201504052.jpg 201504053.jpg
この2つはラインやカカオトークで友達を募集する際に使われる掲示板だ。地域ごとに男女別の書き込みを見ることができる。こういった掲示板ではやはり若者が主役らしく、以前はギャルみたいな子とかにラインを送りまくったものだが、私みたいな中年おっさんでは相手にされないことがほとんどだ。だが経験上、これらの掲示板利用者の中には間違いなく人妻連中がまぎれている。私のこんな書き込みに反応してくれるのがそれだ。
『既婚ですがお友達欲しくて書き込んじゃいました。同じような境遇の女性がいらっしゃいましたらよろしくオネガイシマス』
 これに顔写真を必ず載せておく。スーツを着て居酒屋で飲んでるものだ(同僚に撮ってもらったヤツ)。掲示板に、2日に1回程度定期的に掲載する。ラインが届くのは週に1回ぐらいだろうか。『ヒマなので会話しましょう』みたいな文言で、20代後半から40代ぐらいまでの既婚女性が連絡してくる。あくまでお友達を募集しているのだからいきなり下ネタなんかはしない。「お子さんはまだ小さいんですか?」とか「毎日お弁当作るの大変だよね」みたいな日常の話がメインだ。後のことを考えて住んでる地域も聞いておく。
 私の場合、1週間ほどやりとりが続いたところで『妻とはセックスレスでね。愛情はあるんだけど。トホホ』といったところから下ネタに突入する。たいがい向こうもレスなのでお互いを慰めあうような流れで、じゃあ思いっきりグチりましょう、と昼食に誘うわけだ。そのあとは様々だが、だいたいが食事の店を出てカラオケやホテルにストレートに誘う。多少強引にでも肩を抱いたりすることで、火遊び予備軍の女はなびいてくるものだ。
ラインのサービスのひとつで、自分の分身(アバター)を作って知らない人同士で会話をする、みたいな仕組みになっている。やってもらえばわかると思うけど、平日の午前中や昼間にログインしたら周りはほとんどが主婦連中だ。何をするでもなくパーク(人が集まる広場)をフラフラしてたりする。俺はここにいる人妻たちに片っぱしからエロチャを仕掛けている。直球勝負で『エロチャしようよ~』と声をかけていくわけだ。これに乗ってくるヤツは一定の割合でいる。エロチャはラインでやるので、「チンコビンビンだよw」とかなんとか言いながら進めていけばいい。
 エロチャが終わったら「また明日ヒマだったら付き合ってよwww」と伝え、これを数日続けて行くことで関係ができてくる。こんな女を5、6人確保しておくのだが、エロチャだけでなくときには普通の話もしておいたほうがいい。趣味とか好きなテレビの話とかも交えつつ、適当に話を合わせながら会話を続けることおよそ1ヶ月。機が熟したところで『マジでエッチしてみない? お互い秘密でセックスだけの関係ってのもありだと思うんだけど』と仕向ける。仮に断られたところであきらめるのはもったいない。『じゃあもしリアルでしたくなったら言ってね』と言い続けることで必ず会える日がやってくる。これまで何度もラインでエッチした仲なのだから、向こうが自然に親しみを持ってくれてるのだと思う。ちなみに顔写真を求められたときは素直に自分のものを送ったほうがいい。別に女はイケメンを探してるわけじゃなくて(そういうのもいるにはいるけど)、こっちの人となりを知りたいだけなのだから。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ