ソープのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:ソープ

  • 2019/10/10素人の本物ヌード

    ││ こんばんは(女の横について一緒に歩く)。かなこ ……。││ キミが小脇に抱えてる黒のカバン、ヴィトンじゃない?かなこ ……。││ ヴィトン好きの女の子にアンケートしてるんだけど、ちょっといい?かなこ (女が立ち止まる)ヴィトン大好きですよ。││ まず質問①ね。それ、本物ですか?かなこ 本物です! おばあちゃんが海外で買ってきてくれたお土産です!││ ふ〜ん。お金持ちのお家の子だ。かなこ おばあちゃんが超甘々なだけで、...

    記事を読む

  • 2019/08/08裏風俗・風俗体験談

    1、即尺ヌキで精子を皿からズルズル飲み!神奈川で一番濃厚ですお腹がパンパンに膨らんだ妊婦、もしくは出産まもない授乳ママさんだけを集めた何ともマニアックなホテヘルだ。在籍してる女性たちはどういう感覚をしいるのだろうか。実際に何度か遊んでみた。妊婦に激しく手マンした後大きなお腹に精子をどぴゅっ。ある日は「赤ちゃんと間接キス!」なんて言って母乳をチューチュー下品なプレイを散々やったが、女らは特になんとも...

    記事を読む

  • 2019/08/07エロ漫画アダルトコミック

    私、実はそこのソープで働いてて出稼ぎでこっちに来てるんですよ彼女はもともとソープで働いていたところ店長から出稼ぎしないかと誘われたそうだ 隣の部屋は、そのソープの寮としてあてがわれているわけだ  へえそうなんだ たぶん指名とれなくて飛ばされてきたんだろうなあパイズリしてよ マジですかあありがとうございます 部屋飲みまではすぐだった 働いてるんだっ一こっちだと東京から来た...

    記事を読む

  • 2019/07/20エッチ体験談

    滋賀県、雄琴。言わずと知れた、ススキノ、吉原、金津園と並ぶ、関西圏最大のソープ街である。その雄琴から車で15分ほどの距離に、隠れた名店がある。息をもつかせぬ超絶テクと安心の低料金。地元民もほとんど知らぬ穴場中の穴場だ。そこで私はこの秋、未知の快楽と巡り逢うた。民家に紛れて営業中。ナゾの風呂屋の正体は?雄琴に近い浜大津で打ち合わせを済ませ、車を北へ走らせる途中、1軒の店が目に飛び込んできた。レンガ色で...

    記事を読む

  • 2019/05/29裏風俗・風俗体験談

    スタイル、確かに便利は便利だが、だからといって必ずしも納得できるとは限らない。顔の印敵が違う、胸が小さい、なんだ意外にデフじゃねえかよ。こ対面でガッカリしでも後の祭り、一度指名したらチェンジはまず不可能だ。しょせん写真は写真、せっかく金を払うんだから実物を見て選びたいというのか本音ではないだろうか。一方、日本と並んでアジア屈指のフーゾク大国と称されるタイでは本番NGといった言葉はおろか“写真指名“とい...

    記事を読む

  • 2019/05/02裏風俗・風俗体験談

    1、とんでもない名器の持ち主として、神戸のソープ界隈では有名な彼女は現役のAV女優で、色白。細身の身体に目鼻立ちのハッキリした顔を持つ美人だけに、お店でもダントツの一番人気だ。肝心のアソコの具合だが、締まりのいいザラザラの膣壁が、彼女自身が感じてくるとともに、グニュグニュと動きまくる。亀頭がオメコの中で翻弄される感じだ。ゴム付きなのに生でしているほど気持ちよくて、何度でも入れたくなるほど。一度名器を...

    記事を読む

  • 2019/03/22裏風俗・風俗体験談

    ボクは吉原のこの中級店に通ってます。朝7-8時の開店時に訪れると、50分1万2千円の激安価格で遊べるんです。出勤している嬢はだいたい10人ほど。とびきりの美人こそいないとはいえ、20代前半一30代前半までのそれなりに悪くないコが揃っています。サービスについても、お風呂やマットに始まり、最後はセックスと、王道のソープ遊びが堪能できる。コスパは極めて高いと言えるでしょう。店先には開店前から行列ができているので、指...

    記事を読む

  • 2018/02/03セフレの作り方

    シングルマザーソープ嬢・彼女たちは一般のソープ嬢に比べて格段に店外デートに持ち込みやすい。しかもセックスだけでなく、お小遣いまでくれるのだからありがたい存在だ。 風俗嬢の4人に1人はシングルマザーという統計もあるほどなので、シングルマザーソープ嬢は比較的簡単にみつけることができる。水商売と違い、日中だけでがっつり稼げるソープは彼女らに人気が高いのだ。まず彼女たちは総額2万円前後の大衆ソープに多い。...

    記事を読む

  • 2017/02/23裏風俗・風俗体験談

    今の世の中、右を向いても左を向いても「安売り」や「値下げ」といった言葉を見聞きしない日はないが、その傾向は、我々が愛してやまないフーゾク業界においても同じことが言える。いわゆる激安フーゾク店だ。 一般的な店の半額、あるいはもっと安い料金でヌケるなんて、財布の中身が寂しい庶民にとって、これほどありがたいものはない。 そこで気になるのは、そのサービス内容だ。ちゃんと満足できるのか?女のレベルは?  い...

    記事を読む

彼氏にソープを薦められている男運の無い女のエッチ体験談|素人娘インタビュー

0003_201902142153237e4_20191009050202799_2020012909351121f.jpg0004_20190214215324094_201910090502056e4_20200129093514714.jpg0005_20190214215325052_20191009050208fc3_2020012909351701a.jpg0003_201811260857175c1_20191009050201197_202001290935097a2.jpg0004_2018112608571847e_201910090502043de_20200129093512258.jpg0005_20181126085719a5a_20191009050207c91_2020012909351565e.jpg││ こんばんは(女の横について一緒に歩く)。
かなこ ……。
││ キミが小脇に抱えてる黒のカバン、ヴィトンじゃない?
かなこ ……。
││ ヴィトン好きの女の子にアンケートしてるんだけど、ちょっといい?
かなこ (女が立ち止まる)ヴィトン大好きですよ。
││ まず質問①ね。それ、
本物ですか?
かなこ 本物です! おばあちゃんが海外で買ってきてくれたお土産です!
││ ふ〜ん。お金持ちのお家の子だ。
かなこ おばあちゃんが超甘々なだけで、
ごく普通の家庭ですよ。私もビンボーしてるし。
││ どのくらいビンボーなの?
かなこ 私、専門学校に通ってるんだけど、お小遣いが月5万円しかもらえないんです。
││ 学生なら普通だけどね。バイトとかしてないの?
かなこ バイトはダメって親が言うんで。
││ じゃあさ、ちょっと楽なバイトやってみませんか? すぐに済むから親にもバレないよ。 
かなこ もしかしてエッチなやつとかだったりする?
││ するどいね。仕事の内容は…(彼女にギャラの金額を耳打ち)。
かなこ やりま〜す。
 付近のホテルへ移動………
││ 僕がこんなこと言うのもヘンなんだけど、キミ、わりとあっさり撮影オーケーしてくれたよね。脱ぐのは抵抗ないの?
かなこ 私、昔は結構ヤリマンだったんで(笑)。慣れてるっていうか。
││ ほうほう。ヤリマン全盛期はいつごろ?
かなこ 私、初めてエッチしたのが16才だったんですよ。相手はクラブで声をかけてきた大学生。お酒をガンガン飲まされて、すっかり酔っぱらっちゃって、ラブホに連れ込まれて。
││ ありがちだねえ。
かなこ ただ、その人めっちゃエッチがうまかったんですよ。どこをどうされたのかはわからないんだけど、初めてなのに痛いどころか超キモチよくって。
││ で、一発で目覚めちゃったと。
かなこ うん。それからは毎週クラブに行って色んな男に持ち帰られてました。19才までの3年間で50人はイッてると思う。
││ いまはヤリマンを卒業したの?
かなこ ん〜。エッチ自体は嫌いじゃないんだけど、あんまり色々な男の人とシてると、嬉しくなくなってくるっていうか。私、こんなことするために
生まれてきたの? みたいな。
││ 付き合ってる男はいるんでしょ。
かなこ18才のときに知り合った彼氏がいます。まあホストなんですけど。
││ その彼氏とは週に何回セックスしてるの?
かなこ 私がたまに彼氏の家に行くくらいだから、月に一回あるかないかって感じですよ。
││ 彼氏はどんなセックスを?
かなこ 語りセックスっていうのかな。
「おまえに迷惑をかけて、俺は男として恥ずかしい」とか言って、ボロボロ泣きながらエッチしてきます。
││ なんか心当たりでもあるの。かなこ 彼が自分のお店を出すときに、お金を貸して欲しいって頼んで来たんです。人と共同で経営するんだけど、開店資金が足りないから出してくれって。
││ ほう。
かなこ 私も断り切れなくて。仕方なく親からお金を借りて渡したんだけど…お店はぜんぜん儲からなくて、すぐ潰れちゃって、借金だけが残っちゃったわけですよ。
││ なるほど。
かなこ 私のお金の方はともかく、彼氏がこのときの借金で相当に追い詰められてるみたいで。最近「川崎のソープでいい店があるから行かないか?」って言うんです。やっぱりいろんなことを考えちゃいますよね。
││ それは別れたほうがいいと思うよ。
男運の無い女のエッチ体験談
嫌われたくなかったから必死に感じてるフリしてた。ガンガン突いてきてたよ。後にも先にも演技したのはソレっきりだけど、何しても端ぐからバレてたかも。
そうなんだ。じゃあ、今までの経験人数は。
付き合った人としかしてないよ。だから5人。
貞操観念が強いんだね。そういうワケじゃないよ。未遂とかもある
未遂とは聞き捨てなりませぬが。友達の彼氏だったんだけど、結構2人きりで遊んだりもしてたの。それである日ホテル行こうよみたいになって、いざヤル時に「友達の彼氏とヤルんだ」と思ったら気持ち悪くなっちゃって。ソレっきり会わなくなっちゃった。
変わったセックスはしたことあるそんなのないよお。まあ駅のホームでやったことはあるけど。えらい爆弾を放ってきたな。みんな見てたでしょ。まさかっ。隅のほうだし、空いてるときにだよ。
たちバックで?
そうそう、立ちバックで(笑)。あっーあと、駐車場とか、団地のゴミ捨て場とか、ゲーセンのトイレとか。激しいね
相手は全部3人目の彼。なんか、外でやるのが好きだったみたい。でも、男運ない
うん。ちょっとしたことで、近くにあったものを投げたりする人だったの。ただキレた後は優しくされるから別れられな<て。典型的なDV男って感じだね。よく別れられたね。ゲームしてるときに「ヘタクソ」っていったら、憶えてないんだけど何か投げてきたのが頭に当たって大流血しちゃって。結局、警察とか出てきてソレっきりな感じ。
では最後に、今後のセックスライフの目標があればお願いします。
愛があるセックスで、いっばいイ力してほしいです

神奈川・横浜・川崎のおすすめソープ・デリヘル・イメクラ体験談

kana.jpgkanaaa.jpgakl059_20170303122523c9e_2019081620015358b.jpg0062_20181229174241541_20191022073343cbb.jpg0063_20181229174242637_20191022073345c51.jpg
1、即尺ヌキで精子を皿からズルズル飲み!神奈川で一番濃厚です
お腹がパンパンに膨らんだ妊婦、もしくは出産まもない授乳ママさんだけを集めた何ともマニアックなホテヘルだ。在籍してる女性たちはどういう感覚をしいるのだろうか。実際に何度か遊んでみた。妊婦に激しく手マンした後大きなお腹に精子をどぴゅっ。ある日は「赤ちゃんと間接キス!」なんて言って母乳をチューチュー下品なプレイを散々やったが、女らは特になんとも思ってなさうだった。ママさんって大変なですね。
2、なかできないプレイが私みたいな変態にはる。女の生理と言えば、男にとっては汚れるしモノでしかのスタンス真逆である。ここ、ここ、生理中の女のみ出勤させているマニアックなデリヘルだ。
あの独特の臭いや味。私なんかはいつも、股間に顔をつっこみたっぷりクンニで生理をきっちり味わわせてもらっている。
3、ギャル好きだけど気後れしちゃう貴兄にはこのソープがオススメ
4、男連中と呑んだ後、さてこれからドコ行こうか、なんてときにうってつけなのがココ。団体用の面白いコースがある。部屋は本物の電車みたいになっており、乗客役の女が3人くらいいる。そこに団体で入り、仲間と一緒にちかんのイメージプレイができるのだ。女のオッパイを触ったり尻を撫でたり、「止めて下さい」とイヤがる素振りをされたり。プレイ自体はしょうもないが、友達と一緒なら面白いものだ。集団プレイをひととおり楽しみ、それぞれが好みの子を選んだら、別々に個室へ。ヘルスプレイですっきりできる。
5、ほんとうの人妻ホテヘルスワッピングコース
大半のデリヘルは、男2人でデリ嬢2人を呼べばさすがに4Pはことわられるだろう。そこで紹介するのは、このデリヘルの2VS2スワッピングコース、相互観賞プレイくらいなら応じてくれる。
6、絶対に2回イカせる!とにかくよく紙めるハマの名店クラブワイフ
横浜の風俗好きにお勧めを尋ねると、ここの名前がだいたい出てくる。名前の通り熟女系ヘルスで三十女が多く、特に料金が安いわけではないが、「とりあえず外れはない」みたいな言われ方をしている。部屋に入ったら、すぐにズボンを下ろされ、即尺。挨拶なの代わり的なフェラではなく、本気でヌキにかかる。

【エロ漫画】ソープの出稼ぎ寮で風俗嬢とやりまくり

201505202_20190807075839b00.jpg201505203_20190807075841a31.jpg201505204_20190807075842375.jpg201505205_20190807075844fec.jpg201505206_20190807075845d9a.jpg201505207_20190807075847c99.jpg201505208_20190807075848310.jpg201505209_2019080707585093d.jpg201505210_20190807075851178.jpg201505211_20190807075853a4f.jpg201505212_201908070758547e2.jpg201505213_20190807075856c13.jpg201505214_20190807075857c77.jpg201505215_20190807075859295.jpg
私、実はそこのソープで働いてて出稼ぎでこっちに来てるんですよ
彼女はもともとソープで働いていたところ店長から出稼ぎしないかと誘われたそうだ 
隣の部屋は、そのソープの寮としてあてがわれているわけだ  
へえそうなんだ 
たぶん指名とれなくて飛ばされてきたんだろうなあ
パイズリしてよ 
マジですかあありがとうございます 
部屋飲みまではすぐだった 
働いてるんだっ一
こっちだと東京から来たっていうだけで指名してくれる客もいるんだよー  
地元の店にいたときはぜんぜん客とれなくて 

雄琴の熟女だらけのソープはスケベ椅子もマットプレイも過去最高のソープテクだった

SnapCrab_NoName_2019-7-20_6-25-9_No-00.png
滋賀県、雄琴。言わずと知れた、ススキノ、吉原、金津園と並ぶ、関西圏最大のソープ街である。その雄琴から車で15分ほどの距離に、隠れた名店がある。息をもつかせぬ超絶テクと安心の低料金。地元民もほとんど知らぬ穴場中の穴場だ。そこで私はこの秋、未知の快楽と巡り逢うた。民家に紛れて営業中。ナゾの風呂屋の正体は?
雄琴に近い浜大津で打ち合わせを済ませ、車を北へ走らせる途中、1軒の店が目に飛び込んできた。レンガ色で細長い西洋風の4F建て。屋上の派手な看板がなければ、ドラキュラでも棲んでそうな雰囲気だ。
が、バスセンターを名乗る以上、サウナか風呂ぐらいあるだろう。酔いを醒ますにはちょうどいい。興味半分、脇の駐車場に停車し驚いた。ただでさえ狭い入口が2本の植木で遮られている。まるで人の出入りを拒むかのような門構えだ。なぜこんな人目を避けるような真似タするんだろう。
ん?ちょうと待て。ココは雄琴のご近所ひょうとしたら、ひょうとして…。思わず通行人を呼び止めた。
「スンマセン。ここ、どんな店なんやろ」
「さあ。よう知らんけど、ちょつと怪しいとこらしいわ」
「怪しい?」
「何か、Hな店らしいで」
ビンゴー
外観はたしかに薄気味悪いが、それも周りが民家なればこそなんだろう。ヘルスかソープか知らんが、そんなことはどうでもいい。オレの読みが正しければ、この店サービスに相当力を入れているに違いない。行うとくべきだ。
【ウイーン】自動ドアをくぐると、左に喫茶店、正面奥に階段が控えていた。ビールを飲むオバチヤンが、「上やで」と言う。あらまあ、わかうていらつしゃる。2階の受付では、机の前にババアが1人座うてた。飛田新地の遺り手婆みたいだ。
「いらうしゃい。どのコにする?」
「ええと、まず料金を知りたいんやけど」
「アンタ初めてか」
「そうや。何かおかしいか」
「そんなことあらへんよ。えつと、まずここで3千円、後は女のコに1万6千円や」
「1万9千円かあ」
ソープにしては安いし、ヘルスなら割員なんとも中途半端な値段である。が、まあいい。乗りかかうた船だ。
「そしたらここに3千円な。で、女のコの写真はドコ?」
「そんなもんないで。アハハハハ」
笑いながら背後の壁を指さすババア。見れば、かまぼこ板みたいな木材に、「すみよ」、「あおい」、「みみ」うて名札が並んでいる。なんじゃコレ。柔道や空手の道場みたいやな
「はよ決めや」「いや、そんなこと言われてもなあ・・」
「一番若いコにしとき。みみちゃんなら、テクも抜群やし、おばちゃんが保証するわ」
「ほなそれにしようかなあ」「部屋はそこの〇×室やから。ちょうと待うとうて」
ババアに強引に案内された部屋はかなり薄暗く、目を凝らさなければ全体が見渡せないほどだ。
8畳ほどの広さに簡易ベッド、バスルーム、そしてよくよく見ればスケべ椅子。ラッキー。2万しないでソープが楽しめるんや
「生とゴムどっち?」
「こんばんはー」
5分後、みみちゃんがやうてきた。風俗嬢がドアを開けるこの瞬間だけは何度経験してもタマラナイ。くふふ。抜群のテクニシャンで、この店1番若…くない。おいオマエ、いくつやねんー
「どうしたん?さあ、ズボン脱いで」
ボーゼンとするオレのズボンに手をかけるみみちゃん。60才はカタイか。スフィンクスのような髪形が痛すぎる。
「なんやー、元気ないなあ」「そんなこというても…」
あんたじゃワシのピラミッドは反応しませんので、もう帰りまっせ。と、言おうとした瞬間、ポコチンをくわえられた。おおう、即尺サービスかよ。なんて感心している場合じゃない。ババアにしゃぶられても気持ち悪いだけ。
今、帰れば被害は3千円で済むし、残った金でへルスに行った方が100倍マシだ。
しかし、ババアはかまっちゃいない。
ジュルジュルッジュル…
唾と舌を巧みに使い、ムスコをいつくしむ。って、なんなんだ、この感覚。オレの好みを心得ているのか。ときに激しノ、ときに快感のツボ周辺を滑らせ、実に切ない。
「気持ちええやろ?カチコチやんか」
ちよ、ちょっと。口を離してしゃべらんでくれ。萎えてまうやないか。
「アンタ、初めてやったよな。この店、誰かに聞いたん?」
「いや、偶然通りかかっただけやけど…」
「ほな、ビックリしたろ。ウチみたいな、ババアが出てきてなぁ」
「…そうやねえ」
「まあ、いい経験やと思うて、最後まで楽しんでってや。な、ええやろ?」
フェラチオを再開。相も変わらず絶妙なテクである。アナルとタマを同時に攻め、イク寸前になると獣の如く気配を察知、何度も波をかわしやがる。アンタ、ほんまに何者や。
いったん勃起すると不思議なもので、時間の経過につれ、彼女の年齢は気にならなくなった。
そして気がつけばオレは、潜望鏡からスケベ椅子、マットプレイ、と過去最高のソープテクを堪能してしまう。心身供に尽くされる至福の悦び。最近の生意気な若いソープ嬢に見習わせてやりたいもんだ。だうてオマエらに、こんな台詞が吐けるか。
「生とゴムどうち?中出ししてもええんよ」
オレは前者を選んだことを後悔していない。相手がババアでも、気持ちいいものはいいのだ。聞けばこの店みみちやん含めすべてのババアが元ソープ嬢らしい。長年、雄琴で活躍した後、店を追いだされ移籍してきたという。もう驚くことは何もないだろう。そう思うたオレに、みみちやんが畳みかけてくる。
「今度、娘もこの店にくるんやで。今まで雄琴におうたんやけど、引退させられてなあ。40、さすがに世間も厳しいわ」40娘うて…。呆れながらも、オレは再びこの店を訪れようと思うている。

フーゾク大国タイのマッサージソープ、連れ出しバー、援助OKのレストラン

1_20191127235402309.jpg2_2019112723540341b.jpg3_20191127235405664.jpg4_20191127235407e1d_20200118141522ae4.jpg5_20191127235408f62_20200118141524dc1.jpgスタイル、確かに便利は便利だが、だからといって必ずしも納得できるとは限らない。顔の印敵が違う、胸が小さい、なんだ意外にデフじゃねえかよ。こ対面でガッカリしでも後の祭り、一度指名したらチェンジはまず不可能だ。
しょせん写真は写真、せっかく金を払うんだから実物を見て選びたいというのか本音ではないだろうか。一方、日本と並んでアジア屈指のフーゾク大国と称されるタイでは本番NGといった言葉はおろか“写真指名“といったシステムすら存在しない。いや、存在する必要がないと言った方が正しいだろうか。
マッサージソープ、連れ出しバー、援助OKのレストラン、置屋、コーヒーショッブと呼ばれる売春専門喫茶店、そしてオカマも混じるゴーゴーバー首都バンコクにひしめき合うフーゾクのほとんどか実物を見て選べるうまり顔見せOKがジョーシキ。早い話、こので女遊びをするときは、ご対面でガッカリさせられるなんてことはないのである。確かに、日本のソープなどでもこうした顔見せシステムは存在するが、そのどれもが総額8万以上もする、いわゆる高級店。ところかタイの場合、どんなに高い店で遊んでもわずか1万円前後。へタすりゃーケタ違うのだもちろん、このギャップは同士の経済格差によるもので・・・
そんなわけで、往復の格安航空券代5万円に加え、ホテル代+食事代1万、そして遊び代5万を持ってタイのバンコクへ飛んでみることにした。では、まいりましょ。
写真を見てほしい、ズラリと並ぶ、女、女、女ミスコンテストさながらの壮観なこの眺め、実はソープ嬢の顔見せなのである。マッサージパーラーと呼ばれる。この手の店は、いわばバンコク版ソープランド。フーゾク遊びの王道とでも言うべき存在だ。
訪れたのは、ラチャターピセー通りにある高級大型店、中に入ると、
「イキナリいらっしゃいませー」の日本語による歓待だ。顔見せ用のショーケースはう階に上ったフロアにあった
「お気に入りのコ、選んでくださみんな力ワイーでしょ」マネージャーが言うまでもなく、どのコもスタイル抜群あれ、タ人ってこんなに色白で足長かったっけ。ひとまず保留にして今度は3階へと、ここではヤケにゆったりした空間で女のコが優雅におしゃべりなんぞしているココ、VIPラウンジ(ペントハウス)
いるねこのコなんでも「ベントハウスタイ」の表紙を飾るグラビアガールがいるってんだから信じられないか、女のレベルを考えればまんさらウソには思えない結局、超スレンダー&長身のVIP娘を指名、6階のプレイルームでたっぷり2時間楽しんだ料金は、飲み物とツマミを合わせても総額で2500バーツそれなりに賛沢したつもりだが、使ったお金はわずか1千円あまり意外にリースナフルなのが楽園たる所以なのかも
個室に入らされるとしばらくしてドアか開き、ソロソ口と列をなした7、8人の女のコか入ってきた(右参照)この中から気に入ったコを選べってことなんだろう。料金は、置屋内の部屋で2時間遊ぶ620B、連れ出して1300Bとまさに激安(外人はボッタクられることもあるらしい)
ただ、場所柄、どうもア力抜けないような気がと思ったら案の定、中にはイサーンと呼ばれるタイ北部の農村地帯やミャンマーやカンボジア出身のコがいるようで、英語、日本語はおろか・こっちの話すタイ語すら通じない。また、部屋にシャワーもなくほとんど、’ちょんの間“状態さらには18才以下とおほしきヤバめのコも見受けられたので、結局パスすることにした。ちなみに覗いた置屋は、警察の摘発をおそれてか女のコは別室に待機し、客が来ると近所の飲食店に呼び寄せて顔見せをするというシステム。値段とリスクは比例するってことか。

名器の持ち主ソープ界隈では有名なAV女優

1_20191122124555f0a.jpg2_20191122124556f70.jpg3_201911221245582d6.jpg1、とんでもない名器の持ち主として、神戸のソープ界隈では有名な彼女は現役のAV女優で、色白。細身の身体に目鼻立ちのハッキリした顔を持つ美人だけに、お店でもダントツの一番人気だ。肝心のアソコの具合だが、締まりのいいザラザラの膣壁が、彼女自身が感じてくるとともに、グニュグニュと動きまくる。亀頭がオメコの中で翻弄される感じだ。ゴム付きなのに生でしているほど気持ちよくて、何度でも入れたくなるほど。一度名器を味わうと病み付きになると言うけど、まさに俺はその通りになった。
2、パイズリできる風俗嬢と聞けば単なるデブを連想するかもしれないが彼女は別。適度な肉付きの白いぽちゃ肌で顔も可愛い。
肝心のプレイは、ねっとりとしたフェラからはじまり、固く勃起してくるとすぐにパイズリへと誘導される。「挟んで欲しい?」と可愛く聞かれてうなずけば、ローションがわりに大量の唾液をチンポにまとわりつかせ、やさしくニュルニュル。そのはさみ心地の柔らかいことマシュマロの如し!最後にフェラ射かパイ射か聞かれ、迷わずパイ射を選択。たっぷりと顔面に発射すれば、放出した精子を指ですくってペロリとなめてくれる。とにかくエロい。
3、小指大にまで勃起するチンコの如きデカクリ
一般的なクリトリスの大きさは米粒大といったところだろうが、彼女のは平常時でもグリンピースくらいある。そいつを舌でやさしく刺激すれば、徐々に勃起し、最終的には小指の先ほどまで肥大する。当然、皮はズル剥け。さながら、チンコのミニチュアといった具合で、この上なくイヤらしい。感度も良好だ。先端部分を指でつまみ、軽くしてやると簡単にイッてしまう。面白いのは、その途端、あれだけいきり立っていたクリがフニャーといくことだ。これまた射精後のチンコみたいである。世の中にはデカクリマニアというのがいるらしいが、彼女と出会って連中の気持ちが身に染みた。
4、恥じらい方が可愛すぎて予約がすぐ埋まる
予約困難で知られる超売れっ子嬢だ。いつだったか開店3分後に電話しても間に合わなかったことがある。彼女の人気の秘密は、容姿やプレイの内容もさることながら、そのキャラクターにあると私は思っている。フーゾク嬢としてそこそこのキャリアを持ちながら、いまだに恥じらいの精神を忘れていないからだ。プレイ前に部屋の電気を消したがったり、フェラしてるところをガン見すると「見ないでください一」と手で顔を隠し真っ赤になったり。そんな、純粋でスレてない部分が、男心に火をつけるのだ。男とは、他愛ない言葉責めに「ヤダ、そんなコト言わないで」と言いつつ、アソコが大洪水になるような子に興奮する。そのあたりの機微を、彼女は本能的に熟知しているのだろう。
5、脚フェチが常連化するモデル級の完壁スタイル
対面して声を聞いた瞬問、いつも顔がほころんでしまいます。アニメ声がとにかく可愛いんです。彼女の瑞ぎ声が聞きたいがために、プレイに入ってもついつい責めてばかりになりがちですが(乳首が弱いらしい)、攻守交代して「ねえ、気持ちいい?」と、その可愛い声で何度も尋ねられるのもタマらんものがあります。オタク小僧なら瞬殺でしょう。
6、身長169センチ、スリーサイズ87・57・84。ファッション雑誌から出てきたようなモデル体型美人だ。長い髪の毛、お腹のクビレ、芸術品のような脚など、モカレ好きならずともハマるはずだ。指名写真ではスラッとした写真を載せておきながら、実物はポテっとしてることの多いデリヘル界だが、彼女はホンモノ。本人の話では脚フェチの常連客も多いそうで、その足に頬ずりしたり、夜のオカズのために写メを撮ったりするんだとか。

吉原・ススキノ・金津園・雄琴・川崎・中州早朝は激安で本番|正しいソープの遊び方

0094_20190322181818d47_2019110409592047a.jpg0095_20190322181821c53_2019110409592143a_20200115151306e29.jpg0096_20190322181825afd_201911040959237e7.jpg0097_201903221818329bd_201911040959243ae.jpg0072_20190121131643b1c_20191104095919341.jpg
ボクは吉原のこの中級店に通ってます。朝7-8時の開店時に訪れると、50分1万2千円の激安価格で遊べるんです。出勤している嬢はだいたい10人ほど。とびきりの美人こそいないとはいえ、20代前半一30代前半までのそれなりに悪くないコが揃っています。サービスについても、お風呂やマットに始まり、最後はセックスと、王道のソープ遊びが堪能できる。コスパは極めて高いと言えるでしょう。店先には開店前から行列ができているので、指名なしのフリーでいく方は、なるべく早めの入店をオススメします。
大枚はたくなら、絶対ソープランド。これが、風俗ライターとして15年、種々雑多なフーゾクを遊び倒してきた私の結論だ。最近はヘルスやイメクラ、デリヘルなどお手軽&安価サ―ビスの流行で、ソープは王道を外れた感がある。実際、店舗数は減少を続け、天下の吉原でさえ全盛期に180軒以上あったものが150軒ほどに縮小し、全国各地のソープ街も同様の状況だ。
客側の素人志向や、店舗型性風俗に対する取締りの強化、さらには長引く不況など、要因を考えればいろいろあるだろう。だが、送迎に始まり、泡姫とこ対面時のドキドキ感。さらに彼女たちが繰り出す潜望鏡や洗い、スケベイスなどの伝統芸、アクロバティックなマットプレイ。即尺に即エッチ、豪勢な食事
客をここまで王様気分で遊ばせてくれる場所は、ソープをおいて他にはない。かつては10万円以上の超高級店でしか味わえなかった【即シャク即ベッド】のサービスも、価格の暴落が進む現在は半額ほどで体験できる絶好の時期でもある。
テクニックより、親密感のあるムードやくつろぎ感をウリにする恋人派に対し、潜望鏡やマットプレイなどのワザを次々繰り出し、あの手この手で玉袋の中を空っぽにする仕事派。と書けば、恋人派に魅力を覚える男性も多いだろうが、私は断然、お仕事派だ。確かにお仕事派は総じて年がいっており、恋入派は若いコが多い。しかし、素人っぼい相手と恋人気分を味わいたければデリヘルやホテトルで十分。プ口の手によるフルコースにこそ大枚をはたく意義があるのではないか。もっといえば、事務的にワザを繰り出すお仕事派ではなく、客を恋人気分にさせたままテクニックを駆使する泡姫が理想だ。では、目当ての女のコがお仕事派か否か、どうやって確かめればよいか。こればっかりは店に電話して聞くしかない。
ススキノの最大のメリットは何といっても、安くて若いにとに尽きる。
ほとんどのコが道内出身で料金にかかわらず19.20才のコが在籍する。とこれは北海道の慢性的な不況・就職難のせいもあるが札幌に行けばバレにくいとのウワサが道内中のフーゾク予備軍のコたちの間で広まっているからだ。ただし、安めの店になるほどプレイルームは古くて狭く、マットプレイをやらないケースもあったりで、ソープの醍醐味は薄くなる。
参考のため全国6大ソープ街の特徴を表にした。もちろん、有名ソ―プ街に軒を連ねる店は当たりはずれが少ない。女のコが集まる分、やる気のないコは自然淘汰されていくのだろう。お仕事派曙好の私が格付けするなら、やはりトップに君臨するのは吉原だ。技術だけ比べれば川崎堀之内も変わらないが、女性のプロ意識が違う。3番目は金津園。規模が大きく、独特の拘束イスプレイもあり、体験してみたい。次いで、中州、雄琴、ススキノが続く。ただし、逆を言えば、ススキノは若いコが多く、1万円台の店もザラなため恋人派が好きな男性にとっては天国だろう。
繁華街にあるため、駐車場を備えた店や送迎を行っている店は少ない。料金相場全体的にリーズナブルで、安い店では50分総額1万円台からあり、メインは60-70分総額2-3万円。4万円を超えると高級扱い。なお、このソープ街ではたいていの店が総額表示で、提示額以上の金はいっさい払う必要がない。
80軒近くが建ち並ぶ九州一のソーブ街、中洲。川沿いを歩き、屋台で1杯飲んだり、とんこつラーメンを食べたりと、「食」の楽しみもセットで味わえるのがたまらない魅力だ。男の遊び場としても、2万円台でマツトプレイをしっかり味わえる店も多く、女のコもべタべタなソープ嬢というよりオシャレなコが多いため、満足度は高い。「コストパフォーマンスは中洲が一番」と断言する声が高いのも納得できる。ただ、チョロチョロとポン引きもいるので要注意。
ただし、これらソープ街では人気のあるコを予約するのは至難のワザ。そこで利用したいのが早朝サービスだ。吉原では、日の出からオープンする店も多く、通常の半額ほどでOKのところもある。実はこの早朝サービス、料金が安いだけでない。
堀之内は、そこそこ若くてかわいいコが多く、料金もかなりお手頃。基本的にはほとんどの店でスキン着用だが、サービスもしっかりしており、安い店でもマットプレイが出来ることも多い。東京からでも足を延ばす価値は十分ある。対し南町は、店数も少ないせいか、泡姫が濃厚プレイで出迎えてくれたりする。

【アダルト漫画】岐阜金津園・伝説のソープ嬢の超絶テクを堪能する

0052_201901032137194b6_20190902075128988.jpg0053_20190103213720f2c_20190902075130e97.jpg0054_20190103213721744_20190902075131c3b.jpg0055_20190103213723eb7_201909020751330ca.jpg0056_20190103213724030_20190902075134611.jpg0057_201901032137265a3_20190902075136eb6.jpg0058_2019010321372726e_201909020751375dd.jpg0059_2019010321372985c_20190902075139c8d.jpg0060_20190103213730a2a_20190902075140e5a.jpg0061_201901032137323fc_201909020751426d5.jpg

シングルマザーソープ嬢を狙いセフレに|出会い体験談

SnapCrab_NoName_2018-2-3_19-4-3_No-00.png
シングルマザーソープ嬢・彼女たちは一般のソープ嬢に比べて格段に店外デートに持ち込みやすい。しかもセックスだけでなく、お小遣いまでくれるのだからありがたい存在だ。
 風俗嬢の4人に1人はシングルマザーという統計もあるほどなので、シングルマザーソープ嬢は比較的簡単にみつけることができる。水商売と違い、日中だけでがっつり稼げるソープは彼女らに人気が高いのだ。まず彼女たちは総額2万円前後の大衆ソープに多い。さすがにママさんでは高級店じゃ通用しないのだろう。子供が保育園や小学校にいる間しか働けないので、平日限定の、午前中から昼の3時ぐらいまでの出勤嬢を狙えば、高確率で遭遇できる。
 託児所を完備した店も多いので、ネットでそういう店を探すのも1つの手だ。年齢は24〜26才ぐらいがベスト。このぐらいの年齢が、まだ男との恋愛に希望を持っていて、なおかつ小さい子供がいる可能性が高いので、後々の作戦に有利となる。もっと若い子の方が、見た目もノリも良くていいのでは? と思うかもしれないが、20才前後のソープ嬢は、シングルママであってもホスト狂いのことが多いので除外するのが吉だ。逆にそれ以上の年齢になってくると、生活に投げやりだったり、変に悟っていて男に期待していない子が多く、店外デートに持ち込むのが途端に難しくなる。
『まだ男と恋愛したいけど、自分には子供もいるし、こんな仕事してるから…』と引け目を持った層が20代半ばなのだ。いざ入店し女の子と対面しても、婚歴や子供の有無を尋ねるなど愚の骨頂だ。基本的にソープは店からその手の情報は言わないようにクギを刺されているし、本人たちもプライベートな情報は言いたがらない。少しずつ相手の心を開いていくしかないのだ。俺はいつもソープ嬢と一緒に風呂に入ったタイミングでこう話しかける。
「本当可愛いよねー。この仕事は長いの?」
「そろそろ2カ月になりますね」
「そうなんだ、可愛いのにこんな仕事もったいないね」
「そんなことないですよ」
「彼氏いるの? いてもなかなか仕事は理解してもらえないでしょ」
「そうですね〜やっぱりこういうお仕事なんで」
「俺の元カノも同じ仕事してたけどね」
「え、そうなんですか?」
ここで過去にソープ嬢と付き合ったことがある男を演じると、一気に心を開いてくれるものだ。このあたりのトークに進めたら、結婚歴や子供の有無の確認だ。
「結婚はしたことある?」
「私バツイチですよ。子供もいるんですよね」
「そうなんだ。子供何歳なの?」
「4才です」
「一番可愛い時期だね。男の子? 女の子?」
 子供の話に興味を持って聞き、子供好きをアピールする。それから店外デートへの誘いだ。
「今度さ、子供も一緒に連れて遊園地にでも遊び行こうよ」
 子供と一緒に遊ぶ条件なら、絶対にエロい展開にはならない。身体目的じゃないというアピールになるので、普通は嫌がる店外デートも、この誘い方なら、初回の客でもうまくいくのだ。
 連絡先を交換したら、マメにやり取りを続け、母親と子供の様子を気にかけつつ、デートに誘い出せばいい。あくまで初回のデートは子供に気に入られるのが目的だ。女の子だとラクだが、幼稚園や小学校低学年ぐらいの男の子だと、育ちも悪いせいか本当に面倒くさい。我慢するしかない。
 一度公園や遊園地などで遊んであげれば、自宅に行くのも時間の問題だ。シングルマザーといえば貧乏と相場は決まっているが、ソープ嬢の場合は別だ。
 彼女たちも、子供が産まれた直後に旦那に逃げられたりDV被害を受けたりして、経済的に困りはててソープに身を落としたパターンがほとんどだが、いざお店で働き始めると、一気に月収は40万〜
50万へ、ルックスが良い子ならそれ以上の収入になる。ソープ歴半年の25才、A子は、店でそこそこの人気嬢で、月収も50万以上あった。すでに2回ほど子供同伴で店外で会い、セックスもしたあとで、こう切り出した。
「今月何回かお前と会うために仕事休んだでしょ? ちょっと家賃がピンチなんだよね。貸してもらえないかな?」
 借りた金は6万円。もちろん返すつもりはない。月収数十万の彼女たちにとって、もはや数万円は小遣い程度の感覚なので、この程度のはした金には執着しないのだ。その後も、携帯が止まりそうなので3万、車が壊れたので10万、実は借金が20万あったなどとお金を無心して100万以上の金を引っ張ったが、結局1円も返さずに関係を切った。同様の手口で現在まで5人のシングルマザーソープ嬢と関係を持ち、それぞれ店外セックスと、百万ほどの小遣いをゲットしてきた。オススメです。
続いて風俗嬢をセフレにする方法(ー万円)を買ってみた。どんな内容なのか
SnapCrab_NoName_2019-7-23_19-51-35_No-00.png
『風俗嬢をセフレにする方法』(ー万円)を買ってみた。どんな内容なのか
セックスフレンドね。なんで風俗嬢限定なんだ。
素人は難しいからでしょうね。
なんか、ありがたみに欠けるよなあ。風俗嬢なら金さえ払えばある程度のことはヤレるじゃんかよ。でもセフレとなると別もんでしょ。タダですよタダ。フレンドですもん。
そりゃそうだけど。
とりあえずは手順を。
初回は顔合わせ(こちらも姫を味見)。
二回目は連絡先(メルアド)ゲット。
三回目が愛の確認(告白)。
四回目が熱愛と情熱の逢瀬。
五回目が店外。
実は、これが最短コースなのです。
5回も通わなきゃなんねーのかっ
ええ、これでも最短なんーです。
4回目の、熱愛と情熱の逢瀬ってのは何だ
それは順を追って説明します。まず顔合わせのポイントからいきましよう。
人妻は非常に落としやすいです。特にバツー子持ちは育児に追われて女の部分を忘れがちなので、お客である男を歓迎します。
ずいぶん限定されるんだな。
まさか若い子を狙うつもりだったんですかっ甘いですよ。バツイチ子持ちじゃないと。
そんなのどこでわかるんだよ。
いちいち聞けばいいでしよ、ねえバッイチ?ねぇ子持ち?って。
答えてくれるかねえ。
お次はメール交換です。
SnapCrab_NoName_2019-7-23_20-10-40_No-00.png
とにかく犬がダメってこと猫もたぶんダメです。
え、犬の名前が入ってたらダメなのかよ。
ダメです。まったくダメ。
じゃあ次に問題の、情熱と熱愛の逢瀬に移りましよ。う。これは二言で言えば、膣に指を突っ込んで感じさせるという意味です。
そうなのかよ
このとき重要なのが。
「ほら、見てこらん。俺は深爪なんだよ」と、姫に自分の爪の状態を確認させておくのです。
だから痛くないよってか。
女も安心してヨガりまく一ると。
テクがないと意味ないと思うけどな。
これでめでたくセフレに・・・なれると思ったら大間違いですよ。
ああ、思ってないよ。
実は最大の強敵がいるんです。
風俗嬢は、ちまたの女の子よりすれていませんから、簡単にホストにはまるんです。ホストに「君に逢いたいんだ」なんて言われた日には、可愛い姫はどうなるでしょうはっきりいいます。
「勝ち目はありません」
勝ち目なしなんですって断言されましたね。

激安風俗格安のソープ、デリヘル、ピンサロ、手コキ店は満足させてくれるのか

ajk233_20190805220255c0f.jpgajk234_20190805220255c14.jpgajk235_201908052202572cd.jpgajk236_20190805220258bfd.jpgajk237_2019080522030027f.jpgajk238_201908052203015b5.jpgajk239_20190805220303310.jpg今の世の中、右を向いても左を向いても「安売り」や「値下げ」といった言葉を見聞きしない日はないが、その傾向は、我々が愛してやまないフーゾク業界においても同じことが言える。いわゆる激安フーゾク店だ。
 一般的な店の半額、あるいはもっと安い料金でヌケるなんて、財布の中身が寂しい庶民にとって、これほどありがたいものはない。
 そこで気になるのは、そのサービス内容だ。ちゃんと満足できるのか?女のレベルは? 
 いくら低料金を謳ったところで安かろう悪かろうを地でいくようでは、お話にもならない。
 というわけで、風俗の4大ジャンル「ソープ」「デリヘル」「ピンサロ」「手コキ」、それぞれの激安店を実地調査!まずは風俗の王様ソープランドからスタートしよう。目指すは、都内K駅近くにある『T』。料金は総額1万円(40分)である。
 入浴料、プレイ代合わせてジャスト1万。これがいかに常識はずれの料金であるかは、ソープ街・吉原にある大
衆店の総額が2万5000円前後することからもわかると思う。
 受付でフリーと告げ(指名無しのお任せコース。以後、本稿に登場する店はすべてフリーで入る)、古めかしい待合室で待つことしばし、店員からお呼びがかかった。
「お客様、ご準備が出来ました」
 緊張の一瞬である。いったいどんな女が現れるのやら。
「本日はよろしくお願いします」
 立っていたのは、スラッとした体型の女性だった。顔も美人というほどではないものの、目鼻立ちの整った、エキゾチックな容貌だ。
 ただし、年齢は結構いっている。目尻や首のシワ、肌のたるみからいって40過ぎってところか。このレベルで1万円なら、我慢できなくはない。
 個室に入り、しばし世間話を交わしたところで、彼女がおもむろに服を脱ぎだした。年相応のくたびれた感はあるものの、ムダな贅肉のない引き締まったボディはなかなかどうして御立派。乳もまったく垂れてない。
 と、ここまでは良かったのだが、いざ風呂に入る段になって、彼女があり得ないミスをやらかす。浴槽にお湯をためたつもりが、何をどう間違えたのか、冷水を入れていたのだ。
 ただでさえプレイ時間が40分と短いところに、もう一度湯を張る余裕などあるわけがない。仕方なく、シャワーだけで済ませることになった。あり得ん。まさかソープに来て入浴がないとは。
 しかし彼女は涼しい態度だ。
「ゴメンねぇ。あたし、どうもそそっかしくて」
 ったく、こういうプロ意識の欠如が、激安店と真っ当な店との差なのかもな。
 その後、ずいぶんあっさり目のローションプレイを経てから、いよいよベッドへ。可もなく不可もないフェラでとりあえず勃起したところで、ゴムを装着。正常位で合体する。
「あ、いい。あん、気持ちいい」
 わざとらしい喘ぎ声にやや興ざめするが、膣の具合は文句のつけようがないほど素晴らしかった。ピストンの動きに合わせ、キュッキュッとリズミカルにチンコを締めつけてくるのだ。
 間もなく、下腹部がゾワゾワしだし、そのまま射精にいたった。ふい.、すっきりしたぜ。
 以上、風呂に入れなかったという大きな不手際はあったにせよ、全体の感想は決して悪くはなかった。何だかんだ、嬢のルックスがそこそこだったという一点だけで、ずいぶん得した気分というか。
 とはいえ、俺の場合は単にラッキーだったのかも知れない。実は店を出る際、たまたま仕事上がりらしき嬢2人と鉢合わせたのだが、揃いもそろって50近いバーサンだったのだ。もし入店のタイミングを一歩間違えてたら……。いや.、危なかった!

某デリヘルは、通常のヘルスプレイのみならば30分3900円とバカ安だ。
 ホテルから店に電話をかけて待つこと15分、コンコンとドアをノックする音が。
「はい、どうぞ」
「こんにちは.」
 現れたのは、見るからにフリー要員といった感じの女だった。酒焼けしたダミ声。電子ジャーを丸呑みしたようなどでかい腹。天童よしみそっくりの顔。けばけばしいメイク。よくもまあ、これだけ難点を取り揃えてくれたものだ。おまえは産業廃棄物を積載超過したトラックか。
 それにしても歳はいくつだろうか。30半ばのオバハンのようにも見えるが、それにしてはずいぶん肌が瑞々しいし。
「あのさ、いま何才?」
「ハタチだよ。今年の1月に成人式出たばっかし」
 勉強になりました。ムダに若いという言葉はこういうときにこそ使うんですね。
 のっけから戦意喪失寸前の俺をよそに、女はさっさと服を脱ぎ、ドスンとベッドに腰を下ろした。ん、シャワーは?「時間短いからいいよ。お客さん、そんな汚れてないでしょ? 早くおいでよ」
 いや、俺はむしろ、アンタにこそシャワーを浴びてほしいんだけれど…。
 言い出す間もなく、強引にベッドに引きずり込まれた。途端に生のソーセージのような妙に肉々しい体臭が漂ってくる。くっさ! ほら言わんこっちゃない。
 臭いのは体だけじゃない。マンコはさらに強烈だった。遠慮がちに手マンをかましたところ、待ってましたとばかりにクサヤのような臭いが、勢いよく噴出してくるのだ。後から後からとめどなく。いったい何なんだよ、こいつは。
 もはや攻める気にはなれないので、口でさっさと抜いてもらおう。そう思ってベッドに横たわり、脳内でエロい妄想を展開させるも、鼻を突く肉臭とマン臭のブレンド攻撃のせいで、チンコはちっとも元気にならぬ。
 見かねたように女が口を開く。
「ぜんぜん勃たないね。フェラじゃイケない?」
「うん、まあ…」
 フェラというよりアナタ自身が問題なんですよと、言ってやりたたいところだが、さすがにそいつを口にするのはかわいそうだ。しばらく沈黙が続いたあと、再び彼女がチンコから口を離して言う。
「アナルファックって好き?」
「は?」
「私さ、指名してくれた客にAFを無料オプションにしてるんだけど、今日は特別に入れてもいいよ。だから自分でシゴいて勃たせて」
 こちらの返事も聞かず、すばやく四つんばいになって、汚い尻を向ける女。
 お心遣いは非常にありがたい。見上げたプロ根性だと感心もする。が、そのティッシュのカスのついたアナルを見れば見るほど、たとえゴムをつけたところで、何か得体のしれない病原菌に感染してしまうように思えてしかたない。丁重にお断りしてから、俺はプレイ中止を高らかに宣言した。潜入するのは、都内のピンサロ激安エリア・大塚の中でも最安を誇る
『A』だ。その額なんと20分2千円。
しかも花びら2回転でだ。
 単純に計算すれば、この店で働く女性は、チンポ1本しゃぶって得られる金が、店側の取り分を差し引くと1千円にすら満たないことになる。そんなバカげた条件でも雇用が成立するなんて、いったいどういう世界なんだろうか。
 入口で支払いを済ませ、店員の案内でボックス席へ。極限まで照明を落とした店内は、ほぼ真っ暗という状態だ。
 時折、けたたましいマイクの指示で、店内を右往左往するピンサロ嬢たちのシルエットが目に入った。そして、そのシルエットがどいつもこいつもダルマのような形をしてる時点で、この先待ち受けている展開もおのずと読めてしまうからツラい。心臓がドキドキしてきた。どうしよう。
 やがて1回転目が現れた。
「ししゅれいしまーしゅ」
「え?」
「しょうも、はじゅめましゅて」
 …想像を絶するとはこのことだ。
 ソフトバンク内川並にしゃくれたアゴ、薄ぼんやりとした店内でも50代以上と確信できる容貌。おまけに、歯が無いのかおそろしく滑舌は悪く、もう一つついでに、頭部のてっぺんがうっすらと禿げ上がっていたりする。
 なんなんだ、このビジュアルショックは。じゃぶじゃぶと角膜を水洗いしたい気分だ。「きょうはしょしょ、しゃむしゃっしゃ?(今日は外、寒かった?)」
「え、まあ、はい」
「ふうん。……しゃあ、ぬごっしゃ(じゃあ、脱ごっか)」
 なにぶん時間が短いため、さっそくプレイに突入するらしい。パンティを脱ぎ、がっつり股を開いた状態で内川がおもむろにチンコに吸い付く。
 舌遣い、吸引のほどよい力加減など、そのフェラテクには目を見張るものがあるが、悲しいかな、相手は内川老女である。それで勃起しろというのはあまりにも酷であり、むしろ勃起しない方が人間として正しい在り方のような気さえする。
 祈るような気持ちで目を閉じていると、やがて時間となり、内川はそそくさと席を離れていった。ふう、やっと終わったか。
 しかし、気は抜けない。まだ最後のひとりが待ち受けているのだから。
 間もなくやって来た2回転目は、予想に反してまともだった。ショーットカットの小太り40代。いや、本来なら
彼女にもアウト判定を下すべきなんだろうが、先ほどの内川さんの後では、いやでも甘くなってしまうようだ。
 人なつっこい笑顔を浮かべて彼女がおしぼりを手渡してくる。
「さっきは頑張っちゃった?」
「それがぜんぜん勃たなくて」
「あら、緊張しちゃったのかしら?じゃ今度はリラックスして頑張ろうね」
 こんな何てことのない会話にすらホッとする自分がいる。この人ならイケるかも。
 …甘かった。いざ彼女がパンティを下ろしたその時、股間からすさまじい悪臭が漂ってきたのだ。それもただのマン臭ではない。何かこう、病的な刺激臭というか。とにかく吐き気を催すほどの犯罪的レベルだ。おぇぇっ! 慌てて口呼吸に切り替えて難を逃れるも、射精する気は完全に失せた。このままおとなしく、時が過ぎるのを待つとしよう。
 そう思ってぼんやりソファにもたれかかっていた矢先、不思議な出来事が起きた。それまで激しく頭を動かしていた彼女の動きが、突然ピタッと止まったのだ。彼女はチンコをくわえたまま目をつぶり、スースーと穏やかな呼吸を繰り返している。
 寝てるようだ。もはや意味がわからなすぎて、突っ込む気力も湧かない。帰ってもいいすか?
(店内暗すぎのため写真はありません)某手コキ専門店は、新宿を拠点にしたデリバリー型の店で、最安は20分2千円のースだ。手コキ風俗は総じて女のコのレベルが高いが、果たしてその法則はこの激安店にも当てはまるのか。
 指定のレンタルームから店に連絡を入れてわずか数分後、ドアがノックされた。
「どうぞ、開いてますよ」
「失礼しまーす。よろしくお願いします」
 入ってきた女を見て、小躍りしたくなった。若々しくて、アイドル並のルックス。ロングの黒髪。そして、チェック柄のキュロットスカートから伸びた長い脚には黒のニーソが。ちょっとちょっと、めっちゃ可愛いじゃん!
「若いねぇ、いくつ?」
「19です」
「てことは学生?」
「はい、大学2年になったばかりです」
 現役JD!?
 もう完璧じゃん。「ところで何ですかコレ?」
 このレンタルルーム、なぜか室内の床が鏡張りになっており、それに気づいた彼女が自分のパンチラをいろんな角度から眺めて面白がっている。
 どれどれ、一緒に俺も覗かせてもら
おう。ほほう、純白のパンティですか。
ちょっと股の付け根が黒ずんでるけど、それがまたえらく官能的だ。
「真下から覗くとこんな風に見えるんですね。やだ、なんか興奮する。イヤらしい.」
 どうにもエロくさい娘さんである。どこまで完璧度を上げれば気が済むんだろう。
「ねえ、この店に入ってもう長いの?」
 これだけあっけらかんとしてるのは、きっと数多の客に揉まれてきたからに違いない。そう思って尋ねたのだが、
「いえ、今日でまだ3日目です」
 なんてこった、この可愛さで、しかも新人さんとは。うひゃー、なんだかおっちゃんのチンコ、すでにパンツの中でギッチギチになってるんですけど。
 タマらずパンツをズリ下げて、中身を見せつける。一瞬、目を見開いた彼女は、そいつにローションをたっぷりと垂らして、優しくしごきだした。
「やだぁ、何これ。すごく堅.い。気持ちいいの?」
 いたずらっこな目で彼女が微笑む。なかなか勘のいいコだ。頼んでもないのに、率先して言葉責めしてくるとは。ああ、ちょっと、そんなにコネコネしたらあなた…。
 ふいに彼女がチンコの握り方をチェンジした。両手でサオを筒状に包み込んで上下に動かす。その際、ボシュボシュと音が鳴るのは、チンコと手の隙間に絶妙な量の空気を送り込んでいるためだ。
 このとろけるような感覚を、この小気味いい音を、俺はよ.く知っている。そう、まるでオナホだ。
「うふふ、そうでしょ。家で一生懸命、練習したんだよ」
 オナホ技を繰り出してる最中も、彼女は俺の目をジッと見つめてそらそうとしない。もうそろそろ限界が近くなってきたようだ。
「もうちょっとでイキそうかも」
「どうやってイク? このまま出す?それとも私のパンツ見ながら自分でイク?」
 一瞬、悩んでから答えた。
「パンツ見ながら自分でシコるわ! ほんで最後はキミの手の中に出すわ!」
 絶叫に近い声を上げながら、自分でも恥ずかしくなるほど大量の精液をぶっ放した。直後に全身を襲う、心地よい脱力感。言うことナシ!
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます