クンニのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:クンニ

  • 2018/12/07素人エロ画像

     『はじめまして! ブログを見てドキドキしてしまって…神奈川の藤沢住みなんですが、私も舐めてほしいです(笑)ダメでしょうか?』こんなクンニのお誘いメールを頂きました。ダメである理由など一つも見あたりません。勢いよくキーボードを叩き、こちらこそお願いいたしますと返信しました。『国田さんのブログを読むたびに自分の中でむくむくと欲求がたまってくんです( ;o_o)自分もしてほしいって…。本当にワタシが舐めて...

    記事を読む

  • 2018/12/03奴隷ちゃん調教

     今回もありがたいことにブログ経由でメールをいただきました。「興味があってメールしてみました。〝国田ペット〞欲しい♪ 奉仕して欲しいです〜。27歳、会社員、都内在住なんですが、どうですか?」普段は会社の事務をされていらっしゃるという事務員様からです。国田ペットとは、言い得て妙、僕にピッタリの素敵な呼び名です。メールのやり取りで、週末に僕の家までお越しいただくこととなりました。その前日、事務員様か...

    記事を読む

  • 2018/11/28突撃リポート

     ブログ経由で長文メールが届きました。地方在住の方です。『中国地方在住、30代前半の女性です。以前からずっとブログ読ませて頂いています。普段は遠距離の為、羨ましいと眺めているだけでしたが、3月16日の夜に東京で1泊することになりました! そこでぜひ一晩中舐めてもらいたいなと思い…(略)』なんとも心温まるメールです。お返事をいたしたところ、なんと送り主様が処女であることが判明しました。さらには抑圧され...

    記事を読む

  • 2018/11/20奴隷ちゃん調教

     『お久しぶりです。以前メッセージを送った者です。よかったら奉仕してほしいな』昨年暮れにこのようなありがたいメールが届きました。前に連絡をとった方のようですが、なにぶん忘れっぽい性格のため、即座に思いだすことはできません。ですが、お返事をするうちにはっと気づいたのです。あっ、あのときの女性だ…。その御方から初コンタクトを頂いたのは1年ほど前のことでした。ブログに記載してある僕のミクシーを経由し...

    記事を読む

  • 2018/11/18奴隷ちゃん調教

     『ブログみました。本当にドエムなんですね\(^o^) /素敵!』それはドMな僕にご興味を持ってくださった方からのメールでした。静岡で看護師をしていらっしゃる25才だそうです。『明日の3時から次の日の夕方くらいまで東京にいるのですが、いかがですか?』ご丁寧な文面で積極的なクンニのご依頼メールを送ってくださる看護師様。急なお誘いですが、もちろん大歓迎です。迎えた当日。パンツルックにコートといった冬の装い...

    記事を読む

  • 2018/11/14奴隷ちゃん調教

     前々号までの連載「ねぶります」でお世話になりました国田です。新連載にあたり、あらためて自己紹介をしておきます。僕はドMで、クンニ道具として扱われることに快感を覚える人間です。キスやフェラ、挿入など、世間一般の男子が好む一連のセックスには食指が動きません。この性癖に悩んでいた時期もありますが、いまは非常に快適なクンニライフを送っております。僕のやっているブログを見て『ワタシも舐めてほしい』との...

    記事を読む

  • 2018/11/09裏風俗・風俗体験談

      旭川は北海道で二番目に大きな繁華街だが、セクキャバは3店舗しかない。うち2つは同じビルにある。一つは、女の子とお喋りしたあと、ラストの10分間おっぱいをモミモミしたうえ、アソコまで触れる店。もう一つの店Mはアソコを触れない店。となると、当然ながらMはスルーしてしまいがちだが、ちょっと待て。実はMには、知る人ぞ知る秘密がある─。Mに足を運んだ私は、ギャル雑誌モデル〝たもちん〟似の女の子に当....

    記事を読む

  • 2018/09/29SEXテクニック

     どうせ乳首やクリ攻めでしょと思わせておいてキスをしまくる......

    記事を読む

素人美人妻様のあそこをクンニ奉仕

0116_2018120710432354b.jpg 0117_20181207104324a3e.jpg
『はじめまして! ブログを見てドキドキしてしまって…神奈川の藤沢住みなんですが、私も舐めてほしいです(笑)ダメでしょうか?』こんなクンニのお誘いメールを頂きました。ダメである理由など一つも見あたりません。勢いよくキーボードを叩き、こちらこそお願いいたしますと返信しました。『国田さんのブログを読むたびに自分の中でむくむくと欲求がたまってくんです( ;o_o)自分もしてほしいって…。本当にワタシが舐めてもらうだけでもいいんですか?』 むしろ永遠に舐めていたいですと返信です。『素晴らしいですねー(*´∇`*)私も永遠に舐められてたいなー』
それからもいくつかメールのやり取りが続きました。
『あ、私は25歳です! 外見で不快感は与えないと思います(自分では…)(*´∇`*)』
『結婚してるんですが、クンニを全くしてくれなくって…。既婚者はやっぱり面倒でしょうか…?(´-`)』『友達何人かには長澤まさみに似てるって言われました(笑)』
可愛らしい顔文字を使ったメールで、気さくな性格やお美しい方であること、そしてなによりクンニが大好きであることが分かって胸がときめいてまいりました。ついに『明日とかはいくらなんでもいきなりすぎですよね(笑)』と、積極的なお誘いをいただいたので、謹んで受けさせていただくことになりました。当日、待ち合わせ場所に到着すると、美人妻様は車で迎えに来てくださいました。
「はじめまして、緊張しますね」と美人妻様。実はこのとき僕は普段以上に緊張していました。それは美人妻様が予想以上に美人過ぎたからです。お顔は確かに長澤まさみさんに似ていて超美形。身長はおそらく170cm以上でしょうか。手足もスラリと長くてまるで本物のモデルさんの様です。近くのラブホテルに入ると「どうすればいい?」と聞かれたので「下だけ脱いでいただけますか」と秘部の露出を促しました。すると美人妻様はベッドに横たわり逆に「脱がして」と促してこられたのでストッキング、スカート、スキャンティーと順に脱がせていただきます。興奮のあまり震える手に気づいたのか、人様はほんのり笑みをうかべていらっしゃいす。そうして露になった美しく麗しき秘部様。僕にとっては神々しく眩しい存在であり、生きていくモチベーションそのものです。「舐めて」とのご指示に「いただきます」と応えて早速舌を這わせます。「舌が柔らかいね、すごく気持ちいいよ」お褒めいただけて僕はほんとに生まれてきて良かったと思い、幸せを噛み締めました。
「すぐにいっちゃうともったいないからソフトめにね」とのご注文を受け、以降ソフトに舐めさせていただきます。大きな声こそ出しませんが、美人妻様はうっすらと吐息を荒げてボクの舌の動きを堪能していただいているご様子で、静かなホテルの部屋に淫靡な音が響きます。ホテルで過ごしたのは3時間ほどでした。美人妻様は仰向けから四つんばいになったり、たまに立ちクンニや顔面騎乗などあらゆる体位でクンニ奉仕を楽しんでいただきました。美人妻様は今回のクンニ奉仕を大変お気に召していただけたようで、その日のメールで優しいお言葉をくださいました。
『おばぁちゃんになるまで使いますよ(笑)本当にわんちゃんとかだったら絶対飼うのになー…そして結婚してなかったら毎日舐めてもらいに行くのに(笑)』

クンニ奴隷・酒井若菜似美人OLのお尻も舐める

0014_201812031313290d4.jpg 0015_201812031313316ce.jpg今回もありがたいことにブログ経由でメールをいただきました。
「興味があってメールしてみました。〝国田ペット〞欲しい♪ 奉仕して欲しいです〜。27歳、会社員、都内在住なんですが、どうですか?」
普段は会社の事務をされていらっしゃるという事務員様からです。国田ペットとは、言い得て妙、僕にピッタリの素敵な呼び名です。メールのやり取りで、週末に僕の家までお越しいただくこととなりました。その前日、事務員様から再びメールが届きました。
「泊まりでもいい?」「もちろん大丈夫です」「やった!ずーーっと舐めててね楽しみ 」
そんなに喜んでいただけるだなんて、嬉しいのは僕のほうです。迎かえたクンニ当日。
「こんにちは」と、待ち合わせの駅にクンニご依頼者の女性が現れました。黒髪ロングに健康的な白いお肌。メイクも服装も落ちついた雰囲気です。お顔は酒井若菜さんに似ていらっしゃる、とても可愛らしい御方です。事務員様が部屋の椅子に腰掛けるやいなや、僕はそのお足元に擦り寄って「舐めたいです」と募る想いを激白しました。「さっそくだね。いいよ」事務員様はそう言って笑いながら、パンストとパンティを脱いで秘部を露わにしてくださいます。
「はい、舐めて」脱ぎたてで芳しいオマンコ様をゆっくりと、丁寧に舐めさせていただきます。
「あぁぁぁ、いい。きもちぃ…。明日までずっと舐めててくれるの?問いかけに、僕は舐めながら頷きました。「ほんと最高。これハマるね」こうして一泊二日のクンニ奉仕が幕を明けたのです。ベッドに寝転んで雑誌をめくったり、テレビのバラエティ番組を観たり。また椅子に腰掛けては携帯をいじったり、パソコンでネットを見たり。もちろん僕はその間、片時もクンニ奴隷としての役割をおろそかにしません。事務員様はゆったりとした時間を、存分にリラックスしてお過ごし遊ばされています。「お尻も舐めて」ご要望どおりお尻の穴に舌を這わせます。清楚なお見かけと反対に、自らの快楽に積極的な方のようです。その後も、夜は寝付くまでお舐めし、朝はクンニ奉仕でお目覚めいただいたりと、とにかくご滞在中は僕の口が常にお股に吸い付いている状態が続きました。帰り際に事務員様がおっしゃいました。「ほんとに持って帰りたいよ。毎日使いたい」僕なんかの舌がお役に立つことができるだなんて、こんなに嬉しく幸せなことはありません。どうかこれからもご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

処女の抑圧された性的欲求をクンニで開放

0014_201811281203057cc.jpg 0015_20181128120307e91.jpg
ブログ経由で長文メールが届きました。地方在住の方です。
『中国地方在住、30代前半の女性です。以前からずっとブログ読ませて頂いています。普段は遠距離の為、羨ましいと眺めているだけでしたが、3月16日の夜に東京で1泊することになりました! そこでぜひ一晩中舐めてもらいたいなと思い…(略)』なんとも心温まるメールです。お返事をいたしたところ、なんと送り主様が処女であることが判明しました。さらには抑圧された性的欲求をどうにかしたいとのこと、そしてこのような如何わしい形の出会いは初めてであることなどを教えていただきました。女性の性欲の矛先として、性処理のはけ口として使っていただくことは、クンニ道具である僕の生き甲斐そのもの。処女様のご上京の日程に合わせて、クンニ奉仕させていただくことになりました。お待ち合わせ当日。お泊り用のキャリーを引いて処女様がご登場されました。服の上からもわかる推定Fカップの豊乳と長い髪が印象的な処女様は、女子アナウンサーの中野美奈子さんに似ている美形な御方で、これまで処女でいらしたのが信じられないほどに魅力的です。
「国田さんですよね?恥ずかしいですけれど今日はよろしくお願いします」
「こちらこそよろしくお願いいたします」ぎこちない挨拶を済ませ、クンニルーム、もとい僕の自宅に歩をすすめます。それにしても隣を歩いてくださる処女様の気品の高さは相当なものです。その歩き方、笑うときに口元に手をやるしぐさ、髪をかきあげる指先すべてに高貴な雰囲気を漂わせておられます。部屋にあがってからの処女様はどこか落ちつかないご様子です。性的なこと全般において初体験とのことすので、僭越ながら私奴(わたくめ)が先導させていただくこととたしました。
「ではズボンと下着を脱いでいただますでしょうか」「は、はい」
そのお姿で椅子に座っていただきす。処女様は、恥ずかしそうというよりは、まるで待ちわびていたかように、一気にオ○○コ様を露わにされました。僕は早速、処女様の前に跪いて秘部に舌を這わせます。「はぁぁ、気持ちいい…」長旅でお疲れのオ○○コ様を舌で癒させていただきます。僕のつたない舌の動きと処女様の高貴なアソコおりなすピチャピチャという音だが部屋に響き、ゆっくりと時間がれていきました。そんな優雅なときですが、意外な開に向かうこととなります。当初1泊のご予定だった処女様ですが、延泊に次ぐ延泊で、最終的に4泊5日もご滞在いただいたのです。処女様はお仕事を退職なされたばかりでもろもろの制約がなかったのです。その数日といえば、寝ても覚めて
もクンニ、クンニ、クンニです。だんだんと慣れていただいたのか、処女様の発するお言葉は、
「舐めて」「もう…舐めてよ」「もう!休んじゃダメ」といった叱咤の類が多くなりました。
15時間のクンニ奉仕の後でも僕が睡魔に襲われると、「寝ちゃダメだって! 舐めて!」と起こされては強制クンニ。意識が朦朧とした中でも「飲んで」とおもむろに口の中にされたりと、僕は完全に処女様の性処理道具と化していたのです。「国田の変態なところが好き」
「次はウ○チも食べさせたい」「また来月も来るから」
処女様の威圧感に心底ビクビクしながら酷使された、あのユメのような数日が今も忘れられません。

性欲処理(クンニ)に使わせて下さいと言ってきた専門学生様

0014_20181120092242ed2.jpg 0015_20181120092243fb2.jpg『お久しぶりです。以前メッセージを送った者です。よかったら奉仕してほしいな』
昨年暮れにこのようなありがたいメールが届きました。前に連絡をとった方のようですが、なにぶん忘れっぽい性格のため、即座に思いだすことはできません。ですが、お返事をするうちにはっと気づいたのです。あっ、あのときの女性だ…。その御方から初コンタクトを頂いたのは1年ほど前のことでした。ブログに記載してある僕のミクシーを経由してメールをくれたのです。
『拝見しました☆もしよかったら、性欲処理に使わせて下さい♪ mixiはリア友がみてるので、できたらこちらにメールお願いします。』
送信者のミクシーページを覗いてびっくりしました。ご友人からの紹介文には「お洒落で可愛い」「アイドル的存在」「歌が上手い」と書かれてありました。そして、プロフィール写真には、吉高由里子さん似のめっちゃ可愛い女の子が載っています。とはいえ、僕も良識ある大人のつもりです。法に触れるわけにはいきませんので、『ご卒業後に改めて使ってください!』と断腸の想いで返信したのでした。そして昨年末。あの彼女が19才となり、再びクンニ要請をしてくださったというわけです。現在は専門学校に通われていらっしゃるようです。『私のあそこ舐める価値、他の人よりもあると思いますよ。結構敏感で、ピンク色です。上手になめないとおあずけですよー』その後お互いの休日に合わせ、僕の自宅でご奉仕させていただく運びとなりました。地元駅の改札前で待ち合わせ。パ
ラパラと人が通り過ぎるなか、立ち止まった女性が見えました。彼女はニコっと笑い、近づいてきます。「国田さんですよね? なんかイメージどおりだなぁ」学校でアイドル的存在というのもうなずけるほど可愛い女の子のご登場に、いい歳こいた僕も緊張の色を隠せません。
「国田です。よろしくお願いします」
「よろしくです。今日はずっと舐めててもらいますね」
敬語ながらも高圧的なご指示が可愛いお口から発せられました。ドMな僕はそれだけでも昇天しそうになります。部屋に入った彼女は持っていた大きなカバンからノートパソコンを取りだしました。
「それ、どうなさるんですか?」
「これ、ああ。わたしはネットしてるから、舐めてて」
まるでご自身の部屋かのようにリラックスされたご様子の専門学生様です。
「はい、昨日から洗ってないからお掃除して」
早くも完全に手なずけられた僕は「はい」とだけ返事をしてひざまづき、お口でご奉仕を始めます。「舌入れて」「胸なめて」そのたびに僕はリクエストにお応えする道具と化します。専門学生さまの反応は薄いですが、その気高いお姿に僕の興奮はますます高まっていきました。(僕は性処理道具なんだ)その日はお昼過ぎから終電近くまで、かれこれ8時間ほどのクンニ奉仕をさせていただきました。「また使うから休みは空けててね」これからも専門生様の性処理の道具として生きていけたらと切に願うばかりです。

巨乳看護師様をクンニ奉仕

0014_2018111810333777b.jpg 0015_201811181033387a8.jpg『ブログみました。本当にドエムなんですね\(^o^) /素敵!』
それはドMな僕にご興味を持ってくださった方からのメールでした。静岡で看護師をしていらっしゃる25才だそうです。
『明日の3時から次の日の夕方くらいまで東京にいるのですが、いかがですか?』
ご丁寧な文面で積極的なクンニのご依頼メールを送ってくださる看護師様。急なお誘いですが、もちろん大歓迎です。迎えた当日。パンツルックにコートといった冬の装いで、お待ち合わせの駅に看護師様がご登場されました。お顔はAKBの柏木由紀さんに似ていて、まだあどけなさを残したとても可愛らしい女性です。加えて、厚着の下のバストの盛りあがり具合からして、かなりの巨乳様であらせられることもうかがい知れます。
「はじめまして、会いたかったです」
「今日はよろしくお願いします」
可愛らしいお声で、なんとも嬉しすぎるお言葉。こんなに素敵な女性からクンニ道具として使っていただけるなんて幸せすぎます。あらかじめ僕の自宅に来ることになっていたので、歩を進めます。
「私こんなことするの初めてなんです」
舐め犬はおろか、ネットで人と会うこと自体も初めてとおっしゃる看護師様。とはいえご職業柄、人と接することには慣れていらっしゃるのか、初対面の僕の部屋に着いても臆するご様子は微塵も感じられませんでした。「今日はシャワーとか浴びてきてないけど大丈夫?」
「はい」「汗かいちゃったからムレてるよ。舐めて綺麗にしてね」
僕が椅子にタオルを敷くと、看護師様は下半身だけお脱ぎになり、そのタオルの上に座られます。早速、看護師様の前に跪き、おみ足の間へと顔を潜らせ、クンニ奉仕を始めさせていただきます。
「あぁぁ。超きもちぃぃ」
シャワーを浴びてこなかったというのが納得できるほどの性臭が鼻を刺激します。「ちゃんと掃除してね」と命じられるまま、付着する白いカスも舌で丁寧にお掃除させていただきました。
「癒されるわこれ。ずっと舐めててね」
その間、看護師様は椅子の背もたれに寄りかかり、お茶やお菓子を摘み摘みテレビを観ながらくつろがれます。「はい、足も。一本一本綺麗にね」
そう言って僕の口元に足裏を向け、上から見下ろす看護師様。最初のメール時や、ご挨拶の時は敬語だった看護師様でしたが、早くも完全に目下の存在としてM男を扱ってくださいます。
「ドエムってすごく便利。家に持って帰ってほんと毎日舐めさせたい」
僕も看護師様の様な可愛くて魅力的な女性に毎日お仕えしたいです。クンニ奉仕が2時間ほど経過した頃、「出そう」と仰られました。舌の動きを止めて、唇をぴったりと看護師様のアソコへとくっつけると、「こぼしたらダメよ」と、僕の口へされました。暖かいお小水を余す事無く頂き、「ありがとうございました」と感謝を述べると、「これいいね、便利すぎる」と可愛すぎる笑顔でご満悦のご様子でした。

ドMでクンニ道具として扱われることに快感を覚える男

0013_20181114163745491.jpg 0014_201811141637461fe.jpg前々号までの連載「ねぶります」でお世話になりました国田です。新連載にあたり、あらためて自己紹介をしておきます。僕はドMで、クンニ道具として扱われることに快感を覚える人間です。キスやフェラ、挿入など、世間一般の男子が好む一連のセックスには食指が動きません。この性癖に悩んでいた時期もありますが、いまは非常に快適なクンニライフを送っております。僕のやっているブログを見て『ワタシも舐めてほしい』との嬉しいご依頼を頂戴するからです。この新連載では、ブログ経由で舐めさせていただいた女性を、写真と文章で紹介していこうと考えています。
11月中旬、このようなメールが届きました。
『初めまして。舐めてもらうの好きなの。いっぱい舐めてほしい』送り主様は都内の会社で秘書をさ
れていらっしゃる26才。秘書様は僕がM男であることを大変気に入ってくださってるようで、メールのやりとりでも「早く舐めさせたい」「お前を奴隷にしたい」と未だ見ぬM男に対して高圧的な態度で接してくださいます。そんな彼女からいきなりのお呼び出しメールが届いたのは、とある平日の昼間でした。『仕事が早く終わって、いまお前の会社の近くにいるよ。ちょっと出てこれる?』
急なお誘いですが、クンニ奴隷としてはなんとか都合をつけるしかありません。適当な理由で職場を抜けだし、近くのカフェでおちあうことになりました。カフェ店内はお客さんであふれていました。事前にメールでお伺いしていた服装の女性を探します。…そこには圧倒的な美女が、目映い光を放ちながら座っておられました。キチンと揃えられた足と長い髪。コーヒーカップを傾けて窓の外に視線をやるそのお顔は、美しさと可愛いを併せ持つアイドル級のレベルです。まさに圧倒的。その衝撃は、今、この原稿を書いていても心臓の鼓動を早めます。
「はじめまして、国田です」
「あ、どうも。座って」最初から高飛車に接してくださるのは、僕のドMな人柄を十二分にご理解いただけているからでしょう。秘書様は薄い笑みをこぼしながら言葉をなげかけます。
「時間ある?」「はい。少しだけなら」「ちょっとどっかで舐めさせたいな」
仕事中ということもあり、ホテルにしけこむほどの時間の余裕はございません。検討の結果、近くのビルのトイレで舐めさせていただくことに決定しました。足早にカフェを後にし、高層ビルの上層階へ無言で向かいます。人の目を盗みつつ、水のように流れるムーヴで個室へなだれこみました。秘書様は臆する様子など微塵も無いご様子で便座に片足を乗せ、おもむろにパンティを脱がれました。
「はい、きれいにして」 これほどお美しく躊躇のない女性にクンニさせていただけるなんて、舐め犬としてこんなに幸せなことはありません。僕は秘書様のお足元に跪き、感謝の気持ちでクンニ奉仕を始めさせていただきました。外見のお綺麗な女性というのは、どうしてアソコも見目麗しく、かぐわしいのでしょうか。汗やお小水の匂いもほんのり香る秘書様の秘部を丁寧に舌でお掃除いたします。舌で円を描き、ときおり中に侵入させ、鼻をこすりつける僕。秘書様は声を出さず、ピチャピいう音だけが響きます。立ちクンニの状態でお舐めと、頭を手で押さえつけられ「ああ、ほんと最高だね。」

セクキャバなのに指入れどころかクンニまでOK

0030_20181109103429d7f.jpg 0031_2018110910343099d.jpg 0032_201811091034326d0.jpg
旭川は北海道で二番目に大きな繁華街だが、セクキャバは3店舗しかない。うち2つは同じビルにある。一つは、女の子とお喋りしたあと、ラストの10分間おっぱいをモミモミしたうえ、アソコまで触れる店。もう一つの店Mはアソコを触れない店。となると、当然ながらMはスルーしてしまいがちだが、ちょっと待て。実はMには、知る人ぞ知る秘密がある─。Mに足を運んだ私は、ギャル雑誌モデル〝たもちん〟似の女の子に当たった。この子、何だかやけに若い。
「いくつ?」「え〜18 ぃ〜」「若いね」「うち、モバゲーハマってるんですけど〜。ていうか、おニイさん、ノッチに似てるかも〜」
語尾を伸ばす喋り方、話があっちこっちぶっ飛ぶところ。若いというよりも、何だか子供っぽいカンジだけど…。もしや!? と問いただしてみたら、ビンゴだった。なんと彼女「お店には内緒だけど高2」と言うではないか。やばいよ、キミ。私が、実際に遭遇した女子高生ムスメは彼女だけだが、噂によると何人か18才未満がいるらしい。店の年齢チェックがユルいんでしょうな。 このデリヘル、店名はこんなんだし、ホームページには「18才と19才の女の子だけしかいません」と明言されています。10代限定デリヘル。魅力的、実に魅力的なんですが、だからこそ怪しむんじゃないでしょうか。風俗店のこの手のあおり文句は、嘘っぱちがザラ。いざ呼んでみたら、どう見ても20代後半の自称18才なんて輩が来るんじゃねーの、と。でもこの店、私が実際に過去4回遊んだ限りでは、4回とも10代相応の見た目の子がやって来ました。信用できる!女の子に聞いたところ、この店は系列店が数店舗あり、女性の年齢によって、18 〜19才はココ、20〜24才は別店舗、25才以上もさらに別店舗へと振り分けてるようです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

脱ぎかけのシャツを口にくわえさせれば凌辱感たっぷり

0076_201809291033022ae.jpg 0077_20180929103302865.jpg
どうせ乳首やクリ攻めでしょと思わせておいてキスをしまくる
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます