セックスレスのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:セックスレス

旦那はゲイ?ホモ?ロリコン?ハネムーンで一度もエッチ無し・セックスレス人妻の欲求不満

0234_20190124144726b91_2019110516314605f.jpg0235_20190124144728446_20191105163150bf7.jpg0236_20190124144729f8f_20191105163237d20.jpg0237_2019012414473123e_20191105163241247.jpg0238_20190124144732ba9_20191105163241974.jpg0239_2019012414473460d_20191105163242d64.jpg0164_20190408112814e1b_201911051631414c4.jpg0165_201904081128153d2_20191105163142012.jpg0166_20190408112817b9c_201911051631454b9.jpg0167_20190408112818e21_20191105163145517.jpg


厚生労働省は病気など特別な事情がないのに1か月以上性交渉がない力ップルと定義、結婚してる10代40代の3割がこれに当たるとの統計を発表した。今や、不倫どころかW不倫なる言葉も当たり前。「家族だからHしたら近親相姦になっちゃう」と、夫婦がそれぞれ出会い系に勤しむケースも珍しくない。
「お互いが割り切れてればそれでもいいんでしょうが、片方がエッチしたい場合は悲惨ですよ」野々宮祐子(仮名)は、北関東に住む25才の主婦だ。5才年上の旦那さんと結婚して3年になる。恋人時代は、会えば必ずエッチをし、アブノーマルとも思えることまで要求した旦那が、結婚した途端、淡泊になり、セックスしたのはたった3回(正確には2回半)だという。悩み、焦り、考えられることはすべてやったと断言する彼女の悲惨な3年間を告白してもらった
性格の良さと刺激的なエッチに惹かれ
地元の大学で講師をする秋彦と知り合ったのは、友人宅のホームパーティです。特別ハンサムなわけでもありませんが、5才年上の彼は明るく物知りで、同世代のボーイフレンドしか知らない私には新鮮でした。お酒が入るに連れ会話が弾み、気付くと彼の車の中で。それから付き合いが始まりました。互いに実家暮らしのうえ、私も地元の大手家電メーカーに勤めていますから会うのは週末。アウトドア派の秋彦に連れられ、あちこちにドライブに行き、キャンプをしたり釣りをしたり。彼と付き合うようになって初めての経験がたくさんありました。セックスもそうです。これまでの彼氏たちは挿れて出すだけでしたが、言葉で責めたり焦らしたり。バイブやローターも初めてなら、ドライブ先の高原や、湖のほとりで野外エッチのスリルを味わせてくれたのも彼が最初です。知り合って半年、初めてフィアンセとして秋彦の家を訪れた夜のことです。
「ここでシッコしなよ。俺がなめてキレイにしてやるから」
「えー、ここでっ」「いいから、見せて」
両親が待ってるのに、彼はトイレに行こうとする私をお風呂場に連れ込みました。
「出てきた。わー、興奮するな」「あん、バ力。お家の人が変に思うよ」
「んー、ほら、もう濡れてきた。こういっのもいいだろっ」「ああ、あああ」
結婚をOKしたのは性格の良さはもちろん、こんな刺激的なエッチに引かれたのも正直なところでした。
一週間のハネムーンでエッチは1回も無し
結納だ披露宴だとあわただしく過ぎ、ホっと一息つけたのは飛行機の中でした。共稼ぎのため、こんな機会でもないと一緒に長期休暇は取れなくなると、アメリ力西海岸にー週間のハネムーンに出かけたのです。ラスベガスやハリウッドなど見所もたくさんありますが、私の楽しみは新婚初夜。ここー力月は忙しくて、愛し合うヒマもありませんでした。
力リフォルニアの空の下で抱き合ったらどんなに気持ちいいだろう。私は、総レースの下着やE力ップの胸元が開いた服をバッグにたくさん詰め込んでいました。初日は、ラスベガス空港からホテルに直行。タ食を食べるとそのまま部屋へ戻りました。旅行会社の手違いでツインベッドでしたが、ガラス張りのバスルームは新婚力ップルにもってこいです。さっそくバスタブにお湯を張り、日本から持参した入浴剤を投入。でも、アメリ力の湯ブネは小さく交替で入るしかありません。秋彦と入れ替わり、体を磨くと、この日のために買ったレースの下着を身につけました。さあ、いよいよ夫婦になって初めてのエッチです。バスタオルを巻き付け、ソファでビールを飲む彼の隣へ。すると、「俺はいいからユウちゃんは夜景の見える窓側のベッドで寝なよ」「えっうん」
「さすがに疲れたね。明日も早いし、じゃ、おやすみ。チュ」
私の唇に軽くキスし、ベッドに潜り込む秋彦。確かに結婚式の後すぐに10時間以上もエコノミーに乗り、体はクタクタです。私以上に彼は疲れているのかもしれません。でも。翌日は、朝7時から手をつないで観光スポットを回り、夜は力ジノで大散財。その夜もベッドは別でした。それどころか、続いて向かったロサンゼルスでも疲れたねとと背を向けて寝てしまいます。私は従うしかありませんでした。結局、7日間ともエッチなし。でも、慣れない海外旅行だし仕方ないか。私は、まだまだ余裕がありました。
ダブルベッドで寝てもおやすみのキスだけ
新婚生活は、秋彦の職場にほど近いマンションで始まりました。仕事と家事の両立は大変でしたが、私の作ったこ飯を美味しそうに食べる彼の顔を見るたび、妻としての喜びをかみしめる毎日です。
食事の間も互いにー日の出来事を話し合い、休日は2人で買い物に出かけ、夜になるとソファで寄り添いビデオ鑑賞。お風呂は一緒だし、Wベッドで腕枕をしてもらいながらの、おやすみのキス。想像していた理想の生活でした。が、セックスだけないのです。お風呂でも途切れることなくおしゃべりはするのに、手を出してこない夫。チュッとお行儀の良いキスをしたらソッコーで夢の中へ。式を終えた途端、妻は女でなくなってしまうのでしょうかっ3カ月が過ぎても、一向に彼は私を抱いてくれる気配はありませんでした。その気になってもらおうと、焼き肉や鮫子、さらにウナギ、牡鱈、山芋など精力が付きそうなものを食卓へ乗せました。気分が高まるよう寝室は赤や暖色でコーディネイトし、セクシーな気分になるといつアロマオイルも焚きました。ピンクのパジャマを脱ぎ、Tバックのお尻を向けて誘ったこともあります。
「この下着、新しく買ったんだ」「いいじゃん。凄く似合ってる」
興味を示す彼の胸に飛び込めば「かわいいよ」と、おやすみのキスをして目を閉じてしまいます。我慢できず、私は言いました。「寂しいの。ちょっとは、かまってよ」「そっか、ユウちゃん寂しいんだ。じゃ、こうしてあげるから安心しておやすみ」夫は手をつないでくれました。これが夫婦ってもんでしょうか
ハゲた上司に欲情してしまう
悶々とする毎日が続いたある日、体に異変が生じました。
「これ、コピーしてくれるっ」
課長が近づいたとき、いきなり心臓がバクバクし始めたのです。まるで、好きな人にトキめいた、あの感じです。課長はハゲの40過ぎ。男性として意識したことなどなかったのに、ふわりと漂った男の臭いに体が勝手に反応してしまったようです。「もしかして、欲求不満っ」
そう思うと余計、ドキドキして仕事に身が入りません。このままじゃどうにかなっちゃいそ1つー意を決した私はその夜、ベッドに入ろうとする夫に土下座をしました。
「会社のおじさんが近づくだけでムラムラしちゃうの。お願いだからエッチしてください」
「そっか、ムラムラしちゃうんじゃ、しょうがないね。おいで」
彼の手でパジャマを脱がされただけで濡れてしまった私に、前戯もそこそこ、正常位でペニスを突き入れてくれました。3カ月ぶりのセックス。その夜、私はひさびさ充実した気持ちで眠りにつきました。しかし、その後はまたセックスレスの日々が戻ってきました。甘えるようにキスをしたり、アソコに手をはわせたり。必死で迫っても「くすぐったいよお」と明るく返す夫。なんだか、セックスのことばかり考えてる私が悪いみたいに思えてきます。仕方なく、ムラムラした日は彼の横でー人慰めました。最初こそバレたらどうしようとドキドキしましたが、そのスリルが心地よく、わざと声を出したり、時にはコタツで一緒にテレビを見ている最中にヤったり。会社でも、社内のトイレにこもり指を動かしたこともあります。イク寸前でドアがノックされたときは、さすがにドキッとしました。
もしかしてホモかもしれない
なぜ、夫はエッチをしないのでしょう。結婚したら回数は減ると言いますが、極端すぎです。ED(勃起不全)じゃないのは証明済みだし、浮気っ確かに社交的な人なので、女性の友人も多く、付き合っている頃はヤキモチを焼くこともありました。けど、結婚してからの彼の生活態度は本当にまじめで、お酒もギャンブルも付き合い程度。仕事が午後5時に終わると、寄り道もせず帰ってきます。休みの日は、ドライブだ映画だ買い物だといつも2人一緒だし、友人たちも家に呼び、彼がー人で外出すること自体、ありません。
お金だって給料は明細こと手渡し、小遣いは月3万円。昼は私のお弁当を持って行き、浮いた分で趣味のバイク部品を買い集め、付けたり外したりして楽しんでいます。風俗遊びはもちろん、ホテル代だって出せっこありません。悪いことと知りつつ、チェツクした携帯にも、それっぼい名前はないし、メールも男友達とのたわいないものばかりです。もしかしてホモっ考えてみれば、家に呼ぶ客のほとんどが男性で、中に必ず会社の後輩D君がいます。彼とは私が寝た後も、夜中までおしゃべりし、家で飲んでるとき、酔った2人がふざけてキスしてることもありました。みんなに曜され笑っていましたが、会社の先輩後輩がキスっ普通はしません。私との結婚は世問への偽装だったのでしょうか。真実を確かめるため、D君が遊びにきたある日、あえて早めに寝室に引き上げ2人の様子をうかがいました。きっと何かあるはず。何もありませんでした。上司や同僚たちの話題で盛り上がり、
さらに夫はD君に彼女との結婚を勧めています。
「結婚はいいぞ。ユウちゃんは可愛いだけじゃなく、料理もうまいんだ」いったいどういつこと?私はますます頭を抱え込みました。
セックスしなけりゃ子供もできるワケない
ジューンフライドで結婚し、初めて2人で過こすお正月です。大晦日から日付をまたいで願掛けをすると目標が叶うと聞きました。例えば、受験生ならー年間勉強に身が入るように大晦日の夜から12時を回るまで机に向かうわけです。私の願いはひとつ、夫とのセックスしかありません。来年こそ充実した性生活が送れるよう、時計が午後11時30分を回ったころ、彼にお願いをしました。
「ねえ、今年もあと少しだし、しめくくりにエッチして」
「んー、そうだね。今年も終わりだしね。んーしよっか。じゃ、先にちょっとトイレ行っていいっ」そのまま20分経っても夫は戻ってきませんでした。早くー祈る私をあざ笑うようにテレビで力ウントダウンが始まります。「お待たせ」
彼が姿を現したのは、明けましておめでとうの声が響く頃でした。願掛けは叶わず、今年もセックスレス。「こんな大切なときに、どうしてトイレがそんなに長いのー年越しエッチがしたかったのに」思わす泣き出す私に、夫は苦笑しながらも抱きしめてくれました。
「そんなにしたかったのワこめんね。じゃ、ココでしよっか」
いきなりスカートをめくられ、テレビに手を突き立ちバックで入れられました。これが結婚して2回目のセックスです。その後は、また例のことく、レスの暮らしに戻りました。が、結婚してー年も経てば、自然、子供の話も出てきます。義母は、私が風邪で会社を休むとすぐに飛んできて「出来たのっ」堪りません。最初は軽く受け流していても、度重なれば重荷といっもの。そして、ついにはしつこい義母に対し「出来たときにはきちんと報告します。放っておいてください」と怒鳴ってしまいました。本当は「あなたの息子がエッチしてくれないんだから子供なんてできっこないじゃない」と言えたらどんなにラクか。それにしても、どうやったら彼の性欲を刺激できるのでしょう。SMなど、特殊な性癖を隠していたのかもしれません。そんなある日、掃除中にクローゼットの中からラベルのついていないビデオテープが出てきました。
やっぱりー直感し、夫が外でバイクをいじっているのを確認した上で、こっそり中身を見てみることにしました。と、表れたのはスクール水着を着た女の子がシャワーで遊んでたり、体操服やセーラー服を着てエッチする《ブルセラ》ものでした。(ロリコンっ)私が今まで挑発的な下着を付けても、彼がその気にならなかったのも納得です。よし、それなら。翌日、実家の母にセーラー服を送ってもらい、身につけてみました。サイズは変わってません。よしコレならー自信満々、鏡の前でポーズをとりました。
どうみても、安っぼい裏ビデオ女優のようです。髪を三つ編みにすれば、かえって気味が悪いだけ。制服は断念するしかありません。せめてもと、リボン付きのエプロンの下に白フリルの下着を付けてみました。が、夫はさしたる関心も示さず、いつもと変わらない1日は終わりました。
いろいろやったけど、飽きちゃったんだよ
もはや、以前のエッチを思い出しながらのオナニーが日課になっていました。夫とセックスする夢を見て、朝起きるとアソコが濡れてる、なんてことも珍しくありません。こんなの嫌だーもう我慢できないー意を決し、私は夫に問いただしました。
「どうして、エッチしてくれないのっ私が嫌いになったのっ」「なんでっそんなわけないよ」
「だったらどうしてっ」
「別に心がつながってればエッチなんかいいじゃん。サルじゃないんだからさ」「でも、したくならないのっ」「んー、忙しいしなあ」
「だって、前はいっぱいしてくれたじゃないっ」「歳のせいかなあ」
「まだ30にもなってないでしょ」「俺、本当は淡白なんだ。前は好奇心でいろいろやってみたけど、もう飽きちゃったんだよね」
「私はどうなるのっ」「そんなにしたいの」
「そんなにって、結婚してからまだ、たったの2回しかしてないよ」
「どこもそうだよ。そんなこと言ってないで、明日も仕事なんだから、早く寝ようね」
本当にどこでもそうなんだろうか。翌日、友人のK美にさりげなく電話してみました。
「新婚生活はどうっ」「まあまあ。皆さんお元気っ」
「2番目の息子が手がかかって大変よ。可愛いんだけどね」
たわいもない会話をしながら、いよいよ本題へ。
「ところでさ、K美のところって、旦那とエッチしてるのっ」「えー、もう全然よ」
「どのくらいつ」「そうねえ、月に2回くらいかな。子供が出来ると忙しくてさ」
月に2回もしてるじゃんーその後、男女含め何人かの友人に聞いても、最低でも月ーでエッチはしているようです。中には、「しないとまずいでしょ。夫の義務だよ」と言う男友達もいました。やっぱり夫婦にとって性生活は、秋彦が思うより大切なのです。私がなんとかしないと。
必死のアナルセックスで紅門を手術するハメに
エッチなビデオを借りて一緒に観たり、力ップルばかりの場所に出かけたり、できる限りの努力をする私に、神が手助けをしてくれました。今度は玄関の下駄箱からエ口本が出てきたのです。めくると、お尻に紫のビンポン球がいっばい連なったオモチャを入れ悶える人妻の姿が。しかも、そのページは不自然にパリパリしています。これってもしかして、彼の精子じゃ。そういえば、付き合っている頃、お尻に入れたがっていたのを思い出しました。そのときは拒んだのですが、それでヤル気になるなら。その夜、夫がベッドに入るのを待って、パジャマを下ろし、彼のモノをくわえました。「なにしてるのっ」私はかまわずに紙め続け、自分も裸になると彼の手を自分のアソコに導きました。「お尻も触っていいよ」「え」「今日、下駄箱にあった本見ちゃったの。試してみよ」
久々に欲情した彼の顔はやっばり素敵でした。私の下半身を自分の口にもっていき、的の形でねっとりアソコからお尻の穴にかけ証める秋彦。ようやく独身時代の彼に戻ってくれたようです。私は胸がいっぱいになり、声を上げながら彼のものをしゃぶり続けました。まず騎乗位で合体し、バックの形になったところで、夫は一言います。「いいっお尻に入れるよ」うわずった声で確認をする彼に私は黙ってうなずきました。お尻の熱いペニスがあてがわれ、しばらく周辺をさぞったと思ったら、穴に力が入りました。いよいよ。そう思った瞬間、激痛が。わけのわからない叫び声を上けた翌日、病院の旺門科で診察を受けました。結果は全治2週間。私はそのまま切れたお尻を縫う手術をするハメとなりました。
★あれからー年、私の体を気遣う夫は、セックスどころか、キスさえしてくれません。堪えきれず、事情を話した実家の母は離婚しろとすすめますが、エッチを除けば、彼は本当に理想のパートナーです。
「なら、浮気しなさい。バレて秋彦さんが怒ったら、お母さんが黙ってないからー」
夫が彼なりに愛してくれるのはわかりますが、私はエッチしたいのです。実は先日、思い切って出会い系サイトにアクセスしてみました。《じゃ、僕がいっぱい感じさせてあげるよ》奥さんからエッチを拒まれてる男性と意気投合。週末は秋彦と過こすので、来週水曜日に、会社を休んでその人と会うつもりです。思いっきりセックスしたら、タ飯には夫の好物でも作りましょう。

セックスレス熟女・美人OLをクンニご奉仕で欲求不満解消|エロ画像

0126_20180725222954ceb_20190819235220eed.jpg0127_201807252229567ba_20190819235222984.jpg0128_201807121114047d5_201908192352231e4.jpg0129_20180712111405ddb_20190819235226e74.jpg0128_20180714181611613_201908192352250f4.jpg0129_20180714181612876_2019081923522827b.jpg
「できれば今月中になめてほしいんですけど」と電話をくれたみいこさん。
彼氏が出張で来月帰ってくるので、その前にねぶられたいそうです。
束縛がすごいわリに、クンニはおろか、 セックスだってほとんどしてくれない彼氏へのあてつけなん ですって。彼氏さん、見てますかー? 
お上品な毛の処理に育ちのよさがうかがえます。湿リ具合も申し分なくきめ細かいお肌と抜群のスタイルに興奮し、つい舌の動きが早くなってしまいました。
可愛らしいプリクラ添付で応募してくれた18才のキミ。まだ3年生なので駄目です。卒業してからまたメールください。というわけで今回は、アナウンサー生野陽子似のかほさん。 23才の登場です。彼氏と同棲して2年合計時間は20分にも満たないそうで。「なめられながら眠るのが夢」とのことですが、さてその願いは叶うのでしようか。 

セックスレス対策・女性用媚薬チョコレートラブDXの効果体験談|アダルトグッズ口コミレビュー

0022_20180801090020ac0.jpgここ最近、セフレの人妻が愛用しているアメリカ製の媚薬だ。もともと彼女、ダンナとのセックこの媚薬を使うようになってからストレスがなくなったらしい。何でも、ダンナに体を求められるたび、この媚薬を数滴、口に垂らすと(舌下タイプ)、ダンナへの嫌悪感がすっと消え、それどころか自ら積極的に挑みかかりたくなるというのだから、よほどの効果というほかない。気になって調べてみたところ、この媚薬には異性への愛情をかき立てるホルモン「オキシトシン」の他、セロトニン(多幸感を生む神経物質)を刺激する「テオブロミン」と「ガラナ」が配合されているらしい。やはり、それだけの効果はあるということなのだろう。

セックスレスをテーマにすれば主婦が引っかかる|出会い攻略

0060_2018072219215922c.jpg 0062_20180722192200aab.jpg0057_20180722192156196.jpg 0058_20180722192158504.jpg
ビジュアル系バンドが好きな女が集まる掲示板に、「添い寝」というなんとも中途半端な募集をかけるスレッドがいくつかあります。女たちが『今日、添い寝してください 身長160Hカップ』などと書き込みをしているので、それにメールを送ると、けっこう会えます。こちらのスペックは、ビジュアル系とまでは言わずとも、以前にけっこうマジメにバンドをしてたぐらいにしておいたほうがいいですね。
〈元都内バンド麺(=メンバーの意)30才です。細身でメイク映えする顔と言われます。添い寝しながらお話しましょう〉
さりげなく「メイク」の文字を入れることで、向こうが勝手に「ビジュアル系バンドをやってたのかな?」と勘違いしてくれます。募集に対してこのメールを爆撃することで、10人に1人ぐらいは会えますね。添い寝といいながら、向こうもバストカップを書いてるぐらいなんで、寝転がった瞬間から襲ってしまっても大丈夫です。基本、ちょいポチャの20代前半女子が多いですが、中には中島美嘉っぽい、小ぎれい系のメンヘラ女子なんかもいて、案外楽しめちゃいますよ。
プレイ愛好家がパートナーを探しに集まるこの掲示板、“されたい”希望の女の書き込みが意外と多い。
『27才・女/出すところを見られたり、オムツをされて赤ちゃん扱いされたいです』
『25才・女/前から興味あるので痛くないならしてみたいです。見た目は小柄で細身』
しかし、“したい”希望の男の書き込み数はその3倍以上。競争率は高い。そこでオレは、差別化を計るべく、医者を装って書き込んでいる。
『現役の内科医です。白衣でさせていただきます。興味がある女性の方、いませんか?』
このメッセージ、安心感を与えるのか、週1ペースで書き込めば、月に一人は反応してくれるだろうか。プレイの現場では、白衣でブチ込み、先生口調で「ほ~、いっぱい出たじゃないですか」などと言葉責め。その後は普通にセックスという流れで楽しんでいる。アナルセックス、プレイなど、とにかく肛門に興味ありすぎな女たちの書き込みがわんさか転がっている。世の中に変態女がこれほどたくさんいるのかとビックリすることだろう。事実、私はこの掲示板で複数のドM女と知り合っているが、ハズレを引いたことは一度もない。アナルへの異物挿入に目がない20代OL。アナルセックスを求めてくるセフレのため、肛門拡張を依頼してきた不倫妻。中でも最高だったのは、膣の拡張を希望する40代の変態バツイチ女で、初めて会った日、彼女は私にこんなことを言ってきた。
「子宮口に直接チンチンを挿入されるのが夢なんです。お願いできますか?」
 はあ? マジかよ!クスコで膣を拡張していろいろ頑張ったものの、子宮口へのチンコ挿入は果たせず、結局は歯ブラシの柄で軽く子宮口に出し入れるにとどまった。とにかくこの掲示板にやってくる女の変態ぶりは並みじゃない。
フィストファックとは、マンコやアナルに拳を入れるプレイのことだ。俺は過去一度だけ、この掲示板でフィストマニアの女と遊んだ経験がある、いわばフィストルーキーだ。ここはとにかくフィストファック好きな男女が集まりパートナー探しをしているが、約6割がゲイのアナルフィスト系の書き込みで、残りの4割をノーマルフィスト愛好家が埋めている構図だ。一言にフィストと言っても、女性器に拳を入れるだけのノーマルフィストから、アナルフィスト、両穴フィスト、フィスト&ペニス、フィスト&ディルドなどといくつかバリエーションがあるので、自分の好みのプレイタイプは最初に明示した方がいい。女性側は慣れた男を求めているので、ある程度、演じる必要がある。
「SM歴10年、何人かの女性とフィスト経験があります。年齢、容姿、経験は問いません。ノーマルフィストをしてみたいという方、時間をかけてゆっくり開発していきましょう」
こんな感じの書き込みを残せば、ぽつぽつと反応があるので、互いの要求をじっくり話合い、アポにつなげる。マンコに拳を入れられてよがる女を目の当たりにすれば、価値観が変わるほどの衝撃を受けるはずだ。
ごく普通の無料チャットサイトなのだが、オレ的私見で言えば、いま現在、主婦を釣るのにもっとも適した場だと思う。特に平日昼間は、ヒマしてる奥様連中であふれ返っているのだ。と言ってもちょっとしたコツは必要だ。サイトを見てみればわかるように、エロ系のスレッドはほとんどない。そこでオレは自分で部屋を作る。タイトルはこんな感じで。
〈レスってる人話そう〉
言わずもがな「セックスレス」について語りましょうっていうライトなエロチャットルームだ。
「ラブルーム」など同種のチャットサイトに比べて主婦が断然多いだけに、セックスレスの話題は人気が高い。ダンナがインポなのとか、若いセフレがいるのよとか、主婦の赤裸々な性事情を適当に聞き流しつつ、適当なタイミングで次の手に出る。
〈やべ、仕事戻らなきゃ。またヒマなとき話そうよ(ラインID)〉
主婦ってのは見知らぬ男であっても一度チャットを交わした仲であれば、警戒心が薄れる生き物らしい。普通にラインでメッセージを送ってくれることがけっこうあるのだ。あとは、ラインを適当に続けつつ(夕方~朝までは送らない)、昼間にお茶しましょうってな流れに持っていく。会ってさえしまえば、向こうもかなりヤル気の場合が多いので、ヘンな駆け引きなど必要なしだ。

セックスレス美魔女の同級生と娘の女子大生と3Pをもくろむ

SnapCrab_NoName_2017-9-11_15-39-20_No-00.png
菜々子
職業 人妻
早希
職業 女子大生
容姿 桐谷美玲に似てる
魅力 小悪魔的な性格

美魔女の同級生菜々子の娘、早希は単
なる可愛いだけの女子大生ではなく、魅力的な小悪魔だった。
二人っきりの飲み会の後、自宅の布団の中で今日の彼女の姿を思い浮かべる。ちょっと上目づかいの意地悪そうなまなざし、濡れたようなプルンプルンの唇、華奢な身体のわりに大きめのオッパイ……。
やっぱり、娘の方もええなぁ。抱きしめて、キスして、胸を揉んで……想像していると勃ってきた。
せっかくだから、菜々子と早希、母娘との3Pといこう。二人の裸を想像してみる。
菜々子はスレンダーで小ぶりだが形の良いオッパイ。色白で透き通るような肌は50才とは思えないほどスベスベできめ細かい。一方の早希は、日焼けした肌に水着の跡がくっきりとついている。白くて張りのあるDカップほどのオッパイがエロい。3人とも真っ裸で、早希とキスしながら胸を揉んでいる俺を、菜々子が後ろから抱きしめ、俺の股間に手を滑り込ませてくる……。
ひゃー、めちゃくちゃ興奮する!    美魔女、小悪魔との親子丼3Pを想像しながらのオナニー。興奮のあまり、まだどちらにも挿れていないというのに、菜々子に後ろからしごかれながらあっという間に果ててしまった。
あぁ、やっぱり、この母娘二人とヤリ たい。さすがに二人同時は無理だろうが。
このまま契約を交わしていいものか
翌日、会社で仕事をしていても、ついつい二人のことを考えてしまう。昨晩、早希は俺にかなり大胆な提案を持ちかけていたよなぁ。ただ、彼女の提案、一見非常においしい内容のようだが、もうひとつ意味が理解できない。というか、腑に落ちないでいる。このまま小悪魔との契約を交わしてしまっていいものなのか? ちょっと状況を整理してみよう。
まずは、菜々子の状況。早希によると、
・旦那とは不仲ではないが、すでに冷めた関係。おそらく長い間セックスレスなんだろう。
・まじめで慎重な彼女は浮気もせず、貞操を守っている。ただ、男の目はかなり意識しており、若く綺麗にみられることに喜びを感じている。
・俺に対しては、脈があるかまではわからないが、好印象ではあるようだ。
 そして早希の状況。
・彼氏はいない様子。
・俺に対する気持ちは不明。
・母親の菜々子に対しては、女としてライバル心を持っている。
・俺が菜々子を狙っていることを知っている。

そして、今回の提案。
・俺の菜々子へのアプローチを早希がアシストし、菜々子を俺に惚れさせる。
・早希が俺にアプローチし、早希のことを好きにさせる。
・菜々子と早希、最終的に俺がどちらを選ぶのかは自由。
早希は、俺が菜々子をフり、自分を選ぶことになると自信満々だ。
あらためて考えてみると、いくつかよくわからないことがある。ひとつは、どう考えても娘が母親の不倫を後押しするような行動をとるなんて普通じゃないということ。いくら母親に勝つ自信があるからって、ちょっとおかしいでしょう。それに、早希は俺がどちらかひとりだけを選ぶ前提で考えている。ヤレるなら当然両方頂くに決まってる。なんか、考えれば考えるほどよくわからない。ふぅ、早希はいったい何を考えているんやろ…?
「河内さん、珍しく眉間にしわ寄ってますよ。そんなに大変な案件なんですか?」
部下のM子がコーヒーを持ってきてくれた。PCの前で腕を組み、ため息をついている俺が、まさか女とヤルことを考えているなんて思わないよな。ゴメンなさい。
まあ、あれこれ考えるのはやめよう。菜々子を攻めるのを手伝ってくれるそうだし、俺に対してどんなアプローチをしてくるのかも楽しみだ。そう言えば、さっそく来週のライブ、観にくるって言ってたよな。菜々子と二人で来てくれるんだろうか?
翌週の土曜、ライブの日がやってきた。 全部で4つのバンドが登場し、我々の出番は3番目だ。開演時刻のちょっと前に早希がやってきた。
「ありがとう。ひとり?」
「うん、ひとりです。ママも一緒がよかった?」
まぁ、どっちでもいいのだが、俺以外に知り合いがいないのにひとりで平気なんだろうか?
「全然、平気ですよ。河内さん、今日は忙しいだろうから、気にしないでくださいね」
会場の中でも、可愛い早希は結構目立つっている。
「河内、だれ、あのめっちゃ可愛いコ?」
「友達の娘やねん」
「なんで友達の娘がひとりで来てんねん?」
「さぁ、ライブ好きなんとちゃうか?」早希のことを可愛いコと言われると悪い気がしない。このコが俺にどんどんアプローチしてくるんやぞ!
他バンドのライブの最中、時間を見つけては早希の隣に座ったが、会場がうるさくてちゃんと話ができないままライブ終了。打ち上げにでも誘おうかとも思ったが、すでに早希の姿はなかった。
「おい、あのかわいいコ、『河内さんみたいなおじさんがタイプなんです』って言ってたぞ」
 同僚がくやしがっている。その他にも2、3人から「あのめっちゃ可愛いコ、お前のファンらしいやないか」とうらやましそうに話しかけられた。
俺への直接的なアプローチはなかった が、周りに働きかけたってことか。でも、悪い気はしない。
その日のうちに早希からメールがあった。
『バイトがあったので、声もかけられず帰っちゃいました。ゴメンなさい!    めちゃ、楽しかったです。河内さん、カッコよかったし。またライブ、誘ってくださいね!』
どこまで本心なのかはわからない。でもメールを読みながら、間違いなく俺はニヤケまくっていた。
週が明け、菜々子からメールが届いた。
『こないだはゴメン!    遅くなったけど、お礼の会の日を決めさせてください』
よし、来た!    これは最優先事項だ。いつでも日を合わせるよ。
ということで、その週の金曜日、今度こそ3人で会うことになった。
待ち合わせは某ホテルのロビー。時間ちょうどに俺が到着すると、菜々子と早希はすでに待っていた。
上品なオーラを身にまとった美熟女の菜々子。若くて可愛く、少しセクシーな小悪魔の早希。この二人が気になり、ちらちら見ている男も少なくない。うらやましそうな男たちの視線を浴びながら、
「さぁ、何食べよか」と二人をエスコートする俺。あぁ、優越感を感じるなぁ。
「先週はありがとう」と早希に声をかけると、彼女が俺の耳元で小さく囁いた。
「河内さん、今日は作戦があるから、楽しみにしててね」
早希の顔を見ると、いたずらっぽくほほ笑んでいる。いったい小悪魔は何をたくらんでいるのだろう?
セックスレスの兄嫁が俺の精子の匂いのトリコに!かくなるうえは作戦決行だ
0128_201903111631519ab_201908101506442c6.jpg0129_20190311163153c98_2019081015064593d.jpg
お金より男を手に入れる人妻の不倫ざんまいバイトSnapCrab_NoName_2019-7-26_20-10-58_No-00.png
私は小2と幼稚園の子供を持つ、32才の主婦です。
学生時代から地味な方で結婚まで主人以外の男性経験はー人だけ。レディコミを愛読する趣味はありますが、そこに描かれてるような「不倫」だのには一切無縁の、こくこく平凡な毎日を送っていました。あの職場に出会うまでは…。
関東某県の巨大マンション(世帯数500のマンモス物件)に越してきたのは1年前のことです。口ーンに加え、不況で主人の収入も下がったせいで、すぐに私もバートに出て家計を助けることになりました。日曜日の新聞に折り込まれる求人広告を隈なくチェックして目星を付けたのが、マンションから300メートルほどの場所にある運送会社のコ何物仕分けの仕事でした。
小動物のマークが有名な超大手です。勤務時間は、深夜3時ー朝7時という常識外の時間帯でしたが、その分時給も破格で、何より場所が近いのが魅力です。主人も家事をおろそかにしないならと、オーケーを出してくれました。
体育館のように大きな集配所で働き始めるや、私はすぐ職場の異様さに気付きました。始業前、休憩時間、終業後。とにかく社員やバイトの男の子たちと、バートに来ている奥様たちが「デキている」様子があからさまにわかるんです。
中には手を繋いで帰る「カップル」もいましたし、隠れてキスしている現場も目撃しました。この職場、どうなってるんだろう
「あら、アナタも相手を見付けに来たんでしょ?主婦が深夜3時からパートなんて、裏があると思わないっこの職場は、お金より男を手に入れる場所なのよ」
先輩パートのことばに、腰が抜けそうなほど驚きました。なんと、深夜パートの9割が、職場の男性と不倫中だというのです。そんなレディコミみたいな世界があるなんてーある朝、仕事を終えて帰ろうとしたところに、若いバイトの男の子が声を掛けて来ました。
「新しい方ですよねっ俺、年上好みだから、一目惚れしちゃって」
「な、何いってるのよ、アハハ」
「冗談じゃないんですーマジ、好みなんですー・二人で会ってくれませんか?」
地味でモテないはずの私が、こんな力ッコイイ若い子に誘われるなんてーどうせ主人とはセックスレス。割り切って遊ぶなら・・。すっかり舞い上がった私は翌日の夜、彼と飲みに行き、そのままホテルへ向かったのでした。
以来、パートのない日でも「今日、仕事だから」と家を抜け出しては、彼と密会するようになり、他にも同時に複数の若い子と付き合うようになりました。同じマンションの奥さん友だちにこの一件を話してしまったのは、仲間を作って自分の罪悪感を減らしたかったからなのかもしれません。
「ねえ、よく配達に来る、中居君似のお兄さん知ってるでしょ?」
「あーーあの、お兄さん、私大ファンー」
「あんな子たちと出会えて、しかも向こうから声掛けてくる職場があるのよー」
「ええちょうどバート探してたんだあーどこどこっ」
地方マンションなんて噂が広まるのは早いものです。奥様方が、続々と同じ職場に集まってきました。みんな若い子との恋愛コッコに飢えているのです。それぞれが大胆な不倫を繰り返すうち、今度は逆にバイト君たちが友だちを職場に連れてくるようになりました。
「深夜パートに来る主婦は簡単に喰える」とでもいいふらしてるのでしょう。が、それは私たちにとっても好都合。私を含め、皆、旦那には飽き飽きでSEXもご無沙汰ばかりですから。私たちは見事な
中には、不倫が遊びを超え、離婚ー再婚となった主婦もいました。ある日突然、旦那がバイトの男のコと入れ替わるんですから、周囲もぶったまげです。
浮気がバレて、強面のダンナが刃物を持って会社に乗り込んできたことも。なにせ家が近いので、何かとトラブルが起きやすいのです。かくいう私も背筋を凍らせた経験があります。ある日曜日の午後、旦那も子供もいるところにチャイムが鳴りました。
「●●(社名)でーす」あろうことか、配達人は私が手を出した彼氏ではありませんか。ドライバーだとは知っていたけど、まさかこのエリアの担当だったなんて。
「ハンコもらえますか?」
「は、はいー」
何物を渡すや、彼は軽く目配せし、意味深な目を残して去って行きました。何よ、このプレイ。後日の逢瀬で、いつもよりちょっと燃えてしまったのは内緒です。

熟女のセックスレスの日々・最後のセックスをしたいと中出しSEX

0054_20181206200753d4b_20190810154723fa5.jpg0055_20181206200754255_20190810154724e71.jpg0056_20181206200755b88_201908101547265a5.jpg0057_20181206200757489_201908101547275a3.jpg0058_201812062007583e9_20190810154729b74.jpg0059_20181206200800004_20190810154730dc6.jpg
続いても欲求不満熟女
SnapCrab_NoName_2017-8-6_19-46-27_No-00.png
オナニーは週に3度ほど行われる。深夜、真由美が寝ついたのを確認し、トイレにこもってスマホでエロ動画を見ながらやるのが基本スタイルだ。ある日の深夜、いつものようにスコスコやっていたところに足音が聞こえてきた。やべ、トイレに近づいてくるぞ!
 コンコン。
「まだ?? 早くしてよぉ」
真由美だ。ドアの鍵は閉めてるからオナニー中なのはバレないが、せっかくイイところだったのに腰を折りやがって。くそっ、タイミング悪いなぁ。すぐにシコりを中断してトイレを出て、もんもんとしたまま布団に入るしかなかった。その夜、夢を見た。壇蜜みたいな女と挿入直前まで進むという、いつまでも覚めてほしくないような夢だ。
起きたら朝勃ちしていた。すぐにピンときた。ゆうべオナニーを中断して寝たからだろう。抑えつけられた性欲が夢へと昇華したのだ。こいつは悪くない。いや、むしろいいかも。夢精のヒントを与えられた。
その夜も同じようにシコシコを途中でやめ、布団に潜った。いい夢見れますように。
目的はかなわなかったが、がっつり朝勃ちはしていた。それを見てヨメが言う。
「ねえ、立つじゃん」
「ん?」
「立ってるよ」
「いやいや、これは生理現象だから! 男は自然にこうなっちゃうんだよ」
自分とはセックスしてくれないのに、朝勃ちだけはちゃっかりするなんて。そう責められている気がして、とっさにごまかした。こっそり新しい遊びをしてることなど、まさか言えない。タマってるなら私を抱けばいいのにシコりを途中でやめるブレイクオナニーによって、確実にやらしい夢を見る回数が増えた。夢精まではいかないが、これはこれで毎夜の楽しみだ。
精液が出ないからか、毎朝チンコがギンギンのままで目覚め、その都度、真由美にからかわれた。
「若いね?」
「バカ、生理現象だっての」
「ふん。前はなかったのにね」
タマってるなら私を抱けばいいのにと、遠回しに圧力をかけているつもりのようだ。わかっちゃいないな。こいつが立ってんのは夢のおかげなのだ。だから夢で射精させてやりたいのだ。最後の最後を真由美にもっていかれたら、あの淫夢が当て馬になってしまうじゃないか。
それでも真由美は、晩メシのときなどにいらぬプレッシャーをかけてきた。
「ヒロシ君さぁ、したくなったらどうしてるの?」
「え、したくなんてならないよ」「だって男の人ってタマるって言うじゃん」
「そんなの俗説だよ」
「でも昔、よく言ってなかった?タマったタマったって」
たしかに中学時代なら言ってたかも。ことあるごとに、タマったから抜いてくれと頼んでたかもしれない。
「ああ、若いときはタマるのかもな。大人はそんなのないよ」
「ふん」
事件が起きたのは、そんな苦しいやりとりと、ブレイクオナニーを並行して行っていたある日のことだ。早暁、下半身がもぞもぞして目が覚めた。目の前には思いもしない光景が広がっていた。真由美がチンコを手に、騎乗位の体勢でまたがろうとしていたのだ。
「おい、どうしたんだよ!?」
「んー起きたぁ?」
「何やってんの」
「立ってるから。入れるね」
「ちょっと待った、その…」
イチモツはヌルリと包まれた。久しぶりの感触だ。真由美の中ってこんなだっけ。寝ぼけているからか、不思議と萎えなかった。このまま最後までデキるかも。おそらく真由美は朝勃ちを目撃したときから考えに考えてこの作戦に踏み切ったのだろう。そこまでの愛情をムゲにはできない。
「あん、あん」
押し殺したような真由美の声を聞くのも久しぶりだ。たしか1年と数カ月ぶりだっけ。長かったなぁ。自ら腰を振って声をあげる真由美。オレのほうもそれに合わせて下から突き上げてやる。チンコの硬度が落ちることはない。
そのまま正常位に体勢を変え、さらに激しく突く。途中で娘が隣で寝てるのが目に入ったが、萎えてしまってはいけないので視線を正面に戻す。アエギ声をあげる真由美の目にうっすら光るものが見えた。泣いているのだ。ヨメがセックス中に泣いている。オレはそこまでこいつを苦しめていたんだなぁ。ごめんな。朝勃ちを利用するところまで追いつめてしまって。もう大丈夫だ。もう少しでイキ
そうだよ。行為は終わった。
 お互いにしばしの放心状態が続いたが、真由美が思い出したかのように言った。
「急がないと遅刻するよ」
 いつものあわただしい朝に戻った。でも少しだけ真由美の口元が笑ってるように見える。
 それから数日が経ち、またセックスレスの日々は再開している。
 でもたぶん、きっと大丈夫だ。
次は時期を見てこっちから仕掛けてやろうと思えるほど、あの朝のおかげで、オレの気持ちはラクになったのだから。
人生最後のセックスをしたいと言う熟女と中出しSEX
もちろん、私の勝手な思い込みですし、ご迷惑なのは承知しております。お会いしていただけるとはまったく思っておりません。このメールをお読みいただけただけでも私にとってはすごく幸せです。
すごく支離滅裂な文になってしまいました。本当に申し訳ありません。どうぞこのままメールを削除してください。う’ん、なんて言えばいいんだろう。正直、ようわからんメールである。
彼女の思いの丈はヒシヒシと伝わってはくるが、文面から想像するに若くとも60近い年齢。会ってほしいとは強く言えない。が、女性に対して寛容(要はストライクゾーンが広いつてことね)な俺ならもしかして会ってくれるかも、ってことなんだろうか。確かに俺のストライクゾーンは間違いなく広い。年上年下お構いなしだし、太め痩せめ、巨乳貧乳も全然こだわらない。それよりは、その女性が持っている雰囲気や、シチュエーションのほうがずっと重要だ。しかし、そんな俺でも、60過ぎの女性は未体験ゾーン。ヤレるのか否か、想像もつかない。ただ、一方で彼女のメールに興味を持ったのも事実。息子の「裏モノ」を母親が盗み見してるって面白すぎるやないか。自分の母親が俺にメールを送ってるなんて息子は夢にも思ってないだろう。それに「削除してください」なんて言われると逆にそうしにくいものだ。まあ、一応返事しとこか。俺のありきたりの返信に対し、彼女は再びメールを送ってきた。
《まさか、お返事がいただけるって思ってもみませんでした。本当に河内さんなんですね》
文面からうれしさがにじみ出ている。悪い気はしない。その後、何度かメールをやり取りするうち、彼女のことがだんだんわかってきた。年齢はやはり60過ぎ。今もバリバリの現役営業ウーマンで精
力的に仕事をしているようだ。離婚し、その後男性と付き合ったことはあるものの、かなり長い間男っ気のない生活らしい。
年上熟女が好きだとこんなメリットも
0134_20181213233911b69_2019081015473215e.jpg0135_20181213233913b74_20190810154733c48.jpg
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます