セフレのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:セフレ

セフレとして扱うとセフレにならない女

0108_20190317184700bd9.jpg 0109_20190317184702284.jpg
1年前の夏のある日曜日、昼間からチャットで遊んでいた中島氏は、女性ユーザーに片っ端から同じメッセージを送っていた。
〈暑いね〜〉
誰も引っかかりそうにないところ、たまたま1人からリターンが。
〈はい、クーラー壊れたから死にそうです〉
〈じゃあ、どっか行こうか〉
〈はい、行きましょう〉
嘘みたいな話だが、ほんとにわずかこれだけの会話でアポが成立した。トントン拍子なんてものではない。ちなみにこの会話で彼女が用いている「ですます調」は、セフレになってからの日常会話でも使われ続けた。そういうタイプの女なのである。車で最寄り駅へ迎えに行くと、すぐに彼女は「暑いですねえ」と助手席に乗り込んできた。
「初めて会ったのに車に乗ってくる女って、その日のうちにまず間違いなく落ちます。警戒心がなさすぎる」
中島氏の言葉どおり、しばらくあてのないドライブをしてから郊外のラブホヘ向かっても、寛子はなんら拒絶しなかった。ただ一言こう述べただけだ。「早くないですか?」
早漏の意ではない。展開が早すぎないかと問うたのだ。この時点ですでに彼女はズレていた。セックスするとはつまり恋人同士になることだ。出会った初日に関係を持つのはどうだろう。軽薄な風潮に毒されていた中島氏に、そんな古風な考えなど思いも及ばない。その週の平日、割り切った遊びと思い込んでいた彼に、女は無警戒なメールを送ってくる。
〈ご飯作ったので食べに来ませんか?〉
一人暮らしの部屋に遊びに来ないかと誘っているのだ。過去、そこまでプライベート意識の弛緩した女は、出会い系にもチャットにもいた試しがない。ここにきて中島氏はようやく気づく。ひょっとして恋人のつもりなのでは?図星だった。部屋に用意された揃いの茶碗、揃いのグラスは、セフレヘの対応ではない。
「こりや大変だぞと思いながらも、地雷化するタイプでもないから続けてみようかなと」
面白いのはこの寛子、中島氏の素性を何も聞いてこないそうだ。会社、年齢、挙句の果てには誕生日も聞かれぬまま、すでに出会って1年以上が経過している。
「ひょっとしたら名前も知らないんじゃないかなって思いますよ。呼ばれたことないですから」
出会った便利な女を手放す気にもなれぬ。休日は本命と遊び、平日の会社帰りにセフレ宅で食欲と性欲を満たす日々が始まった。土日は仕事だと信じ込ませ、〈いま会社からだよ・今日は忙しくて大変〉と嘘メールをたまに送る。そして二股の厄日クリスマスはこう乗り切った。
「中国に研修旅行に行かなきゃいけないんだよって。ただ携帯が圏外にならないと矛盾するから、国際電話も使えるようにしておくけど出られるかどうかわかんないって伝えておきました」普通の女なら気づくはず
である。恋人同士のはずなのにデートはいつも自室ばかり。生理でも必ずフェラチオで抜かされる。そしてご飯を食べたらさようなら。
「彼女がポロつと漏らしたことがあるんですよ・イヤがられるから束縛はしないんですって。たぶん元力しか誰かの影響なんでしょうけど」
タグ

セフレ化するにはとにかく一回目のセックスは奉仕し続けよ

0102_2019031213133161e.jpg 0103_20190312131333c4d.jpgエキサイト(フレンズ・恋愛結婚)・誰もが知っている出会い系サイトの老舗だ。
多くの出会い系マニア同様、荻野氏もこのサイトで過去何人もの女と関係を結んできた。
現在のセフレ、京子とのいきさつを元に、彼のテクニックを語ってもらおう。
『京子22才。まわりからはMだって言われます。天然だったりもします。メル友になってくれる人、募集中です』
オープン掲示板に載っていた京子の自己紹介文だ。性的表現を使う女はサクラや業者の可能性が高いとされるが、サラッと触れている程度なので荻野氏はターゲットから除外せず、メールを送った。
『ちょっと質問していい?メル友募集じゃなくてご主人様募集じゃねえの(笑)かまってほしいなら、ご主人様にメールよこしなさい(笑)』
彼は常に他の男との差別化を考えて文案を練る。参考までに他の女に送った例文を見てみよう。
『元24マニアのタカシです。先週、シーズン5のレンタルが始まったんで喜び勇んで視聴したんですけど、最初の5分で大好きだったミシェルに死なれて、気を落としています』
『僕は、しょっちゅう石橋を叩きすぎて壊してしまい、そのあと、その石橋の残骸を死にものぐるいで渡り切るような人間です』
この程度のことだが、この程度のことで目立つのなら労を惜しむ理由はない。『ご主人様、メールいたしました(笑)』針にかかった。すぐさま『俺、調教得意だから』と返信した荻野は、その足でブ
ックオフに走る。
「フランス書院のSM系の文庫本を買ってきて、いいフレーズをそのままメールに使ったんです」
あっぱれな行動力である。
京子は嘘偽りないMだった。フランス書院の洗練された調教文句に、面白いように食いついてくる。知り合って一週間後、夜中のテレフォンセックスを経て、いざ対面となった。少なくとも一発目だけは完全奉仕の姿勢で臨むのが荻野氏のポリシーだ。とにかくイカせることだけを考え、仮に射精してしまっても指は使い続ける。やはりセックスは第一印象が大事だとの考えである。
京子の場合も同じ。M女ならば奉仕の必要はなさそうなものだが、必死でクンニに励みつつ口調だけは荒げた。
「こんなスケベ女の相手をするの大変だな、とか、おいコラなめてやってんだから何か言えよ!」とか1回ヤレた女を、以後セフレにするには?彼の場合、まず大前提として「自分はその他大勢の男の中の1人でいい」という姿勢を打ち出しておく。どうせきっかけは出会い系、本気の愛情を前面に打ち出すど大半の女は引く。
「いつでも便利に利用してくれればいいよって、下手に出るんです。そのほうが女も気楽でしよ」
他にも彼氏や旦那のいる相手には、「俺のメアドは女の名前で登録しときな当男女どちらとも取れるようなメールしか送らないから」と、気遣うフリをしつつ、あくまで遊びだと意識させる。
さらに最初にセックスして別れた後、自分からはメールを送らない・セフレ化する女は必ず自分からメールしてくるもの。「また会おうよ」と追いかける立場になって再びセックスできた例は、彼にはない。出会い系はセックスが前提なので、会ってヤルところまではそう難しくはない。
むしろ大変なのは、以降どう引っ張り続けるかだ。男を選び放題の女にすれば、何の利点もなく1人の男に固執するわけがない。最初だけは自分を殺してでもクンニに励むべし。

初な医大生の焦燥感を突いてセフレに

0098_20190306110006735.jpg 0099_2019030611000711a.jpg酸いも甘いも知り尽くした大人同士のセフレもいいが、何も知らない子に性のイロハを教え込むセフレもまた格別である。出会いの場はやはりネットだ。土曜の夜中になると、松本氏はパソコン前に座り、無料の2ショットチャットにアクセスする。顔写真にプロフィールを付けて待機し、女の子の入室を待つタイプのチャットだ。毎日夕方5時半以降は暇だらけの公務員だが、ナンパや合コンに精を出すタイプではなく、出会いはネットに頼るしかないのだ。
さて松本氏、優しい顔はしているものの、まともな写メで女を引きつける力はない。そこで、露出過多、ばりばり美白のプリクラに1人こもって、玉木宏風の奇跡の1枚を撮影。そいつを携帯で接写した。裏モノでも紹介した手法である。写真効果プラス、全国規模チャットの中での「高知在住」というキーワードのおかげで、地元の女子大生、直美が入室してきた。
「彼女もたまに使ってたらしいですけど、高知の男に出会ったのは初めてだったみたいです。だから最初は地元の祭りの話や出身高校の話題で盛り上がりましたね」会える女かどうか探るにはチャット
から電話へ移行するのが手っ取り早い。彼の理由付けはいつも決まっている。
「親がパソコン使いたいって言ゆうき、電話でしゃべらんかえ?」ここで番号を教えない女は深追いしてもムダ。さっさと切り捨てる。うまく聞き出せば、電話でエロ会話に突入だ。
「土曜の夜にチャットを覗く時点で、エロ会話をしたがっているはずなんです」
その日は相手が19才ということもあり、今どんな格好か、最近いつセックスしたかと、ソフトな内容に終始した。それでものんびり話すうち、翌日ドライブの約束にこぎつけるのだから、玉木宏のパワーは凄い。実物が写真と違っても、事前にしっかり会話がなされていれば問題はないと氏は言う。ギャップに引かれて逃がしてしまうのは、写真のみを想像の材料にさせているからであり、人柄さえ電話と実物で一致させれば、女は安心するものなのだ。
さて、翌日やってきたのは正真正銘の女子大生だった。さほど可愛くはないものの、その瑞々しさはやはり10代である。
「ご飯食べてドライブして、外やったら人に見られるかもしれんき、ホテル行こうか?って誘いました」
素早い展開は、事前の軽いエロ会話があったからこそだろう。その日だけでなく、以降も直美は松本
氏の玩具となり続ける。実は彼女は高2のころに同級生と数ヵ月付き合った経験しかなく、ほとんど
処女同然だった。受験勉強からようやく解放されたものの、出会いの方法がわからず、チャットに顔を出す日々・パソコン上で知識だけは得たが、実体験は増えずにあせっていたところ、松本氏に出会った。大人のセックスにハマる下地は十分にあったのである。

金もかけずに20代美女をセフレにした40代おっさん

0096_20190306110003cdc.jpg 0097_201903061100046f5.jpg40男と20代女の出会いなど、日常的にそうそうあるものではない・声をかけるにも躊躇する。
しかしこの組み合わせ、女側から言わせると、我々が卑屈に考えるほど相性の悪いものではないらしい。ゴルフ下手の石田氏が2年前、会社の関係者とコースに出たときに、キャディをしていたのが真奈美だった・キャディといえばおばちゃんの多い世界だが、日焼けを気にしない若い子がたまにバイ
トに精を出していたりする。
さて下手クソ石田氏、誰も見ていないことをいいことに、崖下に落ちたボールを手で投げた。それを見ていた真奈美が笑いながら言う。
「投げたでしよ」
「見てた?黙っててね」些細な会話である。しかし翌週、翌々週と続いた接待ゴルフでも、まるで計ったかのように彼女がキャディに付けば、石田氏が何かしら進展を目論んでも不思議はない。
「ご飯でも行こうか?」
コースを移動しながら軽く誘う。
「いいですよ」
携帯番号を交換し、その日の夕方、さっそく2人は車で待ち合わせて居酒屋に向かった。この段階ではまだセックスの匂いはしない。ただの「食事に連れてってくれるオジサン」を演じ続けるだけだ。
しかし飲み始めて2時間ほど経ったころ、話題はだんだん下ネタ方面へ進む。
「なんだか、彼氏からすぐ体を求められるんだけど、痛いから好きじゃないって言うんですよ」
彼氏はよっぽどいいモン持ってるんだなぁと、石田氏は話を深く掘り下げる。すると、
「違うの。私あまり濡れないの」
「オレは濡らす自信あるよ」
「男の人はみんなそう言うけど、私、気持ちよかったことってないから」
「ダマされたと思ってやってみる?」
口説き文句のレールを相手がここまでわかりやすく敷いてくれることなど滅多にない。
石田氏自身も後にして思えば、「痛い」から始まる一連の会話の流れは、彼女の誘惑術だったのかもしれないと言う。なぜなら、その後に入ったラブホで彼女は驚くほど濡れていたのだ。以前にも石田氏は、得意先のOLと不倫をしたことがある。しかしその女は本気になり、自宅にやってきて「離婚してくれ」とまで言い出した。思い出したくない醜態だ。
しかし真奈美は違った。実際に彼氏もいるらしく、滅多に連絡などよこしてこないがこちらから呼べば喜んでやってくる。単なる人柄の違いか?
石田氏によればそれはおそらく最初の扱い方の差だろうとのことだ。女が横にベタッとくっついてきても「近寄るなよ」とあしらい、「お前とはエッチするのが目的だから」と口にする。これなら女も勘違いのしょうがない。「すぐ逃げられてしまいそうに思えるけど、逆なんですよね。こちらの顔色を伺うような感じでズルズル付き合ってしまうみたいで」20代のイケメンにあしらわれるならまだしも、40才のオッサンに優しくされることもなく付いてくる女がいるとは、とても信じられない。オジサンの強みは財力と包容力だけのはずなのに。
「そういう部分で勝負したら、僕なんかまるっきり無理ですよ。小遣いも少ないし、いいレストランなんか連れて行かないし」
メールも送らず、悩み相談にも乗らず。ならば真奈美のメリットは何なのだろう。こればかりは皆目見当がつかない・元々がセフレ体質だったのか。しかしそんな子がキャディなんて肉体労働に励むだ
ろうか・いや、バイトすら周囲に流されるまま始めたのか。キャディだった彼女は昨年、石田氏にそそのかされてキャバ嬢に転身し、一人暮らしを始めた。おかげで営業マンの石田氏は、外回り中にマンションで一発抜いてすぐ帰るだけの、うらやましい毎日を送っている。

太ってると思い込んでる女はセフレにしやすい?

0132_201901042033127c9.jpg 0133_201901042033139b0.jpg 0134_20190104203314f05.jpg 0135_201901042033169dc.jpg 0136_20190104203317083.jpg 0137_20190104203319596.jpg1年ほど前の新聞に重くないのに思い込みというカコミ記事があった。適正な体重の女性のうち、7割以上が《自分は太っている》と感じていることが厚労省の国民栄養調査でわかった。

即マンできるかどうかはこのエレベータでほぼわかる

0062_201901031419479d9.jpg 0063_201901031419497ac.jpg 0064_2019010314280265c.jpg大盛り居酒屋のスペシャルデザートはテキーラボール5コ入り!
自然とイチャつける狭すぎカラオケボックス
テレビゲームの視覚効果で、グデグデにさせる。〝3D酔い〟バー
真っ暗闇のカウンターで「くっつきたくなるでしょ」と店主がアシスト
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます