シロートのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:シロート

座りんぼからテレクラまで。東京のシロート売春婦が池袋西口に大集合

0132_2019070713482682d.jpg0133_201907071348279f0.jpg0134_2019070713482839e.jpg0135_20190707134830fe0.jpg
ニッポン珍百景・駅前広場の座りんぼ

0110_20180805103015f8d.jpg 0111_2018080510301647d.jpg
歌舞伎町のテレクラが閉店したせいか、新宿の売春女たちが一斉に池袋へ移動したと言われている。これは調査すべきでは?
 夕方、池袋西口。まずは座りんぼスポットとして有名な、駅前広場を観察してみることに。怪しい女がチラホラいるぞ。あのポッチャリ女あたりは確実だろう。声かけてみっか。
「ねぇねぇ、遊んだりできない?」
「…んー」
「大丈夫ってこと? だったらイチゴーでどうかな?」「まぁ、大丈夫です」
 ほいきた! この食い付きぶりだと、1万でもよかったかもな。ま、こんなブーちゃん買う気はさらさらないけど(写真1)。
ならば、あそこのミニスカの可愛いコちゃんはどうだろう
(写真2)。さっきオッサンに声をかけられてたけど。
「遊んだりできる?」
「……」「ナンパとかじゃなくてさ。希望の金額を言ってもらっていいんで」
「2とか」
やっぱりこの子もそうだったか。でも2万ってのは強気過ぎじゃね?
ふと気づくと、目の前にチワワを連れたオバサンが立っていた(写真3)。…あれ、やけに視線を合わせてくるな?
「…チワワ、かわいいっすね。何て名前ですか?」
「バーン」
いよいよじーっと見つめてくるオバサン。何モン? もしかして!?
「…バーンと一緒に遊んだりできます? ホテルとかで」
「いいけど」
「…ちなみにいくらです?」
「普段は2とかだけど、もう少し低くても」
こんなペット連れ売春オバサンまでいるなんて。飲み屋が並ぶ『西一番街』のほうへも行ってみよう。キョロキョロしながら歩いていると、見覚えのある女とすれ違った。あいつって!?思わず声をかける。
「ねぇねぇ、おねーさん」
「何ですかぁ〜」
「…遊べたりしない?」「いくらですかぁ〜」
この顔、この舌ったらずなしゃべり方、間違いない。歌舞伎町のテレクラで売春しまくっていた有名援交女じゃないか(写真4)。新宿の売春婦が移ってきたってウワサは本当だったんですな。
ならば、やはり気になってくるのが、テレクラ『リンリンハウス』だ。周辺を歩いてみましょう。おや? 西口公園前の電話ボックスに入ってるあの熟女、ドアを開けっぱなしにしてるので会話が丸聞こえだが…(写真5)。
「全然フツーだよ。太ってもいないし、痩せてもいないし」いかにもなテレクラトーク。売春婦確定ですな。東武デパート入り口のベンチにも、電話中の怪しい女がいた。西一番街にいた人間とはまた別の、歌舞伎町の有名テレクラ女である(写真6)。こいつも池袋に移ってきたのか。
『リンリンハウス』周辺の予想どおりの状況にソワソワしていたときだった。どこからともなく、小汚いギャル風が近寄ってきた(写真7)。
 何だこの女? これまたチワワを連れており、イヤラシイ目で見つめてくる…。まさか?
「…おねーさん、もしかして遊べる感じ?」
「あー、いいけど」
 ビンゴかよ!
「いくらなの?イチでさくっととかどう?」
「まあいいよ、それくらいでも」
 池袋西口、評判どおり、石を投げれば売春女に当たるほどの活況ぶりです。

チャットセックスに応じてくれる素人女子

0080_2018030721300085e.jpg0081_2018030721300201b.jpg0078_20180307212957034.jpg0079_201803072129598cf.jpg
かつては腐るほどあったのに、今では大半が閉鎖してしまった2ショットチャット。そんな中、スマホに対応するなど時代に順応して今もしぶとく生き残っているのがこちらの老舗サイトだ。老舗だけに、出入りしているのはかつてここでオイシイ思いをしたことのある男女ばかり。特に女は40半ばの熟女が多いが、年上好きの俺にはむしろパラダイスだったりする。さらにもともと新規の男が少ないため(常連男はハンドルネームでわかる)、女たちの食いつきもよく、アポ取りまでわりとカンタンに進めるのがいい。むろん、会ってしまえばセックスは確実だ。しいてコツを言うなら、チャット部屋のコメントに「割り切ったセフレ関係を求めます。ホテル代払います」と書いておくことか。気取ったコメントよりも素直に要望を示す方がウケはいいようだ。
日によっては相手が入室してくるまで2、3時間待つ場合もあるが、チャットが始まればアポ率が高いのは先ほど言ったとおり。根気よく遊んでいただきたい。2ショットチャットルームに「盗聴機能」がついたサイト。と言っても、このチャットは2人の男女が文字でやり取りをするチャットなので、正確には盗聴ではなく「盗み見る」機能です。当然エロい声も映像も観ることはできません。
『奥さん、ゆっくりパンツの上からマンスジを擦ってごらん』
『いや…そんな恥ずかしい…』
なんて文章をこっそり眺めるだけなので、こちらもそれなりの想像力を試されますが、慣れてくるとこれが意外に興奮するんです。特に攻め上手な男性がチャットしているときは、意外な展開にドキドキしながら読めるし、下手な人の場合でもヤキモキしながら楽しめる。わかってくれますよね?画像アップが可能な2ショットチャットサイトはいくつもあるが、ここが他より人気を集めているのは、今撮り写メ(その場で撮影した写メ)でチャットセックスに応じてくれるシロート女子がたくさんいるからだ。相手のエッチ画像を観賞しながらのチャットセックス。これが興奮しないわけがない。もう精子ドピュドピュである。ただ俺の場合、どれだけチャットが盛り上がっても、そこからリアルで会う展開は本当に稀だ。もちろんチャット相手のエロ写メはどんどんタマっていくので、オカズ集めという意味では重宝する。
本物とツーショットでチャットできるサイトだ。年齢は15才から待機しており、普段ならぜったいに話すことのできないJKがわんさか溢れかえっている。彼女たちは制服やコスプレ、ときには私服でチャットをしてくれるのだが、これがどれだけ素晴らしいことかおわかりだろうか。一般的なライブチャットの場合、チャット嬢は18才以上なので制服姿はコスプレにすぎないが、ここの場合は「現役」が着るのでそのリアルさは別格なのだ。しかも、驚いたことに彼女たちの一部は「JKリフレ」などの実店舗でも働いていることがある(店舗名も言っちゃってる)。つまりこれ、チャットで気に入ったら、実際に会うことも可能だということ。なにかいけないことが起きそうな予感がしないでもないが、それはぜったいにあってはならないことは言うまでもない。
ブログ主がツーショットダイヤルやテレクラなどなどで録音した女性との会話(音声)を掲載している。テレセはもちろん、エロ小説を読ませたりも。
「あっ、あぅ、なんでこんな気持ちいいんやろ…もうべちょべちょになってもうた(20才大学生とのテレセ)」
「ねえ、舐めて、舐めて。あっ、オマンコもっと舐めて…(人妻とのツーショットダイヤル)」
 などなど音声は膨大にある。本物素人がこんな台詞を吐くなんてタマらんもんだ。オカズにぜひ。
素人女が自分のオナニー音声を投稿しているサイトだ。匿名性が高く、仮に見た目にコンプレックスを持っていても気にしなくていいせいか、一日に7、8人くらいは投稿があるだろうか。しかもどのオナ声も、基本激しく乱れている。性器を激しくこすってクチュクチュ音を聞かせたり、「クリちゃんの先の尖ったところが気持ちいい~」なんて痴女モノAVみたく喋ったり。想像を掻き立てられる感はハンパじゃない。しかし、そうは言ってもこのサイト、文章で説明しても何だかピンとこないだろう。実際に利用してみれば、不思議なハマリ感覚がわかるはずだ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます