0074_201801222313218f3.jpg 0075_20180122231322407.jpg
そもそもカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為だ。これを請け負う業者が逮されたこともある。たとえば業者に頼むとどうなるか。家電量販店などで1カメラ(商品は指定される)を購入するよう言われ、その業者が手数料を引いた9千円で買い取る。依頼者からすピング枠1万円が9千円の現金になった格好だ。このカード現金化を個人でやっているヤツらがいる。『リル』といったフリマアプリを悪用して。手口はこうだ。
1─メルカリのアカウントを2つ用意する(A、B)
2─アカウントAで適当な商品を出品する(例、石鹸4万円)
3─アカウントBで、その石鹸を購入。支払いはクレジットカードを選択
4─アカウントAの元に売上金4万円が振り込まれる
つまり適当な商品を介しただけで、4万円のショッピング枠がまるまる4万円の現金に変わるというわけだ。WOWOWやスカパーといった有料放送を契約しないで不正にタダで視聴するためのグッズが市販されている。「万能チューナー」なんて名称で売られていることが多いだろうか。さすがに普通の量販店には並んでいないが、秋葉原の電気屋などにはけっこう置いてある。用途は明らかに違法だが、機器を販売すること自体は規制されていない。
「スカパーやWOWOWに対応」
「無料チューナー」
平気でこんなことを謳っているばかりか、中にはかなり大胆なPRをしている店もある。なんと、店内のテレビに万能チューナーを繋いで実際に映像を流しているのだ。そしてそこには張り紙が。
「電波・研究実験」
視聴しているのではなく研究なんです、という建前だ。ただし研究なら有料放送を契約をしないまま受信してもオーケーかというとそうではなく、違法は違法だ。まかり通っているのは、何となく見逃されているのだろう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ