0090_201811101028344a1.jpg 0091_20181110102836313.jpg 0092_20181110102837b6a.jpg 0093_201811101028392a9.jpg 0086_201811101028295a2.jpg 0087_20181110102830e44.jpg 0088_20181110102831a8d.jpg 0089_2018111010283308b.jpg
アイドルマニアには2つのタイプがある。1つはあくまでステージ上のアイドルが好きで、コンサートに通ってコールを送ったり、ファンクラブに入って少しでもよい席を取ろうと努力したりするタイプ。もうひとつは、アイドルの住所や電話番号、携帯番号など、事務所が公開しないデータを収集して悦に入るタイプだ。かくいうボクも完全にこのタイプである。自宅ストーキング(当時、そんな便利な言葉はまだなかったが)いろんなアイドルのプライベート情報をかなりの数調べ上げることができた。やはり中心になるのは自宅データだ。調べる手段は、電話帳や尾行、周辺の聞き込み、ファン仲間からのタレ込み、裏ホームページ、高額納税者番付、住民基本台帳の閲覧…。中でも友人からの口コミは、貴重な情報源だ。当初、ボクはアイドルの自宅前で洗濯物、部屋の様子などを眺める「家庭訪問」を至上の喜びとしていた。が、ゴミまではなかなか手が出なかった。確かに、アイドルが楽屋で食べ残した弁当や、直接口をつけた箸、ストローなんかを後生大事に取っておくマスコミ関係者の話はよく耳にするし、ボクの友人には学生時代、フジテレビの食堂にバイトで入って、「残した昼メシを平らげた」と豪語していたヤシもいる。
アイドル御用達の堀越学園高校では、アイドルの使用済みグッズを入手しては裏ルートで回している同級生がいるとのウワサもあるほどだ。ただ、そんな僕でも家庭訪問で偶然にもお宝をゲッ卜したこともあった。3年前、菅野美穂の実家を訪れたときのこと。その時点ですでに彼女自身は一人暮らしを始めていたが、実家のマンションのドアの前には、大掃除でもしたのか、古新聞や雑誌、学校で配られるようなプリント、さらにローラースケートや安っぽいキーボードなど、ゴミがうずたかく積んであった。ほぼ反射的に、お宝が詰まっていそうなプリントの束をいくつも小脇に抱えてダッシュ。人気のない公園で仕分けしてみると、そのほとんどが弟のものだったが、ただ一つ、菅野本人が高校時代に使ったと思しき社会科のノートを発見したのだ。偏差値の高そうな字でキレイにまとめてあったのが印象に残る。気に入りのアイドルが出現すると、自宅の住所を調べ上げ、現地に足を運んで最寄りのゴミ集積場と曜日をチェック。と、ここまでは割合ラクに進むのだが、問題はここから。実際にやってみるとわかるんだ。動き始める朝の8時から9時くらいの間は、ちょうど通勤・通学ラッシュに当たり、駅へ向かうサラリーマンや学生とすれ違うのだ。やはり人目が気になって漁れたもんじゃない。また、相手が大物アイドルの場合は別の理由で困難を極める。たいていの芸能人は売れてくると高級マンションに住み始めたりするのだがそうした場合は建物の施錠付きスペースにゴミ捨て場があり、部外者は中に入れないのだ。だから必然的に、比較的狙いやすいアイドルの条件として、まだ売れていない、実家もしくは普通のマンションに住んでいて最寄りのゴミ捨て場が道路に面しているという点に限られてくる。
在一人暮らしをしているSのマンションは、閑静な住宅街の中にあるごくフツウの物件。毎朝、そこから大通りまで歩き、バスで通学しているらしい。意外と思うかもしれないが、さほど珍しいことではない。奥菜恵なども、以前はこれとほぼ同じパターンで一人幕らし&通学をしていたのだ。この場合、ゴミを捨てに来るのはほぼ100%本人。S・Aの場合も間違いないだろう。マンションの周辺には、いくつかゴミ集積所があったが、ボクはターゲットの物件からいちばん近いポイントのブロックをグルグル回り彼女と出くわす偶然に賭けてみた。そしてちょうど8時訓分を過ぎたころ。約7、8メートルほど前方に、グレーのセーターに黒いズボンの女の子が小さな袋を捨て、例のマンショ
ンへ小走りで戻っていくのが見えた。激似だ!その髪型や雰囲気が限りなく本人に近い。追いかけるのはさすがにマズイので横目で流したが、本人らしき子がゴミを捨てていたのである。
※この記事はストーカー規制法制定前の話です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。