タイミングのタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:タイミング

  • 2018/10/27援助交際・パパ活

           会ってから値切る。このコンセプトが基本的に間違ってはいないことはサヤカとの一件で証明された。がどんなに策を弄しても最後の最後にきて詰めが甘くなってしまうみたいだ。もうこうなると、ホテルの中に入ってから値切るしかない。彼女らにしても、ホテルの部屋に入ってしまった後に、「帰る」とはなかなか言い出しにくいはず。俺とヤルしかない状況なのであれば、多少の無理難題も受...

    記事を読む

  • 2018/10/24セフレの作り方

     援助交際オンナと遊ぶとき、必ずやっていることがある。「時間あったら、軽く飲みにでも行かない?」食事に誘ってみるのだ。セフレにしてやろうという狙いで。ポイントを教えよう。仮にホテルに入る前に誘ったとしよう。飲み食いしてる最中、女の頭には、これからの援交セックスのことがよぎる。つまり仕事意識が強くこちらのことは客にしか見えない。打ち解けるには不利だ。だから誘うのは、必ずプレイ後である。金を介した...

    記事を読む

  • 2018/07/07出会い攻略

     掲示板で気になる女のコを見つけ、載っていたラインIDを検索したが引っかからず。最近は規制の都合で、これがよくある。いい感じの相手だったりすると、どうにも悔しいものだ。何とかして連絡とれないのか。方法はある。掲示板で出会いを求めてるような女は大半、LINEもカカオも両方使っている。それぞれに別々のID名を付けるのも面倒なので、同じでいいやと考えるコも多い。なので、問題のIDをカカオで検索すると...

    記事を読む

  • 2018/03/18出会い攻略

     合コンで既婚者が有利になることなんてあるのか?「既婚者はモテる」という俗説があるが、あれはウソだ。不倫が大好きなんて独身女はいない。合コンにおいて、既婚男は99%不利と考えていい。が、例外的にモテる場合ある。親が離婚してるとか両親の仲が悪いなど、家庭に問題がある子だ。周囲を見わたしてみよう。不倫経験のある女はたいていそのタイプのはずだ。子供のころの〝父親不在〞による隙間を不倫によって埋めようと...

    記事を読む

援助交際女はどのタイミング交渉すれば値切れるか

0178_20181027164829520.jpg 0179_20181027164830631.jpg 0180_20181027164831cee.jpg 0181_20181027164833ceb.jpg 0182_201810271648341f8.jpg 0183_20181027164836967.jpg 0184_201810271648376a5.jpg 0185_20181027164839113.jpg
会ってから値切る。このコンセプトが基本的に間違ってはいないことはサヤカとの一件で証明された。がどんなに策を弄しても最後の最後にきて詰めが甘くなってしまうみたいだ。もうこうなると、ホテルの中に入ってから値切るしかない。彼女らにしても、ホテルの部屋に入ってしまった後に、「帰る」とはなかなか言い出しにくいはず。俺とヤルしかない状況なのであれば、多少の無理難題も受け入れざるを得まい。とはいえ、この方法は女の気分を害する恐れがある。フテくされた女とのセックスなど決して気持ちいいものではない。ここはやはり、彼女らにも納倦すぐで値切られてもらわなくては。そこで例えば、金を落とした哀れな男という設定はどうか。ベタな手ではあるが、うまく信じ込ませることができれば同情を買うこともできそうだ。ただし、サイフごとなくしたというのはいかにもマズい。ホテルの入り口では必ず料金を前払いしなければならないからだ。彼女らとて、いくらなんでもその程度の矛盾にはすぐに気が付くに決まっている。そこで、こんなのはどうだろう。
キャッシュディスペンサーで金をおろした際、援助額だけを封筒に入れて別にしておいたのだが、ウッカリとどこかに落としため、ホテルの部屋の中に入るまで気が付かなかった。これなら筋は通っている。そうと決まればさっそく行動である。ただ、今回はテレクラではなく伝言ダイヤルを利用することにした。即アポが基本のテレクラだと「銀行でおろしておいた」という作り話のつじつまが合わなくなってしまうためだ。いざ伝言ダイヤルにアクセスしてみると、援助希望の女のメッセージは腐るほど録音されていた。その中から気に入ったメッセージをいくつかセレクトして返事を入れる。
「こんにちわ。メッセージ聞きました。僕の方も割り切った付き合いが希望です。よろしかったら電話をかけてください」2時間後、携帯が鳴った。相手はヨシエ。援助希望額は2万だという。
「今日、これから会える?」
「大丈夫ですけど、中野まで来てもらえますか」
「ああ、かまわないよ」中野駅に到着。待ち合わせの場所北口改札前に立っていたのは、どうにもオバサンくさいファッションをした、痩せ型の女。ルックスも少々崩れている。君で2万じゃ高すぎるってものだろう。
「待った?」
「いえ、全然」「俺、まだメシ食ってないんだよね。居酒屋でも行かない?」
「はあ、いいですよ」今日の趣旨からすれば、ワザワザ酒を飲ませる必要はないのかもしれないが、とりあえず酔わせておき、正常な判断能力を奪っておくに越したことはない。近くの居酒屋に場所を移し、生ビールで乾杯。どうやらヨシエは酒に強い方ではないらしく、ジョッキを1杯空けたころにはかなり呂律が怪しくなってきた。
「実は私、バッイチなんだ。今は、4才の子供と2人暮らしをしているの」
「へえ、大変だね」
「援助交際もね、ファミレスのバイトだけだと食べていけないからやってるの」
そんな家庭事情を聞かされると値切りづらくなって困るのだが、せっかくのいい雰囲気を台無しに
することもないので、親身になって相談に乗ってやる。
「時間も遅いし、そろそろいこうぜ」「そうだね」夜通ししゃべり続けそうな勢いのヨシエを急かし、商店街の外れのラブホテルにチェックイン。ヨシエは緊張気味の表情でソファに腰かけた。さあ、ここからが演技力の見せどころだ。
「アレッ?アレッ?おかしいな」俺は、ショルダーバックの中をガサゴソとまさぐりはじめた。
「どうしたの」「いや、俺、金落としちゃったみたい」「え!」サッと顔が青ざめるヨシエ。しかし、俺のことを疑っている素振りはまるでない。となれば、「ゴメン」を連発して平身低頭に謝りまくるまでだ。土下座という屈辱的な行為まで駆使しつつ必死に取り入る。と、情けない男を哀れんでくれたのか、ヨシエがポソッと舷いた。
「ねえ、いくらまでだったら出せるの」
「サイフには8千円残ってるんだけどさ、でも、全財産を渡しちゃうと明日の食費がないんだよね」
「だからいくらなの」「5千円じゃダメ?」
「じゃあいいよ、それで」
なんと二つ返事でOK・シメシメ、狙ったとおりの展開だ。俺はヨシエの一肩に腕を回し、ベッドへ
と誘った。ところがこの女、何を思ったのか、舌の根も乾かぬうちに身を固くして抵抗し始めたのだ。「やっぱり今日はやめよう」「え?そりゃないよ。さっきはいいよって言ってたじゃん」
言質を取ったことを楯にとり、粘ってみるも、今度はヨシエの方が「ゴメンナサイ」の一点張り。揚げ句の果てにはシクシクと泣き出す始末だ。
「だって私、子供に「明日、お菓子をいっぱい買ってあげるからね」って約束しちゃったんだよ。一体どうすればいいの!」
お菓子ぐらい5千円もありや腐るほど買えるだろと喉元まで出かかった俺だが、泣いて謝る女を前にしては何を言うこともできない。飲み代とホテル代を負担しておきながら、指一本も触れられない最悪の結果となってしまった。やは姿が十人並みの男には値切ることなど不可能なのか。それとも、誰であれ5千円に値引くなんてのはキッイ話なのか。なんとしても成功させたい俺は、今までのような方法ではなく、少々手荒な手段をも辞さないことにした。とはいえ脅すというのは美意識に反する。そこで俺は次のような手を考えた。相手の要求額が2万なら2万、3万なら3万払ってやるのだ。ただし、円ではない。韓国の通貨、ウォンである。1ウォンは0.1156円だから、2万ウォンなら約2300円、3万ウォンでも3500円にしかならない。これを希望どおりに渡してやる。もちろん、この見慣れぬ通貨を手にして女は怒りだすだろうが、
「だって円だなんて聞いてないよ」ととぼけてみせれば、そこでギャフン。なんてわけにはいかないにしろ、単なる脅しよりは罪悪感に苦しむこともないはず。たとえ揚げ足取りに過ぎないとはいえ。
翌日の午後、有楽町のリパブリックニューヨーク銀行で3万ウォンを用意し、再び渋谷のテレクラVに舞い戻った俺は、入店して間もなくアリサと名乗る女の援交コールを取った。
「で、いくらほしいの」つつ-ん、2万かな」「ハイハイ、2万ね」「平気?」
「だって、2万でいいんでしよ」
テレクラを出て、待ち合わせの宮下公園を見渡してみると、ベンチに座っていたのは、優に体重100キロはあろうかというコギャル。はち切れんばかりに張りつめたパンパンのカラフルなワンピースが、見るも無残な姿をさらしている。「じゃあ、行こうか」いかにもダルそうに重い腰をあげたアリサと共に、俺は東急本店にほど近いラブホテルの一室へと入った。
「へえ、この部屋、ブラックライトなんだね。オモシロー」ベッドの上でスプリングをきしませながらピョンピョン飛び跳ねるアリサ。
「じゃあさ、先に金を渡しとくよ」
「あ、すいません」
俺は、鞄の中から2万ウォンの入った白い封筒をアリサに手渡した。
「あれ、ワザワザ包んでもらっちゃってスイマセン」
「いやいや、どうってことないよ」「ありがとうございます」
さて、この女、封筒の中身を見てどんな反応を示すだろう。冷ややかな視線を向けてくるのか。はたまた罵倒の嵐を浴びせかけてくるのか。別にかまわない。君が2万だって言うから俺は2万持ってき
たんだ。俺は、いささか緊張気味にコトの成り行きを見守った。が、次の瞬間、眼前に現出したのは、あまりにも信じ難い光景だった。何とこの女、封筒をつかむやいなや、いきなりリュックサックの中に放り込んでしまったのだ。「早く始めましよ」呆気にとられている俺を、さっさとベッドへ引きずり込もうとするアリサ。俺は言われるがままに、1枚1枚服を脱いでいった。いいのか。これじゃ値切ったことにならんような気もするが、いいのか。後で中身をあらためてから怒らないでくれよ。俺はダマそうと思ってたわけじゃないんだからな。アリサは渋谷のスクランブル交差点で別れるまで、ついに1度も封筒の中身を見ることはなかった。ということは、あの封筒の中には何も入れておかなくてもよかったことになる。スレッカラシの援交女もしょせんは人の子。警戒心を働かせているようで、実は、抜けている部分もけつこう多いのかもしれない。もちろん今ごろはしてやられたと地団太を踏んでいることだろうが、恨まないでほしいものだ。思いの他難しかったエンコー値切り。これからの俺は、また女の言い値をホイホイ払うことになるだろう。

援交嬢をセフレにするポイントはご飯を食うタイミングにある

0088_2018102410060046d.jpg 0089_201810241006015cb.jpg援助交際オンナと遊ぶとき、必ずやっていることがある。
「時間あったら、軽く飲みにでも行かない?」
食事に誘ってみるのだ。セフレにしてやろうという狙いで。ポイントを教えよう。
仮にホテルに入る前に誘ったとしよう。飲み食いしてる最中、女の頭には、これからの援交セックスのことがよぎる。つまり仕事意識が強くこちらのことは客にしか見えない。打ち解けるには不利だ。
だから誘うのは、必ずプレイ後である。金を介したセックスとは言え、体を合わせたことにより、互いの距離は近くなっているし、女の気分はぜんぜん違う。もう仕事は終わってるんで完全にプライベートなんだけど、このオジサン、そんなに悪い人じゃなさそうだし、ゴハン行ってみよっかな、ってな感じになる。とは言え、みなさんは思うかもしれない。相手は体を売っているようなスレた女なので、そうは簡単に口説けないのでは、と。しかし、スレた女というそれこそが、もう一つのポイントである。そう、ヤツらは少なからず心を病んでいるのだ。がメシの誘いに乗ってきたら、私は相手の話をひたすら聞いてやる。十中八九、不幸話だが、「頑張ってるんだね」「すごい人」と完全肯定してやり、その日はバイバイ。後日、「またご飯でも行かない?」と連絡。マジでセフレにできるので試してほしい。
“定期”のお楽しみ
出会いバーのようなところで遊んでいると、一度だけでなくその後も繰り返しワリキリする仲の女、いわゆる“定期”が出来てしまうってのはわりとよくある話です。身なりが清潔でカネ払いのきっちりしてる男ってのは、ワリキリ女にしてみれば、逃がしたくない魚なワケですから。実際、定期を持つのもいいものですよ。ワリキリで遊ぶなら、毎回ちがう女がいいっていうのもひとつの考え方だけど、定期は定期でまた別の楽しさがありますし。代表的なのはやはり旅行でしょうか。たっぷり温泉に浸かってウマい飯を食い、それからいよいよセックスを、なんていうのは定期がいるからこそ可能なゼイタクな遊びといえます。また、私はわざと女に露出度の高い格好をさせて町を練り歩き、その後に「おまえ、男たちからジロジロ見られて感じてたんだろ?ビショビショじゃねえか」的な遊びが好きなのですが、こういうのも定期ならではのプレイでしょう。みなさんも素敵な定期ライフを。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

出会い・レスの良くなるファーストメール

0107_201807070957550eb.jpg 0108_20180707095756c9f.jpg
掲示板で気になる女のコを見つけ、載っていたラインIDを検索したが引っかからず。最近は規制の都合で、これがよくある。いい感じの相手だったりすると、どうにも悔しいものだ。何とかして連絡とれないのか。方法はある。掲示板で出会いを求めてるような女は大半、LINEもカカオも両方使っている。それぞれに別々のID名を付けるのも面倒なので、同じでいいやと考えるコも多い。なので、問題のIDをカカオで検索すると、割とヒットするのだ。覚えておいてソンはないですよ。ただ掲示板には、素人オンナを装った“業者”の書き込みが少なくない。うっかり釣られてメールすると、返事は、〈下のリンク先に私のエッチな写真を載せてます。見てくれたらうれしいな〉
言うまでもなく、出会い系サイトへの誘導だ。ウザイ。ヤツらの書き込みには、わかりやすい特長がある。まず、プロフ写真がやたらとかわいい。そしてエロを強調した文面。つまり、美人ちゃんが〈エッチなことしたいー〉なんて書いていればまずアウトだ。普通に考えてそんな素人はいない。また、業者は規制の話を知っているため、掲示板には、ラインIDを工夫して載せている。例えば、
〈ラインID:××××☆←☆は外して下さい〉
〈ラインID:いちにいさんよん←数字で〉
こんなことをキッチリやってるのは業者の可能性が高い。参考にしてほしい。
私は男だが、以前、掲示板に女のフリをして書でみたことがある。ネットで拾ってきた美人写真を
掲載直後、男たちからメールが殺到した。まさきりなしだ。もちろん、時間と共にそのペースは落いくのだが、向こう3日ほどはメールがパラパラ届き続けた。女側の状況はこんなものかと恐れ入った。そんなわけで私は以降、掲示板に良さそうな女がいると、とりあえず相手のIDをコピーし、友だち登録だけしておき、メールは送らずに1週間ほど寝かす。そして女の元に男からのメールが来なくなった頃合いを見計らってアプローチを。相手は「あ、今ごろ」と興味を持ってくれるのだろう、返信率は高い。
オレが掲示板漁りをするのは、いつも深夜だ。昼間の女と、ベッドでダラダラ携帯をイジっていると思われる女、どっちが食いつきが良さそうかは言うまでもないだろう。女の気分は、寝るまでのちょっとした時間ヒマつぶし。これで間違いない。だからファーストメールは「寝るまで付き合うよー」だ。経験上、レスは5人に1人くらいか。しかし、引っかかった相手とは、チャットのような感じで最低1時間くらいはダラダラやりとりが続く。しかも一晩そうやってやりとりすれば、次の日の晩もメールしあえるものだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

脈アリ女の見つけ方・合コン抜け駆けのタイミング

0089_20180318130353dee.jpg 0090_20180318130354496.jpg

合コンで既婚者が有利になることなんてあるのか?

「既婚者はモテる」という俗説があるが、あれはウソだ。不倫が大好きなんて独身女はいない。合コンにおいて、既婚男は99%不利と考えていい。が、例外的にモテる場合ある。親が離婚してるとか両親の仲が悪いなど、家庭に問題がある子だ。周囲を見わたしてみよう。不倫経験のある女はたいていそのタイプのはずだ。子供のころの〝父親不在〞による隙間を不倫によって埋めようとするのかもしれない。
狙った女を軽くハグしたい
いても立ってもいられなくなったときに、もってこいの作戦がある。女の子がトイレに立ったら、自
分もあとをつけていき、ドアの前で待つ。そして相手が出てきたタイミングに合わせ、「おつかれ〜」とか何とか言いながら、フザけた感じでハグしよう。他のメンバーが見てない場所という点がポイントで、女の子はさほど抵抗無く受け止めてくれるだろう。「もう、酔っぱらってんだから〜」と、その場に限って無礼講として流してくれる。
隣の女が脈アリなのか早く知りたい
コツコツ口説き続けるほど、バカらしい話もない。脈の有無は手っ取り早く見極めたいところだ。手法はマンガのまんまでOK。某お笑い芸人もテレビで明かした、チョー簡単な探り方だ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます