サークルのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:サークル

  • 2018/12/10エッチ体験談

       閉店の早さがナゾなずいぶん若い子だらけのセクシー居酒屋洗体でムクムクしたら追加料金でこっそりヌイてもらおう...

    記事を読む

  • 2018/11/06裏風俗・風俗体験談

      会社帰りに部下の女子社員をメシへよく誘う。もちろん下心があってだが、これまでは何かできた試しがなかった…。六本木にオープンしたショーパブ『コヨーテアグリーサルーン』に連れて行くようになって以降、すでに2人をお持ち帰りできている。最高ですよ、この店は。まず値段が安い。入場料はタダだし、飲み物は1杯500~800円程度。ショー自体は、ステージでセクシー衣装のダンサー連中が飛んだり跳ねたりす....

    記事を読む

  • 2018/10/25出会い攻略

       出会い系としての利用価値も高いと言われるサイトだ。仲良くなるには遠方より近所のほうが何かと都合がいいのは当然である。しかしこれ、正攻法、つまり近場の女にかたっぱしからメールを送るやり方ではそうそううまく行かず、1通のリターンすらないのが現実だ。女側にすれば、あまりに近所だと逆に警戒心が強まるのだろうか。実はご近所さんで女と出会う近道は、サークルなのである。食事会、飲み会、ダーツな...

    記事を読む

  • 2018/10/13素人エロ画像

       イベント&パーティサークルの名目でメンバーを集め、女性会員に飲ます手口は非道という他ない。スーフリ無き後もイベントサークルは生き残っていた・どころか、さらに手口を巧妙化させているらしい。今度は王様ゲームが始まる。ジャンケンの罰ゲームと称して少しずつ衣服を剥いでいく。途中逃げられないように女性の靴を取り上げ、大半が半裸になったところで王様の権限でフェラチオを強要、ペッティング状態へ...

    記事を読む

  • 2018/10/04出会い攻略

     関西でもカップリングパーティは数多く行われているが、一通り参加してみたところ、現在では『●工房』のセレブ系パーティが一番使い勝手がよさそうだ。着席型だが、場が盛り上がらないと主宰者が積極的に移動をうながしてくれるからラクチン。また、男4900円、女性1000円と相場通りの金額ながら話題のクラブやお洒落なレストランなどで行われるため、集まる女の子の質も高めだ。しかもどこの業者にもゴロゴロしてい....

    記事を読む

  • 2018/09/08出会い攻略

     パツキン女とハメハメしたい。スケベな男なら誰しが持つ願望だろう。が、六本木のクラブに行っても相手にされないし、まして路上ナンパなんて論外。では、どこにいけば彼女たちをナンパできるのか。俺が利用しているのは、浅草の「K」というゲストハウスである。いわゆるバックパッカーに向けた安宿で、この宿の場合、約8割は外国人の観光客で女性も多い。1日2日泊まれば、いながらにして彼女たちとお近づきになれるのだ。....

    記事を読む

  • 2018/09/07出会い攻略

     私は最近流行の出会いパーティを利用しています。この業者は、青山や六本木あたりの一軒家のレストランやクラブを貸し切って、男性と女性を引き合わせてくれるシステムです。参加者は60人ほどで、男女比は半々といったとこでしょうか。ココが使えるのは、なんといっても立食形式という点です。回転寿司スタイルのうざいパーティではなく、自由に会場を歩き回りながら、女性に片っ端から声をかけられるんですね。昨今の婚活ブ...

    記事を読む

  • 2018/06/13裏情報

     水をかけられはっぴがスケスケになる女たちワキや足裏のくっさい臭いが好きなあなたへ匂いに関するプレイならどんな要求にも応えてくれる......

    記事を読む

混浴温泉で乱交サークルがずらっと並んで立ちバック

0080_20181210161542a44.jpg 0081_2018121016154357f.jpg 0082_20181210161544668.jpg 0083_201812101615468b1.jpg
閉店の早さがナゾなずいぶん若い子だらけのセクシー居酒屋
洗体でムクムクしたら追加料金でこっそりヌイてもらおう

女尊男卑ルールだが女のレベルはとにかく高い乱交サークル

0172_20181106093818189.jpg 0173_20181106093819561.jpg 0174_20181106093820196.jpg
会社帰りに部下の女子社員をメシへよく誘う。もちろん下心があってだが、これまでは何かできた試しがなかった…。六本木にオープンしたショーパブ『コヨーテアグリーサルーン』に連れて行くようになって以降、すでに2人をお持ち帰りできている。最高ですよ、この店は。まず値段が安い。入場料はタダだし、飲み物は1杯500~800円程度。ショー自体は、ステージでセクシー衣装のダンサー連中が飛んだり跳ねたりするという、まぁよくある内容なのだが、その最中、彼女らが客席に向かって呼びかけてくる。「女の子でステージに上がりたい方いませんか? そこのオネーさん、そちらのオネーさんとかもどうですか?」ここがポイントだ。私は「このコお願いします!」と勝手に申し出、半ば強引に部下をステージに上げてしまう。するとどうなるか? 酔っ払っている他の男性客たちが「あのコに1杯!」「オレからも1杯」とテキーラショットを渡してくるのである。ステージ上の部下本人は、まず断れる雰囲気ではない。結果、グデグデになってくれるって案配だ。大阪・日本橋は、若いコにマッサージや添い寝なんかをしてもらえるお店、いわゆる『リフレ』が軒を連ねているエリアだ。どこそこはサービスが抜群だとか、あそこは10代だらけとか、関西の遊び人の間ではよく話題にされるが、中でもウワサが絶えない場所はやはり『な●ば音楽ビル』だろう。理由は、ここで営業しているあるリフレが、店名をころころ変えるから。と言えばピンと来るのでは。そう、摘発逃れっぽいですよね?現在は『美少女リフレ●●●』という店名で営業しているが、実際その中身はなかなか香ばしい。まず“裏オプ”が蔓延している。大半の女の子がリフレ(マッサージや添い寝)中に、「手で3千円、フェラで5千円だけど」なんて持ち掛けてくるほどだ。しかも、そんなコたちの顔立ちが妙にあどけない。年齢を聞けば「秘密~」なんて答える人間が多いの何の。そんなわけでオッサンでも、やけに若い女の子と入場料(4千円/30分)と合わせて1万円未満というリーズナブルな金額でイチャこけるスポットとして評判だ。 数年ほど前、ホテルのスイートルームを使った乱交サークル業者は、数十件を超える規模だったと記憶している。そのほとんどが警察の取締りによってバタバタと消え去ってしまったが、今も根強い人気を誇る老舗の乱交業者が生き残っている。それがこのサークルバニラだ。一般的な乱交サークルは、サークルとうたいながらも、部屋にやってくるのはカネで業者に雇われた「仕込み女」ばかり。でもここは正真正銘の素人、しかも容姿レベルの高い女だらけの実にナイスな乱交サークルなのだ。が、その一方で男性がここで遊ぶためには、そこそこ高いハードルを超えねばならない。まず、写真付きのIDと名刺の提出が必要で、さらに参加女性たちによる入会審査のような時間まで設けられている。ようやく審査に通っても、自由にヤリまくれるわけではなく、女性からの指名がなければプレイできないなど、あからさまな女尊男卑ルールが徹底されているのだ。だからこそ、女の子のレベルを高く保っていられるんだろうけど。とは言っても、四十路の俺でも入会できたんだから、見た目を小奇麗にしておいて、ある程度コミュニケーション能力があれば入会審査も通るはず。特に週末は、数名の可愛い子ちゃんたちと朝まで3回戦、4回戦が楽しめる、夢のようなサークルだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

ご近所さんで女と出会う近道はサークルなのである

0094_2018102513054469c.jpg 0095_2018102513054680e.jpg 0096_201810251305477ad.jpg 0097_20181025130549e1f.jpg
出会い系としての利用価値も高いと言われるサイトだ。仲良くなるには遠方より近所のほうが何かと都合がいいのは当然である。しかしこれ、正攻法、つまり近場の女にかたっぱしからメールを送るやり方ではそうそううまく行かず、1通のリターンすらないのが現実だ。女側にすれば、あまりに近所だと逆に警戒心が強まるのだろうか。実はご近所さんで女と出会う近道は、サークルなのである。食事会、飲み会、ダーツなど、活動地域がある程度限定されたサークルに入会し、オフ会で目ぼしい相手を見つけるのがもっとも手っ取り早い方法だというのが、今の共通認識となっている。
しかし大勢の中で自分をアピールするのは苦手な人も多いことだろう。ルックスや喋りに自信がないからこそメールでなんとかしようとしているのに、名も知らぬ人たちに混じって女をゲットするのは難しいのではないか。
「ぜんぜん色っぽい内容にならないんです。他愛のない世間話を交わすぐらいで」
なにせ相手は40代、彼にもやましい気持ちは起きなかった。なんとなく暇つぶしに付き合っていただけのことだ。そんな折、彼女がメールで告白してくる。
「私バッイチなのって。だから僕もそれに合わせてバツイチってことにしておいたんです」
この時点でわずかに下心が芽生えていたのだろうか。彼もまた同じバッイチとして悩みや愚痴に付き合う方向を選んだ。この嘘が後に功を奏すことになる。
「別れた理由は、妻の借金ということにして。こっちに非があると、引かれちゃうじやないですか」
こうしてしばらくバッイチ同士のメールをするうちにサークルへはいらないかと提案があった。バツイチ女性が人並以上にさしい生活を送っているだろうことは容易に推測できる。こちらも同じバツイチなら心を許すはず。これは展開次第ではオイシイのではないか。サークルは完全オープン制ではなく、まず自己紹介メールを送り、主催者のOKをもらってからでないと参加できない仕組みになっていたが、条件はバツイチで独身であることのみ。わざわざ戸籍を確認されることもなく、自己申告のみで参加を認められた。定期的に月に2度ほど行われる飲み会に、彼が初めて参加したのは、翌土曜の夜だった。さてその飲み会、バツイチだらけとはいえ、話題までもが物悲しいわけではない。聞こえてきたのは、子供のこと、結婚指輪をどう処分したか、次回のオフ会はいつにしようか、そんなどうでもいいような話題だった。彼の隣に座った女性は、今日は子供を親に預けているという。
「これはイケると思いましたね。そんなこと言うなんて、誘ってくれってことでしょう」
とはいえ2人きりで消えると、他の会員の反感を買いかねない。特に主催者の男に目をつけられると、今後にも支障をきたす。席上でメアドを交換し、2次会の途中でトイレからこっそりメールを送った。《この後、○○で待ち合わせしましょう》これで、ごっつぁんである。彼は決して容姿に優れているわけでも話上手なわけでもない。ただ、隣でふんふんとあいづちを打っていただけのことだ。
既存のサークルへ参加することに抵抗感がある人も多いだろう。すでに知人同士になった輪の中に、後から入っていくことの難しさ。共通の話題に入っていけないもどかしさ。控えめな態度ではなかなかナンパになど結びつかないものだ。2人目に紹介する、武藤孝一氏もまた同じ悩みを抱えていた。入りたいサークルはいっぱいあるけれど、転校生扱いで迎えられるのはイヤだ。そこで彼は自らサークルの主催者になる方法をとった。リーリダーとしての立場なら、ちょっかいも出しやすいはずだ。
さて、どんなサークルにしよう。何かをしたくて作るわけじゃなく、目的はセックスのみ。ならば下手にイベントを開くのではなく、まったり飲むだけなのが一番だ。熟考の末、サークル名と活動内容が決まった。《○○○(地名)周辺で飲みましよっ》
○○○は自宅近辺の駅名である。つまり、家の近くに会員を集めて飲み会を開き、酔っ払った女を部屋に連れ込む計算だ。参加資格は特になし。主催者の承認がなくても参加できるフルオープン制をとることにした。立ち上げて3日目、さっそく掲示板に書き込みがあった。
《私も○○○に住んでいます。ぜひ飲みに行きたいです》いきなりの女性会員。好スタートである。
「でもここでさっそく飲みに行きましょうと誘うのは露骨すぎるので、もう少し様子を見ることにしたんです」わざと直接はメールせず、掲示板にレスを返す。
《参加ありがとうございます。5人ぐらい集まれば、みんなで飲みましょう》
オープンな掲示板は、女性のカキコミによって活気付くことが多い。男女を問わず、男だらけのサークルになんて入ろうとは思わないものだ。Aさんの参加は、新たな女性会員Bさんを引き寄せた。
《○○○は隣駅です。結構好きな町なので参加してみました》
さらに、3人目のCさんも女性だった。
《はじめまして。地元が○○○なので、ぜひ》
これで自分を入れて4人。そろそろオフ会を開いたほうがいいだろう。ところが日程の調整が難しく、なかなか全員が揃うのは厳しそうだ。彼は掲示板にメッセージを記した。
《日程調整が難しいので、とりあえず僕の携帯をみなさんにメールします。都合のいいときに連絡ください。みんな近所なので、だらだら集まる形にしましょ》
最初に電話をくれたのはBさん。プロフィールでは30代前半となっていたが、平日の夜に駅前
に現れたのは、軽く40を超えているだろう明らかなオバちゃんだった。サークルは出会い系と違うので、事前に写メールの交換をしにくい。こういうレベルが来るのもいたしかたないのか。それでもまだめげない。ショップ店員Cさんが残っている。例のごとく、あくまで《みんなで集まりたい》旨を強調して、カキコミを続けた。1週間後、ようやくCさんから電話が来た。Aさん、Bさんのレベルに慣れていたせいか、Cさんは実にマトモに見えた。
「ほんと、普通の女なんですけど、セフレにできるなら喜んでというレベルですね」

私大有名サークル輪姦プレイの非道

0008_20181013182951216.jpg 0009_20181013182952420.jpg 0010_201810131829544b7.jpg 0011_201810131829555ee.jpg
イベント&パーティサークルの名目でメンバーを集め、女性会員に飲ます手口は非道という他ない。
スーフリ無き後もイベントサークルは生き残っていた・どころか、さらに手口を巧妙化させているらしい。今度は王様ゲームが始まる。ジャンケンの罰ゲームと称して少しずつ衣服を剥いでいく。途中逃げられないように女性の靴を取り上げ、大半が半裸になったところで王様の権限でフェラチオを強要、ペッティング状態へ持ちこむ。ご覧の写真は、某有名私大サークルが開いた飲み会だ。

スイーツモニターで上品なパティシエ候補に草食系を装って接近

0176_20181004091424841.jpg 0177_20181004091425588.jpg
関西でもカップリングパーティは数多く行われているが、一通り参加してみたところ、現在では『●工房』のセレブ系パーティが一番使い勝手がよさそうだ。着席型だが、場が盛り上がらないと主宰者が積極的に移動をうながしてくれるからラクチン。また、男4900円、女性1000円と相場通りの金額ながら話題のクラブやお洒落なレストランなどで行われるため、集まる女の子の質も高めだ。しかもどこの業者にもゴロゴロしている仕込みっぽい女の子が見あたらないので初心者や話ベタな人でも安心して使えると思う。
ここはゴルフや占い、 ダーツ合コンなど様々なテーマで出会いの場を提供してくれることに加え、「週末に合コンをしたい!」という急な依頼にも応えてくれるスピードセッティングがウリです。
男子メンバーの得意ジャンルで攻めるのが吉でしょう。私が参加した中でも効果的だったのは、初心者でもOKという〝ゴルフバー合コン〟です。ゴルフシミュレーターを利用して「ゴルフ」と「合コン」を楽しんでしまおうというイベントです。ゴルフの上手い女性なんてまず来ません。集まるのは、ゴルフをやってみたい、あるいはコースに出たことが少しある程度の子らなので、どうしても「教える教えられる」の関係になります。話術だけではどうにもならない私でも、なぜかメアドを交換できたのは、そういうことからでしょう。
あらかじめホームページからエントリーしておけば、関西一円のケーキ店から集められた新商品のモニター試食会や、新商品開発、お菓子の評論会などスイーツに関する様々なイベントの案内が届きます。どのイベントも甘いものを食べまくれるだけに女性モニターの多いこと多いこと! 男女比1:9のパラダイス状態です。お菓子好きなんてデブ女ばかりだろ、なんて偏見はいけません。というか完璧に間違ってます。意外(失礼)なことに、集まってくるのは上品でお洒落な子が大半です。未来のパティシエ候補のような。イベント後はそのままオフ会になだれ込むこともあるので、気楽に親しくなりましょう。経験上、草食系を装ったほうがウケはいいです。
全国規模、登録者数2万名、年530回以上のイベント開催で雑誌などに取りあげられることも多い社会人サークルの老舗だ。一番のウリは、当日払いのイベント参加費だけで気楽に参加できるところ。しかも登録もネットでクリックするだけで済む。狙いは虎キチの飲み会イベントだ。参加者は、阪神のユニフォームやハッピなどで、主なイベント会場となる虎キチ系居酒屋(虎酔亭、居酒屋トラトラなど)にやってくる。男女ともかなりコアなファンが多く、自らの熱狂ぶりをアピールするファン同士の間でケンカ状態に陥ることもしばしばだ。しかし、ヒッティングマーチの大合唱がはじまり、メガホンを叩きだせば仲直り。虎キチ同士の男女のカップル成立率はかなり高い。そのまま、結婚までいたる者も…。かくいうオレも恋人を2人みつけた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

婚活パーティのような社会人アウトドアサークル

0078_2018090809103617a.jpg 0079_20180908091037434.jpg
パツキン女とハメハメしたい。
スケベな男なら誰しが持つ願望だろう。が、六本木のクラブに行っても相手にされないし、まして路上ナンパなんて論外。では、どこにいけば彼女たちをナンパできるのか。俺が利用しているのは、浅草の「K」というゲストハウスである。いわゆるバックパッカーに向けた安宿で、この宿の場合、約8割は外国人の観光客で女性も多い。1日2日泊まれば、いながらにして彼女たちとお近づきになれるのだ。宿にいながらにしてパツキン女をナンパ!共有スペースのリビングにはつねに多国籍な方々がうだうだしてるので、「どこから来たんですか?」なんて話しかければ、ごく自然に応じてくれる。外人女だって、旅先ではガードが弛むものだ。仲良くなったら、回転寿司なんかの日本食をエサにして外に連れ出しちゃえばいい。あとは酔っ払わせて持ち帰るだけ。さして英語が堪能でもない俺でもイチロー程度の打率を残しているのだから、あなどれない。昼カラってのは昼間からカラオケできるスナックのことなんだけど、日本全国どこでも、暇な主婦たちの社交場になってんだよね。だいたいが40〜50代のおばちゃんかなぁ。でもときどき30代が紛れてるから侮れない。しかも男1人で行ったら、まず話しかけられるし、人気者にもなれる。まあ言っちゃえばそれだけのことだよ。
この店を推すのは、たまたま以前ここで出会った奥さんと仲良くなったからで、他にも同じようなとこはいっぱいあるよ。
社会人サークルに入ろうと思ったのは、ネットサーフィンで見つけたサイトの文言に惹かれたからだ。〈仕事から帰って一人でご飯を食べるのはもうやめよう〉
毎日が家と仕事場の往復で辟易していた僕には突き刺さりすぎる一言だった。とにかく誰でもいいから友達が欲しかった。最初に参加したのは「週末飲み会IN新宿」。会場の居酒屋には30人ほどの男女が集まっていた。男女比は4対6といったところか。会がはじまると、僕の予想とは違った雰囲気に驚いた。和気あいあいな飲み会というよりは、今流行の婚活パーティーに近いのだ。女性たちは一心不乱に男性にアプローチをし、席の移動も頻繁だ。そういうノリならこっちもその気でいくしかない。女性たちの質問が仕事や年収、家族構成に及ぶため、テキトーに30才の弁護士事務所所属を演じれば、彼女たちの目の色が変わった。適当な法律論をかざしながら好みの女性を連れ出し、一軒バーをはさんでからホテルでセックスへ持ちこめた。気をよくした僕はその次の週の銀座パーティーや、カラオケ飲み会など様々なイベントに顔をだしては同じ手法で毎回持ち帰りに成功した。このサークル、会員が公称2000人(登録しただけの幽霊部員も含むだろうが)ということもあり、幹事以外の人間は、毎回ほとんどが初対面だ。ヤリ逃げした女に出くわしたことは今までない。誰でもいいから友達が欲しいと思ってる人にはあまり向かないが、プロフィールを偽れば女はどんどん寄ってくる。このタイミングならではのセフレ探しといえるだろう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

社会人サークルや英会話スクールでの出会い

0074_20180907092527c70.jpg 0075_20180907092528461.jpg
私は最近流行の出会いパーティを利用しています。この業者は、青山や六本木あたりの一軒家のレストランやクラブを貸し切って、男性と女性を引き合わせてくれるシステムです。参加者は60人ほどで、男女比は半々といったとこでしょうか。ココが使えるのは、なんといっても立食形式という点です。回転寿司スタイルのうざいパーティではなく、自由に会場を歩き回りながら、女性に片っ端から声をかけられるんですね。昨今の婚活ブームも手伝ってか、参加女性の本気度は極めて高い上、ルックスのレベルもまずまずです。ただし、女性は2〜3人組のグループが多いので、こちらも同じく複数で参加した方がベター。参加費は7千円程度(女性3千円)と安くはありませんが、利用価値は大です。
就活中の私は経済産業省中小企業庁が行っているこのバスツアーに参加しています。泊まりがけで地方の企業を回って説明会を受けるというものなんですが、ついでにナンパもできちゃうんですよね。
ツアーは東京都在住の無職、もしくは転職希望者なら誰でも参加可能です。性別はもちろん、年齢限も一切ナシ。あくまで地方に人材を橋渡しすることが目的だからです。一方、ツアーの行き先は新潟を始めとする東北地方が多く、1回の参加人数は30名前後。その大半を大学生(内、半分は女子大生)がしめるので、自然とサークルノリになってくるのです。
「んじゃ、飲もうか」
「お〜!」企業説明が終わり、宿泊先のホテルに帰ると、誰ともなしにこんな声がかかり、みんなでどこかの部屋に集まります。酒さえ入れば、もはや合コン状態です。この際、女のコと連絡先を交換
して、ツアー終了後にアタックをかければけっこう喰えます。参加費用は2泊3日で4500円(食費込み)と激安なので就活中の人は行かなきゃ絶対ソンですよ!
有料で合コンを開催してくれる、いわゆる「合コンセッティングサービス」をネットでつぶさに点検するといくつもヒットする。中でもココは知る人ぞ知る業者だ。通常、この手のサービスは女性のサクラが多数混じっているものだが、こちらは素人のみ(たぶん)。合コン成立時に料金が発生するにも関わらず(男性1人につき3千500円〜)、お相手がなかなか見つからないのがその証拠だ。
反面、合コンが成立したら、非常にヤリやすい状況が待っている。スタッフの引率もなく、現場の
居酒屋は参加者のみなので、堅苦しい雰囲気にならないぶん成功率が高いのだ。難を挙げるとすれば、30オーバーのガツガツ婚活女が多く生息することだが、ま、これは仕方なかろう。私はその場でお持ち帰りした経験が3回ある。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

某エスカレータがパンチラマニアの聖地に

0070_20180613082547a15.jpg 0071_20180613082548a21.jpg
水をかけられはっぴがスケスケになる女たち
ワキや足裏のくっさい臭いが好きなあなたへ
匂いに関するプレイならどんな要求にも応えてくれる
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます