サギのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:サギ

サギ写メ援交女は出会いアポ時にどんな言い訳をするのか?

0229_2019040317494869b.jpg 0230_20190403174950144.jpg 0231_201904031749518cd.jpg 0232_201904031749532bf.jpg 0233_20190403174955b93.jpg 0234_201904031749567c8.jpg 0235_20190403174957136.jpg
アポ場所に指定されたメガネスーパー前でしばらく待っていると、遠くから茶髪の熟女が現れた。小太りのスナックママさんのような風貌だ。まさかこの女が?
○タネイチさんですかー?
●はい。
○ちりですー
●あれ?ちりさん?
○はい。ちりです。
●あれ、ちりさん、なんか写真と雰囲気違いますね。
○そうかなー。
●髪の毛茶色だし、パサパサになったような。
○ああ…、色抜いたからねー。
●眉毛の形も変えたんですか?
○うん?一緒だよ?
●そうですか。なんかお疲れじゃないですか?
○えーなんで?(上目遣いになるとおでこにシワが)
●いや、なんか写真より疲れて見えたんで。っていうか、写真とは別人ですよね?
○そんなことないよ。あれ、プロに撮ってもらった写真だから印象ちがうのかも。
●なるほど。けっこう昔に撮った写真なんだ。
○んー、1年前ぐらいかな。
●わりと最近ですね。1年で体型も変わったのかな。
○うん、入院して太ったからねー。
●あ、ご病気か何かで?
○うん。1ヵ月寝っぱなしだったから。
●あーなるほど。なんかほんと別人みたいですね。
○あ、やめとくー?
●え?
○やめとく?いいよ、別に全然気にしないから。
●いやいや、ちょっと待っ…
○バイバーイ。(来た方向へ早歩きで消えていった)
あの美少女が1年やそこら入院したくらいで、こんなオバハンになるかよ!待ち合わせのマック前。横断歩道の向こうから、ショートパンツに黒い薄ストッキングを履いた女が近づいてきた。遠目からは上玉に見える。しかし近づいてみれば、身長は165ほどあり、顔は故ポール牧師匠だ。○あ、こんにちはー。
●あ、ななさん?ですか?
○そうです。(顔を背ける)
●あれ、なんかちょっと、雰囲気違う感じですね。
○全然違くないけど。うん。
●あれ、なんか…
○なに?(目を合わせようとしない)
●写真と雰囲気変わったんじゃない?
○変わってないけど、なに?
●ホントですか?
○ホントです。(キレ気味に)
●名前、ななさんでしょ?
○はいー。
●背、伸びたんですかね。
○え、何が?
●いや、身長150センチって書いてたから。
○あーそれ間違いです。
●え、間違い?
○間違って書いただけですけど?
●目の大きさも変わりました?
○嫌なら嫌で、早く断ってもらいたいんですけど。
●いやいや、っていうか、違う人でしょ?
○違う人じゃないです!(完全にキレた感じで)
●いやいや、違う…
○違う人じゃないです!(食い気味で)嫌なら嫌で早く断って欲しいんですけど。違うのに、そんなこと言われて。うん。どうすればいいの?
●いやいや、明らかに写真と違う人が現れたからおかしいんじゃないのかって言ってんの。
○だから、どうするんですか? 
●そりゃお断りしますよ。
○さっさと言ってくださいよ!
(言い終わる前に踵を返して立ち去っていった)
身長を間違うってどういうことだ?顔を合わせないようにしていたのは、一応は罪悪感があったからなのかもしれないけど。待ち合わせのマック前で彼女の到着を待っていると、ビルの陰から茶髪のショートカットが近づいてきた。おでこが広くてひょうきんな顔立ちだ。もう笑わせないでくれよ。
○こんにちはー。
●あ、結衣さん?
○はーい。
●あ、なんかちょっと、雰囲気…
○うん。
●変わりました?
○あ、髪の毛切ったから?
●あ、そうですか。髪切ったんですか。なんかちょっと、お写真と…
 ○そお?(一気に不穏そうな顔に)
●目の大きさも変わったみたいだけど。
○そうですか?(一瞬こちらを見るが、すぐに下を向く)
●うん、小さくなったみたい。
○……。
(黙ったまま携帯をいじり出す)
 ●あの写真、ご自身のですか?
○……。(携帯を打ち続ける)
●あれ、結衣さん?
○写メ載っけてたっけ?
●え?載ってたよ。
○違う違う、私じゃなくてアナタ。
●あ、オレが?オレは載せてないけど。
○載せてないよねー?(咎めるように)
●え?なんで?
○ううん、別に。(再び携帯に目を落とす)
●てか、やっぱ自分の写真じゃないってこと?
○いや、本人ですけど?
●そっか。あまりに雰囲気違うっていうか、本当は他人の写真なんでしょ?
○……。(携帯をいじりながら長い沈黙)
●自分の写真使えばいいのに。
○なんでそれをアナタに言われなきゃいけないの?
●だって、その写真を見ていいと思ったから連絡したんだから。
○……。(携帯をいじり続ける)
●本人だって言ってるけど、オレは違うんじゃないかと思うんですけど。
○……。 
長い時間何も言わないので、仕方なくその場を立ち去った。少しは悪いと思ってるんだろうか。待ち合わせ場所にやってきたのは、やけに首の短いポッチャリ女だった。歳も20代後半だろう。まったくどいつもこいつもふざけやがって。
○お待たせしました。真美ですけど。初めまして。
●あ、真美さん、初めまして。アレ?
なんか雰囲気、ちがいますね。
○髪の色じゃない?
●髪の色?長さも違うような…
○あ、伸びました!(髪の毛を触りながら)
●あー、伸びましたか。
○色も茶色くなりましたしね。
●あーそうですか。僕、写真を何度か見てここに来たんですけど…
○まあ、ちょっとアレ、高校のときの写真だったんでね。黒髪だったんで。
●ああ、高校のなんだ。かなりイメチェンしたんだね。
○まあ、変わりましたね。
●少し太られました?
○んー、そうですね。少し。
●高校時代ってことは3年ぐらい前ですか?
○いやー、1年、ぐらいかな?
●ホントですか?
別人じゃないですか?
○いやー、それは違いますね。
●実は、プリントアウト持ってきたんですよ…(写真を出そうする)
○あ〜、見せられても。(手で制しながら)自分の写真なんで大丈夫です。
●そうですか。ちょっとご本人だとは思えないんですけど。
○はいーわかりましたー。(一瞬で踵を返して来た方向へ消えて行った) 
よくもまあ、1年前はあの美少女だったと言い張れるもんだ。ホームラン級の図々しさだけは評価
してあげよう。ざ待ち合わせ。指定されたコンビニ前に、ロナウジーニョのような女が現れた。なんだか強そうだぞ。
○タネイチさんですか。
●はい。
○お待たせしましたー。
●あ、保奈美さん?ですか?
○はい!そうです。
●あれ、なんか、雰囲気ちがう気がするんですけど。
○そうですか? いや、自分だけ…ど!?
●ホントですか?別人じゃないですか?
○いえ、ちがいますけど!?
●いや、なんか思った感じと違うなーと思って。
○そうですかね。あたしそこはなんとも言えませんけどねー。だって自分だからさー。
●あれいつぐらいの写真なんですか?
○えーー、去年ぐらい? とかじゃない?
●そうですか。写真の感じだと丸顔っぽいから、ああいう感じかなーと思ってたんだけど。
○それはメールで言っていただかないとわからないですよね。いやいや、写真が載ってたから、それを見て、タイプだなと思って連絡したんですよ?
○たぶん、写真だけじゃそういうのわかんないと思いますよ。
●いやいや、わかるでしょ。別人ですよね?
○だってワタシ整形してるわけじゃないし、なんだろ、変な意味じゃないけど、タイプなんて、言っ
てくれなきゃわかんない問題だしー。
●いやいや…
○だって、それ言うんだったら、私だって背の低い人ダメですもん。っていうことになりますよ?
●いやいや、こっちの身長は正直に書いてるし。てか僕は写真を見て判断したわけですよ。
○だから写真で判断するのはいいと思うけど、それは勝手なあなたの想像じゃないですか。
●想像っていうか、実際に写真を見て判断したんですよ?てか違う人でしょ?
○違いませんよ。私ですよ。
●いやいや、ちょっと、フフフ。
○何がおかしいんですか?
●いや、あまりにヒドイなと思って。
○ごめんね、不細工で。親に言ってそれは。
●いやいや、ヒドイやり方だなって話だって。自分じゃない写真使ってることがヒドイって話。
○だって、いま実物がヒドイっていったじゃない!(目を見開いて)
●言ってないって。自分の写真を使えばいいじゃない。
○え、自分だけど!
●言い張りますか。
○うん。なんで?自分だけど。違うって確証は?
●そんなもんないけど、じゃ写真のプリントアウトあるから出すよ、コレ。(プリントを見せながら)保奈美さんでしょ?
○うん、だって私の過去知らないじゃん。いまの私しか知らないじゃん。
●そりゃそうだけど。
○うん。それに私、飽き性だから髪型とかすぐ変えますしね。うん。つい一ヶ月前まで金髪だったし。
●まあ髪型はね、でも輪郭は変わらないでしょ。全然違うじゃん。
○わたし痩せました。
●目も全然ちがうよ?
○いや、でも、太る太らないで結構変わると思いますよ。変わる子は変わると思いますよ。変わんな
い子は変わんないと思いますけどね。
●うーん。じゃ、保奈美さんはすごい変わったのかもしれないと。
○じゃないんですか?でも自分自身はそんなのわかんないじゃないですか?自分にとっては。
●変わってないと。
○人から言わせれば、あー痩せたね、とか言われますよ。
●うーん、まあ痩せたのかもしれないけど、写真とは別人でしょ?こっちは時間かけてここまで来た
わけですよ。
○それ言うんなら、私だって時間かけて文句言われるために来たわけじゃありませんけどね!申し訳ないけど!
●いやいや、本当は言われたって仕方ないと思ってるでしょ?どう見ても、本人じゃないでしょ?
○じゃ文句言うために来たんですか?
●そんなわけないでしょ。この保奈美さんに会いに来たんでしょ!
○デカイ声出さないで。ね、それ、すげーメイワク。
●いやいや、なんか逆ギレしてるけどさ。
○逆ギレじゃなくて、そんなことでデカイ声出されたくない!
●はいはい、失礼しました。
○じゃ怒る理由はなんですか。
●あなたが写真の本人じゃないからでしょうに。 
○じゃ証拠は?証拠見して。(手を前に出して)
●証拠はこの写真だよ。
○それだけでしょ? それじゃ証拠にならないよね。
●なるでしょ、これ!(再びプリントを見せながら)
○じゃ、あたしの過去の写真持ってるの? 
●ハハハ、持ってませんよ。
○持ってないでしょ? 5年前とか6年前とか。持ってんの?
●持ってるわけないでしょうに。過去と今が違うにしても限度があるでしょ。てか誰が見ても別人で
しょうがコレ。
○別人だって言うならちゃんと証拠を持ってきてください。そのうえで納得しますよ。
●だからそんなもの証明のしようがないでしょ。
○いや、ワタシはできますよ。
●どうやって?
○だって過去の写真、携帯に入ってますもん。
●じゃ見せてくださいよ。
○イヤです!携帯は個人情報です!
●じゃ、その写真だけ見せてもらえたらいいですよ。
○イ、ヤ、だ。
●ほら、見せられないからでしょ?証明できないじゃない。
○じゃ勝手に見れば。ハイ(携帯をオレの前に出して)
●操作わかんないし、どこに写真入ってるかわかんないよ。どうせ入ってないだろうけど。
○見ればいいじゃん。どうぞ、ハイ、見てください。見ないの?じゃ文句言わないでね。知らない人に個人情報バレるのイヤなのに、こうやって出してます。ここまでしてます、ワタシ。
●はいはい。自分で見せられないくせにね。
○はい、見てください。じゃここに置いとこうか?(地面に携帯を置いて)はいどうぞ。
●はいはい、わかりました。もう結構です。時間もったいないんで。
○どうします?
●帰るよ。
○え、ここまでされといて、ワタシ。個人情報、根掘り葉掘り聞かれといて?
●何が根掘り葉掘りだよ。
○まあ携帯触ったら警察行こうと思ってたけどね。ましてや他人に自分の過去を言う必要もないです
し。
●意味がわからん。論理が破綻してるよ。
○あ、ごめんねー! 
脳ミソ狂ってて!(頭に指を当てながら)
●はいはい、もうわかったよ。延々30分も言い合いになったのに、それでもまだカネで抱かれようと
する神経。ワケがわからん!
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます