0084_2018033112413097a.jpg 0085_201803311241310c1.jpg
皆さんは、すでにお気づきだろうか。いまこの国で狂喜すべき空前の事態が巻き起こっていることを。もう一度トキメキたいわぁ。燃えるようなセックスがしたいわぁ。退屈な日常を忘れさせてくれる刺激が欲しいのぉ。そんな、イケナイ妄想でパンパンに膨れあがった人妻が、男との出会いを求めてさまよっているのだ。ネットを、現実世界を。それも無数に。昔から不倫願望を持つ既婚女性はそこかしこにいたハズである。しかし彼女たちの多くが一線を超えなかったのは、女の浮気を悪とする風潮が社会にあったからだろう。貞操観念も強かった。既存の出会い系サイトに流れたのはごく一部の特殊な人たちで、ごくフツーの主婦にとっては敷居の高い存在だったのだ。それが今や事情は変わった。『婚外恋愛』という単語の流行とともに、それまでとはケタ違いの数の人妻が不倫に走る時代になったのだ。我々エロ男子にとっては、小躍りしたくなる話ではないか。
歓迎すべきブームを招いた最大の原因は、ミクシィ、グリーといった非・出会い系メディアの爆発的な普及だろう。出会い系じゃないのに結果的には出会い系以上に使い勝手のいいそれらのサイトが、全国の麗しい奥様たちの意識をガラリと変えてしまったのだ。え、こんなカンタンに浮気相手って見つかっちゃうものなの?チョー楽しいんですけど。
かくしてモラル崩壊の波は全国に及び、大婚外恋愛時代の幕が切って落とされたのである。
本特集は人妻ゲットのエキスパート28人の手法をまとめたものだ。
その紹介は次項以下に譲るとして、ここではとりあえず、何かしらのサイトで人妻を口説くことを前提とした基本戦略について述べておきたい。
①こちらも既婚者であることを強調する
婚外恋愛にあこがれる人妻、特に初心者は、自分が年上、既婚者であることをマイナス要因に考えがちである。サイトを利用して近づく場合は、最初の段階で自分も既婚者だと告げ(たとえ独身だとしても)、コンプレックスを取り払おう。その際、こちらのセックスレスは必ず伝えておきたいキーワードだ。コツは【ご無沙汰すぎてセックスのやり方忘れちゃったよ】など、冗談っぽく言うこと。深刻な感じはよくない。
②誠実な男をアピールする微妙な違いだが、純粋なセフレを求めがちな男に対して、人妻が欲しいのは「信頼を寄せられるステキな彼氏」だ。彼女たちは遊ばれて終わることを極端に恐れている。従ってプロフの作成やファーストメールなどでは、自分がちゃらんぽらんな性格ではないとわからせる必要がある。【前の彼女とは4年くらい交際が続いたかな】といった感じで、過去の恋愛話にからめてさりげなくアピールするのがいいだろう。
③人妻という立場に理解を示す
人妻は自分の家庭を壊そうとまでは思っていない。生活を乱さない程度にセックスライフを充実させたいけれど、離婚やその他トラブルを招くような事態は絶対に避けたい。それが彼女たちの本音なのだ。そこで、こちらとしては迷惑をかけるつもりはないという姿勢を見せ、優しさを強調したい。具体的にはこんな台詞が効果的だ。
【メールを送っても大丈夫な時間帯教えて】
【こんな夜遅くにメールしてたら旦那さんに怪しまれちゃうよ】
ちょっとした気遣いは両者の距離をグッと縮める。肝に銘じておこう。
④エロトーク
繰り返しになるが、人妻が不倫に求めているものは、充実したセックスライフだ。その意味で下ネタは、大いに会話を盛り上げる役目を果たす。とはいえ、あまり露骨なものはNGだ。【どういうシチュエーションに興奮するの?】【エッチが上手そうだよね】【実は結構好きでしょ】など、ソフトなものに留めよう。相手に性的な興味を持っていることが伝われば十分だ。ちゃんと女として見られていることに、人妻は悦びを感じる生き物なのである。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ