に南フランスの穏やかな海が広がった。
すげぇ……。
息を飲んだ。海の青さにではない。浜辺の人々にだ。ケツ、おっぱい、ケツ、おっぱい。海岸線のかなり遠くまで、ヌーディストたちがあふれている。2千人以上はいるんじゃないの!? 
こりゃあ、鑑賞にはいくら時間があっても足りねーな。1分1秒もムダにできん。
さっそく裸の群れにゴーだ。 いやー素晴らしい。どこもかしもオッパイとマンコだらけだ(チンコはわざと目に入れない)ツンと張った美乳、垂れたシワシワ乳、キレイな乳首、黒い乳首。あらゆるおっぱいがユサユサ揺れている。
マンコもいい。たいがいアソコの毛を剃ってるので、様子が丸わかりだ。スッと一本スジが入っただけのおとなし目のマンコもあれば、大きいビラビラがびよーんと伸びたマンコも。モデルみたいな美形が、黒ずみマンコにピアスを付けてたりもする。
見た感じ、若いコ3割、オバハン7割ってとこか。基本的にみんなカップルで日光浴を楽しんだり、砂浜に寝転がって本を読んだり、水遊びをしたり、ごくごく健全な印象だ。
日本のビーチのように、女の子3人組が浮き輪でキャッキャしてるような、オイシイ場面は見られない。 
意外だったのは、家族連れまでいたことだ。いい歳のオヤジが、中学くらいの娘と全裸ビーチバレーってのは、教育上いかがなものだろう。キタキタキター
地中海に精子放出!
歩き疲れたので、ビーチのカフェに入った。
デッキソファに座り、パナマビールを飲みながら、目の前を歩くオッパイやマンコを眺める。ああ、
オレ、一生ここで暮らそうかな。天国だよ。 
当初の緊張感が薄れていくにつれ、オレの体に変化が生じてきた。あまりにも多くの裸体を見つづけたせいで股間にムラムラが溜まってきたのだ。実際ちょっと半勃ち気味になってるし。 
おっ? 海の中に珍しい連中がいた。かなり若い男女グループだが、裸と水着が入り混ざってるのだ。大胆な子に「ヌード村行こうぜ」と誘われてきたけど、恥ずかしくって脱げないみたいな感じだろうか。
男子、ドキドキだろうな。あの女の子の体はどうなんだろう。いずれ脱ぐんだろな。今のチンコには、刺激が強いなあ。うーん、シコりたい…。
チンコを握って飛び起きたオレは、海へ向かって走り、そのままジャバンと飛び込んだ。
ここらへんでいいか。よーし、海に浸かってこっそり抜くぞ。シコシコシコ。水の抵抗がジャマだけど気持ちいい!
我ながらいい作戦だ。キタキタキター、地中海に精子放出!その後も、ビーチを散策してムラムラきたら海でシコるという作業を繰り返し。夕方までにたっぷり4回もヌイてしまった。
生活エリアに戻るころには、すでに太陽は沈みかけていた。もうくたくただ。今日はもうホテルに帰るとしよう。ビーチよりもこういう場所のほうがグッとくる
翌日は、トーストと卵の朝飯を食った後、生活エリアを回ることにした。
まずはスーパーへ。おっ、何だこの光景は。みんな、おっぱい丸出しで買い物をしている。ビーチよりもこういう場所のほうがグッとくるな。
総菜屋では若いコが腰布の間からマンコをチラチラ見せながら肉を買い、服屋では若い半裸カップルがセクシーコスチュームの品定めに夢中だ。でも残念ながら、店員だけはどこも男女ともに服を着ていた。おっぱい丸出しのレジ店員、見たかったんだけどな。
ショッピングモールを出て、今度はコテージが並ぶほうへ向かう。夏の間だけバカンスに来る人たちの居住エリアだ。 かわいらしい小さな家の庭では、全裸の家主が読書をし、公園ではジジババがゲートボールのようなスポーツに興じていた。もちろん全裸だ。
犬の散歩をする女性も、自転車やインラインスケートで走っていくカップルも、誰もが当然のように裸だ。なのに事件なんてものは起きそうになく、とてものどかな空気が流れている。半勃起してる
男すらどこにもいないし(オレ除く)。
ビーチ全裸じゃなく、生活感のある中での裸を見せられ、なんだかまたシコりたくなってきた。海は遠いし、ちょっとあっちの茂みに隠れるか。
緑の生い茂るほうへと歩くと、そこはキャンプエリアの入り口だった。スタッフがなにやらフランス語で言っている。どうやらこの先はキャンプ利用者専用エリアで、すでに満員のため新たな客は入れないらしい。
なーんだ、シコり損ねたよ。にしてもキャンプエリアって、若いのが多そうで気になるな。オッパイとスキンシップする大チャンスだ
海の中でシコった後、ビーチでビールを飲んで横になり、思わず夜まで眠ってしまった。
生活エリアのほうから、低音の効いた音楽が聞こえてくる。何だかやけに騒がしい。行ってみるか。
ショッピングモールのあたりは、昼とは打って変わり、紫やピンクのぎらぎらとした光りに照らされ
ていた。町全体にダンスミュージックが流れている。夜はここ、こんなふうになるんだ。 
あそこはクラブかな? 
入り口から覗くと、服を着た男女が楽しそうに踊っている。楽しそ〜!
「ノーノー!」 
入り口のスタッフが全裸のオレを制した。ドレスコードがあり、男は襟付きのシャツ、女はセクシー衣装じゃないと入場できないらしい。 
急いでショッピングモールでシャツを買って戻ってくる。
「ムッシュ!OK?」
「オーケー」 
よっしゃー、みんな、オレも混ぜてくれー! スゴイ盛り上がりだった。さすがヌーディスと村にあるクラブだけあって、ポールダンスのステージでは女たちが裸で踊り、押しくらまんじゅう状態の中で真っ裸になってるコまでいる。あんた、触られまくってんじゃん!
スゲーぞ、ここは。ずっと指をくわえて眺めるだけだったオッパイと、スキンシップする大チャンスだ。あっちへウロウロ、こっちへウロウロと、おっぱい丸出しちゃんのそばに近寄っては、よろけるフリでバストタッチ!あらよっと。
「×××××××××××!」
そばにいたニイちゃんにすごい剣幕で怒鳴られてしまった。あー、怖っ、テメーの女、そんなに見せ
びらかしといてもったいぶるなよ。
チクショー、オレも女と一緒に来たかったな。どのオッパイもどのマンコも、ショーウインドウの中の高級時計みたいに、ただただ眺めるだけだなんて酷な話だよ。ほら、つんつんっ。もう吸い付いちゃおっかな
3日目。早くも最終日だ。
オッパイとかマンコはもういい。ゲップが出るほど見た。 
むしろ、見過ぎたせいでオレは心寂しくなってるのだ。人肌が恋しくてならない。
極東の島からオレが単身乗り込んだように、世界のどこかから一人きりでやってきた女の子がいても良さそうなものなのだが。全裸同士で知り合えば、後の展開もすいすい進むだろうし。なので最終日は単独ヌーディスト女性の探索に費やすことにした。朝10時。気合いを入れて出発だ。
目を皿のようにしながらビーチを歩く。やはりどこもカップルばかりで、特に若い女には男がピッタリ張り付いている。 
ん? んん〜?
あの黒髪の肌が浅黒い子一人で座ってない? 周りに誰もいなくない?あれれれれ。近寄ってみよう。
「メルシー」
「メルシー」
かなりのボインだ。アソコもつるつるだし。勃起しないように気をつけないと。
身振り手振りで話しかけると、彼女はニコニコと笑ってくれた。よくわからないけど笑ってるんだからイヤがってはいないんだろう。 隣に座って肩を寄せる。
「ユアボディー、ビューティフル」
「サンキュー」「グッド、ボイン」
「ボイン?」
「イエスイエス」 
ふくよかな胸を指さし、その指で乳房をつんと押してみた。
「オー(笑)」
笑ってる。いいね、いいね。彼女も孤独を感じてたところに、おっぱいつんつんアジア人が来てくれて喜んでるみたいだぞ。ほら、つんつんっ。もう吸い付いちゃおっかな。
とそのとき、遠くの方から男の声が飛んできた。
「ヘーイ」
こちらに向かって歩いている。カレシ?あら、そうみたいね。男が目の前までやってきた。どうしよう。
「ヘーイ、こんにちわ」 
がっちり握手をしたところで、じゃあ、オレはこれでドロンさせてもらいます。
「バーイ」
「バーイ」 
気のいいニイちゃんは、別れ際に、彼女とのツーショット写真を撮ってくれた。余裕やのぅ。
黒人男3人が白人女と4P
単独オンナを求め、ビーチを果てしなく歩きつづけたが、まったく見当たらなかった。
なんだかずいぶん遠くまで来てしまった。くそー、引き返したほうがいいのかなぁ…。 
あれ?
あそこのオッサン、何やってんだ。寝そべりながらオバハンに手マンしてるじゃん。わお、あっちにはフェラしてる女もいるし。
この一帯はエロ解禁エリアなのか?
よーく見れば、女に手コキさせている男が何人もいるし。
向こうのほうに男の人垣が出来てるぞ。何だあれは? 
現場をのぞきに行って、ビックリした。何と、黒人男3人が1人の白人女と4Pをしていたのだ。マジかよ。 
まわりを取り囲む男たちは、そのセックスを見ながらマスをかいている。 
よーーし、今回の旅のコキ納めはここに決定だ。オレもシコってやる! 
スコスコスコスコスコスコ。 
ダメダメ、こんなに人がいたら緊張して出ないよ!

自分のオマンコを指で広げるくぱぁ娘

0102_20190902200316171.jpg0103_2019090220031706b.jpg0104_20190902200318151.jpg
無修正のマンコが見たい。それも素人のマンコが!これは日本男子全員の心の声だろう。かくいう俺もその中の一人だ。
しかし、みなさんがご承知のとおり無修正動画の配信は法律で規制されており、日本のサイトでは見ることが出来ないのが現状だ。そこでオススメしたいのが、「DXLIVE」だ。ここは素人女のマンコが無修正でクッキリ見られるライブチャットなのだ。入会すれば、見渡す限りの無修正マンコ。こりゃもう天国ですわ。コスプレやマスクを着けてお茶を濁す他サイトの女とはちがい、ここのチャットレディは無修正を理解している。自分のマンコを指で広げながら「くぱぁ」して思う存分見せつけてくれるほどだ。
クリをいじるときも「くぱぁ」、ディルドを突っ込むときも「くぱぁ」。サービス精神旺盛ってわけだ。これだけエロけりゃオナニーがはかどること間違いなしだ。一度ハマったら普通のライブチャットには戻れませんよ。
カテゴリ

大阪弁でオマンコをオメコと呼ぶが生で聞いてみたい|突撃ルポ

0236_201908242219133b5.jpg0237_20190824221914910.jpg0238_20190824221915b34.jpg0239_2019082422191729f.jpg0240_201908242219184c9.jpg0241_20190824221920a11.jpg0242_20190824221921384.jpg0243_20190824221923f24.jpgこの企画は、高知出身で現在は東京シティ人として生きるオレの、素朴な願望から生まれている。
「女の子の口からオメコの言葉を聞きたい」
この3文字ことば、下品なエ口劇画や小説では見ないこともない。「オメコ見んといて〜」「オメコ感じるわ〜」とか。
でも現実には聞かない。どちらかといえば関西文化圏に属する高知に住んでたころも、女が口にするオメコは記憶ゼロだ。男はたまにふざけて言ってたけど。
マンコは東京にいればしょっちゅう耳にする。若い女でもくだけた仲になれば平気でマンコマンコの連発だ。
あれは興奮しない。なんというか、記号みたいというか、生きた言葉じゃないっていうか。
アソコとあんまり変わらないレベルです。
その点、オメコは響きからいって違う生活に根ざしてて、どこかネッチョリしてて、そして恥ずかしい感じ。皆さんも口にしてください、オメコと。顔が赤くなりませんか?
もしこいつを女の子の口からナマで聞けたら、なんかうれしいじゃないですか。頬を赤らめながら小さな声で「…オメコ」とつぶやかれた日にゃ、大変なことになりそうですよ。よし、大阪へゴーだ。
といっても、ただその3音が並べばいいってもんじゃない。明確なルールを設けておかねば。
●ルール1
ここ、何て言うの?と方言を問うような質問はNG。あくまで自然な流れでのオメコでなければ。
●ルール2
セックスを意味するオメコは対象外。たとえば、オメコしよう、なんてのはアウトだ。
●ルール3
最初にオメコ以外のことばが出てくれば終了。言い直しで出てきたオメコは「生」ではない。
春の陽気に背中を押されて、大阪に向かった。
可愛い子がたくさん歩いてるけど、声をかけたところで自然と生オメコが出るわけがない。
「どこか性感帯はありますか?」
「はい、オメコです」
ないない。なのでまずはキャバクラに行くことにした。下ネタに応じやすいキャバ嬢のこと、かわいらしく喋ってくれるんじゃないでしょうか。
適当に京橋のキャバクラに入り、席で待っていると、AKBの篠田っぽい子が来た。魔女のように長い付けヅメをしている。
「お客さん、東京から来たんですか?」
「そうだけど、キミは?」
「豊中」
知らない。でも大阪府ならオメコ圏内でしよ。
「そこには、キミみたいな美人がいっぱいいるのかな?」
「も、何もでませんよ。あ、私もこのまえ東京に行きましたよ・今度行ったときは案内してくださいね」
ノリのいい子だ。でも今日はそんな営業トークはいらんのだ。
「キミは何かエロイよれ」
「そうですか」
「うん工口い。エロすぎる、そのシメとか、グラスの持ち方とか」
二コっと笑う彼女。何を言いたいのかわかったのか、オレのグラスをやらしくなで回す
「え、こうですか?」
「そうそう」
「むかし、付き合ったカレシとかは、パンツの上からネイルでツーとされるだけでヤバイって言ってました」
下ネタOKね。じゃあこのまま突っ走りましょう。
「イジリながらキミも、けつこう感じるんでしよ?」
「わかります?」
「ジンジンしてくると」
「まあそんなカンジ」
「どのへんが?」
「一え…」
「どこがジンジン?」
「どこがって奄ねえ」
「どこ?」
「あそこ」
終了〜。あそこなん
て言うコは失格です!キャバ嬢ってのはカッコつけが多いから、生オメコのターゲットには適してないかも。東京のキャバも「あそこ派」が多いもんな。やっぱここは風俗に向かうのが正解か.
京橋駅から小汚い通りをふらふら歩くと、客引きのニーちゃんがいた。「ここ、ピンサロ?」「はい、すぐ行けますよ。若い子いますよ」
「その子、大阪の子?」
「はいはい、いますよいますよ」
通された店内は、ダンスミュージックがガンガン流れていた。ったくうるさいなあ。これじゃ、ちゃんと聞けないじゃないか。
まもなく店の奥から、丸っこいのがこっちに向かってきた。顔も体もぷによぶによしてる。
「待たれました?」
「ぜんぜん.大阪出身?」
「そう。堺のほう」
「いくつ?」
「ね」
若い。ってことは、小3でオメコの名称を知るとして、まだ使い始めてから⑩年ほどしか経ってないはず。どうなの?言うのかオメコ?
さっそく彼女がオレの股間に頭をうずめた。ベロベロペロ。
「玉も祇めて」
「…はい」
チロチロと玉を祇める彼女。お礼とばかりにおっぱいをモミモミすると、陥没乳首がピョコンと飛び出してきた。いいぞ、興奮してきたかな。お股に手を伸ばす。おやおや、ずいぶんウエットだ。
「イイ感じになってるね」
「.・・・。。」
「クチュクチュいってるけど」「…はい」
「いやらしいなあ、どこがクチュクチュしてるの?」
「。::。」
なになに?聞こえない」
「…オマンコ」
終了!堺出身なのにオマンコなんて上品なことば遣うんじゃありません!若い子じゃオメコは厳しいかなあ。花も恥じらうお年頃だし、あるいは東京の文化に染まってるのかもな。
こうなりや次はテレクラだ。
ヤサグレた中年女性ならきっと恥じらいもなく言ってくれるぞ。心斎橋の店に入るやエンコーアボが取れた。
待ち合わせ場所には、いかにも生活に疲れたブサイクなオバハンがいた。さらにプラス2才にしておこう。ホテルまでの道すがら、話を聞くと、この人の地元は下町の天王寺らしい。コテコテ感の強い町だけに期待が持てる。
1万円を支払い、いざ、プレイへ。チンコをナメながら、彼女は言う。
「気持ちいい?」
「うんいいよ」
「そやろ?得意やねん.あんた、ナマ派?ゴム派?」
「ん?」
「私はまあ、いつもはナマ外出しやけど」
ってことは、テレクラ客とナマでやってるのかよ・汚いオメコなんだなあ。汚いマンコより格段に不潔なカンジがするよ。攻守交代してオレが攻めることになった。イジリながら機をうかがう。
「オナニーとかするの?」
「生理前はな」
「どういうカンジで?ちょっとやってみて」
彼女が手を股間に触れた。
「こんなカンジ。あんたも触って」
「どこを」
「そこらへん」
「そこらへんって?」
「そのんとこ」
はあっ?なんだその言い方は。
「そうそう、穴の…、そう穴んとこ」
穴とか、おばはん、わざと難しく言ってないか?あんたのキャラなら、ここは迷うことなくオメコの出番だろ!もう帰ろうと手マンを中止したら、すっぱいニオイが立ち上ってきた。うげ〜。この女、病気だオメコは死んだのか。大阪のド真ん中でもオメコは絶滅しているのか。ならば広辞苑からも
yahoo辞書からも除外しなきゃイカンぞ.いたずらに夢を抱かせるなんてヒドイじゃないか。
天王寺駅前のベンチでビールをやりながら途方にくれるオレ.とそこに、どこからともなくヘンテコな2人組が現れた。
「ニーちゃん、寒いねえ」
そう言って、サッカー岡田監督似のオババがオレの横に座る。続いて、アゴがクシャっと萎んだオババも並んでその隣へ。
「おばちゃんたち、もう帰るとこなんやでえ」
なら帰ればいいのに、なんですの?
「2人でイチゴーやけど?」
こいつら立ちんぼか?
「どうする?せえへんならおばちゃんら帰るけど」
この強引なノリ、さすがは大阪のオババだ。こうなりや敬遠球でも振るしかないか。むりやり発奮してホテルへ入ると、2人はまるで作業のように脱ぎだした。干からびたヒョウタンみたいな体をタオルで押さえながら岡ちゃんが言う。
「恥ずかしいから見んといてや」
何を言ってるんだ、このクソババアは。
3人で風呂へ向かう。岡ちゃんが自分のお股にシャワーヘッドをあてがい、念入りにゴシゴシ洗いはじめた。
「しっかり洗ってますね?」
「キレイにしたほうがいいやろ」
「まあ、そうですね」
「ちゃんと洗つとかんとな、オメコだけは」
ええええ!出た出た出た、出ちゃったよ。それもすんごいナチュラルな普段使い。こんな相手に限って試合続行なんて、ォメコの神様ひどいよ!
ならばとさらなる生オメコを求め、ベッドに寝転がって静かに目を閉じる。よし、集中集中!
「ほら、あんた先」
岡ちゃんの声がし、フェラが始まった。子分格のクシャが舐めてる。かなりうまい。変形したアゴは、フェラのし過ぎかな。突然、岡ちゃんがオレの右手を取った。
「二—ちゃん、指貸してみ」
そのまま自分の股間に持っていき、ぜんぜん濡れてない穴に、指をずぶずぶ押し込んでいく。そしてギユツギユと力んで締めつけてきた。
「どや締まるやろ?」
なかなかヤルな、このオババ。ならば手マンでお返しだ。
「どぅですか?」
「けっこぅ上手やな」
指を激しく動かす。
「ああ気持ちいい、気持ちいい」「オメコ、オメコ、オメコ!」
出ました、3 連発!でもぜんぜん興奮しないぞ!
「おばちゃん、もうヤバイわあ」
そう言いながら、岡ちゃんがオレの顔にまたがってきた。
「二—ちゃん、オメコ見せてあげるわ」
「はぁ」
「目え開けて、ちゃんとオメコ見て」
間、目の前に異様に真っ黒いビラビラが!うわぁぁぁ!
「どう?子供2人生んだオメコやでぇ」
それ以上、近寄るな!
「ほら、オメコ舐めてもいいで」
もう聞きたくないって!
オメコの旅はこうして終わった。いったいオレは何に期待してたんだろう。

ミスレベルの女子大生のオマンコが見たいなら手コキやオナクラへ行け

上玉な女子大生とエッチが出来る穴場だ

0090.jpg 0091.jpg 0092.jpg 0093.jpg 0094.jpg 0095.jpg
このレベルの女子大生のオマンコが見れるなら手コキ店で十分!?
一発10万の高級ソーブや高級デリ、学生専門をうたうピンサロに行っても、本物の女子大生、それもミスキャンバス候補クラスの超ハイレペルな女子大生は絶対に現れない。
憧れの女子大生とエ口いことがしたいとき、我々男たちはいったいどこに行けばいいのか。答えはただ1つ、オナクラしかない。
女子大生だらけのオナクラがある。マニアたちの間でも東京で一番のレベルを誇る名店とうたわれ、写真指名なしで入っても絶対にハズれを引くことがないオナクラとして伝説になっている。その代わり、料金も手コキ店としては最高水準だ。30分のコースで入会金とホテル代も合わせると1万円超。フェラもないのにこの値段、だからこそS級女子が集まるのだ。
ホームベージを覗いてみると、本日出勤している15人ほどの女の子の写真が載っていた。半分はア
バレルや店員などの社会人で、残りの半分が学生だ。どの女の子も顔にモサイクがかかっているが、服装やスタイルなとの雰囲気は上品そのもの。期待が高まる。とりあえず直接お店に行って、モザイク無しの写真を見ないと。電話に出た愛想のいい店員によると、常時5人以上は動ける状態なのでいつ来てもいいとのこと。さっそく電話の誘導で受け付け場所に向かった。
「いらっしゃいませー。上野さまですね。こちらへどうぞ」
店員に促されるまま、受付のスペースに移動すると、横の壁一面に、100枚近くの女の子の写真バネルが貼リ付けてあった。本当にぷったまげた。どれもこれも細身で色白の超美形ばかりで、モデル事務所の写真を見せられてるようだ。ざつと見た感じ、ハズレがたったの1人もいないりこんな奇跡のような場所があるなんて。
「はい、ではコチラが本日出勤してる子になリます」
店員から数枚の写真を手渡された。普通ならこの時点で瞬間的にハズレを除くものだが、可愛い。とりあえず店員に女子大生の子だけをビックアップしてもらうと、2人の候補が上がった。
ー人は竹内由恵アナ激似の子で一番タイプだが、60分待ちとのこと
隣りの米倉涼子を柔らくした感じのAちゃんなら5分で入れるらしい。彼女に決定だ
近くのレンタルルームに移動した。3畳程度のレンタルルームに入り、待つこと10分。ついに女の子が現れた。
「こんばんはー、どーもー」
笑顔で登場したAちゃん、思わず絶句してしまうほどの美少女たった。バッチリしたニ重に真っ白でツヤツヤの肌笑ったときに覗く歯並びもよい。米倉似のバネル写真も相当可愛かったけと、実物の方が可愛いなんて経験は初めてだ
こんな美人の半径1メートル以内に立ち入ったことすらないのに彼女にチンコをしごいてもらうと思っただけで倒れそうになる。思わず立ち尽くしていると、挨拶を終えたAちゃんがマゴマゴしている。まだブレイの流れを理解してないのかも。
「どうすればいいかなっ」
「えーと、じゃ、とりあえず服を脱いでもらえますかっ」
いわれるまま全裸になって、ベッドに座ると、Aちゃんが横に座った。なんだか緊張するないきなりチンコをしごかれるのも味気ないので、少し学校の探りでも入れてみよ
「学生って書いてあったけど、女子大行ってるのっ」
「いえ、共学ですよ」「短大っ」「いえ、4年制です」
「そうなんだ。キャンパスは新宿なのっ」「いえ、お茶の水ですね」
4年制の共学でお茶の水にキャンパスとくればN大かM大か。
「雰囲気、文系っぼいよね」「ホントですか文学部ですよ」
確かN大は理工学部のキャンバスだったはずだ。てことはM大で決定か。彼女のレベルならミスキャンバス間違いナシですよ、ホント
「それにしても、Aちゃん可愛いよね」
「そんなことないですよ」
「でもみんなにいわれるでしょ」
「いえいえ。ここにいる子たちみんなすっごい可愛いんですよ。最初に待機室入ったときビックリしましたもん。ホントにモデルさんとか芸能人みたいな子ばっかりで」「そんなにっ」
「うん。ほかの子も気になったでしょ」
確かにバネル写真の子たち、みんな可愛かったもんな
学校もわかったことだし、そろそろシコシコしてもらおうか
「じゃ始めてもらっていいかな」「あ、はい。じゃ触リますよっ」
Aちゃんの温かい指先が半勃起状熊の愚息に触れた。慣れてないのか動かし方がぎこちないしかしそのつたなさが素人っぼさを強調し、彼女がごく普通の女子大生たということを思い出させてくれる。そのたとたどしい触り方、オジサンたまらないです。
でも渇いた指でイジられ続けてもイマイチなので、口ーションブレイをお願いしてみよう。
「わかりました。じゃ口ーション付けちゃいますね」
口ーションでヌルヌルになった手がチンコを包み込むと、勃起の勢いが少し増してきた。よし、ここらで目をつぶって妄想してみるか。M大学のミスキャンパスの表彰台でインタビューを受けてる彼女、客席からは「可受いー」とか「俺と付き合ってー」などとファンたちから声援が飛んでいるその声に照れながら右手を小刻みに振って答えるAちゃん。
その右手が俺のチンコを握っでいる。おお、チンコが硬度を増してきたぞ
「ところでAちゃん、授業は出てるの」「出てますよ」
「学校のみんなは、このパイト知ってるのかなっ」
「もちろん内緒ですよ」と、その瞬問、彼女の顔が少し赤らんだ、おお、可愛いと同時にヌルヌルのチンコを握る手に徴妙な変化が。ヤバい、早くもイキそうになってきた。しかし、まだ射精するわけにはいかない。時問はもう少し残ってるみたいだし。
「へえ、学校では真面目で通ってるんだっ」「そうでもないですよ」
「この子がオチンチンいっばい触ってるなんて、教授は知らないよね」
イタズラな言葉攻めを開始したが、その点は向こうの方か一枚上手だった。
「出そうでしたよ」
「うん、もう出そう」
「えー、ダメですよ、まだ時間いっばい残ってるし」
Aちゃん、こちらがイキそうだと分かった途端にイタズラっぽく笑い、口ーションにまみれた手の動きを一段と早<する。
「気持ちいいのっ」「ウン」「じゃ、私の顔見ながら出してくれるっ」「ウン」
さすがはハイクラス女子大生、緩急をつけた攻撃にもソツがない。もはゃ素直に従うしかない。
「あー、オチンチン張リ裂けそうになってきたよ」「あ、もう、出ます」
最後はチンコの様子を実況されながら、彼女の手の中にドクドクと放出したのだった。ミスキャンクラスの子の手を汚しまくり、その脳裏に力ッチカチのペニスを印象づけられる
ー万円越えでも納得のプライスだ。

【パパ活喰い】入店したての女子大生キャバ嬢を現金でセックス交渉

本日は現役の女子大生とセックスする方法。入店したての女子大生キャバ嬢を狙い撃ちにした方法のお話です。
78.jpg 
 
80.jpg 81.jpg 82.jpg 83.jpg
純粋な女子大生も現金の力には勝てなかったようだ。ソファからベッドに移り仰向けに寝かせた女子大生の乳首を舐め、脚を舐め・・・
女子大生の若い肌は素晴らしい

ハメ撮りの記念にマン拓のオマンコ模型を作る男

立体じゃないと興奮できない!出会い系で見つけた女性のオマンコ模型を作り続ける男
SnapCrab_NoName_2019-7-25_5-46-56_No-00.png
女性のオマンコから実際に型取りして制作した女性器の模型です。マン拓でも写真でもなく模型。私がこれを長年にわたり作り続けているのは、言うなら、立体へのこだわりでしょうか。
写真やテレビ画面では表現できない、生々しい存在感は立体模型ならではです。こだわりのコレクションをこ覧になりながら、しばし話に耳を傾けていただきたいと思います。
踊り子さんのアソコに震えるような衝撃
子供のころは戦車や飛行機などの模型作りに熱中し、大学卒業後はプラモデルのメー力ーに就職。元来モノ作りが好きな人間でしたが、それ以上に女性器に対する執着心も強かったようです。大学生のとき、たまたま入ったストリップ劇場で、踊り子さんのオマンコに出会い震えるような衝撃を受けました。
当時は女性器を見る方法など裏本ぐらいしかない時代。キレイな女性が生のオマンコを見せてくれるのだからたまりません。中でもお気に入りは、踊り子とポラロイド撮影できるサービスでした。希望者同士がジャンケンをして勝った者だけに許される貴重な権利。気合で勝ったときは、必ず股間のアップを撮ったものです。
集めたポラはズリネタに使うこともなく、アルバムにファイリングしていきました。その数、ざっと1000枚(70人)。女性器コレクションの始まりです。女性器の模型作りを始めたのは、学生時代に読んだ「実験人形ダミーオスカー」という連載漫画が直接のきっかけでした。外国の自動車実験場にやってきた人形技術者が主人公で、精巧な実験人形を作るため女性を大股開きにして毛を剃り型を取るというシーンの衝撃は、今も脳裏に焼き付いてるほどです。私も造ってみたい。思いは一気に加速していきました。
3人目にしてようやく成功4年前、37才を迎えた私は、思い切って会社を退職、特殊メイクの技術を学ぶ力ルチャースクールに通い始めます。
退職金を全て学費に注ぎ込み、往復6時間かけての通学。全ては女性器の模型を作りたい一心でした。ー年間、ハリウッド仕込みの型取り技術をマスターし、いよいよオマンコの型取りに挑戦することになりました。
最初のモデルは、同い年のセックスフレンドです。ところが型取りの当日。いうものようにラブホテルでセックスを終え、いよいよ型取りの瞬間というとき、思わぬ問題が浮上しました。陰毛です。陰毛の上から型取りの素材を塗ると、毛が絡まってボロポ口になってしまうのです。
だからと言ってパイパンにすれば、彼女のダンナに浮気がバレてしまう。悩んだすえ、大陰唇の周りだけ剃りこみ、恥丘上部の毛はテープで留めーる方法で対処しました。結果は惨憎たるものでした。陰毛問題もさることながら、モデルさんの陰唇が大きすぎ重なり合ってしまうのです。
SnapCrab_NoName_2019-7-25_5-49-6_No-00.png
2人目のモデルは、地元のテレクラで見つけた19才の援交女でした。今度は首尾よく剃毛に成功し、若くツルリとしたビラビラまでキレイに再現。とここまではよかったのですが、その場でもうう型を複製すべく、乾燥した石型に寒天状の素材を塗ったのが間違いでした。素材がこびりつき、型が使い物にならなりません。またも失敗です。
そして3人目。携帯の出会い系サイトで見つけた翌才の女子大生は、実にモデルに適していました。まずは彼女自身がもともと陰唇周りの毛だけ処理していたこと。さらに好都合なのは、小陰唇が小ぶりだったこと。これら型取りしやすい条件のもと、私はようやく念願の完成にこぎつけたのです。
型取り作業の後、大興奮でセックス石膏型さえあればいくつかの複製はききます。私は模型をオークションに出品することしました。
陰唇が重ならないよう外科用接着剤でモデルさんのビラピラを両脇に固定してある
モデルは32才フリーター。片足に障害を持っていたせいか、片方の小陰唇だけ肥大している商品として価値があるかどうか。もし売れたら、材料費やホテル代の足しになってくれるだろう。その程度の気持ちでしたが、結果は2万5千円で落札。予想以上の高値です(それ以降は6千円に値下げ)。
調子に乗った私は、その後もテレクラや出会い系サイトで見つけた女性をモデルにオマンコ模型を作りオークションで販売していきました。ちなみに、モデルの女性とは一度セックスした後、型を取るのですが、作業中の“モヤモヤ“は相当なもの。
私はもちろんのこと、女性も特殊な状況に置かれて股間をいじられているのです、型を剥がした瞬間うーっと糸を引くことも珍しくなく、そのままセックスする興奮といったらありません。しかしそれも最初のー、2年だけでした。40代の声を聞き、自分の性欲が衰えたこともありますが、しだいにセックスへの興味は薄れ、型取りそのものに情熱を注ぐようになっていきました。
他にも自分と同じように外性器に興味を持った人間がいるかもしれない、何か情報交換できるかもしれない。そんな思いで外性器模型工房を立ち上げたのは3月のことです。狙いは的中しました。
ー力月もたたぬうち、多くの交流が生まれ、材料を安く仕入れられたりモデルさんを紹介してもらったり。また、自分と同じ趣味を持つ人たちにも数多く出会いました。
女性の全身の型取りに挑戦している人、リアルドールの股間に私の模型を移植し完全な観賞用ドールに作り変えてしまった人、腔口の再現にまでこだわった外性器模型を制作している人。中でも最近出会ったSMの女王様は興味深く、自分の模型を分身として奴隷たちに持たせるという計画をお持ちの方でした。現在、私が作った外性器模型のコレクションは四作品を超えました。今後は福マン女性や外国人女性など、何かテーマを持った模型作りを心がけていきたい所存です。

女体盛りにワカメ酒。ツルツルのオマンコじゃ絵にならない

a006_20190724054822ed9.jpga007_201907240548238b8.jpg
座敷にバスタオルが敷かれ、すでに準備は万端である。リーダーである小山氏(仮名38才会社員)によれば、女体盛りの第一歩は、「皿」選びから始まるらしい。
「参加者に食事を堪能してもらおうという意思のある女性じゃないと資格はありません。ただ裸体に乗ったものを食べるだけでは女体盛りをする意味がないんです」
本日の皿は、26才のOL・歩美さん(仮名)。上戸彩似のルックス、Fカップのナイスボディに加え「見られると濡れて来ちゃう」というMっ気が皿には打ってつけなのだとか。
裸になった歩美嬢に、愛好家でもある居酒屋の大将が手際よく刺身や貝を盛りつける。
「いっただきまーす」一斉に歩美さんに14本の箸が伸びた。刺身は後回し、乳首をつまみ、クリトリスをつつく。と、徐々に彼女の体がピンク色に染まっていく。
「あん、あーん」あえぎ声が漏れたところで、いよいよ刺身だ。パイパンの割れ目を赤貝でなぞれば、したたるマン汁が最高の隠し味となる。飲むのは当然、ワカメ酒。ツルツルのオマンコじゃ絵にならないと、本物のワカメを敷いて日本酒を注ぐ。もう、あとはやりたい放題。うなぎを挿入して皿の乱れを鑑賞したり、直接、紙めたり。1時間も経たぬうち、ご乱交タイムへと突入したのだった。
メニューに載せた寿司バーが出現し、女子大生に寿司や刺し身を盛りつける料理屋が話題を呼んだ。が、いずれも女性活動家の逆鱗に触れ、国際問題にも発展しかねない勢いで抗議が殺到したという。外国人はわかっちゃいない。恥ずかしがる皿役の女性を愛でながら、ワカメ酒を楽しむ風雅は、初代総理大臣、伊藤博文が確立したとも言われる素晴らしき日本文化である。
外圧に屈することなく改めて女体盛りの作法を学び、後世に伝えていこうではないか。さて、ここは西新宿のとある居酒屋である。シャッターが閉められた店内にはサラリーマン風の7人と、OL風の女性がー人。何でも、夜ごと店で顔を合わせるうち女体盛りの話で意気投合、現在は月ーのペースで実演を楽しんでいるのだとか。

【エロ画像】スジマン・メコスジと呼ばれるオマンコ食い込みがスケベ

a014.jpga015.jpg
海の向こうでキャメルトゥと呼ばれるオマンコ画像が、新たなムーブメントを巻き起こしている
ご覧のように、下着や衣服がパツンパツンに食い込んだ股間の様子を「ラクダのつま先」に例えただけのことだが、すでに米国では「キャメルトウ」と言えば「オマンコのことね」と即座に答えが返ってくるほど国民の間に浸透しているという。
ネット上にもいくつかの専門サイトが存在し、バラエティに富む画像を堪能することができるばかりか、より美しく膨らみのあるトウを演出するための矯正器具、「キャメルトウカップ」なる商品まで登場。
3人組女性ポップグループによる「キャメルトウソング」がリリースされ、ピチピチパンツを履いて歩くお姉ちゃんたちに「でも君たちの股間を見てごらん、キャメルトウになってるよ」と歌いあげ、人々の笑いを誘った。
日本でも古くかり食い込みー「スジマン」「メコスジ」など呼ばれて親しまれきたこのジャンル。改めて注目すれば、2つの大陰唇の膨らみが、下着や水着のVラインと共に織りなす様は、まさに究極のエ口スと言えるのではないか。皆さんも身近なところでキャメルトウを探し、楽しんでみてはいかが?
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます