ゲストハウスのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ゲストハウス

【エロ漫画】出会い系で断られる私でもゲストハウス売春なら

a028.jpga029.jpga030.jpga031.jpga032.jpga033.jpga034.jpga035.jpga036.jpga037.jpga038.jpga039.jpga040.jpga041.jpg
こうして家族は安く泊まれるゲストハウスで生活することになりました
客は若い旅行者ばかりで家族で住んでるなんておかしなのはウチだけです
夜は飲んだくれ…
夫は昼は面接に行くのですが…
出会い系でも逃げられるし
そっか、ハハハ
じゃあ合格だったら連絡するから
あの…待ち合わせの……ちがいます!
今日から彼らも一緒に生活します
仲良くしてね
よろしくお願いしまーす!!
よろしく〜〜!
私のゲストハウス売春は始まったのです
出会い系ですら断られる私でも酔っぱらった男性たちには需要があったみたいです
主人は仕事すら
探さなくなりました

外国人向けのゲストハウスで貞操観念の薄い女と乱交パーティ楽しんでます

0138_2018110302421486c_20191001000411a0e.jpg0139_20181103024215749_20191001000412037.jpgゲストハウスに着いたころには、すでに管理人が宴会の準備を整えていた。ゲストルームにはガタイのいい白人男と学生らしき日本人の青年が1人ずつ、若い娘さん方が2人座っている。キミら誰?
「ここの住人です」
何でも、彼女たち、派遣会社に勤めるOLで、出向先が定期的に変わるため、住所を固定しないようゲストハウスを選んだらしい。
「友達でも住んでるコは多いですよ。みんなお金ないし」
「アタシも、お金が貯まったら海外に行こうと思ってて」
残念ながら2人とも美人にはほど遠いが、ワッサワッサと揺れる巨乳は悪くない。むふふ、なんだか楽しげな展開になってきたぞ。
「キャ!管理人さんおもしろい」
「オー、イエーイー」
果たして、パーティは想像以上の盛り上がりを見せた。とにかく女どもがノリノリなのだ。何気に肩を引き寄せても、フトモモに手を置いてもノープロブレム。どころか、自らグビグビと酒をあおり、しなだれかかってくる。エ口い、さらに酔いが進むこと2時間。場は急展開を見せる。
「愛しています。アナタは、神様からの贈り物です」歯の浮く台詞とともに、管理人が片方のOLにデイープキス。続けて、他の野郎どもがもう1人のOLにのしかかり始めたのだ。ナンだ。ナンなんだ。面食らうオレに、男たちが盛んにアイコンタクトを送ってくる。お前も来いってか。目の前でフエラチオに興じる女に飛びかかり、尻を押さえてバックで一発。もう1人のお口でもう一発。深夜まで、ケムリが出るほどハメまくった。外人が好きだから入居を決める女たち。昨晩は単なる偶然。勢いでたまたま乱交になっただけだろう。当然そう信じていた。ところがパーティの翌朝、オレは管理人から信じられない話を聞く。
「タカシ。昨日は盛り上がりましたね。また楽しみましょう」
「また?」
意味がわからん。まるで、定期的に乱交をやってるみたいじゃん。
「そうですよ。ホームパーティーのときは、ああなることが多いんです」
爽やかな笑顔で、彼はこと唖もなげに語り出した。ゲストハウスに住むような》女性は、もともと貞操観念が薄い傾向が強い。特に若いOLには、外国人が好きで入居》を決める輩も多く、休日には向こうから部屋に押しかけてくるケースもあるという。うわ、すげ。あんたオイシ》すぎじゃん。
「ワタシはそんなにヤリまくってるワケじゃありませんよ」
あんまり派手に遊んで、ヘンなウワサが立ったら困りますから。

ゲストハウスナンパで外人のお姉ちゃんをゲットせよ!

0054_20181029162205d1e_2019092915493020f.jpg0055_20181029162206d6a_20190929154931a9a.jpg0056_20181029162207507_20190929154933b86.jpg0057_20181029162209432_20190929154934a38.jpg0058_20181029162210269_20190929154936da8.jpg0059_20181029162212904_20190929154937aa4.jpgゲストハウスは、かなり使えると言えなくもない。しかし1ケースだけでは、まだまだ判断しづらいところもある。実際には、ヤレていないワケだし、特別だったってことも考えられる。もう少し、検証の必要ありだ。いや、はっきり言って、この検証などはどうでもよい。金髪や赤毛のカワイ子ちゃんと、セックスできてないってことの方が、オレにとっては重大な問題なのだ。このまま帰るワケにはいかんぞ。夕方7時過ぎに『K』に到着してぶったまげた。金髪に赤毛、青い瞳の少女たちが4人、玄関前で談笑している。マジかよ〜!
「どこからきたの?」「ノルウェーです」「大学生?」「そうです。」
何でも、建築を先行している大学生の集団で、教師4人と生徒で、日本建築を見に来ているらしい。
こんな娘達が他にも、うじゃうじゃとねえ。もう何でもわかんないことあったら言って。
「テレホンカード、どこで売ってますか?」はいはい、手取り足取り、教えてあげるよ〜。
4人の北欧娘を連れて近所のコンビニに入ると、客や店員の注意が一斉に集まった。みなさ〜ん、彼女らの引率者はボクですよ。国際テレホンカードを購入し、親切に電話のかけ方を教えてあげた。そこに、1人の女の子が
「ご飯、いっしょに食べませんか?」赤毛のべリンダ。マジ?オレを誘ってんの?行く、行きますよ〜で、何食べたい?「寿司。安いの」「じゃ、回転寿司だね」少し日本語をしゃべれるため、自然、会話が弾む。この子とヤリたいのぉ。回転寿司を出て、仲見世通りをKに戻る道すがら、前方に3人の女の子たちを見ながら、オレとベリンダは並んで歩いた。友達で昨日は失敗しているし、同じ過ちは繰り返したくない。
「浅草寺見ていかない?ライトアップされてされてきれいだよ」「いいけど…」
「友達は置いとこうよ。2人で行きたいし」「うん」いとも簡単に彼女がついてきた理由は、何だったんだろう。やはり、見知らぬ地で浮ついていたためなのか?はたまた彼女が特別で、日本人の男に興味があったのか?出会って2時間。浅草寺の境内で、彼女はオレとキスをかわし、その夜、オレの個室で白く透き通るよう身体をさらした。

一人旅の女が股を開く沖縄のゲストハウスでの出会い|エッチ体験談

0100_20180407190629128_201908141557070e0.jpg0101_20180407190630c0b_2019081415570801d.jpg0102_20180407190632869_20190814155709e9c.jpg0103_20180407190633fca_20190814155711d65.jpg0104_2018040719063555e_201908141557125e5.jpg0105_20180407190636b34_2019081415571452c.jpg0106_20180407190638d9d_20190814155715019.jpg0107_20180407190639abd_20190814155717a90.jpg
沖縄の風俗案内所は自由恋愛のチャンス0157_2018110502310756e_20190814155718f9f.jpg
館内の「ゆんたく」と呼ばれる共同スペースで毎晩のように宴会が開かれるのだ
SnapCrab_NoName_2019-7-27_13-13-13_No-00.png
プリウスが売れてくれたおかげで豊田市に沖縄っ子の乳が戻ってきた
オレはトヨタとまったく関係ないけどいいことだ。この町にまた沖縄ムスメたちの活気が戻ってきたのだから。
自動車会社や大手電機メー力ーで働く期間エは、たいていが男の出稼ぎ労働者だ。寮に入って手っ取り早く稼いでは、また別地域のエ場に向かう、そんなバターンだ。しかし我らがトョタ様にはいらっしゃるのだ。女子の期間エがたんまりと。
3年前のある夜。隣町、狩谷市のダーツバーに出かけたところ、運良く女子3人組の横に陣取れた。みんな目鼻立ちがはっきりして力ワイイ。
「かんばーい」ビール片手に声をかけると、向こうから一緒に遊ぼうと誘ってきた。怪しいぐらいのノリの良さだ。
「名前はっ」「土路生ケイ」「トロブワ珍しい名字だねっ」
彼女たち、3人とも沖縄の子らで、トョタの期間エとして働いているそうだ。
「女の子も来てるんだ?」「沖縄の子いっばいいるよ。こっち来たら月30以上稼げるからあ」
沖縄が就職難で四苦ハ苦してるのは知っていた。女の子の場合、仕事を見つけたとしても月15万くらいしかもらえず、だからどんどん九州、本州に出稼ぎに出てるとかなんとか。
「沖縄の出稼ぎの6割は愛知に来るからね」
トョタが大きな受け皿になってるんだろう。さすが世界一の会社は違う。でまあ、結局エッチはできずにそのまま彼女らとは別れたわけだが、その日を境にオレたちは沖縄っ子のナンパに励むようになった。ノリがいい。寮生活でうっぷんがたまってる。ホームシック気味で隙がある。ナンバ相手としては最高の条件だからだ。
金曜のタ方、エ場(同じ敷地に寮もある)から最寄り駅に向かって専用バスが出る。社員はほぼ自家用車通勤なので、バスに乗ってるのは全員が期間エだ。
普段は徒歩で寮とエ場を往復するだけの期間エも、休日前にはハメをはずす。駅前で降りた連中が向かうのは、まず飲み屋だ。その中から、沖縄ムスメをどう探すか。特徴としては服装が派手。服の色が原色。
声がでかい。とにかく笑う。見た目が陽気。露出がでかい(特に夏はすこい)顔つきがエキゾチックこんなところか。さらに彼女らは同郷意識がとても強いので、たいてい沖縄人同士でつるんでいる。ばっと見の雰囲気でなんとなくわかるものだ
「ねえねえ、エ場に働きにきてるのっこれから暇なら飲みにいこっか?」
こんな誘い文句じゃ、まず食いついてこない。暇じゃないです、ぐらいの台詞を返される。でも沖縄の子らは優しいんです。おおらかなんです。そしてとっても情にあついんです。そして出稼ぎだから貧乏なんです。
「おこってくれるなら行くよー」
こうして飲みに行って、最後までいただけた子が2人、付き合った子が1人。ありがたいことです。
★ナンバを再始動してからも何人かの友達ができた。この調子だと再び沖縄娘をいただく日は近い。トョタ様、もっとプリウスを売り続けてくださいませませ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます