シングルマザーのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:シングルマザー

  • 2018/08/04突撃リポート

     切羽詰まったメッセージを見つけました。7千円でいいから、とにかくすぐに援助してほしいという34才です。この手合いは、当たりかハズレかでいえばハズレに決まってるんですが、なぜそこまで追い詰められているのかが知りたくて、彼女の自宅を訪れることに。招き入れてくれたのは、常総学院の木内(元)監督に似たおばちゃんでした。部屋の中は意外とキレイで、子供のおもちゃなどが並んでいます。「お子さん、いらっしゃる...

    記事を読む

  • 2018/02/03セフレの作り方

    シングルマザーソープ嬢・彼女たちは一般のソープ嬢に比べて格段に店外デートに持ち込みやすい。しかもセックスだけでなく、お小遣いまでくれるのだからありがたい存在だ。 風俗嬢の4人に1人はシングルマザーという統計もあるほどなので、シングルマザーソープ嬢は比較的簡単にみつけることができる。水商売と違い、日中だけでがっつり稼げるソープは彼女らに人気が高いのだ。まず彼女たちは総額2万円前後の大衆ソープに多い。...

    記事を読む

  • 2017/01/15突撃リポート

      シングルマザーはすぐにヤラせる。旦那がいなくて子持ち。なるほど、男日照りではありそうだ。おばちゃんならともかく、まだ三十路前後でシングルマザーになった女性は、 性欲の解消に苦労していることだろう。そんな彼女たちに優しい声を掛けてやれば、ほいほい付いてきても不思議じゃない。なかなか信用に足る説だ。ますは真面目系の出会い系サイトヤフーパートナーを使ってみることにした。お相手の検索機能が充実しており、....

    記事を読む

出会い系に切羽詰まったシングルマザーどんな女がやってきた

201512_000116.jpg 201512_000117.jpg
切羽詰まったメッセージを見つけました。7千円でいいから、とにかくすぐに援助してほしいという
34才です。この手合いは、当たりかハズレかでいえばハズレに決まってるんですが、なぜそこまで追い詰められているのかが知りたくて、彼女の自宅を訪れることに。招き入れてくれたのは、常総学院の木内(元)監督に似たおばちゃんでした。部屋の中は意外とキレイで、子供のおもちゃなどが並んでいます。
「お子さん、いらっしゃるんですか?」
「はい、今は保育園に行ってます」
彼女、シングルマザーとして5才の男の子を育てているそうです。
「私、あまり体が強くないので毎日は働けないものですから」
「それでこうやって…」
「はい、来月に息子の七五三があるんですよ。そういう節目はちゃんとしてあげたくって…」
なんだか涙腺がゆるんできました。当初はエンコーなどやらずに帰ろうと思っていたのですが、7千円稼いでもらうとしましょう。真っ黒な乳首に辟易しながらも一戦を終え、いざ部屋を出ようとしたとき、壁にかけられた息子さんの作品が目に入りました。
『いつもありがとう』
もはや泣くしかありません。

シングルマザーソープ嬢を狙いセフレに

SnapCrab_NoName_2018-2-3_19-4-3_No-00.png
シングルマザーソープ嬢・彼女たちは一般のソープ嬢に比べて格段に店外デートに持ち込みやすい。しかもセックスだけでなく、お小遣いまでくれるのだからありがたい存在だ。
 風俗嬢の4人に1人はシングルマザーという統計もあるほどなので、シングルマザーソープ嬢は比較的簡単にみつけることができる。水商売と違い、日中だけでがっつり稼げるソープは彼女らに人気が高いのだ。まず彼女たちは総額2万円前後の大衆ソープに多い。さすがにママさんでは高級店じゃ通用しないのだろう。子供が保育園や小学校にいる間しか働けないので、平日限定の、午前中から昼の3時ぐらいまでの出勤嬢を狙えば、高確率で遭遇できる。
 託児所を完備した店も多いので、ネットでそういう店を探すのも1つの手だ。年齢は24〜26才ぐらいがベスト。このぐらいの年齢が、まだ男との恋愛に希望を持っていて、なおかつ小さい子供がいる可能性が高いので、後々の作戦に有利となる。もっと若い子の方が、見た目もノリも良くていいのでは? と思うかもしれないが、20才前後のソープ嬢は、シングルママであってもホスト狂いのことが多いので除外するのが吉だ。逆にそれ以上の年齢になってくると、生活に投げやりだったり、変に悟っていて男に期待していない子が多く、店外デートに持ち込むのが途端に難しくなる。
『まだ男と恋愛したいけど、自分には子供もいるし、こんな仕事してるから…』と引け目を持った層が20代半ばなのだ。いざ入店し女の子と対面しても、婚歴や子供の有無を尋ねるなど愚の骨頂だ。基本的にソープは店からその手の情報は言わないようにクギを刺されているし、本人たちもプライベートな情報は言いたがらない。少しずつ相手の心を開いていくしかないのだ。俺はいつもソープ嬢と一緒に風呂に入ったタイミングでこう話しかける。
「本当可愛いよねー。この仕事は長いの?」
「そろそろ2カ月になりますね」
「そうなんだ、可愛いのにこんな仕事もったいないね」
「そんなことないですよ」
「彼氏いるの? いてもなかなか仕事は理解してもらえないでしょ」
「そうですね〜やっぱりこういうお仕事なんで」
「俺の元カノも同じ仕事してたけどね」
「え、そうなんですか?」
ここで過去にソープ嬢と付き合ったことがある男を演じると、一気に心を開いてくれるものだ。このあたりのトークに進めたら、結婚歴や子供の有無の確認だ。
「結婚はしたことある?」
「私バツイチですよ。子供もいるんですよね」
「そうなんだ。子供何歳なの?」
「4才です」
「一番可愛い時期だね。男の子? 女の子?」
 子供の話に興味を持って聞き、子供好きをアピールする。それから店外デートへの誘いだ。
「今度さ、子供も一緒に連れて遊園地にでも遊び行こうよ」
 子供と一緒に遊ぶ条件なら、絶対にエロい展開にはならない。身体目的じゃないというアピールになるので、普通は嫌がる店外デートも、この誘い方なら、初回の客でもうまくいくのだ。
 連絡先を交換したら、マメにやり取りを続け、母親と子供の様子を気にかけつつ、デートに誘い出せばいい。あくまで初回のデートは子供に気に入られるのが目的だ。女の子だとラクだが、幼稚園や小学校低学年ぐらいの男の子だと、育ちも悪いせいか本当に面倒くさい。我慢するしかない。
 一度公園や遊園地などで遊んであげれば、自宅に行くのも時間の問題だ。シングルマザーといえば貧乏と相場は決まっているが、ソープ嬢の場合は別だ。
 彼女たちも、子供が産まれた直後に旦那に逃げられたりDV被害を受けたりして、経済的に困りはててソープに身を落としたパターンがほとんどだが、いざお店で働き始めると、一気に月収は40万〜
50万へ、ルックスが良い子ならそれ以上の収入になる。ソープ歴半年の25才、A子は、店でそこそこの人気嬢で、月収も50万以上あった。すでに2回ほど子供同伴で店外で会い、セックスもしたあとで、こう切り出した。
「今月何回かお前と会うために仕事休んだでしょ? ちょっと家賃がピンチなんだよね。貸してもらえないかな?」
 借りた金は6万円。もちろん返すつもりはない。月収数十万の彼女たちにとって、もはや数万円は小遣い程度の感覚なので、この程度のはした金には執着しないのだ。その後も、携帯が止まりそうなので3万、車が壊れたので10万、実は借金が20万あったなどとお金を無心して100万以上の金を引っ張ったが、結局1円も返さずに関係を切った。同様の手口で現在まで5人のシングルマザーソープ嬢と関係を持ち、それぞれ店外セックスと、百万ほどの小遣いをゲットしてきた。オススメです。

シングルマザーのおまんこはゆるいのか試してみた

aba1226.jpg aba1227.jpg aba1228.jpg

シングルマザーはすぐにヤラせる。
旦那がいなくて子持ち。なるほど、男日照りではありそうだ。おばちゃんならともかく、まだ三十路前後でシングルマザーになった女性は、 性欲の解消に苦労していることだろう。そんな彼女たちに優しい声を掛けてやれば、ほいほい付いてきても不思議じゃない。なかなか信用に足る説だ。

ますは真面目系の出会い系サイトヤフーパートナーを使ってみることにした。
お相手の検索機能が充実しており、子供の有無のチェック項目もあるので簡単にシングルマザーを見つけられるのだ。 試しに20代から30代で検索してみると、都内だけでも3人以上の該当者が現れた。彼女らにアプローチする前に、まずは自分のプロフィールを作成しなくては。こちらも同じくバッイチで子供はいない設定でいいか。プロフを作成したら、候補者たちに片っ端からメールを送っていく。
初めまして。プロフィールを見て、気になったのでメールしました。自分もバツイチです。3年前にとある事情で離婚しましたが、子供はいません。良かったら1度お話してみませんか? よろしくお願いしますj

1人から返信が届いた。

「メールありがとうございます。棚網さんもバツイチなんですね。私の場合は元夫のDVと借金が原因で離婚しました。なので暴力を振るう人なら難しいと思います。思い遣りがあって常識的な金銭感党がある方なら、ぜひお話してみたいですj
夫の暴力と借金で別れた女か。なんとなくヤンママっぼいイメージだ。名前はミナ。年齢は28オとある。写真がないので美醜はわからない。とりあえず返信だ。

「メールありがとうございます。僕も暴力は嫌いだしギャンブルはしません。楽しくお話できたらいいなと思ってます」返事はまもなく来た。

「私は元々物事を深く考えないというか、嫌なことはすぐに忘れられる性格なのが幸いして、日々を楽しく過ごしています。 私でよければお話してみたいです」
どうやらうまいこと信じてくれたようだ。それにしても食い付きがいい。やっぱ男日照りなのかな。

その後、数回のメールのやり取りを交し、翌週の金曜日に都内で食事することになった。
彼女には今年4オになったばかりの女の子の子供がいるとのことだが、実家で両親と供に暮らしているため、わりと自由に動き回れるらしい。
待ち合わせ当日の夜7時、目の前に現れた彼女は、黒髪のちょい地味女だった。これぐらいの方が蓋を開ければエロいなんてことは案外多い気もする。
「こんばんは。お腹空いてるでしょ?」
「はい、棚網さんもご飯まだですよね?どっか食べれるとこ行きましょう」
歩いて1分ほどの場所にある焼き鳥屋の前にさしかかったとき、
私焼き鳥好きです!と彼女が叫んだので、そこに入ることにした 。
ビールで乾杯しつつ、家庭事情を探っていく。
「ミナちゃん、娘さんいるんでしょ? 今日は親が見てくれてるの? 」
「うん。久しぶりの友達とご飯食ペに行くからって、お母さんにお願いしてきたから」
 一緒に暮らす彼女の母親は専業主婦なので、積極的に可愛い孫娘の面倒を見てくれるんだそうだ。とはいえ、酒を飲んでそのままホテルに泊まるなんてことはできないはず。終電の手前に帰してあげると仮定して逆算すれば、ホテルに誘える最終リミットは今から2時間後ぐらいだろうか。
とりあえずもう少し彼女のことを探りつつ、関係を温めていくことにしよう。
「メールに前の旦那さんと別れたのはDVのせいってきいてたけどそんなに酷かったの?」
「もう、めちゃくちゃでしたよ。お付き合いしてるときは全然そんなことなかったのに、結婚して子供が生まれてから、だんだん酷くなってきて。ちょっと口げんかになって負けそうになると顔をグーで殴ったり、背中蹴ったり 」
「本格的だね 」
「だから、もうバチンコやる人と、暴力ふるう人とは絶対に関わりたくないんですよ」
「大丈夫、俺も暴力嫌いだし、ギャンブルもやらないから」
「ならよかったー」
そんなんで本当にいいのかよ。ハードル低すぎないか。
「棚網さんはどうして離婚したんですか?」
「オレの場合は、色々と理由はあるんだけど、一番の原因は元嫁の浮気かな」
こちらに非がない理由のほうがいいだろうと、あらかじめ考えておいた答だ。
気付けば彼女も2杯目のビールに進み顔もうっすらと赤みがかっている。今が攻め時かもしれない。
「でも子供を引き取ってちゃんと育ててるなんてエラいよね」
「そりゃそうですよ。 子供可愛いですもん」
「やっぱり女の人は子供のことを可愛がれる人がいいよ。よかった、ミナちゃんが子供好きな人で」
目を見つめながら伝えると、 彼女ははにかみながら視線をビールに戻した。この雰囲気、悪くないぞ。ここで俺は一気にカタを付けるべくある作戦に出た。
「ねえ、前の旦那さんとはセックスレスにならなかったの?」
「ああ、なりましたよ。子供産んでからは私もそんな気分にならなかったし、相手もそんな感じで」
「そっか、俺も相手の浮気を疑うようになってから同じ感じになったんだけどさ、そういう関係がなくなると、なんかダメになってこない?」
「ああ、でもなんとなくわかります。相性みたいなのって重要ですよね」
「じゃ、俺と今日会ってみて、そういう関係になるのは嫌じゃない?」
「えー、だって付き合ってくれるかどうかもわからないし 」
一か八かの作戦だったが、このセリフが出たってことは、どうやらうまくいったようだ。
「俺はよかったら付き合って欲しいなって思ってるんだけど」
「ホントですか?でも私、子供いるんですよ?」
「そんなの関係ないよ。ちゃんと子供のこと可愛がれる人なら俺的には何の問題もないと思ってるよ」
「わかりました。フフ」
あらもうOKなの?
「よかった、じゃこれからもよろしくね」
「こちらこそ、よろしくお願いします」
そうと決まれば話は早い。 何も言わずにお会計を済ませ、外に出ることにした時間は9 時ジャスト。当初の予定より少し押しているが、まだホテルに行く時間は残ってる。
「もう少し一緒にいようよ。2 人でゆっくりできるとこ行かない?」
「えー、今から?」
「まだ時間大丈夫でしょ?  ほら、早いうちに身体の相性も確認しといた方がいいじゃん」
「相性悪かったら別れるの?J
「いやいや、 絶対相性悪くないから大丈夫だって」
「え」
と言いつつも、彼女はしっかりと俺の横について歩いてくる。 結局ラブホ街まで来てしまうと「そっちの方がいい」などとホテルのリクエストまで飛び出す始末だ。部屋に入ったと同時にキスをかましたが「 シャワー浴びないとイヤ 」との物言いが入ったので、彼女の意見を尊重することに。
先にシャワーを浴びてから彼女の脱衣姿を眺めていると、やはり子供を1人産んだからか、それなりの体が現れた。
「ちょっと、見過ぎじゃない 」
「あ、ゴメンゴメン、あんまりセクシーだったからついね」
振り向きざまに見た乳首の黒さも気になったが、そこまで神経質になるほどでもなかろう。
シャワーを浴び終をたミナにキスをしながらベッドに引っ張り込む。すでに大きな黒目の乳首はビンビン。股間もヌレヌレ状態だ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます