セックスのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:セックス

援交デビュー娘はどこまでヤルか

0176_20190403173450cf0.jpg 0177_20190403173451b3e.jpg 0178_20190403173453a7a.jpg 0179_201904031734543c0.jpg
桜の花びらが、散って散って散りまくっております。まさに春ですねぇ。股間のつくしんぼもゆっくりと勃ち上がりますなぁ、なんつって。これだけ暖かいと、つくしだけでなく、カエルやイモ虫、花粉症に援交娘まで街に飛び出してきますね。
そんな春のあたたかさを実感していると、今月も編集長から電話です。
「あったかいなぁー」
「ですねぇ。花見に行きたいですよ」
「そうやなぁ、絶好のフーゾク日和やなぁ」
「ですかねぇ」
「やっぱ春になると、高校を卒業して新生活を迎える…つまり風俗嬢デビューする子もおるんやろうなぁ。やっぱり春はそういった若い息吹の芽を摘んでみるのが、習わし、みたいなとこあるよなぁ」
「ですかねぇ。でも『高校を卒業したばかりの風俗嬢とプレイする』みたいな企画はすでにやりましたよ」
「そうかー。…なら援交デビューした子ってのはどうや?
まだデビューしたての子は、どういうんが普通かわからんから、キツいプレイも思わずやってしまうかもわからんし」
なるほど、それはたしかにそうかもしれません。「援交は即尺が普通!」「みんなスクール水着に着替えてプレイするんだよ」「顔にかけるのが、今の援交シーンのブームだから!」みたいな言葉にホイホイ乗ってきたりして。
「ええやないか。『プラス1万円!』とか言えば、けっこう何でもOKなんじゃないか?じゃあ今回の検証は、『援交デビューの女は、プラス1万円でドコまでヤルか?』やな」 
…ということで、春というスタートの季節に相応しい(?)テーマとなりました。それでは、援交デビューの娘ッ子のホッペタを、1万円巻き付けたティンコで引っぱたいて来まーす!と、いうわけで、援交デビュー娘を探すために、以前も使った出会い系サイト『W』を使用してみる。
『アダルト掲示板』の『すぐ会いたい』コーナーを見てみると…「今すぐ会いたい!」「今から会いたいです」
「えっちしたいよぉ〜★」と、春のマン祭り開催中です。いや〜、春だなぁ。しかし、今の女子は乱れています。
「いまから、サポで助けてくださ〜い!ゴムなら2、生外だし、3、生中なら4で!」とか、「サービスしちゃう♪カワイイって言われるよぉ!」と、完全なる売春婦がズラリ。この国の未来はどうなるのかしら?日本の未来を憂いながらサイトを見続けること約1時間。初心者っぽい書き込みが見当たらないので、こちら側からメールを送るのではなくて、募集掲示板に書き込んでみることに。
『今から割り切りで会いたいんだけど、「この春から援交デビューするよ!」って子いる?もしいたら新宿あたりで2で会いたいな。優しくするよほんとだよ!』(原文ママ) 
さて、こうやって〝待ち〞の体制ができました。引き続き書き込みを探す〝攻め〞も続け、両
体制で援交デビュー娘を探します。春なのに、ひとりお部屋の中で何をやってるんでしょうボクは。
――そんなこんなで探し続けること30分。なんと、2通のメールが届いていました!ひとりはAちゃん、18〜19歳。
「書き込み見ました〜♥よかったら会いたいです。援助はじめてなんでキンチョーしてます!  ホントに優しくしてくれる?あぶのーまるなのはやだよぉ(>_<)」 
そしてもうひとりは20代前半のBちゃん。「会いたいです。新宿行けます」の一言だけ。 
う〜〜〜〜ん、どうなんでしょう。Aちゃんは10代ということで、先月まで女子高だったと見て間違いありません。絵文字も満載なとこがイマドキの若者っぽくて良い感じです。 
対してBちゃんはぶっきらぼうな一言。しかし、それも初めての援交っぽさが出てると言えば出ています。リアルっちゃリアル。年齢が20代前半ってことは、大学生でしょうか?
新入生じゃないところが残念ですが、まぁ、問題は本人のビジュアルですからね。ウン。 
…まぁ、実際に会ったら、すんごいブスだったり、あの書き込みを無視したような、超援交慣れしたアバズレって可能性もあります。ここは両方とアポを取っておくのが得策でしょう。ふたりに「じゃあ、新宿で会おうか?」とメールを送り、ケータイの充電器を持つ。 
家から出ると神田川沿いの桜が満開。一瞬、強い風が吹き、桜の花びらが大きく舞う。ボクの体にまとわりつくように花びらが回る。あたたかな風の中、颯爽と新宿へと向かった。 
う〜〜〜〜ん…。西武新宿駅南口のマック前。待ち合わせ場所にやってきたAちゃん。木下優樹菜似の金髪ギャルです。黄色とピンクの蛍光っぽいインナーにミニスカ。ぷりっぷりの太ももがそそります。道路を挟んで、じっくりと確認します。うーーーん、ギャル好きなボクからすると、まぁ悪くないんだけど…一見、援交しまくってそうですよ。騎乗位で万札握りながら「マジ気持ちいいんだけど!」とか言ってる姿がリアルに眼に浮かぶんですけど。
…いやいやいや、でも、実際はヤリマンに見えて、援交したことのないピュアな子かもしんない…実は親孝行で、「マジ、西野カナの歌詞とか共感なんだけどー。マジ真実の愛なんだけどー」とか言いながら泣いてるのかもしれない。…とりあえず話してみますか。道路を渡り、マック前でケータイをいじってるAちゃんの前に立つ。目が合い、
「ん?」って顔で微笑むAちゃん。
「Aちゃん?」
「あ、町田さんスかー?」
おっと後輩口調。ギャルのこれ、好きなんですよねー。とりあえず歩きながらしゃべろう。あそこで立ち止まってしゃべると、
「なんとかお金を稼ぎたい!」って思ってウソをつく可能性もあるからね。ホテルに向って歩き出すことによって、いったん「あ、OKなんだ」って思わせた方が、本音をしゃべるからね。
「サイトで会ったりするの?」
「まぁ、たまにっスけど」
「そうなんだー。今まで何人くらいに会ったの?」
「10人はいってないッスよ。6人くらい?」
……これは完全な売春婦ですよ。すいません、ちなみにいつくらいから援交やってるんですか?
「中学のときやってたんスけどやめてて、また1カ月くらい前から始めたんスよねー」
そう言ってニコニコと笑うAちゃん。はい終了!すっごいユルくてイイ感じだし、気持ちのイイセックスできそうですけど、すっごい名残惜しいけど援交デビューじゃないから終了!(奥歯を噛み砕きながら)奥歯から血を出しながらAちゃんと別れ、ちょっと時間をズラしてアポっておいたBちゃんに会うことに。今度は、西武新宿駅の北口の改札で待ち合わせです。
サイトを確認すると、『改札に着きました』とのメール。北口に到着し、祈る気持ちで改札近くを見る…。 いました!セミロングの茶髪に、黒いジャケットにデニム地のフレアっぽいミニスカート、黒いニーハイ姿のBちゃんらしき子が立っています。ちょっと太ももが太いけど、顔は…カワイイ!瀬戸朝香を幼くしたような感じの整った顔です。
「えーっと、Bちゃん?」
「あ、…はい」 
凛々しい眉がビクッと動く。プラス上目づかいの目。お?気が強そう。Aちゃんと同じく、ちょっと歩きながらしゃべってみよう。
「Bちゃんはアレ?けっこう会ったりする?」
「いえ、あんまり会わないです。それになかなか会えないですよ。ドタキャンも多いし…」
「俺で会うのは何人目?」
「2人目です」 
マジ?ほぼ援交デビューってこと??
…いや、待て待て。ウブな感じを装ってるだけかもしれません。
「ふーん。一番最初に援交したのはいつ?」
「一カ月前なんですけど…、そのときはもうやめようと思ったんですけど、やっぱりお金無くて…」
「仕事は?」
「学生です。今年2年で…、薬剤系なんですけど、覚えなくちゃいけないことがたくさんあって、しかも教授の手伝いをしなくちゃいけないから、バイトをやる定期的な時間がとれなくて…」
2年ってことは20歳か。でも、メールもぶっきらぼうだし、気が強そうな感じがしたけど、緊張してるのか自分の情報をペラペラしゃべります。もしかして、本当に援交デビューしたばっかりなのかも?話を聞くと、出会い系サイト『W』は、歌舞伎町のコマ劇場前に大きな看板があったのを見て登録したそう。1回目に会ったのは、40代後半のオッサンで、ノーマルですぐに終わった。1回だけのつもりが、あまりに簡単だったので、もう1回だけ…と思って会おうとしたが、もう3回もドタキャンをくらっているそう。
う〜〜ん、なんか言うことがかなりリアルだし、ウソをついてるようにも見えません。これは本物の〝春の新援交デビュー娘〞と考えて間違いありません!ホテルに入り、部屋を選ぶ。さっきまでしゃべり続けてたBちゃんが急に黙ります。 
そのままエレベータに乗り込み、3階のボタンを押す。ウィーンと動き出した瞬間に、ぐっと体を抱き寄せ、キスをする。 一瞬、顔を引いてガードしようとするBちゃん。しかし強引に舌を入れ込むと、観念したのかアゴを上げて小さく口をあけた。いいじゃない〜 素直じゃない!! 
エレベータが3階に着くと、そのまま早足で部屋に飛び込みます。部屋に入った瞬間、ギュっと抱きしめ、もう一回キス。「う…ん…」と、声をくぐもらせながら、ちょっと腰を引く。その腰をギュっと引き寄せて、すでに硬くなっているティンコを股に押し付ける。 
ベロンベロンと舌で口内をナメ回すと、ゆっくりですが、舌が絡まってきます。いいじゃない! なんかいちいちウブじゃない!
そのままベッドではなく、床に押し倒す。股を開いてスカートの中を見ると、ツルツル質感の黄色地に黒の水玉パンツです。パンツをズラし、指をムァンコの中に突っ込むと、「んー!」と押し殺すような声。イイ声!  ムァンコはすでにグッチョグチョです!すっごい濡れてるよ?どうしたの?」
「…知らないです…」
「じゃあ、俺のもビチョビチョにしてよ。しゃぶって?」
そう言って、ベッドに腰掛ける。起き上がり、床にペタンと座るBちゃん。一瞬、ボクの顔を困ったような顔で見る。「オフロに入らないのかな」とか思ってる表情です。うん、入らないよ。春の援交シーンは即尺がジョーシキだからね。 
何も言わずにプレッシャーを与えていると、観念したのかボクの足の間まで進んできて、ベルトをカチャカチャと外してきます。ウヒョーー!  いいじゃない!  今の葛藤時間と葛藤表情! いいじゃない!  ビンビンに勃ち、ガマン汁でヌラヌラに光ったティンコを躊躇しながらもテロテロとナメる。いいね! 即尺いいね!「もっと奥までくわえて、口の中でベロをうごかしてごらん?
…そう!舌が動いてるのわかるよー」とかなんとか言いながら即尺を味わってると、もうティンコ入れたくなってきました。じゃあ入れるよー。生でー。
「…あの…ゴムはしますよね?」
ベッドに寝かせて、パンツを横にズラし、ティンコを押しあてた瞬間、それまでしゃべることを躊躇していたBちゃんがやっと口を開きました。さすがに生はダメかー。
「んーー。生がいいなぁ」「生は…無理です。ごめんなさい」 
だよねぇ。…しかし、ここからが今回のもうひとつのミッション!プラス1万円で援交娘はどこまでヤルか!さっそく交渉スタートです。
「じゃあ、プラスでおこずかいあげるから、どう?中には出さないよ」
そう言うと、ボクの目を見て、沈黙。数秒後、口を開いた。
「…いくら、ですか?」
「いくらですか」来ました!  交渉に乗ってまいりました!!しかしここでいきなり1万円というのもアレなので、5千円くらいからスタートしてみましょう。
「5千円か…。…じゃあ、中に出さないなら…はい」
あっさり決まったーー!!春の援交デビュー娘は、かなりあっさりです!それじゃあ…とばかりに、再びパンツを横にズラし、間からティンコをムァンコに突っ込みます。ずぷぷぷぷ…
「ん!んん!」
頭の下にある枕の端をギュウっとつかむBちゃん。ほっぺたが赤くなり、凛々しい眉毛が歪む。眉間にシワを寄せて、歯を食いしばっています。表情イイ! ウブ!奥までガッツリとティンコが入る。呼吸するように、キュウキュウと締め付けてくるムァンコが気持ちよすぎます。そのままティンコをローリングさせるようにかきまぜると、体を硬直させながらも、ビクビクと小刻みに震えるBちゃんのカラダ。シャツをまくり上げると、Cカップほどのオッパイ。乳首をチューチュー吸いながらティンコのピストンは止めません。
「…あぁ…はぁ…ん…」 
先ほどまで歯を食いしばっていたのに、いつしか口を開けて、抜けるようなアエギ声に変化しております!抵抗していた何かが外れた感じです。心、折れました!!
「Bちゃんの中、超気持ちいいよ。痛くない?」「い…いたくぅなぁい…です…」
「気持ちいい?」
「気持ち、気持ちいい…です」素晴らしい!ボクも気持ちいいです!もうイキそう!じゃあ続いての交渉スタート!
「Bちゃんは、いつもイクときどこに出されるの?」
「…生のときは…オナカ…」
「中出しされたことないの?」
「…ない…っん…あはぁ…ん…」
「じゃあ、中に出させてよ。5千円」
「……中に出さない…って」
潤んだ瞳で懇願するように言う。
「うん。でも出したくなっちゃったの。さっきの5千円プラス5千円で合わせて3万円。悪くないでしょ」
「………でも…」
悩んでます!  これ、もう一押しすればイケんじゃないの??
「じゃあ、8千円!3万3千円だよ。だって危険日じゃないでしょ?」
「……危険日、じゃないですけど」
「大丈夫。一瞬だから!」
「………じゃあ、はい」 
キターーー! !  生ハメ中出し! しめて3万3千円!!! 
ガッチリとオッパイを揉みしだきながら、奥の奥までムァンコをぶっこわす勢いでピストンしまくります。すぐに絶頂はやってきました。
「イクよ?中に出すぞ?妊娠したら産んでね〜〜」
ギューっと抱きしめながらそう言うと、ボクの腕の中でコクコクと頷くBちゃん!  すげえ!  妊娠を許可した!!イグぅ!!!Bちゃんのムァンコの奥。子宮口にドッパーーンと精液がぶっかかる。ティンコが二度、三度波打つたびに、体をビクつかせるBちゃん。ガクガクガクーンと、腰を持っていかれるような快感。ティンコを抜いた瞬間、ムァンコから大量の精液がドロリと流れ出し、Bちゃんのデニムのミニスカの裏地に染み込んでいきましたとさ。

婚活アプリペアーズは彼氏にならないとセックスまで至れないケースは多い

0118_20190321194531412.jpg 0119_2019032119453250d.jpg「婚活アプリ」と言われているだけあり、ペアーズに登録してる女性は結婚相手を探しているタイプがほとんどです。そのため、「彼氏」にならないとセックスまで至れないケースは多いです。 
そこで今回はペアーズで会った女を彼女ではなく、しっかりセフレの関係にする方法を紹介したいと思います。1カ月前にセックスして以来、週1回のペースでセックスをしているハルカ。彼女はしっ
かりセフレになってくれた飲食店勤務の35歳です。 
セフレに持っていくためには大きく3つのポイントがあります。まず、年齢。原則として35歳以上を狙いましょう。30歳前後の女だと、結婚願望が強いため、男と会っているときに結婚(恋人関係)と
セックスをバーターで迫ってきます。しかし、35歳以上になると、セックスと結婚を別で捉えさせることが容易になります。 
35歳以上となればかなり人気が落ちるので、マメな返信とグルメアピールをしていれば、間違いなくアポれます。ただし、アポは昼の14時。「仕事が前後に入っているから軽くお茶しよう」と言って、飲みの提案はしません(理由は後述)。アポったら、徹底的に恋愛カウンセリングをしましょう。軽い世間話からこれまでの恋愛の失敗歴を聞き、「一緒になんで結婚できなかったか考えてみようよ」と提案しつつ、結婚したいこと
恋愛したいこと 
男の人が隣にいて安心感が得られること
この3つをいきなり全部手に入れるのって傲慢だよねという流れに持っていきます。これが2つめのポイントです。 そして、「ハルカがしたいその中で、男の人と一緒にいたいっていう願望は結婚することよりも先に実現できるよね?」という誘導尋問へ。そこで「たしかにそうだけど、でも付き合ってないと…」とやや躊躇するハルカには「はっきり言うけど、男の人からハルカは逃げてるよ?
だからこれまでも男のコが離れていったんじゃないかな?」とやや厳しめの態度を貫き「昨日から寝てないからちょっと横になれるところに行こうよ」と提案します。
「え?ホテル?行くの?」と手をつなぎながら焦る彼女。決めのセリフは「別にハルカは行かなくてもいいよ?俺は普通に横になりたいだけだから」。こういう強気な態度を取るのが3つ目のポイント。これは29歳のOLには効きませんが、35歳の負け組女には効果を発揮するのです。 セフレをセフレのままにしておくためには、徹底的にこちらが「会ってやってもいいけど」「チンコ入れてやってもいいけど」というスタンスを維持するのがポイントです。なので、セフレになった後も、アポ時間は毎回2時間程度にしておきましょうね。さてこの度、本連載で紹介してるテクニックを含む、ペアーズの攻略法をまとめた内容がiPhoneアプリ(「ペアーズMagic」1月下旬リリース予定) になりました。ペアーズで会った女を簡単に落とせるプロフィール文や会話テクニック、アポ時に使える都内の居酒屋やバーを100店舗以上紹介しており、これでヤレなかったらモグリ! と言える自信のある内容に仕上がっています。こちらも楽しんでいただければ幸いです。

セフレ化するにはとにかく一回目のセックスは奉仕し続けよ

0102_2019031213133161e.jpg 0103_20190312131333c4d.jpgエキサイト(フレンズ・恋愛結婚)・誰もが知っている出会い系サイトの老舗だ。
多くの出会い系マニア同様、荻野氏もこのサイトで過去何人もの女と関係を結んできた。
現在のセフレ、京子とのいきさつを元に、彼のテクニックを語ってもらおう。
『京子22才。まわりからはMだって言われます。天然だったりもします。メル友になってくれる人、募集中です』
オープン掲示板に載っていた京子の自己紹介文だ。性的表現を使う女はサクラや業者の可能性が高いとされるが、サラッと触れている程度なので荻野氏はターゲットから除外せず、メールを送った。
『ちょっと質問していい?メル友募集じゃなくてご主人様募集じゃねえの(笑)かまってほしいなら、ご主人様にメールよこしなさい(笑)』
彼は常に他の男との差別化を考えて文案を練る。参考までに他の女に送った例文を見てみよう。
『元24マニアのタカシです。先週、シーズン5のレンタルが始まったんで喜び勇んで視聴したんですけど、最初の5分で大好きだったミシェルに死なれて、気を落としています』
『僕は、しょっちゅう石橋を叩きすぎて壊してしまい、そのあと、その石橋の残骸を死にものぐるいで渡り切るような人間です』
この程度のことだが、この程度のことで目立つのなら労を惜しむ理由はない。『ご主人様、メールいたしました(笑)』針にかかった。すぐさま『俺、調教得意だから』と返信した荻野は、その足でブ
ックオフに走る。
「フランス書院のSM系の文庫本を買ってきて、いいフレーズをそのままメールに使ったんです」
あっぱれな行動力である。
京子は嘘偽りないMだった。フランス書院の洗練された調教文句に、面白いように食いついてくる。知り合って一週間後、夜中のテレフォンセックスを経て、いざ対面となった。少なくとも一発目だけは完全奉仕の姿勢で臨むのが荻野氏のポリシーだ。とにかくイカせることだけを考え、仮に射精してしまっても指は使い続ける。やはりセックスは第一印象が大事だとの考えである。
京子の場合も同じ。M女ならば奉仕の必要はなさそうなものだが、必死でクンニに励みつつ口調だけは荒げた。
「こんなスケベ女の相手をするの大変だな、とか、おいコラなめてやってんだから何か言えよ!」とか1回ヤレた女を、以後セフレにするには?彼の場合、まず大前提として「自分はその他大勢の男の中の1人でいい」という姿勢を打ち出しておく。どうせきっかけは出会い系、本気の愛情を前面に打ち出すど大半の女は引く。
「いつでも便利に利用してくれればいいよって、下手に出るんです。そのほうが女も気楽でしよ」
他にも彼氏や旦那のいる相手には、「俺のメアドは女の名前で登録しときな当男女どちらとも取れるようなメールしか送らないから」と、気遣うフリをしつつ、あくまで遊びだと意識させる。
さらに最初にセックスして別れた後、自分からはメールを送らない・セフレ化する女は必ず自分からメールしてくるもの。「また会おうよ」と追いかける立場になって再びセックスできた例は、彼にはない。出会い系はセックスが前提なので、会ってヤルところまではそう難しくはない。
むしろ大変なのは、以降どう引っ張り続けるかだ。男を選び放題の女にすれば、何の利点もなく1人の男に固執するわけがない。最初だけは自分を殺してでもクンニに励むべし。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます