コーナーのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:コーナー

  • 2019/08/15援助交際・パパ活

     ワクワクメールのアダルトコーナーに一風変わった書き込みがありました。『電マで虐めて下さる方いませんか?』こういうイヤラシイ文面は、裏モノJAPAN流解釈だとセミプロということになっていますが、本番NGなあたり、シロート臭もかすかに漂っています。さてどういうことなのでしょう。メールで交渉したところ、電マプレイの料金は7千円。この中途半端さも、とてもプロとは思えません。待ち合わせの渋谷駅にやって...

    記事を読む

  • 2018/08/19出会い攻略

    1、初体験のセックスがトラウマでセカンドバージンの女の攻略法「ヤフー知恵袋」にこんな相談が寄せられているのを見つけた。「彼氏ができても、怖くてエッチできません。もう何年もセカンドバージンです」セカンドバージン。初体験のときなどにトラウマを抱え、その後セックスができなくなってしまった状態のことだ。AVの影響で乱暴に扱う男が増えたせいか、最近はこういう女性も多いと聞く。どこか心がざわついた。本物の処女に...

    記事を読む

電マで虐めて下さい・会うの初めてです⇒どんな女がやってくる?|出会い体験談

0125_2018111121524043c_20190813202716479.jpg0126_201811112152410a9_20190813202717356.jpg0126_2018111311405061c_20190813202719366.jpg0127_201811131140510d8_201908132027203a8.jpg5_201908132027138b4.jpg6_20190813202714cda.jpg201312124.jpg 201312125.jpgワクワクメールのアダルトコーナーに一風変わった書き込みがありました。
『電マで虐めて下さる方いませんか?』
こういうイヤラシイ文面は、裏モノJAPAN流解釈だとセミプロということになっていますが、本番NGなあたり、シロート臭もかすかに漂っています。さてどういうことなのでしょう。メールで交渉したところ、電マプレイの料金は7千円。この中途半端さも、とてもプロとは思えません。待ち合わせの渋谷駅にやってきたのは、マスク姿の水玉ワンピースちゃんでした。目しか見えませんが相当
な美形です。こんな子が電マ?マジっすか?話を聞くに、彼女、地方から出てきた大学生で、モデルにスカウトされたこともあるそうです。
「いつもこういう募集かけてるの?」
「初めてなんです」
「電マ好きなんだ?」
「いや、使ったことないんですよー」
どんなものか試してみたくなって出会い系に手を出したんですと。最近の大学生の行動力には驚くばかりです。ホテルにインし、持参の電マを手渡したところ、彼女は服も脱がずにそいつを肩にあてはじめました。「あー気持ちいい」「そんな使い方は邪道だよ。股間にあててごらん」「はい…」
手に持った電マをパンティーの上にあてがうと、彼女は小さく声をあげました。
「あっ、気持ちいいかも…」
スイッチが入ればこっちのもの。最終的に本番まで持ち込むのもワケないでしょう。
「どう?」「気持ちイイです…」「濡れてきた?」「ハイ…たぶん」
ではそろそろ服を脱がせましょうか。えっと、この服はどうやって脱がせばいいのかな。
「初めて会った人に裸を見せるのはちょっと…」
ずいぶん冷静な口調で拒まれてしまいました。
「わかった。追加で5千円払う」「それはちょっと…」「わかった。1万円」
「そういう問題じゃないんで」
結局のところ、軽めの電マオナニーを見るだけで7千円という、コストパフォーマンスがいいのか悪いのかわからないお遊びになってしまいました。
ワクワクメールのエンコー女子がセミプロだらけなのは周知の事実ですが、それでも我々はかすかな期待を捨てきれません。
『こーゆーの初めてなんですけど…』
そう書いてあると、ひょっとしてホントに初めてなのかも、だって初めてだから初めてって書いたんだろうし、初めてだったら初めてって書いたほうが不安もやわらぐんだろうし、自分も初めてなら初めてって書くだろうし、などとプラスのことばかり考えてしまうものです。なので今月は自称・初めて女子2人に会ってみました。
一人目は19才。
『まだはじめたばかりで誰とも会ったことがありません』
指定された待ち合わせ場所は、池袋サンシャイン通り入り口のロッテリア前。プロの使う場所ではありません。ひょっとしてひょっとするのかも?ところがそこにやってきたそれっぽい女は、ケータイで誰かと大声でしゃべっていました。
「あのー、ぜんぜん会えないんだけどぉ。どこ行けばいいんすかぁ」 あっけなく業者と確定したわけですが、念押しでチェックしてみましょう。ホテル行きの前に寄り道に付き合うかどうか。時間を惜しむプロと素人の差はこの対応にはっきり表われるものです。
「UFOキャッチャーやりたいから行こう」
とゲーセンに誘ってみると、女は
「行かない。終わったら教えて」と言ったまま、ゲーセン入り口でこちらの様子を観察しつづけるのみでした。油断をしないあたり、谷繁クラスのベテランと見ていいでしょう。
2人目は20代後半。
『初めてのサイト挑戦です』
アポ場所の渋谷にやってきたのは、なんと前号でタネイチ氏がアポったサギ写メ女でした。同じく寄り道を提案してみます。「ちょっとお茶しない?」「むり」「カラオケは」「むりむり」
愛想の悪いこと悪いこと。こんな女、5千円でも抱きたくありません。
「なんか機嫌悪いよね。こんな子とヤリたくないんだけど」
「会ってすぐにお茶とかカラオケとか言うからじゃん。そんな人いままでいないよ?」
「え? 初めて男と会うんじゃないの?」
「…もう帰る。サヨナラ」
初めて女の皆さん、もう少しうまく騙してください。
ワリキリ界には3Pを持ちかけてくる2人組が結構いるものですが、共にデブであることを売りにしたコンビというのは珍しいでしょう。90キロと85キロ、足して175キロ。そんな3P、圧死覚悟で挑むしかありません。とりあえず体型だけでも見てやろうと2万円(1人1万円)でアポったところ、やってきたのは茶髪の安田大サーカス・ヒロ&黒髪おかめの2人でした。
「会えないと思ったからうれしいです!行きましょう!」
ヒロの喜びの挨拶を受け、3人でズンズンと歩き出します。元々ホテルになど入る気はないので、ひとまずカラオケでお茶を濁すことにしました。
「2人はどういう関係なの?」
「バイト時代の友達。今日は私が群馬から来て、会ってたんです」
「へえ」
「原付で来たんですよ。リッター50ぐらい走るから」
この90キロの巨漢が原付を飛ばして中山道を走る様は、さぞかし絵になることでしょう。それにしても、ぺらぺらしゃべるヒロに対し、おかめちゃんはずっと無言を貫いたままです。おそらくこの3Pもヒロの発案で、弱気なおかめが渋々乗ってる形なのだと思われます。
(自分1人では客を取れないけど、おかめちゃんと一緒ならなんとかなるはず)
ということでしょう。デブがデブを利用するこの構図。道がある限り、ヒロはバイクでやってくるのですから、おかめちゃんの逃げ場はありません。不憫なものです。
デフレが叫ばれて久しい今日このごろですが、世の中にはいまだにお金の大切さがわかっていない女がいます。
一緒にお茶か食事をするだけで1万円欲しいとのたまう彼女などその典型で、常識知らずのバカ女と一刀両断にしたくなる人種ですが、逆に、相当なタマが現われるのではとの期待も高まってきます。食事だけでも1万円払うだけの価値がありますわよ、と言ってるわけですから。菅野美穂クラスは優に越えてくるのではないでしょうか。 
アポ場所に彼女は白いTシャツにジーンズという飾らないスタイルでやってきました。シルエットだけはなかなかいいのですが、若干アゴがしゃくれたその容姿はエンコーならホ別1・5がせいぜいなレベルです。さてこうなると、こちらとしては当初の約束を反故にしてしまうか、逃げるか、あるいは料金を上積みして肉体をちょうだいするかの三択しかありません。現実的に3番を選ぶことにしました。
パスタを食しながら、軽く提案してみます。
「よく考えると1万円で食事って高いと思うんだよ。もう少しお小遣いあげるから、エッチなのはどうかな?」
しかし彼女は間髪入れずに答えるのです。
「結婚して初めてそういうことをしようと思ってます。ウチの母もそうだったみたいなので」
「え、じゃあ今までの彼氏は…」
「私、出会いがなくて、交尾もしたことないんです」
セックスのことを照れ隠しで交尾と言うあたり、どうやらホンモノの処女のようです。ならば2ぐらい出してもいいのかも。
「2万でも駄目?」
「はい」
「3でも?」
「はい」
なでしこ澤も舌を巻くディフェンス力です。思うに彼女の1万円提案は、決して自信から出た金額ではなく、単なる処女の常識知らずだけだったようです。一度でも誰かが3万でみっちり抱いてやれば、そこから逆算して、食事の付き合いなら500円程度しか取れないと認識をあらためることでしょう。

ヤフー知恵袋のアダルトコーナーは出会いにつながるぞ|口説き体験談

0078_2018122813325947f_201910221641069a8.jpg0034_20180819094713bbf_20191022164104482.jpg1、初体験のセックスがトラウマでセカンドバージンの女の攻略法
「ヤフー知恵袋」にこんな相談が寄せられているのを見つけた。SnapCrab_NoName_2019-7-28_17-13-30_No-00.png
「彼氏ができても、怖くてエッチできません。もう何年もセカンドバージンです」
セカンドバージン。初体験のときなどにトラウマを抱え、その後セックスができなくなってしまった状態のことだ。AVの影響で乱暴に扱う男が増えたせいか、最近はこういう女性も多いと聞く。どこか心がざわついた。本物の処女にはかなうまいが、セカンドバージンってのもかなりのウブっ子に違いない。優しく開発してやれば肉欲のトリコになっちゃうのでは。
ヤフー知恵袋では、ヤフーのメアドをそのままハンドルネームにしている初心者が多い。試しに直メを送ってみるか
〈前の彼女も同じセカンドバージンでした。勝手ですがユミさんのご相談にも乗れると思います〉
やってみるものである。これがまんまと届いてしまったのだ。
〈メールありがとうこざいます。文面からアツシさんの人柄が想像できて、嬉しかったです〉
そこからはー日ー通ほど、他愛のない雑談をくりかえした。彼女はユミ、21才。セカンドバージンになったのは、中2のときの初体験があまりに痛かったからだとか。
バカモン、最初は誰だって痛いんだよ。
こうしてメールは続いたが、なかなか会うには至らなかった。なにせ俺は東京、彼女は静岡在住なのだ。なにより、会う理由もないわけだし。地味なメール関係は半年も続いた。その間、ユミは新しい彼氏を作ってはエッチできずに別れることを繰り返しているようだった。
のんびりしてられん。このままじゃそのうち誰かにセカンドバージンを奪われてしまう。
さすがにシビレを切らしてウソをついた。
〈今度、仕事で静岡に行くので、お茶でもしましょうか〉
なぜ顔も知らない女のためにここまでの労力を使うのか。我ながらあっぱれな性欲と言うしかない。〈本当っなんか恥ずかしいけど、待ってます〉
待ち合わせの駅前にユミはやってきた。常盤貴子を崩しに崩したような女だ。薄幸そうな表情が、いかにも性の悦びを知らぬ女っぽい。だからこそソソる。しかし喫茶店ではメールの延長のような会話しか交わせなかった。共に緊張し、小一時間でさよならとなってしまったのだ。
結果的にはこれでよかったのかもしれない。一度の対面は2人の関係を変え、以降のメールや電話でのやりとりがすごくスケべになった。
「二人エッチできないなら一人エッチしなくちゃね(笑)」
「そうですね」
「今ちょっと触ってこらん」
「はい・・」
痛みを恐れるセカンドバージンでもさすがにクリちゃんは感じるようで、テレフォンセックスで「たっぷりツバをつけて撫でてこらん」と誘導すれば、ユミは悶えながら従った。こうなれば、後の展開のため、セックスそのものの恐怖心も取り除いてやりたいところだ。といっても電話上の話だが。「じゃあ今日は俺のチンチンを触ってみようか」「はい・・」
「どうっどんな感じ?」「大きいです」
「じゃあ脚を開いて。入れるよ?痛くないからね」「はい」
「ほら入ったよ。痛いっ」「ううん、大丈夫です」
当たり前だ。テレフォンセックスなのだから。
何年もヤッていないと、処女と同じ感覚
前回からひと月も置かずに、また俺は静岡へ向かった。電話でのエッチを繰り返した後で、「男の力ラダに慣れる練習をしよう」と提案すると、ユミはあっさり受け入れてくれたのだ。ラブホテルに入り、隣に座って肩に触れる。
「大丈夫?」「うん。ちょっと恥ずかしい」
しばらく撫でた後、今度は二の腕に。
「ココはっ」「大丈夫・・」
さらに首に手を伸ばし、だんだんと胸に手を。
「ちょっと怖いかも」「少しだけガマンしてみよう」
ボリュームのない胸に優しく触れ、30分ほどその状態をキープ。だいぶ慣れてきたところで、勃起したチンコを見せる。
「ちょっとだけタッチできるかな?」
無言でチンコに手を伸ばし、一瞬触れてすぐに離した。今日を逃したら後はない。オレは思い切ってパンティの中に手を入れた。少しだけ濡れているのが確認できる。
「お願い、ゆっくり、ゆつくりしてね」
お望み通りゆっくりとクリトリスを触る。どんどん濡れてきた。
「挿れるね」「痛くしないでね」亀頭をマンコに沿わせ、数ミリずつ侵入していく。なかなか入っていかない。これがセカンドバージンか。なんとか亀頭まで入れてわずかに動かす。ユミは声も出さず、顔を手で覆っている。
「痛い?」「ちょっと。でも大丈夫」
マンコはちゃんと濡れているのにキツくしまっている。やはり何年もヤッていないと、処女と同じような感覚になるんだな。結局、感じているような素振りを一度も見ないまま、俺は勝手にユミの腹にザーメン搾り出した。
★これで俺に溺れてくれるのでは、との目論見は当たらなかった。その後もユミは連絡こそしてくるが、求めるのはいつもテレフォンセックスなのだ。いらんこと教えてしまったか
2、ヤフー知恵袋でこんな質問を見つけた。
〈投稿者ID:○○○/旦那とのセックスが無くなってもう8年以上経ちます。完全なレスに、どうしたものかと悩む日々。何か気を紛らわせる趣味を持ちたいと思うのですが、お勧めを教えてもらえ
ないでしょうか?〉
んなもん、不倫に決まってるじゃん…。ひとまず、挑発するような回答をしてみる。
〈諦めたらそこで終わりだと思います。できる努力は全てしましたか?〉
 投稿者から返信が。
〈ご指摘、ありがとうございます。ただ、旦那に対して自分自身、もうそういう気分になれないというのも本音で〉
旦那に飽きたレス女。狙わぬ手はない。そこで目を付けたのが、投稿者IDだ。デフォルト設定のままなら、@マークの前にIDを入れれば、本人のヤフーメール
(○○○@yahoo.co.jp)になる。ダメ元でメールを送ってみることに。
〈ヤフー知恵袋に回答させていただいた、山村と申します。不特定多数に見られる場では言いにくい気持ちもあると思います。よかったらメールで相談に乗らせて下さい〉
〈初めまして。メールありがとうございます。旦那に対して愛情はあるんですが、話せば長くなりまして〉
面白くなってきたぞ!彼女はノリコさん、静岡在住で現在42才。8年前、2人目の子供の出産と同時に、3人目はもう作らないと決めて避妊手術をしたのだが、その直後より旦那とのセックスがなくなったそうだ。つまり、彼女の悩みの元には、せっかく中出しオッケーな体を作ったのに…ってのがあるわけだ。そのあたりをやんわりと掘り下げて聞いていくと、核心にたどり着いたのか、彼女からこんな告白が。
〈実はこの8年で、10人以上の男性と不倫しました。その全員の精子を中で受け止めました〉
これ、心の堰が切れたと見ていいのでは。もっとしゃべりたくなっているのでは。このタイミングを逃す手はない。
〈こうやっていろいろ話を聞いているうちに、ノリコさんにお会いしてみたくなってきました。こちらから静岡まで向かいます。一度、ご飯でもどうでしょうか?〉
これが、私の不倫体験のアポまでの流れだ。本人は、どこにでもいるような生活にくたびれた感じの四十女だった。食事が終わって「私の泊まるホテルへ来ませんか」と誘ってやると、かなり照れ臭そうにしていた。が、いざセックスでは、貯め込んだ性欲をむき出しにして、積極的にモノを受け入れてくれる。もちろん中でたっぷり発射させてもらった。
3、ヤフー知恵袋にアダルトカテゴリがあることはあまり知られてない。ここでは男女入り乱れて様々なエロ質問をしている。
『男性がオナニーするときって何を考えてやってるの?』
『ワタシの胸、評価してください。自信はないのですが…(おっぱい写真添付あり)』
まあネタとして投稿してる女も多いのだが、実はオレ、ここで質問していた女2人とリアルに会ってセックスをしたことがある。流れは以下のとおりだ。先ほどの〝ワタシの胸…〞の投稿は結構多い。それに対してこうコメントする。〝素敵です。小さいとおっしゃいますが、男性にとってちょうどいい、形のキレイなお胸ですよ〞褒め殺しってヤツだ。そのコメントを入れたあと、すかさず質問者の女性宛にメールを送る。『僕は痩せててひょろっとしてるのがコンプレックスです。こんな体型ってやっぱりヒキます?(上半身の写メを添付)』知恵袋の投稿者IDは、そのままヤフーのアドレスと同様のことが多い。投稿者IDが「●△×」だったら、メアドは「●△×@yahoo.co.jp」ってな具合だ。添付した写真は自分の上半身で、多少腹筋が割れてるのがわかる程度のものだ。これに結構食いついてくる女が多い。『ぜんぜんいいよ☆てか細マッチョじゃん』とかなんとか返ってくるのだ。聞けば、他の男はチンコとかブサイクな顔の写メを送ってくるのが多いそうで、そんなのはそのままゴミ箱に入れてしまうのだとか。しばらくお互いの性体験(おっぱいが小さいとバカにされた話や、ひょろっとした男はキライと言われたなど)メールをやりとりし、住まいが近ければ『遊びに行こうよ』と誘い、遠い場合はエロ写メ交換やテレホンセックス相手になっていく。遊びに誘う場合は、すでにメールの段階で下ネタに走ってるので、『酒が入ったら襲っちゃうかも(笑)』くらいのことを言っても問題ないし、その誘いでのこのこ出てくる女は楽勝でヤレてしまう。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます