クラブのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:クラブ

  • 2019/10/05奴隷ちゃん調教

    SMクラブには、ときどき野外プレイなるコースを設けている店があるプレイルームを飛び出し、屋外で女王様やM女相手に遊ぶというものだ。まあ早い話が青カンなのだが、マニアに言わせれば、その開放感といいスリルといい、一度味をシメたらヤメられないらしい・だったら試してみようじゃないかと挑んだのが、三行広告の野外露出プレイである・主催は日暮里の某SMクラプ;女のコをあちこち連れ回しながらハダ力を露出させて楽しむと...

    記事を読む

  • 2019/08/22漫画

    今日友達の家に泊まるから… コーヒー代とホテル代だけでハイレベルな女を抱けるニセの交際倶楽部高級SM会員制倶楽部じゃ、指名が来たら連絡しますね 応募してくる女性は完全な金銭目的が半分 残り半分は アブノーマルなプレイを求めてくるタイプだ 才の人妻ヨウコはアナルなめが得意中でも忘れられないのが はじめまして香織と申します掲示板を見てメールしました都内に住む 大学院生で身長164センチ、体...

    記事を読む

  • 2019/04/30本当にあった怖い事件

       ガサリとゴミをかきわけ、ランニングシャツを着た中年男が現れた。挨拶もそこそこ、彼女を手近の座椅子に座らせるや、男は悪夢のような行動に出る。おもむろにトランクスからカッターナイフを取り出し、己の口の中を掻き回し始めたのだ。「あたしに手を出すわけじゃないし、ずっとカチャカチャやってるだけなんですけど…」※平成時代を振り返るルポ・この記事は2005年当時の記事です。当時のものとして読み物...

    記事を読む

  • 2019/01/02裏風俗・風俗体験談

      断言しよう。都内にクラブと名の付くところは数あれど、一番ナンパの成功率が高いはこである。この店では、週末入場規制がかかる。女6男4という女あまりに。まさにナンパ天国だ。手当たり次第に声をかければ、そのうち泥酔女が引っかかる。...

    記事を読む

  • 2018/12/16裏情報

    ※この記事は合法ドラッグがあった時期の話です。法律は絶えず変化しています。雑誌販売時には合法なものですが、時代の法律を遵守したうえで読み物としてお読みください。...

    記事を読む

  • 2018/10/30エッチ体験談

         テレクラ友達から「末さんの本のことが出てるよ」と電話をもらった。一昨年三才ブックスから出版された「テレクラ楽勝ガイド」が朝日新聞の書評欄に書かれていたことを思い出す。もしかして、オレの本も。「そんなんじゃなくてB。テレクラの棚にたくさん積んであったよ」さっそくBを入手して中を確認してみると、テレクラコーナーの半ページほどにその記事はあった。俺の本のタイトルは「テレクラ...

    記事を読む

  • 2018/09/11出会い攻略

      六本木のこのクラブは、外人好きの日本人女性が白人&黒人を漁る場所として有名である。まったくけしからん話だが、実はその逆パターンもありまして…。店が盛り上がるのは朝5時前後。他のクラブは閉まってしまう中、こちらは朝8時ごろまで営業しているため、二軒目、三軒目の店として、外人客が流れてくる。と、どうなるか。すでに泥酔状態の外人たちが、今宵のパートナーを漁り始める。彼らの男女比は半々。外人...

    記事を読む

  • 2018/09/10出会い攻略

      ボクは鶯谷にある串焼き「D」というカウンターだけの小さな店に通ってます。若い女性客が多い上に、店長さんが世話焼きで、男性客との仲を取り持ってくれるんですね。ただし自分から女を紹介してくれなんてがっついてはいけません。チビリチビリと飲みながら、声がかかるのを待ちましょう。と、店長が「こちら●●さんです」みたいな感じで話を振ってくるので、「ああどうも」なんつって、女性客と話ができちゃうという...

    記事を読む

  • 2018/06/11裏風俗・風俗体験談

    必ず満足できる高級デリヘルはここだズバ抜けているのはルックスだけじゃない性格も最高だ!さすがはR18指定のイベントだけあるブルマの上から尻の割れ目がバッチリ!ローライズブルマの女の子たちが集まるイベントだ潮を吹きたい男はこの子たちのテクに身を任せよ夜のプールは昼間より断然イヤラシイアナルを開発したいならここでゆっくり丁寧にこんなギリギリ水着でヌルヌルしてくれるなんて制服オーディションさんですか?○○ち...

    記事を読む

  • 2018/05/19出会い攻略

    兎我野町のど真ん中にある有名風俗ビルの中にひっそりと佇む、小さなニューハーフパブだ。オカマのママが一人で切り盛りするアットホームな雰囲気の店だが、知る人ぞ知る穴場スポットと言われている。この小さな店の何がすごいのか。まず第一に、この界隈で働く風俗嬢や北新地のホステスらがやたらと多く、お店が狭い作りだけに客同士が親しくなりやすいこと。第二に、ニューハーフママの絶妙なアシストが期待できること。「最近、...

    記事を読む

野外プレイ可のSMクラブの露出調教ツアーで女子大生のオナニープレイ|エロ画像

201502116_2019100510081449c.jpg201502117_20191005100816bb8.jpg0003_201905221354561d2_20191005100807458.jpg0004_201905221355039ee_201910051008083ea.jpg0005_20190522135542fe9_201910051008103d8.jpg0006_20190522135539a9a_2019100510081150b.jpg0007_20190522135518c48_20191005100813123.jpg
SMクラブには、ときどき野外プレイなるコースを設けている店がある
プレイルームを飛び出し、屋外で女王様やM女相手に遊ぶというものだ。まあ早い話が青カンなのだが、マニアに言わせれば、その開放感といいスリルといい、一度味をシメたらヤメられないらしい・だったら試してみようじゃないかと挑んだのが、三行広告の野外露出プレイである・
主催は日暮里の某SMクラプ;女のコをあちこち連れ回しながらハダ力を露出させて楽しむというツアー形式で、料金は入会金込みで2万9千円。
「実際にはちょっともどかしいプレイかもしれませんが、興奮はできますよ」
店員が電話で漏らした言葉に不安を覚えつつ、事務所のあるマンションへ向かう。集まった客は、オレとサラリーマン風の男の2人だけ
動きやすさを考えればこれが限度だという
さっそく調教され役のA子と仕切り役の店員を含めた4人で事務所を出て、外ヘ
着いた先は、近くの公園だった
五反田にある某有名店可の野外プレイ
山手線をグルリと周り、今度は五反田にやってきた。近くにあるSMクラブ「A」にも、野外調教コースがあると聞きつけたのだ。料金は90分4万5千円。ちょいと値は張るが、マンツーマンでタッチ、フェラもOKとくれば納得できる。「休日の夜がいいと思いますよ。この辺、オフィス街だから通行人も少ないし」店員のアドバイスどおり、R子と2人で事務所のあるマンションを出発したのは、土曜の夜12時だった。まずは公園の公衆便所でバストを軽く弄び、ムスコが元気になってきたところでベンチにてしゃぶってもらう。フツウなら発射までイってもよさそうなところだが、なんせ12月初旬の夜。寒くて勃起するのが精一杯だ。「ねえ、どっか暖かいとこ入りましょーよ」というわけで、タクシーに乗り込んでイチャイチャし始めたはいいが、次はどこに行けば…。「ねえ、ここは?」R子が指さしたのは、カラオケボックスだった。なるほど、ここなら人目に触れる可能性もないし、なにより暖かい・入ってみると、ボックスに勝る安全地帯はないと実感。よくホテル代わりに使っているというのもうなずける。特にこの店、オフィス街で客も少ないとあり、もうヤリ放題なのだ。ただ、野外にこだわる男としてはやっぱり外で勝負すべしと、ラストは果敢にもマンションの踊り場へ。結局、四方のビルから丸見えのロケーションでは勃つモノも勃たずにタイムアウトと相成ったが、思いっきり興奮していたのは間違いない・だってこんなクソ寒い中でも、上着は汗でビショビショ、パンツだってガマン汁で力ピカピになっていたんだから。
女子大生の野外露出オナニープレイ
くるみです
今日は何させられちゃうんですか。
いわれるがままそのホテルに入り種市さんが窓を開けろ
目の前を電車が通りすぎました。
次はオナニーしてみようか
裸でいるだけでも恥ずがしいのに・・・

【アダルトコミック】偽の会員制高級愛人クラブを作って美人とただでセックス

0034_20181006225408c91_20190820213150b70.jpg0035_20181006225409e0e_201908202131513e5.jpg0036_20181006225410ef0_20190820213152be2.jpg0037_201810062254128e3_201908202131549b1.jpg0038_201810062254138a3_20190820213155e24.jpg0039_201810062254159c8_201908202131573b2.jpg0040_20181006225416ea4_20190820213159805.jpg0041_20181006225418fdf_20190820213200606.jpg0042_20181006225419649_20190820213201c5d.jpg0043_20181006225421d9e_20190820213203758.jpg0044_2018100622542296d_20190820213204cab.jpg0045_201810062254246bf_2019082021320607e.jpg0046_20181006225425781_20190820213208aa1.jpg0047_2018100622542747f_20190820213209717.jpg0048_20181006225428d4d_20190820213211696.jpg0049_2018100622543074a_2019082021321299e.jpg
今日友達の家に泊まるから… 
コーヒー代とホテル代だけでハイレベルな女を抱けるニセの交際倶楽部
高級SM会員制倶楽部
じゃ、指名が来たら連絡しますね 
応募してくる女性は完全な金銭目的が半分 
残り半分は アブノーマルなプレイを求めてくるタイプだ 
才の人妻ヨウコはアナルなめが得意
中でも忘れられないのが 
はじめまして香織と申します
掲示板を見てメールしました
都内に住む 大学院生で身長164センチ、体重43キロです
よろしくお願いいたします 

平成の性犯罪を振り返る・JS売春クラブの恐るべき実態

0116_20190430144420fd9.jpg 0117_20190430144421db4.jpg 0118_201904301444228d3.jpg 0119_20190430144424b11.jpg
ガサリとゴミをかきわけ、ランニングシャツを着た中年男が現れた。挨拶もそこそこ、彼女を手近の座椅子に座らせるや、男は悪夢のような行動に出る。
おもむろにトランクスからカッターナイフを取り出し、己の口の中を掻き回し始めたのだ。
「あたしに手を出すわけじゃないし、ずっとカチャカチャやってるだけなんですけど…」
※平成時代を振り返るルポ・この記事は2005年当時の記事です。当時のものとして読み物としてお読みください。

都内で一番ナンパの成功率が高いクラブ

0067_20190102135231d8a.jpg 0068_20190102135232474.jpg 0069_20190102135234dec.jpg断言しよう。都内にクラブと名の付くところは数あれど、一番ナンパの成功率が高いはこである。
この店では、週末入場規制がかかる。女6男4という女あまりに。まさにナンパ天国だ。
手当たり次第に声をかければ、そのうち泥酔女が引っかかる。

歌舞伎町にジャンキー女が逆ナンしてくるクラブを発見|大人の夜遊び体験ルポ

0048_201812161514136b4_201910172131279fa.jpg0049_20181216151413934_20191017213129ed5.jpg0050_20181216151415448_20191017213131ea7.jpg0051_201812161514161c4_20191017213133cde.jpg0052_20181216151418646_201910172131355c0.jpg0053_2018121615141974d_20191017213136a7f.jpg※この記事は合法ドラッグがあった時期の話です。法律は絶えず変化しています。雑誌販売時には合法なものですが、時代の法律を遵守したうえで読み物としてお読みください。

バイアグラでも勃起しにくいし射精感もない

0068_20181030231559cc3.jpg 0069_20181030231600a37.jpg 0070_201810302316028e4.jpg 0071_20181030231603973.jpg 0072_201810302316051de.jpg 0073_20181030231606f28.jpg
テレクラ友達から「末さんの本のことが出てるよ」と電話をもらった。一昨年三才ブックスから出版された「テレクラ楽勝ガイド」が朝日新聞の書評欄に書かれていたことを思い出す。もしかして、オレの本も。「そんなんじゃなくてB。テレクラの棚にたくさん積んであったよ」
さっそくBを入手して中を確認してみると、テレクラコーナーの半ページほどにその記事はあった。
俺の本のタイトルは「テレクラ250人斬り日記」なのに、ここでは「テレクラ200人斬り」となっている。誤植なのか、違う本のことなのか不明だが、俺の本であると仮定して目を通す。
「テレクラでつながれば、必ずヤレる!みたいなことを書いていたが、達人、名人と言われる人でも百発百中というのは不可能である。実は著者自身もそのことは認めているが、編集部の方針でそうなたらしい」そんなことは一言も書いてない。
この本の著者がゲットしたほとんどの女が援交なのである。援交なしでアポをとりコーマンまで持って行くには、ホスト並みのルックスでもなければ不可能。最後の下りはテレクラ一般論としては言えるが、現実は違う。この記事っていったい何なんだろう。また本を出版してからテレビ局、雑誌社からインタビューを受けたが、ここでも必ずといっていいほど勘違いの質問が飛んでくる。
「こんな若い子をゲットできるなんて信じられない。さぞかし女性には不自由していないのでしょうね。必ずゲットできる秘訣を教えてください」
全部誤解だ。俺は普通の男より女には不自由している。やりたいからって、すぐ呼び出せる女は1人もいない。テレクラでは、一時的な心のビョーキになった女と束の間の交尾を楽しむ機会があっただけ。「必ずゲットできる秘訣」など絶対にない。昨年のテレクラ出撃は平均在室時間を5時間として
約235時間。ゲッ卜した女は34人なので1人平均7時間かかっている。1本目のコールで即アポ即ホテルの場合も多いので、実質的には約6時間とみていいだろう。平日の昼間という有利な条件で
長い時間。「勝率7割以上」は数字の魔術である。むろん、スッポカシなんて日常茶飯事だ。もうひとつ。テレクラ記事を書くにあたっては枚数が限られるので、オイシイ話が中心になる。
1本目、ガチャ切り。2本目、援交。3本目、イタズラ。1時間コールなし、トホホ…。現実はこうなのだ。が、テレクラにある落書き帳のようなことを書いても誰も読んではくれないので省略しているだけ。誤解しないでいただきたい。
ファミレス前に女はいた。赤いコート、腰までのロングヘア。人妻には見えないケバさだ。これならバイアグラがなくとも発情できる。「どうします?」と聞くM氏。もう深夜ー時。これから別の女を探すには時間がない。「とりあえず車に乗せてから」と答え、俺は外に出た。身長は160センチくらいか。体型は標斐ァィラインの濃い化粧。
「ナツミさんですか?」と声をかける。「彼は車にいますから」と案内した。「3人でするの?」車の後ろの席に乗った女が酒くさい息で隣に坐る俺に聞いてきた。M氏の予想どおりヤル気満々だ。「ご希望なら5人でも10人でも、犬でも猿でも」運転しながらM氏がからかう。「ヘンな人たちね。さっき電話で話したの、そっちの人でしょ」「うん、でも1人で会うのは恐いから先生連れてきたんだ」「なんの先生」「整体師アンマさんね」「この人に操んでもらうと、調子よくなるよ」「1時間5千円だけど」「そんなお金ないわよ」「エッチな写真撮らせてくれたら、タダでいいから」「しているとこはダメ。一応主婦だから」そう言いながら女は俺の股間を触ってきた。これは相当なタマだ。
5分ほど走って、女が「トイレにいきたい」といいだした。
霊園の北口あたりでM氏が車を止める。と、女は「恐いから一緒に来て」と俺の手を握り園内に入っていく。相当我慢したのか、女は茂みのそばで始めた。終わったころを見計らい、女の前の地面にレーザーポインターで赤い点をつくりクルクル。途端に女が「ウォーッ」と声をあげた。「大きい声だすと警察がくるよ」女の尻を押し車に戻る。「まったくイヤな人たちね」そういいながらも、興奮しているのはミエミエで「3人で入れるホテルあるの?」と聞いてきた。
「先生、オレ生理になったみたい。お2人でどうぞ」「男の人にも生理があるの?」「知らないの。年に2回くらいはあるけど」
「ウチの彼氏にはないわ」「それは病気だね。一度診てもらったら」コレって漫才じゃないか。結局、俺と女だけでやることになり、横に入った林の外れにあるモーテルに車をつけた。女を外に待たせ、「明日の打ち合わせしないと」というM氏と俺だけ車内に残る。「あの女、アブナイですよ。金とかの問題ではなくて、いわゆる地雷女です。電話番号なんか教えちゃダメですよ」「わかりました」M氏の忠告を聞き部屋に入ると、さっきのシッコが残っていたのか、女はすぐトイレを使った。「新宿のクラブにいたの。今の彼氏はお客で。結婚してから彼氏は主婦らしいカッコしろ」
なんてうるさいの。内緒でこんな服買ったけど。やっぱり男の人に見てもらいたいでしょ。それで電話したり…
「彼氏は?」「トラックで大阪。ね、それより」
女が唇をよせてきた。酒とタバコの匂いのミックスした口臭では、
甘いキッスとはいかないが、それでも俺の下半身は動きだした。女にズボンをひきずり下ろされ、お腹を触られる。
「いいわね。私も子供欲しいな」カメラを向けると「コレ、してみたかった」と脚を上げたり、ご開帳したりと積極的だ。「顔がでなかったら、投稿してもいいわよ」アブナイことを平気で言うが、少々たるんだ腹とハリのない肌。これじゃ見てもヌケない。こんな女に限って自信過剰だ。いつもなら、白けたムードになると俺のペニスは縮んでしまい亀頭が隠れるのだが、今は床面と平行の角度のままだ。M氏にもらったバイアグラのせいだな。「テカテカしていて、おいしそう」女がペニスを含む。なんかヘンな気分だ。俺の意志に関係なく硬直したまま。血液の逆流を防ぐ効果はあると本で読んだが、これほどとは。俺は気が大きくなり、「ほら、これが欲しいんだろ」とAV男優のようなセリフを吐いた。
射精感がないのはバイアグラのせいロ女は脚を開き俺を迎えた。だが、いつもの楽しい
温かい接触感と挿入感がまったくない。おかげで10分ほどピストンでき、女にシーツをつかませ「ウーウー」とうならせた。感覚のないまま射精。コンドームには一滴ほどの精液。そして、縮まないペニス。さすがにあせる。「スゴイのね、お歳なのに。それともあたしがよかったのかしら」オイオイそりゃないだろ。でも、ここまできたらどうにでもなれ。「今度はあたしがしてあげる」女が俺の全身を紙めはじめる。耳、乳首、膝、脚の指はいつものように感じるが、ペニスと玉は舌の感触がはっきりしない。「お尻でして」いいチャンスだ。やってみるか。女が化粧ポーチからクリームを出し、中指に塗り、シッコスタイルになって自分に塗った。「小さめで固いオチンチンが気持ちいいのよ」余計なお世話だ。
ペニスは意外やスルリと入った。センズリみたいで感触もまあまあ。腰をスライドする度に女が声をあげる。が、これまた射精感はなく、精液もない。それでもペニスは完全には縮まない。これは悪魔の薬だ。女はしつこかった。女性上位、性感マッサージの素股スタイルになり、小指で俺をつつく。俺はもはやその気は失せていたが、またもや勃起してきたペニスを自分で挿入し勝手に腰を動かし「ウンウン」いってる。俺は女を上に乗せたまま、顔だけ横を向いてテレビの深夜映画を見ていた。翌日から3日ほどは性欲も勃起もなかった。あせって、エロ本を見ながらこすってもびくともしない。副作用か。一大事だ。M氏に連絡をとり、一部始終を話した。「エネルギーを使い果たしたのでしょう。すぐ元に戻りますよ。それにしても性感が減退するデータは初めて聞きます。いい参考になりました。また、ご入り用があったらいつでもどうぞ」俺は実験動物か。もうこりごりだよ、バイアグラは。

主婦や奥様のクラブ遊びや出会いパーティは終電までに|出会い攻略

0096_20180911195106872.jpg 0097_20180911195108ad6.jpg0094_201809111951030f4.jpg 0095_20180911195105b3b.jpg
六本木のこのクラブは、外人好きの日本人女性が白人&黒人を漁る場所として有名である。まったくけしからん話だが、実はその逆パターンもありまして…。
店が盛り上がるのは朝5時前後。他のクラブは閉まってしまう中、こちらは朝8時ごろまで営業しているため、二軒目、三軒目の店として、外人客が流れてくる。と、どうなるか。すでに泥酔状態の外人たちが、今宵のパートナーを漁り始める。彼らの男女比は半々。外人男が日本人女にいくぶん、あぶれた外人女が日本人男にも回ってくるワケだ。ぶっちゃけ、女のレベルは高くはない(コロンビア系、フィリピン系、ラテン系が中心)が、外人特有のノリの良さは健在。ドサクサに紛れて触りまくるうち、ホテルにフィリピンの 連れ出せることも多い。
言わずと知れた六本木の有名バー。ここは外人客が非常に多い。というかほぼ外人と言ってもいいくらいだ。その中でもひときわ目立つのが、セクシーな衣装で踊り狂っているブラジル女たちだ。近くにブラジル料理屋や雑貨店などがあるためだろうか。彼女らは、ラテン男でないと目すら合わせてくれない子たちと、日本人・白人など自分とは違うタイプを好む子にはっきりわかれる。当然狙うは後者だ。踊りながら目を合わせて笑顔を作り、無視されればこっちもスルー、微笑み返してきたら話しかける。ただそれだけでいい。こんな数打ちゃ当たる戦法が可能なほどブラジル娘は多い。
屋には、週に2回ほど生バンドが島唄を演奏するイベントが開催されます。通常料金の他、1千円程度のチャージがかかりますが、これが出会いに繋がるんですね。もともと店の客は、沖縄から東京に来た現地の方や、沖縄旅行に行って、かの地の魅力に取り付かれた人たちばかり。沖縄が好きで好きで仕方ないんですね。加えて、島唄というのは、聞くだけではなく、自らも踊るのが常識。泡盛の酔いも手伝ってか、軽快な沖縄三味線とこぶしが流れるうち、みんな自然と体が動き出しちゃうんですね。『エイヤーサー♪』15〜20人の男女入り乱れつつ、腕をフリフリ、腰をフリフリ。この盛り上がりに乗じて、見知らぬ女のコと話すことができちゃうんです。警戒心なんて抱いてないんでしょう。
仲良くなった女のコとは、携帯番号を交換して後日アポるもよし、そのままお持ち帰りするもよし。私の場合は、3人の島娘をゴチさせていただきました。
僕はいま六本木で1〜2カ月に1回ほどのペースで開催されている医大生サークルのパーティにお邪魔しています。ここ、身分証のチェックがないから、金さえ払えば誰でも簡単に入れちゃうんです。
 確かに、参加者の7割は大学生なんですが、残る3割は社会人(OB)もいるので、僕のような30
のオッサンがいても不思議じゃない。事実、これまで疑われたことは一度もありませんね。
 このパーティ、女性参加者は医者と知り合いたいミーハー女子大生ばかり。なもんだから、フロアの女に声をかけて、「医者の卵」だなんだと偽りつつ、テキトーに話を合わせたら、すぐに獲物が釣れちゃいます。
写真は、六本木を始め、都内で活動する「E」なる出会いパーティである。セレブな男とイイ女が楽しそうに飲んでいる一コマだ。ここはお見合いパーティと違い、業者主導の告白タイムなどがないフリースタイルが基本の出会いイベントで、自らナンパしなければならないぶん、成果が上がりにくいキライがあるのだが、この会にはちょっとした裏技がある。参加費5千円にプラスして1テーブル1万円(シャンパンボトル付き)の席料を払えば、業者がフロアの女のコに声をかけ、席までつれてきてくれるのだ。いわゆるギャル付けというヤツだ。しかも、女が気に入らなかったら、即座にリリース。次から次へとまた新たな女を席に連れてきてくれる素晴らしさ。遊び慣れた常連はこぞってVI Pを予約し、無知な一般客を出し抜いている。もちろん私もその1人だ。難点は、開催サイクルが年4回ほどしかないことか。まだ次回のパーティの場所すら決まってないが、「E」のサイトで告知されるのが待ち遠しい。80年代のいかにもなソウルミュージックが流れるこのディスコ、異常にオバハン(30代後半〜40代前半)率が高い。男性は27才以上・女性は25才以上でないと入店できない大人
向けクラブだからだが、さらに夜の8時までに入店すれば無料というエサも大きいと思われる。家計
をやりくりする奥様たちでもこれなら気がねなく遊べる。注意すべきは一点。彼女ら主婦は、いくら楽しく遊んだとしても終電には帰ってしまう。さっさとコトを済ませるか、連絡先交換のみで後につなげるべし。
オープンから30年以上続くこの老舗のジャズバーにも、世話焼きマスターがいらっしゃいます。店を介して、見知らぬ女性客と一対一の飲み会を開いてくれるんですね。まずボトル(6千円〜)を入れ
ると、独身女性が写真付きでファイリングされたリストを見せてくれます。上は40代から、下は20代
前半まで。全部で数百人はいるでしょうか。中から、気に入ったコを選んだら、その場でマスターに連絡を取ってもらいます(こちらが複数の場合は、合コンも可能)。後は女性がオーケーしてくれたら晴れて飲み会が成立です。むろん、相手と連絡が取れなかったり、断られるケースもありますがそんなときはまたリストを見せてもらうだけ。何人何十人と仲介&紹介されても他に料金はかからないのでご安心ください。
カネに糸目さえつけなければ、芸能人やモデルを抱けると聞けば、アナタはどうするだろう。ここで即座に財布に手をかけた方にぜひ訪れてみてほしいのが、西麻布の会員制リミテッドラウンジ「R」である。リミテッドラウンジは、完全会員制のキャバクラのようところ。この店の場合も、会員になるには誰かの紹介かHPからの入会申し込みが必要で、首尾よく会員になっても、長期間来店がないと会員証を失効するなど、とにかく敷居は高い。が、そのぶん在籍女性の質は極めて高い。例えば、ミスマガジン200×に選ばれたI・Kがいたり、超有名事務所に所属するタレントの卵がいたりと、約8割がモデルやタレントの卵。信じられないことに、まるで芸能界の見本市のような様相を呈しているのだ。僕なりの経験に照らせば、ゴハンだ何だと口説いても、店外デートに持ち込むのは至難の技だ。彼女たちはあくまで愛人契約を求めているので、オキニを見つけたらさっさと札束で買い叩いてしまおう。もちろん話の持って行き方によっては、その場限りの関係もOK。ちなみに僕は某ティーン誌の読者モデルと一晩4万、フリーのショーモデルを一晩5万でハメたことがある。

合コンのように出会いを求めて料理教室に通う男性が増えている

0088_20180910094553a24.jpg 0089_2018091009455549e.jpg0086_20180910094550cf0.jpg 0087_20180910094552f61.jpg
ボクは鶯谷にある串焼き「D」というカウンターだけの小さな店に通ってます。若い女性客が多い上に、店長さんが世話焼きで、男性客との仲を取り持ってくれるんですね。ただし自分から女を紹介してくれなんてがっついてはいけません。チビリチビリと飲みながら、声がかかるのを待ちましょう。
と、店長が「こちら●●さんです」みたいな感じで話を振ってくるので、「ああどうも」なんつって、女性客と話ができちゃうという流れです。狙いはやはり1人で来てる常連女性です。皆さん大体近所にお住まいなので、安心してお酒を飲んでるし、うまく酔わせて送り狼にもなれちゃいます。
ここ最近、巷ではジョギングが流行っています。私もまた丸の内界隈で働くメンバーで皇居をマラソンするサークルに所属しておりまして、これが楽しいの何の。平日の夕方、仕事が終わった後、メンバーは銭湯でジョギングスーツに着替えて、皇居付近に集合します。大体いつも20名近くはいるでしょうか。半分は若いOLさんです。
準備運動が済んだら、お濠の回りを1時間ほど走り、再び銭湯に戻ってひとっ風呂あびて汗を流してから、居酒屋で飲み会を。その生ビールの何とウマイことよ。これで会話が弾まなかったらウソでしょう。個人的に女性を口説きたい場合は、「今度、ウチの近くを一緒に走ろうよ」と誘えばヨロシイ。残念ながらこのサークル、公式に会員は募集してないのですが、メンバーのブログから参加を申し込めば、比較的フランクに迎え入れてくれます。レッツランニング!
婚活ブームの影響もあってか、
ここ最近、料理教室に通う20代後半〜30代後半の男性が増えている。妙齢の女性たちと一緒に料理を作りながら、ついでにお近づきになろうというワケだ。私が通っているのは全国に60以上の支部を持つ料理教室「A」の丸の内スタジオだ。1チームは男女5〜6人で、授業後には、作った料理を囲みつつ、お酒で乾杯する、いわば合コンのような雰囲気になる。
特筆すべきは、男女比が9対1と圧倒的に女性が多いこと。少々の醜男でもモテること必至だが、オンナだらけの独特な雰囲気に飲み込まれると借りてきた猫のようになりかねない。何度か通ううちに女性陣と顔見知りになり、徐々に間合いを詰めていくのが正解だ。
クラブ&ナンパ好きには有名なディスコ、銀座「G」。そのゲット率の高さで「最強のナンパ箱」の
名前を欲しいままにしているが、今日は別の側面を紹介したい。ここでは男女間のボディタッチが自然と行えるのだ。ぶっちゃけ女のレベルはさほどでもない。20代後半から30代中心とクラブにしては年齢層が高く、どこか垢抜けないOLやヤンキー臭の漂う売れ残りナースばかりと心得ておくべきだろう。しかし、超満員のフロアは密着度が高く、多少おさわりしても、誰1人として気付かない。俺の場合は、中央のフロアに進むフリをしながら、手の平を軽く押し当てつつ、片っ端からケツに触りまくっている次第です。
女はほぼ全員がナンパ待ち
立ち飲み屋がナンパしやすいことは誰しもが気付いていると思う。しかし、いざ声をかけてようとしても、なかなか話しかけられないのが現実ではないか。そんな中、驚くほどナンパしやすいのが、銀座コリドー通りにある某立ち飲みバーだ(店名はオツマミや飲み物の値段になっている)。客たちが自由に店内を動き回れるぶん、気兼ねなくあちこちの女性客に声をかけられるのである。もともと彼女たちは、ナンパ待ちで来ているフシがある。お酒の一杯でもゴチすれば気軽に応じてくるため、あちこち即席カップルだらけだ。狙い目はやはり、最も客が集まる金曜日の夜。ナンパ目的と思しきライバルの男どもも増えるのだが、彼らの多くはスーツ族なので、小綺麗な私服だと差別化が図れ、かえってモテたりする。少しの容姿とトーク術さえあれば、持ち帰りはもう目前だ。
 オヤジの街、新橋のガード下に位置するこの店は、立ち飲み風のバーながら、中身は立派なクラブ
である。DJが音楽を流し、客も踊りながら呑んでいるのだ。当然ながら、ナンパを目論む男も少なくないのだが、ポイントはやはり、新橋という場所柄にあるだろう。六本木や銀座あたりと違って、どこか垢抜けない女が多いので、自ずと敷居が下がる。狙い目は平日の夜10時以降である。どこで呑んだか、界隈のOLグループがホロ酔い加減で二、三軒目に流れる途中、店外まで流れてくる大音量の音楽に誘われてフラっと立ち寄るケースが珍しくない。そこへ、こちらもグループでサッと近づき、「どっから来たの?奢るよ〜」なんて声をかければ、あっさり会話が成立する。さすがにお持ち帰りはキビシイが、後日アポって食うとしましょう。
こちらのダイニングバーは、店員を介して、見知らぬ男性客と女性客との合コンを開催してくれるというスバラシイお店です。仕組みはいたってシンプルで、まずは合コン希望であることを店側に伝えると、トイレにその旨を記した張り紙が出されます。女性はコレを見て、気に入った相手を選ぶんですね。むろん、なかなか相手が見つからないこともありますが、そんな場合は店が馴染みの女性に連絡をつけてくれので安心です。早いと1週間、遅くとも1カ月後には合コンが開かれることでしょう。ちなみに会場はこのお店と決まっており、飲み代はすべて男のオゴリ。それでも見知らぬ女性とワイワイやれるんですから、試してソンはないでしょう。

東京の大人の遊び場エロスポット3|ローライズブルマ体験ルポなど

0062_2018060820003230c_20190816202501615.jpg0063_2018060820003346d_2019081620250301d.jpg0064_20180608200035b7d_20190816202504f94.jpg0065_20180608200036829_201908162025067e1.jpg0066_20180611092522bf4_20190816202507c74.jpg0068_20180611092524b56_20190816202510359.jpg0069_2018061109252641e_201908162025126a9.jpg
必ず満足できる高級デリヘルはここだ
ズバ抜けているのはルックスだけじゃない性格も最高だ!
さすがはR18指定のイベントだけある
ブルマの上から尻の割れ目がバッチリ!
ローライズブルマの女の子たちが集まるイベントだ
潮を吹きたい男はこの子たちのテクに身を任せよ
夜のプールは昼間より断然イヤラシイ
アナルを開発したいならここでゆっくり丁寧に
こんなギリギリ水着でヌルヌルしてくれるなんて
制服オーディションさんですか?○○ちゃんで60分、お願いします

大阪の出会いにつながるカフェ・飲み屋・イベント

201506087.jpg201506088.jpg201506085.jpg201506086.jpg201506089.jpg201506090.jpg201506091.jpg201506092.jpg
兎我野町のど真ん中にある有名風俗ビルの中にひっそりと佇む、小さなニューハーフパブだ。オカマのママが一人で切り盛りするアットホームな雰囲気の店だが、知る人ぞ知る穴場スポットと言われている。この小さな店の何がすごいのか。まず第一に、この界隈で働く風俗嬢や北新地のホステスらがやたらと多く、お店が狭い作りだけに客同士が親しくなりやすいこと。第二に、ニューハーフママの絶妙なアシストが期待できること。
「最近、オメコした?」
「全然してへんねん」
「だったらこの人らとどう?」
女性客たちにストレートにセクハラネタを振り「ここでしてもええのよ?」と店内でのエロプレイまですすめてくれるのだ。強引にもほどがあるが、これが意外にも効果絶大。ニューハーフママのセクハラトークで麻痺してしまうのか、客同士でいい感じのプレイに発展することが非常に多いのだ。というわけで、ここはいつもママのアシストに味をしめた男客でいっぱいになっている。
毎日欠かさず開催されている、男女25人対25人の出会いパーティだ。と言っても、回転寿司タイムや告白タイムがあるような普通のパーティとは違い、各自が酒を飲みながら動きまわるのが基本の自由
な飲み会形式だ。俺のようなナンパ下手には少々ハードルが高めに感じるが、冒頭15分で簡単な相性診断ゲームをやってくれるので、最初のハードルになる会話のきっかけ作りに悩むことはない。俺はいつも野郎の間で女っ気が欲しいという話が出ると、ひとまず1次会の会場をここにして、外で一緒に飲める女の子を物色するために使っている。特に平日に女の子と楽しく飲める場所などなかなかないので重宝するのだ。ガチの出会いパーティに比べて彼氏が欲しいというよりも男友達を作りたいなー程度の軽い動機で参加してる女の子が多いので、こちらも楽しく飲みたいだけ、の雰囲気で誘い出すとうまくいくことが多い。
シングルズバープレイス
梅田にある恋活バーだ。最大の特徴は「フリースタイル」。どういうことか。一般的な恋活バーは男性が話したい女性を店員に告げ、相手がOKならば一緒になれるというもの。だが、ここは男が直接女に話しかけても問題ないのである。でも勘違いしないでほしい。これはナンパではない。女性客は店のコンセプトをわかりながら来店しているのだから。つまり、男に声かけされることを想定した女だから、まず断られず飲めるのである。しかも料金は時間無制限で3千円とリーズナブルなのだからありがたい。ちなみに、こういうジャンルの店はコンセプトに惹かれて店に足を運んだら女がおらず閑散としていた、なんてことも少なくない。だが、ここはマジで盛況だから安心してほしい。逐一更新される店のTwitterには毎夜「現在女性客20名来店!」なんていう景気のよい書き込みが溢れている。
シングルズバーティアラ
大阪のシングルズバーをいつくか覗いてみた結果、男祭り(男だらけ)になっていたり、モテなそうな女が吹き溜まっていたりする店が多いことに気づいた。が、ここは違う。女性客が途切れることなくワンサカ集まってくるし、レベルも間違いなく大阪一だと断言できる。理由は、関西ローカルのTV番組で紹介されたことで、一気にミーハーな女子客が増えたからだろう。主に会社帰りのオシャレ風OLが8割で、2、3人のチームで来るのがほとんどだ。俺の場合、いつも結婚式の二次会にいるような上から下までバッチリキメた女を狙っている。こちらがスーツを着て適当な世間話をしてるだけで、なんとなく良い雰囲気になってくれることが多い。それだけ飢えた女が集まってるということだろう。与えられた時間はわずか20分なので、女のノリが合わないと思ったらすぐ店員にそっと耳打ちして、お目当てのグループをセッティングしてもらえばいい。
大阪の酒飲みの間では有名なバービルで、ビル内にある30軒を超えるテナントのどれもが、客同士が親密になりやすい雰囲気を持った不思議な空間だ。以前は客層が高めだったが、最近テレビなどで取り上げられるようになったからか、若い女の子たちがどっと増え、結果的に俺のようなオッサンと若い子の出会いの場になっている。基本的にどの店も使えるが、女の子といい感じになるには店の選び方が重要だ。その日、1人で飲んでる女のいる店を選ぶのが基本だが、どのバーも扉を開けるだけで
店内の様子が見れるようになっているので、どこでもいいのでお店の扉を開けて店内をチェックし、女性がいなければ扉を閉めて別の店に行く。そうやって片っ端から扉を開けていけば、すぐに女の単独客を見つけられるはずだ。店に入ったら、あとは女性との間に1つ席を空けて座り、黙ってお酒を飲んでいればいい。あとは店員と女性客のトークにただうなずいているだけで「そうですよね?」「お兄さんはどう思います?」などと店員が話題を振ってくれるはずだ。
ちなみに『ホテルアドリアーノ』と『デジカフェ』はどちらも女の子が好きそうなオシャレな雰囲気なので女性の割合が多い。最初にチェックしてみるといいだろう。10年以上前から男女のセッティングを続けてきた老舗の婚活バーとして知られる店で、いつも出会い目的にやってくる客で賑わっている。女性の年齢層は幅があり、美魔女的な30~40代の女性が1人で飲んでいたり、20代前半のピチピチ娘2人組がカウンターで談笑してることもある。お店の一番のウリは、マスターに好みの女性のタイプを伝えて後日セッティングしてもらう合コンシステムだが、普段から来る客がみんな出会いを意識しているうえに、ノリが軽い世話焼き店長さんが、「飲み友達になっちゃいなよー」とけしかけてくれるので、わざわざ合コンに参加しなくてもカウンター席でいつでも合コン状態になれる。店長さんに好みの女性をこっそり告げれば、さりげなく間を取り持ってもくれるので、コミュニケーションが苦手な男でも女の子と仲良く飲むことができるはずだ。俺はいつも男だらけの飲み会の2次会会場として利用させてもらっているが、オイシイ展開になったのは1度や2度ではない。
関西のほとんどのクラブでは、VIP席をリザーブした男性客のためにお店のスタッフがフロアで踊ってる女の子を「VIP席に座れるけど来ない?」と連れてきてくれるナイスなサービスを行っている。いわば店員による代行ナンパのようなものだが、問題は金額だ。高めのクラブだと男数人でVIP席に1時間座るだけで3万、4万はザラ。これでは高級キャバクラ遊びと変わりない。ここG2は、俺のような庶民派にも優しい料金設定を用意してくれている。平日なら最安で5千円、ボトル代を入れても1万円程度なので、数人で割ればかなりリーズナブルだ。しかも大阪のクラブの中でも最も客層が若いと有名な場所だけに、女の子の飲み方だって無茶苦茶。べロンべロンになるまで飲んでくれる女の子ばかりだから、お持ち帰り率もハンパじゃないのだ。VIP席で女の子たちと飲みまくってホテルへ直行するのが俺たちの週末の定番コースだ。マジでオススメですよ。
最近、大阪にも相席システムを導入したお店が増えてきました。特にイタリアンフードが食べれる相席DJバーをうたうこのお店は、女性客たちのノリがだいぶ軽いように思います。近くに梅田で人気のクラブがあるからかもしれません。男性客が指名すると女の子たちはタダで飲めるだけにホイホイ乗って来るし、ノリが良い子が多いだけに、ゲームなどで盛り上げてベロベロに酔わせて外に連れ出すという単純な作戦が、面白いようにハマってくれるんです。30分1500円で飲み放題なので、僕らは友人と2人で最初にここに来て、ナンパ待ちのような雰囲気の女の子2人をピックアップして2軒目に移るというのがいつもの使い方です。わざわざクラブに行って入場料と酒代を払ってナンパするよりも、ここでサクッと持ち帰る方が断然安くて楽チンなんです。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます