ガールズバーのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ガールズバー

  • 2020/01/10突撃リポート

    女子大生やOLがセクシー衣装や水着、さらには正真正銘のブラ&パンティでお出迎え。エッチなゲームだけでなく歓迎パンチラに連れ出しOKの女の子も。いつも超満員の過激系ガールズバーのサービスの内容はどのようなものなのだろうか。 キャバクラより安く、女のコが素人っぽい。そんな謳い文句でまたたく間に全国に広がったガールズバー・ブームだが、ここ最近は、厳しい過当競争を勝ち抜こうと、お色気サービスをウリにする店が増...

    記事を読む

  • 2019/11/11突撃リポート

          1、漫画のとおり、マンツーマンで素人モデルのヌード撮影ができる。ホテルで2人きりなので、なんの気兼ねもなく思うがままだ。しかもここは少々のお触りがOKなので、ハメ撮り風の写真を撮りながら胸を揉んだり、股間に手をやったりも許される。さすがに指入れやフェラはダメだけど、目の前でオナることくらいは可能なので、ついつい撮影時間が延びてしまう。2、AKB48を嚆矢としたアイド...

    記事を読む

  • 2019/11/11裏情報

    ぼったくりガールズバー「ガールズバー、安くしますよ」一人をスルーしたらまた一人、聞いていると特にガールズバーのキャッチが多い。大阪では爆発的にガールズバーの数が増えたと聞く。一馬菜したスナックのテナントを借りたり、普通のバーから群登替えしたりと、比較的安く出店できるので若いオーナーたちが参入しているそうだ。「ガールズバーいかがですか?安くしておきますよ」また若いスーツ男から声がかかった。「いくら?...

    記事を読む

  • 2019/09/21セフレの作り方

    マッチングアプリやパーティなど、様々な婚活イベントが登場する中、人気を誇っているのが婚活バーである。客層は、男性は20代半ばから40代前半、女性は20代前半から30代半ばが中心だ。会員制のため身元のはっきりした方が多いのも特徴だ。この『婚活バー』はいつも男より女の方が多く、年齢はほとんど推定30オーバー。そのガツガツ度合いといったら……押しの強さをかわしながら、好みの子をチョイスしましょう。何時間いても料金は...

    記事を読む

  • 2019/09/06エッチ体験談

    チカンブレイを楽しめる。ぶつちゃけ犯罪すれすれとも言えるが相手も納得ずくなら問題なかろぅ。狙い目は夕方の6時。車内がすし詰め状態なので、少々大胆にチカンする仮面舞踏会ここは、壇上にエロ〜い衣装で立っているダンサーの中から選べるので、間違いがありません。いわばタイのゴーゴーバースタイルです。ダンサーは多いと20人、少なくても15人ほどいるでしようか。気に入った子がいれば、店員に20分3000円のチップを払い自...

    記事を読む

  • 2019/08/13裏風俗・風俗体験談

    摘発エリアから若い子が流れてきたちょんの間漫画にあるように摘発されたちょんの間街から若い子が流れているのだが、基本的には未成年はめったにいないので、安心して遊んでいい。ひとつ難があるとすれば、若い子に客を取られたくないババアたちの妨害だろうか。スナック(看板は「旅館」)で飲みながら嬢を選ぶスタイルなのだが、中には若い子を店の奥に追いやって隠すババアまでいるので、勇気を持って「若い子がいいんだけど」...

    記事を読む

  • 2019/08/03援助交際・パパ活

    結構本気だったの、お互いに。親とも挨桜したりして。うん、それもバッチシね。その人がね一なんかすごいヤリチンっていうか。だってね、同い年だったのに2 9 人と付き合ったことあるって言ってた。なんでも先に女の子どうぞみたいな。あとチューが上手い。超上手いよ。メロメロだね。あるある。その日本人はそうとうわった人もいるし。ヤバかった。カッコイイんですよ。 クラブで踊ってると、目の前に男の人が来るじゃん。トイレ...

    記事を読む

  • 2019/04/20裏風俗・風俗体験談

    1、『高級デリ』というジャンルの風俗店がある。料金が60 分で3万も4万するようなバカ高いデリヘルなのだが、悪い評判をちょくちょく耳にする。「希少性のある洗練された美女をお届けします」「厳しい採用基準をクリアした女性だけをご案内」ホームページにそれはそれは素晴らしいことが書かれているので期待したが、やって来たのはたいした女じゃなかった、というトラブル話だ。しかし、中にはちゃんとした高級デリもある。東...

    記事を読む

  • 2019/03/06エッチ体験談

    1、ガールズバーは数あれど、過激さでいったらここがイチバンだろう。最初にカウンターに登場する彼女たちのコスチュームは、腹が出たブラウスとミニスカである。ここまでは一般的なガールズバーと大した違いはない。ところが、ドリンクをオーダーすると、酒が背伸びして取るほどの上棚にあるため、自然と下乳が現れる。うほ、ニッブレスしてるけど、おっばい丸出し状態じゃんよー興奮はまだまだ続く。さらにチップを弾めば、アク...

    記事を読む

  • 2018/12/11裏風俗・風俗体験談

    エステティシャンってマッサージするより挿入されるほうがラクだそうですアロママッサージに性感エステが合体したライトなサービスのお店だ。なのに何度もリピートしてしまうのは、最終的にいつも本番できるから。女の子たちは本略的なマッサージ講習を受けているので、足裏からふくらはぎ、太投、お尻、背中、肩と全身のオイルマッサージをそつなくこなすが、見てるだけでもかなりの重労働だとわかる。だからマッサージの途中でオ...

    記事を読む

セックスのニオイがぷんぷん!超満員過激系ガールズバーのサービスの内容|大人の夜遊び体験ルポ

0052_20181125125542615_2019100904395488a.jpg0053_2018112512554337f_201910090439565dd.jpg0054_20181125125544e81_201910090439579e7.jpg0055_20181125125546192_2019100904395957f.jpg0056_201811251255473ab_201910090440006d1.jpg0057_20181125125549bcb_20191009044002a2a.jpg0058_20181125125550495_20191009044003b3f.jpg0059_201811251255527f7_2019100904400525d.jpg

女子大生やOLがセクシー衣装や水着、さらには正真正銘のブラ&パンティでお出迎え。エッチなゲームだけでなく歓迎パンチラに連れ出しOKの女の子も。いつも超満員の過激系ガールズバーのサービスの内容はどのようなものなのだろうか。

キャバクラより安く、女のコが素人っぽい。そんな謳い文句でまたたく間に全国に広がったガールズバー・ブームだが、ここ最近は、厳しい過当競争を勝ち抜こうと、お色気サービスをウリにする店が増えているという。興味深いではないか。抜きナシ商売にもかかわらず、いい歳こいたニイチャン、オッチャンが殺到するなんて。よほどエロエロしいことが行われてるに違いない。

そこで今回、いま都内でもっともエロいと言われるガールズバーを3軒ピックアップし、順に突撃することに相成った。さーて、たっぷりと楽しませてもらおうじゃないの。まず、足を運んだのは京王調布駅から徒歩5分のところにある▲だ。ピンサロが軒を連ねるいかがわしい通りに、その店はポツネンと佇んでいた。外観だけ見れば何てことのない、ただのバーだ。

トビラを開き、ゆっくりと店内に足を踏み入れる。その先に待っていた光景は、まさにパラダイスそのものだった。5、6人いる女のコすべてが下着姿なのだ。もう一度言う。セクシー衣装でも水着でもない、正真正銘のブラ&パンティである。うおっ、なんじゃこりゃ!「いらっしゃいませー」

バーカウンターの中から、ムチムチした女のコに声をかけられ、おずおずと席に座る。

「ウチの店、はじめてですか?」
「うん。にしてもみんな、すごい格好だね。恥ずかしくないの?」

「最初はね。でも慣れちゃった」
あらためて店内を見渡す。広さはタタミ20畳分くらいとやや手狭で、座席はカウンター席のみ。奥にはポールダンス用のスペースもあるが、マジで踊っちゃうんだろうか。あの格好で。客の入りは上々だ。12ある席はほぼ埋まっていて、誰かが帰ってもまたすぐ新たな客がそこに座るといった具合である。かなり繁盛してるっぽい。

女のコたちもなかなかのレベル揃いで、アイドル並のルックスのコも1、2人いる。が、何といっても目を引くのは、やはり下着だろう。パンティはTバックのような過激なものではなく、ごく普通のランジェリーで、だからこそ、生々しいエロスを感じるのだ。ひょっこりと女子更衣室に紛れ込んだかのような。先ほどのムチムチちゃんがビールを運んできた。彼女が俺の担当らしい。
「いまいくつ?」「23です。去年、大学を卒業したので」「就職しなかったの?」

「いったんOLになったんだけど、ツマんないからすぐ辞めちゃった。いまはこの店だけだよ」

ピチピチの元OLの下着姿を眺めつつ、酒をチビチビと飲む。こんな贅沢、他にあるだろうか。しかしキミ、イイ乳してるねぇ。…あれ? ブラの端からちょこっとだけ見えてるその茶色い物体って…。まさかまさか。「ねえ、乳輪はみ出てるよ」「え、ウソ、ヤダ!」

慌てて乳の位置をもぞもぞ直しながら、彼女が真っ赤な顔で照れ笑いを浮かべる。
「これ寄せブラだから、ハミ出しやすいんだよね〜」

やがて店内にレディ・ガガの曲が大音量で鳴り響き、先ほどまで客の相手をしていた愛くるしい顔の女のコがフロアに現われた。ショウタイムだ。彼女が披露したのは本格的なダンスで、体を左右上下に激しく動かすたび、乳が、ケツが、プルンプルンと揺れる。圧巻はポールダンスだ。鉄棒を股間に挟み、クルクルと回転するのだが、ちょっと想像してくれたまえ。柔らかな生地で出来たパンティで、そんなことをすればどうなるか。股に布が食い込むのである。きゃー具が見えそう(本当にあと少しだった)!どれもこれもなんちゅう下品な遊びだ。
続いてのガールズバーは立川にある店だ。聞くところによると、この店、面白いエロゲームができるそうだが、何のこっちゃ、エロゲームって?お目当ての店はJR立川駅から徒歩10分の雑居ビルの中にあった。ぎいっとドアを開けた途端、おかしな感覚に捕われる。ナース、チャイナ、セーラ服など、いろんなコスチュームに身を包んだ女のコたちが、それぞれ妙なことをしているのだ。

スカートをめくって客にパンティを見せたり、カウンター席に立ち上がって、客の肩を足でグリグリ踏みつけたり。客に棒のようなものを持たせて、服の上からケツに文字を書かせている女のコもいる。あーん、くすぐったいとか何とか言いながら。いったい何なんでしょう、このカオスな空気は。呆然としていると、店長らしき男性が愛想よく近づいてきた。
「どうぞ、あちらの席にお座りください。システムの説明は女のコがしますので」指定されたカウンター席に腰を下ろす。やがて目の前に、お目めぱっちりの、ちょいギャル系の女のコが現われた。下着の上にブラウス一丁という出で立ちだ。「いらっしゃいませ。歓迎パンチラで〜す」そう言ってブラウスの裾をたくし上げてチラ、お次はケツをこちらに向けてチラ。いきなりやってくれるではないか。もうドキドキしてきちゃったんですけど。息つく間もなく、19才の現役女子大生(!)だという彼女が、説明をはじめる。

「えっとぉ、この店わぁ、エッチなゲームが出来てぇ…」

どうやら次のようなゲームが楽しめるらしい。フットマッサージ・カウンターに女のコが立ち、客の肩や太ももを踏む(2分間 1千円)。チュパチュパハンドクリーム ゴム手袋をつけた客の手に生クリームを塗り、女のコが舐める(1分間1千500円)。セクシーキャッチ・手で股間にマシュマロを押し当てた女のコが、客の顔にまたがり腰を沈め、客はそのマシュマロを食う(マシュマロ3個1千500円)。などなど、計40種類。どれもこれもなんちゅう下品な遊びだ。めちゃめちゃ期待しちゃうぜ。
「アタシ、きれいに剃ってるもーん」では手始めに、フットマッサージから行ってみるか。「はーい、了解でーす」JD(女子大生)ちゃんが、おもむろにカウンターに立ち、席に座る俺の肩に右足を置いた。むろん、見上げればパンティが丸見えである。むふ。「いきますよー。せーの」てっきり、そのまま足をグリグリやるだけかと思いきや、股間を俺の顔面に近づけたり遠ざけたりとグラインドしはじめる彼女。股間が鼻先10センチに接近するたび、香水とオンナの匂いの混じったなんとも言えない淫らなカオリが鼻をつく。はみ毛でもしてないかと凝視していると、

「やだー、ガン見されたら恥ずかしいよぉ〜」「はみ毛してないかと思ってさ」「残念でした。アタシ、きれいに剃ってるもーん」

それはそれで興奮します!またたく間にマッサージタイムは終わった。どんどん続けよう。お次はセクシーキャッチだ。JDちゃんの指示で、座ったままカウンターに背を向けて体を反らす。

視線の先には、カウンターに立ち、俺の顔を跨いでいる彼女のパンティとマシュマロがある。「はい、召し上がれ」彼女が腰を沈めると同時に股間もぐんぐん迫ってくる。マシュマロが口に触れるまで、あと10センチ、5センチ、3センチ、1センチ…。パクっとマシュマロを食ったついでに、ペロリと股間を舐めた。うーん、美味。「こら、体へのタッチは一切NGですよ。次やったらレッドカードですからね!」怒られちゃった。でも楽しい〜。まだ遊び足りない。もうひとつくらいゲームしておくか。

「チュパチュパハンドクリームやりたいんだけど」

「おお、それに行きますか。ウチで一番の人気だよ」薄いゴム手袋をはめた俺の手に、JDちゃんが生クリームを塗っていく。何故か、すごく楽しそうな表情だ。

「じゃ、気持ちを込めてたっぷり舐めてあげるね」こんなかわいらしいコトを言う彼女が、〝チュパハン〞を始めた直後、いきなり豹変した。ジュルジュル、ジュパジュパ、ンハァ〜。とまあ、とにかく、痴女系AV嬢のようなヒワイさで指を愛撫するのである。ンハァって。あまりにイヤらしい表情を見ているうち、指が性器にでもなったかのような錯覚に陥った。

口の中でなま温かい舌が絡みついてくるたび、首の後ろあたりがゾクゾクする。先ほどまでのゲームは何だったんだというほどのスケベさだ。やべ、勃起してきた。と、ここでタイムアップ。JDちゃんがニコっと笑う。

「どうでした?」どうもこうもない。今晩のオカズはキミに決定!つまり女のコの連れ出し料はタダ最後の店はなんとなんと、女のコの連れ出しが可能なガールズバーである。連れ出し。この言葉にはセックスのニオイがぷんぷん漂っている。

さっそく西新宿(といっても歌舞伎町にほど近い)にある件の店、▼へ足を運ぶ。店内はこじゃれた感じの内装で、カウンターの中には女のコが5人。揃いのTシャツを着て、客と会話を交わす様は、普通のガールズバーと変わらない。そこそこの人気店のようで、客席は8割がた埋まっている。メニュー表を見ても連れ出しのことは一切書かれていない。ホントに大丈夫なのか?ビールを注文したついでに女の子に尋ねてみる。「ここって女のコを連れ出せるって聞いたんだけど」「できるよ」

彼女はあっさりと認め、タメ語で話を続けた。

「ただ、誰でもOKってわけじゃないんだよね。お客さんと気が合えばって話だから」客と外出するしないは女のコが自由に決められるらしい。店側としては営業中、彼女たちが自由に外へ出ることを許可しているだけで、連れ出しがシステムに組み込まれているわけではないようだ。だから当然、連れ出し料というものも存在しない。つまり、タダ。ほう、いいやないか。
「でも外に出てる間は女のコも時給がもらえないから、それに見合うご褒美は必要かも。焼肉をごちそうしてくれるとかさ。ま、ホントに気が合えば、そんなのなくても付いてくけどね」納得したところで、別のコがふらっとカウンター前にやってきた。めっちゃカワイイ。黒木メイサ系のクールビューティだ。キミが俺の相手してくれんの?
「どうもどうも。リサ(仮名23才)だよ。よろしく」よっしゃ、決めた。今宵は彼女にロックオン!
「行く行く。ガッツリ飲もうよ〜」そんなワケでその後の70分、俺は自分の持てるすべての話術を駆使し、店外デートの獲得を目指した。そろそろ延長に突入するタイミングでおずおずと切り出す。「リサちゃん、今から一緒に居酒屋にでも行かない? ガッツリ飲もうよ」先ほどからの会話で、彼女が無類の酒好きであることをわかった上での誘い。それに我ながら彼女には結構、気に入られたっぽいし。OKしてくれるハズだ、多分。「ウソ、マジで言ってんの? 行く行く。ガッツリ飲もうよ〜」

っしゃ!まもなく、私服に着替えたリサちゃんが席にやってきた。渋い革コートの下にワンピースという出で立ちが、一層彼女の美しさを引き立てている。いいねいいね。バーで長々としゃべって、ある程度、互いのプライベートな事柄がわかった分、移動先の居酒屋では、大いに盛り上がった。

「…で、そんときアタシ、マジで死にそうになってぇ」「ヤバかったじゃん」「ホントだよ〜、きゃははは。ほら、もっと飲もうよ」望んだとおりの、実にイイ流れだ。焼酎を急ピッチで次々と飲むもんだから、彼女、すでにベロベロの域だ。こりゃエロくさい展開も夢ではないぞ。2時間、ガッツリ飲んだ後で、俺は切り出した。

「ねえ、これからカラオケにでも行かない?」とりあえず密室に誘い込まんことには話にもならない。その上でお口やお手手でチンコさんをいたぶってもらうもよし、ラブホへしけ込むもよし。ああ、はやくパンツ脱ぎてぇ〜。ところが。「えーカラオケ? やだよ、もう店に戻りたいんだけど」ここにきてまさかの拒絶である。ウソぉん!「ちらっと1時間だけでも」
「やだぁ。カラオケとか行くとサカるお客さん多いもん」う、図星…。こうなりゃ奥の手を使うしかない。
「わかった。まずカラオケに行ってくれたら3千円払うよ。で、そこで口で抜いてくれたら…うーん、よし、1万払っちゃう! 1万だよ!」無理くりおどける俺に、リサちゃんは心底軽蔑したようなキツイ視線を向けた。「はぁ? 何それ。もろエンコーじゃん。アタシ、そういうのマジ嫌いなの」

最後の最後で辛酸をなめさせられた俺だが、これだけ店の営業形態がユルユルである以上、必ずチャンスはあるように思う。

マンツーマンで素人モデルのヌード撮影に下着姿やパジャマ姿のガールズバー|風俗よりもエロいかも

0048_20170424202837349.jpg 0049_201704242028382eb.jpg 0050_2017042420283970a.jpg 0051_201704242028413b3.jpg 0053_201704242031073a7.jpg 0054_201704242031094b1.jpg 0055_20170424203110046.jpg
1、漫画のとおり、マンツーマンで素人モデルのヌード撮影ができる。ホテルで2人きりなので、なんの気兼ねもなく思うがままだ。しかもここは少々のお触りがOKなので、ハメ撮り風の写真を撮りながら胸を揉んだり、股間に手をやったりも許される。さすがに指入れやフェラはダメだけど、目の前でオナることくらいは可能なので、ついつい撮影時間が延びてしまう。
2、AKB48を嚆矢としたアイドルブームは年々過激化する一方だが、ついにここまでやらかすアイドルが現れた。ファン対象の握手会ならぬ「玉揉み会」は、足を運んだファンのハートだけでなく睾丸をもガッチリ掴んで離さない。こうした過激イベントの告知は彼女のブログでなされる。
「アイドルの概念を超えていきたい」という本人の弁を聞くに、今後のイベントにも期待と股間が膨らむばかりだ。
3、写真の制服は、アンナミラーズが生みしたアンミラエプロンと呼ばれるおっぱ強調制服である。
本家アンナミラーズが東京品川の1店だけとなり、全国の愛好家たちが落胆するなか、ベーカリーレストランの神戸屋が途絶えかけたアンミラエプロンの灯を守ってくれている。まな板女子が着てもそれほどありがたみを感じないが、巨乳ちゃんが身に付けたときの破壊力はハンパじゃない。オッパイラインを眺めながらかじるパンの味は格別だ。
4、パジャマ姿の女の子たちが招き入れてくれるガールズバーです。肌の露出が激しいわけじゃないのに、パジャマの胸元から覗く首筋や鎖骨、薄い布越しにわかる身体のラインになんとも言えないエロさが漂っています。
5、一緒にカラオケを歌ってダーツを楽しんで、照れまくる女の子たちから恋バナを聞いてるうちに、学生時代のお泊まり会にでもタイムトリップしたような(そんな経験ないけれど)甘酸っぱい興奮に包まれます。
6、ショータイムと称して下着姿の子やポールダンサーが踊る楽しいバーだ。
でもここが素晴らしいのは、むしろショータイム終了後。踊り子たちが各テーブルを挨拶してまわるんだけど、そのときに谷間とかパンティのヒモにチップを入れるように促してくるのだ。ならばと千円札を出せば、こっちの手をつかんで、自らの谷間にグイグイっとなすりつけたり、ブラの中に強制的に指を入れさせるもんだから、乳首を触っちゃうことだってある。他にも顔を胸で挟んでくれることも。
7、エロコスチュームの王様、バニーガールと酒が飲めるバーだ。ここは働いてる女の子のレベルも高く、モデルやタレントの卵も在籍している。そんなバニーたちの尻をカウンター席から一人で視姦するもよし、網タイツの眩しい太股やガッツリ肩の開いたドレスの胸元などを堪能しながらテーブルでワイワイ飲むもよし。下手なキャバクラに行くより断然こっちでしょ。
8、こんな店があったらいいのに、という妄想が本当に実現してしまったキャバクラだ。
なんと店内の床がすべて鏡張りになっているため、嬢が歩くたびにパンツを確認できるのだ。
なもんだから店内にいる客の様子は終始落ち着かない。みんなが床を見続けているキャバクラなんてここくらいのもんだろう。うちの地元はキャバクラが活況である。中でも人気なのがこの店の「バスタオルウィーク」なるイベント週間だ。
9、開催は月1ペースくらいだろうか。女の子が体にバスタオル一枚だけをまいたお風呂上がりのような格好(中には下着を着けてるっぽい)で接客する企画で、下がってくる胸元のバスタオルを直す仕草がたまらない。そろそろはらりと落ちるのでは…と期待しながらいつまでも飲み続けてしまう。このサウナを初めて訪れた者は、誰しもが摩訶不思議な気分を味わうだろう。3Fのリクライニングルームに、ホステスもどきの中国人ウエイトレスちゃんがわんさかと待ち構えているのだから。彼女たちは客のそばに居座ってダラダラとおしゃべりし、時折、甘えた顔で客の太ももをすりすりと触っては飲み物をねだってくる。たったそれだけのことなのに妙にわくわくドキドキするのは、そこがキャバクラではなく、サウナの休憩室という本来なら男のみの空間だからだろう。
10、パチンコ大型店などにはイベントコンパニオンがときどきやってくる。なにかのキャンペーンだったりするのだが、若い女がキャピキャピ動く姿はやっぱりイイものだ。そんな中、直接客のカラダに触れてくれるパターンもある。「肩もみガール」だ。レースクイーン風やメイド姿などで客の肩をモミモミしてくれるわけだ。時間にして1人5分くらいだろうか。ぎこちない肩もみと、客の耳元に顔を近づけてのコソコソっとした会話(店内がうるさいのでそうせざるをえない)が癒されるのなんのって。ときどき肩にガッツリ胸が触れることもあって、あのタバコ臭くてギスギスした空間がオアシスのように感じられる。肩もみガールは毎週のようにどこかの店でやっているので、ツイッターなどでチェックをしましょう。

安すぎるガールズバーは結局高くつく・ぼったくりの手口

0062_20190217185146e8f_20191111173428e16.jpg0063_20190217185147364_20191111173429b8e.jpg0064_20190217185148843_201911111734304ff.jpg0065_201902171851507d2_20191111173432771.jpg0066_2019021718515106c_20191111173433863.jpg0067_2019021718515357e_201911111734351b3.jpg0068_201902171851558df_20191111173436bc4.jpg0069_20190217185156017_201911111734384e6.jpg0069_20190217185156017_201911111734384e6.jpg
0074_20191111174120da3.jpg0075_201911111741221e1.jpg0076_20191111174123b31.jpg0077_201911111741257d2.jpgぼったくりガールズバー
「ガールズバー、安くしますよ」
一人をスルーしたらまた一人、聞いていると特にガールズバーのキャッチが多い。大阪では爆発的にガールズバーの数が増えたと聞く。一馬菜したスナックのテナントを借りたり、普通のバーから群登替えしたりと、比較的安く出店できるので若いオーナーたちが参入しているそうだ。
「ガールズバーいかがですか?安くしておきますよ」
また若いスーツ男から声がかかった。
「いくら?」
「今なら1時間3500円です。さ、行きましょう!」
「もうちょっと安くならない?」
「そうですね〜うん、わかりました13000円で!行きましよ」
あっさりまけてくれるあたり、さすが大阪って感じがする。そのままついていくと、近くの雑居ビルへと連れて行かれた。
「じゃあお客さん、僕はここまでなので、エレベータに乗って3階まで行ってください」
「え、そうなの?ちゃんと3000円で飲めるんだよね?」
「連絡しておきましたので大丈夫です」
確かにさっき電話をしていた。小声だったので聞こえなかったが。

女の子の連れ出しが出来るガールズバー・婚活バー|出会い攻略

0015_201809262012130ee_201909212136241ff.jpg0016_2018092620121598d_2019092121362690c.jpg0017_201809262012154fe_20190921213627872.jpg0018_201809262012164a5_201909212136290b6.jpg0019_20180926201218bf2_201909212136304c1.jpg0020_20180926201219d98_20190921213632b9a.jpg
マッチングアプリやパーティなど、様々な婚活イベントが登場する中、人気を誇っているのが婚活バーである。客層は、男性は20代半ばから40代前半、女性は20代前半から30代半ばが中心だ。会員制のため身元のはっきりした方が多いのも特徴だ。この『婚活バー』はいつも男より女の方が多く、年齢はほとんど推定30オーバー。そのガツガツ度合いといったら……押しの強さをかわしながら、好みの子をチョイスしましょう。何時間いても料金は変わりません。ただし、女性の飲食代はすべて男性客が負担しなければならない決まりです。
ロリっぽさを全面に打ち出したデリヘルで、在籍嬢は当然、幼い雰囲気の女のコばかり。スク水、ブルマ、メイドなど、それ系のコスチュームも完備されている。が、この店の最大のウリはそこじゃない。パイパン娘(天然じゃなく剃毛)が多数いるのだ。漫画のように思う存分ツルマンを楽しんでくれたまえ。
漫画ではわかりにくいかもしれませんが、この店にいる女性(全員日本人)は20代後半から30前半と、年齢がわりと高めです。ガールズバーのくせに。これは私の推測ですが、恐らく彼女たち、近隣のフーゾク店に在籍していて、待機を兼ねてこの店に出勤しているのではないでしょうか。ま、いずれにしろ、連れ出し料もなく、プレイ代も女のコとの交渉で決められるのは大きな魅力と言えます。相場はだいたい2万ですが、時には1万でいいってコもいますからね。
メイドリフレとしては非常に高い(30分1万1千円)部類に入る将軍コース。簡単に言えばメイド姿
の女子高3人が肩とか足をマッサージしてくれるのだが、カネを出すだけの価値は、間違いなくある。下の漫画のように、3人が他愛もないおしゃべりをしながら、それぞれ肩や足、腕などをサワサワと触ってくれる。これがなんとも言えない気持ちよさなのだ。女子高生のやわらかい手や指がサワサワと触れてくる心地よさはクチで説明しがたい感覚だ。
地元の沖縄女で、しかも黒髪、顔があどけなくて、おまけに背が低い子ばかりを揃えている。スタッフにロリ愛好家がいるとしか思えない。そんな子が下のマンガのように、演技なのか素なのかわからないが(素だと信じたい)、恥ずかしそうに手コキしてくるのだからたまらない。悪いことをしてる感、満載だ。
東京の婚活バー
ジャズラウンジ エンカウンター
オリエンタルラウンジEVE
ジーデイズ(G-Days)
銀座300BAR
バー 333
シュシュ
ロハス銀座
大阪の婚活バー
Cafe TIARA
ティアラカウンター
シングルスバーエデン
婚活Bar X-CROSS(クロス)

東京のスケベ痴女の集まるガールズバー・セクキャバ仮面舞踏会

a058.jpga059.jpga060_20190906212725900.jpga061_20190906212727e58.jpga062_20190906212728b29.jpga063_20190906212730c2a.jpga064_2019090621273162a.jpg
チカンブレイを楽しめる。
ぶつちゃけ犯罪すれすれとも言えるが相手も納得ずくなら問題なかろぅ。狙い目は夕方の6時。車内がすし詰め状態なので、少々大胆にチカンする
仮面舞踏会
ここは、壇上にエロ〜い衣装で立っているダンサーの中から選べるので、間違いがありません。いわばタイのゴーゴーバースタイルです。
ダンサーは多いと20人、少なくても15人ほどいるでしようか。気に入った子がいれば、店員に20分
3000円のチップを払い自分の席に連れていく。そこからはベロチュ—したり。鷲掴みしたり。
連れ出しパブ 歌舞伎町
女のコに交じってキャバクラ嬢レベルのベっぴんさんもごろごろいます。彼女たちは席の隣に座ってきてお酌をしながら「ねえホテル行こうよ」と誘ってきます。
この前も酔った勢いで磯山さやか風の25才を3万で買っちゃいました。
ほとんどの嬢が地元の学生です。昔は親バレ知人バレを恐れて遠くで働いたもんですが、ゆとり世代ってのはノ—天気でいいですよね。加えてここ、店側の教育が行き届いていて、プレイもバッグンです。ピンサロにも関わらず、女のコは必ずブラもパンツも脱いで全裸になるんですから。
客も釣られて全裸になりたくなります。ちょっと恥ずかしいけど、周りの客もみんなやってますから。これにて店内は男女ともにすっぽんぽんです。
アナル周辺の毛綺麗に剃ってもらぅことからプレイは始まる。後にそっと触ってみればツルッツル。パイパンにされた気分だ。続いてアナル舐めへとうつるのだが、これが気持りイイの何の。コチラがナメろと言ぅまで舐めてくれるので穴周リがふやけてしまいそうなほどだ。最初のシェービングは、徹底的に舐め尽くすための準備だった。なめる範囲はアナル'局部だけに止まらず、蟻のと渡りやサオとくまなくペロペロ。
レズ鑑賞店
レズ鑑賞コースが存在します。女と女が力ラむ姿を目の前で見た後、自分もプレイに参加できるのです。彼女ら真性のレズではないようですが、照れてオドオドする感じがかえって興奮を覚えます。
パンチラ好きの集まるガールズバー
パンチラ好き。露出度はもちろん、サ—ビスなども含めて、恐らく都内でいま1番過激なガールズバーではなかろうか。女性店員は各々セクシー制服やミニスカ花魁姿で、客がカウンターに着席した途端、「チラつしやいませ」と挨拶代わりに見せてくる。
また店内はテ—ブルが鏡張りで、カウンター越しに女のコのパンツが覗ける。
これを肴に飲むだけでも十分楽しいが、さらに最高なのは、チップ次第でエロイゲームに興じれることだ。
彼女らの靴は透明な貯金箱になっており、そこにお金(コイン) を入れると、M字開脚でパンチラしてくれたり、ゴム手袋の上から指フェラしてくれたり。一晩中いても飽きません。

沖縄でエロい遊びが出来るガールズバー・ちょんの間リポート

201510_000104.jpg201510_000105.jpg201510_000102.jpg201510_000103.jpg0110_2018031909290571e.jpg0111_2018031909290685b.jpg0109_201803190929038df.jpg
0105_201808111117235aa.jpg0113_2019020414284239e_20191109201857d42.jpg

摘発エリアから若い子が流れてきたちょんの間

漫画にあるように摘発されたちょんの間街から若い子が流れているのだが、基本的には未成年はめっ
たにいないので、安心して遊んでいい。ひとつ難があるとすれば、若い子に客を取られたくないババアたちの妨害だろうか。スナック(看板は「旅館」)で飲みながら嬢を選ぶスタイルなのだが、中には若い子を店の奥に追いやって隠すババアまでいるので、勇気を持って「若い子がいいんだけど」と言ってみるべし。絶対に買っちゃいけない未〇年立ちんぼは、基本的に夜22時ごろにいっぱい立っている。明らかに見
た目で判断できるので、避けるべきだ。それ以外にも20代前半や、女子大生なんかもちょこちょこいる。だが中には歳を偽ってくる(JDと言ってきたりする)女もいるので、身分証を見せてもらうのが手っ取り早い。
股間を指でなぞる「丘登り」ができるガールズバー
まだオープンしたてだが、その過激な内容に惹かれた客のため、狭い店内はいつもぎゅうぎゅうだ。女の子は毎日2、3人出勤している。地元娘の水着姿は当然まぶしいが、やはり丘登りをはじめとしたエロいオプションこそがこの店の魅力だ。中には残念ながら出来ない子もいるので、行く前にあらかじめ電話で確認しておいたほうがいいかもしれない。ちなみに谷間ポッキーは全員可能みたいだ。
若いシロートが指2本で交渉してくるロータリー
いわゆる立ちんぼエリアです。ここはすごくて、学生っぽい子(これは買っちゃダメですけど)から40代まで、もっと言えば人妻、学生服、など様々な種類の女性が立っています。特に週末になれば、夕方から深夜にかけて10人くらいはいるでしょうか。指をピースサインにしながら「これでどう?」などと声をかけてきます。特に20代後半より下の若い人は立ってからすぐにどこかへ消えてしまいます。
那覇近辺にはやけに若すぎるデリヘル嬢を抱えた店が結構ある。その中でも特に若すぎる子が多く在籍しているのがこの店だ。けっこう昔からある店だけど、ここ2、3年でその比率が増えたようだ。オレの友人はこの店を良く利用しているらしく、「今日学校でテストがあって〜」などと打ち明けてくれる子もいれば、「フーゾクは学校の友達と冬休みの間だけ一緒にやってるんだぁ」と告白する子もいるとか。そのうえ、そんな子とあたりまえに普通に●番できてしまうらしく、呆れてものが言えない。
沖縄の手コキ専門店
手コキ専門店だが、通常の40分コースを選ぶよりもずっと楽めるのが、10分コースだ。この店にはホームページ上写真の出ていない「10 分手コ専門嬢」が在籍している。沖縄女は特に地元バレを気にするで、サイトにアップされないのろう。この子たちが若く(20代半)すこぶる可愛いので、たった10分のコースでも充分に満足きてしまうのだ。やってくるのは知念里奈風いかにも素人クサさを残した美だったりする。今までオレが会た子たちは全員地元の女の子った。こちらからのお触りは厳とはいえ、そんな子たちがノーラTシャツ姿で手コキをしてくるのだから、文句のひとつも出い。おまけに発射制限もない。子のいい日は2回出すことも可だ。
沖縄娘が泡まみれに辻の名店
辻といえば沖縄一のソープ密集地帯。その中でもっとも支持されているであろういつ行っても待合室が激混別店が、ここだ。なぜか。近くの色々な店に行っているオレが思うに、すべてにおいてレベルが高いからだろう。店名のとおりに沖縄出身の女の子がほとんどで、観光客にとっては魅力的だろうし、フリ一で入ってもハズレがない。だが一番大きいのは料金の問題かもしれない。このへんはタクシーの運ちゃんが店まで連れて行ってマージンを取る店が多いのだが、ここはそういうことをしていないので、他に比べて割安だ。

ワリキリでも朝まで一緒のガールズバー援助交際女をハメ倒す

0020_201901192217176e9.jpg0021_20190119221719150.jpg0022_20190119221720a45.jpg0023_201901192217227fa.jpg0024_20190119221723232.jpg0025_20190119221725b48.jpg0026_201901192217266dc.jpg0027_20190119221728b3a.jpga003_2019080308414429f.jpga004_2019080308414607f.jpga005_201908030841470ab.jpg
結構本気だったの、
お互いに。親とも挨桜したりして。
うん、それもバッチシね。
その人がね一なんかすごいヤリチンっていうか。だってね、同い年だったのに2 9 人と付き合ったことあるって言ってた。
なんでも先に女の子どうぞみたいな。あとチューが上手い。
超上手いよ。メロメロだね。
あるある。その日本人はそうとうわった人もいるし。
ヤバかった。カッコイイんですよ。 クラブで踊ってると、目の前に男の人が来るじゃん。トイレでもエッチした。
乱れてますね。痛くないの?
痛い痛い。でも迫力あった。ヤバいぐらい。
18才でしよ?ところで体験人数は?50人いってる?全部で何人いるの?そのうちセフレは何人? 
数えてないですね。
そんなにやってない。20人
行ったりきたりしてたら、向こうから声かけてきて。
うん。いや、外人のは気持ちよかったけど。
レイク(湖)の前にベンチがあってそこでとか
ううん、昼間だよ。なんかね、学校とか路上とか使用済みのゴムがいっぱい落ちてるの。あとマック
のトイレでもエッチした。
さすがスイス帰りは自由だね。ちなみに浮気経験はある?
いない。みんな彼氏。
ホントにホントだよ一。相手が好ぎだからやるってだけで。
はいはい。
今までで一番エッチがよかったのは何人でした?
1日2人かよ。
他の女子たちもそうなの?
ヤリまくりじゃん
ホントか?
そう!グーンって感じだった。
ナンですかそれ。
あ、されたされた。それみんな普通にするんじゃないんですか?
あ一、皆さんスイスお勧めですよ。

AVプロダクション直営の高級デリの虎の穴ハレンチグループは間違いなし|風俗体験談

1_20191116125416ce9.jpg2_20191116125418cf3.jpg1、『高級デリ』というジャンルの風俗店がある。料金が60 分で3万も4万するようなバカ高いデリヘルなのだが、悪い評判をちょくちょく耳にする。
「希少性のある洗練された美女をお届けします」「厳しい採用基準をクリアした女性だけをご案内」
ホームページにそれはそれは素晴らしいことが書かれているので期待したが、やって来たのはたいした女じゃなかった、というトラブル話だ。
しかし、中にはちゃんとした高級デリもある。東京なら、有名AVプロダクション直営のこの『虎の穴』だ。肝心の料金は、選ぶ女の子によって次のように3段階に分かれており、
 ゴールド嬢/2万7千円(60 分)
 プラチナ嬢/3万7千円(60 分)
 ダイヤモンド嬢/電話にてスタッフに確認ください。
私はゴールド嬢を2回、プラチナ嬢を1回呼んだことがあるが、3回ともに超絶美人で、大満足のひとときを過ごした。お勧めの高級デリです。
2、どこの店がイイかっていうか、所詮は女の子によるんだよな──。風俗談議をすると、こんなことを語る人間がよくいるが、言ってやりたい。
『ハレンチグループ』へ行ってみなさいと。全国に47店舗を展開する箱ヘルチェーン(東京、横浜、川崎、埼玉、札幌、福岡、熊本)である。自分はこれまで20回くらいは利用したが、ときに女の子の容姿がボチボチだったことはあれ、サービスが悪かったことは一度もない。どの子も基本は恋人風味のイチャイチャプレイで、ひとたび攻めに回ればフェラも素マタも濃厚といったらもう。
サービスの質がこれほど揃っているのはなぜなのか。一度、プレイ中にこんなことを言っていた女の子がいた。
「うちの店は軍隊みたいなんで」
つまり、さほどに店からキッチリ教育されているってことなんでしょうね。

ニップレスやフェラゲームもありの過激ガールズバー

3_2019111421160335a_20200114100046b70.jpg1_201911142116000f7.jpg2_20191114211601939.jpg
1、ガールズバーは数あれど、過激さでいったらここがイチバンだろう。最初にカウンターに登場する彼女たちのコスチュームは、腹が出たブラウスとミニスカである。ここまでは一般的なガールズバーと大した違いはない。ところが、ドリンクをオーダーすると、酒が背伸びして取るほどの上棚にあるため、自然と下乳が現れる。うほ、ニッブレスしてるけど、おっばい丸出し状態じゃんよー
興奮はまだまだ続く。さらにチップを弾めば、アクリル板を嬢のオッパイに押し充て、弾力チェックゲームができるのだ。また、女のコにペニバンを装着し、その亀頭に生クリームを塗って、もう1人のガールに疑似フェラさせる、なんて余興も可能(写真参照)。とにかく過激の一言に尽きる。気になる嬢の質も、年齢はみな20代前半で、当たりと呼べるレベルが多い。
2、理由は簡単。会場が愛知県の海沿いからフェリーでしか行けない無人島だから、お上の目を心配することなくハジけられるワケだ。もちろん俺の目的は、そんなジャンキー女をいただくこと。このパーティ、日帰りの参加者もいるにはいるが、島に泊まり、朝まで踊る人間が多い。深夜にはあちこちへ口へ口男女だらけだ。一日だけのレイブゆえ、着の身着のままで来る女たちが多い。冷え込む夜には、あらかじめ用意したテントに誘うだけで、ホイホイ付いてくる。
場所柄、若い女性が1人でやって来ることが多いぶん、もう一つの楽しみがあるんですよね。狙いは夕方7時〜9時のゴールデンタイムです。この時間帯なら、風俗嬢だけでなく、仕事やバイトの帰り道に寄ったような一般女性が1時間に2〜3人は現れます。目の前をゆっくり歩き、意味ありげな視線を送るだけだ。次の瞬間、向こうもわかったような視線を返してくれば、まず間違いないだろう。
3、アイコンタクトが完了したら、ナンバよろしく
「こんにちわ。何してるの?」と話しかければよろしい。緊張の一瞬だが、条件さえ合えば、そのま
まホテルにシケ込める。傾向としては、彼女たちは汚ギャルのようなタイプが多く、相場はホ別で1.5程度。身の危険を案じてか3Pを持ちかけてくる。
コスブレイベントでは、ダンスパーティが行われる。もちろんオタクだらけなのだが、ここが出会いの場になっている。会場内では、アニメのコスプレをした女と、垢抜けない格好の男が、大音量のアニソンが流れる中、オタ芸のような振り付きダンスを踊りまくる。全部で300人はいようか。なんとも奇妙な光景だ。

下乳はもちろんときには具まで!見せすぎのガールズバー|大阪の大人の夜遊び体験ルポ

0089_2018121110425162a_201910150722099a2.jpg0090_2018121110425319c_20191015072211653.jpg0091_20181211104254609_20191015072212172.jpg
エステティシャンってマッサージするより挿入されるほうがラクだそうです
アロママッサージに性感エステが合体したライトなサービスのお店だ。なのに何度もリピートしてしまうのは、最終的にいつも本番できるから。女の子たちは本略的なマッサージ講習を受けているので、足裏からふくらはぎ、太投、お尻、背中、肩と全身のオイルマッサージをそつなくこなすが、見てるだけでもかなりの重労働だとわかる。だからマッサージの途中でオイルでヌルヌルになった彼女たちの身体を愛撫しつつ「マッサージ疲れるでしょっいいから横になりなよ」と攻守交代すれば、「入れていいっ」とわざわざ聞くこともなく、簡単に受け入れてくれるのだ。
「こっちのが全然ラク。気持ちいいし」と口を揃えるように、彼女らも重労働のオイルマッサより、寝てるだけで終る本番の方がありがたいんだろう
立ちんぼが並ぶ大阪の危険エリア
大阪で有名な立ちんぽ工リア2ケ所を紹介します。まずは天王寺エリアから。元々、韓国や中国系立ちんぽが幅をきかせる売春地帯ですが、最近、周辺のホテルで援助交際をしている日本人の若い女の子たちの姿をチラホラ見かけるようになりました。時間帯は午後6時から10時ごろまで。外国人立ちんぽから距離を置くようにして、幼い顔つきの女の子が電信柱の陰やビルの隙間によりかかり、携帯をいじっているのでスグにわかると思います。そしてもうーつが兎我野エリア。こちらは日本人の若い女の子がゴロゴ口立ち並ぶ超危険スポットで、年齢を尋ねると「ホテルに入ったら教えてあげる」と恐ろしいセリフが返ってきます
下乳はもちろんときには具までーかなり見せる暗めガールズバー
極端に短いンャツの下にはノーブラニップレス。そして小さな布としか言いようのない極小タイトスカートの中には紐パンTバック。俺がこのキチガイじみたコスチュームのガールズバーに足繁く通っている理由は、衣装の過激さもさることながら、女の子のレベルの高さとエゲツないサービスメニューにある。おっばいポッキーや、猫じゃらしでコチョコチョする程度はまだ序のロ。お尻の間にキャンディーを挟んでなめさせてくれたり、ほとんど具が丸見えのアソコに口ーターを当てたりと、ガールズバーとは思えないメニューが並んでいる。タッチはできないものの、アソコが見えている女の子もチラホラいて、お金を払えば大股開きもしてくれる。ストリップなのかガールズバーなのかもはや判断が付けられないほどの過激っぷりだ。この店に初めて足を踏み入れた男は確実に驚き混じりの満足な頻を見せて国りくれるので、接待の2次会では外せないお店になっている。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます