カツラのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:カツラ

  • 2018/10/03その他

           町中で、明らかにカツラのおっさんを見かけたとき、口元がムズムズしてくるのは俺だけだろうか。生え際、毛の量、質。どこをとっても故パンチョ伊東氏や例の原発保安院の男性のような頭を目にすると、ひどく胸がざわついてしまうのだ。バレバレですよと教えてやりたい!みんな、同じ気持ちのはずなのに口にしないのは、怒られるんじゃないかという怖れと、わざわざ指摘するなんて可哀想...

    記事を読む

  • 2018/08/17突撃リポート

             おれは裏モノでこんな企画を行ったことがある。街中でカツラ男性を見かけるたび「それってヅラですよね」と指摘するという内容だ。失礼きわまりないこの行動は、決してカツラであることをからかおうとしたのではない。ヅラがバレバレであることをあえて伝え、事態の改善を促すことが目的だった。もうちょっと自然なカツラに変えたらどうですかと。しかしあれから数年、事態...

    記事を読む

明らかにカツラのおっさんにそれってヅラですよね?と聞いてみた

0218_201810031820225e4.jpg 0219_20181003182024cf9.jpg 0220_20181003182025596.jpg 0221_20181003182026780.jpg 0222_20181003182028333.jpg 0223_20181003182029df9.jpg 0224_2018100318203186d.jpg 0225_201810031820321e3.jpg
町中で、明らかにカツラのおっさんを見かけたとき、口元がムズムズしてくるのは俺だけだろうか。
生え際、毛の量、質。どこをとっても故パンチョ伊東氏や例の原発保安院の男性のような頭を目にすると、ひどく胸がざわついてしまうのだ。バレバレですよと教えてやりたい!
みんな、同じ気持ちのはずなのに口にしないのは、怒られるんじゃないかという怖れと、わざわざ指摘するなんて可哀想という憐憫のためだと思う。でもそれって正しいのか。俺だって、デブやチビ、ハゲといった肉体的欠陥をあげつらうのは、人としてどうかと思う。子供のイジメみたいなもんだ。
しかし、ヅラがバレバレだと教えてあげることは、今後の改善につながるありがたいアドバイスなのではないか。いわば、チャック開いてますよ、スカートめくれてますよ、などと同じ種類の。
「失礼ですが、それってヅラですよね?」
俺の勇気は、その場では煙たがられても、いずれ感謝されるに違いない。東京・上野は初夏を思わせる陽気に包まれていた。通りには、すでに半袖姿の人たちがあちこちで見受けられる。駅の周辺をてくてくと歩きながら、行き交う男性の頭を注意深く観察すること小一時間。最初のターゲットが現われた。50代後半と思しきサラリーマンで、オールバック気味の七三分けが、「太陽にほえろ!」の殿下を思わせて粋だ。が、悲しいかな、生え際がマジックで線を描いたようにクッキリしている。まるでヘルメットじゃん。すぐに後を追う。が、今さらになって心臓がバクバクしてきた。いきなりブチ切れられたりしないよな…。スー、ハー。大きく深呼吸してから男に声をかける。
「あの、すいません」
「ん、なに?」
人の好さそうな笑顔が返ってきた。さあ、言うぞ言うぞ。
「それってカツラですよね?」
一瞬、男性はキョトンとした表情を見せ、それから訝しげにこちらをにらむと、返事もせずにスタスタと歩き出した。気分を害したらしい。追いかけるように横に並び、さらに言葉を投げかける。
「カツラってわかりますよ」
「……」
無言の男性はこちらを振り向くことなく、競歩のようなスピードでそそくさと駅の構内に消えていった。続いて、アメ横の年季の入った洋品店で、恰幅のいい初老の男性に目が止まった。もろヅラだ。
ハゲた部分がヅラの守備範囲を大きく上回っているせいで、ところどころ地肌がむき出しになっている。頭のてっぺんはふさふさなのに、横や後ろはすだれ状態って、あなた。何がなんでも忠告しないと。オッサンが店から出てきたタイミングですっと側へ近寄る。
「あの、それカツラですよね」
恐る恐る尋ねる私を、オッサンはキッとにらんで立ち止まった。
「いきなり何を言いだすんだ。非常識だろ」
「いや、カツラのサイズが合ってないんじゃないかと…。地肌が見えてますよ」
「え?」
一瞬、慌てたように手ぐしで髪をセットするオッサンだったが、鏡がないので状態は悪化するばかりだ。あちゃ〜。
「いや、それだと余計に…」
途端にオッサンの声のトーンが荒くなった。
「オマエちょっとオカシイだろ! 
だいたいね、初対面の人間にそういうこと言いますか? 私だってね、かぶりたくてかぶってるわけじゃないんだよ」
「いや、かぶるのはいいと思うんですが、あまりにバレバレなので…」
「何様だこの野郎! もうあっち行けよ!」
うーん、どうもアドバイスとは受け取ってくれないみたいだ。立ち飲み屋が並ぶ入り組んだ路地で、怪しいオッサンを発見した。たっぷり過ぎる毛量といい、風にピクリともなびかない石のような質感といい、ヅラとしか思えない。自販機でお茶を買っているところに接近だ。
「違いますよ」
ちょっと驚いた様子で、しかし男性はキッパリと言い切った。またまたぁ。そんなウソついても騙されませんよ。
「これ、植毛したんですよ。…どっか変ですかね?」
ほう、植毛だったか。なるほどカツラじゃないな。そいつは失礼しました。
「そうでしたか。てっきりカツラかと」
「そっかー、やだなぁ」
髪を横に縦にとなで回しながら彼が言うには、以前、頭頂部の髪がほとんど抜け落ちてしまったため、180万もの大金をつぎ込んで植毛手術を受けたらしい。
「自分では元通りになったって喜んでたんだけどね。でもカツラっぽく見えるならガッカリだなぁ」
 心底残念そうにため息を吐いている。さすがの俺も気の毒になり、ペコリと頭をさげた。
「すいません、なんか余計なことを言ったみたいで」
「ううん、いいよ。君が教えてくれなかったら気づかなかっただろうし。近いうちにクリニックに行って相談してくるよ」
 これぞ、当初の目的を達成した形だ。でもあまり大金をつぎ込まないようにね!間もなく、またもやヅラレーダーに不審人物が引っかかった。このオヤジさん、頭頂部とそれ以外の部分の毛色がまったく違うじゃないか。駅構内に入ったところで声をかけると、男性は少し間をおいてから笑顔を見せた。「そうですよ」
おっと、あっさり肯定するとはいさぎよい。
「毛の色が違うんで、きっとそうなんじゃないかなって思ったんですよ」
「へえ、そうですか。完全に薄くなってからつけ始めたので、会社の同僚はみんな知ってるんですよ」
「反応はどんな感じですか?」
「別にフツーですよ。若い女性には、若返りましたねって言われますけど」
ヅラってのは変に隠そうとするより、この人みたいに堂々と、メガネやめてコンタクトにしましたぐらいの態度で使い始めたほうがいいのかも。当人にとっても周囲にとっても。大通りの歩道で、中年男性の神々しい後頭部が飛び込んできた。あのびっちり四角い七三のフォルム、ボリューム過多の毛量はヅラに間違いない。
「それってカツラですよね?」
「いやいや、違うよ」
何がオカシイのか、オッサンはニヤニヤと笑って手を振った。ウソだ!こんな不自然な髪型あるわけがない。
「ははは、本当だって。ちゃんと生
え際見てごらんよ」
お言葉に甘え、目を近づけてチェックした。確かに毛は1本1本、頭皮の毛穴から生えている。このオジサン、恐ろしく毛が太くて多いだけだったのだ。あーらら、やっちゃったよ…。
「失礼しました…」
「ハハハ、俺には誰も直接言ってこないけど、たまに友だちが『あの人ってカツラですか?』って聞かれるみたいだよ。まったく失礼しちゃうよな。なんでみんな間違えるかなぁ」
たぶん、というか間違いなく髪型のせいです。同じ歩道には、かなりパンチの効いた外見のオヤジも歩いていた。鳥の巣のようなくるくるパーマのかかったカツラをてっぺんにちょこんと乗せ、横や襟足はストレートのまま無造作に伸ばしている。フタを取ったら落ち武者スタイル確実だ。
「えーー? 私がー? ふふ、違いますけどー」
違いませんって。それがヅラじゃなかったら切腹しますよ。
「いえ、カツラですよね」
「違いますよー」
オヤジはニヤニヤしたままだ。どこから来るんだ、その自信は。こっちもムキになってきた。急所を突いてやる。
「あのう、オデコのところ、少しめくれ上がってますよ」
「え……」
 オヤジの目が中空を見つめた。
「……買ってから時間が経ったからなぁ。傷んじゃったのかなぁ」
「そうかもしんないですね。また買い直せば大丈夫だと思いますよ」
「そうだなぁ」
虚ろな目をしたオヤジは、夢遊病者のようにふらふらと立ち去っていった。喫煙所でレーダーが反応した。 推定年齢40才。キッチリ横分け、定規で線を引いたような生え際が目にまぶしいパンチョタイプのカツラである。光沢がありすぎて鉄腕アトムみたいだ。ただ問題は、ずいぶんと怖そうなお方なことだ。これまでの相手とはちょっと顔つきが違う。こいつは勇気がいるぞ。
「すいませーん。それってカツラですよね?」
いきなりの問いかけに男性はサッと色を失い、すぐに眉間にしわを寄せてこちらを見据えた。
「は? カツラじゃねーよ」
こいつは手強そうだ。
「ホントですか。カツラにしか見えませんけど」
チッと舌打ちが聞こえた。
「おめえ、何なんだよ。カツラじゃねえっつってんだろうが!」
「ちょっと触っていいですか?」
「ダメに決まってんだろ、バカ!
あっち行けよ!おちょくってんのか?失礼なヤツだな。おい!」男性のこぶしが俺の肩にめり込んだ。痛ってぇ〜。
「今度わけわかんねえこと言ったらマジでぶっ飛ばすぞ」まったく、こういうことがあるから、みんなアドバイスしたがらないんだよな〜。駅のホームに立っていたのは、カツラを被っていたころの故青島幸男そっくりのオッサンだ。
「すいません。それってカツラですよね?」
オッサンの反応は、本日で一番、予想外なものだった。
「おっ、何や、わかったか!」
ニカっと笑い、えらく楽しげである。なんだなんだ?
「いや、ちょっと、わかりやすいカツラだったもので」
「そやろな。ワシもこんなん被りたないもん。今日みたいな日は特に蒸れるしな」
「でも、いつもつけてらっしゃるんですよね?」
オッサンは大げさに手を振った。
「いやいや。普段はつけてへんよ。仕事で得意先に出向くときとか、フォーマルな場だけや。エチケットっちゅうやっちゃな」
陽気なオッサンは関西で小さな会社を経営していて、昨日から出張で東京に来ているのだという。そんなわかりやすいヅラをつけて営業にいったら、先方にムダなプレッシャーを与えると思うのだが、この際、黙っておこう。
「カツラ歴は長いんですか?」
「もう30年近くになるかな。いまはピンでしっかり留めるタイプのやつやから安心やけどな、昔のはごっつしょぼくてな」
ヅラトークの機会が珍しいのか、オッサンは乗るべき電車を1本見送ってまで語りつづけた。
「むかし、住んでたマンションの共有玄関から外に出ようとしたきにな、突風が吹いてカツラもブワァーと飛んでいってしもたことがあるねん。ブワーって。漫画みたいやろ。あれにはさすがに血の気引いたわ。ほんでな…」
さすが関西人、コンプレックスを笑いに変えてくる。将来ヅラのお世話になる日がきたら、この人を見習おう。

モロバレなカツラーたち「そのヅラばれてますよ」と言ってみた

201511_000216.jpg 201511_000217.jpg 201511_000218.jpg 201511_000219.jpg 201511_000220.jpg 201511_000221.jpg 201511_000222.jpg 201511_000223.jpg 201511_000224.jpg 201511_000225.jpg
おれは裏モノでこんな企画を行ったことがある。街中でカツラ男性を見かけるたび「それってヅラですよね」と指摘するという内容だ。失礼きわまりないこの行動は、決してカツラであることをからかおうとしたのではない。ヅラがバレバレであることをあえて伝え、事態の改善を促すことが目的だった。もうちょっと自然なカツラに変えたらどうですかと。しかしあれから数年、事態はまったく好
転しない。相変わらずモロバレなカツラーたちは威風堂々と街を闊歩しており、周囲にヒミツが漏れているとは夢にも思ってない様子だ。これ以上、不幸な状況を放置するのは良心が許さない。いま一度、おれが立ち上がらねば。
JR上野駅にやって来た。都内の数あるエリアの中からこの地をピンポイントで選んだのにはむろん理由がある。ずさんな造りのカツラ、つまりモロバレのヅラを着用している連中が飛び抜けて多いのだ。きっと上野には彼らを呼び寄せる磁場のようなものがあるのだろう。すれ違う男性の頭部に視線を飛ばしながら構内を巡回するうち、さっそく1人目のターゲットをホームで発見した。
40後半らしき長身のサラリーマンで、どこか知的な印象を与える風貌。が、一転、生え際に目をやれば、定規で線を引いたような案配で不自然このうえない。ヅラバレの典型ともいえるパターンだ。これはほっとけませんよ。すっと近づき、周囲に聞こえないよう小声で話しかける。「あの、すいません」
「はい?」
「失礼ですけどそれってカツラですよね?」
中年男の柔和な表情が一瞬にしてこわばった。
「いえ、違いますけど」
「え、そうなんですか? でもそれカツラに見えるんですけど?」
「だから違いますって」
「生え際が不自然なんです。普通、髪の毛ってそんな風に生えないと思うんですけど」
指摘すると、男性はいたわるような手つきでヅラに触れ、眉間にシワを寄せた。
「あのさ、アナタいきなり何なの? たしかにカツラだけどそれがなにか問題あるわけ?」
おっと、ようやく認めたな。
「カツラをかぶるのは別に構わないんです。でも、バレバレなのが問題でして」
「は? 何それ?」
「ですから、もう少しバレにくいカツラに変えたほうがいいんじゃないかと」
男性が卑屈な笑みを浮かべる。
「もういいです」
「あと前髪のボリュームにも違和感が…」
「もういいってば!」
男性は逃げるようにどこかへ立ち去った。それからしばらく後、高崎線のホームで丸っこい肥満オヤジが目に止まった。これまたかなり主張の強いヅラだ。てっぺんや後ろはやけにもっさりしてるのに、側頭部の毛が異常に少ない。ヅラがサイドのハゲをカバーしきれてないようだ。さらに突風にでも遭ったのか、頭頂部の髪が思いっきりめくれ上がっており、ヅラの頭皮に相当するメッシュ部分がムキ出しに。ひどい、見てらんないよ。すかさず声をかける。
「あの、失礼ですけどそれってカツラですよね」
カッと目を見開いたまま、おっさんがゆっくりと振り向く。よもや他人からそんなことを言われるとは想像すらしてなかったのだろう。まるで幽霊でも見るような表情だ。
「な、何でそう思ったの?」
「見た瞬間わかりますよ」
「…あそう。でも別に気にしてないから」
え、バレてもいいんだ? だったらこれ以上、おれがとやかく言う筋合いはないな。不安そうにオッサンが声を発する。「で、どこが不自然だった?」やっぱ気にしてんじゃん!
「まず頭頂部の毛がめくれあがってカツラの地肌が見えてますよ」
「えっ!」慌てて髪をなで下ろしながらオッサンが続ける。
「他は? あとはどこが変?」「側頭部と他の部分にすごくギャップがありますね」
 悲痛な叫びが上がった。
「ああ〜〜やっぱそうか。そうだよね。最近、横の毛が薄くなってきたからちょっと不安だったんだよな。…そろそろ新しいのオーダーしなきゃダメだね」
うんうん。こういうセリフを聞くと、こちらもアドバイスのしがいがあったってもんだ。すぐに活動を再開したところ、ホームの自販機近くで怪しいサラリーマン(40代半ば)を発見した。前頭部から頭頂部にかけては異様なボリュームと光沢のある髪で覆われているものの、両サイドにハゲが露出しており、えり足の髪もパサパサ。いかにも、ヅラをかぶってます感がハンパない。
「あの、すいません。それってカツラですよね?」
オッサンはのっけから敵意を剥き出しにしてきた。
「無礼だな。他人に向かってよくそんなこと言えるね?」
「いや、バレバレだから別のカツラに変えた方がいいかと…」
「それが無礼だろ。なんでアンタにいちいち指摘されなきゃいけないんだよ。言っていいことと悪いことがあるだろ」
「はい。ただ、人に言いにくいことを言ってあげるのも、優しさなんじゃないかと」
ここでオッサンのテンションがトーンダウンした。
「…まあ、アナタがバレバレと言うならきっとそうなのかもね」
「いまの頭の状態にちゃんと合うものにすれば多分、大丈夫だと思いますよ」
「ああ、わかったよ。怒って悪かったね」
いいんですって、趣旨を飲み込んでくれたのなら。良いカツラが見つかるといいですね。またしてもレーダーが不審者をキャッチした。絵に描いたようなもろヅラだ。60半ばはいってそうなオヤジさんが、バッティングヘルメットのような物体をすっぽりかぶって澄ましている。出動だ。
「すいません。失礼ですけどカツラをされてますよね」
「ええ、そうですよ」
ケロッと答えるオヤジさん。ずいぶんいさぎのいい人だ。
「実は端から見ててバレバレなので、忠告したかったんです」
オヤジさんから笑みがこぼれる。
「ああ、なるほどね。あまり人からそんな風に言われないから最初ビックリしちゃった」
「すいません」
「いや、いいのいいの。僕の周りはみんなカツラのこと知ってるから」
「でも知らない人にバレちゃうとイヤじゃないですか?」「価値観の問題じゃないですかね。僕はハ
ゲ頭を見られるより、カツラをかぶってた方がいいから。オシャレのつもりなんだな」
そう言ってヅラをぺろっとめくって見せるオヤジさん。素直なばかりか茶目っ気もあるようだ。
「でもね、アナタのそういう親切心はすごくうれしかったな。言いにくいことを言ってくれてありがとうね」改善を促すアドバイスはオヤジさんにとって不要だったみたいだが、こちらの意図をちゃんと理解してくれたのは素直にうれしい。他のカツラーもこの人みたいだったらいいのに。
上野の街中へ繰りだしたところ、アメ横の雑踏で、周囲に違和感をまき散らしながら歩くオッサンと遭遇した。ヘルメット型カツラの中でも最強種と言われる、前髪がひさしのように盛り上がっているやつだ。なんであんな恐ろしいものをかぶって平然としていられるんだろう。はやく正気に戻してあげないと。
「すいません、それってカツラですよね」
「そうだけど」
チラッとこちらを見たオッサンは表情も変えずスタスタと歩を進める。構わず続けた。
「周囲にバレバレですよ」
「ふ〜ん、あ、そう」
「もう少しまともなカツラをつけた方がいいと思います」
「あそう。このカツラ、マトモじゃないんだ」
オッサンは困ったような顔で考え込んでいる。今さらひさしタイプの購入を悔やんでいるのか。
「失礼ですけど、そのカツラはどこで買ったんです?」
「ん? …いや、買ったわけじゃないんだよね」
何だか奥歯に物がはさまったような言いぐさだな。オッサンが照れ笑いを浮かべ、くるりと顔を向ける。
「私ね、カツラ屋をやってるの。これも自分の店で売ってるものなんだけどさ」げげ、マジ!?
二重で失礼なこと言っちゃったよ!
「あの、すいませんでした。そんなこととは知らず…」
「別に謝らなくていいよ。でもちょっと考えさせられるよね。自分ではいいカツラだと思ってたんだけど、店のお客さんに悪いことしちゃったのかな」
はい。非常に申し上げにくいんですが、その型番は廃番にした方がよろしいかと思います。
上野公園近くの交差点で奇っ怪なヅラを発見した。ところどころ髪が変色し、全体もロウで固めたようにガビガビになっている。何というか、見る人を不安な気持ちにさせる危うい質感だ。問題は、かぶってる人がちょっと強面なことだ。推定60才。眼光がやけに鋭い。こいつはちょいと勇気がいるな。
「すいません、それってカツラですよね」
いきなりの質問にさっと色を失い、オッサンが睨みつけてきた。
「違う! バカなこと言ってんじゃないよ」
やはり手強そうだぞ。
「でもそれ、カツラにしか見えませんよ」
「バカ野郎、違うって言ってんだろうが!」
「ちゃんとしたカツラに変えた方がいいと思うんですけど。なんかゴワゴワしていかにも不自然に見えますよ」
「……」
オッサンはいったん沈黙し、やがてまた口を開いた。
「うちのカミさんにもキミと同じことを言われて、この間ケンカしたんだ。自分では大丈夫と思ってても、やっぱり他人が見るとわかるんだな。はぁ〜」
自分に言い聞かせるようにつぶやくと、オッサンはゆらゆらと人混みの中に消えていった。ひどいヅラに出くわしたのは、アメ横そばのアダルトショップだ。使用者は70近いジーサンで、頭上に未知の宇宙生物を乗っけてるような有様になっている。熱心にアナルプラグを物色しているところ、まことに恐縮だが、いざ突撃だ。
「あの、すいませ〜ん。それってカツラですよね」
やや間があってジーサンが口を開いた。
「…わかりますか」
「ええ、かなりはっきりと」
てか、これでバレてないと思ってたなら認識が甘すぎるとしか言いようがない。しかし、ジーサンは納得がいかない様子だ。
「うーん、生え際はちゃんと隠れてるし、普通はわからないと思うんだけどね」
「いや、それは…。髪型も頭から浮き上がった感じも、どう見たってカツラってバレバレですよ」
「それはアナタが目ざといからじゃなくて?」
「はい。100人見たら100人カツラだって断言しますよ」
「え〜そこまで…。でもこれ、買い換えたばかりなんだけどな」
新しくても、役に立たなければ何の意味ありません。次回はご自身にフィットするものを選んでください。立ち寄ったコンビニでレーダーが激しく反応した。なんだあのヅラは!ぴっちりとしたあの横分け、まるで能に出てくるオカメのお面じゃないか。
「すいませ〜ん、それってカツラですよね」
「ええ、そうです!」
50過ぎのオッサンが元気に答える。どことなくうれしそうに見えるのはナゼだろう。
「失礼しました。ちょっとわかりやすすぎるカツラだったので」
「はい、すいません。わざわざありがとうございます」
「ちゃんとしたものに変えた方がいいと思いますよ」
「ええ、ありがとうございます」
ペコペコと頭を下げるオッサン。しかしやはり、その表情はどこか楽しげだ。…この人、もしかしてカツラのことを突っ込まれて喜んでる? 
「こちらからカツラのことを指摘しといて何ですけど、あまり気分を害されてませんよね?」
オッサン、今度は明らかな笑顔になった。
「ええ、ええ。私、このカツラで出歩くのが好きなんです。みんなギョッとするでしょ。それが楽しくて。だからアナタみたいな反応もうれしいんです。ありがとうございました」
想像の斜め上をいく展開だ。わざとモロバレなヅラをかぶって楽しんでいるなんて。こりゃまさに余計なおせっかい以外の何者でもありませんわな。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます