201312077.jpg 201312078.jpg 201312079.jpg
チンコを引き抜くタイミングを誤り、マンコにドビュッ。しかも相手は危険日だった̶̶。うっかり中出しほど焦るモノはないだろう。そんなとき使うべきはアフターピルだ。これ、すでに子宮内に精子が入ってしまった女性に飲ませる避妊薬だ。排卵を遅らせたり、受精卵が子宮へ着床しないようにすることで妊娠を防ぐ。現在、国内の産婦人科でよく利用されているアフターピルは「プラノバール」と「ノルレボ」だ。副作用(吐き気)が少ない後者をお勧めしておく。

フーゾクで性病をもらうのはもう懲り懲りだ

国内の風俗でもらいがちな性病と言えば、クラミジアと淋病だろう。経験者はご存じのように、チンコはウズウズ痛むし、恋人やヨメへの配慮もやっかいだし、もう風俗は止めようなんて思ったりするものだ。無論、完治後はノド元過ぎればになるのだが…。そこでフーゾク好きの中には、遊ぶ前に「クラビット」を服用する者がいる。クラミジア、淋病、梅毒など細菌の感染症によく効く薬なので、予防効果が期待できるというわけだ。

マジメな女にオナニー事情を正直に告白させたい

セレネースは簡単に言えば鎮静剤だ。こいつを飲めば緊張感がほぐれ、意識がふわふわとしてくる。無防備でゆるゆるな精神状態になり、いまにも眠りについてしまいそうなほどに。1錠だとこのまま眠ってしまうので飲むのは半錠がベストだ。ではこれを飲んで、さらにカフェイン(コーヒー)が体内に入ってくると人はどうなってしまうか。ゆるんだ精神状態のままでかろうじて目が覚めているという、いわば「無」の状態になる。下の漫画のような普段は口外できないヒミツでさえも、「これは言っちゃいけない」と判断することが難しくなるわけだ。もちろん無断で飲ませるのは絶対にダメですよ。