0090_20180717170524a29.jpg 0091_201807171705265cb.jpg
※法律は絶えず変化しています。雑誌販売時には合法なものですが、時代の法律を遵守したうえで自己責任で読み物としてお読みください。
ゲームセンターやゲーム喫茶(テーブルゲームが設置された店)における換金はご法度だ。しかし鹿児島県の天文館にはそういった換金を行うゲ喫茶が存在している。天文館通り沿いに少なくとも3軒(軒、ビル2F2軒)。システムはすべて同じだ。年配の人がよくやってるのゲームの細かいルールは省くが、客は1プレイ100円で勝ら200円になり、現金を店員からもらう。他にもポーカーやバカラなど、様々な種類のテーブルゲームが置いてある。どれも換金可能なので一日中居座る客も多い。
こういった店は天文館に10年以上も変わることなく存在している。れっきとした違法行為なのになぜ摘発されないのかは不明だ。
ゲームセンターが取り扱える景品は本来、800円相当の商品までと法律で定められている。クレーンゲームであれ、パチスロであれ、それ以上の高額商品を客に譲渡することは許されていない。実際のところ、800円ルールを厳密に守らないグレーなゲーセンもチラホラあるようだが、中でも岡山市内に複数あるパチスロ専門ゲーセンは、そのグレー濃度がズバ抜けている。遊技システムはこうだ(パチンコでもスロットでも同じ)。プレイ中、台のクレジットが規定の数値を超えるとポイント券の入ったカプセルが出てくる。券は3ポイント、5ポイント、7ポイント、10ポイントの4種類で、どれが出るかはランダムだ。驚くべきは、このポイントが金券の役割を果たしていることだ。具体的には1ポイントで50円の価値があり、かりに300ポイント貯めれば1万5千円相当の景品と交換できる。景品棚にブランド品やゲーム機など高価なものがずらりと並んでいるのはまさにこの金券システムを導入しているからに他ならない。さらにポイントは上限がなく、かつ景品の中に欲しいものがない場合はゲーセンを通してアマゾンや楽天などのオンラインショップから商品を選べるため、事実上、どんなものでも入手できるわけだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ