カフェのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:カフェ

  • 2019/10/27援助交際・パパ活

    女性は若くても30代後半、メインは40代の出会いカフェです。しかもマジックミラー式の例のあれではなく、男は個室で待つシステム。いかにも地雷を踏みそうで魅力を感じないかもしれませんが、なぜかいつも大盛況です。この店、熟女のツブが揃ってるんです。黒木瞳みたいな人がやってきたこともあるほどです。しかもみなさん歳を食ってるだけあり、割り切った話をしやすい。1万円出せば相当なことまで出来るでしよう。相手が奥様と...

    記事を読む

  • 2019/10/06裏風俗・風俗体験談

    新宿ニ丁目、と言えばゲイの街。同性愛者が相手を探す《ハッテンバ》と呼ばれる店がゴマンとあるのはこ存じの通りだ。当然ながら、オレたちノンケの男でも、ホモの店なら出入り自由だ。が、レズビアン(通称ビアン)が集うバーなどは男子禁制が原則。女が女をどうやって口説くのか興味津々なれど、その世界に足を踏み入れることはまかりならぬらしい。ところが、何でもアリのこのこ時世、探せばあるもんだ。何でもこの店、レズビア...

    記事を読む

  • 2019/09/20援助交際・パパ活

    1、滅多に来店しないレア就活美人は夕方5時までにさっさと売り切れる半年ほど出会い喫茶に通い詰めていると、どの時間帯に上玉の女がやってくるか、自分なりの統計のようなものができあがる。客引きに釣られてやってきた本当の純粋っ子もおります『出会い系バー』の女性客は、大半が売春目的である。話が早くてありがたいのだが、言い換えれば風俗嬢っぽい。抱いてもなんだか虚しい。そこで私は、なるべくスレてないコを探し求め...

    記事を読む

  • 2019/08/18裏情報

    真っ当な美女を待つ出会いカフェには通常のシステムと正反対の、“逆ナン型”店舗がある。文字どおり、女性客が別室にいる男性客をマジックミラー越しに物色し、指名する形だ。もちろん逆ナンと言っても、外出料はもちろん、女とセックスすることになった場合、カネは男性客が支払うため経済的なメリットはゼロだ。そもそも、自分で女を選べないシステムは面白くもなんともない。が、逆ナン店の魅力はそんな部分にはない。そのシステ...

    記事を読む

  • 2019/08/15出会い攻略

     店内は一人がけのソファがいくつも並んでおり、客は店員からタブレット端末を渡される。そのタブレットを使って店内にいる女性客とチャットをし、仲良くなったらそこで飲むもよし(バーカウンター併設)、外に出て遊ぶもよしってな流れだ。こういう店は非常に珍しいので、平日休日問わず、けっこうな賑わいだ。何よりいいのは、直接的な声かけをしなくていい点だ。店内に目ぼしい女性客を発見したらタブレットで、『黒のキャ...

    記事を読む

  • 2019/03/24援助交際・パパ活

         これまでの経験上、あの7人はエンコー不可だからこそずっと座っていることになるのだが、さてどうなのだろう。まずはあの自称旧才の学生と話してみるか。ちよいとロリっぽいが、見た目は山本梓に似た上玉だ。あのレベルが買えれば大変なこった。トーク部屋に移動し、待つこと釦秒、彼女がやってきた。「どうも。よく来るの?ココ」「うん、たまに」ウソかホントかはわからんが、よく来てますと言わ...

    記事を読む

  • 2019/02/12裏情報

    1、女子大生がわんさかの混浴。そんなAVまがいの状況がサマーシーズンにのみ起こる温泉宿だ。ここは、収容人数250人の巨大以外でも、料金を支払えば入浴できるため、近隣の安宿で夏合宿中の女子大生どもがわんさかやってくるのだ。岐阜県高山市水明館 佳留萱山荘 俺が知っているだけも、N大の広告研究会、C大のダンス部、A大の演劇研究会などは常連で、毎年のように見かける。あの、若い女集団特有の、きゃぴきゃぴとした雰...

    記事を読む

  • 2018/12/08裏風俗・風俗体験談

    1、日本人温泉スナック嬢のお部屋にお邪魔して朝までハメまくる2、手コキやフェラまでしてくれる20代だらけの居酒屋コンパニオンただの居酒屋コンパニオンではありません。派遣されてくるのは、スーツやキャミソール姿のセクシーな女の子たちで、大半が20代前半。最初は普通にお酌をしてくれる程度なのですが、酒が入るとエ口ゲームが始まります。「野球拳」届のサイズ当て」「王様ゲーム」などラインナップは選り取り見取りです...

    記事を読む

  • 2018/09/21出会い攻略

      ここは自分たちで調理を行う変わりダネ居酒屋で、自然とキャンプみたいな感覚になる。しかも、料金が激安(料理は材料費のみ、酒は一杯150円〜)なので、珍しいモノ好きの若い女性客グループが集まっている。となると、やることは一つだ。まずは、男2〜3人組で店に入り、適当な席に座ろう。しばらくして、女のコグループが調理場に向かったら、こちらも材料を片手に調理に行く。その後は、隣併せで料理をしつつ「...

    記事を読む

  • 2018/09/18裏風俗・風俗体験談

      友達と一緒にソープに行き、受付で出勤嬢をチェックすると、10代は一人だけ、他はみんな20代みたいなことがたまにある。困ったものだ。が、このソープは問題ない。ここ、すすきので一番18才嬢の在籍が多い店で、3人組客とかでも対応できるほど数が揃っている。道産子なら絶対に押さえておくべき店だ。すすきの駅5番口から徒歩2分。カラオケ館向かい北海道・札幌 ラ・メ●ド仙台のデリヘルが素敵なオプションを作っ...

    記事を読む

女子大生祭りの店に黒木瞳クラスも現れる熟女店|人気出会いカフェ体験談

0102_20181231113123202_201910251252393eb.jpg0103_2018123111312593c_2019102512524124f.jpg0104_2018123111312660b_2019102512524396e.jpg0105_20181231113128658_20191025125247e73.jpg0106_20181231113129a3c_20191025125249b63.jpg0107_201812311131312e0_20191025125249169.jpg
ajk070_20190805214850235_2019102512583634b.jpg0083_20190328135915bfb_20191025125237482.jpg
女性は若くても30代後半、メインは40代の出会いカフェです。しかもマジックミラー式の例のあれではなく、男は個室で待つシステム。いかにも地雷を踏みそうで魅力を感じないかもしれませんが、なぜかいつも大盛況です。この店、熟女のツブが揃ってるんです。黒木瞳みたいな人がやってきたこともあるほどです。
しかもみなさん歳を食ってるだけあり、割り切った話をしやすい。1万円出せば相当なことまで出来るでしよう。相手が奥様ということもあり、昼間の時間帯が賑わっています。
女子大生祭り
男が個室で待機し、女性を待つというという逆ナンシステムを採用している出会いカフェだ。女は積極的にエンコーを持ちかけてくるため、こちらはそれに応じるか応じないか答えるだけでいい。つまり、男性側は終始有利な立場で交渉を進められるのだ。
「ねぇねぇ、ちょっとエッチなことしよーよー」と持ちかけられても
「うーん、キミだったらフェラで3千円かな」なんて言って。個室はわりと広いのでその場でおっ始められるというのもポイントだ。

レズビアンカフェでペニスバンドを装着した生セックスを鑑賞する|裏風俗体験ルポ

0230_20191006201016326.jpg0231_20191006201018abe.jpg0232_20191006201019008.jpg0233_2019100620102130b.jpg0234_201910062010221ad.jpg0235_20191006201024d28.jpg
新宿ニ丁目、と言えばゲイの街。同性愛者が相手を探す《ハッテンバ》と呼ばれる店がゴマンとあるのはこ存じの通りだ。当然ながら、オレたちノンケの男でも、ホモの店なら出入り自由だ。が、レズビアン(通称ビアン)が集うバーなどは男子禁制が原則。女が女をどうやって口説くのか興味津々なれど、その世界に足を踏み入れることはまかりならぬらしい。ところが、何でもアリのこのこ時世、探せばあるもんだ。
何でもこの店、レズビアン中心の力ップル喫茶で、週末のイベント時につき男女カップルの入場も許可しているらしい。となれば、レズと力ップルが入り交じっての複数プレイもありだよな。いや、とにもかくにも、オレとしては、素人女性のレズプレイを生で見てみたい。目の前で、豊満美女の力ップルがくんずほぐれつなんて、想像しただけで我慢汁が出そうではないか。正直、その光景を見ながら自分でシコっても十分なのだが、参加にはパートナーが必要だ。頭に浮かぶ女はー人しかいない。1カ月ほど前に合コンで出会った恵理佳(30才/派遣OL)。週にー人は新しい男を食わなければホルモンバランスを崩しちゃうという正真正銘の変態オンナである。2回ほどヤッて飽きちまったが、ヤツなら断りはしないはずだ。「久しぶりっす。最近、ホルモンバランスはどうよっ」
「いやあ、ボチボチかなあしたの、急に」
「ちょっとな、いい話があるんだ。レズビアンが集まるサロンに行かねえかっ」
「はい?何なの、それー。アタシ、男が好きなんだけど」
チンポが大好きなのはわかってますって。でも、編されたと思って居酒屋に行くような軽ーい感じで体験してみないっ頼むから、なっなっ。
「…仕方ないなあ。じゃあ、つまらなかったらすぐ帰るからね」
エロさの欠片もない住宅街に店はあった
3日後の週末夜9時過ぎ、事前にネットで予約を入れたオレは、いまいち乗り気じゃなそうな恵理佳を伴い、銀座から馬喰町方面にタクシーを飛ばしていた。店の正確な場所は、当日、電話で教えるとのこと。指示どおり、車中から携帯で道順を聞き、車は住宅街に立つマンションの前に辿り着いた。こんな、エロさの欠片もない場所にビアンが集結してるのか…。オレは、おっかなびっくり、インターフォンを鳴らした。「金田ですが」「ああお待ちしてました」
女性の声が聞こえ、頑丈なオートロック扉がオープン。そのまま工レべータで指定の部屋に向かう。「さあさあ、どうぞー」ドアが開き、30代後半と思しきワンピース姿のママがにこやかに出迎えてくれた。元サーファーを連想させる色黒の肌、昔はさぞかし美人だった思わせるルックス。彼女もレズなんだろうか。
「さあ上がってください。普通のマンションでびっくりしたっ確かに内装は普通だけど、奥でやっていることは普通じゃないから。うふっ」
ママの先導で、さらに奥へ進み、事務所のような机がーつとパソコンがー台あるだけの部屋に案内されたっ
「ここは、基本的にレズのために作られた店なんだけど、週末だけは特別で、力ップル参加もOKなの。今日はレズに交じつて楽しんでちょーだい。さ、シャワーを浴びてリビングへ行くわよ」
初回料金の9千円(時間無制限、ドリンクー杯500円)をママに手渡し、バスタオル片手に浴室へ。んっ恵理佳、何か浮かない顔してるけど、どしたっ
「レズに襲われたりしないよねっもしそうなったら、ちゃんと止めてくれるよねっ」
どうやら、さきほどの「レズに混じって楽しむ」ということばを聞いて、急に怖くなってきたらしい。って、もう遅いんじやー
オレと恵理佳が、それぞれパンツー丁、バスタオルー枚の姿でシャワールームを出ると、待ちかまえていたようにママがリビングを指差した。見れば、12畳ほどの部屋内には、かすかに間接照明が灯っており、レズカップルー組に、男女の力ップルー組が各ソファの端に座り、互いに曝くように話し合っている。とっても卑狼。
「あ、紹介するわね。こちらのレズカップルは常連さんここで知り合つた力ップルさんなのよ。どう、黒髪ロングで顔も似ているでしょっよく姉妹かと勘違いされるらしいのよ。そして、こちらの力ップルさんは、今回が初めて。ハプニングバーとかによく行くっていう話よ。趣味は相互鑑賞だったかしら」「ど、どうも。初めまして」
緊張しつつソファに腰を下ろし、改めて先客を観察する。レズカップルは、2人とも30代前半で、ルックスは肉付きの良い中森明菜といったところだろうか。なるほど。確かによく似ている。一方、男女の力ップルは、男性が30代後半のギョーカイ人風で、女性が水商売風の20代後半。両組ともが、互いのパートナーと見つめあっている。中森明菜がオレたちを一瞥し、トロけるような声で言った。「ここは、何でもありなの。ほら、あそこにもエ口グッズが満載でしょっ」
仰せの通り、テーブルに所狭しとオモチャが並んでいた。巨大バイブにローター、マッサージ器に普薮鞭、ローションに裏ビデオ。織議に座る恵理佳の表情が、心なしか輝き始めたように見える。
「これ、中で動くのよ。試してみるっ」いつのまにかランジェリー姿になったママが登場し、オレたちの隣で腰をくねらせ始めた。彼女が手に取ったのは、クリトリスと性器を同時にせめる複合バイブ。やっばりアンタ、レズだったのね。バイブのスイッチを入れながらママが恵理佳に近づいてきた。
「ワタシ、レズじゃないよ。」「大丈夫よ。レズは経験的なの」
すでに赤ら顔の恵理佳を引き連れ、ルームに足を運ぶと、一面に簡易マットが敷かれたわずか6畳のスペースで、トンデモないことが始まっていた。レズカップルのー人が土佐犬のように威風堂々と四つんばいになると、もうー人がペニスバンドを装着。そのまま挿入し、ものすこい勢いで腰を動かしている。
「アカネちゃん、今日もあなたは美しいわよ」「レイナちゃん、激しいよーああ、うう、ふう」
全身汗まみれで絶叫する2人を、恵理佳が口をポカンと開けながら凝視している。オレも口の中に唾液が溜まってしかたなー」
「あら、今日も激しいじゃない。アタシも交ぜてほしいわよ」
我慢できなくなったのか、ママがバックで挿入する2人の背後に回り、交互にディープキスを強要し始めた。と、それに応じた2人が今度はママを押し倒しもう、たまらんなあ、オレたちも行こうよ
肩を叩くオレの手を、彼女はやんわりと振りほどいた。この期に及んでも、まだ抵抗があるらしい。んーどうしたらいいんだーイラつくオレの傍らで、男女力ップルが固唾を飲んでレズプレイを覗き見していた。彼らも、参加には騰踏してるようだ。こうして、何もできぬままプレイは終了。勃起が治まらないが、今日はこれで退散とするか。
はあ生殺しだぜ。帰り際、タクシーの中で、恵理佳が不思議そうに聞いてきた。
「ねえ、さっきのあれって何を入れているのっ」「チンポだよ、ダミーのチンポ」「ふーん」
その表情が一瞬、和らいだのをオレは見逃さなかったり
昼間は男だけのゲイサロン
差し当たって、レズプレイ鑑賞の夢は実現した。が、やはり、祭りは参加してこそ意味がある。オレは再び、恵理佳を誘った。頼む、オレを男にしてくれー
「本当は私だって楽しみたいんだけどなあ。レズはちょっとムリかもだけどまあ、終電までだったら最後にー回、付き合ってあげてもいいよ」
言い方が明らかに柔らかだ。恵理佳、オマエも本当はヤリたいんだろ。素直になれよ。「また来てくれたのね。どうぞどうぞ」
翌週末、再び顔を出したオレたちを、ママは相変わらずの笑顔で迎えてくれた。んっ後ろに立ってる、上戸彩をちょっと老けさせたような20代半ばの女は誰だっもしや単独女性っ聞けば、彼女、店内の雑用を任されているバイト嬢らしい。自身もビアンで、「ママにいつも可愛がられて」いるそうだ。
「はじめましてえ。25才、由香といいます」
この白い肌に凹凸のある肉体、可憐でつぶらな瞳。レズにしておくのはもったいないくらいの上物だ。場合によっては、彼女と恵理佳とオレで3Pなんてことも、あったりしちゃうのかーとりあえずシャワーを浴びリビングに移動すると、すでにー組のレズカップルがグラスを傾けていた。ー人が黒髪でキツめの30代、もうー人は水商売をやってそうな茶髪の20代後半だ。
「初めまして、私たち、ここは3回目なんですよ。いつもママにはお世話になってて。今日はよろしくおねがいしますね」
ルックスはさておき、感じの良さそうな2人ではある。どうやら今日の参加者はオレたちと彼女らだけらしい。いや、ママと由香も含めて、計6人か。にしても、この店、どうやってレズカップルを集めてくるんだ。
「あのね、ここって昼間は男のお客さんだけのゲイサロンになっているの。で、夜はレズサロンに変化するのよね。あの力ップルさんは、昼間のお客さんの紹介で来てくれた方々なのよ。まあ、新宿二丁目関係のレズ友達ってとこよ」
ゲイは男女問わず仲がいいと言うけど、いやあ昼間には絶対来たくないな。
お願いだから早く入れて。なんでも許しちゃうー
最初はエログッズ談義に一花咲かせ、みんなでジントニックを飲んだ。
恵理佳もー杯、2杯、3杯とハイスピードでグラスを空けている。心なし、前回よりもリラックスしてるようだ。四分ほどたったころ、バイトの由香が恵理佳の体を触り始めた。
「ツベツべだね、え。背中、ツベツべだねえ」
巧みなタッチが効いたのか、恵理佳に、さして抵抗する素振りはない。いっちゃえ、このままー
「ほら、こんなのもあるのよ」由香が濡れた声で畷き、ビンクローターにコンドームを被せた。そして、恵理佳の股間周辺をサワサワ。どうだ、イケるか恵理佳。恵理佳は、1瞬、生唾を飲み込みながら身体を反ると、何かを決心したかのように無言で額いた。
「いい子だねえああ、いい子だねえ。うっふん」完全にセクハラ好きのオバ顔になった由香が、要領よく恵理佳のパンツを脱がせ、極太バイブを挿入する。
ウィィィーン。クィィィーンーバイブが、ものすこい速さで回転し始める。恵理佳は由香の頭を撫でている。あれほど男好きを公言していたのに、完全にレズ顔になってやがる。
「ああああー」「恵理佳さん、可愛い」「はあはあ。もうヤバい、マジでイクからあー」
興奮しきった2人が、当然のように舌を絡ませる。いやあエロい。
「入れていいかしらっねえ、入れてみたいんです」
女が言って、恵理佳が応じる。
「お願いだから早く入れて。由香ちゃん可愛いのお。なんでも許しちゃう」
由香が首尾良くペニスバンドを装着、ソファに横たわる恵理佳の体に覆い被さる。
「ああんーうんうんああん」
大きなアエギ声と一緒に、ジュブジュブと愛液の潜む音が聞こえてきた。いつしか、ソファ席にいたレズカップルも、腰を抱き合い、股間をまさぐり合っている。
「ああああああ」5分後、一際大きいアエギ声が響き渡り、恵理佳と由香が床に倒れ込んだ
「ふ、っ、ふ、っ。由香ちゃん」「イッちゃったのかな。恵理佳さん」頬を上気させ、2人がしっかりと互いを抱きしめる。はあ、もうたまらんーオレはギンギンになったイチモツをパンツの上から擦り、1人唾を飲むことしかできなかった。
あれ以来、恵理佳はレズに目覚め、『男漁り』をピタリと止めてしまった。果たして、彼女をビアンカフェに連れて行き正解だったのか。はあ、女は変わり身、早いのう

出会いカフェ・喫茶で値引きや無茶なプレイの交渉がしやすい女の特徴|パパ活体験談

0070_20180916094353ba5_2019092007010359a.jpg0071_20180916094354bf0_2019092007010421f.jpg0072_20180916094356423_20190920070105499.jpg
1、滅多に来店しないレア就活美人は夕方5時までにさっさと売り切れる
半年ほど出会い喫茶に通い詰めていると、どの時間帯に上玉の女がやってくるか、自分なりの統計のようなものができあがる。
客引きに釣られてやってきた本当の純粋っ子もおります『出会い系バー』の女性客は、大半が売春目的である。話が早くてありがたいのだが、言い換えれば風俗嬢っぽい。抱いてもなんだか虚しい。そこで私は、なるべくスレてないコを探し求めているわけだが…。
『出会い系バー』は、だいたいどこも、店先で呼び込みをしている。
「おねーさん、入場料タダなんで。ドリンクも3杯、フードも2品まではタダなんで、寄っていってくださいよ」
だからときどき、客引きに釣られるカタチで、普通のコもやってくる。こちらがワリキリを持ち掛けると、驚いてドギマギするようなコが。
「えっ、ここってそういう場所なんですか?」
「知らなかったの?」
「…相席のお店みたいなもんだろうと思ってたんですが」
もちろん彼女ら、ワリキリ嬢じゃないので、すんなり援交の話には乗ってこない。「そういうのはムリです」とか何とかかわしてくる。とはいえ、タダ飯のフレーズに引かれてやってきた人種だ。5千円ほど小遣いを出して「とりあえず飲みにでも行こうよ」と言えばまず乗ってくるし、いざ移動した飲食店で2万円くらい現金を握らせれば、心が揺らいでくれるものだ。信じられないかもしれないが、あるお見合い形式の出会いバーでは、かなりの美少女とタダマンできたこともあった。
2、値引きや無茶なプレイに応じやすい女のある行動とは?ある行動とは?
出会い喫茶で値引き交渉がしやすい女っていますよね。それがトークルームに入る前にわかったら、便利だと思いませんか? 
これは出会い喫茶の構造を利用した判別方法なんですが、女が待機している場所は、結構狭くて、混んでいるときは、マジックミラーとソファの間を通るのが結構大変なんです。ほとんどの女はふてぶてしく通るんですが、10人に1人くらいの割合で、他の女の前を通るときにすみませんと申し訳なさそうに頭を下げてる女がいるんです。そんな女は間違いなく融利きます。実際、このやり方で見つけた女にお願いしたらイチゴー希望のところを、イチニーにしてくれました。さらにホテルで、生でもいい? としつこく食らいついたら、ここまで来たならしょうがないという表情で了承してくれましたよ。

出会い系バーカフェのスケベな遊び方|ナンパテク

0196_201908181937325d8.jpg0197_20190818193733ba2.jpg
真っ当な美女を待つ
出会いカフェには通常のシステムと正反対の、“逆ナン型”店舗がある。文字どおり、女性客が別室にいる男性客をマジックミラー越しに物色し、指名する形だ。
もちろん逆ナンと言っても、外出料はもちろん、女とセックスすることになった場合、カネは男性客が支払うため経済的なメリットはゼロだ。そもそも、自分で女を選べないシステムは面白くもなんともない。が、逆ナン店の魅力はそんな部分にはない。そのシステム故に、真っ当な女が来やすいという点が最も重要だ。考えてみよう。通常の出会いカフェに出入りする女は、ちょっと頭のネジがハズレている。不特定多数の男に、ワリキリ女として顔をさらすなんて普通なら考えられない行為だ。
その点、逆ナン店しか利用しない女はまっとうな神経の持ち主と考えられるし、実際のところ、俺が逆ナン店で出会ったのはイイ意味で普通の女ばかりだ。変にスレておらず、言葉づかいや態度もごくごく常識的で、それこそシロート女のお手本とでもいうような。
そしてそんな中に、息を飲むような美女が紛れているのだ。ひっそり、本当にひっそり、誰にも見つからないようワリキリしているような。
拒まれない ワリキリ女は、われわれ買春オヤジのことを“金”だと思っている。どんなに見た目が清純そうなコも、「エッチが大好きなんです」とか淫乱ぶるコも、考えていることは一つ。さっさと買ってくれよ、それだけだ。
この真理を頭の隅に入れておくと、ワリキリ交渉の場、たとえば出会いカフェの『トークルーム』で、優位にアプローチできる。
「キミは普段、いくらくらいでヤってんの?」
「まぁ2とか…」
「2なんだ。3くらいかと思ったんだけど」
あえて高値を付けてあげたところで、女の太ももに手をポンと置く。
「3でも全然買いだと思うわ」
「ありがとうごさいます!」
「いやー、今日はいい日だなぁ。パチンコも勝ったし、こんなコも見つけたし」
その気満々のフリをしながら太ももを撫でまわす。嫌がられることはまずない。だって相手は、こちらが財布に見えてきているから。私はワリキリ交渉の場では、毎度、こんなふうに女の足や胸を触りまくっている。そして、ひとしきり感触を楽しんだところで、「とりあえず、もう一考させて」でバイバイだ。ナイスな作戦でしょ?
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
カテゴリ
タグ

沖縄の出会いにつながるカフェ・飲み屋・イベント・売春スポット

0108_20190914090516de3.jpg0109_20190914090518d48.jpg201506100.jpg201506101.jpg 201506102.jpg
店内は一人がけのソファがいくつも並んでおり、客は店員からタブレット端末を渡される。そのタブレットを使って店内にいる女性客とチャットをし、仲良くなったらそこで飲むもよし(バーカウンター併設)、外に出て遊ぶもよしってな流れだ。こういう店は非常に珍しいので、平日休日問わず、けっこうな賑わいだ。何よりいいのは、直接的な声かけをしなくていい点だ。店内に目ぼしい女性客を発見したらタブレットで、『黒のキャミソールの女の子、めっちゃ可愛い』などと会話をスタートさ
せられるので、俺みたいな勇気ナシ男に嬉しいシステムだ。ここだけの話、普通に食事とかカラオケ希望の女にまぎれて、エンコー女もちょこちょこいる。そんな子を、あらかじめ顔を見た上で選べるのだからその点でも素晴らしい。店員さんのノリがとにかくイイ店です。僕がここをたびたび利用してるのは、けっこうな確率で見知らぬ女性と飲めるからにほかなりません。
この店、合コン希望の男女グループが登録しており、日時が合えばいざ合コンというのをウリにしています。ですが、僕みたいに飛び込みで行っても合コンをさせてくれるのです。その場にいる女性客や、店員さんの知り合い女性を呼んでくれることも。で、即席なのでだいたい男女人数があわないことが多く、店員さんが合コンに混じって会話をリードしてくれるんですね。そんなにおしゃべりが面白くない僕らにとっては最高の相棒です。地元の人間だけじゃなくて観光客も多く、過去ワンナイトラブができた女性も旅の途中でフラっとやってきた子でした。お酒と旅の開放感のたまものです。
即席で合コンができてしまう素晴らしい店だ。ここはもともと出会いとか婚活関連のイベントなどが開催される店なのだが、フラっと入った客同士を店員が相席にし合コン状態にしてくれる。特に土日の夜8時以降は女性客3人組なんかが多いので、ほぼいける。俺みたいな地元の人間にとってイイのは、沖縄の女の子だけじゃなくて内地(本島)から来た観光客がちょこちょこ来店するところだろう。どこからか聞きつけて旅の思い出にやってくる女子大生グループとか、近くのゲストハウスに宿泊してるOLたちなどなど、なかなかお眼にかかれない層のオンナたちと馬鹿騒ぎできてしまう。
友達なんかと飲んでて女としゃべりたくなったら向かう店だ。いちおう行く前に電話すれば店内の女性客の状況を教えてくれるので、そのやり方がいいだろう。
出会い系(エンコー)の待ち合わせ&若い子が立ちんぼをするスポットとして知られている。どちらも同じようなものだが、アポ無しで持っていくなら後者しかない。「いまヒマ?」と片っ端から声をかけていこう。中にはいかにも若すぎる子もいるので、そういうのは絶対にパスすること。
地元の沖縄女で、しかも黒髪、顔があどけなくて、おまけに背が低い子ばかりを揃えている。スタッフにロリ愛好家がいるとしか思えない。そんな子が下のマンガのように、演技なのか素なのかわからないが(素だと信じたい)、恥ずかしそうに手コキしてくるのだからたまらない。悪いことをしてる感、満載だ。

めちゃハイレベルなエンコーも出来る出会いカフェ

0084_201903240618417d0.jpg 0085_201903240618429a6.jpg 0086_20190324061843a9f.jpg 0087_20190324061845d48.jpg 0088_20190324061846d2a.jpg 0089_20190324061848b75.jpgこれまでの経験上、あの7人はエンコー不可だからこそずっと座っていることになるのだが、さてどうなのだろう。まずはあの自称旧才の学生と話してみるか。ちよいとロリっぽいが、見た目は山本梓に似た上玉だ。あのレベルが買えれば大変なこった。トーク部屋に移動し、待つこと釦秒、彼女がやってきた。
「どうも。よく来るの?ココ」
「うん、たまに」
ウソかホントかはわからんが、よく来てますと言われるよりははるかにいい。マジックミラー越しでは気づかなかったけど、彼女、かなり胸もある。推定Eカップ。買えるの?
「学生なんだよね。大学?」
「ううん、美容系の専門」
3分ほど世間話をしたところで、本題を切り出した。
「ぶっちゃけ外出したいんだよね」
外出とは、要はエンコーしようという意味だ。わかるよね。常連か。今日まだ外出してな部いつてことは、もう他の客には抱かれ済みなのかも。だってこの山本梓似が2万なら普通はほっとかないだろ。
「オレ、ゴム付けるとイケないんだよね」
「じゃあナシでもいいです」
あずあずとナマ本で2万円。ここは迷わず「買い」だが、他の女の.
とも話がしてみたい。とりあえずリリースしよう。男性部屋に戻り、すぐに2人目を指名する。ノンノ系のさっぱりファッションで固めた19才だ。トークルームに呼び出し、ろくろく会話もしないまま「最後まででいくら?」と切り出す。
「最後までってどいういうコトですか?」
「最後まで」が通じないとはエンコーなんて未経験か。君はお茶だけ女なの?「あ〜、私、なめるのも祇められるのもダメなんです」
ダメとは言うけど、言い回しがずいぶんくだけてる。慣れてそうな感じだけど。彼女は続ける。
「でも、フェラとクンニ無しでゴム付けてくれるなら2万で大丈夫ですよ」
うひや、ノンノ系の口からそんな台詞が出てくるなんて。どんな店なんだよ、ここ。
続いて3人目は、20才のフリーターだ。美形のギャルで、きっちり髪の毛を巻いている。この手のお高くとまってそうなタイプは、カラオケで1万円とか言い出すんだよな。
「ねえ、キミいくら?」
ツーショットルームに誘いだし、ずばりと訊ねるや、彼女が困ったような顔を浮かべた。
「これから撮影があるから今日は無理なのお〜」
「撮影?モデルか何か?」午後7時過ぎ、大学生の来店で男性部屋が色めき立った。90点オーバーの読モクラスだ。でも、地味目の友達を連れてるのが気にかかる。2人連れってのはお茶だけってパターンが多いんだが…いやいや、ここは天国、通常のパターンはあてはまらないはず。
ライバルたちがいる中、トークルームに誘い出し、ずばりと切り出す。
「外出できる?」
「ごめんなさい。友達と来てるから、ふたり一緒じゃないとダメなんです」
はぁ。これって3人でメシ食ってパイパイってやつですよね。そんなのいらんいらん。
ところがどっこい、ダメもとで「エンコーしたい」とハッキリ言うと、
次第に彼女の態度が軟化した。「エッチ以外はダメですか?どうしても7千円欲しいんです。先客2人がトーク不成立で戻ってきた。てことはやっぱお茶だけか、あるいは希望額が高すぎるのか。ひるまずトークを申し込み、個室で待つ。目の前にやってきた彼女は、ん、やっぱりめつちやカワイイ!
「さっき2人と話したみたいだけどなんで外出しなかったの?」
「うん、条件が合わなくて……」
だよな。お茶で5千円とかじや合わないよな。オレも無理だし…。
「ゴム付きで2なんですけど…」
は?蒼井優ちゃんがいま何て言いました?
「2じゃダメですか…」
うおおおおっ!買います、買わせていただきます〜

静岡の出会いにつながるカフェ・飲み屋・混浴露天・処女捨て合宿免許

0008_201807192256278bc.jpg0078_201902121859145b2_20191110162146b5a.jpg0079_20190212185915591_20191110162147bc2.jpg201506076_20191110162540257.jpg0167_20180728081157346_20190814193010a98.jpg
1、女子大生がわんさかの混浴。そんなAVまがいの状況がサマーシーズンにのみ起こる温泉宿だ。
ここは、収容人数250人の巨大以外でも、料金を支払えば入浴できるため、近隣の安宿で夏合宿中の女子大生どもがわんさかやってくるのだ。岐阜県高山市水明館 佳留萱山荘 俺が知っているだけも、N大の広告研究会、C大のダンス部、A大の演劇研究会などは常連で、毎年のように見かける。あの、若い女集団特有の、きゃぴきゃぴとした雰囲気に包まれるよろこびは、ちょっと言葉では説明できない。唯一、難があるとすれば、女性客のみバスタオルでの入浴が認められていることだが、肌をピンクに染めたJDが、オッサンどものにやけた視線に恥じらう光景は格別だ。
2、いかにも女子が喜びそうなオシャレデザインの居酒屋で、毎週水木金土に相席イベントを開催している。入店時に相席希望とスタッフに伝え、同じく相席希望の女性陣がやって来たらめでたく合コンがスタートする仕組みだ(状況によっては女性陣が先に待っているパターンも有り)。
この居酒屋が使えるなぁといつも思うのは、個室にカラオケが用意されていることだ。カラオケがあればさほどトークが得意でなくても場を盛り上げるのはカンタンだし、もともと会話が弾んでる場合でも、さらに親密になるための道具にもなり得る。静岡にはこうした相席系の店がまだまだ少なく、相席に興味のある女がここに集中せざるを得ない状況になっているのもポイントだ。特に金曜の夜はかわいい子が多くやって来る傾向があるので是非、参戦してみては?
3、まだヤレてもいない女と温泉宿に泊まるのはさすがに無理があるけれど、ドライブ中、日帰り温泉にフラッと立ち寄るくらいなら、まだ何とかなる。ひとっ風呂浴びて休憩でもしねえ? てなノリで。まんまとOKをもらったら、目的の半分は成功したも同然だ。実はこの温泉施設では、完全個室の休憩所をレンタルできるのだ(3時間3千円)。もっとも、女がそばいるときに個室をレンタルすれば警戒される可能性もある。受付に行くのは、女が風呂へ向かったあとがいいだろう。で、入浴が終わったら、「休憩所を押さえておいたから、そっちで休もうよ」この流れで落とせなかった女は1人もいない。
4、ここの素晴らしさは、なんと言っても、免許合宿用の寮が男女共同だってことです。免許合宿という環境に、ただでさえ浮かれてしまいがちな若い男女たちが、2週間も同じ屋根の下で暮らせばどうなるか。漫画のような楽しすぎる出来事が、寮内のあちこちで起きるんです。ナンパの上手い人なら、2人目、3人目と次々に女を落とせるからパラダイスでしょう。処女捨て寮とはよく言ったものです。
5、毎年、安倍川の花火大会(今年は7月28日開催)では、会場のあちこちにある仮設トイレがいつも長蛇の列になる。女性の場合、30分以上待たされることも珍しくないので、我慢の限界に達すれば野ションを余儀なくされるワケだ。ここは、そんな女性たちが吸い寄せられるようにやってくる。それこそ漫画のように、次から次へとひっきりなしに。

完全個室のエロイ出会いカフェにとんでもないセクキャバ|大人の夜遊び体験ルポ

0064_201812081152365db_2019101310391587b.jpg0065_20181208115237158_20191013103917204.jpg0060_2018120811523036b_201910131039094b8.jpg0061_20181208115231714_201910131039116c3.jpg0062_20181208115233e64_20191013103912c85.jpg0063_201812081152345b5_20191013103914f7d.jpg
1、日本人温泉スナック嬢のお部屋にお邪魔して朝までハメまくる
2、手コキやフェラまでしてくれる20代だらけの居酒屋コンパニオン
ただの居酒屋コンパニオンではありません。派遣されてくるのは、スーツやキャミソール姿のセクシーな女の子たちで、大半が20代前半。最初は普通にお酌をしてくれる程度なのですが、酒が入るとエ口ゲームが始まります。「野球拳」届のサイズ当て」「王様ゲーム」などラインナップは選り取り見取りです。これが更に盛り上がってくると、その場で手コキまでしてくれ、さらにトイレに彼女たちを連れ込めば、フェラくらいはしてくれます。また、人によっては本番もOKというから驚きです
3、ゴム無しOK娘も。埼玉のサロンは熊谷流が熱い
西川ロでも大宮でもない。そこからずっと北西へ向かった熊谷エリアこそがホットスポットだ。この辺のお店に在籍している嬢はとにかく若く、システムは単純明快。店に入り、出された写真から嬢を選んだら、個室へと移動し、イチャイチャとお互いいい力ンジになったところで、嬢は段取りよく客のペニスにゴムをつけ、上にのっかってくる。いわゆる「個室本サ口」ってやつだ。中にはゴム無しでOKの、ありがたいんだか危険なんだかわからん娘もいるので注意されたし
4、値段もシステムも微妙に違う歌舞伎町のヌキキャバ
歌舞伎町には、俺の知る限り非合法営業のセクキャバが3軒ある。いずれも正規料金の他にチップを女のコに支払えば、手コキやフェラでヌイてくれるというものだ。各店の特徴と場所のヒントを簡単に説明しよう。スペシャルサービスを受けるための料金は嬢によってマチマチだが、ー万もあればどんなコでも余裕でフェラまでいける。3軒の中でコストパフォーマンスにおいて、もっとも標準的といえる。嬢のレベルも然りだ。(旧コマ劇近くの雑居ビル2階)。B店・どちらもフェラでー万円。ただし、なにゆえかデブ嬢が多いので、その手の女がニガテな向きにはあまりオススメできない。(コマ劇横のカラオケ館並びの雑居ビル地下)。c店・・俺の一押し店だ。なにせコースを選んで女のコを指名さえすれば、奥の個室(VIPルーム)でピンサ口同様のサービスが受けられるのだ(女のコによっては個室行きNGの場合も)指名料を合わせても4千円程度これ以上はいっさいかからない(セット料金は別。コスパの良さは最強だ
5、私が住む東東京エリアのK駅付近ではいまだに店舗型で営業しているヘルス店が存在する。これだけでも珍しいのに、このお店、さらにビックリな展開がある。イチャイチャして手マン、フェラときて、最後に素股でフィニッシュ…と思いきや、嬢がおもむろにチンコにゴムをつけ始めるのだ。そして一言「いいよ」。
6、今どき都内では珍しい店舗型の本番ヘルス
つまりこの出会い力フェでは未成年のデリ嬢が両面待ちしてるってことか?錦糸町には、裏モノでもおなじみの出会いカフ工が何軒か存在する。私がこの間入った一軒での体験をお話ししよう。そこ、女の子がダラダラしている姿をマジックミラー越しに眺める一般的なシステムなのだが、ズラリと並んでいる彼女らの姿を見てあることに。はじっこに座っている女の子、どこか見覚えがあるのだ。誰だっけ。…そっだ、思い出した。つい先月、デリヘルで相手をして.もらった子だ。ということは彼女、デリ以外にエンコーでもしでるのかな。これは確認しない手はない。さっそく指名だ。「こんぱんは、あのーいきなりだけど俺、掌えてる?」「えっと、前しゃべりましたっけっ」
デリヘルで遊んだんだけど「そうですか。すみません」「いいよいいよ。で、今日はどういう目的でここにっ」えー、基本、客待ちですね。条件があえばワリキリもしますけどなるほど、賢い時間の使い方だ。暇なときは直接エンコー相手を探し、デリの連絡が入ればホテルへ向かう、いわば両面待ちってわけか。こ、そんな子いっぱいいます。
7、錦糸町駅南口、丸井の周辺
先日、錦糸町でとんでもないセクキャバを発見してしまった。店内は暗めの照明で前方にはライトが当たったステージがあり、ムーディなキャバクラといった雰囲気だ。席に着き、ステージに立つ女の子を指名してイチャイチャイチャ。乳を操んだり、キスをしていると、あっちもズボンの上からチンコを触ってくる。うーん、たまらんー「ああ、もうヌキたくなっちゃうよ」「ヌキたいの」「うん」「じゃあもっと楽しいコースしてみる」「なにそれ」「ちょっと待ってね」彼女はそう言うと、ボーイに何やらゴニョゴニョと話しているそして再びこちらに顔を向け、「じゃあ行こっか連れて行かれたその先には、なんと謎の個室が」これってもしかして・・「うん」個室内で彼女はオレの陰茎を口にくわえ、さらに上に乗っかってきてヌルリ。ひゃーこんなコースがあるなんて・・・
個室に入ってからのコースは数十分ごとに料金をとられ、ー時間ほど楽しんだ場合、大体1万5千円ほどかかることになる

ギャラリー兼カフェ&バーで若いアーティストのサブカル友達と出会いの輪を広げる

0132_2018092109321957f.jpg 0133_20180921093221bd5.jpg0130.jpg 0131_20180921093218363.jpg
ここは自分たちで調理を行う変わりダネ居酒屋で、自然とキャンプみたいな感覚になる。しかも、料金が激安(料理は材料費のみ、酒は一杯150円〜)なので、珍しいモノ好きの若い女性客グループが集まっている。となると、やることは一つだ。まずは、男2〜3人組で店に入り、適当な席に座ろう。しばらくして、女のコグループが調理場に向かったら、こちらも材料を片手に調理に行く。
その後は、隣併せで料理をしつつ「、それ美味しそうだね「」醤油貸してくんない?」なんて話しか
ければよろしい。ごくごく自然な出会いなので、一緒の席で飲むくらいにはすぐなれる。
私は荻窪にあるギャラリー兼カフェ&バーをよく利用しています。ここは毎週のように違ったアーティストの作品が飾ってあって、それをきっかけに出会いも楽しめるんですね。方法としては、まず事前に店のHPで作品展示情報をチェックしつつ、若いアーティストの展示日を押さえます。理由はもちろん、大勢の女友達がやってくるからです。とはいえ、自分から女性に声をかける必要はありません。ただボーっと作品を見ていれば、作者から勝手に話しかけてきて、さらには友達も紹介してくれるからです。まったくアートの力は偉大ですね。
また大抵の女のコはお酒を飲みながら談笑してるので、比較的フレンドリーな雰囲気で迎えてくれるのも嬉しい。サブカル系のコが多いのもソレ系がタイプの僕にはかえって有り難いくらいです。
世話焼き系のバーはあちこちにありますが、大抵は店の人間と仲がよくなってからでないと、女のコを紹介してくれないものです。でもここは違います。半年前、初めてボクが1人で店を訪れたときも、若い女性の1人客との仲を取り持ってくれました。店員がカウンター越しにボクと彼女へ交互に話しかけつつ場を盛り上げてくれるので、自然と2人の会話もスタート。と、頃合いを見計らって、店員は別の客のところへ。いたれり付くせりとはまさにこのことでしょう。
世話焼きマスター系のお店というのは、敷居が高いことが多いですよね。気に入られ、常連になってやっとこさ女性を紹介してくれる──。そんな常識を覆すのがこのバーです。男性店員はみなやたらとフレンドリーです。一見の男性客が1人でカウンターに座ろうものなら、常連さん以上にチヤホヤしてくれます。たぶん新規の客が来るのは珍しいからなんでしょうね。そんな状況下、女性の1人客がやってくると、店員さんが両者に話しかけつつ、頃合いを見計らって、2人を相席にしてくれるのです。僕が入店したときもまさにそうでした。さらには仲を深めるべく、横からさんざん盛り上げてくれるのです。以来、こんな体験が3度も…って、あ〜、やっぱ教えるんじゃなかった!
大人気のため相席必至のお店はいろいろありましょうが、見知らぬ女性グループの「対面」に座らせてもらえるところはそうそないでしょう。まるでスタート時の合コンのようなものです。

女の子と日帰り温泉へ遊びに行ける仙台のデリヘル

0013_20180918205326dd4.jpg 0014_2018091820532853e.jpg0011_20180918205324398.jpg 0012_20180918205325aaa.jpg
友達と一緒にソープに行き、受付で出勤嬢をチェックすると、10代は一人だけ、他はみんな20代みたいなことがたまにある。困ったものだ。が、このソープは問題ない。ここ、すすきので一番18才嬢の在籍が多い店で、3人組客とかでも対応できるほど数が揃っている。道産子なら絶対に押さえておくべき店だ。
すすきの駅5番口から徒歩2分。カラオケ館向かい
北海道・札幌 ラ・メ●ド
仙台のデリヘルが素敵なオプションを作ってくれました。女の子と日帰り温泉へ遊びに行けるとう、まさに願ったり叶ったりなプランを。しかも、旅館までの送り迎え付きで。このコースは、そもそも過去に、期間限定で設けられたオプションで、すでにホームページには記載されていませんが、問い合わせれば、現在も承っております。こりゃあ使わなきゃ損ですよ。
仙台 デリヘル50kg未満の女の子しかいません
宮城・仙台 ミセス●ィメール
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます