ギャラリーのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ギャラリー

  • 2018/12/22お金の話

           時は6年ほど前に遡る。小さな町に住むぼくは、弁護士の使い走りという風変わりなバイトをしていた。書類の整理だの裁判の準備だのといった小難しいことではない。文字どおり、弁護士先生のパシリだ。たとえば町で怪しげなマルチまがい商法が広まり始めたとする。と、先生はぼくをその商法に参加させ、内部情報を探ってこいと命令。そして、ネズミ講の証拠となるシステムやローン会社と...

    記事を読む

  • 2018/09/21出会い攻略

     ここは自分たちで調理を行う変わりダネ居酒屋で、自然とキャンプみたいな感覚になる。しかも、料金が激安(料理は材料費のみ、酒は一杯150円〜)なので、珍しいモノ好きの若い女性客グループが集まっている。となると、やることは一つだ。まずは、男2〜3人組で店に入り、適当な席に座ろう。しばらくして、女のコグループが調理場に向かったら、こちらも材料を片手に調理に行く。その後は、隣併せで料理をしつつ「、それ...

    記事を読む

  • 2017/07/23裏情報

       露出女がギャラリーを募る掲示板(関東、関西などエリアごとにある)で、関東版の場合は、いつもこんな書き込みが日に20件くらいアップされてます。「今日の夕方、スケスケのワンピースを着て公園を散歩します。たくさん見に来てくれると超うれしいな」「希望者多数なら、公衆トイレで公開オナニーします。興味ある人いますか?」 見知らぬ女の痴態を観察しにいく。もうそれだけでも十分コーフンものですが、この掲...

    記事を読む

知的障害者の絵が素人画家ギャラリーの画廊喫茶で高く売れた

0030_2018122212274508e.jpg 0031_20181222122746406.jpg 0032_20181222122747a9a.jpg 0033_20181222122749d8c.jpg 0034_20181222122751390.jpg 0035_201812221227526d0.jpg 0036_20181222122754e57.jpg 0037_20181222122755bb8.jpg時は6年ほど前に遡る。小さな町に住むぼくは、弁護士の使い走りという風変わりなバイトをしていた。書類の整理だの裁判の準備だのといった小難しいことではない。文字どおり、弁護士先生のパシリだ。たとえば町で怪しげなマルチまがい商法が広まり始めたとする。と、先生はぼくをその商法に参加させ、内部情報を探ってこいと命令。そして、ネズミ講の証拠となるシステムやローン会社との癒着を発見した段階で、先生が弁護士の肩書きを持って乗り込んで行く。お金を出さなければ裁判ですよと脅せば、弱みを握られている先方は泣く泣く言いなりに、という寸法だ。
こういう人を悪徳弁護士と呼ぶのかどうかはわからないが、本人は悪ぴれることもなかったし、それなりの報酬をもらっていたぼくにも不満はなかった。さて、その仕事の中で、とある託児所の女性所長がターゲットになったことがある。彼女は託児所以外に小規模な自己啓発セミナーらしきものを主催していて、二束三文のネックレスを数十万円で入会者に買わせているとの噂がたっていたのだ。
ネックレスの出元を探ってこいとの命を受けたぼくは、いつものように一般人を装ってセミナーに
参加。詐欺の一端をつかむべく、所長への接近を画策した。しかし敵もさるもの、そう簡単に尻尾などつかめるものではない。というよりもむしろ、ぼくは所長の手腕に感心すらしてしまう。彼女は市の養護施設に収益の一部を寄付して名を売る一方で、その施設に子供を通わせる親を自ら経営するセミナーに勧誘していたのだ。なるほど、障害を持つ子供を抱えて人知れず悩む親は少なくないだろう。そこに自己啓発という受け皿を差し出すとは考えたものだ。
経営手法にほれぼれしたぼくは、いつしか当初の目的も忘れて金魚のフンのように所長に付きまとう
ようになっていた。と、ここまでは、ぼくがあるビジネスを考え出すまでの前ふりに過ぎない。本題は、彼女に連れられて件の養護施設の文化祭に行ったことから始まる。 その施設は子供の数が30人程度しかおらず、こじんまりとしたものだった。ミスコンもライブもなく、あるのは焼きそばの売店や作品展示ぐらい。ぼくが見て習いようなものはどこにもない。
ところがそんなつまらない文化祭に、唯一ぼくの目を引くものがあった。展示場に飾られていた1枚の絵が、妙な力を発していたのだ。画用紙いつぱいにクレヨンと鳶絵の具で撒かれたその花の絵は、色使いが独特で、構図もへったくれもないのだが、軽やかな空気感を漂わせている。それは他の絵が、単にアニメキャラクターなどを模したありがちなものだったからなのかもしれない。しかし、別段美術に興味があるわけでもないぼくですら目を奪われたのだから、やはりそこには何かがあったのだろう。
「この絵、もらえませんか?」施設の職員に尋ねてみたところ、たぶん大丈夫だけど一応は描いた本人に聞いてくれとのこと。こんな申し出は初めてなのか、驚いた様子だ。夕方に文化祭が終わった後、職員に伴われて本人が現れた。施設では最年長のノリコちゃんという。彼女は知的障害者なのだという。
「あ、この絵、気に入ったんでぼくにくれませんか」
カタコトしか話せない彼女に職員を通して意図を伝えると、ノリコちゃんは恥ずかしそうな顔をしながらも快く譲ってくれた。この絵は施設の庭を見てかいたのだそうだ。

ギャラリー兼カフェ&バーで若いアーティストのサブカル友達と出会いの輪を広げる

0130.jpg 0131_20180921093218363.jpg
ここは自分たちで調理を行う変わりダネ居酒屋で、自然とキャンプみたいな感覚になる。しかも、料金が激安(料理は材料費のみ、酒は一杯150円〜)なので、珍しいモノ好きの若い女性客グループが集まっている。となると、やることは一つだ。まずは、男2〜3人組で店に入り、適当な席に座ろう。しばらくして、女のコグループが調理場に向かったら、こちらも材料を片手に調理に行く。
その後は、隣併せで料理をしつつ「、それ美味しそうだね「」醤油貸してくんない?」なんて話しか
ければよろしい。ごくごく自然な出会いなので、一緒の席で飲むくらいにはすぐなれる。
私は荻窪にあるギャラリー兼カフェ&バーをよく利用しています。ここは毎週のように違ったアーティストの作品が飾ってあって、それをきっかけに出会いも楽しめるんですね。方法としては、まず事前に店のHPで作品展示情報をチェックしつつ、若いアーティストの展示日を押さえます。理由はもちろん、大勢の女友達がやってくるからです。とはいえ、自分から女性に声をかける必要はありません。ただボーっと作品を見ていれば、作者から勝手に話しかけてきて、さらには友達も紹介してくれるからです。まったくアートの力は偉大ですね。
また大抵の女のコはお酒を飲みながら談笑してるので、比較的フレンドリーな雰囲気で迎えてくれるのも嬉しい。サブカル系のコが多いのもソレ系がタイプの僕にはかえって有り難いくらいです。
世話焼き系のバーはあちこちにありますが、大抵は店の人間と仲がよくなってからでないと、女のコを紹介してくれないものです。でもここは違います。半年前、初めてボクが1人で店を訪れたときも、若い女性の1人客との仲を取り持ってくれました。店員がカウンター越しにボクと彼女へ交互に話しかけつつ場を盛り上げてくれるので、自然と2人の会話もスタート。と、頃合いを見計らって、店員は別の客のところへ。いたれり付くせりとはまさにこのことでしょう。
世話焼きマスター系のお店というのは、敷居が高いことが多いですよね。気に入られ、常連になってやっとこさ女性を紹介してくれる──。そんな常識を覆すのがこのバーです。男性店員はみなやたらとフレンドリーです。一見の男性客が1人でカウンターに座ろうものなら、常連さん以上にチヤホヤしてくれます。たぶん新規の客が来るのは珍しいからなんでしょうね。そんな状況下、女性の1人客がやってくると、店員さんが両者に話しかけつつ、頃合いを見計らって、2人を相席にしてくれるのです。僕が入店したときもまさにそうでした。さらには仲を深めるべく、横からさんざん盛り上げてくれるのです。以来、こんな体験が3度も…って、あ〜、やっぱ教えるんじゃなかった!
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?
カテゴリ
タグ

露出女がギャラリーを募る掲示板

201310060.jpg 201310061.jpg  露出女がギャラリーを募る掲示板(関東、関西などエリアごとにある)で、関東版の場合は、いつもこんな書き込みが日に20件くらいアップされてます。
「今日の夕方、スケスケのワンピースを着て公園を散歩します。たくさん見に来てくれると超うれしいな」
「希望者多数なら、公衆トイレで公開オナニーします。興味ある人いますか?」
 見知らぬ女の痴態を観察しにいく。もうそれだけでも十分コーフンものですが、この掲示板に現れる露出女は、ただ見せるだけでは終わりません。もっともっと過激なのです。
 私をオカズにして顔に精子をぶっかけてくれだの、野外で3Pしたいだの、とにかくスケベ野郎が感動の涙を流すほど、クレイジーな要求をしてくれるのですから。
 ちなみに、今まで俺がここで出会った中で最強だった女は、書き込みの時点でブッ飛んでいました。
「今日の深夜、埼玉の●●公園でバイブオナニーしてます。良かったらレイプしてくれませんか?」
 実際に現地へ行ってみると、俺の他にも男が3人来ていて、みなで協力(?)して、女を輪姦してやりました。こんな猛烈アブノーマルな体験ができるとこ、ここ以外じゃまずあり得ないでしょうね。
大阪で起こった悪質な痴漢女なりすまし事件のあおりを受け、主だったチカン掲示板は次々と閉鎖に追い込まれた。現在も機能しているのはもはやココくらいのものだ。
 私が思うに、男というものは誰でも痴漢行為に多少の興味を持っている。たとえば満員電車の中でムチムチした肉感の女が目
の前に立っていたら、ほとんどの人がケツを触ってみたい、スカートの中に手を入れてみたいという衝動に駆られるハズだ。でも何とか踏みとどまるのは、実際にやったときのリスクを考えるからに他ならない。
 だからこそ、この手の掲示板は貴重といえる。事前にメールのやり取りで同意を得ているとはいえ、相手の女はまったくの他人。そして痴漢を行う場所も電車や漫画喫茶など、れっきとした公の場だ。
 そんな状況で思う存分、女体をまさぐる。それは日ごろ、皆さんが理性によって抑圧してきた欲望の開放である。これがハマらずにいられようか。まさにチンポ、ボッキンキンである。
 しかも、これは長らくこの手の掲示板で遊んできたから言えるのだが、チカン願望女はなぜか20代が非常に多く、ルックスも総じてレベルが高い。こんなイイこと尽くめの遊び
はそうそうないのではないか。
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます